中二病速報

    タグ:野球

    1: ジョーカーマン ★ 2018/05/17(木) 19:46:47.60 _USER9
    SKE48の松井珠理奈が試合前に始球式を行った。

    自身4度目となるナゴヤドームでの始球式で、ノーワインドアップから投球したが、球はツーバウンドで中日松井雅人捕手のミットに収まった。
    「応援大使に就任して初めての始球式だったので、何とか私たちの応援する思いとともに球を(ミットまで)届けたかったのですが、(今回もノーバンで)届かなかった」と残念がった。
    4月28日にSKE48は、「中日ドラゴンズ応援大使」に就任したばかりで、この日は竹内彩姫、日高優月も松井とともに駆けつけた。
    松井らは試合前に小笠原慎之介投手にも初対面。
    「会うのは初めて。共通の趣味のプロレスの話をした」と松井は話した。

    AKB48の53枚目シングル(発売日未定)の選抜メンバーを決める第10回世界選抜総選挙が6月16日にナゴヤドームで開催される。
    「私は“平成の怪物”になりたい。(1位ということかと聞かれ)そうですね。SKEを10年やってきて良かったという結果にしたい」と、中日のレジェンド右腕・松坂大輔に引っかけて、1位取りを宣言した。
    根っからのドラ党という日高の目標は初のランクイン。
    「スピーチができたらいいな」と抱負を口にした。
    また日高は「前回は31位だったので、30位以内を目指します」と、SKE48結成10周年の節目での飛躍を誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00211489-nksports-base

    松井珠理奈、ノーバンならず
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    D-STAGE LIVE!(左から)松井珠理奈、竹内彩姫、日高優月
    no title


    SKE48 松井珠理奈
    no title

    no title

    【松井珠理奈、ノーバンならず 「私は“平成の怪物”になりたい」(画像あり) 】の続きを読む

    1: ジョーカーマン ★ 2018/05/03(木) 15:21:54.60 _USER9
    「モーニング娘。’18」の牧野真莉愛(17)が3日、日本ハム―楽天戦(札幌D)でファーストピッチを行った。
    大ファンの中田翔内野手(29)の背番号6のユニホームを着て登場。
    15年に東京Dで務めて以来のファーストピッチは、ワンバウンドでミットへ。
    「すごく緊張しました。練習だったら全然投げられたのに」と悔しがった。

    個人的にも日本ハムファンだ。
    グループ加入前には年間50試合、加入後も年間10試合は日本ハムの試合を観戦に訪れるという。
    試合前には約3年ぶりに中田と再会。
    ユニホームにサインをしてもらい「『大きくなったね。元気にしてた?』って声を掛けてもらいました」と大喜び。
    「ファイターズが優勝するところが見たいので一生懸命応援します」とエールを送った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000145-sph-base

    日本ハム―楽天戦で始球式 牧野真莉愛
    no title

    no title

    no title

    no title


    モーニング娘。‘18 牧野真莉愛
    no title

    no title

    【モー娘。牧野真莉愛(17)ノーバンならず 中田翔「大きくなった」(画像あり) 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/04/24(火) 13:36:23.83 _USER9
    “鉄人”衣笠祥雄氏が大腸がん死去、19日まで仕事

    衣笠祥雄氏(1986年撮影)
    no title

    元広島の衣笠祥雄氏が死去した。死因は大腸がん。71歳だった。

    2215試合フルイニング出場の記録を持ち「鉄人」として親しまれた。87年にはプロ野球界2人目となる国民栄誉賞も受賞した。19日に横浜スタジアムで行われたDeNA-巨人でTBSの解説を務めたのが、公の場に姿を現した最後になってしまった。

    96eb6cf9

     日刊スポーツ 
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804240000356.html 

    【【訃報】“鉄人”衣笠祥雄氏が大腸がんで死去 71歳 19日まで仕事 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/04/21(土) 22:29:35.13 BE:232392284-PLT(12000)
     声優の芹澤優(23)が21日、メットライフドームで行われた西武-ロッテの試合前に行われた始球式に登場した。
    西武の背番号「123」のユニホームと白いミニスカートに身を包んだ芹澤がマウンドから投じた1球は ノーバウンドで捕手・森のミットに収まったものの、左打席に立ったロッテ・荻野の背中の後ろを通る“大暴投”となった。

     これには芹澤も苦笑いを浮かべながら平謝りするしかなかった。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20180421/geo18042115460017-n1.html

    no title

    no title

    no title

    【斉藤由貴の姪ッ子 声優の芹澤優が始球式でノーバン 中まで丸見え(画像あり) 】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/04/20(金) 19:23:53.41 _USER9
    プロ野球解説者の衣笠祥雄さん(71)の声がかすれ過ぎていて聞き取れないほどだと、ツイッター上などで心配する声が上がっている。

    試合を中継したBS-TBSでは、J-CASTニュースの取材に対し、「風邪だと聞いています」と説明している。



    日本プロ野球名球会公式ホームページから
    https://www.j-cast.com/2018/04/20326714.html?cx_recsWidget=pcTop&cx_recsOrder=2#cxrecs_s

    「あのー、守備をして...、けっこう野球...」

    2018年4月19日のDeNA‐巨人戦は、DeNAが初回から先行する展開になった。

    2死1、3塁のチャンスで、宮崎敏郎選手(29)がタイムリーヒットを放つと、TBSの戸崎貴広アナが「衣笠さん、うまく打ちましたね」と意見を求める。
    すると、衣笠さんは、かすれた声を絞り出すように、「いま、この人はこれうまかったんですね、昔から」と解説した。

    2回になると、衣笠さんの声はもっと聞き取りにくくなった。巨人も反撃に転じ、岡本和真選手(21)がツーベースを打つ。戸崎アナが「これチェンジアップですかね?」と聞くと、
    衣笠さんは、「拾われましたね。ほんと、まだ...」。最後の方はよく聞こえなかった。戸崎アナは、「はい、これは技という感じの岡本のヒットです」とフォローしていた。

    ほかにも、衣笠さんの声が聴き取りにくいことがあった。例えば、衣笠さんが「あのー、守備をして...、けっこう野球...」とかすれた声で解説し、戸崎アナが「えー、そういう動きですか」と返すといったものだ。

    no title

    衣笠さんの声がおかしいことに、ツイッター上では、次々に心配する声が上がった。
    https://www.j-cast.com/2018/04/20326714.html?p=2

    続き
    「風邪をこじらせて、せきが出る状態」

    【衣笠祥雄、異様な「かすれ声」に心配続出 テレビ局・事務所に聞くと... 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/04/19(木) 08:21:13.63 _USER9
    トランプ米大統領は17日午後(日本時間18日未明)の安倍晋三首相との会談で、米大リーグで活躍する大谷翔平選手の話題を取り上げた。大谷選手を「ショー」と呼んで「打って、投げて、すごいじゃないか。ベーブ・ルースみたいだ」と称賛した。同行筋が明らかにした。

    160831_328900_image1-640x305

    https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/409646/

    【トランプ大統領が大谷翔平を絶賛 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/04/18(水) 02:36:04.95 _USER9
    【MLB】大谷翔平は「日本の漫画の実写版」 LA紙特集で「MAJOR」の茂野吾郎と比較!?
     
    ■投打での活躍は「空想の領域」だったが…「23歳の男が実写版で登場した」
    17日(日本時間18日)の本拠地レッドソックス戦で自身3度目の先発マウンドに上がるエンゼルスの大谷翔平投手。ここまで投打に快進撃を続ける二刀流のスーパースターについて、米メディアからは「まるで漫画の主人公」という声が上がっている。

    「エンゼルスのショウヘイ・オオタニは日本の漫画の実写版」と特集したのは、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」。日本のアニメ・漫画文化は海外でも絶大な人気を誇るが、メジャーを席巻する「Shohei Ohtani」は、そんな漫画の世界の住人だというのだ。

    「投げて、打つ野球選手というコンセプトはしばらくの間、空想の領域での存在だった。その可能性を夢見ていた同じ国から、23歳の男が実写版で登場したのだ」

    投げては2戦2勝、13イニングで18奪三振、防御率2.08、打者としても8試合で打率.367、11打点、3本塁打、OPS(出塁率+長打率)1.191という衝撃的な成績を残している二刀流は、アニメの世界をも超越する存在になりつつあるという。

    特集では「もしも、オオタニが現代野球で初の二刀流選手として成功するのなら、彼は漫画本の基準から見ても、信じられない偉業を果たすことになる」と指摘。
    大谷自身も読者として知られる野球漫画「MAJOR」の主人公、茂野吾郎との共通点を紹介している。

    ともにアナハイムを本拠地とする球団でプレーし、100マイル(約161キロ)の豪速球の使い手という2点に加え、
    「オオタニは想像上の投手とマンガ級の才能以上のものを共有している。彼らと同じように、彼(大谷)は野球以外の事柄に一切の興味を示さない。彼らのように、野球に対する子供のような情熱を維持しているのだ」と指摘。
    ストイックな大谷の凄まじいまでの“野球愛”も紹介している。

    メジャーで二刀流の道を歩み続ける大谷――。漫画でもありえないような投打の爆発で、全米を沸かせている。

    Full-Count 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00121798-fullcount-base 

    エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
    no title


    【大谷翔平は「日本の漫画の実写版」LA紙特集で「MAJOR」の茂野吾郎と比較!? 】の続きを読む

    このページのトップヘ