中二病速報

    タグ:離婚

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/13(木) 06:58:18.60
    タレントのビートたけし(72)が、5月に幹子夫人(67)と離婚したことが12日、分かった。
    長く別居してきたが、40年にわたる関係に正式にピリオドを打った。
    200億円以上ともされる莫大(ばくだい)な財産をたけしが夫人に渡すことで“決別”。
    自らの資産を捨てて、愛人とされてきた18歳年下の女性パートナーA子さんとの“愛”を選んだ形だ。
    残りの人生を謳歌(おうか)するための、令和元年の再出発だ。

    関係者によれば、離婚が成立したのは5月。互いに弁護士を立てての協議離婚で、数年にわたって話し合いを続けてきた。
    代理人弁護士も「離婚したのは事実です。それ以上お話しすることはない」と話した。

    財産分与の話し合いでは、たけしがほぼ全ての財産を幹子さんに渡すことで同意したとみられる。
    幹子さんが受け取る財産は、金額に換算すると200億円以上になりそうだ。

    知人は「個人資産で100億円、会社名義で100億円以上あったものを全て渡す形になったと聞いている。
    大切にしてきた高級外車のコレクションも手放すことになった」と明かした。
    残ったのは、15年に立ち上げた新事務所「T.Nゴン」を兼ねた東京都世田谷区内の自宅だけだ。

    72歳の今もなお、テレビのレギュラー番組6本を抱えるなど売れっ子のたけしは、年収10億円超とされる。
    17年4月から新事務所に仕事の報酬が振り込まれているが、それまでは幹子さんが数十年にわたって収入を管理。
    「たけしさんは月額300万から400万円のお小遣いをもらってやりくりしてきた」(関係者)といい、多額の資産を残している。

    海外セレブが離婚に際して超高額の慰謝料を支払うことは多々あるが、日本では異例の金額。
    テレビ関係者は「日本の芸能界で史上最高額の“手切れ金”であることは間違いない」と目を丸くした。

    たけしは「40年かかったけどやっとケジメがついた。これでA子と歩んでいける」と周囲に話しているという。
    別の知人は「たけしさんが再婚したとは聞いてない。面倒なことはもう嫌でしょうし、今後することもないでしょう」と話しており、このままの関係を続けていくとみられる。

    A子さんとは7年前に出会い、交際を続けてきた。仕事の相談相手になるなど、たけしは絶大な信頼を寄せている。
    公私両面で欠かせない存在。自身の手元に唯一残した財産である自宅が、2人の愛の巣だ。

    一方、幹子さんの周囲は「思うところもあるだろうが、納得している様子です」と明かした。ブレーク前の70年代から交際し、83年に結婚。
    当時から既に別居状態で、幹子さんが離婚を求めたこともあったが、婚姻関係だけは続けてきた。

    その2人が、40年目に決めた熟年離婚。
    型破りな生き方をしてきたたけしだが、最終章に入っていく人生を見据えて選んだのは、お金ではなく愛だった。

    スポニチアネックス
    https://news.livedoor.com/article/detail/16610171/

    3a44e_929_spnldpc-20190613-0095-003-p-0


    【ビートたけし 日本芸能界最高額の手切れ金 200億円以上譲渡で夫人と決別 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/22(水) 03:13:22.57
    ◆ 理由は子どもだけか? 磯野貴理子“2度目離婚”をベテラン芸能記者はこう見る

    「それを言っちゃあ、おしめえよ」と、寅さんなら、喝破するに違いない。
    タレント磯野貴理子(55)の離婚劇。
    離婚を切り出した24歳年下でバーテンダーの夫から「自分の子どもが欲しい」と理由を言われ、「分かった分かった」とうなずいたのだと、磯野はレギュラー番組で報告した。

    この夫の発言に対して、「酷い」「一番ダメ」「卑怯」などとネットの反響は最悪で、「別れて良かった、金目当てのヒモ亭主」といったコメントに圧倒的な賛同が集まっている。
    しかしながら、「本当に、それが理由だったのでしょうか」とベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう疑問を口にする。

    「子どもについては、2012年に貴理子さんと結婚した当初から旦那さんも分かっていたでしょうし、それでも結婚したということは状況などを理解し納得していたからではないでしょうか。
    それを今になって持ち出したとすれば、どうかと思われても仕方ないでしょう。実は子どもうんぬんが理由ではなく、ひょっとすると、もっと違う理由があったのかも知れませんね」

    それは一体どういう理由なのだろうか。
    青山氏はこう読む。

    「東京は南青山のビル地下にあるお店に、僕も何回か行ったことがあります。EXILE系のイケメンとされる旦那はキックボクシングをやっているとかで、ガッチリした体形をしていた。
    2014年に貴理子さんが脳梗塞を発症し救急車で搬送されたときは、救急隊員から母と息子とみられたそうですけど、たしかにそう間違えられてもおかしくないような印象がありましたね。
    それはおふたりも承知の上でしたでしょうし、契約結婚といいますか、貴理子さんには最初から破綻が見えていた部分もあったようにも見えます」

    結婚した当初、青山のバーは貴理子がオーナーで、店長が亭主と報じられ、貴理子は「店を持ちたいという彼の夢が自分の夢になりました」などと、店をオープンさせた経緯を語っている。
    もともとは酒豪で、毎晩ウイスキーをボトル半分は空けていたという貴理子。

    担当マネジャーだった7歳年下の夫と2009年に離婚し、飲み歩くなどしているときに現れたのが今回の夫で、夢をかなえてあげた理由には、自分の心の隙間を埋めてもらう代償という部分もあったのかもしれない。
    結婚し、お互いにあったお互いのメリットがなくなり、一緒にいることがデメリットになってしまったとすれば、破局は当然の帰結だったか。

    「いずれにしても、そういうことができるのは、貴理子さんが独立し、稼ぎのある証拠。今後だって、好きなように生きていけるのでしょうし、それは凄いことです」(青山氏)
    バツ2となった私生活もネタにして、ますます活躍してほしいものだ。

    日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000004-nkgendai-ent

    no title

    【理由は子どもだけか? 磯野貴理子“2度目離婚”をベテラン芸能記者はこう見る】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/05/19(日) 04:36:35.30
    タレントの磯野貴理子(55)が24歳年下でバーテンダーの夫と離婚したことが18日、分かった。テレビ局関係者によると、何度も話し合いを重ね双方が納得した上での円満離婚。2012年9月のゴールインから、約7年で結婚生活にピリオドを打つことになった。

     磯野は2009年に「かしまし娘」の正司照枝(86)の長男で、担当マネジャーだった男性との離婚経験があるため、今回で“バツ2”となる。

     離婚した夫は都内で飲食店を経営している、色黒でガッチリしたEXILE系のイケメン。14年に磯野が脳梗塞で倒れた際には、いち早く異変に気づき病院へ運んだ。その時に救急隊員から磯野の“息子”と間違われたというエピソードでも話題になった。16年には女性に全治6カ月の重傷を負わせる暴力沙汰を起こしていたことが一部週刊誌で報じられたこともあった。

     磯野は1度目の離婚後から年下の交際相手の存在を明かしており、11年にはレギュラー出演する日本テレビ「行列のできる法律相談所」で2ショットを公開。翌12年8月に同番組内で公開プロポーズを受け、感激の涙を流しながら快諾した。

     離婚に至る詳細については、きょう19日に放送されるレギュラー番組「はやく起きた朝は…」(フジテレビ)で明かしている。

    (おわり)

    スポニチアネックス 
    磯野貴理子が2度目の離婚 24歳下バーテンダーと約7年でピリオド 協議を重ね円満に 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000000-spnannex-ent 

    磯野貴理子 
    no title


    【磯野貴理子が2度目の離婚 24歳下バーテンダーと約7年でピリオド 協議を重ね円満に 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/05/10(金) 19:25:16.15
     モデルの長谷川潤(32)が離婚したことを10日、発表した。

     長谷川は報道各社へファクスで書面を送付し、「この度 私 長谷川潤は結婚生活にピリオドをうちました」と離婚を発表。

     「この8年間は幸せな事もたくさんありましたし、何より2人の子供を授かったことに感謝の気持ちしかありません」と前夫に感謝した。

     「時間をかけ話し合い、夫婦という形は解消することになりましたが、子供たちには今後も変わりなく父親と母親として協力し合いながら、
    たくさんの愛を持って暮らしていきたいと思います」と説明し、「私たちのこれからの未来を温かく見守っていただけますよう、皆様、どうぞよろしく
    お願いいたします。長谷川潤」と結んでいる。

     なお、長谷川は、離婚について記者会見などは行わないという。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000119-dal-ent
    no title

     アメリカ出身で父親がアメリカ人、母親が日本人の長谷川は、15歳でモデルデビュー。『ViVi』レギュラーモデルなどで活躍し、
    現在も多数の広告に出演する。25歳だった2011年6月に一般男性と結婚。同年12月に第1子となる女児、14年9月に第2子となる男児を出産した。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000379-oric-ent

    【モデルの長谷川潤が離婚「時間をかけ話し合い」2011年結婚、子供2人もうける 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/04/27(土) 11:32:47.30 0
    離婚したのは去年の6月


    2134663_201904270094965001556333467c

    ユースケ・サンタマリア、昨年6月に離婚していた 番組で告白「その前10年別居してた」
    https://www.oricon.co.jp/news/2134663/full/


    【ユースケ・サンタマリア 昨年6月に離婚していた 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2019/04/07(日) 04:36:55.17
    渡辺えり 13歳年下俳優の土屋良太と離婚 公式HPで報告

     劇作家で女優の渡辺えり(64)が、俳優の土屋良太(51)と離婚していたことが7日までに、分かった。所属事務所の公式ホームページで「ご報告」と題し、「夫婦として、演劇を愛する者同士として、結婚から今日まで、23年という長い年月を共に過ごし、互いに支え合ってきました。そのすべてに心から感謝しております」と、つづった。

     離婚理由や時期などについて、詳細は明かしていないが「話し合いの末、このような結論に至りましたが、これからも演劇に携わる仲間として共に力を合わせ芝居創りを続けていきたいと思っています」とした。

     渡辺は、自身が主宰する「劇団3〇〇(さんじゅうまる)」の劇団員だった土屋と出会い、95年に結婚。渡辺は5~7月に舞台「三婆」の出演、8~9月には演出舞台「私の恋人」ほか、映画「カツベン」周防正行監督の新作(今年公開)などを控える。

    渡辺えり
    no title

    スポーツ報知 
    https://hochi.news/articles/20190407-OHT1T50009.html

    【渡辺えり 13歳年下俳優の土屋良太と離婚 公式HPで報告 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/24(日) 22:59:46.26
    女優の有村架純(26)主演で映画化もされた坪田信貴氏のノンフィクション「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」(通称ビリギャル)のモデルになった小林さやかさんが24日、自身のブログを更新。昨年3月に離婚していたことを発表した。

    初の自著「キラッキラの君になるために~ビリギャル真実の物語~」(3月28日発売)の出版を報告した後、「公の場所で初めて言うけど、1年前の3月末に離婚をしました。元夫と去年の3月26日に、桜満開の中、手をつないで離婚届を出しました」と明かした。

    「今でも良き友人としてわたしを支えてくれている彼とのことも、本に書きました。彼のことは今も大好きです。ずっと死ぬまで大切な人です。
    だから、こういう離婚もあるんだよ、そしてやっぱり結婚って、素晴らしくあったかいものだよ、って後輩たちに伝えたかった。

    『さやちゃん、ステキな本になりそうだね。たくさんの子が読んでくれるといいね』。
    きっと勇気のいることだったと思うけど、いつも誰よりもわたしの気持ちを理解して支えてくれた彼に、いっぱい感謝しています」

    元夫への敬意も込め、今後も小林さやかの名前で活動。
    大学卒業後はウエディングプランナーに。現在は全国の教育機関などで講演会活動を展開している。

    20190224-00000160-spnannex-000-view

     スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00000160-spnannex-ent

    【「ビリギャル」モデルの小林さやかさん 昨年3月に離婚「手をつないで届」提出「今も大好き」】の続きを読む

    このページのトップヘ