中二病速報

    タグ:NGT48

    1: Egg ★ 2019/09/11(水) 11:44:53.36
    お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光が10日深夜放送のTBSラジオ「JUNK 爆笑問題カーボーイ」(深夜1時)内で、9月4日に東京ドームで行われたジャニー喜多川さんの「お別れの会」で、AKBグループのプロデューサー・秋元康氏と遭遇し、NGT48の騒動について、突っ込んだことを明かした。

     太田は「AKBの秋元康がいたからさ。なんで新潟のこと(NGT48の一連の騒動)何にも言わねえんだよ。おかしいじゃんって言ったらさ。『だってホントにわかんねーんだもん』ってスネてたね。いろいろあるんだろうとは思ったけどさ」とぶっちゃけた。

     相方の田中裕二が「(秋元さんは)イヤなやつが来たなって、気づかいないフリをしてたんだよ」と話すと太田は「あのリアクションを見た時、子供か!と思ったけど、この人はこの人で大変なんだろうなと思った」とポツリ。秋元氏に同情していた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000046-sph-ent 

    20190911-00000046-sph-000-view

    【太田光 秋元康氏と遭遇!NGT騒動について直撃「なんで何にも言わねえんだよ。おかしいじゃん」 】の続きを読む

    1: ジョーカーマン ★ 2019/09/09(月) 22:24:53.15
    NGT48の本間日陽が、雑誌「blt graph.vol.47」(9月11日発売)の巻末グラビアに登場するとともに、10000字インタビューで劇場公演再開に懸けた思いを告白する。

    NGT48本間日陽、今日までの思いを答える
    インタビューでは、グループに激震が走った日から、どう毎日を過ごし、感じ、考え、今日に至ったのかを告白。
    本間の劇場公演再開に懸けた思いが募る内容となっている。

    NMB48のプライペートショット、乃木坂46の特別グラビアも掲載
    今号の表紙を飾るのは女優の吉岡里帆。
    そのほか、「NMB48 近畿十番勝負 2019 PHOTOBOOK」から、各チームキャプテンの美ショットと最新コメント、密着ドキュメンタリーフォトブック「アンジュルムと書いて、青春と読む。」から、メンバーのみで過ごし、自ら撮影した夏のプライベートショットも披露。

    また、今号から三重県・伊勢志摩にロケ場所を移した武田玲奈の連載「タビレナ」、「B.L.T.10月号」から乃木坂46・遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、金川紗耶、北川悠理、柴田柚菜、清宮レイ、田村真佑、筒井あやめ、早川聖来、矢久保美緒、そして桃月なしこの秘蔵カットを集めた特別グラビアも掲載される。

    http://mdpr.jp/news/detail/1869586

    「blt graph.vol.47」 本間日陽
    no title

    NGT48 本間日陽
    no title

    no title

    no title

    no title

    【NGT48本間日陽、ふっくらバスト際立つ 劇場公演再開への思いを語る(画像あり)】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2019/09/08(日) 00:14:21.92
    もはやAKS吉成夏子社長は引責辞任するしかないだろ?NGTも解散か? (スレタイ)

    文春音声データが全て暴露
    もはやこれまでだわ

    吉成夏子社長は引責辞任しかないだろ
    NGTは解散だな

    maxresdefault


    【【文春砲NGT直撃】AKS吉成夏子社長はどうするの?】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/09/08(日) 00:50:39.75
    元メンバーの山口真帆(23)が告発してから8カ月、NGT暴行事件は新たな局面を迎えている。
    現在、運営会社「AKS」は犯人グループを相手取った民事訴訟の真っただ中。

    9月20日(金)には進行協議が開かれる予定だ。

    そんな中、「週刊文春デジタル」では8月27日と9月6日の2回にわたり、運営会社「AKS」の吉成夏子社長がNGTメンバーや保護者に対して、事件の内実について率直な内心を打ち明けた録音テープをもとに報じた。吉成氏の音声も一部公開した。

    吉成氏は「犯人側の言い分」と前置きしながらも、「犯人たちと、もともと繋がっていたのは山口さん」 「山口さんはあることが原因で男性と不仲になり、無視するようになった。連絡をとれなくなった男性(犯人)が、直接話そうと山口の部屋を突然訪れた。
    そのために事件は起こった」などと語っていたことが判明。

    これは山口が1月に告発した内容を根底からひっくり返す発言だと言える。

    しかし山口に対し、犯人との繋がりについて事実確認を求めたところ、山口は所属事務所を通じて「そのような事実はございません」と回答。AKSにも質問状を送ったが、期日内に回答はなかった。

    両者の言い分は真っ向から食い違う。一体、NGT暴行事件とは何だったのか――。

    「週刊文春デジタル」では今回、山口と犯行グループの関係を裏付ける新たな客観的証拠を入手した。第三者委員会報告書にもたびたび登場した元メンバー・M子が所有していた「公園での音声データ」だ。

    事件直後、山口はM子に電話をかけて合流し、現場マンション近くの公園に移動。
    山口は犯人らを問い詰め、双方は言い合いになったが、その際にM子がスマホで録音したデータが存在した。

    この録音データは事件の調査にあたった第三者委員会にも提出されている。

    録音データは山口、M子側から関係者、運営サイドなどに渡り、音楽関係者やスポンサー、一部のメディア関係者にも内々でコピーされていった。
    箝口令が厳重に敷かれていたため、音声そのものがこれまで公になることはなかった。

    音声データは約50分。全編にわたり、山口は事件に関与しているメンバーを聞き出そうと犯人側に詰め寄っている。
    その中で山口はNGTメンバー・太野彩香(22)、西潟茉莉奈(23)、未成年研究生・D子の3人の名前を挙げている。
    D子は事件当日、山口の帰宅時間を犯人グループ側に教えたことがわかっている。

    この音声が示しているのは、秋元康プロデューサーが構築した「会いに行けるアイドル」というビジネスモデルのリスクそのものである。
    ファンがアイドルと握手会などで顔見知りになり、“繋がる”ことが可能な「AKB商法」は、生身の少女たちを危険にさらすビジネスなのだ。
    その最悪の結果が、今回の事件であり、この音声はその証拠である。

    ここでは録音データを文字に起こしたものを一部公開する。
    なお、新潟県警が事件と関係ないと判断したメンバーの実名などはカットしている。

    このあと山口はさらに強い口調になっていき、スタッフも交えた話し合いは過熱していく。警察が現場に駆け付け、張りつめた緊張感の中で事情聴取が始まる。
    約50分にわたり、山口が犯人を問い詰める「公園音声」と「14000字全文起こし」は「週刊文春デジタル」で公開している。

    img_2e998bc4622a58c57866f2ab1b10dadc57840

    https://bunshun.jp/articles/-/13965

    https://bunshun.jp/articles/-/13965?page=2
    https://bunshun.jp/articles/-/13965?page=3
    https://bunshun.jp/articles/-/13965?page=4
    https://bunshun.jp/articles/-/13965?page=5
    https://bunshun.jp/articles/-/13965?page=6


    【【週刊文春】 (暴行直後の公園音声)元NGT山口真帆がメンバー名指しで犯人詰問「正直に言わないと……」 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/09/06(金) 12:27:10.43
    「 週刊文春デジタル 」では8月27日、活動を再開したNGT48メンバーの保護者を集めた説明会での 音声データ を公開した。そこで明らかになったのは運営会社「AKS」トップ・吉成夏子社長の衝撃発言。暴行事件を告発した元メンバーの山口真帆(23)が、実は犯人たちと「もともと繋がっていた」とした吉成氏の説明に業界は揺れている。

    「保護者会の直後から『さすがにマズイ』と関係者はザワついていました。AKSは犯人を相手取って民事訴訟を起こしている真っ最中。裁判に関わる内容を公然と開示したのですから、問題視されるのも当たり前でしょう。しかし、再出発したAKSの新体制は、吉成氏のイエスマンや現場経験のない人間たちで固められていて、心配の声が上に届かない。

     記者やファンは吉成社長に説明を求める声をあげていますが、保護者会でも説明しているように吉成社長は会見をやる気などさらさらない。山口が会見中に批判ツイートをしたことで、世間から集中砲火を浴びた今年3月の松村匠元取締役の釈明会見がトラウマとなっているようです」(AKS関係者)

    「週刊文春デジタル」では山口に対し、保護者会で吉成氏が発言した“犯人グループとの繋がり”について事実確認を求めたところ、山口は新事務所を通じて、「そのような事実はございません」と回答した。AKSにも聞いたが、期日内に回答はなかった。

     そして新たに明らかになったのが、吉成氏のさらなる”暴露発言”だ。決して表舞台には出てこない吉成氏だが、実は保護者会の数日前、現役のNGT 全メンバーの前でも説明会を行い、さらに踏み込んだ発言をしていた。

    「あくまで『犯人側の主張』だと断った上で、吉成氏は事件発生の経緯についても触れました。なぜ事件が起きてしまったのか。それは、事件前から犯人の男性と繋がっていた山口が、あることが原因で男性と不仲になり、無視するようになった。連絡をとれなくなった男性が、直接話そうと山口の部屋を突然訪れた。そのために事件は起こった。吉成氏はそう説明しました。多くのメンバーは吉成氏の言葉にうなずき、納得している様子でした」(同前)

     この新たな“暴露発言”について、AKSにあらためて事実確認を求めたが、期日までに回答は得られなかった。

     これら2つの「吉成発言」について、9月7日(土)21時放送のネット番組「 直撃!週刊文春ライブ 」では、山口と犯人の間でいったい何が起きたのか、真相を知る重要な手掛かりとなる、“新証拠”の公開を予定している。

    「週刊文春」編集部/週刊文春

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190906-00013917-bunshun-ent 

    20190906-00013917-bunshun-000-view

    【【文春】「事件の原因はNGT山口真帆が男と不仲になり無視したため」AKS吉成社長またも暴露発言 】の続きを読む

    1: マイソールのネコ ★ 2019/09/04(水) 23:49:20.77
    1日深夜に放送された『今日から友達になれますか?』に、「みちょぱ」ことモデルの池田美優が出演。NGT48の中井りかと「お友達」になろうとするが、中井のネガティブな性格が邪魔をする。

    ■ギャルにビビる中井

    お笑いタレントの小籔千豊が、今回中井に「お友達候補」として紹介したのは、池田。ギャル独特の威圧感に中井は逃げようとするが、まずはお互いのことを知るためにプロフィールを交換する。

    中井は、以前ツイッターで池田の喧嘩ドッキリの映像を見て以来、怖いイメージを持っているというが、池田も東京ガールズコレクションに出演した際、中井に挨拶をしたが「無視された気がする」とお互い気持ちがすれ違っている事が判明。

    ■友情成立なるか

    池田は中学生の頃渋谷の「ギャルサークル」に所属しており、その当時の写真が公開されると中井は「ダメだこれは」と一言。また、サークルの総代表を務めていたエピソードを披露すると、「今総代表と喋ってる…」とビクビク。

    中々合わない2人だが、恋愛で「男ウケは狙わない」という面に関してはお互い共感しあっている様子。ギャルの「自分を曲げない精神」には中井にも響くところがあったようだ。

    no title

    ■友達になるのか…

    連絡先交換の時間になり、友だちになりたいと思ったら自分のスマホを振る動作「ふるふる」をするのだが、今回スマホを振ったのは中井のみ。

    「ギャルはそうだなって思ったんですよ…」と落ち込む中井に対し池田は、「あんまり友達にネガティブな人いないんですよ」「自分に負のオーラが来そうで嫌だなって…」と友達にならない理由を語った。

    ■ネガティブな人は苦手?

    「ネガティブ」という理由で、残念ながら友達成立には至らなかった今回。一般的にもネガティブな人とはあまり近づきたくないという人も多いのだろうか。

    しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,336名を対象に調査を実施したところ、「ネガティブな発言が多い人とは、あまり一緒にいたくない」と回答したのは全体の74.1%。根っからの性格を治すことは難しいが、正直疲れてしまう人が多いようだ。

    no title

    連絡先の交換は拒否した池田だが、「意外と気は合う」と感じた様子。今後共演を重ね、仲良くなった2人を見ることができるかも知れない。

    (文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎)

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190902-54529064-sirabee

    【みちょぱ、NGT48・中井りかと連絡先交換を拒否「負のオーラが…」 】の続きを読む

    このページのトップヘ