中二病速報

    タグ:高須克弥

    1: みつを ★ 2020/02/06(木) 00:36:35.52
    高須克弥氏
    https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1225021066105376768?s=21

    明日8時から悪性腫瘍蛍光物質投与下経尿道内視鏡膀胱悪性腫瘍切除手術を行う。眠るためにマイスリー10ミリグラム服用。Facebookにフジテレビバイキングのプロデューサーから連絡がきた。なんか話したが薬聞いてきた意識朦朧なう。

    no title

    “全身がん”高須院長が入院、6日朝に「挑戦的癌手術」
    https://www.sanspo.com/geino/news/20200205/geo20020521270029-n1.html


    【“全身がん”高須院長が入院、6日朝に「挑戦的癌手術」】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2020/01/30(木) 09:48:58.52
     高須院長、感染者拡大の新型コロナウイルスへの対策に「政治の力でできることをしない日本の政治家に失望しつつあります」

     高須クリニックの高須克弥院長が30日、自身のツイッターを更新。感染者が拡大している新型コロナウイルスについて見解を示した。

     高須院長は「治療は今のところ対症療法しかありません。現時点では医療に過大な期待はしないでください。専門家なる方々もよくご存知のはずなのに本当のことをおっしゃいません。感染拡大を防止はキャリアーとの接触を防ぐのが確実。僕は政治の力でできることをしない日本の政治家に失望しつつあります」とつづった。

     さらに連続ツイートし「とりあえずコロナウイルスに感染した可能性が少しでもあったら、2週間は誰にも会わずにひきこもってくださるようお願いいたします。風邪なら治ります。進化したコロナウイルスは潜伏期でも感染します。僕たち老人は感染したらいちころです」と記していた。

    スポーツ報知 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-01300049-sph-soci  

    20200130-01300049-sph-000-view

    【高須院長、感染者拡大の新型コロナウイルスへの対策に「日本の政治家に失望しつつあります」】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2020/01/29(水) 02:01:13.08
    高須克弥
    @katsuyatakasu

    中国はもう手遅れです。
    防疫で大切なのは大袈裟過ぎるくらいの危機意識と完全な情報開示です。
    大切な情報をデマ扱いした報いです。

    我が国が後に続きませんよう🤲😢⤵⤵

    https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1222087075874275329?s=21

    2ZyuJzHc_400x400

    【【コロナ肺炎】高須克弥「中国はもう手遅れです 大切な情報をデマ扱いした報いです」】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2020/01/27(月) 23:40:34.09
    高須克弥
    @katsuyatakasu

    政府に要請します。帰国者はコロナ肺炎ウイルスの潜伏期間が過ぎるまで隔離すべきです。安全が確認できるまで帰宅させないでください。
    自宅で発症して家族に感染したらもとも子もありません。

    https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1221804457031172099?s=21

    BBVLkuo

    【高須克弥「政府に要請します。帰国者はコロナ肺炎ウイルスの潜伏期間が過ぎるまで隔離すべきです」】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/09/04(水) 01:12:59.44
    高須院長「納得できないのでスポンサー降りた」大相撲千秋楽AbemaTV出演に相撲協会がNG!初場所での横審苦言が原因か?

     高須クリニックの高須克弥院長は3日、ツイッターを更新し大相撲千秋楽のAbemaTVゲスト解説の出演が相撲協会の意向で見送られたことを明かした。

     スポンサー契約の条件を無視してまで出演を見送った理由は何か?高須院長も指摘しているが、初場所で横綱・白鵬のケガを解説し休場を批判した横審に疑問を呈したことが問題視されたのだろうか?

    初場所千秋楽で院長が語ったこと

     高須院長は今年初場所(1月)の千秋楽で、AbemaTVの大相撲LIVEにゲスト出演し、贔屓の力士である勢が額を縫う怪我を負いながら奮闘していることについて「額は大丈夫、出血を止めるためにホチキスでとめることはあるが、縫わなくてもよいこともある」と語っていた。また全勝優勝すると思われた横綱・白鵬がケガによる不調で連敗し休場したことについて「残念だ。」としたうえで「だけど関節だけは無理、親指だけでも全然違ってくる」とも語っていた。
     しかし、場所後の横綱審議員会を終えた北村委員長(当時)が会見で「大ケガをしたように外から見えない。力が落ちてきたという意見はあります」と発言したことに高須院長は白鵬のケガについて「軽くない」と異論を唱えたのだ。

     もし、この”苦言”が問題視されゲスト解説の出演にストップがかかっているならば、日本相撲協会の闇は深い。高須院長は現役の医師として力士のケガを冷静に分析し、ケガを軽視する北村氏に苦言を呈したまでだ。医師として人として正しい判断であり、力士の将来を誰よりも考えた発言だ。
     高須クリニックはスポンサー契約に加え、贔屓の力士に多くの懸賞金も出している。これにより会場に「yes!高須クリニック」のアナウンスが何度も流れ会場は一気に盛り上がっていた。大相撲を熱烈に応援するだけでなく、力士と直接交流し身体のケアにも気を配るスポンサーが他にあるだろうか?
     日本相撲協会にとって大切なものとは何か?ファンに不信感しか与えない協会はどうかしている。

    https://ksl-live.com/blog25471 

    NKN3397-e1469781769947-360x265


    【高須院長「納得できないのでスポンサー降りた」大相撲千秋楽AbemaTV出演に相撲協会がNG!】の続きを読む

    1: スズムシのなく頃に ★ 2019/08/28(水) 15:03:27.42
     高須クリニックの高須克弥院長は28日、ツイッターを更新し、日韓関係の悪化を受け、韓国で30日から始まる野球のU18ワールドカップ(W杯)に臨む高校日本代表に日の丸のロゴなどが入ったポロシャツを着用させず、無地のシャツに変更して現地入りさせる方針を日本高野連が明かしたという報道に「堂々としてください高野連」と呼びかけた。

     高須院長は、高野連の措置について「選手やスタッフへの危害を恐れての苦渋の選択らしいです」とつぶやいた一般のアカウントをを添付し「日の丸の国旗は日本人の誇りです」とキッパリ。
     そして「危害を加えられたら恥をかくのは開催国である韓国です」とも訴え、無地シャツに変更させた高野連に「堂々としてください高野連」と呼びかけた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/08/28/0012647435.shtml 

    f_12647436

    【高須院長「堂々としてください高野連」「日の丸のロゴなし」無地シャツ変更の措置に疑問 】の続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/08/24(土) 19:08:39.49
    高須クリニックの高須克弥院長(74)と、NHKから国民を守る党(N国)代表の立花孝志参院議員(52)が24日午後、ニコニコ生放送で討論した。

     マツコ・デラックス(46)が生出演中のTOKYO MX「5時に夢中!」のスタジオ付近で、立花氏が抗議活動を繰り広げていることに対し、高須氏はマツコへの「営業妨害」と非難。ツイッターで批判すると、立花氏からブロックされたため、メディアでの討論を呼び掛けて実現した。

     白いシャツに白いジャケットを羽織った高須院長に対して、立花議員はダークスーツ姿。高須氏のツイートを一時ブロックしたことについては「変なことを言っているなって人はブロックしているだけ」と説明。N国に投票した有権者に対して、「5時に夢中!」で「ふざけて入れた人も相当いると思う」と述べたマツコに対しても、「合理的な理由がないのに、一個人の意見を公共の電波を使って言っている」と重ねて抗議。「今回は有権者がバカにされている。公共の電波を使って。政治家としてバカにされた有権者の先頭に立っている」と立場を主張した。

     高須院長は、元衆院議員の東国原英夫や「爆笑問題」の太田光もマツコと同じような意見をメディアを通じて発信したと指摘。マツコだけをターゲットにする立花氏に対して、「あんまりクリーンなやり方じゃない。東国原さんや太田光さんを相手にしない」と不満をぶつけた。

     東国原や太田について、立花氏は「(マツコほど)数字がないから」と出演番組の視聴率など、一般的な支持数の差を強調。「数字を持ってない人とイチイチやっている時間はない」と、マツコを相手にしている理由を説明した。

     高須院長が「なんで爆笑問題はダメなんですか?」と問いかけると、「だって数字持ってないじゃないですか」と即答。それでいて「太田光さんの芸風には愛情を感じている」と、ファンであることを付け加えた。

     高須院長は、過去にTOKYO MXの番組スポンサーになったことがあり、撤退した経緯も詳述。この時に謝罪するなど熱心に対応してくれたマツコに好意を持った。今回の騒動では「マツコさんは叩かれている」とみており、「弱くて叩かれている人を助けるのが僕の本能」と立花氏に意見を述べたくなったという。

     1時間半の舌戦。この討論会に対して「どちらの意見にうなずけますか?」とニコ動側が集計したところ、高須院長支持は10・8%に対して、立花氏は73%で、どちらでもないは16・2%だった。

     それでも高須院長は「友達が攻撃されていると助けないと。どこかで借りを返さないとと思っていたので、借りを返せたかな」と話した。

     一方、立花氏は自身を「権力者」としたうえで「権力者に一民間人の方がこうして立ち向かってきてくれた」と高須院長を評価。「数字を持っている人ならば」を条件に、こうした討論は歓迎する姿勢を見せ、太田にも呼び掛けた。

     また、「5時に夢中!」にも出演して反論の機会を求めており、「回答がなければBPO反論(放送倫理・番組向上機構)に問題を提起し、ダメなら総務省に行き、それでもラチがあかないなら提訴する」とした。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-00000173-spnannex-ent

    20190824-00000173-spnannex-000-view


    【N国・立花代表が高須院長と舌戦 マツコ以外を相手にしないのは「数字がないから」 】の続きを読む

    このページのトップヘ