1: れいおφ ★ 2017/11/18(土) 16:34:41.25 _USER9
    11月上旬のある夜、庶民的なイタリアンレストランに、板尾創路(54)の姿はあった。
    この日、板尾は自身が監督を務める映画『火花』のプロモーションを終え、渋谷にやってきたのだ。

    板尾の向かいの席に座っているのは、巨乳を武器に活動するグラビアアイドル豊田瀬里奈(27)。

    2人は閉店時間の午後11時まで楽しく食事を続け、カラオケ店へ。
    1時間後に店を後にすると、向かった先はラブホテル。
    ホテルから出てきたのは深夜3時半で、じつに3時間以上の「ご休憩」だった。

    後日、本誌は板尾に声をかけたが、何を聞いても終始無言を貫いた。
    板尾が所属する吉本興業に問い合わせたが、期日までに回答はなかった。

    豊田は「(ホテルでは)映画を観ていただけで、男女の関係は一切ありません」との回答を寄せた。

    公開が待たれる注目作をよそに、男の胸中には後悔の火花がむなしく散った。

    https://smart-flash.jp/showbiz/28508

    豊田瀬里奈(27)
    no title

    no title

    gem17022013320001-p1

    gra17021813260001-p14


    【【FLASH】板尾創路、グラドル豊田瀬里奈と不倫 ラブホテルに3時間】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/11/18(土) 11:32:28.26 _USER9
    17日放送の「キャスト」(朝日放送)で、芸能リポーターの井上公造氏が、テレビドラマや映画、音楽といったエンターテインメントにおいて、大きなヒット作が出にくくなっていることを解説した。

    番組の「井上公造の芸能王(キング)」のコーナーでは、「第68回 NHK紅白歌合戦」(NHK総合)の出場歌手が発表された話題を取り上げた。今年はCMで注目を浴びた初出演者が多いと指摘する井上氏は「逆にいうとそれだけ今年はヒット曲がなかった」と、厳しい見解を示した。

    そんな井上氏は、今年の「紅白歌合戦」の選考基準について解説する中で、今年ヒットしたテレビドラマや映画は、続編やリメークが多く、主題歌やテーマソングが大きなヒットにつながる作品は少なかったと指摘したのだ。結果として、CDシングルの売上ランキングでは、トップ3をAKB48グループが独占しており、井上氏は「秋元(康)さんのビジネスのやり方が、売り上げている」と説明。

    音楽業界では、CDが売れないことが原因でプロの作詞家や作曲家、編曲家が減っており、ヒット曲も出にくくなっている状況なのだとか。井上氏は「ヒット曲を出すためには、イントロ勝負なんですって」と明かし、印象的なイントロを作れる編曲家の重要性も訴えていた。

    昨今、テレビドラマや映画と同様に、音楽も過去の作品のリメークが多いと指摘する井上氏は、その理由について「テレビ局員、レコード会社のスタッフがみんなサラリーマン化して、責任を取ることを怖れて冒険をしなくなったから、新しいエンターテインメントが生まれなくなった」「いわば『もう紅白の役割も終わったんじゃないかな?』と、ちょっと感じさせる」と、苦言を呈していた。

    24ef5094d15293267398f09de94cc976

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13906532/

    【井上公造氏 エンタメ業界に苦言!「NHK紅白歌合戦の役割も終わった」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/18(土) 09:25:07.11 _USER9
    歌手の浜崎あゆみ(39)が17日、宮城県仙台市の東京エレクトロンホール宮城で開催が予定されていた「ayumi hamasaki Just the beginning 第2章~sacrifice~」の公演を急性気管支炎のため急きょ中止した。

    浜崎の公式サイトでは「台風によるツアースケジュールの変更が重なったこともあり、
    本日医師より過労による急性気管支炎という診断内容を受けドクターストップがかかりました」と中止の理由を説明。
    「今日の日を楽しみにして頂いていた皆様には多大なご心配・ご迷惑をお掛けしましておりますことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

    浜崎は18日にツイッターを更新し「自己管理を含めてのプロです。何の言い訳もありません。皆様からの叱咤激励の言葉全て胸に刻みます。
    また、涙しながら会場を後にする皆をメンバー全員が出口に並び最後までお見送りをしていたとも聞きました。
    どんな想いで居たのか…言葉になりません」と心境をつづり、
    「そして何より今日のステージを糧に様々な事を乗り越えて集まってくれた仙台の皆様、本当に申し訳ありませんでした」とファンに謝罪した。

    また、ファンとともに撮影した写真を投稿し「私は歌うこと以外何にも出来ません。
    だからまた絶対に歌いに戻って来るから、その日までどうか待っていて下さい。愛しています」と呼びかけた。

    公式サイトでは中止の判断が遅れたことについて「ayuや一座メンバー、全スタッフでどうにか節目である今日の30公演目を実現することはできないものかとギリギリまで対応していた為、
    中止のご報告が大変遅れましたことも重ね重ね深くお詫び申し上げます」と説明し謝罪。「振替公演を実現させるために全力を尽くして参ります」としている。

    19672d77

    スポニチアネックス
    http://news.livedoor.com/article/detail/13907944/ 


    【浜崎あゆみ 急性気管支炎で急きょ仙台公演中止「言葉になりません」と謝罪】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/18(土) 08:41:51.94 _USER9
    ゲームでそこまで悔しがらなくても……。

    女優の広瀬すずが9日放送の嵐の冠番組「VS嵐」(フジテレビ系)にゲスト出演した。

    同番組は嵐チームと、ゲストチームがアトラクションゲームで楽しく対決するというゲームバラエティ番組だが、この日の広瀬はヒロイン役で出演する映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」の宣伝のため、主演の生田斗真ら共演者たちと登場。
    さまざまなゲーム企画に広瀬は真剣に取り組んだものの、スタジオでのある振る舞いが嵐ファンの怒りを買ってしまったようだ。

    広瀬は最初のゲーム「ピンボールランナー」で、ゲームの勝敗を左右する走者役を担当するも、いまいちパッとしない結果に。
    対して、嵐チームはなかなかの高得点を獲得し、序盤で結構な点差がついた。
    すると広瀬は露骨に無口になり、嵐・櫻井翔から「すずちゃんがめちゃめちゃ悔しそうですよ。ね?」と話を振られても、広瀬はただ切ない表情を浮かべ頷くだけ。
    空気を察した櫻井は「余計なこと言うな、と」と広瀬からの無言のメッセージを代弁し笑いを取っていたが、スタジオは一瞬、何とも言えない空気になったのだ。

    このやり取りを見た嵐ファンと思しき視聴者から「広瀬すず、やっぱ性格キツそう」「嵐に気を遣わせすぎ。何様?」「ゲームでそこまで熱くなるなよ」と呆れ気味の声がネット上に上がった。

    「広瀬は先月放送されたバラエティ番組『モニタリング』(TBS系)で、女子高生に変装し、女子校の体育の授業に混ざるというミッションに挑戦しました。
    授業の中でバスケットボールの試合になると、番組企画を忘れているかのようなガチな動き。
    元々バスケ部ということもありますが、彼女の負けず嫌いな性格が垣間見えました。
    今回の『VS嵐』にも、その負けん気の強さが滲み出ていましたね。
    また、広瀬のムスッとした表情がブリッコに見えて、そこにイラッとくるという意見もありました」(エンタメ誌ライター)

    最終的にはゲストチームが僅差で嵐チームに勝利したわけだが、もしかしたらそこも嵐が空気を読んだ結果なのかも。

    1510220263-0017-005

    1510220263-0017-006

    1510220263-0020-002

    アサジョ
    http://dailynewsonline.jp/article/1376888/


    【広瀬すずが嵐・櫻井翔の問いかけを無視して嵐ファンが怒り! 】の続きを読む

    このページのトップヘ