中二病速報

    タグ:NHK

    1: muffin ★ 2019/03/28(木) 11:26:47.11
    退局しフリーになる者、期待を担い新番組に就く者、何かと女子アナが話題になる春である。そんな中、かつてはNHKの看板と持て囃された局アナが3月を以て退職していく。多くのブーイングを受けながら――。

    「ニュースウオッチ9」のメインキャスターなどを務めた青山祐子アナ(46)だ。もっともアナウンサーの仕事は2012年以来、皆無。前年に結婚した会社役員との間に第1子を妊娠し1月から休職に。その後立て続けに4人を出産。7年間ずっと産休、育休を繰り返し取り続けた末の退職だった。

    ネット上では非難囂々。

    〈復帰の意思もないのに制度の悪用で、確信犯〉
    〈受信料返せ!〉……。

     NHKの就業規則では、妊娠の場合112日間は有給休職とされ、子が満2歳に達するまでは育休が取れる。育休中は無給だが、雇用保険から給与の約半分が支給されることにもなっている。因みにNHK職員の平均年収は1780万円とも。青山アナも年収1千万円は下らなかっただろう。

    「決められた制度内でのこと。でも、ちょっとやりすぎですよ。局内で表立って悪くいう者はいませんが、“やっとハッキリしてくれたか”と、皆思っています」

     とは、NHK関係者。

    「実は彼女の夫は今、仕事の関係で香港に在住中です。就業規則では、配偶者が外国勤務で同行の場合、3年の休職が認められるんです。それを利用するとの声も聞こえていました。さすがに控えたようですが」

     NHKを19年前に退職した女子アナの大先輩、広瀬久美子さんも苦言を呈す。

    「育児休暇が2年も取れるなんて私達の時代からしたら考えられません。まして7年も休職したままなんて。もう50年近く前、私が出産した時は、産休はせいぜい10日ほど。帝王切開の傷口に晒しを巻いて仕事に復帰したものですよ」

     出産育児は誰もが他人事でない話。たまたま人気者だったがゆえのバッシングかもしれないが、まさか青山アナ、この先“他局に”なんてことはないですよね。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/03280556/?all=1 

    no title

    【【新潮】育休7年の末に退職 のNHK青山祐子アナに“受信料返せ”の声、大先輩、広瀬久美子さんも苦言】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/19(火) 03:47:50.72
     コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたテクノユニット「電気グルーヴ」のメンバーで、俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が出演していたNHK大河ドラマ「いだてん」(日曜・後8時)で、瀧容疑者の代役が俳優の三宅弘城(51)に決定したことが18日、分かった。後日、正式に発表される。

     関係者の話を総合すると、NHKはここ数日のうちに、三宅に代役を任せることで一本化。すでに撮影に入っているかどうかは不明だが、関係各所との調整を終えたうえで、一両日中に発表する用意を整えているようだ。

     「いだてん」で瀧容疑者は、主人公の陸上選手・金栗四三(中村勘九郎)が信頼を置く足袋店「播磨屋」の店主・黒坂辛作を演じていた。すでに6月放送回まで撮影は進んでいたが、瀧容疑者はストーリー上、重要な役どころで、出演シーンをすべてカットして対応するのは困難であることから、制作陣は代役で撮り直すことを決断。今後は編集作業と並行しながら、三宅で新たに撮影したシーンに差し替えていくことになりそうだ。

     三宅は、人気劇団「ナイロン100℃」の看板俳優で、「いだてん」の脚本を手がける宮藤官九郎氏(48)と同じ「大人計画」に所属。ロックバンド「グループ魂」のドラム担当としても知られる。NHKでは15年後期の連続テレビ小説「あさが来た」で、ヒロイン・あさ(波瑠)が嫁ぐ両替商「加野屋」の中番頭・亀助役を好演。Eテレの幼児向け番組「みいつけた!」にも出演中だ。

     三宅は2010年にも、劇団☆新感線舞台「鋼鉄番長」の主演俳優・橋本じゅん(55)が公演中に腰部脊柱管狭窄(きょうさく)症を発症したことを受け、代役を務めたことがある。激しいアクションなどが盛り込まれる難しい役だったが、約10日間の稽古で上演を再開。完璧に主役を務め上げ、公演を救った。演技の確かな実力に加え、宮藤氏との信頼関係も厚いことから白羽の矢が立ったとみられる。

     瀧容疑者の逮捕後、初の放送となった17日の第11話の平均視聴率は8・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。もともと瀧容疑者の登場シーンはなかったものの、6週連続で視聴率1ケタ台が続いている。制作陣は頼もしい戦力である三宅を新キャストに迎え、巻き返しを図るつもりだ。

     ◆三宅 弘城(みやけ・ひろき)1968年1月14日、神奈川県生まれ。51歳。88年、劇団「健康」のオーディションに合格し、93年「ナイロン100℃」の旗揚げに参加。2011年の主演舞台「鎌塚氏、放り投げる」が好評となりシリーズ化された。「グループ魂」では「石鹸(せっけん)」を名乗りドラムを担当。大河ドラマは「新選組!」(04年)「篤姫」(08)に続き3作目。学生時代は器械体操部に所属し、バック転も得意。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000225-sph-ent

    no title

    【「いだてん」ピエール瀧容疑者代役に三宅弘城 クドカンファミリー俳優 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/16(土) 05:38:05.91
    NHKの青山祐子アナウンサーの退職が決まったと、複数のスポーツ紙が伝えている。関係者によれば、青山アナは15日付で退職するという。海外を拠点に仕事をする夫と幼い4人の子どもを持ち、7年のブランクがある青山アナは、<復帰には難しい状況がそろって>いるとのことだった。

     しかしこの退社報道に、ネットでは批判の声が大きい。青山アナが2012年から出社していないためだ。

    1995年にNHKに入局した青山アナは、2011年に一般男性と結婚し、2012年3月に長男、2013年6月に長女、2015年7月に次男、2017年2月に次女を出産。長男出産前に出演した2012年1月20日放送の『スタジオパークからこんにちは』(NHK)を最後に、以来およそ7年間、産前産後休業および育児休業を取得していた。

     13日に一部スポーツ紙が青山アナの退職意向を報じるや否や、ネット上では「迷惑」「無責任」「非常識」「産休育休コンボ」「手当泥棒」「金返せ」「図々しい」などなど……青山アナへの批判が紛糾している。以下、ネット上に投稿されているこのニュースへのコメントを一部引用する。

    「こんなの許されてええんか?」
    「育休で税金むさぼりつくしたね」
    「お手当てだけ頂いてウハウハだね」
    「どの面下げて復帰するのかなぁ~と思ってたけど、もらい逃げか」
    「NHKは国営みたいなもんなのに」
    「すごい神経の持ち主だよねホント」
    「ワーママの足を引っ張るような真似を…」
    「7年間会社に行かずに給料をもらい続けたってこと? すごい神経だな。普通じゃないw」
    「居るんだよね、制度を都合よく使うだけ使って、後ろ足て砂を掛ける形で辞めていく人。本当に迷惑。復帰するつもりがないのなら、早々に退職すれば良かったのに」
    「子供を作って出産する事は自由なのでいいとは思いますが、仕事に復帰するのか子育てに専念するのかもうちょっと早い段階で決める事は出来ないのかな?」
    「常識的に考えて連続して4人の子供が生まれて、仕事をするのなんて無理です。育休明けですぐ復帰するつもりなら、仕事することを前提とした家族計画も必要ではなかったのではないでしょうか?」

    aoyama0315

    https://wezz-y.com/archives/64352


    【NHK青山祐子アナの退職「産休・育休7年」で「もらい逃げか」猛烈批判殺到!「すごい神経の持ち主だよね」 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/03/15(金) 19:20:30.56
     元NHKでフリーの登坂淳一アナウンサー(47)が15日、北海道在住の30代女性と結婚したことを所属事務所を通じて発表した。

     所属事務所によると、出会いは登坂アナがNHK札幌放送局に勤務していた2010年夏。お相手の女性について「彼女曰く(自称)菅野美穂さん似、だそうです」と説明している。

     9日に都内の区役所に婚姻届を提出した。登坂は「お互い支え合い、笑顔あふれる明るい家庭を築けるように努力したい」と周囲に話しているという。妊娠はしておらず、会見の予定はない。

    20190315s00041000344000p_view

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/15/kiji/20190315s00041000335000c.html

    【元NHKの登坂淳一アナが結婚 “菅野美穂似”の30代一般女性と 】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/03/15(金) 04:38:35.88
    NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)に、足袋職人の黒坂辛作役で出演するピエール瀧容疑者の逮捕を受け、NHKが代役の起用に向けて本格的に動き始めたことが14日、分かった。瀧容疑者が演じる黒坂は、主人公のマラソン選手金栗四三(中村勘九郎)と盟友でストーリー上、外せない重要な役。そのため、関係者は、瀧容疑者の降板は決定的と明かした。

    「いだてん」の収録は約3カ月後放送される24話あたりまで行われている。代役起用が決まれば、収録済みの瀧容疑者が演じた黒坂の登場シーンをカットして編集しつつ、代役による新たな収録で乗り切る形になるという。

    NHKはこの日、10日放送された第10話の再放送(16日午後1時5分)について、瀧容疑者の出演シーンをカットして放送すると発表した。ただ、3月放送分(17、24、31日)の同作には、瀧容疑者の出演シーンはないという。瀧容疑者が出演し、BSプレミアムで24日放送予定だった「あまちゃん総集編 後編」、16日放送予定「ALWAYS 続・三丁目の夕陽」、23日放送予定「ALWAYS 三丁目の夕陽,64」の3作についても中止し、別番組を放送するという。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903140001210.html   

    201903140001210-w500_0


    【NHK大河「いだてん」ピエール瀧容疑者の代役探しに本腰】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/13(水) 18:43:33.28
     NHKは13日、音楽ユニット「電気グルーヴ」のメンバーで俳優・ピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)=東京都世田谷区=の逮捕を受け、NHKオンデマンドで配信している出演6作品の停止を発表した。

     配信停止作品は、大河ドラマ「いだてん」(第4~8回、第10回)、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(シリーズ全作)、「とと姉ちゃん『もうひとつの物語“福助人形の秘密”』」、「あまちゃん」(シリーズ全作)、大河ドラマ「龍馬伝」(シリーズ全作)、土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」(シリーズ全作)の6作。同局は「番組の出演者が逮捕されたことを受け、NHKとして総合的に判断しました」と説明した。

    20190313-00000122-dal-000-view

     デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000122-dal-ent

    【NHKオンデマンド ピエール瀧容疑者出演6作品配信停止「あまちゃん」など 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/03/10(日) 21:17:44.29 0
    1970年NHK紅白歌合戦の紅組出場歌手 最高齢が33歳 

    水前寺清子:25歳
    和田アキ子:20歳
    ザ・ピーナッツ:29,29歳
    日吉ミミ:23歳
    森山加代子:28歳
    黛ジュン:22歳
    佐良直美:25歳
    弘田三枝子:23歳
    ピンキーとキラーズ:19,23,25,26,29歳
    小川知子:21歳
    トワ・エ・モア:20,22歳
    島倉千代子:32歳
    藤圭子:19歳
    森山良子:22歳
    辺見マリ:20歳
    西田佐知子:31歳
    ちあきなおみ:23歳
    都はるみ:22歳
    いしだあゆみ:22歳
    奥村チヨ:23歳
    由紀さおり:22歳
    伊東ゆかり:23歳
    青江三奈:29歳
    美空ひばり:33歳

    img_0

    【1970年NHK紅白歌合戦の紅組出場歌手 最高齢が33歳 】の続きを読む

    このページのトップヘ