中二病速報

    タグ:NHK

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/08(火) 06:29:57.70 _USER9
    (略)

    「多部さんが次に撮影に臨むはずだった連続ドラマの制作が突然中止されたのです」

    中止となったのは’19年夏にNHKで放映された『これは経費で落ちません!』の続編だったという。ドラマ制作に携わるNHK関係者は言う。

    「『これは経費で落ちません!』は多部さんが主演で、せっけんメーカーに勤めるアラサー独身女子を演じました。仕事には几帳面なカタブツで、恋には奥手という繊細な女性社員を多部さんは好演し、演技力も評価されました。撮影現場でも、専門用語が多い難解なセリフを多部さんはほとんどNGナシだったそうで、スタッフも絶賛していました。

    夜22時スタートの『ドラマ10』枠は視聴率的には苦戦することが多いのですが、『これは経費で落ちません!』は異例の高視聴率だったのです。原作小説がまだ続いていることもあり、ドラマ終了時には、『わたナギ』ほどではありませんが、続編を望む声も多かったですね」

    そこでNHKは続編制作を決定し、プロジェクトは秘密裏に進行したという。

    「当初は’21年1月からの放映を目指していましたが、コロナ禍の影響もあり、4月から放映することになっていました。今年10月下旬から撮影をスタートすることも決まり、スタッフたちは粛々と準備を進めていたのですが……」

    制作中止が関係者たちに知らされたのは8月下旬のことだったという。すでに撮影スタートまで2カ月を切っていた。

    前出の芸能プロダクション幹部によれば、制作スタッフは中止の理由について次のように説明したという。

    「主演の多部さんの事務所が降板を申し入れてきたそうです。もともと続編制作については、多部さんサイドからは、『作品の世界観を大事にしたいので、前作と同じキャスト・スタッフで臨みたい』という、条件が出されていたそうです。

    演出も前作と同じ中島悟監督に決まり、主要キャストをはじめ、多くの出演者たちのスケジュールも押さえることができたのだそうですが……」

    せっけんメーカーの同僚社員役の1人が、出演することができなくなってしまったのだという。

    「存在感があるいい俳優さんです。しかし続編でのキャスト変更は、この世界では珍しくないことですからね。

    でも、そこから多部さんサイドは、不信感を抱くようになったそうです。制作側は説得を続け、台本も5話分まで用意して送ったそうです。ただ多部さんサイドは台本にもいい印象を持てなかったようで、最終的に『作品世界を大切にする多部の気持ちを軽んじている』と、降板を決めたと聞いています。いまスタッフたちも、出演が決まっていた俳優たちへの事情説明で大変なようです」

    NHKの大混乱は事情説明ばかりではない。

    「来年4月の放映枠がポッカリ空いてしまいました。いろいろ代案も提案されましたが、上層部からのOKも出ず……。『このままでは過去のドラマの再放送でしのぐしかない』という悲鳴も上がっています」(前出・NHK関係者)

    そこで多部の所属事務所に、『これは経費で落ちません!』続編中止騒動について、取材を申し込んだところ、担当者は次のように回答した。

    「前作キャスト・スタッフの続投という当初のお約束がかなわなかったため、成立にいたりませんでした」

    出演辞退は、あくまでも台本などの問題ではなく、“キャストの続投”という約束が果たされなかったためだというのだ。

    それにしても、これほど間際での連続ドラマ制作中止は、よくあることなのだろうか。

    「主要出演者の病気や事故、あるいは逮捕による中止ということならあるとは思います。でも、“都合がつかない出演者がいるから”という理由で、主演俳優が降板するのは非常に珍しいですね」(ベテランのドラマ制作関係者)

    食い違うドラマ制作サイドと多部サイドの主張。だが多くの視聴者が待ち望んでいた『これは経費で落ちません!』の続編放映が遠のいてしまったことは間違いない。

    「女性自身」2020年9月22日号 掲載

    (全文はソースでご確認下さい)

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1892038/

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【女性自身】多部未華子 直前の緊急降板「これは経費で落ちません!」続編中止にNHKの混乱】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/08/24(月) 23:14:42.73 _USER9 BE:234861322-2BP(0)
    石橋貴明、20年ぶりNHK生出演 公式ツイッターは“暴走”予告!?

     とんねるずの石橋貴明(58)が30日放送のNHK「サンデースポーツ2020」(日曜後9・50)に生出演することが明らかになった。24日、番組の公式ツイッターなどで発表された。

     同ツイッターでは「プロ野球前半戦を独自目線・独自取材で斬る!」と告知。「NHKのテレビ生出演は20年ぶりとなる石橋さんの暴走(?)に乞うご期待です!」としている。

     石橋のNHK生出演決定にネットも歓喜。「楽しみすぎる!受信料払ってて良かった」「大越さんとの共演、楽しみ」「暴走に期待します!」など、早くも放送を待ちわびる声が相次いだ。

    とんねるず・石橋貴明 
    no title

    スポニチアネックス 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200824-00000233-spnannex-ent

    【石橋貴明、20年ぶりNHK生出演 公式ツイッターは“暴走”予告!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/08/18(火) 01:42:28.80 _USER9
     NHKの情報番組「あさイチ」(月~金曜前8・15)は17日、番組スタッフが新型コロナウイルスに感染したことについて言及した。MCを務める近江友里恵アナウンサー(32)は夏休みのため欠席したが、リポーターの小林孝司アナ(46)が「番組ではコロナ対策などをお伝えし感染対策は行っていたのですが、スタッフから感染者を出してしまったことを重く受け止めています」と説明した。

    https://www.sanspo.com/smp/geino/news/20200817/geo20081714380019-s.html 

    restricted-nhk-headquarters-tokyo-japan


    【【新型コロナ】NHK「あさイチ」番組スタッフ感染を「重く受け止めています」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/08/17(月) 04:20:51.25 _USER9
     2019年の紅白歌合戦で司会を務めた綾瀬はるかと内村光良

     今年の大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」が無観客で開催を検討していることが16日、分かった。

     いまだ収束の気配を見せない新型コロナウイルス。年末の風物詩にも、大きな影響が出そうだ。今年の開催の発表はまだだが、同局関係者は「無観客、生放送を基本線にして行う予定です」と明かした。

     感染防止対策を徹底するため、ソーシャルディスタンスの確保と3密回避が至上命令になる。そこで浮上するのが、同局の敷地内をフル活用したプランだ。

     これまでもステージだけでなく、ホールロビーや2階客席、07年にGACKT(47)が「川中島の合戦」を再現し、08年にMr.Children、14年に中島みゆき(68)が歌唱した最も大きな101スタジオ、昨年の竹内まりや(65)の102スタジオなどを使用。それ以外にも多くのスタジオが利用可能で、「シブヤノオト」の真心ブラザーズ、BiSHのように同局の屋上を使うこともできる。

     8日に放送された同局の音楽特番「ライブ・エール~今こそ音楽でエールを~」は「ウィズコロナの時代の夏の紅白」と銘打ち、無観客で実施。出演者がステージと客席から3密を回避しながら歌声を届けた。別の関係者は「紅白を意識した作りだった。例年であればバンド、ダンサーを含め数百人の規模になるが制約が出てくる。その分、歌の力に重きを置いた演出になるだろう」と語った。

     コロナ禍に入り、「うたコン」(火曜・後7時57分)は6月から無観客の生放送を継続中。一方で「NHKのど自慢」(日曜・後0時15分)は13日に再び開催中止が発表された。秋から冬にかけて新型コロナが流行する恐れがあると言われており、一部を事前収録にする案もあるという。

     1973年6月に開館したNHKホールは来年3月から耐震工事で休館。改修前最後の紅白になるが、前例がないだけに臨機応変な対応が迫られそうだ。

    no title

    スポーツ報知
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8ed54c3f7228ec9c63621db5c8a5b1f212261199

    【今年のNHK紅白歌合戦は無観客で開催へ 関係者「生放送を基本線に」コロナ新様式】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/08/10(月) 04:53:04.14 _USER9
     俳優の眞島秀和(43)が新型コロナウイルスに感染したことが9日、分かった。関係者によると、6日に37・8度の発熱があり、PCR検査を受けた結果、翌7日に陽性が確認された。現在は平熱に戻り、食欲も回復。味覚障害などの症状もないという。

     眞島は7日に行われたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(放送中断中)の撮影には参加していないが、それ以前の撮影参加で影響があるか調査中だ。同作では主演の長谷川博己(43)演じる明智光秀の盟友、細川藤孝を演じている。

     13日にスタートする日本テレビ系ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」に主演。1日にクランクアップしており、放送に影響はないとみられる。

     眞島は昨年11月、美人プロ雀士の渡辺洋香さん(年齢非公表)と数年前に結婚していたことが明らかになっている。

    (おわり)

    スポニチアネックス 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/87c25217d9af0eca6f9481b9cf2c3bd763939302 
    俳優の眞島秀和 
    no title


    【眞島秀和がコロナ陽性 大河「麒麟がくる」で細川藤孝役 影響は調査中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@涙目です。 2020/07/29(水) 10:10:43.78 ● BE:593349633-PLT(16000)
    NHKおはよう日本 緊急避妊薬特集が大炎上wwww

    https://twitter.com/search?q=%E7%B7%8A%E6%A5%E9%BF%E5%A6%8A%E8%AC&src=trend_click

    no title

    #おはよう日本 で予期しない妊娠で苦しむ女性と #緊急避妊薬を薬局で 購入できるようにとの活動を特集。遠見才希子先生@emmi__chan
    のコメント全くその通り。他方、産婦人科医会前田津紀夫副会長の日本の若い女性は性教育不十分だから安易に緊急避妊薬に流れると心配するコメント、本当に悔しい

    「緊急避妊薬を薬局で」のニュース中、男性医師が「現状、女性への性教育が十分でないので安易なセックスが増える懸念がある」みたいな発言があったんだけど、とりあえずそういうことは「外で出せばOK」「生理中は妊娠しない」「事後コーラで洗えば大丈夫」と思ってる男性を撲滅してから言ってほしい。

    【NHKおはよう日本 緊急避妊薬特集が大炎上wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/07/28(火) 06:50:55.34 _USER9
    「2020年の1月25日に就任したNHKの前田晃伸新会長(75)に、ある “疑惑” が囁かれているんです。それは、過去に『BS受信料の未払いがあった』というものです」

     そう告白するのは、NHKの関係者だ。

     放送法第条第1項では、「協会(日本放送協会=NHK)の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」としている。つまり、原則としてテレビを持つすべての世帯は、NHKの受信料を支払わなければならないのだ。

     だがこの制度に対して、「NHKなど見ないから、払いたくない」と反発する声も多く、受信料の取り立てをめぐるトラブルが絶えない。事実、2018年度に全国の消費生活センターに寄せられた受信料に関する相談は、2009年度と比べ倍以上に増えている。

     そんななかで、NHKのトップまでが “受信料を未払いしていた” とは、どういうことなのか。前出のNHK関係者が語る。

    「NHKの受信契約には、地上契約と衛星契約があります。地上契約は、テレビが地上波のみを受信できる場合の契約です。一方、衛星契約は、衛星放送(BS)を受信できる場合に結ばなければいけない契約で、地上契約も含まれています。

     衛星契約は、現在の料金体系では地上契約よりも月額で970円高いのですが、前田会長はBS放送を受信していながら、それよりも安い地上契約だけを結んでいた時期があったということなんです」

     前田氏は東京大学卒業後、1968年に富士銀行に入行。富士銀行、第一勧業銀行、日本興業銀行が合併し、2003年に「みずほフィナンシャルグループ」が誕生すると、初代社長に就任した。2009年には同グループの会長にまで上り詰めた、華々しい経歴の持ち主だ。

    「前田氏は、質素で生真面目な優等生タイプ。その一方で、“天然” なところがある、といわれています」(経済ジャーナリスト)

     天然な性格ゆえのうっかりだったとしても、「未払い」が事実ならば、NHKのトップとしては、あまりに脇が甘い。

     本誌は真相を確かめるべく、自宅から出てきた前田氏を直撃。過去にBS受信料の未払いがあったのか尋ねると、首を横に振りながら、「そういった事実はありません」。「一切、未払いの事実はなかったということですか?」と念を押すと、記者にうなずいてみせた。

     あるNHK職員は「未払い疑惑」の背景にある、NHK内部の複雑な事情を語る。

    「前田会長は銀行出身で、放送業界は、まったくの素人。就任直後は、いわゆる “お飾り” の会長にすぎないと考えられていたんです。

     しかし最近になって、うちの縦割り体質を問題視して、『地上波とBSの番組作りの垣根をなくす』と言いだしました。当然、制作現場は『混乱するからやめろ』と言って猛反発しています。

     NHKでは、個人の住所さえわかれば、過去の受信料の支払い記録を簡単に調べることができます。なので、就任前の “身体検査” で、前田会長に『未払い』があったならば把握できる。

     就任から半年を経て、これが蒸し返されたということは、会長のやり方に不満を持つ派閥が、会長の動きを抑えようと活動し始めたのではないでしょうか」

     会長の受信料未払い疑惑に、権力闘争ーー。NHKが勝手に “ぶっ壊れる!” 日は近いかもしれない。

    フラッシュ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d77f53627002232cd00ecba276297a439627bf5f

    no title

    【【FLASH】NHK会長に驚きの内部告発「BS受信料未払い疑惑」を直撃】の続きを読む

    このページのトップヘ