中二病速報

    タグ:AbemaTV

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/16(火) 08:18:35.54
    おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#109 (毎週月曜よる9時~)が4月15日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。
    “ブス枠”として出演したにゃんこスター・アンゴラ村長が、デビュー当時より可愛くなった理由を語った。

    no title

    矢作が「アンゴラ村長は、芸人の中では可愛い方だよね」と言うと、オアシズ・大久保佳代子も「可愛い」と同意。
    すると“ブス枠”の芸人・⊿あべみなが「一緒にライブ出ていた時は小汚かった」「キングオブコントに出て、売れてからキレイになってきた」とアンゴラ村長に噛み付く展開となった。

    アンゴラ村長は「⊿あべみなさんと一緒にライブに出ていた頃は、まゆげすら描き方がわからなかった」と過去の小汚さを認め、
    「テレビ局に行くと、メイクさんがやってくれるから、それを見て覚えた」と、プロのメイクからテクニックを盗んだことを説明。
    「みなさんもちゃんと(メイクの)勉強した方がいいですよ」とその他の“ブス枠”の出演者たちに“アドバイス”を送って笑いを取っていた。

    no title

    “ブス枠”の出演者の中には、芸人としてまだまだ知名度の低いメンバーも多数。矢作は「テレビに出るようになればな」と、売れた時の変化に期待していた。

    AbemaTIMES 
    http://news.livedoor.com/article/detail/16322911/

    0913_angora_2_thum800


    【デビュー当時は小汚かった!?アンゴラ村長が可愛くなった理由 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/04/15(月) 07:20:53.00
    4月20日放送のトーク番組「カンニング竹山の土曜The NIGHT」(AbemaTV)に、1998年に起きた和歌山毒物カレー事件において、死刑判決が出た林真須美死刑囚の長男の生出演が決定した。

    和歌山毒物カレー事件は、夏祭りで提供されたカレーに毒物が混入され、それを食べた67人が中毒症状を起こし、うち4人が死亡した事件。

    この事件において死刑判決が出た林真須美死刑囚の長男に、番組MCを務めるカンニング竹山が、番組出演に至った経緯や、殺人などの罪で2009年に死刑が確定した林死刑囚の現在の様子など、疑問をぶつけていく。

    事件から20年、林死刑囚の長男は生放送でいったい何を語るのだろうか。番組は4月20日(土)深夜1時より生放送。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16317069/ 

    no title

    【【AbemaTV】“和歌山 毒カレー事件”林真須美死刑囚の長男生出演へ】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/05(火) 13:28:35.60
     元女優の高樹沙耶さん(55)が4日深夜、AbemaTV「スピードワゴンの月曜 The Night」(月曜深夜1・00)に生出演。30年以上前に初めて大麻を吸ったことを告白した。

     17年4月、大麻取締法違反(所持)で懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けた高樹さん。逮捕後に生放送に出演するのは今回が初めてだという。

     初めて大麻を使用したのは「1980年代の20歳ぐらいの時、30年以上前」。「1980年代のちょっと先輩は“フラワームーブメント”といって、ヒッピーの人たちがマリファナとかをやり始めていたんですね。その時代よりちょっと後なので、サーフィンが流行っていた時代で、そういう子たちに勧められて…」と告白し、「今の普通の日本人と一緒で大麻は恐ろしいものだというイメージだったので、その時は興味を持たなかったですね」とその後も継続的に使用したことは否定。

     大麻に対する意識が変わった理由について問われると、「外国に行くと、聞いていたことと全然違うという状態を目の当たりにした。私が海外へと出たのは2000年過ぎたぐらいなので、カリフォルニアには医療大麻とかがすでにあったので、(日本との)環境の違いに驚きましたね」と語っていた。

    20190305-00000099-spnannex-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000099-spnannex-ent

    【高樹沙耶さん告白 大麻を初めて吸ったのは「20歳ぐらい。サーフィンが流行っていた時代に…」 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/23(土) 12:06:18.53
    「72時間ホンネテレビ」で元SMAP3人が登場したり、テレ朝の小川彩佳アナが「報道ステーション」から“移籍”したりなど、配信するコンテンツが注目されていないワケではない。
    にもかかわらず、AbemaTVは開局以来“先行投資”のターンが続き、3年連続の赤字を計上している。

    「テレビが見たければテレビを観るし、ネットならSNSやYouTubeなど“暇つぶし”のライバルが多い。
    結局、ネットでAbemaTVを見るという習慣がなかなか根付いてくれないんでしょう。コストの面でも指摘がありますね」(芸能記者)

    2年ほど前に藤田社長が明かしたところでは、サーバー代だけで月数千万円。
    これで“全体コストに対する比率は3%程度”とのことだったから、いかに金喰い虫かがうかがえるといえる。

    とはいえ、「東洋経済」(19年2月9日号)のインタビューに登場した藤田社長は、「1千億円くらい赤字を出すことを想定しています」「(平均視聴者数)700万人も見ているなら、高収益の事業にすることはできる」
    とあくまで強気だった。その一方、サイバーエージェントの18年9~12月期の通年利益予想を300億円から200億円に下方修正した際には、ブログを更新し、

    〈先行投資中のAbemaTVだけでなく、広告事業もゲーム事業も、さらなる成長の好機とみて、新規事業を立ち上げ、どんどん人を採用し、広告費を増やしと先行投資を膨らませていました〉(1月30日付投稿)
    と真っ先に「AbemaTV」の名を挙げているのだ。

    だが、社長の熱意とは裏腹に、現場からはこんな嘆息が聞こえてくる。
    「16年4月の開局翌日から放送している『The NIGHT』という番組があります。これは月曜から土曜の深夜帯に配信される帯番組なのですが、近々、帯じゃなくなるんです。当
    初局内で流れたのは“土曜日の放送が消滅する”という噂でした」(AbemaTV関係者)

    降板になるのは

    「The NIGHT」は、曜日替わりでMCが代わる生番組で、月曜はスピードワゴン、火曜は矢口真理、水曜はライムスターの宇多丸、木曜はプロレス団体のDDT、金曜日はどぶろっく、そして土曜日はカンニングの竹山だ。
    土曜の放送がなくなるということは、竹山が番組消滅の憂き目にあうのかと思いきや、さにあらず。

    「土曜日を金曜日に移す、つまりどぶろっくさんが降板し、竹山さんが金曜回を担当するという計画です。どぶろっくさん、今年1月に、元SKE48の柴田阿弥とMC交代したばかりだったんですけれどね……。
    もっとも、そのあと事情が変わったのか、土曜日はそのまま竹山さん、金曜日が『The NIGHT』じゃない番組になるみたいです。どちらにせよどぶろっくさんはMC降板のようですが」

    つまり“月火水木土”の形になるというのだ。さらには、現在23あるチャンネルの“異変”についても触れる。
    「3月いっぱいで、ゲームチャンネルの『ウルトラゲームス』がなくなります。これはゲーム実況などを配信する番組なのですが、ストリートファイターの世界大会のため海外に赴くなど、制作コストがネックとされてきました。
    これまでも“鉄道”チャンネルや“ペット”チャンネルなど、スタートしては消えたチャンネルは珍しくありません。
    とはいいつつ、『ウルトラゲームス』は、昨年1月に始まったばかり。昨今はe-sportsがブームのはずなのですが、それにも乗れなかったワケで、迷走していますよ」

    この関係者曰く「視聴者が多いのは麻雀チャンネルと恋愛リアリティーの番組ばかり」なんだとか。AbemaTVに聞いてみると、まず『TheNIGHT』については、
    「『どぶろっくの金曜TheNIGHT』につきましては、どぶろっくさんが出演した『シモネタGP2018』にて、優勝し獲得したAbemaTVの番組MC権をもって期間限定で担当されていたため、開始時期から予定していた通り、3月末で終了予定です」

    という答え。金曜日はどうなるのか、『ウルトラゲームス』については、
    「4月以降の編成については、4月クールから始まる新番組や、3周年の特別番組を含めて現在検討中となります。新編成に関する情報は3月より順次発表させていただく予定です」

    AbemaTVの手探りはしばらくつづくか――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190223-00557089-shincho-ent&p=1

    20190223-00557089-shincho-000-view


    【3年連続赤字「AbemaTV」3帯番組が“消滅”?ネットテレビはいまだ暗中模索 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/02/20(水) 05:36:19.28
    オカリナ、ガチな美容ケアを告白「53万円払った」

     おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#102(毎週月曜よる9時~)が2月18日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。おかずクラブ・オカリナが最近取り組んでいるというガチな美容法を語った。

     オカリナは当番組にひさびさの登場。矢作から「調子良さそう」と肌艶の良さを指摘され、「シミを取ったり小顔矯正に通ったりしている」と明かした。

     小木は「顔自体あんまり変わったように見えない」と辛口ながら、「小綺麗になった」と一定の評価。気になるその費用だが、オカリナは「シミ取りは最初に一括で払った。あとは飲み薬、塗り薬。レーザーは12回受けられる。最初に53万円払った」と告白。
    小木は「皮膚科なら、シミ1個数百円で取れない?」とオカリナが受ける施術料の高さに驚いていたが、オカリナは「結局、何回も通わなくちゃいけない。そう考えたら一括ドカンと払った方がいいなと」「なんだかんだ医療という結論」と力説。
    矢作は「確かに肌がキレイ」と称賛し、オカリナは「あと10回通える。もっときれいになりますよ」と自信をにじませていた。

    no title

    https://abematimes.com/posts/5740238

    【オカリナ、ガチな美容ケアを告白「53万円払った」 】の続きを読む

    1: ジョーカーマン ★ 2019/02/16(土) 21:52:25.90
    13日、AbemaTVで元モーニング娘。でタレントの矢口真里と元お笑いコンビ巨匠の岡野陽一がMCを務める『矢口真里の火曜The NIGHT』が放送され、アイドルグループ・ゑんらの滝口ひかりが「2000年に1度の美少女」と呼ばれていることに対しての心境を語る一幕があった。

    今週ゲストで登場したアイドルは『ゑんら』の3人。
    グループ名は煙の妖怪である「煙々羅(えんら)」に由来し、煙のように変幻自在で枠にとらわれないアイドルをコンセプトに活動している3人組だ。

    メンバーの滝口ひかりは、かつて所属していたアイドルグループ時代に「2000年に1度の美少女」と呼ばれていたそう。
    岡野がそのようなキャッチコピーをつけられていることに対して「言われてどうなの?」と切り込んでいくと、滝口ひかりは「橋本環奈ちゃんが『1000年』で、(私は)その倍じゃないですか。橋本環奈ちゃんの倍かわいくないといけなくて」と、同時期に活躍していた『1000年に1度のアイドル』こと橋本環奈の存在があったため、プレッシャーだったと吐露する。

    「でも叩かれちゃったりするので……」と、心無い人物から中傷された過去も明かすと、矢口は「向こうが勝手に言ってきたのにね! そんなんで叩かれても意味わかんないよね」と同情した。

    当時の誹謗中傷に対して「私が1番良くわかってるよ、それは!」と感じていたと、自虐的に語るとスタジオは爆笑。
    「嫌じゃないけど、『重いな』って?」と岡野から聞かれると、滝口ひかりは「そうですね、複雑ですね。『私なんか……』って思っちゃいますね」と、心の内を明かしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16031762/

    『矢口真里の火曜The NIGHT』 滝口ひかり
    no title


    「2000年に1度の美少女」 滝口ひかり
    no title

    no title

    no title


    「ゑんら」
    no title

    【“2000年に1度”の美少女 滝口ひかり 、いわれなき「誹謗中傷」】の続きを読む

    このページのトップヘ