中二病速報

    タグ:野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/02/23(火) 11:33:36.88 _USER9
    野球美女・笹川萌さんは年明けにCMデビュー、今春からYouTuberに転身する
    ムコウズ女子野球部・笹川萌さん

     OL野球女子として話題の笹川萌さんが、本格的に野球YouTuberデビューした。2019年に公開された美女左腕の動画が520万回を超える大ヒット。昨年末で自動車機器メーカーを退職し、年明けにテレビCMデビューした。草野球界で注目を集める25歳の素顔に迫り、その魅力や今後の夢を聞いた。

     晴天に恵まれた2月の土曜日。笹川さんはムコウズ女子野球部の一員として、滑らかな投球フォームからキレのある球を投げ込む。相手打者は全員男性だ。「楽しいですね。男性相手に投げるのも楽しいです。(メンバーには)小学生の時しかやってこなかった子もいる。フライが取れるようになった、ヒットを打てるようになった。そういうのを見るのも楽しいです」。内角ストレートで見逃し三振を奪うと、マウンド上で笑顔満開だ。

     男性顔負けの野球選手だ。横浜隼人高1、2年時に投手として全国優勝。最速130キロ弱を記録した直球の最速は「今は120キロいかないぐらい」だが、右打者の懐をえぐるクロスファイヤーが魅力だ。カーブ、スライダー、チェンジアップと球種も多彩。尚美学園大では4年時には打者として全国制覇に貢献。社会人になってから再び野球熱に火が付いた。「大学4年生で野球を辞めようと思ったんですけど、会社の同僚に草野球に誘われて……。そこからハマってしまいました」。

     週末は自宅のある横浜市から愛車を走らせて、都内や千葉。大阪まで足を伸ばすこともある。「投手はとにかく下半身トレーニングが必要。体型が女の子らしくなれないところが嫌だなと思いつつ……。ダイエットもしたいですけど、ダイエットしたら球が速くならないと思いながらご飯を食べています」。腹筋は硬く縦に割れ、二の腕には力こぶができる。野球に情熱を注ぐが、素顔は25歳の女性そのものだ。

    肌身で感じる女子野球の可能性「たくさんの方に女子野球を知ってもらいたいです」
    ムコウズ女子野球部・笹川萌さん【写真:小谷真弥】

     脱サラして女子野球で日本一を目指す「amazing(アメージング)」に加入。YouTuberとして本格的に活動する。野球少女だった頃から思い描いていた夢を実現させるためだ。

    「中学まで男子に交ざって。高校、大学と女子野球をやってきたんですけど、まだまだ普及していないなと感じています。もし自分に女子野球を普及できる力があるなら、そこに挑戦してみたいです」

     これまでYouTube動画がヒットし、草野球の対戦相手からは「今日、萌ちゃん投げるんでしょ?」と注目の存在となった。最近では町中でも声をかけられるという。「新大阪の駅で色紙を持っているファンの方もいて。『うそぉ~』って嬉しかったです」。西武、阪神が女子硬式野球チームを設立した。「硬式のボールでキャッチボールすると痛みが出て……。入るのは難しいと感じてますが、あのユニホームでプレーするのは楽しそうだなとすごく思います」。女子野球が盛り上がる可能性は感じている。

     憧れの選手はエンゼルス・大谷翔平投手だ。「投げて打つ姿をすごい憧れます。羨ましいです。私は投手が好きなので、チームの勝利へ引っ張っていけるような、背中で見せられる選手になりたいです」と目を輝かせる。「(草野球メンバーは)みんな趣味のように楽しんでいる。たくさんの方に女子野球を知ってもらいたいです」。笑顔の一投一打で野球の魅力を伝えていく。

     ◇笹川萌(ささがわ・もえ)1995年5月19日、神奈川・横浜市生まれ。小学2年から山手メイツで投手として野球を始め、中学校では横浜ベースボールクラブサムライでプレーした。横浜隼人高では女子硬式野球部1、2年時に全国制覇を経験。尚美学園大の女子硬式野球部では左肩を故障する1年まで投手。2年生から一塁手でプレーした。4年時の大学選手権では主に「6番・DH」として活躍して全国優勝した。自動車機器メーカーの営業職として勤務。20日にYouTubeチャンネル「笹川萌」を開設した。身長164センチ。遠投は80メートル。50メートル走は6秒9。好きな芸能人は小栗旬と山田孝之。好きな食べ物は焼き肉(カルビ)。

    20210222_sasagawa_km-560x373

    20210223_sasagawa_km-560x373

    https://www.youtube.com/watch?v=nUKDLS2eSEM&feature=emb_logo


    https://news.yahoo.co.jp/articles/845eab6537506fc4ba49c3c23151a4ae5217cec9

    【最速120キロ級の速球を誇る野球美女 男性もキリキリ舞いにする笹川萌さん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/02/20(土) 21:36:29.68 _USER9 BE:495523216-2BP(0)
    木口亜矢、昨年離婚していた…15年に当時オリックスの堤裕貴と結婚、17年に出産 

     タレントの木口亜矢(35)が昨年に離婚していたことが20日、分かった。木口は15年に当時、プロ野球・オリックス内野手だった堤裕貴(27)=現在は三菱重工Eastでプレー=と結婚し、17年11月に第1子の長女が誕生していた。

     木口は昨年12月30日に更新した自身のインスタグラムで1年を振り返る際に「私自身の生活ですがシングルマザーとなり新しい生活が始まりました。娘と二人、日々の成長を愛おしく思いながら過ごしております」と報告していた。

     この日は離婚報告以来となるインスタグラム更新で「みなさんお久しぶりです。私の日常は毎日こんな感じですこれがだいたいの基本スタイル。マスク生活のためメイクも眉毛とチークのみ。たまにマスカラをする。リップもつけてるんるんしたいところです。そしてピアスは全て片方だけなくなってしまった。もうピアスがひとつもない」などと記していた。

    木口亜矢
    no title
    スポーツ報知
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fe647826a7f9a251d36274feae6e342493016d63

    【木口亜矢、昨年離婚していた 15年に当時オリックスの堤裕貴と結婚、17年に出産】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2021/02/17(水) 21:28:28.59
    清原和博、9キロ痩せる
    タイトルなし

    https://youtu.be/_c3Eb-Vqz7s


    ウキウキで草

    【【朗報】清原和博、9キロ痩せる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2021/01/15(金) 13:33:35.38
    【巨人】坂本勇人 エース・菅野の残留に「日本で一番の選手だと思う。同じユニを着てまたプレー出来るのは大きな喜び」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/89adbad1ed6f0d31f65a11eb3cd1f4bf71513eb4

    20210115-01150079-sph-000-4-view

    沖縄で自主トレ中の坂本勇人選手。ちょびヒゲを生やし、イメチェン!?(2021年1月14日=カメラ・球団広報提供)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/89adbad1ed6f0d31f65a11eb3cd1f4bf71513eb4/images/000

    【【悲報】巨人坂本、ちょびヒゲを生やしてイメチェンwww(画像)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/01/12(火) 05:17:19.40 _USER9
    桑田真澄氏が巨人入閣 コーチとして15年ぶり復帰、投手陣強化へ豊富な知識と経験伝える

     巨人の今季コーチングスタッフに、OBの桑田真澄氏(52)が入閣することが11日、分かった。近日中にも球団から発表される。プロ入りから背番号18を背負い、巨人のエースとして活躍。21年間在籍し、通算173勝を挙げたレジェンドが投手陣の強化に着手する。桑田氏にとっては06年オフの退団後初めて、指導者として古巣のユニホームに袖を通すことになる。

     06年11月23日、東京ドーム。米球界挑戦を決めた桑田氏は、ファンフェスタの観衆3万6291人の前で涙の退団セレモニーを行った。うつむき、こみ上げるものをこらえる。

     「21年間、18番を預からせていただいた。本当に感謝を込めてお返ししたいなと思う」。涙の別れから15年――。巨人の黄金期を支えた元エースがコーチとして古巣に戻り、投手部門の強化を図る。

     引退後の11年には、指導者としての将来的展望について「巨人でユニホームを着られるのがベスト」と語っていた。プロ野球の指導経験こそないが解説やアマチュア指導者として活躍。現役時代から頭脳派として知られ、現代の価値観に即した革新的な指導理念は球界に「新風」を吹き込むことになるだろう。

     リーグ2連覇した昨季は日本シリーズでソフトバンクに2年連続で4連敗を喫した。自身は「10・8決戦」と称された94年には、同率首位で並んだ中日との最終戦(ナゴヤ球場)で3本柱の槙原寛己(スポニチ本紙評論家)、斎藤雅樹の後を受けて胴上げ投手になった。大一番で培った経験を、投手陣に伝えていく。

     ポスティングシステムを申請して大リーグ球団と交渉したエース菅野は残留が決まった。だが、近い将来を見据えれば、次代のエース育成はチームとして必須事項だ。昨季、菅野に次ぐ9勝を挙げた戸郷や力強い直球が武器の畠や桜井ら、潜在能力の高い投手は多い。変化球を巧みに操る左腕の田口には、試合中継後のモニター越しのインタビューで指導を行ったこともある。

     引退後は09年に早大大学院でスポーツビジネスを学び、14年には東大大学院の総合文化研究科に合格して投手や野手の動作に関する研究を行うなど知見を深めてきた。指導者としても13年に東大の特別コーチ、16年にはBC信濃の臨時コーチを務めた経験がある。

     95年の右肘じん帯断裂を乗り越え、復活勝利を挙げた97年4月6日のヤクルト戦(東京ドーム)では右肘をプレートに置く儀式をした。大ケガからの復帰に、07年にはパイレーツでのメジャー登板と「生き字引」と言えるほど経験は豊富。古巣に新たな知識を伝え、投手王国を築く。

     ◆桑田 真澄(くわた・ますみ)1968年(昭43)4月1日生まれ、大阪府出身の52歳。PL学園では5季連続で甲子園に出場し優勝2度、準優勝2度。甲子園通算20勝は戦後最多。85年ドラフト1位で巨人入団。2年目の87年に防御率1位、ベストナイン、沢村賞を受賞し、94年にMVPを獲得した。95年に右肘じん帯を断裂。じん帯移植手術を受け、97年に復帰した。ゴールデングラブ賞8度。06年限りで巨人を退団しパイレーツに入団。08年3月に引退した。09年には早大大学院に入学。右投げ右打ち。

     【巨人退団後の桑田氏】

     ▼06年 2軍調整中だった9月23日、球団公式サイトで巨人を退団する意思を表明。11月にメジャー挑戦を表明し、12月にパイレーツと契約。

     ▼07年 6月10日(現地時間)に当時の日本人最年長39歳70日でメジャーデビュー。8月に戦力外通告を受ける。

     ▼08年 1月に再びパイレーツとマイナー契約を結ぶも、3月に構想外となり現役引退を表明。

     ▼10年 前年に入学した早大大学院スポーツ科学研究科を3月に首席で修了。修士論文で最優秀論文賞。

     ▼11年 9月14日に行われた福島県復興支援交流戦で、福島県社会人野球県北選抜を相手に2回無失点。

     ▼13年 1月に東大硬式野球部の特別コーチに就任。

     ▼14年 3月に東大大学院総合文化研究科に合格。

     ▼16年 3月にBC信濃で臨時コーチを務める。

     ▼18年 8月に第100回大会の夏の甲子園で始球式に登場。

     ▼19年 1月に母校のPL学園野球部のOB会長に就任。

    スポニチアネックス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dcbca5405bc3fd59928b44603e13576b820a3a49

    no title

    【桑田真澄氏が巨人入閣 コーチとして15年ぶり復帰】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/01/08(金) 07:09:30.39 _USER9
    日本時間8日午前7時が交渉期限だった

     ポスティングシステムを利用してメジャー挑戦を目指していた巨人の菅野智之投手が、今季も巨人に残留する見通しとなった。メジャー球団との交渉が8日の期限までに合意せず、ポスティングは不成立に終わったとスポーツ専門局「ESPN」のジェフ・パッサン記者が伝えた。

    【写真】「たまたま会いましたー!」 西武山川が巨人坂本と撮った奇跡の2ショットを公開しファン興奮

     以前からメジャー挑戦の希望を持っていた菅野はポスティングシステムの利用を決断。巨人は昨年12月8日に手続きを申請した。メジャー球団との交渉期限は米東部時間7日午後5時(日本時間8日午前7時)とされ、菅野は申請後も巨人残留を視野に入れながら熟考していた。

     日本球界でも屈指の投手である菅野には複数の球団が関心を示し、メッツやレッドソックス、ブルージェイズ、ジャアンツなどが候補に挙がっていた。菅野自身も元日に米国へ向けて出発。現地で代理人のジョエル・ウルフ氏と話し合いながら交渉を進めてきたが、期限までに合意に至らなかった。

     2017、2018年に2年連続で沢村賞に輝き、昨季は14勝2敗、防御率1.97で最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した菅野。エースに対して巨人は4年契約を提示し、しかも、毎オフの契約破棄条項が盛り込まれているという。ポスティングが不成立に終わり、今季は巨人に残留することになるが、来オフ以降に再びメジャー挑戦を志す可能性も残されている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/591fd29d2a141b6f6f9c4aa591ff84eaf47cd018

    no title

    【菅野智之が巨人残留へ メジャー球団と合意に至らずポスティング不成立と米記者】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/01/05(火) 03:20:08.96 _USER9
     元AKB48の人気メンバーで歌手、板野友美(29)とヤクルトの最速155キロ左腕、高橋奎二(けいじ)投手(23)が友引の5日未明、結婚した。高津臣吾監督(52)とAKBのプロデューサー、秋元康氏(62)が証人の欄にサインした婚姻届を東京都内の区役所に2人で提出した。複数の関係者の話を総合すると、夫妻は2019年春に共通の友人を介して出会い、交際1年半でゴールイン。燕の若きエース候補は6歳上の姉さん女房の支えを得て、今季こそローテーション定着を目指す。

     AKBの「神7」と呼ばれるトップメンバーとして国民的人気を誇ったともちんが、俳優の竹野内豊似で知られる球界きってのイケメン、高橋奎二を射止めた。ダイナミックなフォームから投じる最速155キロの速球は大きな魅力で、燕のエース候補として将来を嘱望される一人だ。

     複数の関係者の話を総合すると、出会いは2019年春。共通の友人を介して知り合い、意気投合。友人関係から互いに意識する存在になり、同年6月に結婚前提の真剣交際をスタートさせた。板野は高橋の少年のように純真で真っすぐな性格にほれ、かいがいしく世話を焼くようになったという。

     高橋も板野にすっかり心を奪われ、19年は“ともちん効果”もあってローテーションの一角を担い、20試合に登板して4勝をマーク。だが、開幕投手候補にも挙がった昨季は故障もあり、10試合に登板して1勝しか挙げられず、1軍と2軍を行き来する試練のシーズンに。板野は高橋が神宮球場で先発する試合には必ず足を運び応援。叱咤激励し続けた。

     今季こそ先発ローテーションを守るべく奮起を誓う左腕にとって、6歳上の頼れる姉さん女房は絶対に必要な存在だと感じ、持ち味の直球勝負でプロポーズ。板野も受け入れ、交際1年半でのゴールインとなった。

     両家へのあいさつは年末、板野の実家と高橋の実家に赴き、済ませている。板野の芸能界の父でもある秋元氏には12月23日に直接報告。婚姻届の証人欄にサインをもらい、高津監督には年が明けた4日に夫妻であいさつに訪れ、同じく証人欄にサインしてもらったという。

     高橋はこのオフにヤクルトの若手が住む戸田寮を出て、2人はすでに同居生活を送っている。板野は妊娠しておらず、結婚後も高橋を支えながら芸能活動を続ける。ただ、コロナ禍を鑑み、挙式披露宴は未定。

     板野は06年に結成メンバーとしてAKB入りし、選抜総選挙で常に上位に入る人気メンバーの総称「神7」の一人としてグループを支えた功労者。ファッションリーダーとしても知られ、ダンスパフォーマンスはグループでもピカイチの実力を誇った。13年にAKBを卒業後は歌手に軸足を置き、活動している。

     初代神7の結婚は18年の前田敦子(29)、19年の篠田麻里子(34)、高橋みなみ(29)に次いで4人目。今年7月の30歳の誕生日を前に、20代で人妻となった。

     一方の高橋は京都・龍谷大平安高時代、2年春の選抜で優勝するなど3度甲子園に出場。16年にドラフト3位でヤクルトに入団し、ベテランの石川雅規(40)に続く貴重な先発左腕として期待は大きい。姉さん女房を射止めた直球勝負で、神宮のマウンドでも大黒柱になる。

    板野友美とヤクルト・高橋奎二が結婚 婚姻届証人欄に秋元康氏、高津監督 
    mrg21010503000001-p1

    https://www.sanspo.com/geino/news/20210105/mrg21010503000001-n1.html 




    【板野友美とヤクルト・高橋奎二が結婚】の続きを読む

    このページのトップヘ