タグ:雨宮塔子

    1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 00:11:30.15 _USER9.net
    6月28日、フリーアナウンサーの雨宮塔子(45)が7月下旬から『NEWS23』のキャスターを 務めることがわかった。99年に同局を退社して以来17年ぶりのカムバックとあって、早くも注目が集まっている。

    「退社してからフランスで暮らしてきた彼女は当初、このキャスター就任の申し出を断って いました。それはパリで暮らす2人の子供たちの子育てを見守りたいという強い意向が あったからです。しかし古巣からの再三のオファーを受けたことで考え直し、思い切って 引き受ける決断をしたそうです」(TBS関係者)

     そしてその陰には、元夫でパリ在住のパティシエ・青木定治氏(47)の存在があったという。
    雨宮と青木氏は昨年3月に離婚していたが、日本でレギュラーを務めることになった彼女の申し出に 「2児を引き取る」と答えてくれたのだ。

    雨宮といえば93年にTBSへ入社。『どうぶつ奇想天外』や『チューボーですよ!』などの 人気番組を次々と担当し、年末の一大イベント『レコード大賞』の司会も務める看板アナへと のし上がっていった。しかし人気絶頂の99年に同局を退社すると、突然、パリへ留学。
    そこで知り合った人気パティシエの青木氏と02年に結婚し、03年には長女、05年には長男が誕生した。

    その後も、パリでの暮らしぶりや子育てを綴ったエッセイが同性から支持され、憧れの セレブマダムとしての地位を築いてきた。そして今回のキャスター就任。まさに絵にかいたような サクセスストーリー。だが、そんな彼女に“異論”を唱える1人の女性がいた。

    「2人の子供を押しつけといて、自分は帰国するなんてあまりに身勝手。私はベビーシッターじゃない!」

    周囲にこう声を荒らげているというのは、青木氏の現在の妻・A子さんだ。青木氏は雨宮と 離婚後の昨年夏に30代一般女性のA子さんと再婚。青木氏が2児を引き受けるということは、 この後妻が子育てをすることになる。そんな状況に怒りを抑えかねているという。

    「現在、雨宮さんにも事実婚状態のパートナーがいて、今回は彼もフランスに残っています。
    にもかかわらず青木氏とその妻が子供を引き取るのです」(芸能関係者)

    雨宮と青木氏は共同親権という形を取っているため、青木氏の子供を育てること自体は A子さんも理解していたはず。それでも彼女が釈然としないのは、雨宮のこれまでの行動に対して疑問を感じているためだという。A子さんの知人が、本誌にこう明かす。

    「雨宮さんのパートナーは子供たちのカンフーの先生らしく『習いごとの先生が突然パパに なるなんて、子供の気持ちを考えていない!』と語っていました。またフランスでは前妻に 結婚当時と同じステイタスを保証する義務があるらしく、青木さんは雨宮さんに生活費を 払っているそうです。そのことも彼女は『子供たちの通うインターナショナルスクールの学費も高額で、 ただでさえ大変。私は経済的なことも考えて子作りを諦めたのに、なぜあの人だけいい思いを し続けているの?』と不満を漏らしていました」

    地元パリでも「週に何度も100ユーロの超高級ランチを食べに行ってる」などの“嫉妬”が 聞こえてくるほど、雨宮はオシャレなセレブ生活を満喫してきた。そんな雨宮の“輝かしい復帰” のために、12歳長女と11歳長男という難しい年ごろの2児を育てることになったA子さん。
    だが結局、彼女はそうした状況を受け入れることにしたという。

    「A子さんは『でも子供たちに罪はないから』と言ってすごく可愛がっています。ママとして 面倒も見ていますし、情操教育として日本にも連れて行く予定だと聞いています。それでも 雨宮さんに対しては納得がいかないらしく『新婚生活という二度とない時間を彼女に奪われた。
    泣きたい気分だよ』と恨み節を漏らしていました」(前出・A子さんの知人)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160705-00010002-jisin-ent
    画像 雨宮塔子
    no title

    【雨宮塔子 2児託して復帰に元夫の妻が怒り「あまりに身勝手」】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/06/28(火) 10:36:24.43 _USER9.net
    フリーアナウンサーの雨宮塔子(45)が、TBSの夜の報道番組「NEWS23」(月~木曜後11・00、金曜後11・30)でキャスターを務めることが27日、分かった。
    99年に同局を退社しており、古巣の夜の顔となる。

    スポニチ本紙の取材では、現在出演中の元朝日新聞社特別編集委員の星浩氏(60)とともにメインキャスターを務める。時期は秋の番組改編期からの予定。
    一方で「少し早まるかもしれない」と話す同局関係者もおり、夏から登場する可能性もある。同局番組へのレギュラー出演は17年ぶり。

    雨宮は93年にTBSに入社。天然キャラで人気を集め、バラエティー番組を中心に活躍。
    99年の退社後は生活拠点をパリに移し、テレビの仕事のほかにエッセイストとしても活動。私生活では結婚・離婚や、出産も経験した。報道番組には初挑戦。
    同局関係者は「さまざまな経験を積まれた今が新境地に挑む良いタイミングだと思う」と話している。

    雨宮 塔子(あめみや・とうこ)1970年(昭45)12月28日、東京都生まれの45歳。
    成城大文芸学部卒。TBS時代は「どうぶつ奇想天外!」「チューボーですよ!」などの人気番組に出演。
    退社後はパリで西洋美術史やフランス語を学ぶ。03年に同地で開かれた世界陸上で、TBSの現地キャスターを務めた。
    パティシエの青木定治氏(47)と02年に結婚、15年に離婚。2児の母。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160628-00000096-spnannex-ent

    画像
    no title

    【雨宮塔子 「NEWS23」キャスター 17年ぶりTBS復帰】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 07:21:34.66 ID:???*.net
    パリでの甘い結婚生活は、ほろ苦い思い出に変わってしまった──。人気絶頂のときにTBSアナウンサーを辞め、単身渡仏した雨宮塔子(44才)は、 2002年、有名パティシエの青木定治氏(47才)と結婚し、2003年に長女、2005年には長男を出産した。

    青木氏はフランスのグルメガイド『ピュドロ』で2011年の最優秀パティシエに選ばれ、「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」をパリ、東京、台北など世界で展開。
    しかし、結婚12年目の昨年9月に離婚協議中であると明かし、今年3月に離婚が成立した。

    「すれ違いの多い生活だったようです。パリでのセレブな生活の経験をエッセイに書いている雨宮さんのことを、青木さんは“浪費グセがある”と不満を募らせていた。
    一方で青木さんは、仕事に没頭するタイプで子育ても雨宮さんに任せきり。しかも青木さんはパリにいても日本にいてもモテることで有名でした」(青木氏の知人)

    そんななか、青木氏がスピード再婚を決めたという。お相手は、福岡の老舗デパートの広報を10年以上務めていた30代後半のAさん。

    「彼女は地元のメディア関係者や財界人の間ではよく知られた美人広報でした。
    ショートカットがとてもよく似合っていて、小柄ながら抜群のスタイル。仕事柄、交友関係が広かったですが、仕事一筋で、今回が初婚です。
    青木さんがパリ仕込みのトークで熱心に口説いたそうですよ」(Aさんの知人)

    Aさんは8月上旬に自身のフェイスブックで、《長らくお待たせしました! 結婚しまーす》と報告。
    青木氏とAさんが友人たちに盛大に祝ってもらっている様子や、ふたりの名前入りのケーキの写真もアップされていた。

    「Aさんが青木さんと出会ったのは、彼が雨宮さんと離婚協議に入って間もない昨年11月上旬。
    その日、『パティスリー・サダハル・アオキ・パリ』が福岡にオープンし、殺到する取材に対応したのがAさんでした。
    急接近したのは今年の春先だったようですね。Aさんは9月いっぱいで勤めていた百貨店を退職し、青木さんとパリで新婚生活を送るそうですよ」(前出・Aさんの知人)

    《人と人との関係って変化するし、たとえよくない結果に終わっても、その経験が自分を豊かにしてくれることもあると思います》

    最近、雑誌のインタビューでそう語っていた雨宮。元夫と彼の新妻の3人が、パリでバッタリ! なんてこともありそうだけど、彼女ならうまくやりそう?
    画像
    452b474e-s

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150822-00000006-pseven-ent 

    【雨宮塔子の元夫・青木定治氏が老舗百貨店広報とスピード再婚 女性セブン】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2015/08/20(木) 05:05:43.15 ID:???*.net
    昨年12月にサンケイスポーツ報道で離婚調停中であることが明らかになった女優、奥菜恵(36)と、同い年の夫の離婚が成立していたと、20日発売の「女性セブン」が報じた。

    同誌は今月、焼き鳥店から長女(5)、次女(4)と出てきた奥菜と、交際中の俳優、木村了(26)の姿をキャッチ。子供たちの前でキスをしている写真や「すでに離婚も成立していて、再婚にむかっている」という関係者の証言も掲載している。

    サンケイスポーツの取材によると、2009年に再婚した一般人の元夫との離婚成立時期は今年6月上旬。
    それを受け、結婚ができるようになる離婚から半年後の12月に木村と再々婚したい意向を周囲に漏らしているという。親権を持った奥菜の“子連れ婚”までのカウントダウンが始まった。

    また、同誌は昨年9月に離婚協議中であると発表した元TBSのフリーアナウンサー、雨宮塔子(44)とパティシエ、青木定治氏(47)も今年3月に離婚が成立していたと報道。
    雨宮の所属事務所は「そのように聞いております」と認めている。
    画像
    m_1412180201

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150820-00000500-sanspo-ent

    【奥菜恵、交際中の俳優木村了12月再々婚へ「女性セブン」報じる】の続きを読む

    TBS新チューボーですよ!

    1000回SP!新MCにノブコブ吉村と森星が加入▽ゲストは歴代アシスタント!パリから雨宮さん・婚活中の麻耶さん・新婚の枡田アナ…が近況を告白▽秘蔵映像に一同赤面 

    雨宮塔子、外山惠理、木村郁美、小林麻耶、枡田絵理奈

    司会 堺正章、平成ノブシコブシ・吉村崇、森星

    http://www.tbs.co.jp/chubaw/

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【「新チューボーですよ!」1000回SP 歴代アシスタント集合!(画像あり)】の続きを読む

    雨宮塔子 パティシエの青木定治氏と離婚へ すでに別居

    元TBSアナウンサーで現在はフリーキャスターとして活躍する雨宮塔子(43)が、夫でパティシエ(菓子職人)の青木定治氏(46)と離婚に向けた話し合いをしていることが分かった。2人はフランス・パリで暮らしているが、関係者によれば、既に昨年夏から別居。仲睦まじく見えた夫婦関係も12年でピリオドを打つことになる。 

     パリでの生活ぶりをつづった著書も9冊を数えるなど、エッセイストの顔も持つ雨宮が大きな人生の岐路に立っている。

     夫婦をよく知る関係者によれば、双方代理人を立てて離婚に向けた協議に入ったのは昨年の夏。間もなく青木氏が家を出る形で別居生活に入り、基本的には合意に達しているという。どちらかの不倫などではなく、すれ違い生活で2人の間にできた溝が修復できないほど大きくなってしまったのが理由のようだ。

     パリで結婚した雨宮と青木氏は双方代理人を立て、煩雑なフランス式に従って離婚の手続きを進めている。2人の子供は雨宮が引き取るが、父親の青木氏から親権が消えることもないという。

     雨宮は今年夏に最新刊「パリ、この愛しい人たち」の出版に合わせたプロモーションで日本を訪れたが、今後も生活の拠点はパリに置き、仕事がある時に帰国するスタイルを続ける。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/05/kiji/K20140905008873830.html

    画像
     0_43444000_1408585215

    【雨宮塔子 元TBSアナ 離婚へ】の続きを読む

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 10:58:54.76 ID:???0.net
    TBSの人気女子アナとして数多くの番組に出演していた雨宮塔子
    1999年に同社を退社後はフランスパリを拠点に活動、結婚&出産を経て2児の母となった彼女に パリでのリアルな日常、さらにTBS退社の真相や現在活躍する後輩アナについても聞いてみた。

    ――1999年にTBSを退社して、当初は美術留学という形でフランスに赴き、気付けば15年の歳月が経過しました。
    【雨宮】あっという間でしたね(笑)。当初から少なくても3、4年は住みたいとは思っていたんですけど、
        いざ4年が経過した時に日本には帰れなかったんです。

    ――それはなぜ?
    【雨宮】うーん。自分が何をやるためにフランスにやってきたのか?という部分で全く達成できていなかったんでしょうね。
        生活に慣れ、ある程度の言葉も話せて、友達も出来たけど、やっとスタートラインに立った感じだったんです。

    ――準備期間が整ったと。そこから計15年が経過しました。パリって凄く洗練されたイメージがあるんですけど、
       雨宮さん自身が感じた一番の文化の違いってどこでしたか?
    【雨宮】実際に生活すると分かるんですけど、日本の女性の方がよっぽど頭の先から足の先まで気を使っていると思いますね。
        パリの女性ってユルい方が多いんですよ(笑)。子供の送り迎えでも、洗いっぱなしの髪で来る光景をよく見ますし、
        ネイルを塗っている方もほとんどいないですし。

    ――へぇ~意外(笑)。
    【雨宮】ですから、日本女性の方が家事もして育児もして、自分も磨いてらっしゃる方が多いと思いますね。
        パリの女性は他人からどう思われようが気にしないという方が多いです。  

    ――個を重んじる女性が多いんですね。15年が経過して、雨宮さん自身もパリジャンになった実感はあります?
    【雨宮】どうでしょうか……ただ、どんどん図々しくなってます(笑)。

    ――でも図々しくって言うのは日本の尺度で、向こうでは普通の振る舞いということですよね?
    【雨宮】そうですね。前はレストランで注文が間違ってきても「違います」って言うマイナスのエネルギーを使うのが面倒
        だったんですけど、今はせっかく素敵な時間を買ったんだから堂々と訂正します(笑)。

    >>2以降に続く)

    http://news.livedoor.com/article/detail/9177778/

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【TBSの元祖アイドル女子アナ・雨宮塔子の現在】の続きを読む

    このページのトップヘ