中二病速報

    タグ:長崎県

    1: ボ ラギノール(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 23:04:57.26 ●.net BE:617185119-PLT(16000) ポイント特典
    タレントのベッキーと川谷絵音の不倫報道を掲載した、株式会社文芸春秋の人気雑誌「週刊文春」(2016年1月16日号 / 1月7日発売)。

    そこには、ベッキーと川谷絵音のLINEメッセージや写真など、生々しい不倫のようすが綴られている。

    ・スクープをものにする記者の能力の高さ
    このスクープにより、「週刊文春」は完売状態になっているという。芸能界のみならず、日本中に大きな波紋を読んだこの記事。

    記者の尋常ではない努力と精神力、そしてスキルの賜物だろう。まさにプロの仕事である。

    ・ネット上で記者の裏話を暴露
    そんなベッキー不倫スクープを報じた記者の親戚の女子高生が、インターネット上で記者の裏話を暴露。
    年末年始の時期に、記者が苦労して手に入れたスクープの裏側を書き込みしている。以下は、その女子高生がTwitterに書き込みしたコメントである。

    ・Twitterの書き込み
    「親戚のお兄ちゃんが、週刊文春のベッキーの記事書いたてきいてびっくりなんじゃけど 長崎でずっと張り込みしとったらしい」

    ・尋常ではない苦労
    おそらく、記者はあらかじめLINEや写真を入手し、ほぼ裏取りが完璧になった状態で、最後の仕上げとして川谷絵音の実家である長崎県に出向いたのだろう。
    「長崎でずっと張り込みしとったらしい」とあるように、尋常ではない苦労があったはずだ。

    ・話題が尽きそうにない立場
    また、この女子高生は「今年1びっくりしたこと、、うちのおばちゃんと一緒に旅行に行ったおばさんが手越の親戚てゆう話きいて興奮した」とも書き込みしており、なかなか話題が尽きそうにない立場にいるようだ。

    ちなみに、不倫状況にありながらも、多数の芸能人がベッキーを擁護している。ベッキーの人柄の良さを表しているのかもしれない。

    http://buzz-plus.com/article/2016/01/10/becky-syuzai/
    画像
    no title

    no title

    https://youtu.be/d41Jn9_fDU4


    【ベッキー不倫スクープを書いた文春記者の親戚の女子高生が裏事情暴露「長崎でずっと張り込み」】の続きを読む

    1: オムコシ ★@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 20:40:57.54 _USER*.net
    高田社長がユニークなのは認めますが、ジャパネットの社会的意義はあるとは言えませんね。
    ネット通販のほうが安いし、買う必要もないものを口八丁手八丁で買わせてるだけとしか見えません。
    情報弱者相手のビジネスです。

    https://twitter.com/takapon_jp/status/677342033342631937 

    画像
    131017horie02_1H8A8374

    【ホリエモン「ジャパネットに社会的意義ある?」】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2015/12/05(土) 05:17:43.38 _USER*.net
    人気歌手、MISIA(37)が大みそかの「第66回NHK紅白歌合戦」(後7・15)に故郷、長崎県から中継で出演することが4日、分かった。

    2012年にアフリカ・ナミビア共和国から衛星中継で出演以来、3年ぶり2度目で、今年の目玉として紅組特別枠での出演が決定。
    原爆が投下された戦後70年を象徴する地から、歌姫が平和への願いを込めて力強い歌声を響かせる。

    ようやくピースがはまった! 11月26日に発表された今年の出場歌手は紅25組、白26組と紅が1組足りなかった。その答えがMISIA。日本を代表する歌姫が隠し玉だった。
    彼女の紅白出場は12年にナミビアのナミブ砂漠から中継出演して以来、3年ぶり2度目だ。

    初のテレビ音楽番組出演となった3年前の紅白では、瞬間最高視聴率43・4%を記録するなど大反響を呼んだ。今年8月には、NHKの戦後・被爆70年音楽特番「いのちのうた」に出演。長崎市の小学校を訪問して「戦争を語り継ぎたい」と訴えるなど、アーティストとしての枠を超えて存在感を示した。

    同局では、戦後70年を前面に押し出していく今年の紅白の目玉にピッタリだと、彼女に粘り強く出演を依頼。MISIAも、平和の大切さを訴える際にたびたび故郷、長崎のことを口にしており、長崎からの中継ならばと快諾した。

    長崎は終戦直前に原爆が投下されるなど戦後70年を象徴する場所で、今年7月には軍艦島やグラバー邸、三菱長崎造船所などが「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に登録されるなど世界的に注目を集めた。
    NHKでも世界へ向けて平和を訴える場所として最適と判断し、中継場所に決まった。

    同局関係者によると、具体的な中継場所は調整中だが、平和祈念像やグラバー園などが候補にあがっており、「いのちのうた」で長崎を訪れた映像を使って演出したい意向だ。

    披露楽曲は、3年前の紅白で歌った「Everything」や、平和への祈りを込めたテレビ東京系ドラマ「永遠の0」の主題歌「桜ひとひら」などのメドレー歌唱が有力だ。

    「いのち-」に出演が決まった際、「いかに戦争の悲しみや悲惨さを後世に伝えていくのかが課題」と話していたMISIA。
    その思いを歌声に乗せて、戦後70年の節目の年を締めくくる大舞台を盛り上げる。

    (紙面から)

    ・3年ぶりの紅白出場が決まったMISIA。故郷、長崎から平和への祈りを込めて熱唱する
    画像
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20151205/geo15120505060002-n1.html 

    【2015紅白 隠し玉はMISIA!平和を訴え故郷・長崎から中継で出演決定】の続きを読む

    1: 張り手(庭)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 01:26:23.84 ID:yRmOdtol0.net BE:595621929-PLT(15000) ポイント特典
    世界文化遺産への登録勧告がされている、日本の秘島ともいうべき軍艦島。長崎県長崎市に属する人工島で、 かつては東京以上の人口密度でにぎわった、地球上でも珍しい神秘の聖域である。

    ・2015年現在は無人島と化している
    ビルやマンションも建ち、もともと海底炭鉱で栄えた島だったが、じょじょに衰退し、2015年現在は無人島と化している。
    その素晴らしい人工島をSONYの撮影チームがアクションカム(小型カメラ)で撮影し、その動画が世界中の人たちから絶賛されている。

    ・高解像度で撮影した動画
    世界中の人たちが注目するのも当然だ。なぜなら、「軍艦島を撮影した」というだけでも価値があるのに、ドローン(空撮ラジコン)を飛ばし、高解像度で撮影した動画なのだ。

    ・軍艦島の神秘的な存在
    実際にYouTubeに掲載されている動画を観れば、その高解像度の美しさによって映し出された「軍艦島の神秘的な存在」に驚かされる。
    無機質で寂しい風景でありながら、そのコンクリート、その雑草、その海、その漆黒の暗闇に、命の鼓動を感じるのだ。

    ・自分自身の眼で確かめよう
    そこにある生命の息吹なのか、それとも、かつてここで生活をしてきた人たちの幻影なのか、それは自分自身の眼で確かめてみよう。

    https://youtu.be/73B5Dv0aNJM


    http://buzz-plus.com/article/2015/05/08/gunkanjima/
    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    【ソニーがドローン撮影した軍艦島の動画が世界で大絶賛! (動画あり)】の続きを読む

    1: ちゃとら ★@\(^o^)/ 2014/11/25(火) 04:00:22.69 ID:???0.net
     長崎県警対馬南署は25日、対馬市美津島町の寺院から銅製の仏像(高さ約10・6センチ)1体を盗んだ疑いで 韓国人男性4人を24日に緊急逮捕した、と発表した。4人のうち2人は容疑を認めているという。

     同署によると、4人は24日午前10時ごろから午後1時50分ごろまでの間に、この寺院の本堂に隣接する倉庫の扉の錠を壊して侵入したうえ、仏像を盗んだ疑いがある。
    外出から戻った住職が気付いて同署に通報した。
    同署は同市厳原町の厳原港で4人に職務質問し、所持品を調べたところ仏像が見つかったため、逮捕したという。

    http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASGCT0BYZGCSTIPE00X.html

    【対馬の寺院から仏像窃盗容疑 韓国人4人が逮捕】の続きを読む

    1: イマジン ★@\(^o^)/ 2014/08/14(木) 22:06:59.54 ID:???0.net
    先月起きた長崎県佐世保市の女子高生による同級生殺害事件を受け、市民団体などが「刑事裁判にかけることは避けるべき」などとする要望書を最高裁に提出しました。

    少年問題ネットワーク・毛利甚八さん:「重大少年事件を裁判員裁判にかけるのは避けて下さい。
    少年の立ち直りのために多様な処遇の道を用意して下さい」

    要望書を提出したのは、少年事件の厳罰化に警鐘を鳴らす団体などです。
    安易に刑事裁判にかけるのではなく、家庭裁判所での徹底した調査を求めています。
    「被害者と司法を考える会」の片山徒有代表は「未成年の少年・少女には刑事裁判はふさわしくない。
    刑罰だけでは語り尽くせない『立ち直り』というテーマがとても大事だ」などと訴えました。
    高校の同級生を殺害した疑いで逮捕された女子生徒は、刑事責任能力の有無などを調べるため、3カ月間の鑑定留置となっています。

    画像
    BtjYeQgCYAASmar

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000032644.html

    要望書は元神戸家裁判事の井垣康弘弁護士や、漫画「家栽の人」の原作者毛利甚八さん、交通事故で次男を亡くした「被害者と司法を考える会」代表の片山徒有さんらが作成。
    家裁調査官が少女の成育環境や心の変遷を綿密に調査した上で、検察官送致(逆送)とせず、更生を優先させた処分を検討すべきだ、と主張している。(抜粋)

    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140814/crm14081417240015-n1.htm

    【佐世保女子高生殺害 「(少女を)刑事裁判にかけないで」市民団体らが最高裁に要望書】の続きを読む

    1: ばぐ太☆Z ~終わりなき革~ φ ★@\(^o^)/ 2014/08/05(火) 13:07:36.82 ID:???i.net
    ★「生前、実母に殺意」と知人に 女子生徒、高1殺害事件

    長崎県佐世保市で同級生を殺害したとして殺人容疑で逮捕された高校1年の女子生徒(16)が、昨年10月に病死した実母を生前、殺そうと思ったことがあるという趣旨の話を知人女性に伝えていたことが5日、女子生徒を知る関係者らへの取材で分かった。

    関係者らによると、女子生徒は今年春、知人女性に対し、昨年寝ている実母を殺そうと寝室まで行ったが、思いとどまったと打ち明けたという。母親は当時、がんと診断されて 自宅で療養していた。

    画像
    no title

    http://news.livedoor.com/article/detail/9115318/

    【佐世保女子高生殺害 加害少女 がんで自宅療養の「実母も殺そうと思った」】の続きを読む

    このページのトップヘ