中二病速報

    タグ:長澤まさみ

    1: ひかり ★ 2018/11/08(木) 18:20:40.37 _USER9
    女優の長澤まさみが8日、都内にて行われた新感線☆RS「メタルマクベス」disc3 Produced by TBS(IHIステージアラウンド東京にて11月9日より上演)の囲み取材に出席した。

    胸元がセクシーなメタル風の衣装に身を包んだ長澤は「60公演もあって(こんなに)長いのは初めての経験なので、なんとか無事に走りきりたいです。不安ですが、きっとたくさんお客さんが入ったら、気持ちも変わるかなと思っています」と心境を吐露。劇中では歌唱も披露するが、浦井健治が「めちゃめちゃ上手いですよ。かっこいいし…」と絶賛すると長澤は「いやいやいや、浦井さんのほうが」と照れながら制し「頑張らないとな、という感じです。歌もお客さんに届くように歌えたら良いな」と笑顔をみせた。

    「広い劇場なのでお客さんと一体になって無事始まると良いなと願っています」と意気込み「宮藤官九郎さんとシェイクスピアの共作を見られるのは最後。本当に今まで見たことがない作品になっていると思います」とアピールした。

    以下全文:モデルプレス
    https://mdpr.jp/news/detail/1803521

    no title

    no title

    no title

    20181108kd003

    no title

    【長澤まさみ、SEXY衣装で「初めての経験」(画像あり) 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2018/10/09(火) 12:52:53.17 _USER9
     『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画『キングダム』の実写映画製作報告会見が9日、都内で行われ、監督&メインキャスト9人が発表された。主人公・信役を俳優の山崎賢人(24)、エイ政役を吉沢亮(24)、楊端和(ようたんわ)役を長澤まさみ(31)、河了貂(かりょうてん)役を橋本環奈(19)らが担当。監督は『GANTZ』『いぬやしき』『BLEACH 死神代行篇』など、数多くの漫画作品の実写映画を手がけた佐藤信介氏(48)が務める。また、公開日は2019年4月19日に決定した。

     同作の実写映画化は初の試みで、今年4月にコミックス第50巻が発売されたことを記念して始動。その際、キャスト情報は公開されていなかったが、2016年4月に同作の連載10周年記念として実写特別映像が公開されており、この時に信役を山崎が担当していた。そのほか、成キョウ(せいきょう)役を本郷奏多(27)、壁(へき)役を満島真之介(29)、昌文君(しょうぶんくん)役を高嶋政宏(52)、騰役を要潤(37)、王騎役を大沢たかお(50)が務める。

     撮影はすでに4月から中国で始まり、日本国内のロケやスタジオ巨大セットでも実施。山崎は「2年前に連載10周年を記念した映像で出演していましたが、今回、映画にも起用され運命的に感じています。身を削る思い出で撮影させていただきました」と出演に喜び。「信を演じる上で熱さだったり、雑草魂といいますか、この仕事をする上で『どんどん上に行きたいな』という気持ちが信と共感する部分がありました。戦争孤児で奴隷なので、つらい状況があっても乗り切ろうと。役作りは半年間、アクション練習と乗馬練習をしました。信の野生のようにピョンピョン動き回るのは難しかった。アクション指導の方と相談して、やっていて楽しかったです」と撮影を振り返った。

     また、脚本会議に1年間参加し、実写映画に関わっている作者の原泰久氏も「僕自身も脚本に関わらせてもらいました。原作とは異なる場面の追加、改編、せりふを一から生み出したシーンもあり、早く皆さんに観てほしい気持ちでいっぱいです! 僕は5回泣きました…(笑)」とコメントを寄せた。

     この日はポスタービジュアルやメイキング動画、本編動画も解禁された。キャストや監督のほかソニーコロンビア・ピクチャーズ代表のサンフォード・パニッチ氏も登壇した。

    同作は紀元前の中国、春秋戦国時代を舞台に、西方の国・秦で天下の大将軍になることを目指して剣の修業に明け暮れる戦災孤児の少年・信と、後の秦の始皇帝となり中華統一を目指す若き王・エイ政の活躍を描いた物語。2006年1月より連載がスタートし、コミックスは第51巻までで累計3600万部を突破。

     13年の「第17回手塚治虫文化賞」で「マンガ大賞」を受賞し、NHK BSプレミアムで12年に第1期、13年に第2期シリーズのテレビアニメの放送、テレビ朝日のバラエティー番組『アメトーーク』の企画でも取り上げられており、ケンドーコバヤシや小島瑠璃子、サバンナの高橋茂雄など芸能界にも多数ファンがいる。

    https://www.oricon.co.jp/news/2120939/  

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【実写映画『キングダム』主要キャスト9人発表 山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈ら人気俳優集結 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/08/10(金) 12:06:46.11 _USER9
     女優の橋本環奈、長澤まさみ、夏菜の浴衣姿が、三人が出演する映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)の公式アカウントに投稿された。
    美女ぞろいの豪華ショットに「かわいい」「素敵」といった感想が集まっている。

     本作は、空知英秋による人気コミック『銀魂』を実写化した第2弾。今回、実写化されるのは、最もアツい展開が原作ファンに人気の「真選組動乱篇」と、
    隠れ人気キャラの“将ちゃん”こと、江戸幕府第14代征夷大将軍が登場する「将軍接待篇」を融合させたエピソード。前作から神楽役の橋本、志村妙役の長澤が続投し、
    今作からは猿飛あやめ役で夏菜が加わる。

     「完成披露試写会、大盛況ありがとうございましたッッッ」とのキャプションで公開されているのは、同作の完成披露試写会に浴衣姿で臨んだキャスト陣の
    オフショットだ。橋本、長澤、夏菜が並んだ3ショットのほかに、橋本は吉沢亮との2ショットでも登場している。

     ファンからは美女三人の浴衣姿に「かわいい」「浴衣 素敵です」「環奈ちゃん色っぺぇ」といった声が集まった。また、公開が1週間後と迫った映画の方にも
    「めっっさたのしみです!!!」「はよ観にいきたい」といった待ちきれないファンの声が集まった。

    クランクイン!!
    https://crank-in.net/news/58113/1

    no title

    no title

    【橋本環奈&長澤まさみ&夏菜の“浴衣美女3ショット”にファン歓喜(画像あり) 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/06/07(木) 19:40:38.79 0
    台湾通・長澤まさみが台湾クイズに全問正解 台湾観光局イメージキャラクターに就任 

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    001_size10

    女優の長澤まさみ(31)が7日、都内で行われた台湾観光局のCM発表会にイメージキャラクターとして出席した。

    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180607-OHT1T50089.html

    【長澤まさみが三十路にして輝きを取り戻している件(画像) 】の続きを読む

    1: 胸のときめき ★ 2018/06/07(木) 00:14:33.33 _USER9
    俳優の山田孝之と女優の長澤まさみが5日、『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に出演し、仲の良さを見せつけた。

    同番組の「アポなし旅」の企画に登場した二人は、食レポや都内にある牧場で子牛の抱っこ体験を満喫。二人の自由さに進行役のウエンツ瑛士もたじたじだった。

     そんな山田にウエンツが「自分の好きなところ」を尋ねてみると、山田は「毛」と回答。山田曰く「毛が濃いのは、いろいろと仕事に活用できるんですよ。ヒゲもすごい生える」とのことだそうだ。
    確かに、これまでにも映画『闇金ウシジマくん』や『のぼうの城』で見事なひげを生やし、その役の雰囲気を作っていた。

     だが、自慢の毛はヒゲだけにとどまらず、どうやら「胸毛」にも自信があるそう。しかし、「最近、白髪が生えてきた」そうで、自分の上着を少し下げて胸毛を見せてみせた。そして、それに長澤も応え、山田の胸毛を覗くと「あ、ある!」と応答したのだ。

    1528193786-0368-002

    https://npn.co.jp/article/detail/22246812/

    【山田孝之、長澤まさみに自慢の胸毛を見せつける 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/04/19(木) 11:21:47.85 _USER9
    長澤まさみ(30)主演のフジテレビの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」が、2回連続で1桁台の視聴率という大苦戦を強いられている。
    かつては視聴率20%以上を当たり前のように取っていた月9だが、最近は2桁もなかなか取れない低迷ぶりだ。

    長らく不振が続くフジはこの4月期の改編で、多くの長寿バラエティー番組を打ち切った。
    その標的はバラエティーだけではないとみられ「次は月9が打ち切られるのでは」とささやかれている。

    長澤が主演する「コンフィデンスマンJP」は、9日にスタート。
    初回が9・4%と1桁台でスタートすると、16日放送の第2話は7・7%とさらに数字を落としてしまった。

    この作品に限らず、最近の月9は低迷を続けている。2016年1~3月クールに放送された
    「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の9・7%以降、全話平均視聴率は、そのほとんどが1桁台の低迷ぶりだ。

    全話平均が唯一、2桁台に乗ったのは昨年7~9月クールの「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」。
    山下智久が主演し、話題を集めた同ドラマは、平均14・8%という高視聴率を記録し「ようやく“月9復権”の兆しが見えてきた」といわれた。

    だが、後が続かなかった。10~12月の「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」が6・7%、 今年1~3月の「海月姫」は6・1%にまで落ち込み、またも“暗黒期”に戻ってしまった。

    かつて黄金時代を築いたが、このところめっきり視聴率が低迷しているフジは、4月期の番組改編で、バラエティー分野において“聖域なき改革”を断行。いずれも20年以上にわたって放送された長寿番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」と「めちゃ×2イケてるッ!」を打ち切った。ほかにも「おじゃMAP!!」なども終了させた。

    視聴率が低迷する番組を次々に打ち切るのは、昨年6月に就任した宮内正喜社長の方針だ。
    かつて多くのヒットドラマを手がけた亀山千広氏からトップの座をバトンタッチされた宮内社長は、就任直後から「業績を回復する一点に絞る」と明言してきた。

    「そのためには何よりも視聴率アップが大事。これまで、視聴率は低迷しているのに“長い間放送してきた”という理由だけで続けてきた 『みなさんのおかげでした』や『めちゃイケ』の打ち切りを決めたんです」(フジテレビ関係者)

    4月の改編ではバラエティー番組を次々と打ち切ったが、標的はもちろんバラエティー部門だけではない。
    これから先も視聴率が低迷し続ければ、月9も当然、打ち切りの対象になってくるとみられている。

    「今回の月9は、長澤がセクシー路線を全開にしてさまざまなコスプレに挑戦している。
    東スポさんでも“長澤が低迷するフジの救世主に”と書いていたけど、局内でも大きな期待がかかっていた。それがいきなりの低空飛行だから、ショックは大きい」(同)

    また別の同局関係者は「宮内さんの前任である亀山さんは、月9にものすごい思い入れがある。
    そりゃ、そうですよね。キムタクが主演して大人気となった『ロングバケーション』(1996年)を手がけ、 全話平均29・6%というものすごい視聴率を記録したんだから。亀山さんなら月9を打ち切るなんてことは考えもしなかっただろう」と言う。

    だが、宮内社長は主に編成部門を歩んできた。

    「だから月9に全く思い入れはない。『みなさんのおかげでした』や『めちゃイケ』と同様に“数字が悪かったら打ち切る”と判断するでしょうね」(同)

    mainvisual

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000004-tospoweb-ent


    【長澤まさみでも1桁台の大苦戦 フジテレビ関係者「ショックは大きい」 】の続きを読む

    このページのトップヘ