中二病速報

    タグ:NHK

    1: 名無しさん@涙目です。 2019/08/08(木) 01:20:22.58 BE:306759112-BRZ(11000)
     大みそかの『紅白歌合戦』に向けて、NHKとジャニーズ事務所の関係性が注目を浴びている。

     8月5日発売の「週刊現代」(講談社)によると、現在、ジャニーズ事務所内ではNHKに対する怒りの声が上がっているという。

    「7月に公正取引委員会が、ジャニーズ事務所の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾ら『新しい地図』への“圧力”を注意した件をNHKは真っ先に速報で伝えました。
    これにジャニーズ上層部は怒り心頭、『紅白』から、所属タレントを引き上げる動きがあるのだそう。
    実際、ジャニーズの“女帝”であるメリー喜多川副社長は紅白への報復も辞さない構えだったと聞きます。
    ジャニーズが全ていなくなれば、視聴率に影響が出るだけに、今後NHKがどういう対応を見せるのか業界関係者も注視しているところです」(芸能記者)

     そんななか、ジャニーズはさっそくNHKに揺さぶりをかけてきたようだ。

    「8月17日に放送される『第51回思い出のメロディー』に東山紀之を初司会に逆オファーしたといいます。
    同番組は『紅白』と制作スタッフが重なることが多く、『夏の紅白』と位置付けられています。
    近年、NHKは若者ウケを狙っているため、ジャニーズ最年長グループの『少年隊』の東山はその流れに逆行する。
    それをわかったうえで、あえて『踏絵』としたのでしょう」(業界関係者)

     今年のジャニーズは嵐の活動休止に加えて、急逝したジャニー喜多川氏の追悼企画で“ジャニーズ祭り”になることは確実。
    NHKとしてもそうは強気には出られない事情もある。となると、“もう一つの踏絵”を踏まされることになりそうだ。

    ジャニーズ事務所が紅白撤退をチラつかせてNHKに突き付けた”2つの踏絵”
    https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_212556/ 

    resize


    【ジャニーズ事務所が紅白撤退をチラつかせて、NHKに突き付けた”2つの踏絵” 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/22(月) 07:16:25.90
    「Nの“抜き”って言われていますね」

    そう話すのは、一般紙の社会部記者だ。17日夜に突如として流れたジャニーズ事務所による元SMAP3人に対する「圧力報道」。公正取引委員会は17日までに、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人をテレビに出演させないよう働きかけていた疑いがあるとして、ジャニーズ事務所を注意した。

    3人は17年9月に契約満了で同事務所を退所。SMAPのチーフマネジャーを務めたI氏が立ち上げた新事務所に合流し、“新しい地図”として再始動した。その3人に対し、ジャニーズ事務所がテレビ各局に対し「元SMAPの3人を使うな」と圧力をかけていたのだという。

    冒頭の「N」とは、一報を打ったNHKのこと。“抜き”とはスクープのことを指すが、一般紙記者からはこんな異論も。

    「各社とも、公取委がジャニーズ事務所を調査していて、“新しい地図”の3人とジャニーズの最高権力者であるメリー喜多川副社長を聴取していたことは把握していました。その結果、公取委が注意処分に留めたことも。『注意』は公取の処分の中では軽度で、ニュース価値としてはさほどでないと各社判断していたようです。公取委が処分を伝えたのもずいぶん前ですしね。それがこのタイミング、しかもNHKが真っ先に報じるとは思いもしませんでした」

    付け加えると、公取委は民放キー局の社員などから圧力と認定するに足る情報を入手しており、当初は注意ではなく、ジャニーズにワンランク上の「警告」処分を課したかった。ところが、ジャニーズの副社長でジャニー喜多川氏の姉であるメリー喜多川氏が頑としてそれを認めなかったため、注意処分に留めたという。

    「公取委が堂々とオープンにできるのは警告から。まさか注意レベルで表に出るとは夢にも思わず、メリー氏は『なんでこんなことになるのよ!』と大荒れだったそうです」(スポーツ紙記者)

    しかも“抜いた”のがNHKとなれば、ただでは済まないだろう。
    年末の風物詩であるNHK紅白歌合戦――。例年、同番組を牛耳っているのはジャニーズ事務所で、昨年は嵐、関ジャニ∞、Hey!Say!JUMP、Sexy Zone、King&Princeの計5組が出場。「ジャニーズ枠」なる言葉もあるくらいだ。

    「出場歌手だけでなく、司会もジャニーズで固められています。16年から始まった嵐メンバーの白組司会はその代表で、活動休止する来年の紅白まで司会は嵐で内定していると言われています」(前出・スポーツ紙記者)

    NHK的にも常連と言われる演歌歌手が出るより、数字が稼げるジャニーズのタレントに多く出てもらった方が都合が良い。まさに両者は「ウィン・ウィン」に近い関係だったが、それも今回の報道で雲行きが怪しくなってきた。

    「NHKは民放と違って、報道が花形。紅白への影響など、さして考えなかったのでしょう。対照的に頭を抱えているのは、制作サイド。いまなお、メリー氏は怒り心頭状態と言いますから、スクープされた腹いせに紅白から撤退なんてこともないとは言い切れません」(芸能プロ幹部)

    ジャニーズ事務所は大晦日に恒例のカウントダウンコンサートを行っている。

    「今年はジャニー喜多川さんが亡くなったので、例年よりも盛大にやるそうだ。『原点回帰』をテーマに、所属タレントはカウントダウンコンサートに集中させ、紅白は二の次になるかもしれない」(テレビ局関係者)

    「圧力報道」の波紋はどこまで広がるのだろうか――。

     FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190722-00010000-friday-ent 

    20190722-00010000-friday-000-view


    【【FRIDAY】NHK『公取委』スクープで紅白歌合戦からジャニーズ撤退の可能性 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/07(日) 23:23:26.65
     「今日の桑子アナの衣装が刺激的で全然内容が入って来ないでぇ~」と、放送中から視聴者からの絶賛が殺到した。NHKの桑子真帆アナ(32)が6月17日放送『ニュースウオッチ9』でエロすぎる“シースルー衣装”で登場。日々、進化する「ロケット乳」まで初披露し、激震が走っている。

     「メインキャスターの桑子アナはこの日、ペルシャ湾での日本企業タンカー攻撃事件などを伝えました。しかし、衣装がNHKアナとしてはエロすぎた。両肩の部分が黒のシースルーになっており、胸の部分にもエッチな切れ込み。谷間ギリギリまで見えそうな服で、視聴者が騒然となったのです」(芸能ライター)

     さらに驚かせたのは、梅雨の中休みに満月が見えたニュースを解説した時だ。

     「桑子アナはスタジオの大きなビジョンに映った満月の画像を見ながら解説。立って話しつつ、やたら横向きになったのですが、その際、バストが“ロケット”のごとく突き出ていたことが判明したのです。もともと巨乳の噂はありましたが、ここまで“進化”していたことは想定外で、Fカップはありましたよ。しかも桑子アナ、妙に胸を突き出すような姿勢を取るなど、確信犯的に強調していたきらいもありました」(同)

     昨年と一昨年、『NHK紅白歌合戦』総合司会を務めたNHKの新エース。しかし、2017年5月に結婚したフジテレビの谷岡慎一アナとわずか約1年でスピード離婚したり、昨年2月には、現地に派遣された平昌五輪開会式中継で、「閉会式」と致命的な言い間違えをするなど、ゴタゴタも続いていたため、独立説も根強い。

     「そうした中、セクシーなシースルー衣装で目を引きつけつつ、ロケット乳を解禁したわけです。NHKでは4月から、夜の看板報道番組『NHKニュース7』キャスターに'13年入局の新顔・上原光紀アナ(28)を大抜擢したばかり。桑子アナは3年後輩の上原アナが、局上層部から気に入られていることを強烈に意識しており、ライバル心を燃やしているようです」(NHK関係者)

     NHKの「元祖ロケット乳」といえば、Hカップとされる杉浦友紀アナ(36)が有名だ。

     「桑子アナは、4年先輩の杉浦アナが爆乳で注目されていたことも意識していました。今回の生放送でのロケット乳初披露は、杉浦アナをも超えたことを宣言する意味も含まれているのかもしれませんね」(同)

     “NHKの顔は私”と強烈にアピールした桑子アナ、ロケット乳の新エース誕生なるか!

    週刊実話 
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/09228634/ 

    no title

    【NHK桑子真帆アナウンサー「シースルーロケット乳」に視聴者騒然 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/06/30(日) 06:11:33.62
     今月17日、警視庁練馬署に強制猥褻の容疑で逮捕されたのは、NHKの敏腕プロデューサーだった。

     警視庁担当記者によれば、

    「逮捕されたのは阿部博史(ひろふみ)という男で、NHK放送総局大型企画開発センターのチーフ・プロデューサー。容疑は今年2月、東京・練馬区の歩道で40代の女性を押し倒し、猥褻な行為をしたというものです」

     その大仰な肩書きは“伊達”ではなく、

    「阿部さんはエース中のエース。他の職員の不祥事の際とは比べ物にならないほどの激震が走りましたよ」

     と、NHK関係者。

    「彼が所属していた“大型企画開発センター”は『NHKスペシャル』として放送される大ネタだけを追いかける精鋭部隊。最近のNスペは東日本大震災関連のものなどビッグデータを活用した番組が多いのですが、彼はその第一人者だった。番組を作るには阿部さんの協力が不可欠で、ディレクターの間では“阿部詣で”と呼ばれていましたね」

     その経歴も異色で、「名古屋大学の大学院を修了後、NHKに入局したのですが、他に“NASA”に内定を貰っていたなんて噂も。5年前には自民党の小泉進次郎さんと対談を行い、ゆくゆくは“NHKの顔”となるハズだった」(同)

     将来を嘱望されたエースプロデューサーが嵌まった落とし穴。ところが、その兆候に周囲は早くから気づいていたという。

    「実は、彼、2年ほど前にも警察に逮捕されたことがあったんです。しかも容疑は痴漢。ただ、このときは彼が強硬に否認したこと、証拠が不十分だったことなどから釈放となった」(NHK幹部)

     かくして局内でも不問に付されたのだというが、「上層部には危ぶむ声も強く、彼を表に出すな、という意見もあった。ただ、その後、マツコ・デラックスさんとの番組に出演することなどもあり、“禊”は済んだかに思えたのですが……」

     痴漢を犯した者の約8割が再犯者――。

     ビッグデータの伝道者をもってしても、自らの欠陥までは見抜けなかったようだ。

    「週刊新潮」2019年6月27日号 掲載

     デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190630-00568576-shincho-ent 

    20190630-00568576-shincho-000-view


    【【週刊新潮】「NHKスペシャル」エースプロデューサーが猥褻逮捕、しかも再犯だった 】の続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/06/28(金) 16:19:36.44
     過去に覚せい剤取締法違反で逮捕された経験を持つ元タレントの田代まさし氏が、バリアフリーをテーマにしたNHK・Eテレのバラエティー「バリバラ」(7月4、11日、後8・00)に出演することが28日、同局から発表された。

     テーマは「薬物依存症」。過去に3度、覚せい剤取締法違反で逮捕され、薬物をやめられず苦しんだ田代氏が“マーシー先生”として実体験を赤裸々に語る。有名人が逮捕をされるたびに加熱するバッシングについて、田代さんは実際に報じられた立場として、当時を「世界中だれも俺の味方はいないと思った」と語った。

     さらにバッシングは本人だけでなく家族のもとにも。親族も、洗濯物も干せず、日常生活を送るのが困難なほどに追い詰められた。田代さんの経験から薬物問題の取り上げ方、また、回復を目指す人たちにどんなサポートが必要なのか、専門家も交えて考える。

     田代氏は収録を終え「正直に今回は自分の思いを話したつもりなので、依存症のことを知らない人とか、いま悩んでいる人とかいろいろな人に届いたらいいな」とし「ここまで元気になって話せるようになった僕ですが、あしたはどうなるか分かりません。これからも一日一日を積み重ねて、依存症から回復している姿を見せていきたいです」とコメントを寄せた。

     田代氏は2001年に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕され、裁判では執行猶予付きの判決が下された。しかし04年には同容疑で再逮捕、実刑判決を受け、出所後の10年にも同容疑などで逮捕された。14年7月に2度目の服役生活を終えた。

     薬物とは別に、00年10月に都内の駅構内で女性の下着を盗撮したとして、東京都迷惑防止条例違反容疑で書類送検され、同12月に東京簡易裁判所から罰金5万円の略式命令を受けた。謝罪会見で「『耳にタコ』のシャレで『ミニにタコ』ができるというギャグの映像を撮ろうと」と釈明し、話題となった。01年12月には風呂をのぞいたとして現行犯逮捕。15年7月には女性のスカート内を携帯電話で撮影した疑いがあるとして書類送検され、東京簡裁から罰金30万円の略式命令が下った。

    デイリー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000078-dal-ent 

    20190628-00000078-dal-000-view


    【田代まさし氏がNHK・Eテレで“先生”に 過去4度の薬物逮捕、盗撮事件も 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/06/26(水) 13:46:48.56
    ピエール瀧逮捕のウラにXルートが

    ピエール瀧と親交のある俳優Xに疑惑の目が向けられている。

    「Xは現在放送中の『なつぞら』(NHK)にも出演している人気俳優です。
    実は、逮捕には至りませんでしたが、昨年マトリにガサ入れされているのです」(社会部記者)

    捜査の結果、すんでのところで逮捕をまぬがれたX。
    しかし、彼のクスリ疑惑は以前より噂されていた。

    「コカインもそうですが、クサもですね。彼をよく知る人間はみな噂していますよ。
    瀧の逮捕劇のウラにはXのルートが関係しているはずです」(前同)

    芸能界を揺るがしたクスリ汚染。その実態とはーー。
    その詳細は6月28日発売『実話ナックルズ7月号』で確かめてほしい。

    https://k-knuckles.jp/1/7938/2/


    【【実話ナックルズ】 NHK朝ドラ「なつぞら」に出演している人気俳優が尿検査されていた 】の続きを読む

    このページのトップヘ