中二病速報

    タグ:NHK

    1: 名無し募集中。。。 2018/06/22(金) 19:14:48.12 0
    SuchmosのNHKサッカーW杯テーマソングが辛気臭すぎて大炎上 

    news_20180620192012-thumb-645xauto-139527

    スポーツのテーマソングとは思えない
    https://youtu.be/yCEHwGUwZ38


    【SuchmosのNHKサッカーW杯テーマソングが辛気臭すぎて大炎上 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/20(水) 18:44:37.99 _USER9
    NHK ジャニーズに苦言 タレントの指導求める

    NHKが20日、都内の同局放送センターで定例の放送総局長会見を開いた。元TOKIO山口達也氏の未成年への強制わいせつ容疑(起訴猶予処分)、NEWSの小山慶一郎の未成年との飲酒騒動による活動自粛と不祥事が続いたジャニーズ事務所に対し、木田幸紀放送総局長がタレントの指導徹底を求めた。

    NEWSがメインMCを務めるBSプレミアム「ザ少年倶楽部 プレミアム」(第3金曜、後6時)は15日が休止となり、放送総局長は「当面、延期するとしています。来月は別途、検討していきたい」と説明した。

    山口氏がMCを務めた「Rの法則」は打ち切り。損害賠償請求は「精査中」と変わらず、後番組も未定のままだ。

    放送総局長は「事務所が責任を持ってコンプライアンスや教育を徹底して頂き、タレント、アイドルである前に社会人ですので、自覚と責任をしっかりと果たしていってもらうように指導していっていただけるようにお願いしたい」と改善を呼びかけていた。

     デイリースポーツ 
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/20/0011371244.shtml 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000083-dal-ent 

    no title


    【NHK ジャニーズに苦言 タレントの指導求める「自覚と責任を」 】の続きを読む

    1: 胸のときめき ★ 2018/06/15(金) 08:44:04.67 _USER9
    歌手の和田アキ子が、今月に入って立て続けにNHKの番組に出演して話題を呼んでいる。

    和田といえば、5月23日に発売したBOYS AND MEN 研究生(以下ボイメン研究生)とのコラボシングル「愛を頑張って」がオリコン週間ランキングで初登場2位にランクインした。

    「突然の和田の“変わり身”には驚きの声があがっている。というのも、和田は16年の紅白歌合戦に落選。その怒りはすさまじく、出演した各番組でNHKに対しての“恨み節”をぶちまけたうえ、NHKに“絶縁宣言”していたほどだった」(芸能記者)

     ところが、ここに来て突如NHKに出演。そこには和田なりの狡猾な計算があったというのだ。

     「今回のCDが売れたのは、どう考えてもボイメン研究生のおかげと思われます。今年、すでに昨年の出場者では、TOKIOが元メンバーの山口達也の不祥事で落選決定と言われている。そこで空いた1枠でボイメンの初出場が浮上。
    和田はそこに便乗したいようで、和田サイドからNHKに出演を打診したようです」(テレビ局関係者)

     和田は1970年の紅白に初出場以来、78年まで9年連続で出場。そこからしばらく出場がなかったが、86年に再出場以来、2015年まで30年連続で出場。40回目の出場がかかった16年に落選していた。

     「和田としては、なんとしても40回目の出場を果たすべく、紅白の選考条件の1つである『NHKへの貢献度』を考え、すり寄ったのでは」(先の記者)

    main-image

    https://npn.co.jp/article/detail/24471555/

    【和田アキ子、紅白復活の可能性大か 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/06/14(木) 13:21:47.51 _USER9
     かつてNHK「ニュース7」の天気キャスターを務め、「午後7時28分の恋人」と呼ばれて人気を博した、気象予報士で女優活動もしている半井小絵(45)が、自身のブログに他人を傷つけるコメントが続いていたことから、コメント欄を閉鎖し、「顔が見えない空間だからといって何を書いてもいいのでしょうか」と苦言を呈した。

     半井氏は14日、「人を故意に傷つけること」のタイトルでブログを更新。「読者の中のお一人が、コメントを書いてくださっている別の方に対して、その方を小馬鹿にしたような内容のコメントを書き続けていらっしゃいます」と切り出した。

     半井氏はそうした書き込みを削除していたが、後を絶たないため「blogのコメント欄を閉じさせていただきます」と報告。
    「顔が見えない空間だからといって何を書いてもいいのでしょうか」と問い掛け、「気をつけていても、知らないうちに人を言葉や態度で傷つけてしまうことがあります。故意に人を傷つけることはしたくない。と私は思っています」とつづった。

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201806140000402_m.html?mode=all

    no title

    【気象予報士の半井小絵、中傷でブログコメント欄削除 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/06/14(木) 06:16:08.17 _USER9
     30歳の誕生日を迎えた昨年5月30日、フジテレビの谷岡慎一アナ(31)と結婚したNHKの顔、桑子真帆アナ(31)。世の男性諸氏の間に「桑子ロス」が広がったが、それも束の間、1年で破局である。その予兆だったのか、桑子アナは意外な姿をさらしていた。

     一方、「谷岡ロス」と呼ぶ人はだれもおらず、

    「それに谷岡アナは“桑子アナの夫”と形容されるけど、桑子アナが“谷岡アナの妻”と呼ばれることはない。プライドが高い彼はそんな“格差”を気にしているようでした」

     と、在京の民放関係者。

     桑子アナと谷岡アナは2010年の同期入社組で、

    「大学2年くらいから準備しているアナウンサー志望者は、在京局を一緒に受けていると、入社は他局になっても同期はすごく仲がいいものです」(テレビ関係者)

     かくして、15年4月に桑子アナが広島放送局から東京に異動したのを機に交際が始まった。だが、その後、彼女は「ブラタモリ」でブレークすると、昨年4月からは「ニュースウオッチ9」のキャスターに抜擢され、あれよあれよとNHKの顔になってしまったのは、ご存じの通りである。

     まさに結婚直前のタイミングで“格差”はさらに開いたわけだが、結果、先行きへの不安でも感じたのか、桑子アナは「NHKの」と形容するのが憚られるような「顔」を見せていた。NHK局員が回想する。

    「桑子さんはキャスターには珍しく、番組の打ち上げや反省会にマメに顔を出してくれるんですが、特に去年の結婚前後は、日本酒を一気に飲み干したりすることが頻繁で、飲みすぎて介添えがないとフラフラなことも多かった。あるときなど、若い男性2人組に“キレイだね”と声をかけられると、嬉しそうに“私ってキレイ?”と口走って、そのまま男性について行っちゃった。男性局員たちが慌てて引き剥がしましたけどね。去年の忘年会のころも似たような状況で、そうこうするうちに欠かさずはめていた結婚指輪も、この3月下旬くらいから外していましたね」

     マリッジブルーか、責任の重さゆえのプレッシャーか、結婚前後から、すでにストレスが溜まっていたフシがあるのである。

    ■“妻”は半年も前から

     ところで、離婚届はこれから出されると見られており、谷岡アナの母親は、

    「なにもお話しできることはございません」

     と、少なくとも離婚を否定はしない。2人の生活が時間的にすれ違っていたのも疑いなく、

    「桑子は平日は11時ごろ職場に着き、番組が終わってから帰宅。一方、朝の番組が多い谷岡アナは早朝に出勤して夕方帰宅。それだけでも時間的なすれ違いが大きいうえ、売れっ子の桑子は選挙や紅白、五輪などに引っ張りだこ。一方、谷岡アナも土日は競馬の番組やスポーツ中継で忙しい」

     そう語るNHK関係者が桑子アナを評するには、

    「そもそも家庭の臭いがまったくしない彼女が、ますます仕事に走ったから」

     そんななか、桑子アナはだれもが有働アナの後継と目する“スター”になり、

    「年収も“一般人”の谷岡さんが1200万~1300万円で、給与改革で下がりそうなのに対し、桑子さんは手当を加えると、1000万円台の後半は固い」

     そう語る谷岡アナの知人は、こんなエピソードを。

    「結婚報道後は“おめでとう”と言うと、デレデレっと嬉しそうでしたが、離婚報道後は、だれもその話題に触れず、腫れ物に触るような雰囲気です」

     一方、桑子アナの知人は、

    「もう半年ほど前に“離婚するかも”と聞かされ、驚きました」

     すれ違いを早々に見切った桑子アナが、一人勢いよく旅立った――。

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00543556-shincho-ent&p=1

    no title

    【【新潮】1年離婚「桑子真帆」アナにあった予兆 “ナンパ”について行く一幕も 】の続きを読む

    このページのトップヘ