中二病速報

    タグ:野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/06/21(火) 03:33:37.54 _USER9
    ■野球が変わる?マイナーリーグで”自動審判”

    豊島実季アナ「そして今日はその大リーグを変えるかもしれないものを取り上げます。ストライクとボールを判定する画期的なシステムが導入されたんです」

    ※MLBの試合映像が流され…
    実況アナ「見逃し三振!ああ、大谷としては珍しく首を振っています」

    豊島実季アナ「大谷選手が際どいストライクの判定に首を振って苦笑い」
    青井実アナ「そうそう、今シーズン、これ何回か見るような気がしますよねえ」
    豊島実季アナ「はい。ストライクの判定を巡っては不満が募り、激昂して退場になる監督や選手が後を絶ちません。人間が判定する以上、100%正確な判定は不可能です」
    青井実アナ「まあまあ、そうですよねえ。とはいえ、大リーグ1打席1打席の成績次第で年俸が何億円も変わってくる世界ですから、皆さん必死ですよ」

    豊島実季アナ「そうした中で大リーグの傘下マイナーリーグ3Aで導入されたのが『自動審判』です。ストライクとボールの判定だけを機械で行うシステムです。
    この秘密、球場に設置された黒い物体、『レーダー』です。さらに、複数のカメラでボールの動きなどを正確に計測するシステム、『スタットキャスト』が判定を支えます。
    全ての球場で導入されていて、ファンサービスとしてテレビ中継などで使われていた、このスタットキャストを利用した新たな試みが自動審判なんです」

    青井実アナ「いや~、もうここまで来ましたか~」

    豊島実季アナ「ストライクゾーンはホームベースの上が基準になりますが、高さは選手の身長によって変わるため、データを予め入力することで調整し、
    ストライク、ボールを判定します。機械が出した判定結果はイヤホンで球審に瞬時に伝えられます。そして球審はストライクかどうかをコールするんです。
    審判のあり方を大きく変える可能性のあるこのシステムについて、大リーグを長年取材しているジャーナリストは…」

    AKI猪瀬さん「ストライク・ボールがしっかりと判定されているという意見の方が圧倒的に多数なので、『こういうものを今はやめようよ』っていう雰囲気はアメリカ国内にはない」

    豊島実季アナ「自動審判による恩恵を受けるのは選手だけではありません。
    近年は審判の正確性を評価する通信簿のようなサイトなどもあって、審判にも以前より厳しい目が向けられていたんです」

    ■球審の正確性を評価するツイッターより
    ・全体的な判定の正確さ=88%
    ・ボール球を正確に判定した割合=94%
    ・ストライク球を正確に判定した割合=77%

    青井実アナ「なるほど。まあ機械が判定するようになって、審判へのこういった批判が無くなれば、それは良いことになりますよねえ」
    豊島実季アナ「ただ、その一方で、自動化によって、スポーツの面白さが損なわれるのではないかという指摘もあるんです」
    青井実アナ「分かりますよ」
    豊島実季アナ「キャッチャーが捕球の際にミットを動かして際どいコースをストライクにする技、『フレーミング』。これ、人間の判定ならではだと言われています」

    AKI猪瀬さん「人間の感情、こういうものが入ってくる余地が一切ないということになってきますので、その辺を見ている方がどう感じるかによることだと思います」

    青井実アナ「皆さん、どう思いますかね? 人間がやってる審判もまたそれも魅力的だし。ちょっと課題はありそうですけどね」
    豊島実季アナ「そうなんです。現在はマイナーリーグでの実験段階ですが、AKI猪瀬さんによれば、早ければ再来年にも大リーグで導入される可能性があるということです」
    青井実アナ「ちょっと見守っていきましょう」

    【了】

    >>2-5あたりに、似た内容の記事)
    NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220520/k10013635111000.html

    20220520_umpire_ge


    【早ければ再来年からメジャーで『自動審判』導入か!?ストライクとボールを機械が判定 マイナーリーグ3Aでは今季から導入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/06/20(月) 21:29:25.013
    LiSAさん、えっちなノーバン始球式wwwwwww

    geo20110418320017-p1

    geo20110418320017-p2

    geo20110418320017-p3

    geo20110418320017-p4

    geo20110418320017-p5

    geo20110418320017-p6

    geo20110418320017-p7

    geo20110418320017-p8

    【LiSAさん、えっちなノーバン始球式wwwwwww(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/06/17(金) 08:51:13.84
    台湾のチアガールさん、エッチが限界突破してしまうwww

    ムホホw
    no title

    【台湾のチアガールさん、エッチが限界突破してしまうwww(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/06/15(水) 12:21:34.85 _USER9
     4月30日の阪神戦で負傷し、5月1日に登録抹消となり、今月9日の西武との交流戦から1軍復帰した巨人の坂本勇人内野手(33)。現在、オールスター投票でもセ・リーグの遊撃手部門で1位となっている人気選手だが、そんな彼にスキャンダルが。自身を接客していた女性にケガをさせ、その後550万円を支払っていたというのだ――。

     坂本が事件を起こしたのは2018年2月。チームメイト2名と宮崎市内のキャバクラに来店し、4人の女性が接客した際のことだった。女性のうち2人は、坂本が指名した20代の売れっ子だったという。ほどなくして酔いの回った坂本は、彼女たちに「今日は(ホテルに)一緒に帰ろう”と、言い寄りだした。しかし、女性たちは野球選手にあまり興味がなかったため、やんわり断り続けたという。すると“犯行”に及んだ。

    「思い通りにならずむしゃくしゃしたのか、ついに坂本選手がキレだして、挙句……女性たちの肩や太ももにかみついてしまった。プロ野球選手だからか、食いしばる力も半端ない。かまれた場所は内出血して、しばらく痕(あと)が残ったほどです」(宮崎市内の飲食店関係者)

     さすがにまずいと思ったのか、翌日、坂本は複数の選手を引き連れて来店。女性の内の一人に謝罪するとともに、彼女のバッグに7万円をねじ込んだという。しかし、もう一人の女性は納得せず。

    「最初に50万円を受け取ったのですが、それでは収まらず、ついに“代理人”を名乗る男が登場。再び坂本側と交渉を持ちました」

     と語るのは、坂本の知人。

    「結局、坂本側は18年7月に追加で500万円支払い、女性側も総額550万円で手打ちとなりました」

     計550万円を受け取った女性に聞くと、

    「その件は喋れないんです。お店とも揉めたみたいで……私との一件があってから、巨人の選手は来店していませんね」

     と、黙して語らずとも、「一件」の存在を示唆した。

     そこで、読売巨人軍に質したところ、

    「当球団の顧問弁護士が、先方から反社会的勢力及びその密接交際者ではないとの確約を得た上で、適切に解決しました」

     6月16日発売の「週刊新潮」では、球界を代表するスターの不祥事と読売巨人軍の対応について詳報する。
    「週刊新潮」2022年6月23日号 掲載
    新潮社
    https://news.yahoo.co.jp/articles/eaa8e1c8268699674b65994d12ab13c0c2a305ab 

    20220615-00867753-shincho-000-3-view


    【【新潮】巨人・坂本勇人が女性にかみつき「慰謝料550万円」トラブル 球団は公表せず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/06/14(火) 00:57:46.95 _USER9
    落合博満氏 声優の息子・福嗣は「あの性格だと野球選手は無理」 その理由も

    元中日監督の落合博満氏が12日に放送された日本テレビ系列「行列のできる相談所」に出演。
    息子で声優の落合福嗣(34)について語った。

    この日がバラエティー「初めて」という落合氏。
    息子が声優の道を選んだことについて「息子が自分で選んだ仕事ですからね。親としては文句は言わないです」と言い切った。

    進行役の東野幸治が「野球(の道に)いってほしかったとかは?」と聞くと、「あの性格だと野球選手は無理です」ときっぱり。

    その理由を「人を蹴落としてまでも、自分がのし上がろう、そういう性格でないと無理でしょうね。人が寝てる間でも自分が練習しなきゃいけない、という世界です」。自身の経験に裏打ちされた“名言”が次々に発せられていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f3bc2e57ddf50869634326a760e889727acb8e6c 

    m_20220613129


    【落合博満氏 声優の息子・福嗣は「あの性格だと野球選手は無理」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/06/12(日) 17:12:40.35 _USER9
    福岡県出身の「櫻坂46」関有美子さんが始球式に登場

    ■ソフトバンク ー ヤクルト(交流戦・12日・PayPayドーム)

    12日にPayPayドームで行われたソフトバンク対ヤクルト戦で人気アイドルグループ「櫻坂46」の関有美子さんが始球式を務めた。
    惜しくもノーバウンド投球とはならず「練習のときは届くかなと思ったのですが、本番緊張しすぎてしまいました」とコメントした。

    スタンドを魅了した美しき笑顔 「櫻坂46」関有美子さんの豪快始球式の映像

    福岡県出身で幼少期からドームに足を運んできたという関さん。
    背番号「46」のユニホームをまとってマウンドに上がると、大きく振りかぶってボールを投じた。
    ボールはわずかに一塁側に逸れ、バウンドしてしまったものの、ピンク色に染まったスタンドからは大きな拍手を送られた。

    自身の投球を「60点です」と振り返った関さん。
    この日着用した今年のタカガールユニホームを「いつもとても可愛くて大好き。今年もすごく華やかで可愛くてうれしいです」と絶賛。
    「昔から通っていたドームと変わらず、温かい雰囲気で、安心感をもらいました。ホークスのいちファンとして、これからも皆さんと一緒に応援していきます!」と話していた。

    http://news.yahoo.co.jp/articles/cd20ed57da7b51842487fab8b6284dc320d17048

    動画 有美子会長、ノーバンならず
    【会長】櫻坂46・関有美子さん ”気品に溢れお上品な始球式”
    https://www.youtube.com/watch?v=3kXYI6I5os4


    関有美子、美しすぎる始球式!
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    欅坂46 2期生 関有美子
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【美しすぎる!「会長」関有美子、ノーバンならず!気品に溢れるお上品な始球式(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/06/08(水) 15:54:27.41 _USER9
    今季から北海道日本ハムファイターズの監督をつとめる新庄剛志氏(50)が2006年にドーピング(薬物使用)検査の結果、陽性反応が出ていたことが、ジャーナリスト鷲田康氏と『文藝春秋』の取材で明らかとなった。06年当時、日本ハム球団代表だった小嶋武士氏が事実関係を認めた。

    06年4月18日オリックス戦でシーズン第2号本塁打を放った新庄監督は、「28年間思う存分野球を楽しんだぜ。今年でユニフォームを脱ぎます打法」と、突然、現役引退を表明する。実は、この劇的な引退宣言の裏で、薬物問題が起きていた。

    日本のプロ野球界では、2006年からドーピング検査がスタート。ただし、初年度は日本野球機構(NPB)と選手会の間で、違反行為が見つかった場合も氏名非公表、罰則なしとの合意がなされていた。

    「開幕直後にNPB初のドーピング検査が行われ、その対象となったのが日本ハムの試合だった。両チームの関係者がくじ引きで検査対象選手を決めますが、日本ハムの対象選手となったのが新庄監督でした。NPBの職員と医事委員会の医師が確認する中で、尿検査が実施されました」(球界関係者)

    検査機関の三菱化学ビーシーエル(現・LSIメディエンス)からNPBに衝撃的な報告が届いたのは、検査から半月ほど過ぎた時期だった。その結果は「覚醒剤成分の検出」だった。

    「慌てたのはNPBでした。覚醒剤となると、刑事事件に発展する可能性もあるため、当時の根來泰周コミッショナーが警察に届けるように指示。長谷川一雄事務局長が警視庁へ相談に行くと、薬物を担当する組織犯罪対策部5課が対応することになった」(同前)

     一連の経緯について当時の球団代表であった小嶋武士氏に尋ねると、「もちろん詳しく知っていますよ。(日本ハムで)私がすべて担当しましたから」と答え、90分にわたって当時の状況を説明した。

    「ドーピング検査の結果、『問題がありそうだ』と連絡が(NPBから)きた。一番心配したのは警察沙汰への対応です。でも警察は問題なしという判断だった。少なくとも大きな問題ではなかったように思います」

    ――新庄監督本人からどんな説明があったのか。

    「ナイトゲームの翌日にデイゲームがある際など、身体がだるい時に疲労回復のためにサプリメントを飲んでいたと。メジャー(リーグに)いた頃から時々使っていたそうで、中身に何が含まれているかは知らなかったそうです」

    ――注意はしたのか。

    「禁止薬物の可能性があるので、今後は使わないようにと。彼は『不注意でした。申し訳ない』と謝っていましたよ」

    ――本当に不注意だったのか。

    「彼と話をするなかで、意識的に(ドーピングを)やっていたという印象は一切、受けなかったです」

    ――日ハムではドーピングの対策をとっていなかったのか。
    続きはソースをご覧下さい

    https://bunshun.jp/articles/-/54879

    20220608-00054879-bunshun-000-6-view


    【【文春】「メジャーの時から使っていた」日本ハム元球団代表が“新庄剛志の薬物使用”を認めた】の続きを読む

    このページのトップヘ