中二病速報

    タグ:KEIKO

    1: れいおφ ★ 2018/07/07(土) 01:11:44.97 _USER9
    ※一部抜粋

    KEIKOの親族によると、KEIKOは超元気。
    驚異の回復力を見せ、歌も口ずさむし、日常生活を送れるほどに回復しているという。

    一方の小室はというと、会見後、妻は大分に預けっぱなしで転居。
    新居でお泊まりするA子さんの姿もキャッチされている。
    さらに小室が献身的に介護していたというのもウソで、家では付き人やスタッフが介護をしていて、小室はほとんど何もしていなかったという証言まで飛び出している。

    (以下ソース)
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/232719

    近影
    no title


    【KEIKOは超元気 歌も口ずさむし日常生活を送れるほどに回復(画像あり) 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/04(水) 16:05:56.77 _USER9
    「小室哲哉引退会見」に妻・KEIKO親族の怒り

    音楽プロデューサー・小室哲哉(59)が、女性看護師A子さんとの不倫疑惑を報じた「週刊文春」記事を受けて会見を開いたのは今年の1月19日。2011年に妻のKEIKO(45)がくも膜下出血で倒れて以降、介護のストレスの中でA子さんが精神的な支えになったが男女関係はない、と釈明した小室。そして「私の罪の償い」として自発的な音楽活動からの引退を表明したのだ。

     会見では「(KEIKOの)目を見て、しっかり話をしていきたい」と語った小室だが、その後、妻とは一度も会っていない。夫妻はいま事実上別居状態で、KEIKOは故郷の大分で家族と暮らしている。KEIKOの親族が怒りを込めて口を開いた。

    「会見には唖然としました。少なくとも、桂子(KEIKOの本名)に関する彼(小室)の話はほとんど嘘。桂子のサポートに疲れたと言っていますが、彼は介護らしいことは何もしていませんし、そもそも今の彼女は要介護者ではない。なぜあそこまで、自分の妻のプライバシーや名誉にかかわることを、あしざまに言わなくてはならないのでしょうか」

     KEIKOと親しい地元の知人がいう。

    「小室さんは、会見で桂子は『今は小学4年生くらいの漢字のドリルとかが楽しいみたいです』『コミュニケーションが日に日にできなくなっている』などと言っていましたが、桂子が漢字ドリルをやったのは5年以上前の話です。なぜ小室さんは、昔の桂子の姿ばかり語るのでしょうか」

     小室は会見で、KEIKOが「音楽に興味がない人」になってしまった、と語ったが、彼女は周囲にこう話している。

    「私、歌が好き。歌っているときはいつだって楽しい」

    「週刊文春」には、知人から提供されたKEIKOの近影と共に、本人の「ファンへのメッセージ」が寄せられた。

     看護師A子さんとの関係を含めた小室の近況など、詳細は7月5日(木)発売の「週刊文春」で報じる。また、「 週刊文春デジタル 」では、KEIKOの複数の近影のほか、小室への直撃取材の模様を収めた《完全版》動画を同日朝5時に公開する。

    文春オンライン 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180704-00008037-bunshun-ent 

    記者会見での小室 c文藝春秋 
    no title


    【【週刊文春】「小室哲哉引退会見」に妻・KEIKO親族の怒り「彼の話はほとんど嘘」 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/01/17(水) 22:51:35.44 _USER9
    KEIKO 約5週間ツイート無くファンが心配…「けいこさーん」

    長期療養中のglobeのボーカルKEIKO(45)が昨年12月11日のツイートを最後に更新がなく、ファンから「大丈夫ですか」などと心配の声が上がっている。

    KEIKOは毎日のように「お休みなさい」と短くツイートしていた。しかし、同日のツイートを最後に更新はない。

    約5週間もツイートがないことから、ファンからは「またツイート気分になったときはいつでも」「ツイッター飽きちゃった?」「けいこさーん」「ツイート楽しみにしています」などと待ちわびる声が寄せられた。

    no title

     デイリースポーツ online 
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/17/0010905926.shtml 


    【KEIKO 約5週間ツイート無くファンが心配「けいこさーん」】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/11/28(火) 00:21:04.27 _USER9
    小室哲哉、誕生日にKEIKOとのツーショットを披露

    instagramより@tk19581127

     音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が26日、自身のインスタグラムで、2011年10月にくも膜下出血で倒れ、療養中の妻・KEIKO(44)とのツーショットを掲載した。

     この日は小室の誕生日で「皆さまの計らいで、食事ぐらいはできました!来年は、再来年は、どうなんだろうとは思いますが、瞬間を大事にしなきゃとは思って。
    今年もよろしくお願いします ありがとうございます」とマスク姿のKEIKOとのツーショットを掲載した。

     この画像にファンからは「誕生日おめでとうございます」などのお祝いのコメントの他、
    「お似合い素敵」「けいこさーん大好きです」などのメッセージが書き込まれている。

    23969998_1933635796892554_9066894532741693440_n

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000269-sph-ent 



    【小室哲哉、誕生日にKEIKOとのツーショットを披露(画像あり) 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/22(日) 20:10:54.18 _USER9
    小室哲哉が、22日、KEIKOとマーク・パンサーと自身の写真を公開した。

    小室は、自身のInstagramで、「2017.10.22のチャートだよね?ありがとうこざいます!」とコメントを添え、妻・KEIKOの写真、globeのアルバム「15YEARS -BEST HIT SELECTION-」がiTunesのアルバムランキング1位となっている画像、また自身と、マーク・パンサーとの2ショットという4枚の写真をまとめて投稿した。
    「15YEARS -BEST HIT SELECTION-」は、2010年9月にリリースされた作品だ。

    この投稿にファンからは「KEIKOさんの元気な姿が見れてホントに嬉しいです」「小室さん桂子さんのお元気そうな姿拝見出来て嬉しいです」「桂子さんの写真載せて下さり!ありがとうございます」「けいこさん見て泣けてきたー」「元気な顔見れて嬉しい」と、療養中のKEIKOの写真を喜ぶ声や「KEIKOのglobeでの復活を毎日祈ってます」「早くKEIKOさんの歌声で、心の傷を緩和されたいです」と、KEIKOの復帰を待ち望む声が見られた。

    小室は今年8月、InstagramでKEIKOがくも膜下出血を患った後に歌ったという歌声を公開。ファンからは、歓喜の声が起こっていた。
    その一方、今月には自身の引退について考えたことや「家から歌声が消えて6年かあ。毎日、一喜一憂の人生。」とKEIKOが2011年の10月からくも膜下出血で療養に入ってから6年が経過したことを綴り、それに対する思いも明かして話題になった。
     E-TALENTBANK 
    http://news.livedoor.com/article/detail/13784040/

    22636918_145017782898684_863164027063238656_n

    https://www.youtube.com/watch?v=3djg2YAblk8


    globe / 「FACE

    【小室哲哉、自身とKEIKO、マーク・パンサーの写真公開】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/10/15(日) 17:53:20.47 _USER9
     音楽プロデューサーの小室哲哉(58)が15日、自身のインスタグラムに歌手・安室奈美恵(40)と活動休止中の歌手で妻のKEIKO(45)の“奇跡の1枚”を公開した。

     小室が公開したのは、かつて一世を風靡した“小室ファミリー”の歌姫の2ショット。撮影時期は不明だが、2人は顔を寄せ合い、安室はVサイン。そろって白い歯を見せて笑うモノクロ写真をアップした小室は「僕からしたら、奇跡の1枚です。撮影してくれた方にありがとうと、伝えたい。」と感慨深げなコメントを投稿した。

     フォロワーからは「本当に素敵な写真」「貴重なお写真ありがとうございます」「最高です」といったコメントが寄せられ、「いいね!」は1万件超えと大きな反響を呼んでいる。

     安室は来年9月16日をもって引退することを発表。かつてプロデュースを手がけ、「CAN YOU CELEBRATE?」「Don't wanna cry」などのメガヒットを連発した小室は、9月21日付のツイッターで「正直、仕事で何とも言えない寂しさを感じるのは初めてです」とコメント。

     「これからいよいよブレイクして行くのだなあという瞬間に立ち会えてから20年、あらゆる奇跡を起こし、足跡を残し、そんな姿を誇らしく思い、そして、あと1年で卒業という現実を知る。このプロセスはなかなか味わう事はないでしょう。奈美恵ちゃんには、最高の日々を過ごしてもらいたいです」ともメッセージを送った。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00000306-oric-ent

    no title

    【小室哲哉、“奇跡の1枚”公開 安室奈美恵&KEIKO2ツーショットにファンも感激 】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/08/15(火) 13:36:36.87 _USER
    KEIKOの歌声に鳥肌 ファン「感動で涙が止まらない」 夫・小室が公開

     音楽プロデューサーの小室哲哉(58)が15日、自身のインスタグラムを更新。2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在はリハビリ中の妻で歌手のKEIKO(44)の歌声を公開した。

     小室は「病気後に創って唄ってみたkeikoの声です」とKEIKOがのびやかな歌声を響かせる2分ほどの動画を投稿。動画では「2016?2017 KEIKO」の文字が中央に表示され、バックには夕暮れの海辺が映し出されている。KEIKOが同曲をいつ歌ったかは明かされていないが、キャプションには「きっと今はもっと上手になってると思う」とも添えられた。

     長らく療養中のKEIKOの歌声にはファンも興奮。同投稿には「鳥肌立った」「ただただ凄いの一言」「感動で涙が止まらない」「ずーっと聴きたかった」「全く色褪せない」など多数のコメントが寄せられた。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    20170815s00041000132000p_view

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/15/kiji/20170815s00041000133000c.html

    病気後に創って唄ってみたkeikoの声です。
    https://www.instagram.com/p/BXyY5kWFjRM/

    【KEIKOの歌声にファン「感動で涙が止まらない」夫・小室哲哉が公開】の続きを読む

    このページのトップヘ