タグ:NHK

    1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★ 2017/12/11(月) 23:42:53.05 _USER9
    桑子真帆 NHK紅白総合司会で「妊娠&退社」阻止へ

    ポスト有働由美子ことNHK桑子真帆アナ(30)が、大みそかの紅白歌合戦総合司会に大抜擢されたのは、同局による「妊娠&退社阻止作戦」の一環という。
     「今年の総合司会は当初、11月13日に内村光良が1人で務めるかのように発表された。
    しかし、3日後の16日、桑子も総合司会に加わることが追加発表されたのです。
    妙な発表の流れでしたが、背景には、焦るNHKによる桑子アナの“妊娠阻止”という思惑があったようです」(NHK関係者)

     桑子アナは'15年4月から1年間『ブラタモリ』のアシスタントを務め、キュートな笑顔とタモリとの掛け合い能力でブレーク。
    '16年4月からは23時台の新報道番組『ニュースチェック11』キャスターに抜擢され、またたく間に出世した。
     「だが桑子アナには、'16年1月に熱愛が報じられた同期のフジテレビの谷岡慎一アナという彼氏がいた。
    NHKとしては“当面結婚しないだろう”と見ていたが、今年2月に『週刊実話』が“5月に三十路電撃婚”とすっぱ抜いたことで焦り始めた。
    アイドル人気が高い桑子アナの結婚を阻止するため、4月から看板報道番組『ニュースウオッチ9』のメーンキャスターというさらなる大役をまかせたが、
    彼女は局の意向を無視し、実話のスクープ通り、30歳誕生日の5月30日に電撃婚してしまったのです」(同)

     NHKとしては、桑子アナの長期休暇を防ぐため、子作り阻止へと作戦を転換。
    そこで今回、紅白総合司会というさらなる大役を命じ、“圧力”をかけた格好だ。
     「だが、強い子作り願望を持つ桑子アナは、紅白司会が控えることも気にせず、谷岡アナと1日も早く妊活したい、という趣旨のことをこぼしている。
    今後、妊娠降板でもされたら大混乱ですから、NHKは冷や冷や。
    桑子アナも阻止作戦に気付き始めており、反発して妊娠を強行する可能性もある」(スポーツ紙記者)

     幸せなためか、最近の桑子アナはますます胸が大きくなっている。
     「妊娠願望が強いと胸が大きくなると言いますが、まさにそれ。すでにFカップある。
    今後、NHKが妊娠阻止を続けると、来年にも独立してしまいます。
    あの胸と元NHKの肩書きならキャスターでひっぱりだこ。
    “人妻Fカップビキニ”をウリに写真集を出せばバカ売れ必至ですしね」(女性誌記者)

     すでに複数の事務所がフリー転身を働きかけているというだけに、もしかしてヌードもありえる!?

    週刊実話
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12151-14275/

    no title

    no title

    no title

    no title

    【推定Fカップ桑子真帆 NHK紅白総合司会で「妊娠&退社」阻止へ (画像あり) 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/12/05(火) 14:30:26.94 0
    逮捕のスパコン社長、NHK「プロフェッショナル」に

    国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)から助成金をだまし取ったとされる事件で、詐欺容疑で東京地検特捜部に逮捕されたスパコンの開発会社「PEZY Computing」の社長、斉藤元章容疑者(49)は、11日放送のNHK番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に「スーパーコンピューター開発者」として登場する予定だった。

    NHKは「孤高の開発者」などと紹介していたウェブサイトの内容を削除し、広報担当者は「放送するか否かは確認中で、コメントできない」としている。

    NHKは「孤高の開発者」などと紹介していたウェブサイトの内容を削除し、広報によると、放送の見送りを決めたという。

    f3b97_1509_77a5cef1_3faad54e

    http://news.livedoor.com/article/detail/13985092/

    「スパコン」ベンチャー社長逮捕 助成金詐取容疑 東京地検
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24265320V01C17A2CC0000/

    【NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」12/11放送分出演者が逮捕 放送見送り】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2017/11/22(水) 17:33:44.11 _USER9
    市原悦子 来年大河「西郷どん」語りを降板 代役に西田敏行…回復に「もう少し」

    NHKが22日、来年の大河ドラマ「西郷どん」について、語りを担当する予定だった女優の市原悦子が体調を考慮し降板、西田敏行に変更になったと発表した。

    市原は「自己免疫性脊髄炎」を患い昨年11月に入院。今年2月にはリハビリ病院に転院した。
    制作統括の櫻井賢氏は「病状の詳細は私の方からお答えするのは差し控えさせていただこうと思います」とした上で、「夏ごろから退院されてリハビリされている様子をうかがいながら準備を進めてきた中で、もう少し時間がかかるということで決まった次第です」と説明した。

    市原はNHKを通じ「このたびのこと、本当に申し訳ありません。大河ドラマ『西郷どん』の語りをお引き受けすることとなり、たくさんの方々から、激励のお手紙やメッセージをいただいてまいりました。
    心から感謝しております」と謝罪と感謝の気持ちをつづった。

    その上で「皆さんの声に支えられ、素敵な台本を傍に置き、リハビリを続けてまいりましたが、元気にNHKに通うには、もう少し時間がかかりそうです」と現状を説明。
    「元気になって再び皆さまにステキな物語をお届けできる日を楽しみに、リハビリに励んでおります。
    その日を皆さまもお待ちになってくださいませ」と結んだ。

    女性から男性に声が変わるため、脚本も書き直された。すでに1回目の収録は終わっているという。
    90年の大河「翔ぶが如く」で主人公の西郷隆盛を演じたという縁もある。
    櫻井氏は「西郷さんの語りをやっている設定ではないんですが…かつて主役を務めた西田さんが鈴木亮平さんの1年を見守っていただくので、温かい語りになるのではないかと期待しております」と起用理由を語った。

    西田も文章でコメントを寄せている。「『翔ぶが如く』で西郷隆盛を演じさせていただいた私が、今度は、西郷の生涯を見守る『語り』のお役目を仰せつかりました。先日は同じくNHKの番組『ファミリーヒストリー』にて、私の先祖が、薩摩藩士だったことも分かり、鹿児島との不思議な縁に驚いております」と起用についての感想を寄せた。
    「鈴木亮平さん演じる『西郷どん』を、しかと最後まで見守らせていただきます」と意気込むと同時に、「市原悦子さんが、一日も早くお元気な姿を私どもにお見せいただけること、心より祈っております」と案じていた。

    f_10754677

    デイリースポーツ 
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/22/0010754676.shtml

    【市原悦子(81)、来年のNHK大河「西郷どん」語りを降板 体調を考慮 代役は西田敏行 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2017/11/21(火) 17:08:24.92 _USER9
    「実は来年NHKに入社する内定者の集まりに、あの“お嬢様芸人”がいたことが局内で話題になっています。ディレクター職で内定したそうです」(NHK関係者)

    NHKに内定したお嬢様芸人とは、フェリス女学院出身という異色の経歴で知る人ぞ知る、たかまつなな(24)だ。

    たかまつは曽祖父に日本を代表する応用化学者で元東大名誉教授の高松豊吉を持ち、その先祖は坂上田村麻呂まで遡る“華麗なる一族”の出身。
    現在は慶應大学大学院に通う高学歴芸人でもある。

    そんなたかまつが、なぜNHKを目指したのか。
    本人に話を聞いた。

    ――NHKに内定したというのは本当ですか?

    「それについては、私からは、お答えできないんですが……。小学生の頃、アルピニストの野口健さんの自然教室で富士山での不法投棄を目撃してから、自分が見たものをどう伝えるかに興味がありました。記者を志して読売新聞の『子ども記者』を6年間続けたこともあります」

    ――会社勤めになっても、お笑いの活動は続ける?

    「続けたいです。お笑いのおかげで、伝えることに貪欲になったし、いろんなことを学んだので死ぬまで続けます」

    一方のNHKは「個別の採用や内定の有無については、お答えしていません」と回答した。

    詳細は、11月22日(水)発売の「週刊文春」で報じている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171121-00005036-bunshun-ent

    たかまつなな
    no title

    【【週刊文春】フェリス卒お嬢様芸人・たかまつなながNHK内定 】の続きを読む

    1: きのこ記者φ ★ 2017/11/21(火) 13:53:46.23 _USER9
    女優の広瀬すずが、20日に自身のインスタグラムを更新し、同日主演を務めることが発表された2019年度前期・NHK連続テレビ小説『夏空』について、「私で大丈夫なのか…」と心境を吐露。
    ファンからは「すずちゃん頑張れ!」など応援のメッセージが寄せられている。

    2019年4月から放送予定のNHK連続テレビ小説100作目となる『夏空』は、北海道の十勝を舞台に、戦争で両親を失った少女・奥原なつ(広瀬)が漫画映画(アニメ映画)の魅力を知り、やがて東京で絵を描く仕事につきたいと夢を抱き上京、アニメーターとして成長していく姿を描く。

    広瀬はインスタグラムで「朝ドラ。こんな側にある言葉になる日がくるとは。朝ドラ100作品目。大きな節目。私で大丈夫なのか…」と心境を吐露したうえで、「頑張ります。まだまだ先ですが。よろしくお願いします」と決意を新たにしている。

    投稿を見たファンからは、「すずちゃんなら大丈夫」「毎朝、すずちゃんが見れると1日がすごく頑張れる気がします」「不安も大きいと思うけど、すずちゃんが頑張っている姿を見れるのが楽しみです!」「いつかやってほしいって思ってて願いが叶った~!」「すずちゃん頑張れ!」など激励のコメントが寄せられている。

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00052836-crankinn-ent

    【「私で大丈夫なのか…」 広瀬すず、インスタで朝ドラヒロインになる心境吐露 】の続きを読む

    このページのトップヘ