中二病速報

    タグ:TBS

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/22(月) 17:07:27.73
    4月22日発売のファッション誌『MAQUIA(マキア)』(集英社)の表紙に、フリーアナウンサーの田中みな実(32)が登場。
    表紙で素晴らしい美ボディを披露した。

    雑誌『MAQUIA』6月号の表紙に起用された田中は、目にも鮮やかな黄色の水着を着用。
    胸元はざっくり開いており、美しい胸の谷間がはっきりと分かるショットとなっていた。

    またこの水着はかなり鋭角なVラインを形成しており、田中の下腹部の膨らみまでしっかり捉えた、かなり際どい1枚だった。

    田中と言えば、2017年に雑誌『anan』(マガジンハウス)で大胆な“手ブラヌード”を披露。
    そのインパクトにも匹敵するセクシーな表紙は、早くもファンの間で話題になっている様子。

    ツイッターでは、「田中みな実がカワイイからMAQUIAが欲しい」「田中みな実様、すごすぎる」「田中みな実のパイがすごいキレイ。うらやましい」「美しすぎる。胸もあるしウエストも引き締まってるし肌はつるつる」「田中みな実、色気ありすぎて誰かと思ったわ」など、さまざまな感想が上がっていた。

    田中みな実が表紙の『MAQUIA』の発売日の2日後には、フリーに転身したばかりの宇垣美里アナウンサー(28)が表紙の『anan』も発売。
    新旧の美女アナウンサー対決は、どちらに軍配が上がるのだろうか。

    日刊大衆
    http://dailynewsonline.jp/article/1789132/

    no title


    【田中みな実「ふっくらバスト谷間」を大胆披露 宇垣の美尻”に対抗? 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/04/21(日) 13:01:59.16
     女優の泉ピン子が21日放送のTBS系「アッコにおまかせ!」(日曜・前11時45分)に出演。男女6人組グループ「AAA」のリーダー、浦田直也容疑者(36)がコンビニで面識のない女性を殴ったとして、暴行の疑いで逮捕された事件について「最低」と断じた。

     浦田容疑者は、21日午前8時20分ごろ、月島警察署から送検された。

     同容疑者の逮捕容疑は19日午前5時頃、東京都中央区のコンビニで、20代女性の頬を1回平手打ちにした疑い。女性にけがはなかった。月島署によると、酒に酔っていたようで「覚えていません」と供述している。05年に日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、最近では4大ドームツアーを行うなど高い人気を誇る。今年はソロデビュー10周年の節目でもあった。

     番組冒頭でこの事件を報じるスポーツ紙が紹介されると泉は「誰これ?知らない。昨日、速報が出て韓国の人たちなのかなって」とした上で「バカじゃないリーダー。36歳だよ。下積み時代、忘れたのかい。食えなかったころを」と断じた。

     その上で「芸能界上がってくる厳しさあったでしょっていうの。それと酒の飲み方悪い」と憤慨していた。

    スポーツ報知
    http://news.livedoor.com/article/detail/16349337/

    タイトルなし


    【AAA浦田容疑者に泉ピン子「誰これ」 「韓国の人たちなのかなって」 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/04/20(土) 15:28:08.43
    元フリーアナウンサーの小林麻耶さん(39)が、2019年4月19日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)に出演。18年7月に結婚した夫で整体師の國光吟さん(35)との新婚エピソードを披露した。

    番組では、スタジオに現れた小林さんが新婚生活について語ったほか、國光さんと2人で料理教室に通う様子や、國光さんの祖母が住む熊本に里帰りする様子を収めたVTRを放送。夫の國光さんがテレビに出演するのは初めてのことだ。このため、ネット上は小林さん夫妻への歓迎ムード一色か......と思いきや、「何で小林麻耶はテレビに出ているんだ?」という疑問の声が相次いだ。

    ■18年8月には「今後は大好きなメディアの仕事を離れ」...

    小林さんといえば、18年8月3日にブログで、同日をもって所属事務所を退所することを発表。「今後は大好きなメディアの仕事を離れ、全身全霊、家族のために日々たくさん働きたいと思います」との文言があったほか、同発表を受けての各メディアのニュースでは、小林さんが芸能界を引退すると所属事務所が認めた、と報じられた。

    しかし、小林さんはその後も頻繁にブログを更新し続けたほか、事務所退所発表直後にはインスタグラムを開設。また、同年11月には著書「しなくていいがまん」(サンマーク出版)出版し、19年4月には部数が10万部を突破したことをブログで報告するなど、「芸能活動」とも取れる活動を継続している。このため、

    「小林麻耶は芸能界引退なのか?SNSから見える今後の生き方」(18年8月、女性自身)
    といった、事実上の引退宣言をしてからの活動のあり方を疑問視する声も出ていた。

    ■「安室ちゃんとか堀北真希ちゃんとかを見習って欲しい」

    こういった背景もあって、今回の「金スマ」への出演については、放送中からツイッターでは疑問の声が続々。「小林麻耶さん、引退したのに何でテレビに出てるの?」と、テレビ出演に疑問を呈する声や、「小林麻耶、一般人になったのに、何でTV出んの?ブレブレやん。安室ちゃんとか堀北真希ちゃんとかを見習って欲しい」と、引退後は一切メディアへの露出を行わない安室奈美恵さん(41)や堀北真希さん(30)を引き合いに出す声も見られる。

    なお、小林さんがブログで所属事務所を退所することを明かした際には、確かに、「引退」という文字はなかった。このため、小林さんとしては、メディアへの露出は減らすものの芸能界を引退する意思はなかった、との見立ても成り立つ。そうなると、所属事務所退所の報告の際の本人の思いが気になるところではある。

    (J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

    https://www.j-cast.com/2019/04/20355795.html

    no title

    【「引退宣言」とは何だったのか 小林麻耶「金スマ」出演に冷ややかな声 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/20(土) 10:21:17.03
    「角野卓造じゃねーよ!」とオンナ芸人がキレるのは理解できるが、「カトパン似」を指摘されて本気でイヤがる女子アナがいるとは驚きだ。
    それも10も年下の入社2年目、期待の小悪魔アナとなれば、波風が立つのは当然かもしれない。「同族嫌悪」という言葉では説明できない両者の“遺恨”を探ってみると‥‥。

    今や業界屈指の人気を誇る、フリーアナウンサーの加藤綾子(33)。
    この4月から古巣のフジテレビで平日夕方帯のニュース番組「Live News it!」に出演するなど躍進を続けているが、そんな加藤に対し、「ケンカを売った」として話題になっている女子アナがいる。テレビ関係者もこれには驚いて、

    「まさかTBS入社2年目の良原安美アナ(23)の口から“カトパンへの挑発”が飛び出すとは思いもよりませんでしたよ」
    良原アナといえば、学生時代からフリーアナとして活動していたTBS期待のホープ。

    彼女が加藤を挑発したという4月7日放送の「サンデー・ジャポン」を振り返ってみよう。
    番組の「新人ジャーナリスト」として福島県を訪れ、「御朱印」を販売している人物を取材した良原アナ。

    「日頃、人生相談を行いながら接客している」と聞き、彼女も悩みを相談したのだが──。
    「ここで良原アナは苦々しい顔をしながら『カトパン(に似ている)説がいちばん悩みですね』と言い放ったんです。さらにその後もアナウンサーとして大先輩の加藤について『加藤さん』と言わずに『カトパン』と連呼したため、
    番組を見た関係者の間で『完全にケンカを売っている』と話題になっているんです」(テレビ関係者)

    彼女が不満げに語ったとおり、彼女を取り上げたネット記事などを見ると「カトパン激似」「TBSのカトパン」といった表記が続々。
    実際、以前から彼女の「カトパン激似説」は噂になっていたようだ。

    女子アナ評論家の春山マサハル氏が語る。
    「彼女は立教大学に通いながら、フリーアナとして『NEWS ZERO』(日本テレビ系)でお天気キャスターを務めていたのですが、思い返せばその頃から『カトパン似の女子大生がいる』と評判になっていましたね」

    顔全体の雰囲気もさることながら、特に「激似パーツ」と注目されているのが口元のようで、
    「『口角を上げて笑顔を作るとカトパンとウリふたつ』と言われていましたね。当初は表情も硬かったのですが、番組に慣れてくるにつれ、徐々にカトパンぽさが出てきた記憶があります」(春山氏)

    一部では「本家超え」の声も。

    「良原アナはバストこそ加藤と同等の推定Eカップなのですが、身長は5センチ高い171センチと、パーフェクトな『モデル体型』。そのため彼女を『カトパンの“上位互換”』と呼ぶ声も女子アナマニアの間からチラホラ聞こえてきます。
    アナウンス技術も非常に高く、同年代の女子アナの中でもトップクラスの逸材であることに疑いはありません」(春山氏)

    カトパンを下に見る発言をした理由は、どうやら身長差だけではないようだ。

    アサ芸プラス 
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_125279/

    no title  

    2018-04-03_092837


    【加藤綾子にケンカを売ったTBS「激似アナ」の小悪魔素顔 モデル体型で「本家」超え 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/04/20(土) 05:04:26.68
    尾美としのり、恩師・大林宣彦監督との23年間の絶縁状態を初告白…理由を知り涙

     俳優の尾美としのり(53)が19日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演し、恩師の映画監督・大林宣彦氏(81)と23年間も絶縁関係にあったことを初告白した。

     尾美は幼稚園のころから子役として活躍していたが、1982年、16歳で大林監督の映画「転校生」の主役に抜てきされた。以後、83年に「時をかける少女」、85年には「さびしんぼう」と続く“尾道三部作”に主演するなど同監督作品への出演が続いた。

     ところが29歳のとき、雑誌で大林監督のインタビュー記事を見てショックを受ける。そこで監督は「尾美くんは僕の映画からは卒業だね」と卒業宣告をしていた。「どういうことなんだ」と当初は見当がつかなかったが、かつて楽屋で「たまには大林監督以外のほかの仕事もしてみたい」と愚痴をこぼしたことを思い出し、その発言が伝わったのではと考えるようになったという。

     そして実際に尾美は大林組の仕事に呼ばれなくなり、そのまま絶縁状態に。それから21年たった2016年8月、大林監督が肺がんで「余命3か月」と宣告されたというニュースが報じられ「もう2度と一緒に仕事ができないかもしれない」と悲しんだそうだ。

     しかし18年、奇跡的に体調が回復した大林監督から新作映画出演のオファーが届く。作品は、監督の出身地でもある、あの広島・尾道市を舞台にした「海辺の映画館―キネマの玉手箱―」だった。尾美は33年ぶりに訪れた地で大林監督と再会。ただ、長かった絶縁状態の理由は、監督から聞けないまま撮影が終了したという。

     番組でインタビューに応じた大林監督は、やはり尾美の愚痴を伝え聞いたことが原因だったと告白。「俺を裏切ったのか」とがっかりし、落ち込んだものの「おやじと息子みたいなもんですから。特に長男というものはいっぺん飛び出すんですよ。僕の映画につき合わせ、ほかの可能性を僕も奪っていた」と考え「家出息子、大きくなって帰ってこい」と“卒業”させたことを打ち明けた。最新作は「尾道にもう1回、里帰り」してほしいと思って尾美を呼んだという。

     この話をスタジオで聞き、尾美は涙を流していた。

    尾美としのり
    no title

    スポーツ報知 
    https://hochi.news/articles/20190419-OHT1T50143.html

    【尾美としのり、恩師・大林宣彦監督との23年間の絶縁状態を初告白 理由を知り涙 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/04/18(木) 04:19:56.65
    織田裕二&中井美穂、12大会連続「世界陸上」キャスター決定…カタールから熱く伝える

     俳優の織田裕二(51)とフリーアナの中井美穂(54)が、9月27日からTBS系で生中継される「世界陸上 ドーハ」のメインキャスターを務めることが17日、明らかになった。

     2人は1997年のアテネ大会から22年間、12大会連続でメインキャスターを担当。今大会は世界陸上初開催となるカタールの首都ドーハから10日間にわたって中継する。

     平均気温40度を超える灼熱(しゃくねつ)の中東の地に挑む織田は「番組のスローガンが“史上最も熱い戦い”ですから、どうしても“暑さ”と“熱さ”からは逃れられず、灼熱の地から熱戦の模様をお伝えする。東京オリンピックも真夏に開催されるということで、暑さの中でも強い選手は誰か?というところを見据えての大会」とコメントした。

     2人は5月11~12日に同局で生中継される陸上のリレー世界一決定戦「世界リレー」(11日・後8時50分、12日・後6時半)でもメインキャスターを担当することが決まった。初の日本開催で、山県亮太(26)、桐生祥秀(23)らリオ五輪銀メダルカルテットが参戦。織田と中井の名コンビが、“令和初の世界一”へ偉業を後押しする。

    12大会連続の世界陸上キャスターに決まった織田裕二、中井美穂
    no title

    スポーツ報知 
    https://hochi.news/articles/20190417-OHT1T50283.html

    【織田裕二&中井美穂、12大会連続「世界陸上」キャスター決定 カタールから熱く伝える 】の続きを読む

    このページのトップヘ