タグ:高校野球

    1: DARIUS ★@\(^o^)/ 2014/08/02(土) 16:24:54.67 ID:???0.net
     高校野球は時代を映す鏡でもある。フリーライター・神田憲行氏がスタンドで見た「老人格差」とはなにか。

     * * *
     平日の午前中に地方大会の球場に行くと、観衆の中に試合をしている両校関係者ではない、年金生活者であろうリタイア世代の人たちが多いことに気づく。
    その人たちを観察していると、「二つの層」に分かれていることに気づく。

     ひとつは名門高校のOB、OGたちだ。

     彼らは集団でやって来て賑やかに座っているからすぐわかる。「シゲちゃん」「サトシ」とか下の名前で呼び合い、校名のタオルマフラーを首に掛けたり、メガホンも持っている。もちろん校歌は全力で歌う。慶應義塾高校の試合ではネット裏にひときわ賑やかな団体がいた。
    「ビールの売り子さんは回ってこないの?」とか言ってる。地方大会の球場ではビールは売店で買えるが売り子はいない。
    男子校なのに同年配の女性もいるから、慶応ヒエラルキーの頂点に君臨する幼稚舎出身の方々かしら。

     試合が始まってもどこまでルールをわかっているのか不明だが、ヒットが出れば拍手をして、点を取られると子どもみたいに悔しがる。

     自分たちの試合が終わると、第2試合は見ずにそそくさと球場を後にする。繰り出すのは近くでやってる居酒屋やパブだ。高級な店ではないが、プチ同窓会のように同じ世代だけでなく年の離れたOBたちとビールをあおる。高校野球は年に1度、そういう「場」として機能しているんだなと思う。

     もうひとつのリタイア世代は、たったひとりでやってくる。

     開門するやすぐ飛び込んでスタンドの隅にぽつんと座り、ただグラウンドを見つめている。スコアを付けるわけでもない。拍手するわけでも残念がるわけてもない。
    ときおり家から持ってきたタオルで汗を拭い、淡々と目の前の試合を目で追っている。もちろん第1試合だけで引き上げずに続いて第2試合も、陽射しに身体を丸めている。

     観戦料は何試合見ても1日500円。でも毎日通うと費用がかかる。球場内の水や食べ物は割高だから、
    お昼になるとごそごそとビニールのエコバッグから取り出すのはコンビニのオニギリや水筒だ。
    一日の終わり、球場からの帰り道で今日見たファインプレーや熱戦を語り合う友は彼にはいない。

     「老人格差」といのうは大げさだが、彼らの間には明らかに太い一本の線が引かれている。
    関東出身でも一流高校出身でもない私が30年後にたどり着くのは、後者で間違いない。朝は無駄に早起きして、老人パスで無料になったバスや電車に身を揺られ、なけなしの500円を支払ってネット裏にぽつんと座るのだ。

     せめてエコバッグから取り出すのは妻が作ってくれた弁当でありたいなあ。

    「あらあら今日も見に行くの? 毎日毎日お疲れさまね」

     と笑われながら、妻が用意してくれた弁当。球場でも手のひらに載るぐらいの小さな、丸いお弁当を取り出してついばんでいるお年寄りがいた。
    あれが私の理想の着地点かもしれない。

    画像
    e830c186

    (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース 8/2
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140802-00000016-pseven-spo#!btzFS4

    【高校野球 ネット裏で「ぼっち観戦」する高齢者たちの醍醐味】の続きを読む

    1: ボマイェ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/07/27(日) 16:39:18.82 ID:Y3BpBMft0.net BE:671521424-PLT(12346) ポイント特典
    7月27日(日) 石川県立野球場

    決勝

    小松大谷 150110000 8
     星稜   000000009 9

    星稜が2年連続17度目の甲子園出場

    画像
    BtiVqAiCEAEqOyU

    http://www.asahi.com/koshien/96/ishikawa/

    石川県大会では、星稜が9回に8点差をひっくり返し、9―8で小松大谷に逆転サヨナラ勝ちし、2年連続17度目の優勝を果たした。 
    5回にようやく初安打が出るなど沈黙と続けていた星稜打線だが、0―8で迎えた9回表、プロ注目の星稜のエース・岩下が三者連続三振を取り流れを変えた。 

    その裏、疲れの見えた小松大谷のエース・山下を攻め、今村、村上のタイムリーで2点を返したところで小松大谷は投手交代。 
    だが、攻撃の手を緩めず岩下の場外弾などで8―8とし、最後は2死一、三塁で佐竹が左越えへサヨナラタイムリーを放って試合を決めた。 
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/27/kiji/K20140727008640180.html

    【星稜 奇跡の逆転 9回裏8点差ひっくり返す 石川大会決勝】の続きを読む

    1: ポピポ ★@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 02:29:44.17 ID:???0.net
    進撃の東京パフォーマンスドール リーダーが語る今と未来心を奪いたい
    Billboard Japan 2014年07月03日19時35分
    一部抜粋

    演劇と映像、歌とダンスが融合したステージでアイドルエンターテイメントの最先端”をひた走る東京パフォーマンスドール。そのリーダーである高嶋菜七(たかしまなな)が現在の心境、そして今後の展望について語った。

    ◎高嶋菜七(リーダー)インタビュー

    --デビュー作、オリコンTOP10入りを知ったときはどんな反応を?
    高嶋菜七:最初掲げた目標は結構高めにしてて、「TOP5」とか言っちゃってたんですよ(笑)。なので、せめてTOP10には入らないと格好悪いなと思っていたんですけど、リリイベを行う度に新しいお客さんが増えていくのを目にして、初めてTPDを知ってリリイベに来てくれた人がいっぱいいたんですよね。そのファンの方たちに支えられて8位という結果を頂けたことは、本当に嬉しく思っています。


    --そのデビュー作『BRAND NEW STORY』、ここに来て夏の高校野球 東・西東京大会のテーマソングにも選ばれたんですよね?
    高嶋菜七:そうなんです! 私自身、少年野球入ってて!
    --少女なのに?
    高嶋菜七:少女なのに独りだけ少年の中に入って野球してたんですよ。元々家族が野球好きで、弟も現在、野球部なんです! なので弟にもテーマソングに選ばれたことを報告したら、ツンデレながらも「おまえ、やるやん。
    おめでとう」って言われて(笑)。家族も喜んでくれたし、浜崎香帆とか脇あかりとか野球好きなメンバーもいるので、みんなで喜びました。


    --ワールドカップの影響もあって、最近の若い子は野球よりサッカーが好きなイメージですけど。
    高嶋菜七:そうなんですよね。ただ、サッカーもいいけど、やっぱり野球! 野球は“日本!”って感じがするじゃないですか。負けません!

    取材&テキスト:平賀哲雄
    画像


    no title

    no title

    no title

    『BRAND NEW STORY』
    http://www.youtube.com/watch?v=bkq-SKijHWI


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140703-00021000-exp-musi 

    【東京パフォーマンスドール・高嶋菜七が宣戦布告「サッカーもいいけど、やっぱり野球!」】の続きを読む

    小山台、バッティングセンターから出陣

    春夏通じて都立勢初の甲子園勝利へ、バッティングセンターから出陣だ。第86回選抜高校野球大会が今日21日、開幕する。20日は開会式リハーサルを行い、21世紀枠で初出場する小山台(東京)は、雨天のため急きょ兵庫・西宮市のバッティングセンター「ビーコンパークスタジアム」で練習を行った。21日の履正社(大阪)戦に向けて、地元から約3800人の応援団が集結することも決定し、歴史的勝利を目指す。

     カキーン、カキーンと室内に打球音が響きわたる。小山台の練習締めは、何とバッティングセンターだった。とはいえ、シーズンオフにはプロ野球選手の自主トレにも使われる立派な施設。硬式球対応のマシンを100、110キロに設定し、午後1時から2時間、1人20球×6回を黙々と打ち込んだ。

     雨で予定していたグラウンドが使えず、甲子園で予行演習が行われていた午前10時の段階でも練習場所は未定だった。バタバタの中で帯同スタッフが見つけたのがビーコンパークスタジアムだった。くしくも1回戦の対戦校である履正社野手陣も午前中に練習していた場所。奇妙な偶然だったが、エース伊藤優輔投手(3年)は気にするそぶりもなく楽しそうにバットを振った。「テスト期間中もリフレッシュで時々バッティングセンターに行くんです。気持ちが落ち着きました」と、笑顔でラスト練習を終えた。

    続き
    http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20140321-1273210.html

    画像
    hig14030804530000-p1

    【(高校野球)都立小山台 バッティングセンターから出陣】の続きを読む

    1: オムコシφ ★ 2013/08/23(金) 07:02:07.47 ID:???0
     8月22日、第95回全国高校野球選手権大会の決勝が甲子園球場(兵庫県西宮市)で行われ、前橋育英(群馬)が延岡学園(宮崎)を4対3で下し、初出場初優勝を遂げたが、その前日21日に行われた準決勝の延岡学園対花巻東(岩手)の試合が波紋を呼んでいる。

     事の発端は、花巻東の千葉翔太外野手(3年生)が得意とするカット打法に対し、19日の準々決勝の後、大会本部と審判部から花巻東サイドに出された「高校野球特別規則に『バントの定義』という項目があります。
    ご理解ください」との通達。これを、「2ストライク後のカット打法はスリーバント失敗=アウトにする」という“事前警告”と受け取った花巻東と千葉選手は、準決勝でカット打法を封印せざるを得ず、千葉選手は4打数無安打に終わりチームも敗戦したことで、大会本部と審判部へ批判が寄せられる事態となった。

     千葉選手のカット打法はバスターの構えから三塁側にファウルを打つというもので、小柄な千葉選手はこの打法を駆使し、3回戦の済美戦で相手投手を攻略し、準々決勝の鳴門戦でもファウルで粘り5打席全出塁を果たし、相手投手に計41球も投げさせ球場を沸かせたが、準々決勝では無安打に終った。

     この騒動を受け、お笑いタレント・岡村隆史(ナインティナイン)は、出演した8月23日1:00~放送のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)内で、大会本部と審判部への批判を展開した。

     番組内で岡村はまず、千葉選手の身長が自身と同じ156センチメートルという“小柄”な点に親しみを感じるといい、「ファイルで粘ってフォアボールで出塁したのはルール上アカンというか?」と切り出すと、
    「県予選や(甲子園での本大会の)1回戦、2回戦もよくて、準決勝でアカンって遅くないですか?」と疑問を投げかけた。

    画像
    fc2blog_20130822204749034
    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130823/Bizjournal_201308_post_2765.html
    【ビジネスジャーナル 2013年8月23日 04時20分 (2013年8月23日 06時08分 更新)】

    ※続く

    【岡村隆史 カット打法封印を “審判団の圧力” と批判 「準決勝でアカンて遅い」】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況は禁止です 2013/08/22(木) 14:18:57.84 ID:kwuOUREd0
    まゆゆの2nd写真集「制服図鑑 最後の制服」の着用校、群馬県の前橋育英高等学校が第95回夏の高校野球選手権で優勝!
    そして準優勝校の宮崎県、延岡学園高等学校の制服も着用
    また3rdシングル「ヒカルものたち」の1人制服全国制覇の企画で着用した宮崎県の鵬翔高等学校
    今年決勝が行われた第91回 全国高校サッカー選手権で優勝

    渡辺麻友「制服図鑑 最後の制服」
    no title

    ソース画像
    前橋育英高等学校
    no title

    延岡学園高等学校
    no title

    【高校野球 優勝、準優勝校ともに まゆゆ の写真集「制服図鑑 最後の制服」の着用校だった!】の続きを読む

    1: 16文キック(新疆ウイグル自治区) 2013/08/21(水) 18:47:14.58 ID:3nVv8LLiP BE:3115628249-PLT(12100) ポイント特典
    夏の高校野球:「彼の夢」かなえたよ 延岡学園マネジャー

     夏の甲子園第13日の21日、準決勝第2試合に登場する延岡学園(宮崎)マネジャーの牧野直美さん(3年)は、中学時代に付き合っていた野球少年の夢を抱き、記録員としてベンチ入りしてきた。
    3年前、水難事故で亡くなった藤井将宏さん(当時14歳)。牧野さんは球児にとって憧れのグラウンドに立ち、天を見上げて声をかける。

    「甲子園に来たよ」


    http://mainichi.jp/sports/news/20130821k0000e050238000c.html

    no title
    画像 【延岡学園 マネージャー 中学時代に亡くなった彼氏(当時14歳)の夢を受け継ぎ甲子園へ】の続きを読む

    このページのトップヘ