タグ:2016

    1: イセモル ★@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 01:48:50.00 _USER9.net
     日本テレビで2016年12月31日に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」が沖縄で3月12、13、15日に放送される。沖縄には日テレ系列の放送局がなく、地元テレビ局の琉球放送(RBC)によると、全国最後の放送になるという。

     なぜ3月の放送なのか。RBCでは「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」は日テレから2カ月遅れで毎週金曜日の夜に放送している。担当者は「(3月)10日の番組内容が、笑ってはいけないシリーズの記者会見で、時系列的なタイミングで適していた」と話す。

     年明けのネットニュースで、人気俳優の斉藤工さんがお笑い芸人のサンシャイン池崎さんのものまねをしていたことが話題になっていたが、沖縄県民の中には、まだ見ていない、分からないと思った人もいたのではないか。ついに、放送される。【沖縄タイムス+プラス編集部】

    一部抜粋でお送りしております。

    画像
    C0_07u6UUAEdOrM-718x404

    詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/87818

    【今ごろ!? 沖縄でついに「ガキ使 ・絶対に笑ってはいけない」が放送される】の続きを読む

    1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 07:50:00.39 _USER9.net
     東京マラソン2017オフィシャルドリンクである「ポカリスエット」(大塚製薬)はWEBムービーを制作。
    “東京サプライ少女 2017”篇を2017年2月15日より特設サイトにて公開した。
    本ムービーでは2代目ポカリガールとして、新人モデル・女優として注目される箭内夢菜 (やない ゆめな)が起用された。

    箭内は「ミスセブンティーン2016」ファイナリスト、「福島美少女図鑑vol.3」表紙となり、「福島美少女図鑑」CMにも出演中だが、初めて受けたCMのオーディションに合格し、今回のポカリスエットの撮影に挑んだシンデレラガール。

    CM監督の内山陽介氏は、
    「ひたむきな姿勢と、素材感。かなりの数の方がオーディションにいらした中で、嘘をついてないというか、演じてない、素材としての魅力が際立っていました。」と語っている。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    Yahoo!ネタりか
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170215-62991087-dwango

    画像
    7dfdc80f53e5db35830bdb8d434fab90

    no title

    【2代目ポカリガールに大抜擢 箭内夢菜がかわいい】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/02/03(金) 04:50:17.56 _USER9.net
    歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻で進行性乳がんを公表しているフリーアナウンサー・小林麻央のブログが、Amebaが発表した『BLOG of the year 2016』で最優秀賞を受賞したことが2日、わかった。小林は「心より嬉しく、御覧下さっている皆様に感謝でいっぱいです」と喜び、「ブログの更新を楽しみに、時には目標にしながら1日1日をつないできた気がします。今しかない今の気持ちを残すことで、どんな自分の気持ちも、より大切にできるようになりました。皆さまからの励ましの言葉を読むたびに、力が湧き出てきます」と、ブログが闘病中の糧となっていたことを明かした。

    「ガンの影に隠れない」という強い意志で綴られる小林のブログ「KOKORO.」は、昨年9月の開設時から各メディアでも話題を集めていた。「病気に負けずに頑張る姿にこちらが元気をもらいました」「告白した勇気を尊敬します」と、ブログに多くの共感と支持が集まり、一般投票の得票数で1位を獲得。インターネットをはじめ、世間でも女性のがん検診に関する話題が増えるなど、社会的にも影響を与えたとして今回の受賞となった。

    『BLOG of the year 2016』は、著名人から一般まで、「Ameba」の中で昨年1年間で最も注目されたブログを表彰。昨年12月15日から25日までインターネット上で募り、約8,000件投票された。一般投票の結果および、話題性、ブログ活用の先進性、独自性などの観点で審査を行い、「最優秀賞」「優秀賞」「ソーシャル話題賞」を選出。

    「優秀賞オフィシャル部門」を受賞した福原愛は、リオ五輪時に日本代表選手として抱えてきたプレッシャーや葛藤、それを乗り越えられたことの喜びや感謝など、他では明かさなかった心境をブログで告白。また、日本と台湾で行われた結婚会見後の投稿も話題となり、今回の受賞に至った。福原は「普段応援してくださっている皆様との接点であるアメーバブログはとても大切なものです」とファンとの交流の場として楽しんでいるようだ。

    このほか「優秀賞オフィシャル部門」には、2年連続受賞となるぺこや芳根京子、アレクサンダー&川崎希夫妻、柏崎桃子、佐野勇斗、大友花恋が受賞。「ソーシャル話題賞」では、「Facebook話題賞」に香川真司、「Twitter話題賞」に平愛梨が選ばれた。このほか、「優秀賞一般部門」に「ヨメが勝手にアラームを止めちゃうんです。」などが受賞した。


    画像 小林麻央ら『BLOG of the year 2016』受賞者
    no title

    http://www.oricon.co.jp/news/2085405/full/

    【小林麻央のブログが『BLOG of the year 2016』最優秀賞を受賞「1日1日をつないできた」】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/01/02(月) 02:14:47.95 _USER9.net
    NHKが「新しいスタートの年」と位置付けた昨年大みそかの第67回NHK紅白歌合戦。プロのアーティストによる歌の力が各場面で発揮された一方、サプライズはなく、「謎の演出」と「?」が相次いだ、近年まれに見るシュールな紅白になった。東京・渋谷のNHKホールで取材した記者が、舞台裏とともに振り返る。

    武田真一アナが大活躍

    今回、最も存在感を発揮したのは、総合司会を務めた武田真一アナだったのではないか。出場歌手とのやり取りこそ白組司会の相葉雅紀さん、紅組司会の有村架純さんが中心だったが、要所要所で適切なアナウンスメントを発揮していた。

    大ヒット映画「シン・ゴジラ」とのコラボ企画では、自らゴジラ襲来をリポートし、「アイ・ハブ・ア・マイク、アイ・ハブ・ア・ゴジラ…ゴジラマイク!」と、ピコ太郎さんの「PPAP」をパロディー。報道番組「ニュース7」のキャスターとして「NHKの報道の顔」を務めるだけに、視聴者の間では賛否が分かれるかもしれない。ただ、ニュース7でも時折、柔らかい表情を見せる武田アナの意表を突いた一面は、年の瀬のお祭り番組にふさわしかったともいえる。

    また、氷川きよしさんが熊本城からの中継で「白雲の城」を歌う直前には、「熊本は私のふるさとです。家族や親戚や友達がいます。育った家もあります。思い出の景色もあります。そんなふるさとが、震災で大変なことになってしまいました」と思いを吐露。「今も先が見えない苦しい思いをしている人がいます。遠く離れていても、ふるさとの姿を心に焼き付けていきます。頑張るばい、熊本」と、ふるさとに向かって呼びかけた。

    武田アナは放送終了後、「うまくいったのかどうか全く自分では分からない」と苦笑いを浮かべつつ、「1年の最後に楽しく過ごしていただいて、私が出ることで熊本の皆さんが喜んでくださるなら、復興のわずかな力にでもなるのかな、と全力を尽くして頑張りました」と振り返っていた。

    舞台裏でくまモン奮闘

    近年は、なかなか「その年の代表曲が生まれにくい」と言われるが、大ヒット映画「君の名は。」の音楽を担当したRADWIMPSや、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌を歌った宇多田ヒカルさんが出場し、存在感を発揮した。「シン・ゴジラ」とのコラボ企画も、X JAPANまで巻き込んで「寸劇」を成立させたのにも特別感があった。

    また、出演者や事務所関係者、取材記者ら多くの関係者が押しかけた舞台裏で、ダントツで盛り上がったのは審査員を務めた新垣結衣さんの「恋ダンス」だった。

    星野源さんの「恋」に合わせ、新垣さんが恥ずかしそうにドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の「恋ダンス」の振り付けを披露すると、テレビを見ていた待機中の出演者からは「ガッキー、かわいい!」との声が上がった。

    このほか、“舞台裏のMVP”との評価を集めたのが、熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」だ。テレビカメラに映っていないにもかかわらず、出演者に手を振ったり、ハイタッチを繰り返したりしていて、舞台裏のピリピリした空気を和らげていた。X JAPANの出演時には、YOSHIKIのドラム演奏に合わせ、“エアドラミング”を披露。現場の盛り上げに一役買っていた。

    画像
    1483193779-0025-001

    産経新聞 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00000509-san-ent


    【これでいいのか?国民的番組「謎の演出」「?」の連続だった第67回NHK紅白歌合戦..】の続きを読む

    1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2016/12/30(金) 21:57:30.16 _USER9.net
    年末恒例の『第58回日本レコード大賞』(主催:日本作曲家協会)の授賞式が30日、東京・初台の新国立劇場で開かれ、人気歌手の西野カナ(27)が「あなたの好きなところ」で初めてのレコード大賞を受賞した。

    授賞式の模様は、TBS系で生放送。総合司会は5年連続5度目となる安住紳一郎アナウンサーと初めてとなる女優の天海祐希が務めた。

    ■過去10年間『レコード大賞 』受賞者
    第57回(2015年):「Unfair World」(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
    第56回(2014年):「R.Y.U.S.E.I.」(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
    第55回(2013年):「EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~」(EXILE)
    第54回(2012年):「真夏のSounds good !」(AKB48)
    第53回(2011年):「フライングゲット」(AKB48)
    第52回(2010年):「I Wish For You」(EXILE)
    第51回(2009年):「Someday」(EXILE)
    第50回(2008年):「Ti Amo」(EXILE)
    第49回(2007年):「蕾(つぼみ)」(コブクロ)
    第48回(2006年):「一剣」(氷川きよし)

    画像
    1483102585-0016-001

    1483102585-0025-001

    1483102585-0025-002

    オリコン 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000334-oric-ent

    【日本レコード大賞 西野カナが初の大賞】の続きを読む

    1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2016/12/30(金) 05:37:18.17 _USER9.net
    2016年のNHK紅白歌合戦に出場するAKB48のメンバー48人を視聴者の投票で決める企画の結果の一部が2016年12月29日の特番で発表された。

    投票はスマホアプリやデータ放送経由で行われ、CDにつく投票券などを使って投票する恒例の「選抜総選挙」と比べて大量投票が難しくなるのが特徴。
    「実際の人気」が反映されやすい仕組みだとも言える。
    総選挙で圏外だったメンバーが紅白出場の48人に選ばれたり、逆に総選挙で比較的上位にランクインするメンバーが選に漏れたりするなど、
    総選挙のバケの皮がはがれる結果が相次いだ。

    「選挙に弱い」NMBが伸びる
    投票は12月8日から28日にかけて行われ、約46万票が集まった。16年6月に開票された選抜総選挙の総投票数は325万票なので、約7分の1の規模だ。
    発表された48人の内訳をグループ別に見ると、AKB48が17人、名古屋のSKE48が6人、大阪のNMB48が11人、福岡のHKT48が11人、新潟のNGT48が3人だった。
    これに対して16年の選抜総選挙の上位48人の顔ぶれは、AKB20人、SKE8人、NMB7人、HKT12人、NGT1人。
    「選挙に弱い」と言われるNMBが勢力を伸ばす一方で、AKBやSKEのファンは、特に総選挙で1人が大量に投票していた傾向が読み取れる。

    紅白出場が決まった48人のうち、16年の選抜総選挙で「入賞」とされる80位圏外だったたり、不出馬だったりしたメンバーも目立った。
    総選挙でランクインできなかったHKT48の松岡はなさん(16)、87位だったAKB48の大家志津香さん(25)、3年連続でAKB48劇場の公演に最多出演し「シアターの女神」の異名を持つものの不出馬を続けているAKB48の村山彩希(むらやま・ゆいり)さんら8人だ。
    大家さんは中継で番組に出演し、「心折れずにやってきてよかった」と喜びを爆発させた。

    一方で、総選挙で15位にランクインし、横山由依さん(24)の後を継ぐ「次期総監督」との評もあるAKB48の高橋朱里さん(19)、21位だった込山榛香さん(18)は、12月15日の中間発表ではランクインしていたものの、今回の最終結果では涙を飲んだ。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    画像
    1483011882-0420-002 (1)

    1483011882-0486-001


    J-CASTニュース 
    http://www.j-cast.com/2016/12/29287246.html

    【紅白投票で分かった「本当の人気」 大量投票が難しくなるのが特徴】の続きを読む

    このページのトップヘ