タグ:TBS

    1: サザンカ ★ 2018/02/23(金) 14:55:19.10 _USER9
    TBS宇垣美里アナの「マイメロ論」が話題 担当編集者が語る人気の理由

    愛らしいルックスやアニメ好きという属性で男性からの支持率急増中のTBSの宇垣美里アナウンサー。
    ところが昨年、カルチャー誌「クイックジャパン」(太田出版)のコラムで、自身にサンリオの人気キャラ『マイメロディ』という異なる人格を持たせ、困難やツラい出来事を回避していると告白。このコラムが大きな反響を呼び、若い女性を中心に「マイメロ論」と呼ばれ共感が広がっている。
    なぜ、女性を中心に宇垣アナの支持が拡大したのか、その要因を担当編集者に聞いた。

    ■キュートなルックスで早くから注目 実は文才もある多才な一面も
    宇垣アナは、同志社大学政策学部で国際政治学を学び、
    2011年にはミスキャンパス同志社のグランプリを獲得するなど「才色兼備」の女子アナとして2014年にTBSに入社。

    しかし、入社後は“アナウンサーに見えない”カワイらしさや、番組演出での“キャピキャピ演技”が同性からマイナス評価を受け、
    ネットユーザーから「あざとさが見える」「性格悪そう」などと叩かれたことも。

    一方で、朝の情報番組『あさチャン!』(TBS系)に出演し、キュートなルックスで視聴者を魅了すると共に、アナウンサーとしての実力もきっちり披露している。
    さらに、宇垣アナは「週刊プレイボーイ」(集英社)のコラム連載で文才を発揮するなど多才な一面も。
    「クイックジャパン」編集部の渡部遊氏は「他誌で宇垣さんのコラムを知りました。
    自分が見て感じたことを、こんなにも鮮やかに文章で表現できることに驚き執筆をお願いしました」と、同誌での執筆依頼のきっかけを明かす。

    実は、宇垣アナは渡部氏の大学時代の後輩で、当時から弁が立つ印象を持っていたとのこと。
    渡部氏は宇垣アナの魅力を引き出せるよう、あまり条件を設けず、ひとりの若者として“今書きたいこと”を表現してもらっていると語る。

    ■あざとい、こじらせ女子、そんな評価を一変させた「マイメロ論」

    これまでに、「クイックジャパン」誌上でコラム、レポート、日記、エッセイと、形式を変えて執筆を続けた宇垣アナ。
    そんな中、昨年に執筆したコラムが「マイメロ論」としてSNSで話題となり、多くのネットユーザーから“共感”を集めることになる。

    「マイメロ論」とは、宇垣アナが世の中の不条理を感じた時の対処法のことを差す。
    宇垣アナはコラム内で「ふりかかってくる災難や、どうしようもない理不尽を、一つひとつ自主的に受け止めるには、人生は長すぎる」とし、
    そのための“逃避術”として「そんなときは、『私はマイメロだよ~☆ 難しいことはよくわかんないしイチゴ食べたいでーす』って思えば、たいていのことはどうでもよくなる」と表現した。

    今年の1月、この内容がネットで拡散されると、「わかる!」「心の支えにしたい」「私もつらいときはマイメロ論を展開させよう」と共感の声が堰を切ったように広がったのだ。
    渡部氏も、「発売直後も、ツイッターや読者はがきで感想をいただいていましたが、半年以上経ってからこんなに多くの反響をいただけるとは思ってもいませんでした」と予想以上の反響だったと振り返る。

    今の時代、私生活や職場のストレスだけでなく、「いいね」を追い求める“SNS疲れ”や、ネット上の監視社会があったりと、日々の生活に“生きづらさ”を感じる人も多い。
    だからこそ、宇垣アナが示した過酷な現実からの“逃避術”が注目されたと言える。



    20180222-00000352-oric-000-view

    オリコン 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000352-oric-ent 


    【TBS宇垣美里アナの「マイメロ論」が話題 担当編集者が語る人気の理由 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/02/19(月) 13:36:19.25 _USER9
    鳥越俊太郎氏、小平への「獣のよう」インタビューに怒り「明らかに不適切な表現である」

    ジャーナリスト・鳥越俊太郎氏(77)が18日夜、自身のブログを更新。平昌五輪スピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(31)=相沢病院=への優勝インタビューで、TBSの石井大裕アナウンサー(32)が「獣のような滑り」と表現したことについて「明らかに不適切な表現である」と見解を示した。 

    鳥越氏は「試合の後に小平選手のインタビューが流れたが、TBSアナウンサーと思われるインタビュアーの一言には正直腹立ったなぁ!」とし、「『獣のように』という比喩を使ってレースの感想を求めたのだ。流石に小平選手は『獣のようにかどうかは分かりませんが』とやんわりとインタビュアーの不適切な表現を否定した」と記述。 

    「いい方に考えれば、インタビュアーは小平選手の優勝に興奮、舞い上がって思わず口走ってしまったんだろう。しかし、明らかに不適切な表現である」と鳥越氏。さらに「このレースはTBSの担当なので、他局も同じ映像を使うのだろうが、このインタビューシーンだけは使わないで欲しい」と訴えた。 

    石井アナはインタビューで「闘争心あふれる、まるで獣のような滑りでしたね」と語りかけ、ネット上では避難(←非難?)の声が上がっていた。

    スポーツ報知 
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180219-OHT1T50089.html 

    鳥越俊太郎氏 

    no title




    【鳥越俊太郎氏、小平への「獣のよう」インタビューに怒り「明らかに不適切な表現」】の続きを読む

    1:  2018/02/19(月) 00:40:23.82 _USER9
     平昌五輪スピードスケート女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)が優勝した直後に、インタビューしたTBSのアナウンサーが小平の滑りを「獣のよう」と表現したことについて、ネット上で「女性に対して失礼」などという声があがった。

     アナウンサーはインタビューの最中に「闘争心あふれる、まるで獣のような滑りでしたね」と小平に話しかけた。これに対しツイッターなどでは「私が小平さんなら怒っている」「もっと他の表現使って欲しいよな」などという、アナウンサーの表現を非難する書き込みが多く見られた。

     一方、小平は「獣かどうかわからないですけど・・・」と、苦笑しつつも「躍動感あふれるレースができたと思います」と答え、「ここでも金だわ」と冷静な対応をたたえる声もあがった。

    thumb-12213-20180218-50102-sports_l

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00050112-yom-spo


    【【平昌五輪】TBSアナ、小平の滑り「獣のよう」非難の声】の続きを読む

    1: Boo ★ 2018/02/18(日) 12:28:33.99 _USER9
     元アイドルグループでんぱ組.incの最上もがが18日、TBS系「サンデー・ジャポン」に出演した。番組では五輪連覇を果たしたフィギュアスケートの羽生結弦に長い時間を割いて扱ったが、最上は羽生を「エヴァのカヲル君みたい」と表現。中年男女が多いスタジオ全員をキョトンとさせた。

     番組では羽生が見せた圧巻の滑りを振り返りつつ偉業をたたえた。最上は「この世のものとは思えないというか」とその美しさを称え、「羽生君が2次元みたいな。エヴァのカヲル君みたいな」と語った。しかし、スタジオは一瞬、静寂に包まれてしまった。

     「エヴァ」というのは人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のこと。「カヲル君」は作中に登場する美少年型キャラクター「渚カヲル」を指す。微妙な空気を察してた司会の爆笑問題・田中裕二が「このスタジオ『エヴァ』でたとえても、分かる人ほとんどいない」と突っ込みを入れ、太田光も「ゴールデン・ハーフ」と、メンバーの「エバ」を思い起こさせるボケを飛ばしていた。

    20180218-00000059-dal-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000059-dal-ent

    【最上もが、羽生を「エヴァのカヲル君みたい」サンジャポ共演者はきょとん 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/02/17(土) 00:26:00.67 _USER9
    15日に放送されたTBS『櫻井・有吉THE夜会』にギャル曽根が出演し、自身の愛娘について話す場面があった。

    番組内では、曽根が2歳になる娘ついて「(食欲に)拍車がかかってきて」と、非常によく食べると話し始めた。

    この食欲は、娘が自身から隠れるようにコーンフレークを一人でこっそり食べ出すほどだといい、曽根も「これちょっといよいよヤバいかなって思った」と、驚きを隠せない様子。

    そして、娘が食べる量についても「ちっちゃいおにぎり50個くらい食べて、まだ何も食べてないかのようにうどん食べるし」「不安でしょうがないんですよね、将来が」と、娘の将来について不安を吐露した。

    また、曽根が「女子が大食いって可愛かったらいいけど、そうじゃなかったら大変じゃないですか」と自身の考えについて話していると、スタッフが笑い声をあげ、曽根は「何で笑ってるんですか」とツッコミ。

    続けて「いま私の顔見て笑いました?」と、スタッフへの追及を緩めずコメントし、周囲の笑いを誘っていた。

    このエピソードには視聴者のSNSから「さすがギャル曽根ちゃんのこども」「ギャル曽根の娘やべー笑」「遺伝なの?」などの反響が寄せられていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14311971/

    ギャル曽根
    no title

    【ギャル曽根、2歳愛娘の大食い素質に不安吐露「おにぎり50個くらい食べて」 】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2018/02/16(金) 21:37:17.04 _USER9
    野村沙知代さん、病院検査で心臓の強さに太鼓判押された翌月の心不全急逝だった。

     昨年12月8日に心臓疾患の虚血性心不全で亡くなったタレントの野村沙知代さん(享年85)が、約1か月前に受けた健康診断で心臓の強さに太鼓判を押されいたことが、16日放送されたTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)で明かされた。

     沙知代さんは昨年11月に病院で受診。息子の克則氏(44)によると「ちゃんと検査しに行って『心臓強いね。
    まだまだ長生きするね』と言われて帰ってきた」という。亡くなる前日も、夫で野球評論家の克也氏(82)と一緒に都内のホテルで夕食を楽しんでいた。

     ところが翌朝、沙知代さんは克也氏に珍しく「手を握って」と言ってきたという。
    克也氏が「なんでそんなこと言うんだろう」と思ったところ、沙知代さんは「心臓がチクチクする」と訴えたという。

     番組ではこの「心臓がチクチクする」というのが、心不全の前兆だった可能性を指摘。冬の寒い時期に高齢者に起きやすい病気であることを紹介していた。

     ◆野村 沙知代(のむら・さちよ)1932年3月26日、福島県生まれ。57年に米国人の前夫との間に、団野村氏(克晃)、
    ケニー野村氏(克彦)をもうける。野村克也氏と出会い、73年に克則(現ヤクルト2軍コーチ)が誕生、78年同氏と再婚。90年頃からテレビ番組出演を始め、96年フジテレビ系「笑っていいとも!」のレギュラー。
    同年10月に新進党から衆院選出馬し、落選。2001年所得税法違反、
    法人税法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕され、懲役2年、執行猶予4年の判決を受けた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000214-sph-ent

    野村沙知代さんお別れ会で、祭壇の前で参列者にあいさつする野村克也氏
    20180216-00000214-sph-000-view


    【野村沙知代さん、病院検査で『心臓強いね。まだまだ長生きするね』と太鼓判押された翌月の心不全急逝だった 】の続きを読む

    1: カーディフ ★ 2018/02/16(金) 01:28:30.55 _USER9
    「現場で2人の間にはピリピリした空気が流れていましたが、まさか、中村がこんな形で実力行使に出るとは…正直、恐ろしい限りです」(TBS関係者)

     現場からこんな穏やかならぬ声が漏れ伝わって来たのが、女優の吉岡里帆(25)の民放連ドラ初主演作品「きみが心に棲みついた」(TBS系)。

     初回から視聴率は1ケタに低迷。ドラマの内容自体はまったく話題になっていないが、吉岡と共演するモデルで女優の中村アン(30)が13日、自身のインスタグラムで公開した写真が話題を呼んでいる。

     中村は、ドラマ放送の告知と共に、吉岡との笑顔のツーショット写真、また、その背後に共演する俳優の桐谷健太(38)の姿が映り込む写真を掲載。

     ネット上では桐谷について、「気になってしまう」との声が相次いでいるが、吉岡を案じる声もあがっている。

     「真っ白な肌の吉岡の顔がかなり丸みを帯びて移り、まるでお笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長です。それに対して、中村はバッチリの“決め顔”で、そうなると当然、吉岡のブサイクさが際立ちます。中村のインスタなので、吉岡の事務所の許可を取る必要はありませんが、あまりにも露骨過ぎる“公開処刑”でした」(芸能記者)

    27576577_203587103711111_1952590444563005440_n

    https://wjn.jp/article/detail/0190604/

    【ついに吉岡里帆の公開処刑に踏み切った中村アン (画像あり) 】の続きを読む

    このページのトップヘ