中二病速報

    タグ:CM

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/08/15(水) 09:54:03.29 _USER9
     平昌(ピョンチャン)冬季五輪フィギュアスケート女子の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手が出演するスマートフォン用ゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」のテレビCMが15日、公開された。ザギトワ選手が日本のテレビCMに起用されるのは今回が初めて。

     CMのテーマは「戦う少女」で、ザギトワ選手は登場キャラクター「まどか」をイメージして特別に制作された衣装を着用し、「まどか」が苦悩を経て魔法少女に変身していく姿を華麗な滑りと演技で表現している。ザギトワ選手は「とてもすてきな衣装です。こういうのを着るのは初めてで、とても楽しいです。私にピッタリ合う最高の衣装」と喜んでいる。

     「マギアレコード」は、酷な運命を背負う魔法少女らの姿を描いた人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の“外伝”となるスマートフォン用ゲーム。魔法少女たちがさまざまな物語を繰り広げる……という内容で、ゲームオリジナルのキャラクターに加え、アニメのキャラクターも登場する。

    https://mantan-web.jp/article/20180814dog00m200041000c.html

    no title

    no title

    no title

    no title

    動画
    https://youtu.be/_Zrgu_lsc5c


    【ザギトワ選手 日本のテレビCM初出演「まどマギ」まどか風衣装で魔法少女に変身! 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/08/15(水) 06:05:40.38 _USER9
    生き残りをかけて熾烈な競争を繰り広げる2世タレント。どうやらCMの世界でも同じようだ。若手で最も勢いがあると言われているのは、新田真剣佑(21)と岡田結実(18)だという。

    本誌が複数の広告代理店関係者から入手した2世タレントの最新CMギャラリストによると、新田は3500万円と高評価。
    岡田も3000万円にランクインしている。

    「真剣佑さんは大手芸能事務所に移籍してから大ブレーク中。ハリウッドでも活躍していることも人気を底上げしています。
    また、岡田さんもお父さん譲りの対応力で現場からの評価も高い。最近は女優デビューするなどますます注目が集まっています」(大手広告代理店・B氏)

    そして、岡田と並んで3000万円代で10代トップを獲得したのが木村拓哉(45)と工藤静香(48)の娘・Koki,(15)。
    ブルガリのアンバサダーに就任するなどすでに大きな話題を集めているが、それ以外でも規格外だった。

    「Koki,さんは先日行われたパリコレで、某超有名ファッションブランドの関係者と挨拶済み。契約間近とも言われています。
    デビューしてわずか数カ月で名だたるクライアントからオファーが来るのは異例中の異例です」(前出・B氏)

    だが、そんなKoki,と対照的なのが本木雅弘(52)と内田也哉子(42)の息子・UTA(20)。3000万円のKoki,に対し、UTAは500万円と大きく差がついてしまったようだ。

    「UTAさんもパリコレでモデルとしてデビューしました。ただ同時期に登場したKoki,さんと比べると、どうしても埋もれがちです」(大手広告代理店・C氏)

    ともに超有名芸能人夫妻の二世にもかかわらず、明暗がわかれた両者。そのカギは“SNS”にあるという。

    「最近は、ネームバリューだけでなく、SNSでどれだけ拡散できるかが重視されるようになっています。
    その点、インスタグラムのフォロワー数が100万人を超えているKoki,さんはクライアント受けがいいのです」(前出・C氏)

    登場してからわずか数カ月で頭一つ抜けたKoki,。その快進撃が止まることはまだまだなさそうだ――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180815-00010000-jisin-ent

    no title

    no title

    no title

    【木村拓哉と工藤静香の娘Koki CMギャラは3千万円!若手2世で頭一つ抜けた理由 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/08/08(水) 13:11:43.41 _USER9
    大手ネット掲示板に、P&Gが販売する柔軟剤「レノア」のCMに登場する「男脂臭」というフレーズは“差別”なのではないかと問題提起するスレッドが立てられ、議論となっている。

    スレッド内で指摘されたCMは、「真夏のコンビニ」篇。もともと公開されたのは昨年で、スポーツ帰り、コンビニに寄った男の子たちの前にマツコ・デラックスが立ちはだかり、「出てるわ、出まくってるわ!」とニオイを嗅ぐ。するとP&Gレノア研究員の伊藤謙介さんが現れ、「女子に不人気、“男脂臭”です」とニオイの正体を解説すると、男の子たちも自らのニオイを嗅ぎ、「うわぁ」「くさっ…」と認める。すかさず「そこでレノア 男脂臭もしっかり消臭 だからずっと爽やか」と商品PRが入り、次の日、男の子たちは女子が思わず振り返る爽やかっぷりで、マツコが「いい夏にしなさいよ」と声をかけるというもの。

    これまでに女性の容姿をネタにしたPRで企業が炎上、謝罪に追い込まれる例は数々報じられてきているが、このCMに、男を揶揄するかのような内容はいいのかと違和感をおぼえる人は少なくない模様。

    Google検索窓に「男脂臭」と入力してみると、予測キーワードに「差別」があがるほか、Twitterにも、

    “男脂臭とかさらっと差別してますよね”
    “昔は加齢臭や男脂臭なんて言い方してなかったよね。芳香剤入りの洗剤売るのに、差別的な言葉を使ってる。”
    “にゃ、ちょっとしたことで、差別だセクハラだと騒ぐ癖に、今、CMでやってた男脂臭とか加齢臭とか、男が揶揄されるヤツはオバサン達はにゃにも言わにゃいのにゃ、明らかにセクハラにゃのに…”
    “僕だって女性差別とか本当醜いしはやくなくなったらいいと思うけど、CMで男ばっかり「寝起きの旦那が臭い!!」とか「男脂臭!!」とか言われて汚物扱いされるのは理不尽じゃない!?!?なんで基本「お前ら汚いし臭いから除菌消臭してやる」ってスタンスなの!?!?”

    など、違和感を抱く声が見受けられる。これまで目立ってこなかったが、“男の揶揄”に一言申したい男性は多い?

    (花賀 太)

    ■関連リンク
    レノアの柔軟剤とビーズ
    https://www.lenorjapan.jp/ja-jp

    Lenor 公式YouTubeチャンネル - YouTube
    https://www.youtube.com/channel/UCvRb6X3koJLVQCarA7slV1Q

    no title

    STANDBY
    http://news.livedoor.com/article/detail/15128339/

    【P&Gの柔軟剤“レノア”「男脂臭もしっかり消臭」は「差別」?理不尽訴える声 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2018/08/06(月) 17:22:19.30 _USER9
    SNSなどで「中国のガッキー」として人気に火がついた中国出身タレント・栗子(23=ロン・モンロウ)が6日、都内で行われた「ベビースターラーメン60年目 新CM&スペシャルアンバサダー発表会」に出席した。CM出演もイベント出演も、これが初めてとなる。

     栗子は「CMの話を聞いてびっくりした。ベビースターは中国にはないが、日本に来て食べて、チョ、チョ、チョ、チョ、チョーおいしかった」とコメント。誰と食べたいかと質問されると、即座に「弟」と答えた。

     ここに食いついたのが共演のリアクション芸人・出川哲朗(54)。「本当の弟かな」といつになく鋭いツッコミを入れ「すみません、今日は偉い人がたくさんいらっしゃるんですよね。失言してしまいました」と謝罪した。

     栗子は「テレサ・テンさんや満島ひかりさんが大好き」といい、今後、モデルや歌手を目指す。「ドッキリはできる? 鼻ザリガニや熱湯風呂は大丈夫?」と割って入った出川に対し、リアクション芸をよく理解していないのか「全然大丈夫」と笑顔で即答。出川は「血も時々出ちゃうけど、仕事は広がるよ。かわいくて売れるオーラしかない」と、美形なのに仕事を選ばず一生懸命な栗子のブレークに太鼓判を押した。

    新CMは10日から放送予定。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1086040/ 

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【“中国のガッキー”栗子 出川の鼻ザリガニ&熱湯風呂オファーに「全然大丈夫」 】の続きを読む

    1: メアリー ★ 2018/08/05(日) 17:56:44.29 _USER9
    一度聞いたら絶対に忘れることのできないインパクトだろう。

     世界の渡辺謙が「世の中の文字は小さすぎて、読めないっ!」と雄叫びを上げる拡大鏡「ハズキルーペ」のCMに視聴者がクギ付けになっている。

    「『日経エンタテインメント!』が発表したCM好感度ランキングでも10位に入っていましたね。W杯ロシア大会の中継でもこのCMが度々流れていため、若者世代にも大ウケのようです。広告費には100億円をかけていると言われ、7月、8月は34番組のメインスポンサーになっている。今や広告代理店の間では“困ったらハズキ”が合言葉となっているそうです」(芸能関係者)

     渡辺のサポート役である菊川怜が大げさに「ハズキルーペ、だぁいすきぃ!」と言って両手でハートマークを作る大根演技には思わず笑いもこみあげてくるが、発売中の月刊誌「サイゾー」によれば、当初、制作サイドは菊川の前にある大物女優に白羽の矢を立てていたという。

    「記事によると、相場の3倍の金額で新垣結衣にオファーしていたが、“諸般の事情”で断られていたのだとか。CMでは渡辺が耐久性を示すためにわざと菊川にお尻でルーペを踏ませるシーンがありますが、見ようによってはハラスメントにも映るため、この演出に新垣サイドが難色を示したのかもしれません」(芸能ライター)

     新垣のほうは“だぁいすきぃ”ではなかったようだ。

    20180805_asajo_aragaki

    アサジョ 
    https://asajo.jp/56533 


    【新垣結衣が「ハズキルーペ」CMオファーを断っていた!? 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/08/01(水) 16:09:12.90 _USER9
    花王が販売するヘアケアシリーズ「エッセンシャル」が、女性の容姿を揶揄するプロモーションを展開し、批判を集めた。エッセンシャル公式ツイッターは7月31日、

    「先日のエッセンシャルの広告により、多くの方にご不快な思いをさせてしまった事を深くお詫び致します。大変申し訳ございませんでした」

    と謝罪し、関連動画を削除した。

    「『ちょうどいい』って男にとっての『ちょうどいい』ですよね」

    PRは、8月11日にリニューアル販売される同シリーズの販促として行われたもの。お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイさんを起用した1分程度のウェブ動画と、動画へ誘導するツイートから成っていた。

    動画は、リニューアル商品を使うことでロングヘアを乾かす煩わしさが解決されることを訴求する内容で、相席スタートの2人による掛け合いも収められていた。しかし、ネット上で最も批判を浴びたのは動画の内容ではなく、動画へ誘導するために呟かれたツイートだ。エッセンシャル公式ツイッターは7月22日、「山崎ケイってちょうどいいブスじゃなかったっけ?いい女になってるその秘密は?ツイートして、続きの動画をチェックしてね」と投稿。この「ちょうどいいブス」という言葉に、多くの人が疑問を抱いた。

    「ちょうどいいブス」は山崎さんの自称で、花王が考えたフレーズではない。しかし、ツイートへのリプライは「本人がそういう売り出し方をしてるからって 『外見で値踏みする男の目線』を前提にした宣伝をある程度有名な企業が丸のっかりしてやってはいけないでしょう」
    「『ちょうどいい』って男にとっての『ちょうどいい』ですよね。『いい女』って、男にとっての『いい女』ですよね。『女性は男性に高評価されたがっている』っていう認識やめませんか」といったコメントで溢れていた。

    「またこのパターンか」「あれほど他社が叩かれてるのを見ていながらOK出したの」

    こうした声を受け、エッセンシャルはツイートを削除。7月31日には、

    「先日のエッセンシャルの広告により、多くの方にご不快な思いをさせてしまった事を深くお詫び致します。 大変申し訳ございませんでした。頂いたご意見1つ1つを関係者全員が心に刻み、皆様にご支持いただけるブランドになれるよう、今後の活動に活かしてまいります」と謝罪した。ユーチューブに掲載されていたPR動画も、現在は閲覧できなくなっている。

    一連の騒動には、

    「あれほど他社が叩かれているのを見ていながら、このCMにOKをだした責任者の神経を疑います」 「またこのパターンかよ」と呆れる人も多い。昨年7月に公開されたサントリー「頂(いただき)」のウェブ動画のように、女性を小馬鹿にしたり、過度に性的な見せ方をしたりして炎上したプロモーションは過去に多く存在する。

    今年4月には、キリンビバレッジの「午後の紅茶」ツイッターが、イラストレーターのつぼゆりさんによるイラスト「モデル気取り自尊心高め女子」「ロリもどき自己愛沼女子」をPRに使い炎上・謝罪した。女性の自虐という体裁を取って女性を軽んじるプロモーションは、今回の件と通じるところがある。

    いずれにせよ、多数の事例が蓄積されているにもかかわらずこうした広告がなくならないことに、「まだ学ばないのか」と意気消沈する人がいるのは当然かもしれない。

    00b14_1591_3b6ca9a7dccfe7faf8395477cb8219db

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15096046/

    【【エッセンシャル広告】「ちょうどいいブス」女性の容姿を揶揄した花王のPRに批判殺到 】の続きを読む

    このページのトップヘ