タグ:野球

    1: 湛然 ★ 2017/12/15(金) 05:09:18.54 _USER9
    ミタパン、西武・金子侑と破局…交際4年すれ違い

     「ミタパン」の愛称で人気を集めるフジテレビの三田友梨佳アナウンサー(30)と、プロ野球・西武の金子侑司外野手(27)が破局したことが14日、分かった。

     スポーツ界と芸能界の注目カップルが終わりを迎えた。三田アナは2011年に同局に入社。翌12年1月に人気番組「パン」シリーズで「ヤマサキパン」(山崎夕貴アナ)に続く7代目に抜てきされた。金子は俊足を武器に16年に盗塁王を獲得。イケメンで女性の人気も高い西武の誇るスピードスターだ。2人は13年春、三田アナが出演する同局系「めざましテレビ」の取材で出会った。その後急接近し、ほどなく交際をスタート。翌14年8月に交際が明らかになり、金子は「大事な人と思って、お付き合いをさせていただいています」と認め真剣交際を続けていた。

     一時別れるなど紆余(うよ)曲折を経ながらも、三田アナが西武ドームに応援に訪れる様子が目撃されるなど関係は4年あまり継続。特に三田アナが30歳の節目を迎えた今年はゴールインも近いのでは、とみられていた。しかし、複数の関係者によると2人は先月頃に破局した。

     三田アナは「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜、後1時45分)の進行を務めるなど、同局の看板アナの1人。一方、金子も今季はケガで出遅れながらも、シーズン終盤には俊足を武器に復帰を果たしたチームの主力選手だ。お互い多忙な生活を送る中で徐々にすれ違いが生じたという。

     将来有望なカップルだけに注目を浴びていたが、今後は別々の道を歩む。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    三田友梨佳アナと西武・金子侑
    no title

     スポーツ報知 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000270-sph-ent

    【ミタパンこと三田友梨佳アナ 西武・金子侑と破局 交際4年すれ違い 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/12/13(水) 09:53:51.81 _USER9
     12日午後10時ごろ、名古屋市東区赤塚町の交差点で、元プロ野球中日の投手で会社役員の小松辰雄さん(58)=同市千種区宮根台=運転の乗用車が自転車をはね、乗っていた30代ぐらいの男性が13日、搬送先の病院で死亡した。

     愛知県警東署によると、現場は信号のある交差点で、小松さんの乗用車が直進しようとしたところ、横断していた男性の自転車と衝突した。同署が男性の身元や詳しい事故原因を調べている。

     小松さんは中日でエースとして活躍し、最多勝、沢村賞などを受けた。 

    無題

    時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000036-jij-soci

    【元中日小松辰雄さん、自転車はねる 男性が死亡 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2017/12/09(土) 04:49:36.63 _USER9
    大谷がついに決断した。米メディアは一斉に代理人のネズ・バレロ氏の「今朝、徹底した詳細なプロセスを経て大谷翔平はロサンゼルス・エンゼルスと契約することに決めました。彼はエンゼルスとの強いつながりを感じ、メジャーでの目標を達成するのに最適なチームだと判断した」との声明を伝えた。

     「天使の軍団」が、大谷のハートを射止めた。米メディアの間では全くのノーマークだったエンゼルスだ。プレゼン文書による「1次選考」を通過後も、トレードで「インターナショナル・ボーナスプール」と呼ばれる25歳未満のドラフト対象外の外国人選手に使える契約金枠を増額。誠意を尽くした。

     「1次選考」で脱落したヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは、大谷が西海岸で中小規模の都市を希望していることを示唆。本拠地球場エンゼルスタジアムはロサンゼルス郊外のアナハイムにある。また、米メディアでは大谷が日本選手のいない球団を希望していたとも伝えられており、エ軍はこの3点に合致した。

     ヤンキースGM補佐時代の13年オフ、田中の獲得に尽力したビリー・エプラーGMの戦略が奏功した。田中視察のために来日した時から大谷も熱心にチェックしていた経験も生かし、綿密な二刀流起用プランを作成。メディアを通じてラブコールを送ることはせず、プレゼンの文書と直接交渉で、それを大谷サイドにぶつけた。

     今季80勝82敗と負け越したエ軍は、投打で大谷の力を必要としている。先発投手による勝利数の合計は30球団中26位の44。14、15年に合計28勝を挙げ、ここ2年は故障に泣かされた右腕リチャーズらとともに、ローテーションの中核を担うことが期待されている。

     打線はチーム打率が30球団で28位・243に終わった。DHとしては、来年1月に38歳となるプホルスとの併用が濃厚。通算614本塁打で将来の野球殿堂入りが確実なスラッガーの野球に取り組む姿勢を間近で学ぶことができる。同時に、26歳の若さで通算201本塁打を誇るメジャー屈指のスター、トラウトからも刺激を受けることができる環境だ。

     大リーグでの2桁本塁打&2桁勝利は、1918年にベーブ・ルース(当時レッドソックス)が一度達成しただけ。来季達成すれば100年ぶりの快挙だ。1961年創設とメジャーでは歴史の浅いエ軍の一員として、新時代のパイオニアとなる。

    20171208-00000144-spnannex-000-view

    スポニチアネックス 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000144-spnannex-base

    【大谷翔平、エンゼルスと合意 代理人声明「強いつながりを感じた」 】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2017/12/03(日) 18:21:01.45 _USER9
    斎藤佑樹、好きなタイプは「美人な人…中条あやみ」

     日本ハム斎藤佑樹投手(29)が好きな女性のタイプを聞かれ、男らしく即答した。

     3日、北海道・旭川市内のホテルで行われた後援会のイベントに、谷口とゲスト出演。
     詰めかけた女性ファンの熱気に「正直、驚いています」と目を丸くさせた。
     質問コーナーで、好きな女性のタイプを聞かれ「美人な人です」と回答。
     質問者に「私はどうですか」と聞かれると、爽やかな笑みを浮かべ「すてきです」と返し、ハートをくすぐった。

     その後も女性にまつわる質問が相次いだが、隠すことなく明快に応え続け、会場を盛り上げた。
     好きな顔を聞かれ「だいたい美人が好きなんですけど…見るからに正統派な、中条あやみさんが好き」。
     タイムマシンに乗って行きたいのは、過去と未来かには「ちょっと先の未来に行って、僕のお嫁さんを見たい」と、惜しみないトークで沸かせていた

    201712030000566-w500_0

    日刊スポーツ 
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201712030000566.html

    【日ハム・斎藤佑樹、好きなタイプは中条あやみ「だいたい美人が好き」  】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2017/11/26(日) 04:42:07.32 _USER9
    荒波が宮崎瑠依と結婚! 交際期間4年、今夏すでに婚姻届

     DeNA・荒波翔外野手(31)と、タレントの宮崎瑠依(34)が結婚していたことが25日、分かった。約4年の交際を実らせ、今年の夏に婚姻届を提出。宮崎は妊娠しておらず、年内に挙式を予定している。

     以前はあいさつを交わす程度だった間柄。関係者によれば2013年末、ともに所属するホリプロのスタッフを交えた食事会で意気投合し、そこから交際に発展した。
    既に親しい知人には結婚を報告しており、荒波本人は「苦しい時に彼女がそばで支えてくれた。野球を頑張ることで、僕が恩返ししないといけない」と、周囲に強い決意を明かしている。

     神奈川出身の荒波は横浜高出身で、DeNA創設初年度だった12年に外野のレギュラーを獲得した。プロ2年目はチーム最多となる141試合に出場。翌13年も両リーグ最多16補殺を記録し、2年連続でゴールデングラブ(外野手部門)を受賞した。
    桑原の台頭などでここ数年は出場機会を減らしているが、15年には70試合で打率2割9分8厘をマーク。献身的にサポートし続けたのが宮崎だった。

     宮崎の趣味はプロ野球観戦で、熱烈な巨人ファンとしても知られているが、サッカー好きであるのは2人の共通項。野球でもプライベートでも、真っすぐな荒波の人柄にひかれたといい、順調に愛を育んでいった。
    結婚後も変わらず仕事を続けていく予定。さわやかなカップルがゴールインした。

     DeNAは今季3位からクライマックスシリーズを勝ち上がり、日本シリーズではソフトバンクに2勝と健闘。人気球団として階段を駆け上がる中で、生え抜きでもある荒波の存在は不可欠だ。
    来季が8年目。姉さん女房と二人三脚で、有言実行の復活を果たす。

    ◆荒波 翔(あらなみ・しょう)
    1986年1月25日、神奈川県生まれ。31歳。横浜高から東海大、トヨタ自動車を経て2010年ドラフト3位で横浜(現DeNA)に入団。プロ2年目の12年にはチーム最多となる141試合に出場し、13年まで2年連続のゴールデングラブ賞(外野手部門)。
    通算成績は511試合で打率2割6分3厘、10本塁打、96打点、62盗塁。179センチ、78キロ。右投左打。年俸3300万円。

    ◆宮崎 瑠依(みやざき・るい)
    1983年6月21日、東京都生まれ。34歳。成城大在学中からタレント活動を開始。日テレ「ZIP!」や、TBSラジオ「ドライバーズ・リクエスト」「鉄人ミュージック」などに出演。
    G党として知られ、スポーツ報知でも連載コラム「ズバッとG論」を執筆。2013年からはプロ野球の表彰イベント「NPBアワーズ」のMCを務めている。ホリプロアナウンス室所属。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    no title

     スポーツ報知 
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171126-OHT1T50000.html

    【DeNA・荒波が宮崎瑠依と結婚!交際期間4年、今夏すでに婚姻届 】の続きを読む

    1: THE FURYφ ★ 2017/11/10(金) 15:47:33.79 _USER9
    ◆明治神宮大会高校の部(10日・神宮) ▽日本航空石川7X―6日大三(延長10回無死一、二塁からタイブレーク)

    日大三(東京)の小倉全由(まさよし)監督(60)が、日本航空石川(北信越)の危険なプレーに怒りをあらわにした。

    同点の9回裏2死一、二塁から、日本航空石川の7番・山岡広紀二塁手(2年)が右前打。サヨナラを阻止するため、右翼手は前進守備だったが、二塁走者の上田優弥左翼手(2年)が本塁へ突入。送球を受けていた斉藤龍二捕手(2年)と激突した。

    ミットからボールがこぼれたため、一時はセーフの判定となったが、小倉監督らが猛抗議し、審判団が協議。危険なプレーと判断し、守備妨害としてアウトの判定に変わった。斉藤は担架で運ばれ途中交代。試合後は、救急車で病院へ向かった。

    試合後の小倉監督は「あんなプレーは絶対に許せない。下手したら死んじゃうよ。チームで徹底しておかないといけない」と怒りをあらわにした。

    日本航空石川の上田は「完全にアウトのタイミングで(本塁へ)真っすぐスライディングをしようと思っていた。(右翼からの送球を受ける)キャッチャーと重なってしまった。スピードに乗ったままで、よけきれなかった。キャッチャーに申し訳ない
    気持ちです」と神妙な面持ちだった。

    無題

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000100-sph-base

    日本航空石川・中村隆監督
    「本当に申し訳なかった。お詫びするしかない。あのクロスプレーはフェアプレーではなかった。もう少しそういったところを
    チームとして徹底していかないと」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00137880-baseballk-base

    【日大三・斉藤捕手が本塁交錯プレーで救急搬送 小倉監督は危険なプレーに激怒】の続きを読む

    このページのトップヘ