中二病速報

    タグ:フライデー

    1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/07(土) 02:09:34.82
    そんな実力派カップルと遭遇したのは学生や酔客でゴッタ返す、商店街のど真ん中。二人は変装もせず堂々とイチャつき、タクシーを拾い森川が暮らすマンションへ。

    「二人は同じ事務所に所属。美術誌の付録写真集『昨日の君、明日のあなた』で“共演”しています。森川は昨年2月、イケメン俳優・高橋一生との“自宅おこもりデート”を『FLASH』に撮られ、世の女性たちをザワつかせました。しかし、秋には破局。傷心の彼女を太賀が励ますうち、親密になったのかもしれません」(キー局ディレクター)

    一方の太賀も、元カノはフェロモン溢れる門脇麦(27)。清純派の森川とは真逆の存在だが――。中目黒デートから数週間後、本誌はまたも森川のマンションに寄り添いながら入っていく二人に遭遇。そのまま、朝まで過ごすのだった。

    12月6日発売の『FRIDAY』最新号では、二人のより鮮明なツーショットやデートの詳細を報じている

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191206-00000002-friday-ent

    20191206-00000002-friday-000-view

    【【FRIDAY】森川葵&仲野太賀 堂々中目黒デートからの“お泊り愛”】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/30(土) 11:50:50.76
    いま、バレーボールファンの間でひそかにささやかれている噂があるのをご存じだろうか。
    女子バレー日本代表の元エース・木村沙織(33)が働くカフェがある、というのだ。いわく、木村はフツーに店頭に立ち、接客もしているという。

    実力もさることながら、その可憐なルックスでも絶大な人気を集めた国民的スターがカフェの店員? 
    訝(いぶか)しみながら本誌は大阪市内にある件(くだん)のカフェを訪問。
    はたして噂は、本当だった。

    「いらっしゃいませ~」

    アメリカンな外観が印象的なオシャレカフェに入ると、いきなり木村が現役時代と同じ弾けるような笑顔で迎えてくれた。
    引退から2年以上が経つが、あの抜群のスタイルはまったく変わっていない。

    客と気軽に談笑していたかと思えば、レジにも立つ。
    まだ慣れていないのか、お釣りの計算に手間取ってはいたが、堂々たる店員ぶりだ。

    いったいなぜ、木村沙織がカフェで働いているのか。
    客がいなくなったタイミングで取材をお願いすると、彼女は快く応じてくれた。

    「現役時代からずーっと、カフェをオープンするのが夢だったんです。
    引退後、実際にイベントでカフェをやったり、バレーの大会でちょっとしたお店をやらせてもらって経験を積んでいました。
    それで’16年に結婚した元バレーボール選手の夫に相談したら『一緒にやろう』と言ってくれて、
    実現したのがこの店です。
    今年9月にプレオープンして、10月1日から正式にやっています」

    料理は夫がつくり、木村は主に接客を担当している。
    営業時間は14~24時。
    ほぼ毎日、夫婦で店頭に出ているという。
    カフェをオープンしたことについては、特に告知はしていない。

    「ファンの方に来てもらえるのは、もちろん嬉しいです。
    でもそれよりも、町に馴染んで地域の人たちと交流しながら、みんなが集まれるような場所を私たちは目指しています。
    実際、外観を見てフラッと入ってくれる方も多くて、それが本当に嬉しいです。
    女性客だけでなく、男性や子供連れ、おじいちゃんおばあちゃんなど、いろんな層の方が来店してくださるので、毎日『面白いなー』と思って接客しています」

    解説やテレビ出演の依頼はいくつかあるが、いまは店に専念したいと語る木村。今後の夢も明かしてくれた。

    「現役時代と生活はまったく違いますが、夢だったことが少しずつ形になってきて、すごく楽しいです。
    この店をもっとしっかりと軌道に乗せて、庭付きの一軒家を建てるのが今後の目標です(笑)。
    もちろん、バレーはいまでも大好きなので、私なりの形で携わることができたらなとも思っています。
    たとえば飲食しながら試合を楽しんでもらう企画を考えたりとか、そういう方面からバレー界を盛り上げたいな、と」

    引退後、メディアにもほとんど出ることはなかったバレー界のスターは、大阪で新たな夢に向かって歩き出していた。

    『FRIDAY』2019年12月6日号より

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191130-00000005-friday-spo

    【【FRIDAY】大阪で会える!女子バレーの元エース木村沙織が働くカフェを発見 】の続きを読む

    1: マロン派 ★ 2019/11/29(金) 23:55:19.24
    沢尻エリカ 理性と羞恥心が吹っ飛んだ奄美大島レイヴパーティの夜

    11月16日、女優の沢尻エリカ容疑者(33)が合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで警視庁組織犯罪対策第5課に緊急逮捕された。自宅からMDMAの粉末0.09gが入った白いカプセルが押収された。沢尻は来年放送のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の撮影真っ只中だったが、多くの人の期待を裏切ることとなった。

    ▼2ヵ月ほど前、外出先から自宅に戻る沢尻エリカ。このときすでにクスリにハマっていたという
    no title

    ▼沢尻エリカ 下着が見えても気にせず大ハシャギ 奄美大島レイヴパーティ写真
    no title

    女優の沢尻エリカ容疑者が、麻薬取締法違反容疑で逮捕されてから約1週間(尿検査の結果はいずれの薬物も陰性)。ドラマやCMに引っ張りダコな超人気女優の逮捕だけあり、世間の衝撃はいまだ収まっていない。

    取り調べに対する沢尻容疑者の供述によれば、ドラッグを始めたのは約10年前。本誌はまさにその当時、彼女がドラッグにハマるきっかけになったと思われる、ある現場の写真を入手していた。

    2枚目の写真は’09年7月、奄美大島で開催されたレイヴ・パーティ『ECLIPSE2009~奄美皆既日食音楽祭』に参加する沢尻容疑者だ。砂浜に胡坐(あぐら)をかき、スカートの奥から下着が見えているが、本人は恥ずかしがる素振りすら見せない。目は虚(うつ)ろながらも、音楽に合わせてハイテンションで身体を揺らす沢尻容疑者の表情は、どう見てもキマっていた。

    「会場では日が沈む頃から音楽の演奏が始まり、大盛り上がりでした。沢尻容疑者は当時の夫・高城剛氏と来場していて、会場で踊り狂っていました。すごくキモチ良さそうで、普通じゃないテンションで爆笑しまくっていた印象です」(イベントに参加していた女性)

    このレイヴ・パーティでの「初体験」がキッカケでドラッグの快感にハマッてしまったのか、その後、沢尻容疑者は一気に常習者への道を突き進んでいった。

    「ドラッグを使い始めていた’09年8月、沢尻容疑者にとって重要な出来事が起こります。酒井法子の覚せい剤取締法違反による逮捕です。酒井は警察の取り調べに対して奄美大島のレイヴ・パーティで覚せい剤を使用したことを認め、同じ場に沢尻も参加していたことも判明。これにより沢尻容疑者の薬物使用の疑惑が膨らみ、彼女は当時の所属事務所・スターダストプロモーションから解雇されました」(スポーツ紙芸能デスク)

    一度ドラッグに手を出した場合、自分の意志でやめることは難しい。元厚生労働省麻薬取締官の高濱良次氏はこう語る。

    「沢尻容疑者はMDMA以外にLSD、大麻、コカインを使用していたと供述していますが、これだけ多くの種類の薬物を使用するのは、常習者の中でも珍しいケースです。約10年間もやめることができなかったことを考えると、薬物中毒からの更生は茨の道になるでしょう」

    初めてドラッグを使用した日から、彼女の身の破滅はすでに始まっていたのだ。

    『FRIDAY』2019年12月6日号より
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00000002-friday-ent

    【【FRIDAY】沢尻エリカ 理性と羞恥心が吹っ飛んだ奄美大島レイヴパーティの夜(画像あり) 】の続きを読む

    1: 1号 ★ 2019/11/29(金) 08:56:53.56
    莫大な遺産13億円を巡る相続争いは、いきなり波乱の幕開けとなった。11月19日、紀州のドン・ファンこと資産家・野崎幸助氏(享年77)の遺族によって、第1回「遺産分割協議」が開催されたのだが、何と妻・Sさん(23)がすっぽかしたのだ。野崎氏の実兄である樫山豊吉氏が憤る。

    「分割協議は、幸助の妹が住む横浜の家庭裁判所で行われました。Sさんには2ヵ月も前に通知を送っていたのに、何の連絡もなく欠席です。返答すらしないのはいくら何でも失礼でしょう。一般的な社会常識すらないのかと疑ってしまいますよ」

    しかも、欠席したのはSさんだけではない。周知のとおり、野崎氏は生前「いごん」と銘打たれた遺言書を残しており、そこには〈全財産を田辺市にキフする〉との文言が書かれていた。Sさんを除く遺族はこの遺言書が正当なものではないとして家庭裁判所に「不服申し立て」を提出しているが、一方の田辺市は9月13日に記者会見を開いて「遺産を受け取る」と発表。にもかかわらず、田辺市もまた第1回の協議を欠席したのだ。豊吉氏が続ける。

    「田辺市は税金から3000万円もの大金を支払って、幸助の遺産調査などを弁護士に依頼しています。それなのに代理人弁護士すら横浜に来ないとは……」

    さすがに田辺市は欠席の連絡はしており、来年1月に予定している協議には出席するとしているという。

    「何度も言いますが、私たち遺族は遺産が欲しいわけじゃないんです。ただ、役人嫌いだった幸助が『市に全額寄付する』なんて遺言を残すのはどうしても納得できない。真実を明らかにするためにも、Sさんと田辺市には協議のテーブルについてもらいたい」(豊吉氏)

    東京へと戻ってしまったSさんはいまや田辺にはまったく寄り付かず、ドン・ファンの豪邸は荒れ放題となっている。見かねた豊吉氏はSさん側に「鍵を貸してほしい」と伝えたが、それも拒否されている。

    「遺産の行方がどうなるか決まっていないのに、Sさんはすべて自分が所有しているとでも思っているんでしょうか。このままでは幸助が浮かばれませんよ」(同前)

    怪死事件から1年半が過ぎたいまも、犯人は捕まらず。そのうえ自身が残した遺産の行方も定まらない。亡きドン・ファンの無念を晴らすには、事件を解決する以外はないのだが――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00000007-friday-soci 

    20191129-00000007-friday-000-view

    【【FRIDAY】紀州のドン・ファン怪死事件「13億円遺産分割協議」が始まった】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/11/24(日) 07:39:47.64
    冷え込みが厳しくなってきた11月上旬のある朝、西新宿の喫茶店の前に数台のバンが停まっていた。各車両の運転席ではドライバーが待機。誰かを待っているようだ。8時過ぎ、
    一台のワンボックスカーがやってきた。ドアが開き、茶色のカットソーにロングスカート姿のベッキー(35)が登場。取り巻きたちと喫茶店の中へ入っていった。

    この日、ベッキーは12月7日スタートのドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』(フジテレビ系)のロケに臨んでいたのだった。

    1時間ほどで喫茶店内の撮影は終了。その後も近くの交差点で走るシーンのリハーサルをするなど、ちょこちょこと休憩を挟みながら、撮影は続いた。

    ベッキーは相手役の俳優に向かって真剣な表情で訴えかけたり、ジョークを飛ばして笑わせたりと奮闘。しばらくすると、円になってパチパチパチと拍手。

    ようやくロケが終わったようで、ベッキーは大きめのコートを羽織って、送迎車へ……って、あれ!? なんだか、ふっくらしてないか? 聞けば、ドラマのクランクアップ後は仕事を
    セーブするという。今年1月、片岡治大(やすゆき)・巨人二軍コーチ(36)と結婚したベッキー。彼女が第1子を妊娠したと発表されたのは、この10日後のことだった。

    「来年の3月末~4月ごろが出産予定日のようです。ベッキーの妊娠は、彼女が所属する『サンミュージック』内でも一部の人間しか知らされていないトップシークレットでしたが、安定期に入ったことで、発表に踏み切ったようです」(制作会社スタッフ)

    ベッキーが結婚→妊娠を前に、自分なりのケジメをつけていたことは、あまり知られていない。

    「『ゲスの極み乙女。』川谷絵音(えのん)との不倫騒動によって5億円超の違約金が発生。そのほとんどがCMに関するものだったといいます。違約金はタレントと事務所が折半するのが
    一般的ですが、なんとベッキーは『全額自分で払います』とデビュー以来、コツコツと貯めてきた財産を差し出したそうです。ベッキーは贅沢(ぜいたく)をしないコで、大きな買い物といえば国産車を1台、買ったくらい。最盛期はテレビのレギュラーが10本、CM契約本数が14本あったから、年収は2億円近くあったでしょうけど、よほどの覚悟がないとできないですよね」 (民放プロデューサー)

    本誌はベッキーの所属事務所に違約金の支払いについて事実関係を質(ただ)したが、「一切、お答えしないことにしております」と否定はしなかった。

    苦難を乗り越え、ケジメをつけたベッキー。きっと強い母となることだろう。

    『FRIDAY』2019年11月29日号より

    FRIDAYデジタル

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191124-00000004-friday-ent
    寒空の下、ドラマのロケに臨んだベッキー。撮了後は「安全第一、健康第一でお仕事も楽しみながら過ごしていきたい」とコメント
    no title

    【【FRIDAY】祝・妊娠 ベッキー、ケジメのCM違約金5億円は自腹だった! 】の続きを読む

    1: 牛丼 ★ 2019/11/08(金) 08:12:14.36
    一切変装することなく、堂々と若いイケメンを連れて、タレントのYOU(55)は六本木ヒルズの映画館に現れた。

    大荷物で帰宅のYOUを車まで出迎えた“孝行息子”との2ショット

    おなじみのフワリとしたブラウンの髪、ブルーのボトムスに鮮やかな蛍光イエローのバッグが目を引く。

    10月下旬の週末夜、劇場のロビーは人だかりで、すぐに顔バレしていた。

    「『テラスハウス』の人じゃない?」

    そんな声をYOUはまったく気にすることなく館内を進んで、イケメンと大ヒット中の話題作『ジョーカー』を鑑賞。映画を楽しんだ後、二人はピッタリ横に並んでヒルズ内を闊歩する。映画の感想で盛り上がっているのか、周りを気にする様子はまるでなかった。二人はそのまま颯爽とタクシーに乗り込んだ――。

    「’05年に2回目の離婚をし、女手一つで育ててきた一人息子はもう大学生です。気兼ねなく夜遊びを楽しむ毎日だそうですよ」(YOUを知る芸能事務所関係者)

    バツ2のYOUに若い新恋人ができたのか? 後日、本誌は彼女を直撃した。

    ――素敵な男性と映画を観ていましたよね。お付き合いされているんですか?

    「え、ウケるー(笑)」

    YOUはトーク番組さながらの受け答えで本誌の質問を受け流す。

    「彼は仲のよい友だち。30代半ばで、映画が好きでよく一緒に行くんです。仕事でも関わっている一般の方だから」

    そう言うとタクシーに乗り、走り去る前に窓を半分だけ開けた。

    「雨も降っているし、早く帰んな」

    YOUは最後まで「YOU節」を貫いた。

    11月8日発売の『FRIDAY』最新号では、ツーショット写真を掲載している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191108-00000003-friday-ent 

    20191108-00000003-friday-000-view

    【【FRIDAY】恋のご意見番YOU 30代イケメンと「六本木ヒルズデート」現場 】の続きを読む

    1: スタス ★ 2019/11/02(土) 15:49:11.86
    しかし、今回の騒動で、木下のターゲット層である女性たちが怒り心頭となっている。

    「“いい歳こいたばばあ”とか“おばたん”といった女性を侮辱する言葉を発したことによって、広告関係は軒並みNGになった。もちろんテレビ番組にもスポンサーがいるので、敬遠されることは間違いない。流行を作るといわれる視聴者のF1~F2層(女性の20~34歳、35~49歳)をテレビ業界は一番大切にしているので、あれだけ女性に嫌われたら使いづらいですよね」(テレビ局プロデューサー)

    タレント生命の危機とも言っても過言ではないが、所属事務所は根回しに必死だという。

    「テレビではこの“タピオカ騒動”を扱わないようにしています。ディレクターがやりたいと言っても上から止められる。事務所からお願いされているんでしょうね」(ワイドショー関係者)

    テレビだけではない。ヤフーニュースで“木下優樹菜”と検索してみると、スポーツ紙はこの“タピオカ騒動”を報じていない。扱っているのは週刊誌か、ネットニュースのみだ。

    「しかし世間はそう簡単に許してくれませんよ。週末台風19号でこれだけの被害があり、世間の注目が移っているというのに、ネット掲示板では、木下の話題は途絶えることなく炎上しています。マスコミを押さえつける行為というのは、“ネット全盛”の令和時代では逆効果。“燃料投下”に過ぎないんですよ」(前出・スポーツ紙記者)

    影響は木下だけにとどまらない。夫・藤本の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』(AbemaTV)は、タピオカ騒動が明るみに出たとたんに、

    《本日放送分から諸般の事情により全て放送中止いたします。 また、AbemaVideoでも一覧から削除させて頂きます》

    とアナウンスされ、再放送とリスト公開が中止。皮肉にも妻のスキャンダルで、番組名のように“干され”てしまった。

    木下の最大の武器であるSNSが諸刃の剣となった今回の騒動。女性からお許しが出るのはいつになるのだろうか。

    https://friday.kodansha.co.jp/article/72315 

    yukina_mf7j3w

    【【FRIDAY】テレビ局ディレクターが木下優樹菜の騒動を取り上げようとする→上層部から止められお蔵入りに 】の続きを読む

    このページのトップヘ