中二病速報

    タグ:野球

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/21(火) 06:50:49.35
    自主トレ中の中田が自身のSNSでムッキムキの上半身公開

    プロ野球・日本ハムの中田翔内野手がインスタグラムを更新。自主トレ中のマッチョボディーを公開すると、「筋肉ヤバいですね」「まるでレスラー」などと驚きの声が上がっている。

    球界屈指の長距離砲が自慢の肉体を見せつけた。ウエートルームで上半身裸になった中田は、盛り上がった筋肉を見せつけるようにポーズを決めている。たくましくビルドアップされたボディーはまるで芸術品のようだ。

    トレーニングジムでの自主トレ中の一コマ。2月1日のキャンプインへ向けて順調なトレーニングを重ねているようだ。この投稿にファンも仰天。「僕もそんな体になりたいです」
    「筋肉ヤバいですね」「筋肉えぐい笑」「まるでレスラー」「リアルラオウ」などと驚きの反応が書き込まれていた。

    別の投稿では、チームメートの白村明弘、姫野優也、広島の正隨優弥との自主トレを打ち上げたことを明かした中田。2軍落ちも経験した昨季からの上昇を目指すべく、充実したオフを過ごしたようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200120-00101713-theanswer-base

    no title

    no title


    【中田翔、規格外のマッチョボディー公開 ファン仰天「まるでレスラー」(画像あり)】の続きを読む

    1: 牛丼 ★ 2020/01/20(月) 19:12:38.58
    広島の元エースで通算213勝を挙げた北別府学さん(62)が20日、レギュラー出演している地元局・広島ホームテレビの「みみよりライブ 5up!」に生出演し、白血病であることを公表した。同日から入院して本格的な治療に専念するという。

     北別府さんは75年度ドラフト1位で広島入団。78年から88年まで11年連続2桁勝利達成。82年に20勝。86年は18勝でリーグ優勝に貢献した。2年に20勝。86年は18勝でリーグ優勝に貢献した。最多勝2回、最優秀防御率1回、最高勝率3回、MVP1回(86年)、沢村賞2回(82、86年)、ベストナイン2回(82、86年)、ゴールデングラブ1回(86年)、オールスター出場7回。通算515試合213勝141敗5セーブ、防御率3.67。

     94年に現役引退後、01~04年まで広島投手コーチを務めた。12年に野球殿堂入り。野球解説者として活躍する一方でブログやユーチューブでの情報発信をしてきた。また、一昨年から福山・英数学館の野球部コーチを務めるなど、精力的に活動している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00000116-dal-base 

    20200120-00000116-dal-000-view

    【北別府学さんが白血病 地元テレビの生放送で公表】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2020/01/16(木) 12:42:13.07
     巨人は16日、球団公式マスコットガール「ヴィーナス」の2020年シーズンメンバーを発表した。ヴィーナスは東京ドームなどの巨人主催試合でダンスやアクロバットなどのパフォーマンスを披露して試合を盛り上げる他、ファンサービスやイベントMC、練習見学ツアーのガイドなど多岐に渡って活動する。

     昨年は日本テレビ系情報番組「バゲット」の企画「私、東京ドームでチアを踊ります」で、尾崎里紗アナウンサーが“ヴィーナス”になったことなどでも話題になった。
    露出や人気も増え、500人以上も超える応募者から新メンバー10名を含めた21名がチームとともに日本一を目指していく。

     尾崎アナの“指導役”にもなった3年目の山田ありささんが今回のリーダーとなりチームを引っ張る。「今年のテーマは『チームワーク』です。個々の良いところを引き出して、チームワークを重視し、芯の強いチームを目指していきます。リーダーとして2020ヴィーナスを盛り上げ、ジャイアンツの日本一をサポートします。よろしくお願いします!」とこちらもチームスローガンと同じ“和と動”の精神で邁進していく。

     活動の様子は公式Instagramやオフィシャルブログで紹介していく。新生ヴィーナスの初お目見えは、2月29日(土)に東京ドームで開催されるオープン戦(対ヤクルト、午後6時開始)
    の予定となっている。

    Full-Count編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00660750-fullcount-base

    写真3列目:荒木亜美里、戸渡麻由奈、鈴木ひな子、宮川麻衣子、河合彩香、岡野莉枝
    2列目:梅仲(うめなか)あすみ、半田桃菜、冷牟田花恋、山田ありさ、橋本なぎさ、齊藤ななこ、菊池桃子
    1列目:小沼みな、五関(ごかん)るみな、古沼美波、伊藤るうな、馬渡(まわたり)愛子、伊東海菜美(みなみ)、福島由恵、糸日谷るい

    venus2020


    【巨人が球団公式チア「ヴィーナス」の新メンバー21名発表 美女&精鋭揃い】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/03(金) 22:28:15.63
    東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレー・最終ランナーをめぐり、取材合戦が激しさを増す中、この年末になって本誌編集部に飛び込んできたのが「イチロー氏に内定」の情報。
    官邸サイドに「国民栄誉賞は辞退するが、オリンピックはOK」の返答が届いたという。その背景を探る!

    右手でトーチカを垂直に構え、左手を上腕部に添えて聖火台に点火――。あのイチロー(46)のポーズが、7月24日の東京五輪の開幕式を盛り上げる可能性が高まった。

    オリンピックの最終聖火ランナーは、その国を代表するアスリートが務め、当日まで公表されない。1996年アトランタ五輪では、元世界ヘビー級王者のモハメド・アリ氏がパーキンソン病の震える手で点火し、感動を呼んだ。

    1964年東京五輪では、広島に原爆が落とされた1945年(昭和20年)8月6日、投下1時間半後に広島県三次市で生まれた早稲田大学競走部の坂井義則さん(故人)が最終ランナーを務めた。
    400mと1600mリレーで強化選手に選ばれたものの、代表選考会で敗退。しかし、「広島への原爆投下の日」という象徴的な日に生まれた19歳をサプライズで起用し、戦後日本の復興と平和の大切さを世界にアピールした。

    「今回の東京五輪は『復興五輪』をテーマに掲げており、東日本大震災からの復興と原発を含めたエネルギー問題を世界に発信します。
    大会のシンボルである聖火を掲げる最終ランナーは、開閉会式の演出を総合統括する能楽師の野村萬斎氏を中心に東京五輪組織員会、東京都が検討しますが、現在、有力視されるのは5人。

    ソチ・平昌冬季五輪で金メダルを獲得した男子フィギュアの羽生結弦選手、脳梗塞で倒れながらリハビリに励んでいる巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄氏、今年2月に急性リンパ性白血病を公表し、東京五輪を断念して次のパリを目指す競泳の池江璃花子さん、アトランタ五輪で金メダルに輝いたマラソンの高橋尚子さん、そして、日米通算で4367安打を放ち、今年3月に現役引退したイチロー氏です」(スポーツ紙記者)

    当初、キーワードが「復興」であることから、東日本大震災で被災した宮城県にゆかりが深い羽生選手が最有力視されたが、小池百合子都知事が「ぜひ一緒に大会を盛り上げるような役割を担っていただければよいと思っております」とイチロー氏の起用を強く望み、状況が一変。
    来年7月5日投開票の東京都知事選で「小池都知事に勝てる候補はいないのではないか」と判断した安倍晋三首相が、支援に回ったという構図だ。

    「兵庫県芦屋市出身の小池都知事は、国会議員時代に兵庫県内を地盤として活動し、阪神・淡路大震災を経験している。
    その際、オリックスを優勝に導いたイチロー氏が、被災した人たちにいかに大きな希望を与えたかを知っている。
    それが、マラソン競技の札幌市への開催地変更など、東京五輪組織委員会の森喜朗委員長にこれまで煮湯を飲まされ続けてきた。
    五輪のハイライトである最終ランナーの選考では、何としても存在感を示そうとしているのだろう」(自民党都議連首脳)

    開催時期が猛暑のピークであることから、体調面を考慮すると、長嶋さんと池江選手は難しい。
    今年4月に恩師でマラソン指導者の小出義雄さんを失った高橋尚子さんを期待する声も多いが、彼女は五輪組織委のメンバーで選ぶ側の立場だ。

    「残るは羽生選手とイチロー氏の一騎打ちと見られていましたが、なぜか羽生選手には新国立競技場のある東京都ではなく、宮城県で走る案が急浮上しています。
    “見えざる何か”が動いているのかもしれません」(前出・記者)

     週刊実話 
    http://dailynewsonline.jp/article/2141681/

    1


    【イチローが東京五輪「聖火最終ランナー」最有力】の続きを読む

    1: シコリアン ★ 2019/12/31(火) 15:10:10.48
     日本ハムは31日、斎藤佑樹投手(31)が一般女性(31)と結婚したことを発表した。入籍日は非公表としている。

    デイリースポーツ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000060-dal-base 

    20191231-00000060-dal-000-view


    【日本ハム斎藤佑樹が結婚!同い年の一般女性】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/12/30(月) 13:45:40.10 0
    シュアで華麗なバッティングをする現役アイドルがこちら

    乃木坂46:田村真佑(20)

    no title

    【シュアで華麗なバッティングをする現役アイドルがこちら(画像)】の続きを読む

    1: ジョーカーマン ★ 2019/12/15(日) 11:21:50.97
    元乃木坂46メンバーで女優・衛藤美彩のフォトブック「Decision」(2020年1月8日発売)より、SEXYなカットが先行解禁された。

    今回公開された写真は、北欧・アイスランドで宿泊したホテルで撮影。
    朝の光が差し込む部屋で、誰も見たことない凛とした「横顔」、息を呑むほど美しい「体の曲線美」を披露した。

    横顔は、ファンにもよく褒められる衛藤のチャームポイント。
    同カットを撮影するにあたってこだわったのは「ただ可愛いだけじゃない、誰も見たことない衛藤美彩。女性が見ても憧れるセクシーショット」で、本人もお気に入りの1枚となった。

    衛藤美彩、独身最後のフォトブック「Decision」
    同書は、幸せオーラ全開の衛藤が北欧・アイスランドで独身最後に撮り下ろしたフォトブック。
    圧倒的なスケールの大自然で、人生の分岐点に立った彼女の力強く美しい姿を撮影し、ホテルでは少し大人なセクシーショットにも挑戦している。

    また、私服やセルフメイク、恋愛観、地元・大分県での母娘対談など、今まで知らなかった“衛藤美彩”の魅力がたっぷりと詰め込まれた1冊となっている。

    https://mdpr.jp/news/detail/1912741

    衛藤美彩、セクシーカット解禁
    no title

    衛藤美彩フォトブック「Decision」より
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【西武源田と結婚・元乃木坂46衛藤美彩、美肌全開SEXYショット解禁!(画像あり」)】の続きを読む

    このページのトップヘ