タグ:NHK

    1: 音泉光征 ★ 2018/01/02(火) 19:24:32.18
    欅坂46メンバーの「異変」を予言していた「週刊文春」「リテラ」 平手さんはインタビューで「不協和音」を「命を削る曲」と

     12月31日に生放送されたNHKの「紅白歌合戦」に紅組で出演したアイドルグループ「欅(けやき)坂46」の平手友梨奈さん(16)、鈴本美愉さん(20)らメンバー3人が過呼吸の症状を訴えた問題で、ニュースサイト「リテラ」や「週刊文春」の記事が
    注目に値する記事を数回掲載している。

     「リテラ」は「欅坂46平手友梨奈はレコード大賞、紅白を乗り切れるか? 『不協和音』を歌うと体調悪化」などの見出しで12月30日、まるで大晦日の「変事」を予言するかのような記事を書いているのだ。

     「リテラ」の記事では、週刊文春12月7日号を紹介。欅坂が「風に吹かれても」でレコード大賞の優秀作品賞にノミネートされていることを挙げた上で、「元々は4月発売のシングル『不協和音』が選出される予定で審査も進んでいた。しかし、受賞曲を決定する審査会の数日前になって、欅坂46の所属レコード会社であるソニーミュージックから『不協和音』ではなく『風に吹かれても』を優秀作品賞に」と要望があったというのだ。

     週刊文春では、その理由を平手さんの体調にあると指摘。曲の世界観にのめり込むタイプの平手さんは、「不協和音」を歌うと体調が悪化するため、12月30日のレコ大の生放送では歌わせられないと運営側が主張したというのだ。

     リテラは、平手さんが雑誌「ロッキング・オン」のインタビューで「不協和音」を「命を削る曲」と評し、「やれるとしても自信はない」と話していることを摘示した。

     その上で「リテラ」では12月30日、「今夜のレコード大賞では『風に吹かれても』が歌われるが、実は、明日の『紅白歌合戦』では、『不協和音』が歌われる予定だ」として、「この2日間、彼女は無事にパフォーマンスをやり遂げることができるのだろうか」と締めくくっている。この予言が不幸にも的中したということだ。

     以前からリテラは欅坂に関しての記事が多く、運営側、特にプロデューサーの秋元康氏に批判的だ。

     元日にも「リテラ」は紅白の「変事」を取り上げ、「欅坂」が平手さんの一強体制になっていると指摘。このことが平手さんだけでなく、他のメンバーの心身を壊し始めていると主張した。その上で、平手さんが以前、「この場からいなくなりたい」と発言したことを秋元氏が雑誌のインタビューで明かし、「(平手さんは)ピュアな子なので人間関係に疲れちゃう場合もあるんだろうし、あるいは センターでい続ける重圧かもしれない」と答えたことをとらえ、「これはどう考えてもSOSのサインだろう」と指摘。「秋元氏と運営は抜本的な解決を図るべきではないのか」と批判している。(WEB編集チーム)

     http://news.livedoor.com/article/detail/14107299/

    欅坂46 『不協和音』
    https://www.youtube.com/watch?v=gfzuzDrVRVM


    紅白歌合戦で倒れる様子
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=xbuRigd6r6k


    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【欅坂46】紅白で倒れた平手友梨奈「『不協和音』は命を削る曲」 】の続きを読む

    1: オムコシ ★ 2018/01/01(月) 04:38:55.11 _USER9
    *ソースは公式ツイッターからです。

    @keyakizaka46
    皆さん、あけましておめでとうございます!
    本年も欅坂46・けやき坂46の応援、どうぞよろしくお願いいたします!

    写真はNHK紅白歌合戦を終えたメンバーです!
    no title

    https://twitter.com/eyakizaka46/status/947547614613872640

    【欅坂46 紅白を終えた元気そうなメンバー達のあけおめ集合ショット公開(画像あり) 】の続きを読む

    1: ジョーカーマン ★ 2017/12/31(日) 22:18:32.25 _USER9
    ■『第68回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)
    欅坂46が総合司会の内村光良と「不協和音」をコラボした企画で、メンバーの鈴本美愉が歌唱後、ステージ上で後ろに倒れる姿が放送された。

    「不協和音」は最後に、欅坂46のロゴマークの三角形のフォーメーションを作るが、その中で鈴本が後ろに倒れ込んだ。
    センターの平手友梨奈もパフォーマンス中からふらつき、ダンス中に内村が「大丈夫?」と話しかけて平手がうなずく一幕も。
    平手は最後のポーズで手が小刻みに痙攣しており、SNSでは鈴本と平手の体調を心配する声であふれている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000368-oric-ent

    内村光良と「不協和音」をコラボ中 欅坂46・鈴本美愉が倒れるハプニング 
    no title

    no title

    平手友梨奈に声をかける内村光良
    no title


    欅坂46 鈴本美愉
    no title

    欅坂46 平手友梨奈
    no title

    【【紅白】欅坂46・鈴本美愉、ステージ上で倒れる(画像あり)】の続きを読む

    1: きゅう ★ 2017/12/29(金) 05:16:37.17 _USER9
     “浪速のジョー”こと、辰吉丈一郎。現在、47歳。一応、現役のボクサーだ。しかし09年3月、タイでの敗戦からリングに上がっていない。よって、無収入。それでも、上がれるリングがあるという可能性を信じて、一日たりとも練習をさぼらない。すでに国内ライセンスは剥奪されているため、次の試合は未定。8年もファイトマネーを手にしていないため、無職。出口が見えない迷路をいまださまよいながらも、練習を続ける往生際の悪さ。それこそが、ジョーなのだ。

     年上の妻・るみさんは何度も、「もう辞めて」と引退を勧告。すると、「おまえが悲しむことはしない。おまえが悲しむなら、辞める」と素直に応じるも、その数分後、練習道具を詰め込んだカバンを持って、家を出る。妻は、見慣れた夫の後ろ姿を見て、ニンマリする。ジョーがるみで、るみがジョー。伝説のカリスマプロボクサー・辰吉丈一郎は、辰吉るみでもあるのだ。

     そんな2人の今を伝えたのが、NHK総合の『ノーナレ』。タイトルどおり、ノーナレーションのドキュメンタリー番組だ。“ドキュメンタリーはナレーションありき”という映像業界の常識を逆手にとって、撮れた画、発した言葉をそのまま流す。ダイレクトに心に響くいっぽう、ナレーションなし、テロップに依存しないシンプルさは、不親切といえる。目を凝らして、耳をすませて、神経を集中させて身を投じなければ、理解できないからだ。優しくなりすぎた昨今の番組制作に異論を唱えるように、徹頭徹尾、視聴者を突き放す。

     それはさながら、辰吉の生き方でもある。頼らない。媚を売らない。社会不適合者。われわれがふと、「昔はよく観たなぁ」と20年以上も前のリングに思いを馳せるのは、不親切で不器用な男の生き方が、とてつもなくカッコよかったという残像があるからだ。

     12月18日には、「辰吉家の常識 世間の非常識」というタイトルで放映された。るみさんの親が経営する喫茶店で、2人そろってインタビューに答え、辰吉の練習、仲間とのBBQにもカメラが潜入。テレビ収録であるにもかかわらず、辰吉は遅刻。反省の色は、さほどない。眼下底骨折の悪影響か、両目の視線が定まらず、呂律も回らないパンチドランカー状態。日本国民を熱狂させた一流アスリートのその後としては、目を覆いたくなる実情だ。

     同番組は過去に、元やくざのうどん屋、ゲーマー夫婦、パーソナルスタイリスト、荒海で働く漁師、元棋士のひふみんこと加藤一二三、見当たり捜査員、北陸のすし職人ほか、多くの人間にスポットを当ててきた。今年最大のヒット回が、この辰吉夫婦。放送中・直後から、絶賛の声がツイッターや局に続々届いたという。

     定点カメラでその業界の3日間に密着する同局の『72時間』と同じく、人の魂が詰まっている『ノーナレ』。辰吉夫婦の回は、18年1月7日に再放送を予定している。魂が揺さぶられっぱなしになること、間違いなしだ。

    bandicam-2017-12-19-05-20-04-327

    http://wjn.jp/article/detail/7517514/

    【呂律が回らない“浪速のジョー”をリアルに描いたNHKに称賛の声が続々と】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2017/12/23(土) 05:03:12.46 _USER9
    ゆず、NHK紅白歌合戦の白組トリ&大トリに内定

     人気デュオゆずが、大みそかのNHK紅白歌合戦の白組トリに内定したことが22日、分かった。
    トリは初めだが、いきなり全出場者の最終歌唱となる大トリを務めることも内定した。

     96年に北川悠仁(40)と岩沢厚治(41)の2人で結成。
    横浜・伊勢佐木町などでの路上ライブで腕を磨いて、97年にインディーズデビュー、98年にシングル「夏色」でメジャーデビューを果たした。
    美しいハーモニーが多くの人を魅了し、瞬く間に大ブレーク。
    03年に紅白初出場を果たし、翌04年にはシングル「栄光の架橋」がNHKアテネ五輪のテーマ曲になった。

    ゆずの左から北川悠仁、岩沢厚治(2017年10月27日撮影)
    no title

     日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00083735-nksports-ent

    【"ゆず" NHK紅白歌合戦の白組トリ&大トリに内定 】の続きを読む

    このページのトップヘ