中二病速報

    1: れいおφ ★ 2020/02/19(水) 19:44:15.79
    フリーアナウンサーでタレントの宇垣美里(28)が18日放送のTBSラジオ「アフター6ジャンクション」(後5・50)に出演し、原付免許を取得したことを報告した。

    ヒップホップグループ・RHYMESTERの宇多丸(50)から「なんでも原付の免許をお取りになって」と振られた宇垣は、「そうなんですよ!ずっとずっと憧れていて」と、うれしそうに告白。

    学科試験が「簡単」と周囲から聞かされていたため、試験前日に初めてテキストを開いたという。
    「読んで、模擬テストをやってみたら30点とかとって。90%取らなきゃいけないんですよ。え、え、ヤバイって思って」と、焦った様子を振り返った。

    そこから、一夜漬けで猛勉強。
    「ネットにチャレンジ問題がたくさんあるので、泣きながらいっぱいやって。落ちるってことが耐えられないと思って、勉強で落ちるのが絶対嫌だったので、すっごい勉強して」と明かし、
    「何回やっても100点を取るって状態になってから。一夜漬けだが、って思って(試験に)行って。とりました。うれしいです」と語った。

    宇多丸は、宇垣の免許証を早速見せてもらったといい、「免許の写真っていうのはですね、顔がテカっていたりとか、いろいろな問題があるようですが、宇垣さん、さすがといいましょうか、偽造に見えます、写真が。完成度が高すぎて」とコメント。

    宇垣は試験会場に持参した写真に触れ、「その写真を使うものだと思っていて。私当初、スッピンで行く予定だったんです。
    でもスッピンで行ったら試験中に寝るって思って。スッピンのほうがよりリラックスできるので、
    おそらく寝ると思って、あえて化粧をして行ったんです。そしたらその場で写真を撮らされて」と裏話を明かしていた。

    20200219s00041000242000p_view

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/19/kiji/20200219s00041000244000c.html

    関連サイト
    原付免許は、学科試験だけで容易に取得出来るイメージがありますが、
    合格率は意外にも 2人に1人(全国平均) なんです!
    http://www.jmpsa.or.jp/block/kanto/safety/e2542.html

    【宇垣美里アナ、原付免許を取得 合格率50%の学科試験を一夜漬けで突破】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2020/02/19(水) 16:21:31.30 0
     女優の常盤貴子が19日、都内で行われた4月スタートのBS11・KBS京都・TOKYO MX新番組『京都画報』局合同記者会見に登壇した。これまで何度も別番組などでその魅力に触れ、 
    京都が大好きだという常盤だが「一度、お店を紹介していただいて、その方と伺ったときにすごくいいお店だった。次に友達と京都を訪れたときに行ったら、元々紹介してくれた人が
    烈火のごとく怒って…『そんなん失礼やろ!』って」と京都特有のマナーの洗礼を受けたことを明かした。

     「なんで失礼かわからなかった」と首をかしげる常盤だが、その理由について「京都のルールとしては一度紹介してもらったら、その人に断りを入れて『また、行かせていただいていいですか』と言うのが礼儀。
    人付き合いってそういうもんなんだと、『京都は厳しいな~』って。教えていただいてよかったことです」と反省しつつ前向きに捉えた。

     「それを2、3回くらいやらないといけないんですよね? その上で『自分で行きよし』と言われたら、
    『ありがとうございます、そうさせていただきます』が礼儀なんですかね? どうなん…?」と同席した番組プロデューサーでKBS京都の石場昭雄氏に京都弁を交えて質問。
    石場Pは「あまり聞いたことない。よっぽどその人が厳しかったのかも?」と回答し、常盤は笑いながら「まぁ京都の人はそういうかもね!」とうなずいていた。

    以下全文 オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00000338-oric-ent 

    20200219-00000338-oric-000-view


    【常盤貴子「京都で知人に紹介されたお店に後日友達と行ったら、紹介してくれた知人がキレた」←当たり前だろ】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2020/02/19(水) 16:04:56.24
    「以前から番組打ち切りが検討されていましたが、昨年末、石橋さんがフジテレビ上層部に“まだまだ面白いことができるから『たいむとんねる』は続けさせてほしい”と直談判したようです。とんねるず、そして妻の鈴木保奈美さん(53)も所属する芸能事務所の社長でもある石橋さんはテレビのレギュラー番組が消滅することを危惧していたようです。しかし、6月末で終了する方向で話が進んでいます」(テレビ局関係者)

    石橋貴明(58)の現在の唯一のレギュラー番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が今夏で打ち切られるという。
    妻・鈴木保奈美が4月からドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)の続編にも出演予定など、精力的な女優業とは対照的だ。
    『石橋貴明のたいむとんねる』は'18年4月に始まった。

    「もともと30年続いた人気番組『みなさんのおかげでした』終了で功労者の石橋さんへ“後番組”として用意された枠でした当初は“大人のノスタルジー”をコンセプトにバブル期の流行などを取り上げてきましたが、視聴率は2%台にまで低下したことも。番組開始当時からのレギュラーだったミッツ・マングローブ(44)が昨年4月から登場しなくなったのは、制作費削減の一環ともいわれています」(別のテレビ局関係者)

    やはり石橋の高額なギャラが、大きなネックになっていたという。

    「フジテレビの黄金期を支えた石橋さんの最盛期の出演料は最低1本500万円でした。今回こそ1本100万円でしたが、それでも23時台では突出して高い。バナナマンさん、千鳥さんなど人気のMCですら30万円前後ですから。昨年6月にフジテレビの社長が交代したことも大きかったですね」(制作関係者)

    フジテレビ関係者もこう語る。

    「遠藤龍之介社長は『フジが不調になった原因は保守性、おごり』と公言。抜本的な見直しに着手していて、その一つが『たいむとんねる』なんです。制作費がかかり、内容的にDVD化もできない番組なら続けるべきではない、という考え方なんです」

    同局広報宣伝室に番組打ち切りについて聞くも「お答えすることはありません」という返答だった。
    今も石橋は、テレビに強いこだわりを持っているという。

    「石橋さんは'80年の『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系)でデビュー以後、40年間、ほとんどレギュラー番組を欠かさなかった“テレビの申し子”のような存在です。テレビ離れが加速しても、『スマホやネットには負けない。まだまだ面白いことができる!』と各局へ新企画を売り込んでいるといいます。高齢化する視聴者層に合う企画を“初心に帰って”練っているそうです」(前出・制作関係者)

    「レギュラーゼロ」の屈辱を“新番組”で晴らしたい石橋。
    その思いは届くのか――。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200219-00010010-jisin-ent 

    20200219-00010010-jisin-000-view

    【【女性自身】石橋貴明『たいむとんねる』終了へ 40年ぶり「レギュラーゼロ」】の続きを読む

    このページのトップヘ