中二病速報

    タグ:高樹沙耶

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/03/29(日) 21:12:51.94
    高樹沙耶「大麻は本質を見抜けるかどうかのリトマス試験紙」

    no title

    https://twitter.com/ikuemiroku/status/1243684712712818688

    【高樹沙耶「大麻は本質を見抜けるかどうかのリトマス試験紙」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/03/26(木) 12:39:17.63
    大麻取締法違反で有執行猶予付きの有罪判決を受けた元女優の高樹沙耶さん(本名・益戸育江=56)が26日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス問題に関して持論を展開した。

     高樹さんは、政府が感染拡大に伴う緊急経済対策として、現金給付案、商品券配布案などを検討していることを受け「商品券より大麻の有効利用解禁!」とツイート。

     また、東京都の小池百合子知事(67)が週末(28、29日)の不要不急の外出を控えるよう要請したことで、スーパーなどで買い占めが起こっていることに対し「自粛の発表前に大型ストアー小売店に先に伝えて段取ればパニックは小さくできるわけで、わざわざパニクらせてるとしか思えない!」と指摘。

     「この関連の出来事は大きくなれば自給率の低さに身悶えることにもなる」と危惧し、「今後のためにもシステムの改善が必要」とつづっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-03260162-sph-soci

    no title 

    タイトルなし


    【高樹沙耶さん「商品券より大麻の有効利用解禁」とツイート】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 牛丼 ★ 2019/11/12(火) 14:22:56.38
    2017年4月に、沖縄県・石垣島(石垣市)の自宅に大麻を隠し持っていたとして大麻取締法違反(所持)の罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた元女優の高樹沙耶氏(本名・益戸育江=56)が12日、自身のツイッターを更新し、大麻の医療取り入れを訴えた。

     高樹氏は大麻取締法違反(所持)で懲役6月、執行猶予2年(求刑は懲役6月)の判決を言い渡されたアイドルグループ「KAT―TUN」の元メンバー・田口淳之介(33)をインタビューした女性誌の記事を引用し、「更生も反省も強いてはいけない」とつづった。続けて「大麻取締法こそ更正し、らい予防法のように間違いを認め被害者なき人権侵害をやめて、医療に取り入れるべき」と訴えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000064-sph-ent 

    20191112-00000064-sph-000-view

    【高樹沙耶、田口淳之介に「更生も反省も強いてはいけない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@涙目です。 2019/09/30(月) 09:22:15.18 BE:228348493-PLT(16000)
    世界的な大麻解禁の波が太平洋を渡って迫りつつある。来年にもグアムで嗜好用大麻が
    合法的に買えるようになるというのだが、これに最も喜んでいるのが、そう、あの彼女だった。
    近年、北米を中心に大麻解禁の動きが続いている。昨年は1月に米カリフォルニア州、
    10月にはカナダが国家として解禁。いずれも医療用だけでなく嗜好用としての大麻を合法的に所持、
    使用できるようになった。米国ではコロラド、ワシントン、ネバダ州などがすでに解禁。
    “それ目的”で訪れる日本人が増えているとか。(中略)

    「サイパンでは2018年8月、グアムでは今年4月に合法化法案が可決され、現在は施行に向けて規則を整備しているところです。 解禁済みのアメリカ各州では、法案可決から施行までのスパンは1年から2年。 グアムではすでに医療用が解禁されているだけによりスムーズに進むと見られ、 早ければ来年半ばには店頭で売られることになると思います」(つづく)

    高樹沙耶、グアムの「大麻ツーリズム」に“大麻に触れる日本人が多くなるのはいいこと” 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190930-00584632-shincho-ent 

    20190930-00584632-shincho-000-view


    【【週刊新潮】大麻、来年にもグアム・サイパンで解禁 高樹沙耶「大麻に触れる日本人が多くなるのはいいこと」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/09/22(日) 06:25:26.50
     世界に目を向けると、大麻合法化の動きがチラホラ。昨年もカナダやカリフォルニア州が解禁に踏み切っている。そこで気になるのが高樹沙耶(56)。元「相棒」女優は2年前に大麻所持で有罪判決を受けて執行猶予中の身だが、その「反省」はどこへやら。ツイッターを覗けば話題は毎日、大麻! 大麻! 大麻! 曰く、タピオカブームのようになると主張している……。

    「大麻に関係する活動の一線からは、手を引くつもりです」「私にはもはやそれを説く資格はありません」

     判決を受ける直前、本誌(「週刊新潮」)での手記にそう綴った高樹。ま、「手を引ける」とは誰も信じていなかったけど、やっぱりツイッターを覗けば、やれタイで解禁された、アメリカでどうだ、と頭の中はまるで大麻草のジャングルなのである。

     8月20日には、ブームでタピオカの輸入量が昨年の20倍になったとのニュースを引用し、「ナタデココを思い出す。」とかつてを振り返った。そこまでは良かったが、3日後、思い出したかのように、またツイートして「テレビで放送すれば大麻の(ママ)そのうちこんな感じよ! 日本人は!」と、「大麻ブーム」が来ない理由はテレビのせいと言わんばかりなのである。

    陽水とディズニー

     むろん、そんな高樹だからその“情熱”はツイッターに留まらない。今月7日にもはるばる石垣島から上京。両国で「高樹沙耶と大麻をめぐる対話」と名付けたトークイベントを開催した。

     参加者によれば、

    「1500円でドリンク付き。30名ほどの席が用意されていましたが、すぐに埋まってしまい、立ち見が出るほど大盛況でした」

     それを見て気分がハイになったのか。浴衣姿で登場した高樹の発言はツイッターよりカゲキ。

    「逮捕後、周りは変わりましたか」との問いに、

    「15年前とか20年前ならもっと世間は冷たかったと思う。今は世代的にも大麻の経験者は増えている。皆言わないだけで、結構日本人もやっていると思うんですよ。そういう人たちは応援してますとか(言う)」

     今年、ピエール瀧がコカイン使用で逮捕され、電気グルーヴの楽曲が配信停止となった件を問われて、

    「例えば、井上陽水さんとか捕まっているけど何にもならなかった。これは自分が試されるんです。グレードによるから。どこまで自分のグレードが高いか」

    「あらゆるドラッグは法律で規制しなくていいんですよね?」との問いには、

    「『ローマの休日』を書いた脚本家のトランボさん、彼はずっとアンフェタミンとかやってた。ディズニーさんだってLSD大好きだったんだから。だから死んでも何しても個人の自由だと思う。禁止されると余計やりたくなるから」

     とこちらは真偽不明の話。

     そして、

    「この前、大手企業の社員が大麻で捕まったんですけど、会社はすぐクビにしなかったんですよ。その人のポジションで仕事はさせてもらえた。みんながそういう人を温かく迎えてあげるのはすぐに出来ることだと思う。前科者にやさしく!」

     と拳を振り上げて会は終了したのだった……。

     翌日、改めて高樹に聞くと、

    「ネットをやっている人はそうじゃないけど、テレビの情報だけを信じる人はいつまで経っても大麻は悪いものだと考えている。タピオカの話はそれを言いたかったの」

     続けて、

    「でも、私、テレビじゃ『放送禁止物体』になっているでしょ。だからネットや昨日の集会のようなところで草の根運動をしていくわ。また大麻やってるかって? そんな個人の妄想には付き合えませんよ」

     中身はちっとも変わっていないのである。

    「週刊新潮」2019年9月19日号 掲載


     デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190922-00583531-shincho-ent

    no title

    【【週刊新潮】高樹沙耶「大麻はタピオカのようなブームになる」と発言 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/06/20(木) 23:27:41.61
    高樹 沙耶
    @ikuemiroku

    東スポさん出来れば写真の変更をお願いします。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1437858/?fbclid=IwAR3lsS34izXzdL5Z7HxOGUP-bBL6VwBYS5kE8rpke4Adhpah3PIU9xNvjl4

    no title

    3:51 - 2019年6月19日
    https://twitter.com/ikuemiroku/status/1141297368106594305

    【【ツイッター】高樹沙耶「東スポさん出来れば写真の変更をお願いします」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/05/31(金) 18:54:01.84
     元女優の高樹沙耶さん(55)が31日、ツイッターを更新し、大麻問題に触れた。

     大麻解禁を訴えている高樹さんは「大麻に関する胡散臭さというものは、戦後大麻を非と決定付け国民洗脳をし続けた。是とするところは隠され続けている」と、大麻が悪とみなされている原因を指摘した。

    「イメージは簡単に取り除けるものでない」と、長年こびりついた印象はぬぐうのも困難とし、さらに「合法化したい人のイメージの悪さを出すことにいつも違和感を感じる」と、足を引っ張る勢力がいることにも苦言を呈した。

     例えば、大麻が合法化されているオランダでは、何十軒とひしめくコーヒーショップで簡単に購入することができる。大麻効果の「強弱」も相談でき、気軽さは米国以上だ。大麻=悪という印象はほとんどない。

     大麻目当てに欧州中から観光客が押し寄せ、オランダ市民は彼らを民泊させ、そのカネで一日中大麻を吸うことも珍しくない。また、アムステルダムではマリファナ博物館などで実際に生育中の大麻を見学することができる。

     高樹さんは「まずはテーブルに全ての真実を出すべきだ」と悪と決め付けるのではなく、メリット、デメリットを示した公平な議論をすることが必要だと訴えた。

     高樹さんは2016年に医療用大麻の解禁を訴えて参院選に出馬。同年秋には大麻所持の疑いで沖縄で逮捕された。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1415229/

    50ac6_188_b0f87b84_1209bccd-m

    高樹 沙耶
    @ikuemiroku

    https://www.itmedia.co.jp/business/spv/1905/30/news023_0.html
    大麻に関する胡散臭さというものは、戦後大麻を非と決定付け国民洗脳をし続けた。
    是とするところは隠され続けている。
    イメージは簡単に取り除けるものでない。
    合法化したい人のイメージの悪さを出すことにいつも違和感を感じる。まずはテーブルに全ての真実を出すべきだ。

    https://twitter.com/ikuemiroku/status/1134282840055504896


    【高樹沙耶さん 大麻解禁へ「まずはテーブルに全ての真実を出すべき」 】の続きを読む

    このページのトップヘ