タグ:能年玲奈

    1: きゅう ★ 2017/12/06(水) 18:04:16.46 _USER9
     現役東大生と芸能人がクイズ対決を行う『東大王2時間半SP』(TBS系)の12月3日放送のワンシーンが物議を醸し出している。問題に「全てひらがな表記の人物名・グループ名」が出され、東大生が「のん」と回答したところ、『日本タレント名鑑』(VIPタイムズ社)にないため、不正解になってしまったのだ。

     これを受け、ネット上では「ものすごい闇を感じる」「TBS“忖度”しまくりだな」といった声が聞かれた。

    「『のん』こと本名、能年玲奈は、事務所独立時のトラブルから、現在は芸能活動で本名を名乗ることができず、2016年7月からはのんとして活動しています。大ヒット映画『この世界の片隅に』の主人公すず役の声優活動のほか、ミュージシャン活動なども知られていますが、テレビ番組への出演はかなっていません。確かに、『タレント名鑑』への記載はないのでしょうが、出題テーマは『有名人』の括りなので、不正解とするのは不自然です。番組の流れがあるためカットできずに、サラリと流した印象も受けました」(芸能ライター)

     さらに、今回のハプニングが、TBSで起きたことも注目を浴びているようだ。

    「TBSは『日本レコード大賞』の放送局として知られます。この賞は、各新聞社の記者が中心となって決定される賞とされていますが、一部の大手芸能事務所の意向が色濃く反映されることで知られています。今年は2年連続で『NHK紅白歌合戦』を落選した和田アキ子に特別賞が与えられました。デビュー50年にあたる記念の年ではありますが、肝心のレコードの売り上げはほとんどありません」(前出・同)

     はからずも、数ある民放局の中でも、TBSはもっとも「のん」こと本名能年玲奈の扱いにピリピリしていると証明してしまったようだ。

    img_1ee08a5dfd1a2f8062cfa4070859b376645411

    http://wjn.jp/article/detail/3289280/

    【「のん」は有名人ではない?TBSが不可解な対応 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/11/29(水) 08:04:57.39 ● BE:645596193-2BP(2000)
    “干され女優”のん、今年の広告起用は10社以上「年収“億超え”か!?」

    女優・創作あーちすとの“のん”(24)が、JR西日本「冬期のホーム転落防止キャンペーン」のイメージキャラクターに起用されることがわかった。この冬、JR西日本の管内では、駅員に扮したのんのポスターやキャンペーン動画などが目に付きそうだ。

    「ネット上では『芸能界で転落したのんが、転落防止を訴えるなんて、ウケる』と揶揄する声も目立ちますが、独立後ののんの収入は会社に搾取されていたレプロ時代と比べると雲泥の差。今年は広告起用が相次いだため、軽く億単位に上るでしょうね。芸能人なら誰もがうらやむ、かなり効率のいい稼ぎ方をしていると言えます」(芸能記者)

     前所属事務所・レプロエンタテインメントとの契約トラブルが解決していないのんは、現在もテレビや映画から“干され状態”が続いている。今夏には音楽レーベル「KAIWA(RE)CORD」を立ち上げ、今月22日にはシングル「スーパーヒーローになりたい」をリリースしたが、民放キー局は総じて無視している。

     しかし、企業広告の起用においては、様子が異なる。のんは今年だけで、LINEモバイル、スクウェア・エニックス、JA全農いわて、東京テアトル、岩手銀行、ネッツトヨタ広島などのCMに出演。このほかにも、復興庁、タワーレコード、東洋化成「レコードの日」、イトキン、Robot Home、電動アシスト自転車「BESV」など、数多くのイメージキャラクターに起用されている。

    「4年前の『あまちゃん』(NHK)のイメージだけで、芸能人が最も欲しがる広告の仕事を次々と獲得。通常、テレビで見なくなれば、CMの仕事は舞い込んでこないもの。これも、レプロが平気でメディアに圧力をかける事務所だというイメージが、世間一般に知れ渡った結果でしょう」(同)

     一方、ネット上では「賞味期限切れ」「キラキラ感が失われてきた」とのよからぬ指摘も。

    「昨年の独立時には『女優を中心に活動していきたい』と語っていたのんですが、全く叶っていない現状。最近は、創作あーちすととして奇抜な衣装でステージに立つ姿も見せており、かつてのファンの間で『一体、どこへ向かっているのか?』とどっちらけムードが漂っているのも事実です」(同)

     とはいえ、広告業界では引く手あまたののん。『あまちゃん』や映画『ホットロード』(2014)で見せた主演女優の姿は、もう二度と見られないのだろうか?

    6a4d0564ac51e67baf2b6c2057950809

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13953880/ 

    【元能年玲奈ことのん 広告10社で年収億か?あまちゃん時代にパンツも買えず毎晩洗ってた頃とは大違い 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2017/11/17(金) 12:04:44.39 _USER9
    のん:刀を構えて“クボ”になりきり!

     女優ののんさんが、劇場版アニメ「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」(トラビス・ナイト監督、18日公開)の主人公・クボに扮(ふん)した姿で、21日発売の雑誌「映画秘宝」(洋泉社)の表紙を飾ることが17日、明らかになった。のんさんは三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボになりきっており、刀を構えてこちらを見つめる姿や、三味線を構える姿を収めた、本誌には掲載されていないカットも公開された。

     同誌ではのんさんの連載「ヒーローになりたい!」を掲載しており、のんさんは連載タイトルにちなんで、中世の日本を舞台に活躍する少年ヒーロー・クボに扮して表紙に登場している。また、同号にはのんさんのロングインタビューも掲載。すでに「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」を鑑賞したというのんさんは「『KUBO』めっちゃ面白かったです! 主人公が弾く三味線がすごくカッコいい。三味線の音色が物語のなかに自然に溶け込んでいくのが心地よくて楽しかったです」と同作についてコメント。さらに「そして“日本のアニメみたい”といわれる理由もよくわかりました。ストーリー展開も、この映画が大事にしている“人の想い出が一番強いんだ”というテーマ性も、日本のアニメと通じる部分が沢山ありました。日本の折り紙や、クワガタ、サルのキャラクターの面白さなど、ジャパニーズかわいいが満載!」と熱く語っている。

     また、のんさんの本格デビュー第1弾シングルCD「スーパーヒーローになりたい」(22日発売)のメーキングインタビューも掲載している。

    映画雑誌「映画秘宝」1月号の表紙(C) 2016 TWO STRINGS,LLC. All Rights Reserved
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://mantan-web.jp/article/20171117dog00m200000000c.html

    【元能年玲奈ことのん 刀を構えて“クボ”になりきり! (画像あり) 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2017/10/31(火) 05:18:13.69 _USER9
    のんがヒーローに 初シングル『スーパーヒーローになりたい』ジャケ公開

    11月22日にリリースされるのんのシングル『スーパーヒーローになりたい』のジャケットが公開された。

    今年の夏に自身の音楽レーベル「KAIWA(RE)CORD」を発足させたのん。初のオリジナルシングルとなる『スーパーヒーローになりたい』には、高野寛作詞・作曲によるタイトル曲や、のん自ら作詞・作曲を手掛けた“へーんなのっ”など全4曲が収録される。
    公開されたジャケットには、ギターを手に赤と青のマントを羽織ったのんの姿が写し出されている。

    なお、のんは昨日10月29日に東京・女子美術大学・相模原キャンパスで開催された『女子美祭2017 てんやわんや』に登場。
    初パフォーマンスとなる“スーパーヒーローになりたい”や、シングルにも収録されるサディスティック・ミカ・バンドのカバー曲“タイムマシンにおねがい”、RCサクセションのカバー“I LIKE YOU”、自作曲“へーんなのっ”などを披露した。

    MCでは“I LIKE YOU”の演奏時に「仲井戸“CHABO”麗市さんがギターでレコーディングに参加してくださって、『(忌野)清志郎も嬉しがってると思うよ』と言ってくれて。
    あまり泣かないタイプなんですけど、グッときました。大切に歌いたいと思います」と語ったほか、ライブの終盤には「初めてのシングルが11月22日に発売されるぜ! いい夫婦の日ですが、いい夫婦なひともそうでないひとも買ってください!」と呼びかけた。

    ◆のん『スーパーヒーローになりたい』収録曲

    [CD]
    1.スーパーヒーローになりたい
    2.へーんなのっ
    3.I LIKE YOU
    4.タイムマシンにおねがい(WORLD HAPPINESS 2017 MIX)

    のん『スーパーヒーローになりたい』ジャケット
    no title

    のん 10月29日『女子美祭2017 てんやわんや』でのライブより
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://www.cinra.net/news/20171030-non

    【元能年玲奈ことのんがヒーローに 初シングル『スーパーヒーローになりたい』ジャケ公開】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2017/10/29(日) 18:07:23.68 _USER9
    のん、ゾンビメイクで絶叫「ハッピーハロウィーン」

     女優のん(24)が29日、神奈川・女子美大相模原キャンパスで初の学園祭ライブを行った。

     31日のハロウィーンを意識し、お菓子柄の生地にお化けを縫いつけたワンピースにゾンビメイクで登場。“じぇじぇじえ”と驚くほどの派手さで観客の度肝を抜くと「ハッピー、ハロウィーン」と絶叫。
    「実は女子美のオープンキャンパスに参加したことがある」「女子美に入りたかったぜ!」とあおってステージの幕を開けた。

     11月22日発売のメジャーデビュー曲「スーパーヒーローになりたい」、初めて作詞作曲を手がけた「へーんなのっ」など5曲を披露。「へーんなのっ」の歌唱前には「変な歌詞でビックリするかもしれないけど付いてきて」と呼び掛けて、のんワールドに突入。
    台風の影響で大雨が降り続く中、集まったファンらを歌唱と中1で始めたギター、そしてトークで何度も沸かせた。

     歌唱後には「緊張したけど楽しかった」とホッとした表情を見せた。今年8月に野外音楽フェスでステージデビューするなど、「着々とよい感じ」で歌手としての歩みを進めている。将来は「オリジナル曲をたくさん歌いたい」と歌手としての意欲も満々だ。

     13年放送のNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」のヒロイン役で大ブレークし、お茶の間の人気者になって4年。この日は“あまちゃん”ではない歌唱力で、初の学園祭ライブを成功させた。

    女子美大の相模原キャンパスで学園祭ライブを行った、のん(撮影・松本久)
    no title

    no title

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201710290000447.html

    【元能年玲奈ことのん ゾンビメイクで園祭ライブ(画像あり)】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2017/10/08(日) 13:07:31.36 _USER9
    【「金色の風」テレビCM映像を公開します】
    平成29年10月8日から県内での発売を開始している、岩手県産米の最高級品種「金色の風」。
    そのテレビCM映像を公開いたします。

    出演するのは、女優「のん」さんです。昨年の「「金色の風」名称・ロゴマーク発表会」にも駆けつけていただきました。
    「金色の風」作付けほ場の雄大な風景と、金色の風の使者・「のん」さんの華麗な舞にご注目ください。

    視聴は、岩手県公式動画チャンネルからお願いします。
    https://www.youtube.com/watch?v=7rVV4wmVJmA


    県外では、10月16日から発売開始となります。
    岩手県が約10年の歳月をかけて開発した「金色の風」。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    https://www.facebook.com/iwateKonjikinoKaze/posts/1977125885897644

    参考画像
    no title

    【金髪"のん"が華麗に舞う 岩手県産米の新CMが公開!(画像あり) 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/09/19(火) 11:13:29.99 _USER9
     女優・創作あーちすととして活躍するのんが、今月21日に発売される映画専門雑誌「映画秘宝」 2017年11月号より、新連載「ヒーローになりたい!」を開始することが明らかになった。初回限定企画として、伊賀大介スタイリングで“なりたいヒーロー”に変身。発表に合わせて、雑誌未掲載となるワンダーウーマンにふんしたグラビアも公開された。

     「ヒーローになりたい!」は「古今東西、憧れのヒーロー映画をのんさんが観まくる!」というコンセプトの新連載。第1回目のみの限定撮り下ろし企画として、『ワンダーウーマン』(2017)よりワンダーウーマン、ミュージカル映画『アニーよ銃をとれ』(1951)よりアニー、『ニッポン無責任時代』(1962)より平均(たいらひとし)を演じた植木等さんにふんした、3パターンのグラビアに挑戦した。

     凛々しい“ワンダーのん”として表紙に登場するだけでなく、巻頭カラーから10ページに渡るグラビアとロングインタビューを掲載。ワンダーウーマンの衣装は、映画のガル・ガドット版ではなく、テレビドラマ「空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン」(1976~1977)のリンダ・カーター版という捻りの効いたチョイス。撮影についてのんは、「ヒーローそのものになることは初めてだったので、ワクワクドキドキしました。
    私、ヒロインよりもヒーローにずっと憧れているんです」と歓喜している。

     中でも、植木さん(=平均)の撮影については「今回なったヒーローのなかで、いちばんやりたいです!」と並みならぬ気合で臨んだ様子。各作品への思いについても、ロングインタビューで語られている。(編集部・入倉功一)

    映画専門雑誌「映画秘宝」2017年11月号は9月21日発売 洋泉社刊 1,080円(税込み)

    シネマトゥデイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000009-flix-movi

    no title

    no title

    no title

    【元能年玲奈ことのん、ワンダーウーマンになる!(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ