中二病速報

    タグ:酒井法子

    1: 膳摩漏 ★ 2018/07/25(水) 00:41:16.85 _USER9
    女っぷりをあげ、世界中からラブコールを受けている酒井だが、日本ではボクシング界の、亀田三兄弟の父・亀田史郎氏が“急接近”しているという。実際、前述の大阪でのディナーショーには、娘でボクサーの亀田姫月と参加。自身のインスタグラムにも、酒井との仲睦まじいツーショット動画をアップしている。

    「なんでも、酒井の仕事関係者と亀田父が知り合いだそうで、その共通の知人を介して約1~2年ほど前に出会ったようです。以来、亀田父は酒井に“ゾッコン”ではとも噂されています。行きつけのスナックでは『碧いうさぎ』を熱唱することもあるそうです。大阪で開催されるコンサートにはたびたび参加し、熱視線を送っています」(スポーツ紙記者)

     それだけではない。娘のリングネームを「マンモス姫月」にしてしまったのだ。「公には“マンモスのように突進しろ、という意味を込めた”と語っていますが、どう考えても、のりピー語の“マンモスうれぴー”の影響では(笑)」(前同)

     そんな亀田父の“アピール”に酒井はというと……。「いつも自分を応援してくれる亀田父に対し、まんざらでもないようです。その証拠に、ディナーショー後は楽屋に通し、“SEXY肢体”と笑顔で対応しているそう。2人で談笑する姿は、なんともお似合い。周囲の関係者たちは、“あの2人、もしかしたら、もしかするのでは?”と、仲睦まじさを感じ取っているようですね」(同)

    36160074_1738075322936599_1583555988223426560_n

    動画
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/fa18d24a855c59c0dd807fd300e904a3/5B59F31D/t50.2886-16/36378971_1540945799415213_1035581695443264489_n.mp4

    https://taishu.jp/articles/-/60304?page=2

    【酒井法子と亀田史郎パパが急接近!? 娘にのりピー語をつけた「本当の仲」 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/07/18(水) 15:38:44.34 _USER9
     女優で歌手の酒井法子(47)が18日、都内で行われたB&G(ブルーシー・アンド・グリーンランド)財団による子どもの健全育成活動をPRする「子ども健全育成大使」の就任式に出席した。

     12年11月に芸能界復帰。酒井が「子ども健全育成大使」就任することに、同財団の菅原悟志理事長は「様々な活動の中で、子供が失敗する、つまづくことは多々ある。全国の指導員、財団の職員、つまづいた子供たちにも、何度でもやり直しがきくんだ、と教えてきている。つまづいたり、取り返しの付かないようなことをしてしまったりした方がおりますが、2度とチャンスを与えないのは寂しい社会。子供から大人まで、どういう人でもやり直す機会を与える。心を入れ替えてもらい、社会の中でその分、頑張ってもらえばいい」と説明した。

     神妙な表情で聞いていた酒井は「私自身も『自分がこのような大役を務めていいのだろうか』という皆様がお持ちのような気持ちに正直、なりました。でも、お気持ちをいただいて、私にできることがあるのであれば―、とありがたくお引き受けをしました。いろいろな活動に、楽しく参加させていただきたいと思います」と話した。同財団、全国471か所にある社会体育施設「B&海洋センター」で開かれる子供を対象にした事業に参加予定。必要経費以外は無償で参加し、任期は2年。8月14日のイベント「砂ASOBeach(すなあそびーち)」(静岡・牧之原市の地頭方海浜公園横砂浜)にゲスト出演する。

     長男(19)を育てるシングルマザーの酒井は「(長男の)小学校のPTAになったような、そんな気持ちもどこかにある。地域の方々、親御さんたちと一緒に、1日1日を楽しく、自然の怖さを学びながら活動していけたら」。委嘱状を手に「私に何ができるか分かりませんが、任務を一生懸命やらせていただきます」と誓った。

    20180718-00000134-sph-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000134-sph-ent

    【酒井法子、子ども健全育成大使就任「私にできることがあるのであれば―」 】の続きを読む

    1: 抹茶ティラミス ★ 2018/07/12(木) 22:12:54.40 _USER9
    女優・沢尻エリカ(32)の中国での人気がすごい。
    沢尻は6月21日に中国・上海で行われた『第21回上海国際映画祭』に出席。長編劇映画部門に現在公開中の主演映画『猫は抱くもの』がノミネートされ、舞台あいさつのため会場の舞台に上がり、ファンに笑顔を振りまいた。
    「沢尻が海外の映画祭に出席するのはこれが初なんですが、現地からの熱烈なオファーを受けて実現。圧倒的な拍手で迎えられていました。というのも、中国で彼女の主演ドラマ『1リットルの涙』が放送されたことで、“沢尻エリカブーム”が中国全土で起こったんです。
    それ以来、『沢尻会』と呼ばれる9000人以上の会員を誇るコミュニティが中国で立ち上がりまして、この日の会場にもあふれんばかりのファンが駆けつけました」(映画誌ライター)
    沢尻といえば、7月クールのドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系)に出演。同作の主人公を演じる綾野剛(36)は、7月9日に行われた制作発表会見で沢尻について「カリスマですよ」と表現したが、日本だけでなく中国のファンをもとりこにする沢尻の魅力はさすが。7月19日から放送がスタートする『ハゲタカ』は中国でも注目を集めそうだ。

    中国で人気を集める日本人タレントといえば、歌手の酒井法子(47)が知られている。
    2009年に覚せい剤取締法違反の罪で、懲役1年6か月・執行猶予3年の判決を受けた酒井。12年に女優として復帰して以降、中国・香港・台湾などでの活動を増やし、最近ではアジアでの人気ぶりが日本のメディアでもたびたび紹介されている。
    「酒井は香港や中国で定期的にコンサートを行っていまして、チケットはすぐにソールドアウトになります。のりピーは日本では活動が表沙汰になりませんが、中国では“モンスター級美魔女”と呼ばれて憧れの的。本人も中国語を学ぶなど、再ブレイクに向けてやる気マンマンです」(芸能記者)

    一方、日本での大人気ぶりとは異なる意外な不人気歌手もいる。
    「6月3日に、東京ドームでラストツアーを終えた安室奈美恵(40)です。9月16日に芸能界を引退する安室は、2月のナゴヤドームを皮切りに、国内ドームツアー17公演と、アジアツアー6公演で、約80万人を動員するツアーを行ったのですが、中国・深センでの公演が大惨敗だったんですよ」(前出の芸能記者)
    3月17日と18日、深セン湾スポーツセンターで2デイズ行われたこのライブ。ここ数十年で爆発的な発展を見せる深センで、2011年に作られたばかりの収容人数2万人の、大きなキャパをほこる会場だが……。
    「2日目もガラガラだったそうですが初日はよりひどく、4000人程度しか入らなかったようなんです。日本からも多くのファンが深センに訪れたんですが、空席が目立っていたという現地の情報が相次ぎました。また当日はダフ屋もかなり出ていたのですが、かなりの良席でも定価価格。その2週間後に行われた香港コロシアムでの2デイズはいずれも満員だったので、
    中国のファンは最初からそちらに行く予定で、深センは見送っていたということでしょうか。日本ならどんな地方でも満員だと思いますが」(前同)

    日本でのカリスマは、大陸では通用しないということ?

    img_a65c1bd35bd02faf4e4c9cf4e48bddf8292493

    日刊大衆
    https://taishu.jp/articles/-/60270

    【沢尻エリカ、酒井法子、安室奈美恵 日本人は知らない中国人気の実態 】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2018/05/29(火) 18:36:32.33 _USER9
    のりピー、何でもない日常がありがたい…あれから9年“怪物級美魔女”の現在

    “のりピー”が贖罪(しょくざい)の道を誠実に歩んでいる。女優の酒井法子(47)が有罪判決を受けたのは2009年。
    12年11月に芸能界に復帰し、地に足をつけた活動で徐々に仕事の幅を広げてきた。
    現在の様子や心境、ファンへの感謝の思い、意外なマイブームなど赤裸々に語った。(取材・田中 俊光)

    デビュー30周年を迎えた一昨年、16年ぶりのコンサートに臨んだ。ディナーショーや地域のお祭りゲストなど、
    ファンとの距離が近いイベント出演にも精力的。初心を思い返しながら奮闘する日々だ。

    「デビュー当時は、そういうお仕事がたくさんあって。今また、お客さま一人ひとりの表情が
    見える所でやれているのは楽しいですね。この前のお祭りは子供さんが多かったので『のりピー音頭』とか、楽しんでもらえるような曲を並べたら、すっごく楽しそうに聴いてくれて。『のりピー!』なんて言ってくれて、とってもうれしかったですね」

    台湾、中国、香港などアジア圏の人気は健在。1月に香港で開いた単独コンサートのチケットは3日で完売し、現地メディアは「怪物級美魔女」と取り上げた。

    「温かいコンサートでした。ファンの方が曲ごとにやることを決めてくれていたみたいで、
    ライトを照らしたり、ボードを持ってくれたり。張り切りすぎたのか、3、4曲歌った頃に聞いたこともないかすれ声になってしまって申し訳ない気持ちでしたが、逆に私が力をもらったようなコンサートをさせていただきました」

    アジア友好の懸け橋として依然として大きな存在。

    「そんな大それたものはないですが、文化も言葉も違う人が音楽なりを通じて交わって、楽しい時間を過ごすっていうのはいいですよね。私が何かのためになるなら、うれしく思います」

    47歳になった今も美貌は健在。秘訣(ひけつ)は。

    「おこがましくて何も言えないですよ(笑い)。毎日、鏡の前に立つと『あちゃー』と嫌になりますが、自分を奮い立たせて頑張っています。太りそうな物は我慢しようとか、運動も自分に厳しく。
    週5日ぐらい、ホットヨガ、筋トレ、ダンスレッスンをやっています」

    事件から9年。今、思うこと。

    「こうして仕事をさせていただけて、本当にありがたいと思います。自分が犯したことはもちろん忘れずに、でも、ずっと立ち止まっていても何も変わらないので、前を向いてやっているつもりです」

    いまだに風当たりは強い。

    「もともと、私のやったことが原因ですから。私にはどうすることもできないし、する権利もない。
    私が活動していることに不愉快な思いをされる方がいても不思議ではないし、一方で応援してくださる方もいます。
    これは一生続くことだろうと思うので、させていただけることを一生懸命やって、応援してくださる方に少しでも喜んでいただくのが、私の生きる道なのかなと思います」

    最近は、何げない日々に幸せを感じるという。

    「何でもない日常が毎日続くってことが、ありがたいなあと思いますね。そんなふうに思うから毎朝、神棚に手を合わせたりしちゃって。『また一日を迎えさせてもらってありがとうございます』って」

    (後略、全文はソースで)

    スポーツ報知 
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180528-OHT1T50234.html

    本紙のインタビューに答える酒井法子。現在の心境を穏やかに語った
    no title

    no title

    no title

    【のりピーこと酒井法子 あれから9年、“怪物級美魔女”の現在(画像あり) 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/02/03(土) 04:03:47.96 0
    15歳の頃の酒井法子が超絶可愛い件 今のアイドル全員倒せるわ

    無題

    酒井法子 モモコクラブ ケンちゃんと遊ぼ~ 19861214
    https://www.youtube.com/watch?v=YNSv9IFlGJM


    【15歳の頃の酒井法子が超絶可愛い件 今のアイドル全員倒せるわ 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/11/21(火) 10:43:14.17 _USER9
    「のりピー」の再起をかけた海外カジノ営業 意外なVIP待遇

     もう「のりピー」と呼ぶにはいささか薹(とう)が立っているけれど、かの地に行けば「怪物(モンスター)級美魔女」と持て囃される。 
    なぜか、海外のカジノでは大人気という酒井法子(46)のインターナショナルなドサ回り人生。 

     毎年11月になるとマカオでは「MGSエンターテインメントショー」が開催される。 
    世界的なカジノ見本市として知られるこのイベントは、ゲーム機メーカーが、競って最新鋭機を披露するのだ。その一角にあるブースに登場するのがのりピーである。 

     現地のカジノ関係者が言う。 
    「酒井さんがこのイベントに出るのは今年で2回目です。去年は、1日目がメディア向けのイベントでトークショーのホスト役、2日目は業界関係者を対象にしたパーティーで歌を披露しました」 

     どんな様子だったか再現してもらうと、最初に彼女が登場した際には、事前告知がなかったのに、「のりピーがいる!」と100人近い人だかりが出来たという。 
    「彼女はとても気さくで、記念写真をお願いすると“逆光になるから、あちらで撮りましょう”と自分から言ってくるほど。簡単な中国語も話せて現地のファンともコミュニケーションできていました」(同) 

     そして2日目のパーティーはマカオの政府高官、カジノ運営会社の幹部などを招いてのミニ・コンサートである。 
    「中国語で簡単なあいさつをすると約50分間のコンサートが始まりました。会場が沸いたのはやっぱりドラマ『星の金貨』の主題歌『碧いうさぎ』を歌ったときです」(同) 

     そんなわけで、今年ものりピー目当てにファンが集まること間違いなしなのだが、お呼びがかかるのはマカオだけではない。

    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171121-00532940-shincho-ent 













    現地では「モンスター級美魔女」

    【【週刊新潮】「のりピー」の再起をかけた海外カジノ営業 意外なVIP待遇】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2017/10/04(水) 05:14:20.27 _USER9
    酒井法子マンモスうれピー!中華圏で「美魔女」人気

     酒井法子(46)が3日、東京・草月ホールで主演舞台「うんちゃん2-女性ドライバー編-」(5日まで同所)公開稽古を行った。

     運送会社を舞台にした物語で、酒井は家出した息子を探しに運送会社に勤務する女性を演じる。実際に女性ドライバーなどにも話を聞いて、舞台に臨んでいるといい「家族みたいで人情味がある。いろいろなことがあった自分でも、大きく包み込んでくれるようなところだと思います」と話した。

     また、仕事に熱心になるばかりに、息子が家出してしまうという役柄に、自身の子育てについて質問されると、耳が痛いとばかりに両耳をふさぐポーズを見せながらも「日々生きていくために一生懸命仕事をしている。それが伝わるかというのは、いろいろあると思いますが、最終的には頑張っている親の背中を見て、付いてくるんじゃないかと思います」。

     酒井の長男は、高校生。海外旅行に行った際にはカップルに見間違えられることもあるという。「芸能界に憧れはないみたいです。人のために体を使って…というのがいいみたいですが、あまりしゃべると怒られるので」と母の顔をのぞかせた。

     また最近では、中華圏で根強い人気を誇るが、「モンスター級の美魔女」と称されていることを報道陣から伝え聞くと「マンモスうれピー」と、のりピー語で笑顔を見せていた。

    舞台「うんちゃん2-女性ドライバー編-」公開稽古で涙を流しながら演技する酒井法子(撮影・大友陽平)
    no title

    no title

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201710030000530.html

    【酒井法子マンモスうれピー!中華圏で「モンスター級の美魔女」人気】の続きを読む

    このページのトップヘ