中二病速報

    1: 牛丼 ★ 2019/12/09(月) 06:55:52.92
    11月24日の東京大学・駒場祭でおこなわれた「ミス&ミスター東大コンテスト2019」。ファイナリスト5名か ら、ミスのグランプリに輝いたのは、大学のなかでも最難関、理科三類1年の上田彩瑛さん。発表時に名前を呼ばれると、彼女は深々と一礼した。

     コンテスト終了後、本誌の取材に応じ、受賞の喜びを語った。

    「最近までメイクの仕方も知らなかった私が、まさか選ばれるなんて……率直に嬉しいです。受験は個人戦でしたが、今回のコンテストは、常に応援してくださる皆さまと頑張ることができ、その過程も愛おしく感じました」

     ときおり飛び出す関西弁と、笑うとできる「えくぼ」がキュートな彼女は、この3月に高校を卒業したばかり。

    「高3の1年間は、受験のためにSNSを断って、猛勉強しました。その反動か、何か新しいことに無性に挑戦したくなり、思い切ってミスコンに応募したんです」

     高校在学中は、ヒップホップダンスをしていた。3歳からクラシックバレエを習っていて、「とにかく踊ることが好き」だという。コンテストでは、TWICEの曲に合わせて、華麗な踊りを見せる。

     さらに、「理想の告白シチュエーション」再現コーナーでは、高校球児を応援する後輩の女子高生役を実演。好きなタイプは「坂口健太郎のような塩顔男子」だそう。

    大阪生まれ花月育ち「ミス東大」は笑いも取れる19歳
    ゆりやんレトリィバァのモノマネで、会場を沸かせた
     コンテストのアピールタイムでは、高校時代のジャージに身を包み、「みんな落ち着いていきや~」と、ゆりやんレトリィバァのネタを披露。モノマネに加え、本人考案のネタも披露すると、会場は笑いに包まれた。じつは、かなりのお笑い通のようだ。

    「実家が『なんばグランド花月』の近くで、幼いころから吉本新喜劇など、お笑いにふれて育ちました。とくに関西のローカル番組が好きで、ゆりやんさんは売れる前から応援していたんですよ」

     そんな彼女の夢は、医師になること。

    「グランプリをいただき、少しは皆さまに恩返しできたかと思います。残りの恩返しは将来、社会貢献できる医師になり、果たしていこうと思います」

     次の目標も、きっとかなう。
    (週刊FLASH 2019年12月17日号)

    20191209-00010001-flash-000-view

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191209-00010001-flash-ent

    【【FLASH】大阪生まれ花月育ち「ミス東大」は笑いも取れる19歳 (画像あり) 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/12/09(月) 05:03:39.43
     人気ロックバンド「Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)」の降谷建志さんと女優でタレントのMEGUMIさんの長男・降谷凪君が、映像作家の岩井俊二さんのオリジナル恋愛映画「Last Letter(ラストレター)」(2020年1月17日公開)で俳優デビューすることが、12月9日、分かった。凪君は、松たか子さん演じる主人公の岸辺野裕里と、アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズなどで知られ、本作に役者として出演する庵野秀明さんが演じるその夫、宗次郎の息子、瑛斗役で出演する。

     凪君は「映画の撮影現場に行くのは初めてだったから緊張したけど、スタッフの皆さんに優しくしてもらったので楽しかったです。休み時間には、岩井監督にオモチャでいたずらをしたりしました。触ったら変形するオモチャで、監督に渡したら『わー!』と、とても大きな声で驚いていました」と無邪気な一面を見せつつ撮影を振り返り、「『ラストレター』で経験したことや気持ちを大切に、面白い表現ができる役者になりたいです」と語っている。

     映画は宮城を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まった二つの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描く。裕里(松さん)は姉の未咲の葬儀で、未咲の娘の鮎美(広瀬すずさん)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。
    未咲の死を知らせるため同窓会に行くと、姉と勘違いされてしまう裕里。そして初恋の相手・乙坂鏡史郎(福山雅治さん)と再会し、勘違いから不思議な文通が始まる……という展開。

    (おわり)

    降谷凪:降谷建志とMEGUMIの息子が俳優デビュー 映画「ラストレター」で松たか子と庵野秀明の“息子”に 
    https://mantan-web.jp/article/20191208dog00m200049000c.html 

    人気バンド「Dragon Ash」の降谷建志さんと女優のMEGUMIさんの長男・降谷凪くん(C)2020「ラストレター」製作委員会 

    001_size6

    002_size6


    【降谷建志とMEGUMIの息子が俳優デビュー 松たか子と庵野秀明の息子役に 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/09(月) 03:46:03.13
    ■デビューまでの経緯

    父親がIT会社の経営者だったこともあり、幼少期は裕福な環境で育ったが、その後会社が倒産し借金を背負うことに。母親はそんな父親と別れを決意。藤田を連れ、地元・埼玉県で暮らすことになった。

    セレブから一転した貧乏生活。母親は朝から晩まで働き続ける日々を送っていたという。

    藤田も何か力になれないかと考えていたある日、母親が買ってきたファッション雑誌『nicola』に影響を受け、専属モデルのオーディションに応募。
    2回目の挑戦で、見事1万4000人の中からグランプリに選ばれ、小学6年生で芸能界デビューを果たした。

    関連記事:藤田ニコル、親友・飯豊まりえからの「LINEを2ヶ月無視する」驚きの理由を告白

    ■いじめの標的に…

    ところが、順風満帆とはいかず「載らない月もありました。専属なのに」と藤田。「友達と『今月載った?』
    みたいな会話の時も、載ってないからやばいって思ってた」と焦りを感じていた当時の心境を告白した。

    そんな中、学校では「あれでモデルかよ?」「ブス」など、心無い言葉を浴びせられ、いじめの標的に。
    他にも「工作室の机に『藤田ニコル死ね』って彫られた」と言い「悲しかった。中学生活充実したかったので…」といじめに苦しんだ過去を振り返った。

    ■人生で初めての土下座

    恋愛でも苦難が続いた藤田。中学1年生の頃、ヤンキーだった先輩と交際していたが「好きでもないけど付き合っちゃってた」。

    すると、これを知った先輩の知り合いが激怒。藤田は公園に呼びつけられ「土下座しろ」と強要されたという。
    「人生で初めて」だったという土下座に加え、「唾を吹きかけらた」と言い「埼玉って怖って思いました」としみじみ語った。

    ■知られざる過去にファン「びっくり」

    そんなつらい学生を送りながらも、ギャルモデルとしてブレイク。テレビでもおバカキャラとして人気を博し、テレビ出演本数ランキングでは常に上位に入るなど、超のつく売れっ子となった。

    壮絶ないじめ、さらに現在の活躍からは想像できない不遇の時代。藤田の知られざる過去が明かされると、ネット上では「それを乗り越えたわけだからすごい」
    「最初からずっと売れてたと思ってたからびっくり」「お母さんを助けるためにモデルになったのか」は反響の声が飛び交った。

    しらべぇ
    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162212622/

    thumb-12189-20162212622-item


    【藤田ニコル、壮絶ないじめを受けた過去「死ね」「ブス」と言われ土下座も… 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/09(月) 01:45:11.39
    お笑いタレントの有吉弘行(45)が8日、パーソナリティーを務めるJFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜後8・00)に出演。AKB48・峯岸みなみ(27)がこの日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた劇場デビュー14周年特別記念公演で卒業を発表したことについて言及した。

    有吉は、TBS系「有吉AKB共和国」(10年~16年放送)などで峯岸と共演。「峯岸みなみが、さきほどAKBの卒業を発表しまして。4月のコンサートで」と卒業の一報に触れ、「まあ、遅きに失したという。ちょっと遅すぎましたか、まあいいですよ」と短くコメントし、笑わせた。

    スポニチアネックス
    https://news.livedoor.com/article/detail/17497397/

    aeb3e_929_spnldpc-20191208-0295-000-p-0


    【有吉弘行 AKB卒業発表の峯岸みなみに「遅きに失した、まあいいですよ」 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/12/08(日) 21:15:36.56
    ZOZOの創業者・前澤友作氏(44)が8日、YouTubeに3本目となる動画を投稿した。「【日本初お披露目?!】前澤、3.8億円の車を買う」と題された動画で、最初に前澤氏は「すでにオーダーしている車の内覧会に行こうと思います」と宣言。日本で初お披露目となるスーパーカー、ケーニグセグ「ジェスコ」を見に行き、「写真で見るより、全然、派手」とご満悦な様子で、車が動き出すと「スゲエ」を連発した。

    【動画】スーパーカーの全貌!驚異の車体
    https://www.youtube.com/watch?v=h9p7ObUj0BM

     さらに、座席に座ると、「これは宇宙船だね」と驚いた様子。「車をただただ、自分用に保管して乗るのはもったいない。乗っていない車をサーキットにもっていって、走らせたり、小さいお子さんに触ってもらって、車のすばらしさを体感してもらうために、色んなプロジェクトをやっている」と明かした。

     車の値段は約3億8000万円ですでにオーダーしているという。前澤氏は「世界に何台かしかないから価値は下がらない」とうなずくと、「俺が買った車は全部価値が上がっている。売るつもりはない。ずっと持っておきたい。少年のころ、ミニカーを並べたじゃん。それが大人になっただけ」と話していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00010005-encount-ent

    タイトルなし

    タイトルなし.jpg1


    【前澤友作氏 3.8億円のスーパーカーを買う「これは宇宙船だね」と大満足 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2019/12/08(日) 22:10:49.42
    12/9付オリコン週間BOOKランキングジャンル別「写真集」(集計期間: 11月25日~12月1日)では、女優の長谷川京子の16年ぶりの写真集となる『Just as a flower』が、週間0.5万部を売り上げ、初登場2位にランクインした。

    本作は、41歳になった長谷川が、演じるでもなく、おしゃれさをウリにするわけでもなく、ただ等身大のリアルな「長谷川京子のいま」を伝えたもの。
    「家庭がありながらも、出逢ってしまった不可抗力な恋愛」というストーリーを背景に、日本の純文学世界の恋愛シーンを彷彿させるようなカットを収録。
    撮影は、ファッション、ポートレートの分野で世界的に活躍し、女性を題材にした作品を残している写真家の沢渡朔氏が行った。

    この発売を記念して11月末には、一夜限りの刊行記念イベント「スナック京子」を“開店”。
    12月1日には、東京・紀伊國屋書店新宿本店でお渡し会を開催するなど、話題となっていた。

    近年、「写真集」ランキングでは坂道グループの人気が著しく、今年の年間「写真集」ランキングでもTOP10に7作ランクインするなどその勢いを示しているなか、長谷川の大人の色気を存分に収めた本作が、今後どのようにランキングを推移していくのか、注視したい。

    http://www.oricon.co.jp/news/2150386/full/

    長谷川京子の16年ぶり写真集『Just as a flower』
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【長谷川京子 16年ぶり「写真集」が初登場2位 美バスト×背中の大胆ショットが話題 (画像あり) 】の続きを読む

    このページのトップヘ