中二病速報

    タグ:離婚

    1: 湛然 ★ 2019/02/10(日) 04:37:27.17
    ミヒマルhiroko離婚していた 詐欺容疑で逮捕された会社社長と

     活動休止中の音楽ユニット・mihimaru GTのhiroko(34)が、昨年12月に現金300万円をだまし取った詐欺容疑で逮捕された経営コンサルティング会社社長の夫と離婚していたことが9日、分かった。

     関係者によると、夫婦関係に亀裂が生じて、約1年前から別居。離婚については協議していなかったが、逮捕がきっかけで離別の決断に至った。“裏の顔”があった夫は、同容疑で再逮捕され拘留中。hirokoは面会に行ってないとみられる。代理人を通じて、1月下旬に離婚が成立したという。

     hirokoはmihimaru GTとして「気分上々↑↑」などのヒット曲を発売し、06、07年にはNHK紅白歌合戦にも出場。デビュー10周年だった13年にユニット休止後、14年に結婚し、女児を出産した。

     休止後はソロ活動を行わず、子育てに専念。4歳になった娘の親権は、hirokoが持つことになった。ユニットの活動再開については、未定となっている。

    mihimaru GTのhiroko
    no title

    デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/02/10/0012053225.shtml

    【ミヒマルGTのhiroko離婚していた 詐欺容疑で逮捕された会社社長と 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/02/01(金) 12:16:40.44
    女優でタレントのみひろ(36)が1日、自身のブログを更新。夫で俳優の下川真矢(38)と昨年離婚したことを報告した。

     ブログでみひろは「わたくし みひろは、下川真矢さんと、昨年離婚しました」と報告し「すれ違いにより、関係がギクシャクしだし、私たちの将来を、何度も話し合いました。
    そして、同じ方向へ向いていないことがわかり、修復も困難だったため、二人でこの決断をしました」と説明した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000062-sph-ent

    20190201-00000062-sph-000-view


    【【悲報】元セクシー女優のみひろ、離婚】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/01/01(火) 06:33:09.85 _USER9
     2018年は所属事務所からの独立騒動で注目を集めたビートたけし(71)が幹子夫人(67)と離婚調停に入っていることが31日、分かった。関係者によると、たけしが家庭裁判所に調停を申し立てた。不調に終われば、早ければ今春に離婚裁判に突入する。愛人とされる女性パートナーと新事務所を立ち上げ、自ら立ち上げた「オフィス北野」からも独立したたけし。古希を超えての“離別”の連鎖が続いている。

     事務所から独立したたけしが次に取った行動は「離婚」だった。関係者は「突然、調停期日通知書が届いたのは18年の夏に入る前の5月か、6月ごろ。幹子夫人やお子さんたちも驚いたと聞いています」と振り返った。

     ひそかに進められた離婚調停。現在の状況について「財産のことも含め話し合いは難航しているようです。幹子さんは別居しているとはいえ、40年にわたって結婚生活を続けてきた。たけしさんがなぜ、こんな行動に出たのか。そこには女性パートナーの存在がある。公私で彼女が関わっていることで簡単には応じることはできないと思っている」とした。

     現在は双方代理人を立てて話し合いを進めている。このまま不調に終われば離婚訴訟となる。早ければ今春にも裁判となり、年内に「離婚」が決定する可能性がある。法曹関係者は「財産分与も含め、数十年にわたる別居期間がどう判断されるか」と話した。

     幹子夫人は元漫才師で、1980年の漫才ブームでお笑いコンビ「ツービート」として、たけしが大ブレークする前に知り合った。その後、1男1女が生まれ、1983年に結婚。売れない時代を支え、その後は「北野企画」などの会社を立ち上げ、たけしのばく大な収入の管理もしてきた。現在は都内の一等地に複数の不動産物件がある。

     雲行きが怪しくなったのは、たけしが3年前に18歳年下の女性パートナーと新事務所「T.Nゴン」を設立したことから。その直前には幹子夫人と共同所有だった世田谷区の土地の所有権をたけしが自身の名義に変更した。17年春からは「T.Nゴン」でたけしのギャラを管理。幹子夫人の“収入”も絶たれた状態だ。

     関係者によると、「お子さんたちも離婚裁判になるなら“その時はその時”と覚悟を決めていると聞きました。ただ、幹子夫人も含め、たけしさんのことを尊敬しているし、家族としての気持ちが変わることはない」と指摘した。老いてますます盛んなたけし。残りの人生の生き方が時代のテーマとなっている中、その一挙手一投足に注目が集まる。

     ≪過去に船越英一郎&松居一代≫芸能人の離婚調停は、最近では俳優の船越英一郎(58)とタレント松居一代(61)らの例がある。2人は17年12月に離婚。ほかに女優の沢田亜矢子(70)と元マネジャーで現タレント松野行秀(57)や、タレント三船美佳(36)と歌手高橋ジョージ(60)らも調停を経て離婚した。俳優の川崎麻世(55)もタレントのカイヤ(56)と調停を経て、裁判に入っている。

    20181231s00041000386000p_view

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/01/kiji/20181231s00041000387000c.html

    【たけし離婚調停 40年連れ添った幹子夫人と 不調なら春にも裁判突入 背景に女性パートナー 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/26(水) 06:22:58.74 _USER9
     フリーアナウンサー・高橋真麻(37)、タレント・小倉優子(35)が相次いで“クリスマス婚”を発表する中、伝説のセクシーグループ「C.C.ガールズ」の初代メンバー・原田徳子(48)が25日、都内で本紙の取材に応じ、離婚歴を明かした。原田が離婚について言及するのは初めて。

     この日、原田は初のクリスマスライブ「NORINORI WORLD 2018」を行った。ソロ転身から10年と節目の年。一流ミュージシャンとの共演に充実の表情を見せる原田は、本紙の「クリスマスライブにご家族の反応は?」との質問に、笑みを浮かべながら「もう10年くらい前に別れている」と告白した。

    「今の私はアーティストであってアイドルじゃないから、必要以上に私生活を明かすことはない。隠しているわけではないが、話題づくりであえて自分から売り物にすることはないし、聞かれたことがなかったので話さなかった。ただ、私は素直な性格なので、聞かれたことには答える」

     屈託なく笑う原田の肌はシワ一つなくピチピチ。どう見ても30代にしか見えない。「普段はスタジオと自宅の往復で、音楽に打ち込んでいる。息抜きは毎日1~2時間のウオーキングと海外ドラマ。四季の移ろいを感じながら、若い女性のファッションを観察して頭を切り替える。ケミカルなことや整形を一切やらないのがポリシー。肉を食べないのがいいのかな」

     美ボディーを保ち、週刊誌でグラビアも披露している。「需要があるならうれしい。私は根っから表現することが好きなので、撮られたり、歌ったりするのが大好き。若いころは小泉今日子さん(52)になりたかったし、今は夏木マリさん(66)を目指している。お2人のように、私にしかできない活動に打ち込み、ノリノリワールドを展開したい」

     ソロ活動10年目を迎え、再来年はデビュー30周年になる。原田は「実はテレビのバラエティーや舞台の仕事など、これまでにも結構オファーはあったが断ってきた。ソロの歌は失敗が全部自分の責任になるけど、芝居の世界に素人の私が入れば迷惑をかけるので、ずっと尻込みしていた。ただ、来年は平成最後。思い切って歌以外のことに挑戦したいと思っている」とブチ上げた。

     グラビア以上にセクシーな“艶技”を期待したい。

     東スポWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000057-tospoweb-ent  

    201812250000751-w500_1

    画像日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812250000751.html

    【「C.C.ガールズ」初代メンバー・原田徳子が離婚告白「もう10年くらい前に」 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/12/24(月) 05:15:34.00 _USER9
    河野景子さん、涙の激白!離婚の真相「一つではなく積み重ね」

     大相撲・元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)の元妻で元フジテレビアナウンサー、河野景子さん(54)が、28日放送の同局系「バイキング・ザ・ゴールデン」(後6・0)に出演することが23日、分かった。
    先月26日の離婚発覚後、初のメディア出演で、離婚理由を「一つではなく、積み重ね」と告白。23年間の結婚生活や長男でタレント活動も行う靴職人、花田優一(23)への思いまで赤裸々に語り尽くした。

     花田氏と10月25日に離婚したことが先月に発覚してから1カ月。さまざまな憶測が飛んだ離婚の真相について、花田氏、優一に続き、河野さんもついに口を開いた。

     河野さんは、今月中旬に“古巣”フジテレビの4時間特番「バイキング・ザ・ゴールデン」のインタビューに対応。聞き手となった司会の俳優、坂上忍(51)に対し、1時間以上にわたって胸の内を激白した。

     結婚生活に終止符を打った理由を聞かれると、「一つではなく、積み重ねだと思います」と複雑な心境を吐露。「(原因については)これからゆっくり考えていこうと思います」と、しみじみと振り返った。

     元夫と暮らした23年間については「つらいことも悲しいことも悔しいことも、たくさんありました。でも、それ以上に喜びとかうれしいこととか感動したこともありました」と涙を浮かべながら回想。
    花田氏の「円満な夫婦なら離婚なんてしません」というコメントに対する思い、2016年に河野さんが設立したイベント企画会社や長男のタレント活動に対する認識の違いが離婚の一因とする報道にも、本音で答えた。

     他にも、結婚前のデート事情や横綱の妻としての苦労、1998年の花田氏の洗脳騒動、2010年に花田氏が理事選へ出馬した「貴の乱」について言及。
    昨年起こった弟子の元幕内貴ノ岩に対する元横綱日馬富士の暴行事件や、その後の花田氏の行動に対する思い、「こんなにつらいんだったら辞めていいんじゃない」と語りかけた河野さんに花田氏が返した言葉も明らかに。
    元夫を支え続けてきた河野さんが、その舞台裏を語り尽くした。

     坂上は「予想以上のお答えでびっくり」とインタビューを振り返り、花田氏と河野さんの関係性を「むしろ同志。離婚されてもその部分は変わっていない」と分析。2人しか分からない思いを解釈していた。

    坂上の質問に対し、真摯に答えた河野さん
    no title

    サンケイスポーツ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00000509-sanspo-ent

    【河野景子さん、涙の激白!離婚の真相「一つではなく積み重ね」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/12(水) 18:36:07.30 _USER9
    父親・元貴乃花親方に続いて、息子で靴職人の花田優一が正式に離婚したと12月12日に配信された「デイリー新潮」が伝えた。

    「花田優一といえば、今年9月に“板野友美似の謎の美女”と密会していたところを週刊誌『フライデー』に撮られていますが、そもそもの亀裂が生じたのは、遡ること7カ月前の2月に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)だったというのです。
    この放送では、花田が実の妹たちと一緒にお風呂に入ったりキスしていることを告白。妻との出会いを語る際に『コイツ嫁かなって思った』と話すなど、彼のギョロっとした目つきと相まって、視聴者から相当なバッシングを浴びる内容となりました」(テレビ誌ライター)

    そして、その放送を見た元妻が最も衝撃を受けたのが“花田優一の自宅公開”だったのだという。

    「同誌の取材によると、番組内で“自宅”として公開されたものが、自分が住んでいる家と全く違ったそうです。
    しかし、自分が知りもしない家を夫が持っていたという事実にショックを受けたことが、信頼関係を崩す決定的なものになったのだとか」(前出・テレビ誌ライター)

    母親の河野景子からは深すぎる愛を注がれて、血のつながった妹たちとは常軌を逸した愛情表現。
    一方で、妻を“コイツ”と呼び、その妻の知らぬところで家を持ち、謎の美女とも密会。
    そして、職人と呼ぶにはあまりに短い修行期間でのメディア出演…視聴者が抱いた“違和感”は、全くもって“的確”だったようだ。

    a7b3b197276602e5bd2775d795cca28b_1543927242_2


     アサジョ
    http://dailynewsonline.jp/article/1607704/


    【花田優一も離婚!「テレビで紹介された家がウチじゃない」元妻の衝撃とは 】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/11/30(金) 20:45:35.57 _USER9
     料理人・神田川俊郎さん(79)が29日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~」(木曜・深夜0時12分)に出演し、近況を明かした。

     神田川さんは1990年代、フジテレビ系の料理バラエティー番組「料理の鉄人」などで人気に。“関西料理界のドン”として、エバラ食品や伯方の塩のCMキャラクターも務めていた。

     MCの河本準一(43)から、弟子は何人かと問われた神田川さんは「数え切れないですね。700人くらいでしょうか」と返答。さらにテレビに出演するようになったきっかけを聞かれると、「関西のテレビ局の人がお客さんにいた。
    おもろいから、いっぺん(テレビ番組に)出てくれと言われて出た」と答え、「その頃は、テレビ番組に出る料理人は少なかったですから」と振り返った。

     続いて河本から「女性にだまされた経験はありますか?」と質問された神田川さんは「だまされた経験は何回もあります」と答え、「お金貸してくれとか。かわいそうやし貸すんですね。
    貸したら会いにも来ない。昨日も金を貸してくれと訪問された。10年くらい会ってなかったのに、金貸してくれって」とスタジオを驚かせた。

     神田川さんは仕事に打ち込むあまりすれ違いが生じ、40年以上連れ添った妻と約8年前に離縁したという。「人生いろいろありました。これからまた頑張らないと」と話した。

     現在は「講演会やディナーショーが、オイシイ仕事」と神田川さん。さらに、政府から「日本食普及の親善大使」に任命され、世界各国を訪問し日本食の普及に貢献していると明かした。

    20181130-OHT1I50127-N

     スポーツ報知 
    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181130-OHT1T50145.html

    【「料理の鉄人」の神田川俊郎さん、熟年離婚していた】の続きを読む

    このページのトップヘ