タグ:NHK

    1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 16:05:03.77 _USER9
    昨年3月、NHK山形放送局に採用されたA子さん(28)が、上司によるパワハラなどで
    同局を訴えたことが週刊文春の取材でわかった。A子さんの直属の上司は、アナウンスグループを 統括する放送部副部長のS氏(43)。97年入局のS副部長は、東京アナウンス室に赴任経験もある中堅アナだ。

    「入局直後、休日に取材と称し、S氏から長時間のドライブや飲食に誘われるようになりました。

    新人アナの私は断れなかったのです。その一方で仕事は思うように回されず、不満が募ってきました」(A子さん)

    A子さんは朝の情報番組「おはよう山形」などを担当。事態が急変したのは、11月15日のことだった。
    S副部長は局内の出演者控室に彼女を呼び出し、計6時間半にわたり、鋭い口調でこう罵倒したという。
    「局内にあなたの味方なんていません! 僕に好かれなかったら、君には放送枠なんて与えられないよ」

    突然の出来事にA子さんは涙を流すしかなかったという。

    彼女に追い討ちをかけたのは、今年2月に同局の弦本康孝記者が起こした強姦致傷事件だった。

    「この事件を報じた写真週刊誌『FLASH』に『NHK強姦記者に狙われた同僚女子アナ』という記事で、私の顔写真と実名が掲載されており、愕然としました。私は彼の携帯番号すら知らなかったのです」
    (A子さん)

     彼女は上司らに対し事実無根と主張し、「抗議して欲しい」と直訴。だが、彼らは取り合わなかったという。
    「NHKは私を守ってくれなかった。そのうち眠れず、吐き気が止まらなくなりました。
    友人や家族の勧めもあって病院に行くと、適応障害と診断されました」(同前)

     今年5月中旬、納得のいかないA子さんは、NHKを相手取り、損害賠償を求めて提訴に踏み切った。

     NHK広報部は「当方の主張は裁判で明らかにしていきます」と回答した。

    「週刊文春」6月15日発売号では、A子さんのインタビューやS副部長への直撃取材などを詳報している。

    NHKの上田良一会長
    20170614-00002912-bunshun-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170614-00002912-bunshun-soci

    【【週刊文春】NHKが女子アナからパワハラで訴えられた!】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/13(火) 23:46:36.69 _USER9
    インターネット上も“揺れた”――。

     5月28日、生放送のテレビ番組『サンデースポーツ』(NHK)で、キャスターの杉浦友紀アナ(34)が胸のラインを強調するような服装で登場。FカップともGカップとも噂される杉浦アナの思わぬサービスに、ネット上の視聴者から興奮の声が上がった。

     上智大学時代に「ミスソフィア」に輝き、鳴り物入りで2006年にNHKに入局した杉浦アナは、29歳だった13年4月から『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』のキャスターに抜擢され、昨年のリオ五輪では現地キャスターを務めるなど“NHKスポーツの顔”として活躍している。芸能記者が話す。

    「昔からスポーツニュースでは、胸が魅力的だと評判の女子アナが配置されるケースが目立ちます。

    フジテレビは『プロ野球ニュース』の中村江里子アナや『すぽると!』の内田恭子アナ、テレビ東京は大橋未歩アナや亀井京子アナなどを起用してきました。テレ東は『YC=横乳』というカメラワークがあり、大橋や亀井は不自然に横から撮られ、胸を強調されていました。

    現在、テレ東のスポーツ番組は、鷲見玲奈アナが担当。YCを狙うカメラアングルも健在で、VTR前になぜか『恋ダンス』を踊らせるなど、胸の揺れを楽しめる番組づくりが行われています。夜のスポーツニュースは基本的に男性をターゲットにしているため、スタイルもキャスター選びの重要な要素になるのでしょう」

     普段、『サンデースポーツ』は視聴率6~7%台がほとんどだが、杉浦アナの胸のラインが話題になった5月28日の放送では9.2%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)を獲得。今年2番目に高い数字(6月4日現在)となった。

    「この日は、大相撲夏場所の優勝力士である白鵬がゲスト出演したことも大きかったでしょう。大相撲千秋楽の日は数字が跳ね上がる傾向にあります。同番組の今年1位の視聴率は、大相撲春場所でケガを押しながら優勝した稀勢の里がゲスト出演した3月26日の11.5%でしたからね。

    ただ、初優勝して19年ぶりの日本出身の横綱昇進を確実にした稀勢の里がスタジオ生出演した1月22日ですら9.1%でした。そう考えると、2位を獲得したのは杉浦アナも大きく貢献したといってよいのではないでしょうか。

    『サンデースポーツ』は満遍なくスポーツを伝えるため、視聴者は自分に興味のない競技だとチャンネルを変えがちになる。そこを杉浦アナの胸が踏みとどまらせたといえます」

     NHKの巧妙な番組づくりが功を奏したといえよう。
    (文=編集部) 

    画像
    1495975225-0075-005

    1495975225-0115-001

    1495975225-0225-001

    1495975225-0377-001

     ビジネスジャーナル
    http://biz-journal.jp/i/2017/06/post_19446_entry.html

    【NHK杉浦友紀アナが伝説の巨乳強調!「神回」が驚愕の高視聴率(画像あり)】の続きを読む

    1:(ヽ´ん`) ★@\(^o^)/ 2017/06/08(木) 14:14:13.03 _USER9
    小出恵介に重大な問題 NHK10日開始予定ドラマの放送中止決める

     俳優・小出恵介(33)主演で10日スタート予定のNHKの土曜ドラマ「神様からひと言 ~なにわ お客様相談室物語~」が放送中止になることが8日、分かった。

     NHK関係者によると、あす9日発売の写真週刊誌「フライデー」に、小出に関する重大な問題が掲載されることから中止の判断に至ったという。テレビドラマが放送開始直前に放送中止されるは極めて異例の措置。

     小出は、慶大在学中に雑誌のオーディションに応募したことをきっかけに、現在の事務所からスカウトされ芸能界入り。08年、TBS「ROOKIES」で主将の御子柴役を演じて大ブレーク。09年には「風が強く吹いている」で映画初主演を果たし、その後も映画、ドラマなど数々の作品に出演する売れっ子俳優に。

     同ドラマは直木賞作家の荻原浩氏の小説が原作。ネット炎上対応など現代的要素を織り交ぜ、NHK連続テレビ小説「マッサン」を手がけた羽原大介氏が脚本化した。主演の小出は食品会社のお客さま相談室の熱血サラリーマン役だった。

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000099-spnannex-ent

    小出恵介、未成年との飲酒・不適切な関係で無期限活動停止 7月日テレドラマは降板
    http://www.oricon.co.jp/news/2092055/full/?ref_cd=tw


    【小出恵介、未成年との飲酒・不適切な関係で無期限活動停止 NHKドラマ放送中止】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/06/03(土) 05:22:49.06 _USER9
    1985年の日航機墜落事故で亡くなった歌手、坂本九さんの長女で歌手、大島花子(43)が2日、東京都内でホールコンサートを開き、ファン約200人を前に「ヨイトマケの唄」などを歌い上げた。親子二代で美輪明宏(82)の「ヨイトマケ-」をカバー。美輪から「若い方が歌ってくれてうれしい」と言われたといい、「うちの息子が紅白が大好きなので、いつか出場できればうれしい」とほほえんだ。

    画像 「ヨイトマケの唄」を発売し、コンサートを開いた大島花子=東京・西新宿
    no title

    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170603/geo17060305000017-n1.html

    【坂本九さん長女の大島花子、紅白出場に意欲「息子が大好きなので」】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/05/30(火) 04:51:10.19 _USER9
    NHK Eテレ「趣味の園芸」(日曜・前8時半)のナビゲーターとして活躍する「園芸王子」こと俳優の三上真史(33)が、5日に一般女性と結婚していたことが29日、スポーツ報知の取材で分かった。
    関係者によると、お相手は高校の1学年下の後輩・Aさん。同郷の知人の食事会で再会し、意気投合。交際10年の純愛を貫いた。108本のバラの花束でプロポーズに成功。挙式・披露宴は未定だが、ガーデン(庭園)挙式を望んでいるという。

     2011年から「趣味の園芸」の番組ナビゲーターを務める三上が、10年愛を実らせた。端正な顔立ちから「園芸王子」の愛称で親しまれ、Eテレの日曜朝の顔として活躍中だ。

     関係者によると、Aさんは同じ高校の後輩。同郷の知人の食事会に参加し、上京したAさんと再会。すぐに意気投合し、交際に発展したという。Aさんが海外留学中には遠距離恋愛を経験。互いの存在の大きさ、大切さを再認識することになり、結婚を決意した。

     三上はテレビ朝日系「轟轟(ごうごう)戦隊ボウケンジャー」(06年)にボウケンブルー・最上蒼太役で出演。同作クランクアップ後に交際を始めたため、2人にとって思い出深い作品で語呂も良い「5・5(ごう・ごう)」に、都内の区役所に婚姻届を提出した。

     知人によると、「園芸王子」ならではの、こだわりのプロポーズになったという。
    三上は花言葉が「愛情」のバラをチョイス。3本が「愛しています」、99本が「永遠の愛」、100本が「100%の愛」、365本が「毎日恋しい」など贈るバラの本数によって花言葉が変わるが、「結婚してください」を意味する108本の花束を、指輪と共にプレゼントした。

     Aさんの印象は、花言葉が「希望」の「ガーベラのような人」だという。三上は「明るくて笑顔が印象的な女性。前向きなので一緒にいて明るい気持ちになれる」と周囲に明かしている。挙式・披露宴は自然に囲まれた海外でのガーデン挙式を希望。
    「自然がいっぱいの所で挙げられたら。笑顔の花が咲き続ける、明るい家庭を築きたい。子供は欲しい。一緒に園芸をしたいです」と話している。

    (中略)

    ◆三上 真史(みかみ・まさし)
    1983年6月20日、新潟県出身。33歳。明治大学政治経済学部卒。大学在学中からモデルとして活動。
    tvk「猫のひたいほどワイド」の水曜司会。静岡朝日テレビ「エンジョイDIY」、テレビ静岡「くさデカ」のレギュラー。
    日本園芸協会認定ガーデンコーディネーター、NFD3級フラワーデザイナーなど。
    趣味はギター、三味線、三線(さんしん)。特技はバドミントン(中学総体3位)、テニス、殺陣。
    身長177センチ、体重60キロ。血液型A。


    5月5日に結婚した「園芸王子」こと三上真史
    no title

    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170529-OHT1T50228.html

    【Eテレ朝の顔「園芸王子」こと三上真史が一般女性と結婚!】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2017/05/29(月) 14:46:37.86
    太賀さん主演『1942年のプレイボール』制作開始!

    http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/271676.html

    土曜ドラマスペシャル『1942年のプレイボール』

    【放送予定】2017年8月中旬<総合・全国放送>
    【作】八津弘幸(『半沢直樹』、『ルーズヴェルト・ゲーム』、『下町ロケット』、『赤めだか』 ほか)
    【音楽】渡邊崇(三重発地域ドラマ『ラジカセ』 ほか)
    【出演】太賀、勝地涼、忽那汐里、斎藤嘉樹、福山康平、須田亜香里(SKE48)、宮崎美子、でんでん ほか
    【演出】桑野智宏(NHK名古屋放送局)
    【制作統括】櫻井壮一(NHK名古屋放送局)
    【収録】2017年5月下旬から6月下旬収録予定

    【SKE48須田亜香里がNHKドラマに出演キタ━━━(゚∀゚)━━━!!】の続きを読む

    このページのトップヘ