タグ:NHK

    1: かばほ~るφ ★ 2017/10/10(火) 10:24:50.47 _USER9
    山崎育三郎、紅白初出場有力に NHK関係者「数字を持っている」

    ミュージカル俳優として屈指の人気を誇る山崎育三郎(31)が大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」に初出場することが有力となっている。

    今年に入り出演した7月のTBS特番「音楽の日」、8月のフジテレビ「FNSうたの夏まつり」では、いずれも瞬間最高視聴率を記録した。

    「音楽の日」ではMr.Childrenの「終わりなき旅」を歌った場面で、番組の平均視聴率11・2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)を大きく上回る14・6%をはじき出した。
    「…夏まつり」でも、ディズニーのメドレーを熱唱し12・7%。第2部の平均9・7%から数字を上げている。

    NHK関係者も「偶然ではなく、数字を持っている」と、この視聴率に関心を示している。
    出演の仕方については、通常枠のほかにも、圧倒的な歌唱力を生かして他の歌手とデュエットメドレーで歌うミュージカルコーナーなどさまざまな可能性が検討されているようだ。

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/10/kiji/20171009s00041000330000c.html
    山崎育三郎 Photo By スポニチ
    no title

    【山崎育三郎「紅白歌合戦」初出場有力に NHK関係者「数字を持っている」】の続きを読む

    1: ひぃぃ ★ 2017/10/10(火) 09:41:42.92 _USER9
     シンガー・ソングライターの小沢健二(49)が大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」に出場することが内定した。1996年以来21年ぶりで、通算3度目となる。

     本紙の取材によると、NHK関係者が夏に小沢側に出演の意思を確認。小沢は大みそかに公演などを予定しておらず、番組側は今後、紅白会場のNHKホール(東京・渋谷)での出演を正式にオファーする。

     小沢は90年代の活躍で、昨年紅白に出場した星野源(36)やRADWIMPSをはじめ、現在の音楽シーンに大きな影響を与えただけに、関係者は「影響を受けたアーティストたちと小沢さんが絡むような演出も考えられる」と説明した。

     小沢は5日放送の同局の音楽番組「SONGS」に初出演。ここ数年は、同番組に出演したアーティストが紅白に出場するケースが目立っている。小沢は公式サイトで、1カ月半ほどかかった収録について「NHKなんて怪物のような大組織ですが、実はああいう小さな振る舞いとか、ちゃめっ気で動いているのは、わかる気がします」と、NHK職員のこまやかな気配りなどに感謝の思いをつづった。

     小沢は今年、例年になく精力的に活動した。2月に19年ぶりのシングル「流動体について」を発売。同月にテレビ朝日「ミュージックステーション」に20年ぶりに登場したほか、ニュース番組、情報番組などでテレビ出演が続いた。

     7月にはフジロックフェスティバルで夏フェスに初挑戦し、会場は入場規制がかかる人気ぶりだった。オザケンの存在感を名実ともに高めた一年だけに、紅白での締めくくりは話題となりそうだ。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/10/kiji/20171009s00041000335000c.html

    no title

    【小沢健二 21年ぶり紅白内定 人気アーティストと夢コラボも】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/10/08(日) 01:10:37.83 0
    明石家さんま「NHKスタッフの話で今のアイドルのトップは乃木坂」「モー娘。は乃木坂の下に2,3組いてその次がモー娘。」

    「明石家紅白の打ち合わせしたけど、アイドル枠出演枠は一つしかない」 
    「NHKスタッフの話では(優先順位の)トップに居るのが乃木坂で、その下に2~3組居てその次がモー娘だった」 
    「乃木坂に断られ、次にその2~3組が断らないとモー娘に(出演オファーが)回って来ない」 
    「NHKスタッフの反応ではどうも今年(の勢いからして一番出てほしいの)は乃木坂みたいやわ」

    news_header_ahashiyakouhaku01


    【明石家さんま「NHkスタッフの話で今のアイドルのトップは乃木坂」「モー娘。は乃木坂の下に2,3組いてその次」】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/09/21(木) 15:43:20.16 O
    桜庭ななみって消えたと思ってたら来年の大河ドラマにちゃっかり出るんだな 

    西郷どん(せごどん)の妹役

    273194

    【桜庭ななみって消えたと思ってたら来年の大河ドラマにちゃっかり出るんだな】の続きを読む

    1: (ヽ´ん`) ★@\(^o^)/ 2017/09/21(木) 12:57:38.40 _USER9
    斉藤由貴、大河ドラマ「西郷どん」出演辞退 NHKが発表

     NHKは21日、50代の妻子ある主治医とのW不倫を認めた女優、斉藤由貴(51)が出演予定だった来年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」の出演辞退を発表した。

     同局は「来年1月から総合テレビで放送する大河ドラマ『西郷どん』で、幾島役としてご出演いただく予定だった斉藤由貴さんの所属事務所から、本日、出演を辞退したいという申し出がありました。これを受けてNHKとして検討した結果、予定通りご出演いただくのは難しいと判断し、出演者を変更することとしました」と経緯を説明。
    代役については「今後、早急に出演者の選考を進めてまいります」としている。

     前日の20日には、斉藤がゲスト出演していた10月5日スタートのBSプレミアム「ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~」(木曜後9・0)の第1回を第7回に差し替えると発表。理由について、「ドラマなどで何かを演じての出演ではなく、個人として出演しているので総合的に判断した」と説明していた。

     斉藤は先月、週刊文春に男性医師との不倫を報じられた。当初は否定していたが、不倫関係を認めて謝罪。木曜パーソナリティーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」は無期限休止が決まっている。

    C9MPOgxVYAAagFy

    http://www.sanspo.com/geino/amp/20170921/sca17092112400001-a.html

    【斉藤由貴、来年の大河ドラマ「西郷どん」への出演を辞退 NHKが発表】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/09/21(木) 07:06:42.13 _USER9
     安室奈美恵(40)が来年9月16日での引退を発表したことを受け、大みそかの「NHK紅白歌合戦」に集大成の大トリ出場を果たすことが確実になった。9回連続出場となった03年以来、14年ぶりの大舞台が劇的引退の記念碑となる。

     安室は95年「NHK紅白歌合戦」に初出場。ロングブーツ、ヒョウ柄など若い女性を中心にした“アムラー”旋風とともに、瞬く間に年末の顔となった。

     産休を控えた97年は紅組トリで「CAN YOU CELEBRATE?」を歌唱。翌98年の紅白では同じ曲で公の場に復帰を果たし、歌手別最高の瞬間視聴率64・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。関係者は「安室にとって紅白は大ブレークから結婚、出産まで、人生の節目をともにした存在」とその特別さを語る。

     以後、03年まで毎年出場を続けることになるが、02年にZeebra(46)らと組んだプロジェクトをきっかけにR&Bやヒップホップ志向を固めた安室は、04年からは紅白をシンボルとした日本のミュージックシーンから、明確に一線を引くことになる。

     日本の中でのトップシンガーから、ビヨンセ(36)やクリスティーナ・アギレラ(36)ら、世界に通用する歌って踊れる「ディーバ」への飛躍を明確な目標とし、以降は事務所からの独立をはじめ、信じた道へと歩みを進めてきた。

     そんな安室が、昨年のNHKリオ五輪・パラリンピックのテーマソング「Hero」を手掛けたときに取り沙汰され始めたのが、40歳での引退だった。「五輪テーマの提供は、日本と世界との懸け橋に足る存在になれたという自負」と関係者は語る。それでも昨年、NHKの三顧の礼にもかかわらず、安室は紅白の舞台を踏まなかった。そこには「本当に、思い入れの舞台に立つのは来年と、心に誓っていたのでは」とNHK関係者は証言する。

     NHKは、引退がホームページで告知されるのとほぼ同時に真っ先にニュース速報を流した。これから1年、あらゆる集大成を遂げる道程に紅白はある。今年が歌手として最後の大みそか。「伝説の歌姫」となる中で、安室が出るべき場所は「大トリ」しかない。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/21/kiji/20170920s00041000243000c.html

    no title


    no title

    【安室奈美恵 紅白大トリ確実 結婚、出産、復帰 節目ともにした特別な場所】の続きを読む

    このページのトップヘ