中二病速報

    タグ:野球

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/07(月) 22:02:24.01
    衣料品通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」の前澤友作社長が5日、ツイッター上で総額1億円をプレゼントすると発言し話題になっている。

    企画の内容は、ZOZOTOWNの新春セールが史上最速で取扱高100億円を突破したことから、
    日頃の感謝を込めて100人に100万円を現金でプレゼントするというもの。応募方法は前澤社長のツイッターをフォローし、このツイートをリツイートするだけ。

    7日夕方にはリツイート数が450万を突破し、世界新記録を達成。なお増え続けている。今までの最高は355万リツイートだった。

    前澤社長の企画についてはさまざまな議論を呼んでいる中、メジャーリーグでプレーするダルビッシュ有はツイッターに「100人に100万円が当たる企画なんですが、
    なんとなく自分のこともフォローしてこのツイートもリツイートした方が良さそうです!なんか隠し条件に入ってるぽいです!」と投稿。
    これが前澤社長の100万円プレゼント企画に乗っかったジョークだと話題となっている。

    この投稿に関して、「ダルビッシュさん今年SNSの使い方が去年までよりめちゃくちゃ上手なりすぎじゃないですか!?(笑)」
    「ダルビッシュ氏も前澤社長かメイウェザーのような金の使い方をすれば、アンチを黙らせる事が出来ると思います。笑」
    「ツイートが予想の斜め上行ってて草」などとコメントが殺到している。

    「ダルビッシュはツイッター上で話題になっているニュースや出来事をイジるのが大好きです。
    元妻の元カレとして、前澤社長の行動について一言物申したかったのかもしれないですね(笑)」(週刊誌記者)

    ダルビッシュは、2007年に紗栄子とできちゃった結婚をし、2012年1月に離婚。現在は元レスリング世界王者の山本聖子と結婚して幸せに暮らしているが、
    ダルビッシュは前澤社長の元カノ・紗栄子の元カレに当たる微妙な関係だ。

    今回の騒動をイジったダルビッシュの真意はいかに?

    リアルライブ
    http://dailynewsonline.jp/article/1642901/

    1


    【“元妻の元カレ”ダルビッシュ、ZOZO前澤社長の「100万円お年玉プレゼント」に苦言? 】の続きを読む

    1: pathos ★ 2019/01/07(月) 18:22:08.34
     巨人の長野久義外野手(34)がフリーエージェントで移籍した元広島の丸佳浩外野手の人的補償として広島に移籍することが7日、両球団から発表された。長野の妻はテレビ朝日の下平さやかアナウンサー(45)。生番組のレギュラーもあり、長野とともに広島に移住するのか、動向も注目される。

     長野は2015年3月29日、下平アナとの結婚を発表した。ドラフト1位指名直後の09年12月、都内高級ホテルの地下駐車場の車内で何度も大胆なキスを交わす2人の写真が女性誌で報じられ、熱愛が発覚。長い交際を経てのゴールインだった。

     下平は現在、「ワイド!スクランブル」内のニュース、AbemaTVの生番組「みのもんたのよるバズ!」(土曜、後8・00)をはじめ、「じゅん散歩」のナレーション、「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像」では7人のレギュラーインタビュアーのうちの1人として務めている。

     東京のキー局のアナウンサーで、広島の選手と結婚した最近の例では、14年12月25日に広島の堂林翔太内野手と結婚したTBSのTBSの枡田絵理奈アナウンサーがおり、結婚を機に、同局を退社し、広島に移住している。

    f_11960479

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/01/07/0011960478.shtml


    おがた かなこ
    緒方 かな子
    プロフィール
    別名義 中條 かな子
    生年月日 1973年3月4日
    現年齢 45歳
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%E6%B9%E3%8B%E3%AA%E5%AD%90


    しもひら さやか
    下平 さやか
    プロフィール
    本名 長野 さやか(ちょうの -)
    生年月日 1973年2月12日(45歳)
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E5%B9%B3%E3%95%E3%84%E3%8B

    【下平アナ 夫・長野が広島移籍でどうなる?中條かな子、TBSの枡田絵理奈アナは移住 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/05(土) 23:14:21.29 _USER9
    長嶋一茂(52)が昨年11月に開催された極真空手の公式大会、全関東空手道選手権大会に出場し、50歳以上+80キロ以上の部で優勝したことが5日、分かった。
    この日放送のTBS系「新春!炎の体育会TV」(午後7時)で明らかにされた。

    空手歴は約20年で黒帯の腕前を持つ。
    大会参加は15年ぶり。タレント業が多忙で、週1しか練習時間が取れなかったという。
    前日は緊張で眠れず「夢を10パターンぐらい見た」と振り返った。優勝については「相手はみんな強かったです。たまたま僅差で勝った」とコメントした。

    また、4月の国際親善空手道選手権大会に出場することを表明した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00437107-nksports-ent

    no title

    【長嶋一茂が極真空手大会で優勝「みんな強かった」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/04(金) 07:17:06.61 _USER9
    覚醒剤取締法違反で清原和博氏が逮捕されてから2年。
    栄光と転落、挫折と屈辱、薬物依存、そして鬱病との戦いの日々――その半生を綴った『清原和博 告白』は昨年7月の発売から話題を呼び、スポーツノンフィクションの本として異例の累計11万部を記録している。

    同書の取材・構成を担当した記者が今だから明かす、清原氏との1年間の「憂鬱」とは――。

    今も編集部に便りが届く。机の上に置かれた封筒たち。7月に出版された『清原和博 告白』に対するものだ。

    現役時代からずっとファンであるという人。薬物依存や鬱病の過去があるという人。それに対する対処法を知っているという人。なかには「留置場から」という文もあった。

    それらを全て清原氏に送る。そして手紙を書く人の想いの深さや、エネルギーを想像するに、返事を書かなければと思うのだが、どうしても筆を持てない。なぜか。

    それはおそらく、ほぼ全ての便りにこういうことが書いてあるからだと思う。

    『復帰を待っています』『回復されるのを願っています』

    この本の、清原氏の言葉から希望を見出そうとする切実が見える。それが私の目には痛い。
    その切実に応えられるものは私の中にはないし、もし応えようとすれば、自分の言葉のクソ胡散臭さに吐き気がするからだ。

    月に2度、同じ曜日の、同じ時刻、同じ場所で清原氏に会う。そういう1年間を終えた後、清原氏にこう言われた。

    「あのお……、いつも淡々としていましたよね。なんていうか……、僕の前で、そういう風にしている人って今まであまりいませんでした」

    私は何と言っていいのかわからず、その場で返答することができなかった。ただ、後からわかったことは、それに対する答えは、手紙の返事を書けない理由と同じだ、ということだ。

    私も白状する必要がある。とてつもない光と影を持つ人物が、どん底で吐き出した言葉を記録した者として、清原氏に対しても、手紙をくれる人たちに対しても告白する必要があると思った。

    《記録者の告白》

    約束の木曜日がやってくるたび、私は憂鬱でした。

    渋谷駅で地下鉄を降りて、ハチ公口への階段を上ります。見知らぬ人の波に何度も肩をぶつけながら、また改札を通って、山手線のホームへと上がっていきます。
    そこで、むき出しになった鉄骨と工事中のクレーン車がたてる騒音の中、「内回り」の電車を待つのです。
    この1年、いつも決まった曜日の同じ時刻にあの“白い壁の店”へと向かう足取りは重いものでした。

    清原さんは約束の日が近づくと、「前の晩から、ああ、しんどいな。延期してもらおうかなと思っていた」と言っていましたが、じつは私も同じだったんです。
    なぜ、私までそういう気持ちになったのか。道すがら考えてみても、幾つかのぼんやりとした原因しか思い浮かびませんでした。  

    例えば、あの店の個室で人生を振り返るとき、清原さんはいつもアイスコーヒーを飲んでいました。最初に2杯。あっという間にそれを飲み干して、また2杯……。
    あの張りつめた、何か別の生き物が体内にいるかのような苦しそうな表情のまま、異常な速さで褐色の液体を流し込む様を見るのが辛かったんです。
    ポツ、ポツと話しながら、グラスやストローに添える手が震えているのを見るのが耐え難かったんです。

    どんな言葉よりも雄弁に、逃れがたい闇を見せられているようで、その中でもがいている人間のどうしようもなく露わな部分を見せられているようで、気が滅入ったんです。

     文春オンライン
    http://news.livedoor.com/article/detail/15826191/

    979f5_1386_df1d0c3b3116ea0dfede5009cf9b8467


    【【文春】「ずっと憂鬱でした」清原和博と1年間話し続けた記者の『告白』 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/12/27(木) 20:38:39.26 0
    <3>オープナーは増える レイズが今年5月に初めて試したオープナーの基本形は、初回に球の速いパワー系リリーフ投手を登板させ、2回以降に先発投手を起用するというもの。
    この戦略が大成功し、レイズは今季90勝をマークしている。その影響で今オフはすでにパイレーツ、ブルージェイズ、ジャイアンツなど多くの球団が新たにオープナー制を導入すると宣言しており、
    来季は激増する可能性も出ている。元祖であるレイズも、キャッシュ監督が来季は先発5枠のうち2~3枠をオープナーにする計画を公表し、レイズの後を追いオープナー戦法を使ったアスレチックスのメルビン監督も、
    来季これを継続することを示唆した。今オフは先発投手が売り手市場になっているが、思うような先発補強が達成できなかった球団は、今後オープナーの導入も検討するのではないだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00429849-nksports-base 

    20181227-00429849-nksports-000-view


    【メジャーリーグの最新戦術「初回にリリーフ投手を先発させ2回以降に先発投手を起用する」←これが強いらしい 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/12/28(金) 09:20:31.85 _USER9
    プロ野球、読売巨人軍で活躍した名投手・桑田真澄氏の次男で、プライダルモデル・アーティストとして活躍するMatt(マット)。

    27日放送『人気芸能人にイタズラ! 仰天ハプニング150連発』(フジテレビ系)に登場したマットだが、視聴者はイタズラ内容よりマットの容姿に興味が爆発。
    大きな話題を集めている。

    ■美意識が高いMatt
    以前から美意識の高さが注目されてきたMattは、日本人離れした容姿から「美しい」という称賛を浴びる一方で「違和感がある」と指摘されてきた。

    Mattはその都度、整形を否定。まつエクやメイクなど「違和感の正体」を解説している。

    ■イタズラより容姿に…
    イタズラの内容はエレベーター内で背後からシンバルを鳴らされ、驚くリアクションを楽しむというシンプルなモノ。
    Mattはエレベーターに乗り込むと隅で鏡を見ながら自分の顔をチェック。
    シンバルが鳴り響くと驚きながらも「練習?」と天然ぶりを披露した。

    ほかに同じイタズラをされたのが芸人ばかりだったため、Mattのリアクションは非常に地味に映ったが、視聴者の興味はそこにはないようだ。

    この日は「違和感」が強かった。一時期に比べ、メディアへの露出が減少気味のMattを久々に観た視聴者は、イタズラやリアクションより、大きな目とシャープなアゴなど容姿の変貌ぶりに興味津々。驚きを隠せなかったようだ。

    ■視聴者からは悲鳴
    メディアに露出するたびに「違和感」が強まるMatt。その姿は外国人のマネキンのように、あまりにも整いすぎていた。視聴者からは悲鳴にも近い感想が溢れている。

    桑田真澄の次男ヤバ過ぎて笑えない

    チロル@性格クソい (@chiroru_20yen) December 27, 2018

    桑田の息子さん、合成みたいな顔してるな??

    まどしば (@madoshiba) December 27, 2018

    え?!?!マットすごい顔になってんじゃん?!?!?!

    にしも?? (@24lll_pc) December 27, 2018

    マットの顔が
    進化してて
    驚いた。

    ちーず@5×20??幸せ。 (@19924111a) December 27, 2018

    桑田の息子なんやねん。
    いじりまくりやん。
    他のタレントがイジれない程にいじりまくりやん。。

    けん玉 (@0kentamachan) December 27, 2018

    多くは疑問を覚えていたようだが、現在の姿を「キレイ」と称賛する視聴者も少なからずいた。

    「違和感」があろうと、本人が気に入っているなら他人が批判すべきことではない。
    美容に時間とお金をかけ、自身が目指すべき姿を追求するMatt。
    彼が目指す完成形がどういった姿なのか、今から楽しみだ。

    http://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_20161943516/

    桑田真澄氏の次男Matt
    no title

    【桑田真澄氏の次男Matt の現在の容姿に悲鳴「ヤバすぎて笑えない」の声 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/22(土) 00:34:17.60 _USER9
    OBに対するリスペクト

     野球界には、トレーナーと称される人間が格段に増えた。われわれの時代には、1球団に1人、ないし2人いれば、それで十分に事足りた。実際に専門家が多ければケガ人が減るかというと、そうではない。むしろ、数が多いほど故障者が増えるのが実情である。

     医者と患者の関係にしても一緒だ。医者が増えても病人は減らない。なぜ、こうした現象が起こるのか。

     人間というのは、若いうちは免疫力が強いから、何を食べても体が消化できる。ステーキなど動物性タンパクの強いものを食べたいだけ食べられる。しかし、年を取ってくるにつれ、あるとき病気になる。そのとき初めて、俺の食生活は間違っていたのだと人間は気づく。つまり、病気が教えてくれるのだ。では、病気にならないためにはどうすべきか、それを教えてくれる医者がいない。自分で考えるしかないのだ。

     私は今年86歳になった。酒を断ってから6年がたつ。この年齢になってもシャワーで冷水を浴びているため風邪をひいたこともない。風邪で寝込んでみたいぐらいだ。

     人間というのは、年を取れば取るほど損得勘定が消え、考え方が純粋になってくる。その考えは間違っていないと自信を持って言える。にもかかわらず、日本人というのは目上の人間を年寄り扱いして、まともに言うことを聞こうとしない。「老害」という言葉で片付けてしまう。いつから日本人はこんなに品のない言葉を使うようになったのか。

     長く生きてきた人間には必ず、それだけの矜持がある。何を言いたいかというと、球団もOBに対するリスペクトを持てということだ。巨人なら水原茂さん、川上哲治さんたちの残した財産を大事にすべきなのだ。

    間違っていることは間違っている

     繰り返し書くが、大切なのは教育である。指導者が選手の欠点を責めてばかりいたら物事は好転しない。そこは教える側も頭を切り替えて、知らないから教えてやると発想を転換すればいいのだ。人を伸ばすために、こうしなければいけないということを、根気強く言い続ける必要がある。

     ところが、いまの指導者はベストコンディションで臨めと口にはしても、選手から「どうしたらベストコンディションになるんですか」と聞かれると、日ごろから勉強していないから答えに窮してしまう。こういうものを食べて、こういう考え方をしろと、なぜ具体的に言えないのか。

     寝るときに熟睡しろというのは、その間にエネルギーをもらえるからだ。寝るという行為は、無心の状態にさせてくれる。病気で痛い痛いと思っていても、寝ている間は痛みを感じない。あれはエネルギーをもらって病気が治っている証拠なのだ。

     しょせん人間というのは生まれたら死ぬ。それならば、世のため人のために尽くしていったほうがいい。

     そして、自然の法則には従うべきだ。ところが、人間は身勝手だから自分に都合のいい法則を作ってしまう。球界でいえば、CSにコリジョンルール。そういうことに正面切って問題提起する評論家が少なくなった。だからこそ、私は間違っていることは間違っていると言い続けたい。年内の連載も今号が最後になった。読者の皆さんのご愛読に感謝したい。

    ダウンロード

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181221-00000005-baseballo-base

    【広岡達郎 いつから日本人は「老害」という品のない言葉を使うようになったのか 】の続きを読む

    このページのトップヘ