中二病速報

    タグ:野球

    1: ひかり ★ 2018/07/17(火) 18:01:25.18 _USER9
     覚せい剤取締法違反で逮捕、起訴され、有罪判決を受けて現在、執行猶予中の元プロ野球選手・清原和博氏(50)の告白本が27日に文藝春秋から発売される。“怪物”と呼ばれたPL学園での高校野球時代から、薬物で逮捕され依存から抜け出すことなど、「栄光と転落、挫折と屈辱の反省の記録」としている。

     本のタイトルは「清原和博 告白」。表紙写真で清原氏は金属バットを握っている。帯には「このバットを握った瞬間、身震いしました。32年前のあの甲子園で人生が変わりました」などとしている。

     2016年に、清原氏のかつての甲子園のライバルたちの思いを取材した「清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実」(鈴木忠平)が同社から発売されて話題を呼んだ。同社が発行する雑誌「Number」の電子版では昨年6月29日の投稿として、「清原和博 告白」の取材での一コマを掲載。
    清原氏が「これからどうやって生きていけばいいのか、不安にもなります。一日、一日を生きていくことを考えるしかない」と将来に不安を抱えた言葉を紹介している。

     清原氏は2016年2月3日に覚せい剤取締法違反(所持)で現行犯逮捕された。同年5月31日に東京地裁は懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡し、確定した。

    20180717-00000094-dal-000-view

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000094-dal-base

    【清原和博氏 告白本が27日に発売「栄光と転落、挫折と屈辱の反省の記録」 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/07/16(月) 12:23:02.50 _USER9
    元阪神のエースで野球評論家の藪恵壹氏(49)の娘・かなこさんが14日放送の日本テレビ系「マツコ会議」(土曜後11・15)に出演。
    K―POPアイドルとしてのデビューを目指して受けた韓国でのオーディションの様子が放送された。

    今年4月に放送した「K―POP専門ダンススクール」編に続いての出演となったかなこさん。
    現在19歳で「韓国は年齢制限がある事務所が多い。早いところだと20歳」と並々ならぬ決意を胸にオーディションに挑んだが、結果は不合格。
    審査員からは「今まで何してきたの」と厳しい意見をぶつけられた。

    かなこさんは父に電話で不合格を伝えようとしたが、涙で言葉にならず。
    藪氏は「(落ちたのは)自分だけじゃないでしょ。もう1回トライすれば。自分が納得いくまでやってください」と笑顔で励ましのメッセージ。
    かなこさんも「前まではダンスは職業としてどうなのって言われていたけど、またチャレンジするべきって言ってくれたので頑張りたいと思いました」と再出発を誓っていた。

    番組が放送されると、ネットで反響を呼び、SNSでは「藪の娘さん、目元がそっくりで驚いた」「虎のエースがすっかり優しいお父さんの顔だった」「どうしてK―POPのアイドルになりたいと思ったんだろう」などのコメントが寄せられていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000089-spnannex-ent

    「マツコ会議」 藪恵壹氏の娘・かなこさん
    no title

    no title

    no title


    藪恵壹氏
    no title

    【元阪神のエース藪恵壹氏の娘がK~POPアイドル目指し奮闘中「目元がそっくり」 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/14(土) 21:16:25.14 _USER9
    元巨人・柿沢の窃盗は「楽天の時も...」 指導のデーブ大久保が「後悔」語る

    チームメイトの野球道具を盗んだとして、窃盗容疑で逮捕された元巨人の柿沢貴裕容疑者(23)は、移籍前の楽天時代も盗みを繰り返していた。
    楽天の元監督で野球評論家のデーブ大久保さん(51)が明らかにした。

    大久保さんが柿沢容疑者について語ったのは、2018年7月13日放送のCS生番組「プロ野球ニュース」(フジテレビ ONE)。大久保さんは当時、騒動を受けて球団側に防犯カメラを設置して欲しいとの要請までしていたという。

    ■「もう1度柿沢を仲間に入れてくれないか」

    大久保さんは12年シーズン終了後に楽天の二軍監督に就任。一方の柿沢容疑者は同年のドラフト6順目で指名され、楽天へ入団した。その後、大久保さんが一軍監督になるまでの約2年間、柿沢容疑者を直接指導する関係にあった。

    大久保さんは13日の「プロ野球ニュース」で、神妙な面持ちで「初めて、公の場で言うんですけれども...」と一言。柿沢容疑者の窃盗行為は「楽天の時もあったんです」として、当時のエピソードを次のように語り始めた。

    二軍監督時代、楽天の選手から盗みの相談を受けた大久保さんは、本人に直接「やったのか。話は聞いているんだ」と尋ねた。だが、柿沢容疑者は「やってません」と頑なに否定したという。

    当時、窃盗の件でチームメイトから「総スカン」状態だったという柿沢容疑者。こうした状況を受けて、大久保さんは自らの頭を丸坊主にした上で選手たちを集め、

     「この場でこの話は終わろう。大久保という人間はたいしたことなくても、二軍監督という立場の男が坊主にしてきた。この坊主頭で、もう1度柿沢を仲間に入れてくれないか」

    と懇願。ベテラン選手もこれを受け入れ、一度は場が収まった。当時の楽天球団は、柿沢容疑者にペナルティを課さなかったという。

    ◆「結局、何も変えられなかった」

    その他にも、柿沢容疑者に盗みを止めさせるため、球団社長に「防犯カメラを設置してくれないか」と要請するなど、本人を更生させようと努めていた大久保さん。
    練習を厳しくする方法も取ったが、これも上手くいかなかったそうだ。

    それだけに、柿沢選手が巨人に移籍した後に起こした窃盗事件について、大久保さんは今回の番組の中で「もの凄く責任を感じています」。その上で、

     「結局、何もしてあげられなかったし、変えられなかった。辛いですね」

    と後悔の言葉を口にしていた。

    https://www.j-cast.com/2018/07/14333866.html?p=all 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000006-jct-ent 

    デーブ大久保 
    no title

    柿沢貴裕容疑者 
    no title


    【元巨人・柿沢の窃盗は「楽天の時も...」デーブ大久保監督が丸坊主にすることで場が収まる 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/07/13(金) 07:58:14.57 _USER9
    本誌6月29日号で報じた一軍選手による「全裸パーティ」。さらに「用具窃盗」が発覚するなど、事件続きの巨人で、またしても不祥事が明らかになった。今度は球団の専属トレーナーが、女性に対し「わいせつマッサージ」を働いたのだ。

    「あの男は、絶対に許せません」

     涙ながらにそう語るのは、都内在住の美容サロン経営者・黒木朝子さん(30代・仮名)。怒りの矛先を向けるのは、巨人二軍トレーナーの半田剛氏(31)だ。

    「半田と出会ったのは、今年5月6日。都内のバーでした。彼は巨人の大竹寛選手と一緒に店に来ていました。巨人の人なら信用できると思い、ラインを交換しました」

     黒木さんは先にバーを出たが、すぐに半田氏からラインが届く。

    「私が首にヘルニアを持っていると伝えると、『交通費込み7000円で出張マッサージもやっているよ』と。巨人のトレーナーという安心感もあって、早速5月8日にマッサージをお願いしました。でも、さすがに二人っきりは嫌だったので6日にナンパされた店の座敷で、1時間のマッサージを受けました」

     確かにマッサージは上手く、首の痛みは和らいだ。2度目も何もなかったが、3度目の5月14日、事件は起きる。黒木さんは自身の経営するサロンでマッサージを受けたが、その最中、半田氏は突然、胸を鷲づかみにしたのだ。

    「私が『やめてよ!』と怒鳴ったら、半田は『今後は変なことはしないから』と、しきりに反省していました」

     エステサロンを出店したいと考えていた黒木さんは、「サロンに巨人の選手を連れて行く」という甘言を信じ、半田氏を許した。そして翌15日に、再びマッサージを依頼してしまったという。

    「今度はマッサージを受けている最中に突然、彼が『ホテルに行こう』と言って私の顔にかけていたタオルを引っ張ったんです。その際にまた胸を揉まれ、無理やりキスをしようとしてきました」
    黒木さんは、6月26日に渋谷署に被害届を提出、受理されている。

     本誌の取材に巨人は、

    「(半田氏は)当球団の委託業務とは関係のない行為でトラブルを起こしたため、当球団の求めで6月に交代しました。当球団は業務委託先の社員の行為について、お答えする立場にありません」

     と回答した。巨人は球団の規律を締め直すことができるだろうか。

     7月13日発売のフライデー最新号では、半田氏の弁護士からの回答書や名刺、告発女性の写真を掲載し、事件についてさらに詳しく報じている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180713-00010001-friday-base

    no title

    【【FRIDAY】巨人専属トレーナー「わいせつマッサージ」被害女性が怒りの告発】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/07/12(木) 00:59:13.79 BE:114497724-PLT(12345)
     甲子園のアイドル“ハンカチ王子”として日本中を熱狂させた、北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹がついに三十路に突入した。

     2011年、鳴り物入りでプロ入りした斎藤だったが、ここ数年はまったく結果が出ず、毎年“背水の陣”と言われている状況だ。
    入団8年目の今年も、1軍登板はわずかに2回。12日の阪神タイガース戦では、30歳になって初めて先発のチャンスを得たが、4回8安打7失点の大炎上で降板した。

     引退の2文字が現実味を増すばかりだが、当の本人は“どこ吹く風”なのだという。

    「6月6日が誕生日の斎藤投手は、都内のバーで30歳のバースデイパーティを開いたそうです。
    これがシーズン中にもかかわらず、お笑い芸人や現役の女性アイドルを何人も呼び出して、そうとう派手にやってたようなんですね。
    今季はずっと2軍暮らしなのに、いまだにスター気分かと球界関係者はあきれていますよ」(芸能プロ関係者)

     プロ野球はもうすぐ前半戦が終了。後半戦、このまま2軍暮らしで終わるようであれば、30歳の結果が出ない投手に、厳しいオフが待っているのは間違いない。

    「斎藤は、今オフの放出が濃厚のようです。その場合、かねてから興味を示していた東京ヤクルトスワローズが獲得に動くのでは、と目されています。
    ヤクルトは移籍してきた引退間近の選手が次々と大活躍するため、“再生工場”とも呼ばれる球団。早稲田大出身の斎藤は、神宮のスターでもありましたから、最後の花道を飾るにふさわしい場所かもしれません。
    斎藤にしてみても、東京に来ることでメディアや芸能界がより近くなりますから、願ったり叶ったりじゃないですか」(スポーツ紙記者)

    SaitohYuki20170419

    https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_60238/?ptadid=

    【斎藤佑樹「引退間近」で人脈作り? 次なる道は長嶋一茂!? 】の続きを読む

    1: 55 2018/07/09(月) 23:23:51.34 0
    元巨人・柿沢容疑者は「球界のルパン」楽天時代から囁かれていた悪評

    借りたといっても、他の選手の部屋に勝手に忍び込む行為は明らかに不法侵入。しかし、最後まで柿沢容疑者に悪びれた様子はなかったという。こうした行為があったからなのか、楽天ナインが柿沢につけたニックネームは「ルパン」。今となっては笑えない話だ。

    20180709-00262395-nksports-000-4-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000034-tospoweb-base

    【【悲報】逮捕された・元巨人の柿沢容疑者「球界のルパン」と言われていた】の続きを読む

    このページのトップヘ