中二病速報

    タグ:離婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/08/02(日) 06:43:51.91 _USER9
     女優の杏(34)と俳優の東出昌大(32)が1日、離婚したことを双方の所属事務所を通じて発表した。報道各社に宛てたファクスで「このたび、私たち夫婦は離婚いたしましたことをここにご報告させていただきます」とした。関係者によると、7月31日に代理人が離婚届を提出した。

     東出と女優の唐田えりか(22)との不倫が原因で、別居してから約7カ月。ファクスは連名の直筆署名入りで「今後は子供たちの親として成長し、協力し合う関係を築いていきたいと思います。多くの方々にご迷惑、ご心配をおかけしてしまいましたが、どうぞ温かく見守っていただけますと幸いです」と呼び掛けた。

     双子の長女(4)と次女(4)、長男(2)の親権は杏が持つ。東出は養育費を払い、杏と協力して育児していく。関係者は「夫の不貞が原因となった離婚ですが、杏さんは慰謝料を求めなかった」と明かした。

     離婚成立で不倫騒動に終止符が打たれた形だが、東出は今後もいばらの道が続く。騒動によるCM降板などで生じた損害は約2億円。関係者は「子供3人分の養育費とともに、所属事務所が立て替えている巨額の違約金を長年かけて返済していくことになる。ドラマや映画、舞台のオファーが少しずつ寄せられているとはいえ、タレントイメージの悪化でCM復帰は困難。金銭的には厳しい状況が続くだろう」と語る。

     杏は別居とともに離婚の覚悟を決め、3月には弁護士を立てて離婚協議を求めてきた。このタイミングでの離婚となったのは、7月23日公開の東出の出演映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の関係者に迷惑がかからないように配慮したためだという。

     ◆杏(あん)1986年(昭61)4月14日生まれ、東京都出身の34歳。15歳でファッション誌「non―no」の専属モデルに。07年、テレビ朝日ドラマ「天国と地獄」で女優デビュー。11年、フジテレビ「名前をなくした女神」で連ドラ初主演。13~14年のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」でヒロインを演じた。現在はTBS「世界遺産」のナレーターを務めている。1メートル74。血液型A。

     ◆東出 昌大(ひがしで・まさひろ)1988年(昭63)2月1日生まれ、埼玉県出身の32歳。高校時代にファッション誌「メンズノンノ」の専属モデルに。パリ・コレクションにも出演。12年、映画「桐島、部活やめるってよ」で俳優デビュー。13~14年、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」「ごちそうさん」に2作連続で出演。14年、映画「クローズEXPLODE」で映画初主演。1メートル89。血液型A。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/08/02/kiji/20200802s00041000133000c.html

    no title


    no title


    【杏、不倫慰謝料請求せず 東出昌大と連名で離婚報告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/07/31(金) 22:59:45.17 _USER9
    俳優の杏(34)と東出昌大(32)が7月31日までに離婚していたことが「週刊文春」の取材で分かった。近く双方から正式に発表される予定だ。

    2人は2013年のNHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」での共演をきっかけに交際をスタート。15年の元日に結婚し、3人の子供をもうけるなど、芸能界きってのおしどり夫婦として知られていた。

    「週刊文春」が今年 1月23日発売号 で、東出と唐田えりか(22)の不倫、杏と3人の子供との別居を報道してから約半年。東出は単身者用のマンスリーマンションなどで杏や3人の子供と離れて暮らしながら、夫婦関係の修復を目指していたが、杏の意思は揺るがなかった。

    「杏さんは一度きりの不倫でも絶対に許さない性格で、はじめから離婚前提の別居だった。東出さんが家に帰りたがっても受け入れることはなく、共通の知人を介した話し合いも彼女にとっては雑談に応じたという認識だった。杏は東出サイドに早い段階から弁護士を立てるように申し入れていた」(夫妻の知人)

    「週刊文春」8月6日(木)発売号では、杏と東出が離婚に至った経緯を詳報する。

    https://bunshun.jp/articles/-/39440 

    img_ae888fc31735ca2e94b17d52d9c476cc148061

    【【文春】杏と東出昌大が離婚「杏さんは一度きりの不倫でも絶対に許さない性格」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/06/23(火) 05:35:13.68
     俳優の西村まさ彦(59)が25年間連れ添った元劇団員の夫人と離婚していたことが22日、分かった。本紙の取材では、今月に入って調停が成立。
    所属事務所は「詳しいことまでは把握していませんが、本人から報告を受けています」と離婚の事実を認めた。

     西村は劇団員だった20代の時に夫人と出会い、95年に結婚。まもなく長男をもうけたが、関係者によると、ここ10年は別居しており、今年12月に
    還暦を迎える前の“卒婚”となった。

     これまで独身説が出るほどプライベートが謎に包まれている西村だが、結婚当時を知る舞台関係者は「奥さんは脚本も書いていた元劇団員で、
    売れない時代の西村さんを必死に支えた糟糠(そうこう)の妻。2人は戦友のような関係でもあった」と振り返った。

     しかし、価値観の違いなどから別居。事務所関係者は西村について「不器用なほど役にのめり込みすぎるタイプで、芝居を抱えている時は
    周囲とほとんど口をきかなくなる」と指摘。コミュニケーション不足が原因で夫婦関係にも亀裂が入ったとみられる。

     西村は24歳で劇団文化座に入り、27歳で三谷幸喜氏(58)率いる劇団「東京サンシャインボーイズ」に移籍。94年にスタートした三谷氏脚本のフジテレビドラマ「古畑任三郎」シリーズで今泉慎太郎役をコミカルに演じて人気を得た。劇団員時代から「西村雅彦」の本名で活動していたが、17年5月に現在の芸名に改名。山田洋次監督(88)の映画「家族はつらいよ」シリーズにも出演し、18年の3作目では夫婦げんかの末、妻に出て行かれる
    夫を演じていた。

     現在、放送を中断しているNHK大河ドラマ「麒麟がくる」では、長谷川博己(43)演じる明智光秀の叔父・明智光安を好演。主君である斎藤道三に最後まで付き従って滅び、その哀愁漂う姿に「光安ロス」の声がネット上で上がるほど注目を集めた。

     ◆西村 まさ彦(にしむら・まさひこ)本名西村雅彦。1960年(昭35)12月12日生まれ、富山県出身の59歳。93年、フジテレビドラマ「振り返れば奴がいる」で注目され「古畑任三郎」シリーズでブレーク。97年に「ラヂオの時間」と「マルタイの女」でブルーリボン賞助演男優賞を受賞。
    俳優活動30周年を迎えた17年に芸名を「まさ彦」に。1メートル78。血液型A。

    スポニチ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/319540ba4272cec8c4e861cf9958f726044ffc27

    no title

    【西村まさ彦、離婚していた 還暦目前、元劇団員夫人との25年間に終止符】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 湛然 ★ 2020/03/11(水) 04:27:32.44
     ゆうこりんが突然の離婚危機-。先月末に第3子の妊娠を公表したばかりのタレント、小倉優子(36)が、再婚2年目の歯科医の夫(46)と別居していることが10日、分かった。夫はわが子の妊娠を知りながらも昨年暮れに単身、家を出て離婚を要求。突然の事態に身重の小倉は途方に暮れつつ、「やり直したい」と涙を絞る日々が続いている。

     本来なら幸せ一杯の家庭に何が…。小倉は今、悲しみの淵にいる。

     複数の関係者の話によると、2018年12月25日のクリスマスに結婚した2人の間に、亀裂が生じたのは昨秋。東京都内で歯科医院を営む夫が、先輩歯科医の信頼と歴史ある医院を引き継ぐ話の進む中、小倉に「芸能界を辞めてほしい」と頼んだのが引き金となった。

     2人には小倉と前夫の間に生まれた7歳の長男と3歳の次男がいる。結婚当初、初婚の夫は多忙の中、時間を見つけては遊び相手に。一方、小倉も再婚を機にバラエティーやCMに引っ張りだこになった。そのため、夫は仕事の環境が変わるのを機に、専業主婦になることを求めたようだ。

     しかし、料理の腕を生かした著書もある小倉は働く女性からの人気も高く、仕事の継続を熱望。そんな折の昨年11月、2人の初子となる妊娠が判明した。関係者の1人によると「小倉さんは現在、妊娠5カ月の安定期。ご主人は妊娠を知りつつ、結婚1周年記念日にあたる昨年のクリスマス直前に突然、家を出ていったんです」という。

     まさかの事態に、小倉はメールで何度も夫に連絡。ところが今年1月、夫から弁護士を通じて届いたのは、離婚と2人の息子との養子縁組解消を求める書類だった。仰天した小倉は自分の態度を謝る内容のメールを送り先月中旬、夫の弁護士同席で会ったという。

     しかし、夫は断固として離婚の意思を曲げず、誕生してくる赤ちゃんにも会いたくないと主張。小倉は復縁を望むだけだった。週明けから産休に入るが、親しい知人に「夫は一生懸命、家庭に尽くしてくれたのに私が甘えてしまった。別居直前まで夫婦関係は良好だと思っていたのに…」と涙ながらに告白した。

     小倉は「夫がこんなにも怒りっぽい人とは思わなかった。でも、子供たちや生まれてくる子のためにも、元の関係に戻りたい」と話しているが、その可能性は限りなく小さい。11日にもコメントを出すものとみられるが、すれ違いや性格の不一致など他にも原因はありそうだ。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    SANSPO.COM(サンスポ) 
    小倉優子が離婚危機「やり直したい」と涙 歯科医の夫がクリスマス直前に家出 
    https://www.sanspo.com/geino/news/20200311/geo20031103000002-n1.html 
    歯科医の夫が家を出て、離婚危機を迎えている身重の小倉。このまま2度目の離婚を迎えるのか… 
    no title


    【小倉優子が離婚危機「やり直したい」と涙 歯科医の夫がクリスマス直前に家出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: muffin ★ 2020/03/04(水) 10:41:18.01
    音楽プロデューサーのnao(本名・菅原直洋)が4日、ブログを更新し、妻で広末涼子のものまねなどで人気を博した元タレント「おかもとまり」こと岡本麻里さんと18年に離婚していたことを報告した。

    naoは離婚理由について「前妻との家族関係に関して、私が麻里さんを十分にケアできなかったことで、彼女に多くのストレスを与えてしまったことが原因であり、彼女に何ら原因や責任はございません」としている。

    岡本さんは4日午前9時30分現在、SNSで離婚については触れていないが、すでに離婚していた19年4月には、ブログで「心の休暇」のため、3カ月入院していたことを公表。「最初の2カ月は、子供に会えませんでした。それが1番人生で辛く苦しく耐えられませんでした」などと当時の心情を赤裸々に吐露。

    YouTubeでも「27(歳)から2年間、本気で悩んでた。体重が減り、肩こり、緊張性頭痛、吐いても物も食べられず、立てない…ことが2カ月に1回ぐらいあった」と振り返るなど、心身の不調を訴えていた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/03/04/0013164905.shtml 

    no title

    【“おかもとまり”さんが離婚 昨年は「心の休暇」で3カ月入院も…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 牛丼 ★ 2020/02/27(木) 12:15:25.58
    谷口女流三段、離婚を発表…今後は旧姓室谷で活動

     今期の第46期岡田美術館杯女流名人戦5番勝負で里見香奈女流名人(27)に挑戦した将棋の谷口由紀女流三段(26)が離婚したことを27日、日本将棋連盟が発表した。26日に都内の区役所に離婚届を提出し、今後は旧姓の「室谷由紀」として活動する。

     2018年3月に30代の男性会社員と結婚したが、互いに多忙のため擦れ違いが生じ、話し合いの末に別々の道を歩むとの結論に至ったとみられる。

     室谷女流三段は朗らかな人柄と華やかなルックスで女流棋界随一の人気を集める一方、タイトル戦に4度登場するなど活躍している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-02270093-sph-ent 


    BB10r8UY

    【谷口女流三段、離婚を発表…今後は旧姓室谷で活動】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 牛丼 ★ 2020/02/01(土) 07:58:50.22
    島田陽子、離婚していた「すれ違いで意思通じず、でも感謝」昨年7月、23年間連れ添った夫と

     女優、島田陽子(66)が昨年7月、23年間連れ添った2歳下のテレビ制作会社勤務の夫と離婚していたことが31日、分かった。本紙の取材に「すれ違いで意思が通じなくなったから…。でも、感謝しています」と告白。1月29日に実母が91歳で死去したことも打ち明け、「これからは1人、仕事に打ち込みます」と前を向いた。

     母を失った悲しみの中、島田は胸に秘めた真実を淡々と打ち明けた。

     「実は昨年7月末に離婚しました。彼は何でも受け入れ支えてくれる人でしたが、私が海外の仕事で半年とか家を留守にすることもあった。すれ違いが続いて、お互いの意思が通じなくなり話し合った結果です」

     2人は1993年、TBS系ドラマ「丘の上の向日葵(ヒマワリ)」で、主演と照明スタッフとして親密な関係に。夫には当時、妻と2人の子供がいたが翌94年に離婚。島田の43歳の誕生日にあたる96年5月17日に夫婦となった。2人の間に子供はいなかった。

     「苦労を共に乗り越え、母とも一緒に住んでくれた。今でも感謝しています。でも、私の大好きだった犬(4歳オスのチワワ)を連れていっちゃった」と、それだけはうらめしそう。母は1月29日朝、腎機能低下のため91歳で死去、31日に葬儀を終えた。家族は妹が2人いるが、音信不通状態という。

     「母は心の支えでした。これからは1人。しっかり仕事をしたい」と努めて明るくキッパリ。今年は国際派女優と呼ばれるきっかけとなった米ドラマ「将軍 SHOGUN」で共演した名優、三船敏郎さん(1997年死去、享年77)の生誕100年にあたる。

     「三船さんの主演映画『椿三十郎』をモチーフにした日米合作のギャング映画を製作するため、プロデューサーとして活動を始めました。講演活動を続けながら、都内で演劇学校の開校も目指しています」と抱負。昨年秋には自身ものどに細菌の入る病気で入院も経験した。現在も声がかすれている以外は元気。女盛りはこれからだ。

     ■島田陽子(しまだ・ようこ) 1953(昭和28)年5月17日生まれ、66歳。熊本市出身。中学1年のとき劇団若草に入団。71年の本格デビュードラマ「続・氷点」で人気を不動にした。代表作は他に主演映画「リトルチャンピオン」など多数。ヘアヌード写真集も発売して注目を集めた。171センチ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-00000500-sanspo-ent 

    20200201-00000500-sanspo-000-view


    【島田陽子、離婚していた「すれ違いで意思通じず、でも感謝」昨年7月】の続きを読む

    このページのトップヘ