中二病速報

    タグ:長澤まさみ

    1: Egg ★ 2019/04/24(水) 06:33:09.02
     映画『キングダム』で、原作の人気キャラクターの一人である山界の王・楊端和(ようたんわ)を演じている長澤まさみ。作品自体が公開前から大注目される中、4月19日についに劇場公開を迎え、SNS上の感想には「長澤まさみの楊端和が最高だった」「惚れた」という反響も多く見られた。

     累計発行部数4,000万部(4月19日現在)に達した原泰久の人気漫画を実写映画化した『キングダム』は、原作漫画の5巻「王都奪還編」までを基に物語が展開する。舞台は春秋戦国時代の中国。大将軍を夢見る戦災孤児の少年・信(山崎賢人)が、後の始皇帝となる秦王・エイ政(吉沢亮)と出会い、王の弟・成キョウ(本郷奏多)の反乱によって追われた王宮を奪還するための戦いに身を投じていく。

    長澤ふんする楊端和は、山の民を武力で束ねる山界の王。圧倒的な強さと美しさを兼ね備え、“山界の死王”の異名を持つ。長澤は楊端和を、ただ戦いに強いだけでなく、威厳や存在感を伴った絶対的な強さを持った人物と分析しており、自身の性格の気の弱い部分が出ないように気を付けたという。話し方もできるだけ落ち着いたトーンと自身のリズムを心掛けた。

     楊端和の神々しさが一層増すアクションシーンでは、全身をフルに使って敵を次々と斬り倒していく。長澤は剣に振り回されないようにと撮影時に毎日素振りを重ね、1日1回、ベッドに当たらない寸止めの素振りを両手で同時に100回行ったことを明かしている。

     役の存在感や役割、込められた想いを受け止めた上で演じることにプレッシャーを感じていたという長澤だが、映画を観た人からは「長澤まさみが予想以上にかっこよかった」「美しすぎた」「マジで楊端和」と絶賛が続々。原作ファンからも期待をはるかに超えた実写・楊端和に惜しみない称賛が送られている。(編集部・小松芙未)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16357696/

    fa58b_97_79801a09_315b6abf


    【美しすぎる!『キングダム』長澤まさみの楊端和に惚れる人が続出 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/04/18(木) 07:01:21.34
    春とは思えないほど肌寒さが残った、4月初旬の深夜11時過ぎ。東京・銀座の居酒屋からにぎやかに現れた一団のなかに、長澤まさみ(31)の姿があった。

    この日、午後8時から、主演映画『コンフィデンスマンJP―ロマンス編―』(5月17日公開)の打ち上げが、この店で行われていたのだ。店から出てきた長澤は“ホロ酔い”なのか、ほんのり頬を染め、女性スタッフと熱いハグを交わすと、迎えの車に乗り込んだ。

    もう深夜とあってこのまま帰宅かと思いきや、車は銀座の雑居ビルの前で停車。降り立った長澤はマネージャーらしき女性と2人で、雑居ビルの中へ。“お忍び”で向かった先は、リリー・フランキー(55)がプロデュースするバーだった――。

    長澤とリリーといえば、過去に何度も交際が取り沙汰されてきた。11年、週刊誌で“宮古島2泊3日旅行”が報じられ、16年6月には本誌が“お泊りセット”持参の長澤がリリーと5時間もはしご酒デートをする姿を目撃。その際、背中出しのセクシーなワンピースを着た長澤が、リリーと親し気に話しながら歩く2ショットをキャッチしている。

    当時、本誌の取材に長澤の所属事務所は「昔から仲の良い友人で、その日も食事をしただけ」とのことだったが、いまも2人の交流は続いていたようだ。

    「その夜は、リリーさんの親しい知り合いだけの貸し切りでした。長澤さんが来店するということでリリーさんも駆け付けたそうで、2人でお酒を酌み交わし、楽しそうにおしゃべりしていたみたいですね」(バーの常連客)

    入店から3時間半。長澤がやっとバーから出てきたのは、午前2時半を回ったころ。数人のスタッフに見送られ、長澤は女性マネージャーとタクシーへ乗り込んだ。長澤は笑顔でスタッフに大きく手を振って、帰路についた――。果たして今後、リリーとのロマンスの行方は!?

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1729291/

    no title

    【【女性自身】長澤まさみ 交際報道リリー・フランキーの店へ極秘訪問の夜 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/01/22(火) 12:29:17.30 0
    いよいよ公開を迎えた映画『マスカレード・ホテル』の初日舞台挨拶が、18日(金)にTOHOシネマズ 日比谷にて行われ、本作に出演する長澤まさみが登壇いたしました!!

    no title

    no title

    no title

    長澤まさみ 映画『マスカレード・ホテル』初日舞台挨拶に登壇!!
    https://www.toho-ent.co.jp/information/2013

    【長澤まさみの服がヘンテコリンだと話題に (画像) 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/11/08(木) 18:20:40.37 _USER9
    女優の長澤まさみが8日、都内にて行われた新感線☆RS「メタルマクベス」disc3 Produced by TBS(IHIステージアラウンド東京にて11月9日より上演)の囲み取材に出席した。

    胸元がセクシーなメタル風の衣装に身を包んだ長澤は「60公演もあって(こんなに)長いのは初めての経験なので、なんとか無事に走りきりたいです。不安ですが、きっとたくさんお客さんが入ったら、気持ちも変わるかなと思っています」と心境を吐露。劇中では歌唱も披露するが、浦井健治が「めちゃめちゃ上手いですよ。かっこいいし…」と絶賛すると長澤は「いやいやいや、浦井さんのほうが」と照れながら制し「頑張らないとな、という感じです。歌もお客さんに届くように歌えたら良いな」と笑顔をみせた。

    「広い劇場なのでお客さんと一体になって無事始まると良いなと願っています」と意気込み「宮藤官九郎さんとシェイクスピアの共作を見られるのは最後。本当に今まで見たことがない作品になっていると思います」とアピールした。

    以下全文:モデルプレス
    https://mdpr.jp/news/detail/1803521

    no title

    no title

    no title

    20181108kd003

    no title

    【長澤まさみ、SEXY衣装で「初めての経験」(画像あり) 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2018/10/09(火) 12:52:53.17 _USER9
     『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画『キングダム』の実写映画製作報告会見が9日、都内で行われ、監督&メインキャスト9人が発表された。主人公・信役を俳優の山崎賢人(24)、エイ政役を吉沢亮(24)、楊端和(ようたんわ)役を長澤まさみ(31)、河了貂(かりょうてん)役を橋本環奈(19)らが担当。監督は『GANTZ』『いぬやしき』『BLEACH 死神代行篇』など、数多くの漫画作品の実写映画を手がけた佐藤信介氏(48)が務める。また、公開日は2019年4月19日に決定した。

     同作の実写映画化は初の試みで、今年4月にコミックス第50巻が発売されたことを記念して始動。その際、キャスト情報は公開されていなかったが、2016年4月に同作の連載10周年記念として実写特別映像が公開されており、この時に信役を山崎が担当していた。そのほか、成キョウ(せいきょう)役を本郷奏多(27)、壁(へき)役を満島真之介(29)、昌文君(しょうぶんくん)役を高嶋政宏(52)、騰役を要潤(37)、王騎役を大沢たかお(50)が務める。

     撮影はすでに4月から中国で始まり、日本国内のロケやスタジオ巨大セットでも実施。山崎は「2年前に連載10周年を記念した映像で出演していましたが、今回、映画にも起用され運命的に感じています。身を削る思い出で撮影させていただきました」と出演に喜び。「信を演じる上で熱さだったり、雑草魂といいますか、この仕事をする上で『どんどん上に行きたいな』という気持ちが信と共感する部分がありました。戦争孤児で奴隷なので、つらい状況があっても乗り切ろうと。役作りは半年間、アクション練習と乗馬練習をしました。信の野生のようにピョンピョン動き回るのは難しかった。アクション指導の方と相談して、やっていて楽しかったです」と撮影を振り返った。

     また、脚本会議に1年間参加し、実写映画に関わっている作者の原泰久氏も「僕自身も脚本に関わらせてもらいました。原作とは異なる場面の追加、改編、せりふを一から生み出したシーンもあり、早く皆さんに観てほしい気持ちでいっぱいです! 僕は5回泣きました…(笑)」とコメントを寄せた。

     この日はポスタービジュアルやメイキング動画、本編動画も解禁された。キャストや監督のほかソニーコロンビア・ピクチャーズ代表のサンフォード・パニッチ氏も登壇した。

    同作は紀元前の中国、春秋戦国時代を舞台に、西方の国・秦で天下の大将軍になることを目指して剣の修業に明け暮れる戦災孤児の少年・信と、後の秦の始皇帝となり中華統一を目指す若き王・エイ政の活躍を描いた物語。2006年1月より連載がスタートし、コミックスは第51巻までで累計3600万部を突破。

     13年の「第17回手塚治虫文化賞」で「マンガ大賞」を受賞し、NHK BSプレミアムで12年に第1期、13年に第2期シリーズのテレビアニメの放送、テレビ朝日のバラエティー番組『アメトーーク』の企画でも取り上げられており、ケンドーコバヤシや小島瑠璃子、サバンナの高橋茂雄など芸能界にも多数ファンがいる。

    https://www.oricon.co.jp/news/2120939/  

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【実写映画『キングダム』主要キャスト9人発表 山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈ら人気俳優集結 】の続きを読む

    このページのトップヘ