タグ:AbemaTV

    1: 豆次郎 ★ 2017/11/28(火) 17:23:37.69 _USER9
    『72時間ホンネテレビ』ビデオリサーチ社は視聴人数「約207万人」と推計

     元SMAPの稲垣吾郎・草なぎ剛、香取慎吾が出演したAbemaTV『稲垣・草なぎ・香取 3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』。11月2日午後9時から72時間にわたって生放送され、「総視聴数」は7400万と発表されたが、テレビの視聴率を発表するビデオリサーチ社は、独自の測定で「総視聴“人数”」が約207万人だったと発表した。

     同社はテレビとネットの関係性を把握する計測方法「VR CUBIC」により、放送中にAbemaTVに接触した割合を2.4%と算出。この数字を日本の人口(15~69歳:約8765万人)に当てはめ、約207万人と推計し「“ミリオンセラー”と呼ばれるものがあらゆる業界で出にくくなっている昨今で、72時間=たった3日間で推計200万人強に視聴されたということ自体、元SMAP3人の変わらぬ注目度の高さを示してしているのかもしれません」と分析した。

     『ホンネテレビ』配信期間中にAbemaTVを見た人の特徴として、アプリで見た人の多くは10月にも視聴経験があり、ブラウザで見た人は視聴経験が少ない傾向にあることが判明。また、普段のテレビ視聴状況によると、AbemaTVを見る人ほどテレビを良く見ているデータがあり、普段からテレビをよく見る人がAbemaTVで3人の動向をチェックすることから、“テレビ離れ”とは異なる“テレビの拡がり、新しい楽しみ方”が伺える、と結論づけている。

    ・対象エリア:一都六県(東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、茨城)
    ・対象年齢:15~69歳
    ・集計条件:11月2日午後9時~5日午後9時までのAbemaTV起動状況
    ※ブラウザ…1回以上AbemaTV関連ページに接触/アプリ…1回以上AbemaTV起動
    ※アプリの起動率はAndroidユーザーベースで算出
    ※日本の人口は2017年住民基本台帳データより算出
    ※AbemaTV起動者推計値は、一都六県ベースのAbemaTV起動率×日本人口に掛け併せて算出

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00000342-oric-ent

    【写真】エンディングでは…大粒の涙を流した稲垣、草なぎ、香取 
    no title

    【【元SMAP】「72時間ホンネテレビ」ビデオリサーチ社は視聴人数「約207万人」と推計 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/11/12(日) 19:21:54.67 ● BE:264168779-2BP(2000)
    ロンブー淳(43歳青学志望)、センター試験模試で英語18点(偏差値26)を叩き出す、頭悪すぎだろこいつ

    24点→18点(200点満点)
    偏差値26.5

    XvmG2LV

    https://abematimes.com/posts/3219580

    【ロンブー淳(43歳青学志望)センター試験模試で英語18点(偏差値26)を叩き出す】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/11/12(日) 10:35:53.18 _USER9
     ダウンタウンの松本人志(54)が12日放送、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で、元SMAPの稲垣吾郎(43)、草ナギ剛(43)、香取慎吾(40)が出演したインターネットテレビ局「AbemaTV」の特別番組「稲垣・草ナギ・香取3人でインターネット
    はじめます『72時間ホンネテレビ』」についてコメントした。

     今月6日、自身のツイッターに「バラエティはいよいよ大変だ。でもさ。でもやん。テレビで腹痛いぐらい笑わせたいやん。それが人志少年の夢やったからな」とツイートした松本。この言葉の真意を「いろんな意味合いも込もってますよ」とした上で「子供時代、テレビっ子でしたから。テレビですごい笑わせてもらったから。ご恩返しじゃないですけど、ボクも今、テレビで面白いことをしたいなと思うんですけど、なかなか今、やりにくい状況が続いているということを人志少年が嘆いたということなんです」と説明した。

     その上で「72時間ホンネテレビ」について「72時間が盛り上がっていたらしいんで、そういうことを聞くと地上波テレビも負けてられないなと思う」と72時間テレビから刺激を受けていたことも明かした。

     コメンテーターの社会学者・古市憲寿氏(32)が「72時間(ホンネテレビ)はすごい騒がれてましたけど、意外と限定的。3、40代は見ていたと思うんですけど、高齢者はあまり見ていない」と指摘すると松本は「視聴率は影響してないんですもんね、地上波の」と分析した。

     また松本はBPO(放送倫理・番組向上機構)について「BPOって番組の倫理とかテレビ番組の向上させたいっていうことから始まっている。
    ところが今、もうテレビ局とか作り手側が萎縮しちゃって逆方向に行ってないか。もうちょっと考えないといけないんじゃないかと思います」と疑問を呈していた。

    20171112-00000073-sph-000-view

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00000073-sph-ent

    【松本人志、意味深ツイートの真意明かす「地上波も負けてられない」】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/08(水) 19:19:00.71 _USER9
    11月2~5日に放送された、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾によるバラエティ番組「72時間ホンネテレビ」(AbemaTV)の合計視聴数が、7400万以上を記録した。
    同番組には3人以外にも多数の有名芸能人が参加した。

    「VTR出演では矢沢永吉、笑福亭鶴瓶、ゆず、GLAYなどの豪華芸能人がエールを送り、俳優の山崎賢人、山田孝之、オダギリジョー、山本耕史らは現場にまで駆けつけました。
    また芸人もキャイ~ン、爆笑問題、関根勤など、3人とゆかりのある人物が出演し、番組を盛り上げました」(テレビ誌記者)

    この他にも、橋下徹(タイタン)、カンニング竹山やメイプル超合金(サンミュージック)、タイムマシーン3号(太田プロ)、狩野英孝(マセキ芸能社)など、様々な事務所の芸能人が出演した。

    しかしこれだけの出演者が集まったにもかかわらず、吉本興業の所属タレントが誰一人と登場しなかったことで、視聴者からは疑問の声が噴出したようだ。

    「この番組に出演するかどうかは、ジャニーズ事務所に反目するかどうかの踏み絵のようなもの。
    吉本以外でも、10月26日発売の『週刊文春』によると、香取と大河ドラマで共演していたホリプロの藤原竜也や優香に、制作側がオファーを出していたとか。
    しかし彼らの出演はなく、やはり大手事務所はジャニーズとの付き合いから、本人の意思とは関係なく番組には出さない判断をしたのでしょう。
    ただ視聴者もそんな芸能界の空気を感じ取っており、リスクを抱えて登場した出演者の好感度は上がっています」(前出・テレビ誌記者)

    一部の芸能事務所は、業界で絶大な力を持つジャニーズに忖度した可能性がある。だからこそ、今回3人に協力した芸能人には拍手が送られているようだ。

    c381d9d3b319cd45b6c6819c076f5856

    アサジョ
    http://dailynewsonline.jp/article/1373826/


    【踏み絵を拒否?「72時間ホンネテレビ」の出演を断った芸能人とは? 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/08(水) 08:33:43.22 _USER9
    ジャニーズ事務所から独立した元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のマネジメント会社社長をつとめる飯島三智氏だが、フジテレビの社員を引き抜いていたことを、発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じている。

    同誌によると、飯島氏が引き抜いたのは、フジテレビで長年広報を担当してきた40代の女性局員。広報部員として「SMAP×SMAP」「おじゃMAP!!」「笑っていいとも!」などを担当。木村拓哉の主演ドラマ「HERO」や「プライド」などSMAPが出演した数々の番組の広報を担当していたという。

    メンバーの中でも、特に木村は下の名前で呼んだり、自身のラジオ番組に電話で出演させるなど、かなりのお気に入りだったという。

    飯島氏とは「将来一緒に老人ホームに入ろう」と誓い合うほどの仲。
    退社する際、会社には「ボランティアをする」と伝えたが、
    実際には、飯島氏と関係の深い映像制作会社を手伝うというのだ。

    「『スマスマ』の放送が終了した時点で、仕事が激減。
    仕事ができる女性ですが、明らかに“飯島派”だったので、会社の中での立場が微妙になっていました。
    そんな中、飯島氏に声をかけられて決断。10月31日付で退社しました。
    飯島氏のもとには、元ジャニーズ事務所社員も含め、各方面から続々と“飯島派”が集結しています」(フジ関係者)

    飯島氏が仕掛けた、元SMAPの3人が出演したAbemaTVの72時間の生放送特番「72時間ホンネテレビ」は、SNSを有効活用したことなどから大成功。
    今後業務を拡大することになりそうだが…。

    「TBSの“飯島派”だった男性局員は、子会社に出向させられてしまいました。
    その局員は中居正広と仲がいいので、飯島氏に引き抜かれて退社してしまった場合、中居が元SMAP3人に合流することが濃厚であると言われています」(芸能記者)

    飯島氏の周囲に続々と人が集まることで、ジャニーズ事務所にとって脅威の一大勢力となりそうだ。
    33b85b71

    リアルライブ
    http://news.livedoor.com/article/detail/13859326/


    【続々と“飯島派”が結集、ジャニーズに屈しない一大勢力となれるか 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/08(水) 09:34:29.78 _USER9
    歌手で俳優の星野源が、7日深夜に放送されたニッポン放送のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(毎週月曜25:00~27:00)で、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演したインターネットテレビ局・AbemaTVの72時間生特番『72時間ホンネテレビ』(11月2日~5日)に言及した。

    星野は冒頭、「『72時間ホンネテレビ』本当におもしろかったですね。すごかった。
    僕は全部見れなかったんですけど、ところどころ生で見させていただきまして」と視聴していたことを報告。

    「ちょうど森さんが登場したときは生で見れて本当に感動しました」と元メンバーでオートレーサーの森且行との21年ぶりの共演に触れ、「僕は川口に住んでいたときがあり、なので森さんがバイクで所属されている川口オートレース場ものすごく思い出がありまして、そういうのも含めていろいろ感動して勇気をいただきました」と自身との接点を明かしながら話した。

    そして、「みなさんが一生懸命仕事をされていて、すごく楽しくてすごくおもしろくて…。
    やっぱり年末ということもあり寂しい気持ちになったりする。これからも仕事頑張らなきゃなと思っているときに 非常に勇気とか元気とかいただきました」と熱く語り、「本当にみなさんお疲れ様でした。おもしろかったです」と伝えた。

    32011_1223_39825058_aed1238b

    マイナビニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/13860563/


    【星野源、元SMAP3人の72時間TVに感動「勇気もらった」森との再会も生視聴 】の続きを読む

    このページのトップヘ