中二病速報

    タグ:NGT48

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/06/12(水) 11:30:41.60
    先月18日にNGT48を卒業した長谷川玲奈(18)が声優事務所「クロコダイル」に移籍したことが10日、明らかになった。
    長谷川は、昨年12月に暴行事件に遭った元メンバーの山口真帆(23)に寄り添う形で同時卒業。

    この時点で山口は「自分が長谷川を巻き込んでしまった…」と強く後悔していたという。
    そのため山口は、長谷川の新たな夢の実現と新事務所への移籍がスムーズに運ぶように、
    水面下で総合プロデューサーの秋元康氏に直訴していたことが分かった。

    夢に向かって新たな一歩を踏み出した長谷川の移籍に大きく尽力したのは、先月25日に大手芸能事務所「研音」に移籍した山口だった。

    「長谷川はグループやファンへの思いも強く、卒業することには迷いもあった。それを一番気にしていたのが山口。
    自分が長谷川を巻き込んでしまったことをとても後悔していた」とは芸能プロ関係者。

    長谷川の将来に強い責任を感じていた山口は、総合プロデューサーの秋元康氏に“直訴”したという。
    「長谷川の新たな夢の実現や事務所への移籍などをフォローしてくれるように、秋元氏に強く訴えていた」(同関係者)

    山口がグループからの卒業を発表したのは4月21日、NGT48・チームGとしての最後の公演となった「千秋楽公演」だった。
    この時点で山口の直訴は実を結び、長谷川と菅原の卒業後の進路はほぼ決定していたそうだ。
    それを知った山口は安心して、自らグループを離れる決断を口にしたという。

    こうなると気になるのは、もう一人の卒業メンバー、菅原だ。
    山口に続いて、長谷川も新たな事務所が公表されたことで、ファンからは菅原を心配する声が上がっている。

    しかし、長谷川が新事務所への移籍を発表したこの日、菅原はツイッターで「玲奈~!声優事務所『クロコダイル』さん所属おめでとう!!!」と祝福。
    「今は会えなくて寂しいけど、いつか必ず一緒にお仕事出来るように りこも頑張るよ!絶対夢叶えようね」と今後の活躍を誓った。

    これは「そう遠くないうちに菅原の新事務所も発表される予定」(別の芸能関係者)だからだろう。
    山口もツイッターで「おめでとうれな」と祝福。今後も山口、長谷川、菅原の3人は“同志”としてつながっていくのか?

    「卒業後も連絡を取り合っており、いつか共演を夢見て語り合う時もあるとか。 
    たとえ事務所は違っても、支え合う関係は変わらないでしょうね」とは同関係者。

    長谷川は第2期放送が決定したアニメ「邪神ちゃんドロップキック」の公式リポーターにも就任。
    今月29日には、神奈川・川崎クラブチッタで開催されるアニソンライブイベントにMCとして出演するとともに、初となるアニソンミニライブも決まった。

    一方で、山口の“近況”も伝わってきた。

    「研音は主役級の実力派俳優、女優が所属しており、山口は事務所内でも厳しい競争にさらされる。
    将来を不安視する関係者もいるが、移籍が発表された時にアクセスが集中して事務所の公式サイトは一時パンク。
    テレビ局からも出演オファーが殺到しており、反響の大きさに事務所も驚いている」(テレビ局関係者)

    争奪戦の様相を呈しているようだが、一過性の人気で終わらぬように、事務所は女優としての育成を含めて丁寧に話し合いを進めているという。

    NGT卒業組の3人への共演オファーを企画しているテレビ局もあるだけに、今後の活躍が注目される。

    D54wmMlVUAE6AmT

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000007-tospoweb-ent

    【山口真帆が秋元康氏に直訴 元NGT長谷川玲奈「再出発」のカラクリ、事務所への移籍フォロー要請 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/06/11(火) 15:19:31.83
    ◆ ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

    テレビ界に予想もしていなかった“まほほん台風”が到来。

    「“まほほん”ことNGT48の山口真帆(23)が、『研音』という大手芸能事務所の後ろ盾を得たことで、現在、ちょっとした争奪戦が勃発しています。いま彼女がテレビに出れば、それなりの視聴率が見込めるからです。まさに旬ですよ。彼女の口から何が語られるのか。ファンのみならず視聴者は興味津々ですから」(キー局編成マン)

     山口が新潟市内の自宅で見知らぬ男性2人から暴行被害を受けたのは昨年12月。意を決してSNSで暴行の被害とNGT48メンバーの関与などを告白したが、なぜか被害者であるはずの山口が謝罪させられる異例の事態に。その後も事件の真相は解明されることもなく結局、先月18日の公演をもってNGT48を卒業してしまった。

    「事務所を辞めた当初は、引き取り手もなく、このまま消えるだろうという見方が大勢を占めていたんです。やはり所属先がないのは、タレントとしては厳しいですからね」(芸能プロ関係者)

     ところがそんな山口に救いの手を差し伸べたのが研音。唐沢寿明(56)と山口智子(54)の夫婦を筆頭に、竹野内豊(48)、反町隆史(45)、菅野美穂(41)、川口春奈(24)や福士蒼汰(26)、杉咲花(21)など人気俳優を多数擁する超大手芸能事務所だ。

    「あのジャニーズ事務所でさえ一目置いているのが研音です。しかも山口のように菅野、市川由衣(33)、成海璃子(26)、志田未来(26)など、他のプロダクションからの移籍組も多く、売り込みも熱心に行ってくれることでも有名なんです。崖っぷちだった山口にとっては、これ以上の移籍先はない」(他の大手芸能プロ幹部)

    ■「恐ろしい早さで仕事が決まっている」

     山口を一本釣りした理由についてはさまざまな臆測が囁かれている。

    「研音はいわゆるAKB48利権とは距離を置いてきた。その研音が暴行事件やグループ内の陰湿な関係を暴露し、まるで腫れ物扱いになっていた山口をあえてツモったわけです。もちろん将来性を見込んで契約したと思います。だが裏では、今回の一件はAKB48利権にぶら下がる他芸能プロに対する挑戦状だとみる業界関係者もいる」(業界関係者)

     今後は、事務所の巨大な影響力を背景に、山口は女優・タレントとしてテレビ局に露出していくという。現在、内定しているといわれているのが2本のドラマだ。

    「一つは7月からスタートする唐沢寿明主演のドラマ『ボイス110緊急指令室』(日本テレビ系)。ゲスト出演が決まっているんです。もう一つは来年放送予定のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』にも出演が内定したそうです。恐ろしい早さで仕事が決まっている」(芸能プロ関係者)

    “まほほん”のリベンジが始まった。

     日刊ゲンダイDIGITAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000006-nkgendai-ent 

    20190611-00000006-nkgendai-000-view


    【 元NGT48 山口真帆さん、来年の大河ドラマ『麒麟がくる』に出演内定「恐ろしい早さで仕事が決まってる」 】の続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/06/09(日) 03:04:02.60
    NGT48メンバーだった山口真帆(23)が今年1月、SNSに「男2人に襲われました」と投稿したことで発覚した暴行事件では、“会いに行けるアイドル”の運営責任と、追っかけファンとメンバーの“近すぎる距離感”が問題視された。「週刊文春デジタル」では今回、NGTメンバーと“接触活動”を続けてきたアイドルハンター軍団、通称「Z軍団」のリーダー格であるZ氏を直撃取材した。

    悪辣な手口でアイドルとの“接触活動”

     事件の犯人はA氏とB氏の2人だったが、彼らが属していたのが、アイドルとの交際を目的とした熱狂的な追っかけファン「アイドルハンターZ軍団」。逮捕(不起訴)されたA氏とB氏、山口の帰宅時間を2人に教えたC氏はいずれも軍団の一味だった。横暴かつ悪辣な手口でアイドルとの“接触活動”を行う彼らの存在を、NGTの運営サイドは認識しつつも、野放しにしていたことがわかった。「週刊文春デジタル」では、今村悦朗前劇場支配人の音声テープを公開するなどして、その対応の杜撰さを報じてきた。

     このリーダー格のZ氏は2018年6月、NGT48メンバーの中井りか(21)の熱愛相手として「週刊文春デジタル」が報じた男性だった。結果として、当時からメンバーと軍団の親密さを示唆するスクープとなった。

     2018年の「第10回AKB48世界選抜総選挙」で、37位にランクインしたNGT48の中井りか(21)は、総選挙発表イベントの壇上、「週刊文春デジタル」の直撃取材を受けたことを振り返って、こんなスピーチを披露した。

    「直撃取材を受けまして。いわゆる文春砲なんですけど。やっちまいました! すいません! 色々のちのちわかると思うんですが、やっちまいました。全貌が明らかになってからネットでどうぞ騒いでください。ありがとうございました! すみません」

    Z氏は“地下アイドル”として活動をスタート

     同日の「週刊文春ライブ」では、中井とZ氏の半同棲を伝えている。

     そしてここに来て、イケメンのZ氏は“地下アイドル”として活動をスタートした。

    「今ではZ氏は中井と別れています。それまで定職についていなかったZ氏ですが、2カ月ほど前から6人組のメンズ地下アイドルグループ『R』として、タレント活動を始めました」(Z氏を知る人物)

     多いときには週5日ほど新宿や新大久保のライブハウスでライブを開催。チェキ撮影などのサービスを通じてファンと交流をはかっているという。

    「ひとつのイベントには複数の地下アイドルが出演します。彼らは15分の持ち時間の中で、オリジナル曲を歌い、指でハートなどをつくるダンスなどを披露。まだ活動を開始したばかりで、ライブを見ているファンは15人ほどと少ない時もありますが、Z氏の担当カラーである水色のペンライトを持ったファンも見かけます。

     Z氏はグループの中心メンバーで、MCもZ氏が担当しています。さらに、チェキ会ではファン女性を後ろから抱きしめたり、おでこ同士をくっつけたりと過度に接触するファンサービスを行っています」(同前)

    NGTメンバーとの交流は……

     6月4日、取材班はZ氏を直撃した。

    ――Zさん、週刊文春です。

    「なんですか?」

    ――中井さんとはいかがですか?

    「……」

    ――タレント活動を始めたことは中井さんには伝えている?

    「……」

    ――ほかのNGTのメンバーとも交流があったと思いますが、事件については?

    「……」

     Z氏が記者の問いかけに答えることはなかった。

    Z氏がタレント活動を始めたことをご存じですか?

     さらに6月6日、中井にも直撃取材を行った。

    ――中井さん、週刊文春です。Z氏がタレント活動を始めたことをご存じですか?

    「知らないです」

    ――Z氏から連絡は来ていない?

    「……」

    ――山口さんの事件については。

    「……」

     中井も口をつぐみ、その場を立ち去った。

     現在、NGT運営側は全メンバーのSNS運用を停止している。一方で新支配人である早川麻依子氏が、5月24日にツイッターアカウントを開設。「違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたい」などと発信したが、メンバーに自由な発言を許さない態度にファンからは疑問の声が上がっていた。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190608-00012293-bunshun-pol  

    20190608-00012293-bunshun-000-view
    昨年、「週刊文春」記者の直撃取材を受ける中井氏 ©文藝春秋 




    【【週刊文春】わだかまりを残すNGT事件 アイドルハンター「Z軍団」リーダー・Z氏を直撃 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/06/06(木) 04:00:35.37
    ◆ NGT48、活動辞退が続きそう? メンバーの悲惨な状況

    先月グループを卒業した山口真帆が被害を受けた暴行事件の騒動がいまだに収束していないアイドルグループ・NGT48で、研究生の山崎美里衣が活動を辞退することが4日、同グループの公式サイトで発表された。

     公式サイトでは、山崎からの活動辞退の申し入れを受けたことを報告。山崎は「嬉しいご報告ではなく申し訳ありません」と謝罪し、「ファンの皆様と一緒に楽しめる握手会、公演、イベントが本当に本当に大好きでした。勇気をくれて、支えてくれて、一緒に夢のような日々を送ってくださったこと、心から感謝しています」とファンに感謝。

     活動辞退の理由を「この先もみんなと一緒に笑い続けていたい気持ちもありましたが、自分の将来について考え、家族と話し合った結果、別の道を歩もうと決意しました」と明かした。

     山崎は昨年6月、劇場公演で2期生としてお披露目され、同11月に劇場公演デビューしていた。

     「現状では劇場公演は開催できない状態で、レギュラー番組などを持っていないメンバーたちはレッスンぐらいしかやることがない。おそらく、グループ入りした時に描いていた理想とはかけ離れた状態。このままだと、今後も山崎と同じように、将来のことを真剣に考えて、グループの活動を辞退するメンバーが出てきてもおかしくない」(芸能記者)

     NGT48劇場の早川麻依子支配人は自身のツイッターで、「どんな時も前向きで明るくて、美里衣の存在はいつも周りを笑顔にしてくれていました。別の道を歩むと決めたことは寂しい限りですが、美里衣の新しい夢や目標を応援したいと思います」とコメントした。

     「本来、早川氏が説得して引き留めるべきだが、山口の件への対応ではまったく説得力がない。引き留められないのも仕方ないのでは」(同)

     ほかの48グループに比べメンバーの数が少ないNGTだが、「明るい未来」が見えない現状ではメンバーたちが将来性を危惧するのも納得せざるを得ない。

    リアルライブ 
    https://npn.co.jp/article/detail/82839032/

    no title

    【【NGT48】活動辞退が続きそう? メンバーの悲惨な状況 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/06/05(水) 11:17:46.10
     花角英世新潟県知事は5日の記者会見で、新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」との広告契約を行わないことを明らかにした。
    NGT48は9月に県内で開幕する国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭のスペシャルサポーターを務めていたが、元メンバーの山口真帆さん(23)への暴行事件の影響で契約保留となっていた。NGT48の復帰断念について、花角知事は「残念です」と話した。

     花角知事は記者の質問に対し「(同文化祭の開幕まで)もう時間がない。スペシャルサポーターという形で宣伝することは考えていない。
    (NGT48と)契約しない」と明言した。

     県はこれまでに、NGT48が同文化祭の開会式や100日前イベントに出演しないことを明らかにしていたが、開幕が迫り復帰を判断した。
    今後は、SNSの著名ユーザーを起用するなどしてPRを進めるという。

     また、NGT48について、花角知事は「新潟の魅力だと思っているが、運営の課題がある」と指摘。その上で「それを克服して、以前のように活躍していただく時期がくることを期待している」とした。

     県は今年3月、スペシャルサポーターだったNGT48との広告契約を更新せずに保留。花角知事はこれまで、「事態が収束して(グループが)歓迎される状態になれば、国民文化祭で活躍してほしい。推移を見守りたい」との見解を示しており、復帰の可否が注目されていた。

    20190605-00000522-san-000-view

    産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00000522-san-ent

    【新潟知事「NGT48と契約しない」暴行事件影響で 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/04(火) 22:44:38.59
    NHK新潟がNGT48暴行事件を特集も、AKSは取材拒否

     山口真帆の卒業および大手芸能プロダクション・研音への移籍発表後も、NGT48の再生には程遠い。AKS及び一部NGTメンバーへ向かう批判の声は絶えず、スポンサーが戻る気配は見えないからだ。

     そんななか、毎週金曜19時30分からNHK新潟で放送されている地域情報番組『金よう夜きらっと新潟』(5月31日放送回)が「近すぎたアイドル ~岐路に立つNGT48~」と題し、NGT48暴行事件に関する特集を放送。その内容が話題を呼んでいる。

     番組はまず、AKB48グループにおける「握手会」のシステムを詳しく解説。そのうえで、第三者委員会の報告書にも記載してあった通り、アイドルとファンの「近すぎる距離感」が安全管理を難しくしたと問題を指摘した。

     NHK新潟ではAKSに対し、「私的領域でのファンとの接触防止策」「会社の運営体制の見直し」「トラブルの処分や調査は十分か」「経営トップの認識」といった内容でインタビューや書面での回答を求めたという。会社の再発防止策や危機対応について取材するためである。

     しかし、それに対するAKS側の答えは「総合的な判断で回答はできない」というものであった。取材班の古市啓一朗氏は厳しくその姿勢を糾弾した。

    <AKSは『総合的な判断で回答はできない』としています。すでにAKSはNGT48の再スタートを宣言していて、回答がないといったこうした対応では、改善策や会社がどのように変わったのか具体的に示されないままです。再スタートへの理解が広がらないのは会社の姿勢が影響しているのではないかと思います>

    NHKはAKS吉成社長や秋元康氏の説明責任にも言及

     NGT48暴行事件は単なるアイドルグループのスキャンダルという域を出て、新潟の地域経済にも影響する問題となっている。一正蒲鉾をはじめ、NGT48をCMキャラクターなどに起用してきた地元企業は相次いで契約を打ち切っているが、新潟市もそのひとつだ。

     新潟市は今年9月から行われる「第34回国民文化祭・にいがた2019」へのNGT48起用を取りやめている。新潟市文化政策課の塚原進課長はその理由について、「『観光にも行きたくないです』とか、『ふるさと納税もしません』とか、全国から大きな苦情のメッセージっていうのが新潟市の方にも寄せられています」と証言している。

     NGT48暴行事件とその後のAKSの稚拙な対応は、新潟のイメージそのものを傷つけた。こうしたなかで再スタートを切ろうとするNGT48に対し、取材班の古市氏は、しかるべき立場の人物がきちんとした説明責任を果たさない限り、納得を得られることはないであろうと、改めて厳しく指摘するのであった。

    <県民やファンはトラブルの真相の究明さえされていないと失望感をもっている人が多数います。そのなかで、『AKSはほとぼりが冷めるのを待っているようにしか見えない』と、実際にファンからもそういう声が聞こえてきます。影響力のある企業であるからこそ、まずはこれまで公の場で発言していない経営トップの吉成(夏子)社長などが改めて考えを説明すべきだと思います。さらには、現在は直接運営には関与していないとしているグループの総合プロデューサー・秋元康氏の対応を求める声もファンから聞かれます。NGT48は本当に再スタートを切れるのか、まさに岐路に立っていると思います>

    続きはこちらで↓
    https://wezz-y.com/archives/66511

    no title

    【NHK新潟がNGT48暴行事件を特集も、AKSは取材拒否 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/06/03(月) 13:11:49.67
    NGT48の“風評被害”続く 中井りかの投稿偽造問題も、運営の見解発表無し

    アイドルグループ・NGT48の中井りかのインスタグラムの投稿を装った画像が1日までに、
    一部のインターネット掲示板やまとめサイトに転載され、所属事務所が法的措置を検討していることを、一部スポーツ紙が報じている。

    問題の画像は5月31日に拡散。インスタの24時間で消える「ストーリー機能」を使った投稿をスクリーンショットした画像で、真っ黒な背景に「そろそろ気がすんだんじゃない? 嘘ついて仲間売ってまでグループめちゃくちゃにして移籍とか人間のやることじゃない ろくな死に方しない」という文面が書かれ、中井のインスタグラムIDが記されていた。

    そのため、ネット上では、グループから卒業し、大手芸能事務所「研音」に移籍した山口真帆を批判したものではと一時炎上。

    しかし、NGTでは先月21日からSNS指導が徹底できるまで、全メンバーのSNSによる発信を停止していたこともあり、すぐに「偽造なのでは」、「偽者だ」との声が上がった。

    一部スポーツ紙によると、中井はこの投稿について完全に否定しており、所属事務所では、偽造画像の制作者や掲載者らに対しての法的措置を検討しているという。

    しかし、相変わらずネット上では、「世間の同情は期待しないほうが良い」、「本人だと疑われなかったから拡散されたのだと思う」、「中井が自作自演したという線も捨てきれない」などと厳しい声が飛び交っている。

    「すっかり反山口派のイメージが浸透した中井。NGTというグループと、残ったメンバーたちには相変わらず世間の厳しい目が向けられている。
    そのため、今後、しばらくは“風評被害”を受けることになりそうだ」(芸能記者)

    先月、ツイッターのアカウントを開設したNGT48劇場の早川麻依子支配人。
    2日の段階では、まだこの件についてコメントしていないが、どういう見解を発表するかが注目される。

    https://npn.co.jp/article/detail/41020511/

    11157277


    【NGT48の“風評被害”続く 中井りかの投稿偽造問題も運営の見解発表無し】の続きを読む

    このページのトップヘ