中二病速報

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/29(火) 06:30:10.90 _USER9
     女性ファッション誌「egg」の専属モデルを2012年から2014年の休刊まで務めた田中ももさんが、9月28日発売の週刊誌「週刊プレイボーイ」(集英社)41号に登場した。

     田中さんは1997年2月13日生まれ、神奈川県出身の23歳。同号では「脱ギャルしたら、こうなった。」と紹介され、水着姿でスレンダーボディーと輝くような美肌を披露した。

     田中さんは「初めてグラビア撮影に挑戦しました! 楽しく撮影できてありのままの自分を出せたと思います。皆さん応援してください!」とコメントしている。

    https://mantan-web.jp/article/20200928dog00m200074000c.html 

    no title


    【【週プレ】田中もも 元「egg」モデルが“脱ギャル” 水着姿で「ありのままの自分」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/09/29(火) 07:06:27.27
    日本一コスプレイヤーえなこちゃんが巨乳

    no title

    no title

    https://twitter.com/enako_cos/status/1310530108201955328

    【日本一コスプレイヤーえなこちゃんが巨乳(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/09/29(火) 16:50:41.89
    乃木坂メンバーのTバック、エチエチ

    no title

    【乃木坂メンバーのTバック、エチエチ(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/10/01(木) 19:38:24.23
    大食い系ユーチューバーが動画編集のミスで炎上しているようだ。
    今回炎上しているのは「KASUMI ASMR」というチャンネルで、9月29日に公開されたチーズとんかつを食べる動画だ。

    机の上に並べられた大量のチーズとんかつを食べるという動画。音の咀嚼音やカリカリ音はリアルに録音されており、
    他の動画でも数十万、多いときで100万再生以上のヒットを叩き出している。

    今回問題となったのは同動画にてチーズとんかつを吐き出す映像が編集ミスで映り込んでしまったのだ。
    大食いを謳いながら、実は吐き出していたという。
    吐き出す際の「ペッ」という音も鮮明に録音されている。

    これが発覚すると動画は即座に削除されコメント欄も封鎖、チャンネル登録者数は非公開となった。
    それだけでなく関連SNSも全て削除に至るほど炎上してしまっている。

    問題の動画はたった10分公開されただけだが、かなり多くの人が見ていたようだ。
    過去には別の大食い配信者が食べたふりをして食べ物をビニール袋入れて問題になったことがあった。

    https://gogotsu.com/archives/59629

    no title

    no title

    no title

    【【悲報】美人女性大食い系ユーチューバーが編集ミスで吐き出す場面が映り込み炎上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/10/01(木) 18:26:20.20 _USER9
     元テレビ東京でフリーアナウンサーの鷲見玲奈(30)が1日、自身のインスタグラムを更新。白のノースリーブニットにデニムのショートパンツといった美脚ショットを披露している。

     「人生初の単独カレンダーを発売させて頂きます 発売日は11月7日」と今年2月にテレビ東京を退社した鷲見にとって人生初の単独カレンダーの発売を報告。「壁掛けの1サイズのみ」とし、「また、部数が決まっていて再販などの予定は無いそうなので、お気を付け下さい」と続けた。

     そのうえで「たくさん素敵な写真を撮ってもらってきたので、オフショットも載せていきますね」とインスタグラムでのオフショットの掲載を告知した。

     今回の投稿では、白のノースリーブニットにデニムのショートパンツといったいで立ちで、無邪気にはしゃぐ姿や、動画もアップしている。

     この投稿に、ファンは「もはや、無敵!」「これは、ヤバいっす」「ちょー美脚」「かっっっわいいいい!!」「めっちゃスタイルいい」「爽やかで可愛い」「アイドルみたい」「魅力的な脚にショーパンがとても似合って素敵だよ」「これはやばい」「健康的な美しさ」「破壊力抜群の可愛いさです」「キレイすぎ「鷲見さんって、何着てもセクシーですね」などの声が集まっている。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/10/01/kiji/20201001s00041000267000c.html

    no title


    no title

    no title

    no title

    【鷲見玲奈アナ ノースリ白ニット&ショーパンの美脚ショットに反響「抜群の可愛いさ」(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/10/01(木) 16:28:58.22
    大食い女性タレント、一般男性にダブルスコアを付けられる

    no title

    【【悲報】大食い女性タレント、一般男性にダブルスコアを付けられる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@涙目です。 2020/10/01(木) 14:14:06.26 ● BE:509689741-2BP(5000)
    元TBSのフリーアナウンサー・小林麻耶が1日、TBS系「グッとラック!」に出演。いまだにSNSに「まだ生きているのか」「まだ乳がんにならないのか」というショッキングな言葉が寄せられていることを明かし、涙声で「応援してくださる言葉、力になるポジティブな言葉を広めていきたい」と強く訴えた。

     番組では実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が地方に行った際に立ち寄った飲食店でのマスクトラブルについて特集。堀江氏と一緒に行った友人がマスクをしていなかったことから店側が入店を拒否したとされ、番組では店主にも取材をし、両者の言い分を伝えた。

    店側はいたずら電話やクレーム電話が殺到しているといい、家族へも嫌がらせが広がるのではないかという恐怖も感じているという。

     これに小林は「両者の言い分が食い違っているので、実際そこにいないので発言するのはどうかなと思う」と前置きし、堀江氏の影響力は相当大きいと訴え、「もし一緒にお仕事したら、『堀江さん、あなたは影響力があるんですよ!』と伝えたい」と訴えた。

     また、小林が気になっているのは店側へのクレーム。無言電話やSNSでの誹謗中傷があることに「誹謗中傷とかで亡くなられた方がいて、『死ね』とか本当にいけないと言われているにも関わらず、そういうニュースがあった後にも私の所にも『まだ生きてるのか』とか、『まだ乳がんにならないのか』っていう、言葉を変えて、死ねがだめなら今度はそういう言葉で返してくる(人がいる)。本当にいけないことだと思う」といつも以上に熱く熱く訴えた。

     これに立川志らくは「いくら言っても(誹謗中傷する人は)心がないから分からない」というと、小林は「分からないってあきらめないで、師匠、お願いします。絶対言っちゃいけない!」と訴え。

     そして「1人1人がSNSで大きな力を持っているのを分かって欲しい。店主、ご家族、お子さん、苦しい思いをして心を病んでしまうかもしれない。一人一人の言葉はすっごい大切なので、命を本当に大切にしてほしい」ともコメント。

     目を潤ませながら「本当にお願いだから、命を奪ってしまうかもしれない」と重ねて訴え「妹が亡くなって3年たって、死ねと言われても、まだ生きてるの?と言われても頑張って生きる努力をしようと思えるようになったけど、妹が亡くなった直後にそういう言葉を浴びせられた時、自分が辛い時に読んだとき、死にたいと思うぐらい、追い詰めることができる。たった一人の言葉で」と声を震わせた。

    店側はいたずら電話やクレーム電話が殺到しているといい、家族へも嫌がらせが広がるのではないかという恐怖も感じているという。

     これに小林は「両者の言い分が食い違っているので、実際そこにいないので発言するのはどうかなと思う」と前置きし、堀江氏の影響力は相当大きいと訴え、「もし一緒にお仕事したら、『堀江さん、あなたは影響力があるんですよ!』と伝えたい」と訴えた。

    続き
    https://this.kiji.is/684210391556555873?c=49404987701575680 

    origin_1

    【小林麻耶「まだ乳がんにならないのか」中傷明かし涙の訴え】の続きを読む

    このページのトップヘ