中二病速報

    タグ:野球

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/19(水) 06:45:07.21
    今年1月、巨人の2軍走塁コーチ・片岡治大と結婚したベッキーが、18日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。
    男性のある行動に対し不満をぶつける一幕があった。

    この日のテーマは「ちょっと傷ついた男性の言動」。ベッキーは「多分、男性あるあるだと思うんですけど。
    こっちが一生懸命、夜ご飯を作って」と切り出しながら、「手作りの夜ご飯を食べた後にポテチを食べる(のがイヤだ)」と言及。

    ベッキーは再度「一生懸命料理を作った後にポテチを食べられると、『満足しなかったの?』(と思ってしまう)」と強調したが、
    明石家さんまは「別ものでしょ、ご飯とポテチは」と反論。だが彼女は、「でも心は満たされるじゃないですか。
    『美味しい料理作ってくれたな』(と思っていたらポテチは食べない)」と主張していた。

     RBB TODAY 
    https://news.livedoor.com/article/detail/16641564/

    20281_58_5cf97ac9_15949a63


    【ベッキー、夫に不満!?食後の男性の行動が理解不能 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/06/17(月) 22:31:35.58
    ◆ 松坂大輔「年内離婚」か……浪費妻がボストンで「教育費払えない」と悲鳴!?

     中日ドラゴンズ・松坂大輔投手と元日本テレビアナウンサー・柴田倫世さんが年内に離婚するのではないかと話題だ。

     16日放送のTBS系『アッコにおまかせ!』では、ビートたけしの熟年離婚を予言していた記者による、新たな極秘スクープを紹介。それによれば、長らく別居していた“元人気女子アナ”と“プロ野球選手”の夫婦が離婚危機だという。

     「ネット上では、長らく別居している松坂夫妻のことと見る向きが圧倒的。倫世夫人は、松坂がレッドソックスでのメジャー生活を終えても、全米屈指の学術都市であるボストンに居残り、3人の子どもに英才教育を受けさせている。
     年間数千万円に上る学費や習い事のほか、ブランド品に囲まれたセレブ生活を送っていると言われており、松坂の年俸が1,500万円まで下がった昨年には、野球ファンから『子どもの教育費、払えるのか?』と心配する声が相次ぎました」(記者)

     今年は、推定年俸8,000万円と、昨年に比べれば大幅アップした松坂だが、先月には練習の“サボり”が発覚。これを報じた「フライデー」(講談社)は、負傷した右肩のリハビリを理由に練習を休んでいた松坂が、練習日に日本テレビ・上重聡アナウンサーらとゴルフを楽しむ様子を掲載。これを受け、中日球団は松坂にペナルティーを与えたと発表した。

    「ネガティブな報道が続く松坂を、『子どものためにならない』と倫世夫人が見限った可能性はありそう。それでなくても、近年は帰国して夫の体調管理をしない倫世さんへの風当たりは強いですから……」(同)

     野球ファンから「ダメ妻」「わがまま」などと批判されてきた倫世夫人。単身赴任で復活をかける松坂に、三行半を突きつけてしまうのだろうか?

    エンタMEGA
    https://entamega.com/18899
    no title

    【松坂大輔「年内離婚」か 浪費妻がボストンで「教育費払えない」と悲鳴!?】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2019/06/15(土) 16:05:17.34 ● BE:218927532-PLT(13121)
    新体操元日本代表でタレントの畠山愛理(24)が、始球式を行った。

    グラウンドへ登場すると、地面に手をついて回転する新体操競技の「前方転回」を3回行うパフォーマンス。
    クルクルとマウンドへ向かい、球場を沸かせた。

    始球式では右足を高く上げてから1回転して投じる、名付けて「新体操投法」でボールを投じ
    ワンバウンドで捕手のミットへと収まった。

    足を上げる投法は当初予定していなかったが、本番前に元プロ野球選手・監督で現在解説者を務める
    古田敦也氏(53)から「足を上げた方がいいよ」というアドバイスを受けて実践したという。

    初めての始球式を終えた畠山は「(新体操の元選手として)らしさをださなきゃなと思って、
    引退しましたけどできる限りの見せられるところは、短い時間ですけどやらせていただきました。
    届かなかったのは残念ですけど、会場が盛り上がってくれたので気持ち良かったです」と笑顔を見せた。

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201906150000477.html

    no title

    no title

    no title

    no title

    【新体操の元選手畠山愛理、野球始球式で梶原一騎の漫画みたいな魔球フォームで投げる(画像あり) 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/01(土) 18:55:26.93
    【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

    野球解説者としてだけでなく、馬主であり、かつレーシングチームの監督まで務めるなど活躍の幅を広げている「ハマの大魔人」こと佐々木主浩(51)。
    プロ野球界のOBで唯一、薬物からの更生を目指している清原和博(51)の後見人を務めるなど、懐の広さも見せる人格者だ。

    だがそんな佐々木が奥さん以外の女性と密会しているというウワサがある。
    六本木の飲食店関係者が語る。

    「六本木の中心部から外れた隠れ家のようなバーに来ているそうです。一緒なのは奥さんの榎本加奈子さんではない小柄な美女です。
    隠れ家バーとはいえ、なにせ佐々木さんは190センチ、100キロの巨漢だけに店内でも目立ちまくり。
    お店の前には運転手が乗ったワンボックスが待機しているのですが、ナンバーが往年の背番号と同じなので、すぐに佐々木さんが来ているんだなと分かってしまう(笑い)。
    逆に言えばそれだけ堂々としているので、やましい関係ではないのかもしれませんが」

    かつて佐々木は榎本との不倫の末に離婚。前妻との間にできた長女と榎本との確執が週刊誌に書かれたこともある。
    榎本との間に生まれた2人の男の子もまだ中学生。よもや不倫では……。

    日刊ゲンダイDIGITAL
    http://news.livedoor.com/article/detail/16550287/

    4568d_28_e01c11a7_d067a5de


    【【日刊ゲンダイ】“大魔神”佐々木主浩 六本木の隠れ家バーで美女と密会情報 】の続きを読む

    このページのトップヘ