中二病速報

    タグ:NGT48

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/04(火) 22:44:38.59
    NHK新潟がNGT48暴行事件を特集も、AKSは取材拒否

     山口真帆の卒業および大手芸能プロダクション・研音への移籍発表後も、NGT48の再生には程遠い。AKS及び一部NGTメンバーへ向かう批判の声は絶えず、スポンサーが戻る気配は見えないからだ。

     そんななか、毎週金曜19時30分からNHK新潟で放送されている地域情報番組『金よう夜きらっと新潟』(5月31日放送回)が「近すぎたアイドル ~岐路に立つNGT48~」と題し、NGT48暴行事件に関する特集を放送。その内容が話題を呼んでいる。

     番組はまず、AKB48グループにおける「握手会」のシステムを詳しく解説。そのうえで、第三者委員会の報告書にも記載してあった通り、アイドルとファンの「近すぎる距離感」が安全管理を難しくしたと問題を指摘した。

     NHK新潟ではAKSに対し、「私的領域でのファンとの接触防止策」「会社の運営体制の見直し」「トラブルの処分や調査は十分か」「経営トップの認識」といった内容でインタビューや書面での回答を求めたという。会社の再発防止策や危機対応について取材するためである。

     しかし、それに対するAKS側の答えは「総合的な判断で回答はできない」というものであった。取材班の古市啓一朗氏は厳しくその姿勢を糾弾した。

    <AKSは『総合的な判断で回答はできない』としています。すでにAKSはNGT48の再スタートを宣言していて、回答がないといったこうした対応では、改善策や会社がどのように変わったのか具体的に示されないままです。再スタートへの理解が広がらないのは会社の姿勢が影響しているのではないかと思います>

    NHKはAKS吉成社長や秋元康氏の説明責任にも言及

     NGT48暴行事件は単なるアイドルグループのスキャンダルという域を出て、新潟の地域経済にも影響する問題となっている。一正蒲鉾をはじめ、NGT48をCMキャラクターなどに起用してきた地元企業は相次いで契約を打ち切っているが、新潟市もそのひとつだ。

     新潟市は今年9月から行われる「第34回国民文化祭・にいがた2019」へのNGT48起用を取りやめている。新潟市文化政策課の塚原進課長はその理由について、「『観光にも行きたくないです』とか、『ふるさと納税もしません』とか、全国から大きな苦情のメッセージっていうのが新潟市の方にも寄せられています」と証言している。

     NGT48暴行事件とその後のAKSの稚拙な対応は、新潟のイメージそのものを傷つけた。こうしたなかで再スタートを切ろうとするNGT48に対し、取材班の古市氏は、しかるべき立場の人物がきちんとした説明責任を果たさない限り、納得を得られることはないであろうと、改めて厳しく指摘するのであった。

    <県民やファンはトラブルの真相の究明さえされていないと失望感をもっている人が多数います。そのなかで、『AKSはほとぼりが冷めるのを待っているようにしか見えない』と、実際にファンからもそういう声が聞こえてきます。影響力のある企業であるからこそ、まずはこれまで公の場で発言していない経営トップの吉成(夏子)社長などが改めて考えを説明すべきだと思います。さらには、現在は直接運営には関与していないとしているグループの総合プロデューサー・秋元康氏の対応を求める声もファンから聞かれます。NGT48は本当に再スタートを切れるのか、まさに岐路に立っていると思います>

    続きはこちらで↓
    https://wezz-y.com/archives/66511

    no title

    【NHK新潟がNGT48暴行事件を特集も、AKSは取材拒否 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/06/03(月) 13:11:49.67
    NGT48の“風評被害”続く 中井りかの投稿偽造問題も、運営の見解発表無し

    アイドルグループ・NGT48の中井りかのインスタグラムの投稿を装った画像が1日までに、
    一部のインターネット掲示板やまとめサイトに転載され、所属事務所が法的措置を検討していることを、一部スポーツ紙が報じている。

    問題の画像は5月31日に拡散。インスタの24時間で消える「ストーリー機能」を使った投稿をスクリーンショットした画像で、真っ黒な背景に「そろそろ気がすんだんじゃない? 嘘ついて仲間売ってまでグループめちゃくちゃにして移籍とか人間のやることじゃない ろくな死に方しない」という文面が書かれ、中井のインスタグラムIDが記されていた。

    そのため、ネット上では、グループから卒業し、大手芸能事務所「研音」に移籍した山口真帆を批判したものではと一時炎上。

    しかし、NGTでは先月21日からSNS指導が徹底できるまで、全メンバーのSNSによる発信を停止していたこともあり、すぐに「偽造なのでは」、「偽者だ」との声が上がった。

    一部スポーツ紙によると、中井はこの投稿について完全に否定しており、所属事務所では、偽造画像の制作者や掲載者らに対しての法的措置を検討しているという。

    しかし、相変わらずネット上では、「世間の同情は期待しないほうが良い」、「本人だと疑われなかったから拡散されたのだと思う」、「中井が自作自演したという線も捨てきれない」などと厳しい声が飛び交っている。

    「すっかり反山口派のイメージが浸透した中井。NGTというグループと、残ったメンバーたちには相変わらず世間の厳しい目が向けられている。
    そのため、今後、しばらくは“風評被害”を受けることになりそうだ」(芸能記者)

    先月、ツイッターのアカウントを開設したNGT48劇場の早川麻依子支配人。
    2日の段階では、まだこの件についてコメントしていないが、どういう見解を発表するかが注目される。

    https://npn.co.jp/article/detail/41020511/

    11157277


    【NGT48の“風評被害”続く 中井りかの投稿偽造問題も運営の見解発表無し】の続きを読む

    1: マイメロディ ★ 2019/06/01(土) 13:55:19.47
    NGT48中井りか(21)のインスタグラムの投稿が捏造(ねつぞう)され、1日までにインターネット上にアップされている。一部のネット掲示板や、まとめサイトなどに転載されているが、関係者によるとまったくの捏造だという。

    にせの投稿は、固有名詞は記されていないが、5月18日にNGT48を卒業した山口真帆(23)への批判ともとれるような内容。中井のインスタグラム公式アカウントのアイコン写真を使っており、中井の投稿を偽ったような画像だ。

    運営関係者によると、中井は投稿について完全否定しており、画像はまったくの捏造、偽造だという。中井は先月21日午後11時にNGT48メンバーのSNS運用が停止されて以降、一度もインスタグラムに投稿をしてないという。運営側は、偽造画像の制作者や投稿者らに対しての法的処置も検討しているという。

    NGT48では先月21日、メンバーの加藤美南(20)が自身のインスタグラムで山口に関する不適切な投稿をしたことを受け、運営会社のAKSが「メンバーへのSNSの指導が徹底できるまで、本日午後11時からNGT48全メンバーのSNSの運用をいったん停止させていただきます」としていた。

    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/akb48/news/201906010000355_m.html 

    201906010000355-w500_0


    【NGT中井りかのインスタねつ造画像がアップ、法的措置も 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/31(金) 09:08:20.70
    ◆ 山口真帆研音所属を「強いところ入ったね」と評価の爆笑太田

     5月28日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)において、研音所属になることが発表された元NGT48の山口真帆について語られた。この日の放送では来日したドナルド・トランプアメリカ大統領の話題からはじまり、太田光は「日米貿易交渉を選挙まで待つ」と書き込んだトランプ大統領のツイッター発言を引き合いに「余計なこと言っちゃうんだよあの人は。『研音に入ります』」とボケた。これには田中裕二から「それ別の人のだから」とすかざずツッコまれていた。

     太田は「研音って、また強いところ入ったね、あの子も。これはもう盤石ですよ」と話し、太田も「事務所としては本当に大きなところですから」と話した。2人の会話は、単なる芸能ニュースに対するコメント以上の意味を帯びているといえる。なにより爆笑問題自身が、芸能事務所の規模をめぐって苦労を体験している。

     「爆笑問題は、素人時代に出演したライブが大受けし、その場で大手芸能事務所である太田プロダクションからスカウトを受けます。社会派の漫才をこなせる、ポストビートたけし的なコンビとして売り出されますが、90年の9月にマネージャーに連れられるがまま一方的に独立を果たします。ただ、筋を通さない独立は業界ではご法度。以降、爆笑問題は約3年間にわたってまったく仕事がない状態が続きます」(芸能関係者)

     この独立騒動については、太田は「当時は面白ければ売れると思っていた」とふりかえっている。才能がありながらチャンスのなかった彼らを救ったのは、太田夫人であり、現在の所属事務所タイタンを立ち上げた太田光代社長であった。

    「光代社長が、個人事務所を立ち上げて爆笑問題を売り出すことになりました。光代社長ももともとは太田プロ所属のものまね芸人でした。事務所を立ち上げるにあたり、太田プロにも話を通し、相談にも乗ってもらっていたようですね。ただ当初はテレビの仕事はなかなか得られず、卒業シーズンに高校をめぐる予餞会の営業などをこなしていたようです」(前出・同)

     小さな事務所で苦労を味わってきた分、山口の新たな門出を祝いたい気持ちが爆笑問題の2人にはあるのだろう。(文=相川ナロウ)

    エンタMEGA 
    https://entamega.com/18268

    no title

    【山口真帆研音所属を「強いところ入ったね」と評価の爆笑太田 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/05/29(水) 06:02:10.40
    NGT48の早川麻依子支配人がTwitterで第三者委員会の報告書と食い違うような内容のツイートを投稿したことで再び物議を醸し、ファンの不信感をあおってる。

    問題とされている早川氏のツイートは、山口真帆(23)の暴行事件が発覚した際に浮上したメンバーとファンとの“つながり”についてのもの。5月26日、早川氏は《報告書に出ている、具体的に名前が挙がった12人》について「人から聞いた」「つながっていると思う」といったものだとし、《曖昧な話ばかり》と投稿。さらに《処分しようにも全く証拠がありません》とメンバーの潔白を主張した。

    ところが同ツイートには疑問の声が上がった。というのも3月21日にNGT48の公式ホームページにアップされた「第三者委員会調査報告書」の冒頭部でAKSは“つながりがあった”と認め、こう反省している。

    《責任を問われるべきなのは、組織運営に問題があり、スタッフ及びメンバーに対して、事前に明確な基準を示して適切な指導ができていなかった当社であることから、今までのNGT48内での私的領域におけるファンとのつながりを含め、風紀の乱れ全般は、今回は不問に致します》

    さらに同書の21ページでは“つながり”について《本件調査の中で,「噂」レベルではなく,具体的な事実として垣間見ることができた》と明かされている。例えば被疑者の1人と思われる男性と他メンバーの行動に関する内容を話すメンバーがいたり、もう1人の被疑者に山口の家に行くことについて相談していたメンバーがいたことなどを列挙していた。

    そのためTwitterでは、困惑する声が上がっている。

    《第三者委員会で繋がりは認められていましたよね?》
    《もう『第三者委員会』の調査自体信用に値しないという事を言っているのと同じなんですけど》
    《第三者委員会と食い違う発言は信憑性ゼロの火に油》

    早川氏はTwitter始動当初、《メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたいと思います》とツイートしていた。しかし投稿のたびに厳しい声が上がっている。

    001

     女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190528-00010016-jisin-ent

    【【女性自身】NGT早川支配人 第三者委員会と食い違う投稿「火に油」と物議 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/05/27(月) 21:58:06.24
     NGT48劇場の早川麻依子支配人が27日、自身名義のツイッターを更新。一部メンバーの写真を公開した。

     午後9時30分過ぎから「今日は研究生のレッスンに顔を出してきました。元気過ぎるNGT48の中3トリオです」「休憩中に遊んでます。アクロバット女子」など、レッスンに励むメンバーの写真を添えて投稿。ハッシュタグでは「小越春花」「小見山沙空」「古舘葵」「川越紗彩」の名が記されていた。

     メンバーの写真を載せた理由について「今日は、メンバーを心配してくださっているファンの皆様の為にこんな写真を送ってみました」と説明している。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000220-spnannex-ent

    no title

    no title

    no title

    【NGT支配人「ファンの皆様の為に」ツイッターでメンバーの写真公開 】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2019/05/27(月) 11:35:59.32
    サンジャポが謝罪 山口真帆報道で

    TBS「サンデージャポン」(日曜前9・56)の公式サイトは27日、26日の、
    NGT48を卒業した山口真帆(23)に関して事実と違う内容だったとしてお詫びした。

    公式サイトで、「5月26日放送の『サンデージャポン』」で、
    NGT48のSNS騒動を報じた際、元メンバー山口真帆さんが25日深夜にインスタグラムに
    投稿したとして伝えたコメント『3人は望んで卒業した訳ではありません。その意味を考えて下さい。
    』は山口さんの投稿ではありませんでした。お詫びして訂正します」とした。

    20190527-00000162-spnannex-000-view

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000162-spnannex-ent

    5月26日放送の「サンデージャポン」で、NGT48の元メンバー山口真帆さんに関するニュースを報じた際、山口さんが25日深夜にインスタグラムに投稿したと伝えたコメント内容の一部に誤りがありました。
    番組では「嘘をつかれるのは悲しい。3人は望んで卒業した訳ではありません。
    その意味を考えて下さい。」とお伝えしましたが、「3人は望んで卒業した訳ではありません。
    その意味を考えて下さい。」というコメントは、山口さんが投稿したものではありませんでした。
    視聴者の皆様、山口さんや関係者の皆様に深くお詫びいたします。

    https://www.tbs.co.jp/sunjapo/news/

    【TBS「サンジャポ」が謝罪 山口真帆に関して事実と違う内容を放送 】の続きを読む

    このページのトップヘ