タグ:TBS

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/23(火) 12:26:20.77 _USER9
    22日放送の『1番だけが知っている』(TBS)に女優・芦田愛菜がVTR出演。芸能界一の読書家である彼女がこれまでで「1番魂が震えた」という本を明かした。

     今年、偏差値70以上の超難関中学校に合格したことでも話題になった芦田だが、単に勉強ができるというだけでなく、実は相当な読書家であることを告白。すでに5歳から児童文学書を読み出し、小学生低学年の時にはアガサ・クリスティーの小説を読破していたのだという。

     これまでに1000冊もの本を読破してきた芦田が一番感動したというのが、2012年にiPS細胞の発見でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授の自伝「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」。

     本にはiPS細胞発見にいたるまでの経緯と山中教授の波乱万丈な人生が描かれているそうで、芦田はその中でも特に山中教授が「人間万事塞翁が馬」という言葉を座右の銘としていることに深く感銘を受けたという。

     山中教授について芦田は「他の人の何倍も努力していると思うんですけど、その努力を楽しんでる」と物事にまっすぐ向き合う山中教授の姿に感動したと語り、「これから先、辛いこともあると思うんですけど、その時その時一喜一憂するんじゃなくて、これはチャンスかもしれないって思えるようになれれば」と前向きにコメントしていた。

    画像
    no title

     RBB TODAY
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13098486/

    【芸能界一の読書家・芦田愛菜 愛読書はiPS細胞の山中伸弥教授の本!「1番魂が震えた」】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 22:41:48.96 0
    「水曜日のダウンタウン」矢口真里がマジギレ&号泣www

    画像
    無題

    31分15秒~

    【「水曜日のダウンタウン」矢口真里がマジギレ&号泣wwww】の続きを読む

    1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 17:01:28.02 _USER9
    TBSの木村郁美アナウンサーが16日深夜に放送されたTBS系「友だち+プラス」で、360日外食という食生活のため、私服は「基本ユニクロ」という女子アナらしからぬ地味なファッションを披露した。

     番組ではフリーアナウンサーの高橋真麻に紹介したいグルメな女子アナを紹介していたが、元TBSの枡田絵理奈アナウンサーが名前を挙げたのが木村アナだった。

     女子アナ界一のグルメ通とも言われ、「歩く食べログ」と称されているという。インタビューに応じた木村アナは「食べることが大好き」と断言。
    外食は「360日」だといい、2014年に結婚した夫とほぼ毎日おいしいお店を探して食べ歩いているという。すでに今年は「12月まで予約が入っている」といい、9月に行く寿司店は「2年前に予約した」と胸を張った。

     これだけ外食がかさむことから、当然ながら「お洋服とかにまわるお金がない」。
    この日のインタビューもカジュアルなパーカーにジーンズというラフな格好。「今日もアウトレットのセールでまとめて買った」と明かし「基本ユニクロ」と、私服はファストファッションばかり。

     「食に真っ直ぐに向き合いたい」ため、それ以外の事に極力時間を割きたくないのか、買う服は「洗濯丸洗いOKで、ノンアイロン。(値段も)安ければ安いほうがいい」と真剣に話していた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/17/0010195754.shtml 

    画像
    no title

    【TBSの木村郁美アナ「360日外食」で私服はユニクロ「服に回るお金なし」】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 20:34:41.28 _USER9
    大爆死した木村拓哉の『A LIFE』、続編を計画中 次は医療ドラマではなく恋愛ドラマ(スレタイ)

    今年の1~3月期の連続ドラマで最も話題になった木村拓哉主演『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)に、続編が検討されているようだ。
    同ドラマの平均視聴率は14.5%。最近のドラマはふた桁以上の視聴率が合格ラインだとされている。
    だが、A LIFEの場合はこの基準が当てはまらないという。

    「木村は『SMAP』の解散問題直後で話題の人物だったし、TBSも宣伝費も莫大に掛けました。
    そのため、当初は視聴率20%以上を狙っていましたが、初回の視聴率が14.2%だったため、次第に目標を18%、16%、15%というように落としていったのです。
    しかし、15%もクリアできませんでした。失敗と言われてもしょうがない」(ドラマライター)

    しかも「内容も最低」との評価が多かった。
    木村は心臓外科の専門医を演じたが、元恋人役の竹内結子が患った脳腫瘍の手術を、専門外であるにもかかわらず担当していた。
    しかも、脳外科でもやれる人間がいないほどの危険な状態の患者に対して執刀したのだ。

    「多くの芸能ニュースが《心臓外科が脳外科手術をするのはおかしい》と報じました。
    一部撮影スタッフすら『何だよ、この内容は』と不満を漏らしていたのに、TBS幹部は『スリルがあっていい』といって押し切った。
    病院勤務の医師などからも、疑問だという声が多く出ていました」(同・ライター)

    ■次作は医療ドラマではなく恋愛ドラマか

    しかし、続編として計画されているドラマは、前作とは全く別物になりそうだという。

    「次作は、本格的な医療ドラマのテイストを残しながら、基本は恋愛ドラマとなるようです。
    沖田一光(木村拓哉)は心臓医として難病を克服しながら、看護師との愛を深めていく。
    医師と看護師は結婚する確率が高い相手であるため、これならば話の流れもスムーズになるでしょう」(TBS関係者)

    この恋愛の相手には木村文乃が起用される予定だそうだ。

    「前作で沖田は、壇上深冬(竹内結子)の手術を成功させると、以前に所属していたアメリカの病院へ復帰する。
    その際に、沖田が柴田由紀(木村文乃)を『一緒にいかないか』と誘った経緯があるのです。
    その際に柴田は「まだこちら(日本)でやることがあるので」と断りましたが、本当はついて行きたい気持ちを抑えていたのです。
    そのため、沖田には未練が残ったまま、ドラマが終わっているのです」(同・関係者)

    A LIFEは高視聴率が義務づけられていたためか、副院長の壇上壮大(浅野忠信)の愛人である弁護士の榊原実梨(菜々緒)が、自分が顧問をしている病院を訴えるなど、ストーリーの途中から整合性がなくなるようなことも起きていた。

    「二転三転して変わっていく設定のなかで、沖田と柴田のお互いなかなか告白できないさわやかさは評判がよかった。
    続編ではこのふたりの恋愛を見せてほしいです」(テレビ雑誌編集者)

    画像
    o1334075013893957257

    https://myjitsu.jp/archives/22270

    【木村拓哉の『A LIFE』続編を計画中 次は医療ドラマではなく恋愛ドラマ】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/12(金) 15:46:28.91 _USER9

    お笑いコンビ、おぎやはぎの矢作兼(45)が11日、TBSラジオ「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・0)で同局の女性アナウンサーについて「モデル気どり」だとコメントした。

     矢作はテレビ東京のアナウンサー、松丸友紀(35)が9日に第1子となる男児を出産したことについて、「いいじゃない。おめでたいよ」と祝福。しかし、松丸アナが自身のインスタグラムでも出産を報告したことについて、「アナウンサーがインスタなんかやっていいの?」と疑問視した。

     相方の小木博明(45)からも「なに? アイツ、インスタって。インスタで発表してんだよ。アナウンサーってやんないっけ普通? やんないよね」との援護を得て、矢作は「モデル気どりじゃん、だってさ」と“口撃”。続けて、「TBSのアナウンサーやりそうじゃん、いかにも。モデル気どりだから」と同局の女子アナをバッサリ斬った。

     これに、小木から「まぁ、女子アナってモデル気どりでしょ、言ったら」とやんわりフォローが入ると、矢作も「ああ、多いな。なんかしらのミスコンとかとってる風情だから」と同調した。

    ent17010111110012-p8

    サンケイスポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00000532-sanspo-ent 


    【おぎやはぎ矢作、TBSの女子アナは「モデル気どり」】の続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★ @\(^o^)/ 2017/05/09(火) 20:58:40.86 _USER9
    お笑いコンビ「クワバタオハラ」のくわばたりえ(41)が、8日に放送されたTBS系「好きか嫌いか言う時間」に出演。医師の発言を猛批判したことに疑問の声があがっている。

    この日は「病院の言い分VS患者のクレーム」というテーマで、医療の最前線で奮闘する関係者たちとゲストが熱い議論を交わした。

    その中で「治らないなら治療費を返せ」という、患者側のクレームを紹介。これについてゲストの大竹真一郎医師は「医者と患者さんの契約は必ずよくするというものではない。最善を尽くして診療にあたるというのが契約」と解説した。

    くわばたが「『100%治せるわけではない』と病院がそれを言ったらアカンちゃうんかな」とかみつくと大竹医師は「病気に絶対に誰でも治せるものなんてないんです」と反論した。

    MCの坂上忍(49)が「それは当たり前だと思うよ」と医師に加勢するが、収まらないくわばたは「(絶対は)ないかもしれへんけど、(言葉として)『一生懸命がんばります』みたいな…」と医師からの“誠意”を望んだ。

    大竹医師はうなずきながらも「100%尽くしますは言えます。100%治す、結果を問われると、これは無理ですよ」と最後まで主張を曲げなかった。

    放送後、ネット上ではくわばたの主張に対して様々な声が上がった。

    「医師の意見が普通だと思うけど」「治したくなくて言ってるわけじゃない」「根っからのクレーマー気質なんだろうな…」「芸人は100%人を笑わせられんの?」

    中には「ディレクターの要請で本人の意思ではない事を言わされてる場合もあるから」と擁護する声もあったが、くわばたの発言を疑問視する声が続出した。

    画像
    無題

    東スポWeb
    http://news.livedoor.com/article/detail/13039302/


    【くわばたりえ 医師に誠意求め炎上「根っからのクレーマー気質」】の続きを読む

    1: ひろし ★@\(^o^)/ 2017/05/08(月) 23:47:20.81 _USER9
     俳優でタレントの坂上忍が8日、TBS系「好きか嫌いか言う時間」に出演し、とある空港のすし店でゲキ怒りした出来事を明かした。

     番組ではクレームについてトークを繰り広げ、坂上は「とある空港でお寿司屋さんに入った」と怒りをにじませながら話し始めた。「若い方の板前さんが包丁を研いでいた。開店したてで」と坂上は話し、席に付いてビールを頼み、「中トロをつまみで下さい」とも頼んだ。

     坂上は「じーっと見てたら、そいつが研いでいた包丁を流して切り始めた。ふざけんなよと思って、それを3きれ俺の前に出した。流してるのを見てたからやっぱり鉄くさい」とトロに包丁の鉄がうつってしまったことを訴えた。

     坂上は板前に「おにいさん1個食べてみて」と話しかけた。板前は「お客様のを食べることはできない」と拒否。坂上は「食べられないじゃないんだよ。鉄くせえんだよ。食わなきゃ分からないから食べてみ」と再度、食べるように要求。板前は同様に答えたとき、「すーっと大将が後ろに隠れちゃった」と坂上は話した。

     無責任に対応に坂上は「あったま来たから」と話し、「帰ります。お会計してください!」と言ったところ、5000円を請求してきた。坂上は「ぶっ飛ばしてやろうかと思った。でもやっぱり我慢しちゃう。俺の選択肢は2度といかない。本当にずーっとツイッターしたい気分だった」と席から立ち上がった。

    画像
    d_10169529

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/08/0010169528.shtml

    【坂上忍 空港のすし店でゲキ怒り事件 中トロに包丁の味がうつり鉄くさいのに5千円】の続きを読む

    このページのトップヘ