中二病速報

    タグ:酒井法子

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/23(水) 06:04:48.27
    〈乞丐(物乞い)行為〉――

    1月7日、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」の検索ワード上位にこんな侮蔑の言葉が躍り出た。それが拡散された結果、ある日本人芸能人の投稿が大炎上した。

    投稿主は、今も中国で人気を博す酒井法子(47)。12万人からのフォロワーを持つアカウントで、7日、“新年の挨拶”を述べた後、
    〈アリペイ決済の方はこちら〉〈銀聯カードの方はこちら〉と課金先のリンクと、のりピーが手を合わせ“おねだり”するポーズの写真がアップされたのだ。

    忽ちネット上では〈酒井法子が物乞い〉〈恥を知れ〉等々と、批判の声が噴出したというわけである。

    覚醒剤事件から10年になるも、日本での活動はディナーショーか地方公演ぐらい。中国進出に積極的なのは分かるが、まさかこんな“タカリ”まがいまで? ……

    「いえ、全くの誤解です」

    そう声を荒らげるのは、酒井の所属する事務所社長。

    「日本と同じ有料のファンクラブ会員を募るために貼った課金リンクだったんです。ただ肝心の説明の文章が抜けてしまった。酒井の微博への投稿は、実はある運営会社に委託しています。
    担当の中国女性が翻訳を忘れてしまったんです。すぐに削除、訂正しましたが……。酒井本人はもちろん、私も、最初、夜中に知らされた時は全く驚きましたよ」

    酒井の有料ファンクラブとは、月額540円を払えば動画など限定画像の閲覧、チケットの優先販売といった特典が得られるもの。
    同じ会員制度を3カ月90元(約1500円)で、中国でも広めようとする狙いだったようだ。人数が集まれば、いい金額になる皮算用。

    “物乞い”呼ばわりは酷すぎるが、したたかな“商魂”だけは確かだったかも。

    「週刊新潮」2019年1月24日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190123-00555471-shincho-ent

    20190123-00555471-shincho-000-view


    【【週刊新潮】「酒井法子」SNSで“おねだり”炎上 事務所社長が明かす真相 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/08(火) 16:41:04.70
    のりピーこと酒井法子が中国のSNS「Weibo(微博)」を更新し、中国のファンに“物乞い”と思われる行為をしたとして炎上している。

    酒井は北京時間の1月7日、Weiboを更新し、中国のファンに新年のあいさつ。
    「昨年のあなたへの愛をありがとう」とコメントすると、登録されているファンサイトのメンバーへのリンク、および決済アプリ「アリペイ」や
    銀行口座などいくつかの支払いチャンネルへのリンクを共有した。
    これに対して、フォロワーは送金を要求しているのでは?と思い、「物乞いでは?」と指摘する声が相次ぎ、
    「シャブババアは中国に来て物乞いするのが恥ずかしくないのか?中国人をバカにしてるよね、ババアはさっさと日本に帰れ」
    「もうすぐAVデビューしそう」「写真の加工がすごい」など辛らつな声が飛び交った。

    その後、当該の投稿は削除されたが、まだ炎上が続いており、中国では新聞やテレビの情報番組でも取り上げられ、騒動になっている。

    酒井は2009年、当時プロサーファーで夫だった高相祐一氏と覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた後、2012年11月に復帰。
    しかし、日本での芸能活動はうまくいかず、1890年から活動をしていた中国やアジア圏にも活躍の場を広げた。
    当時は台湾、中国、香港などアジア圏で大人気。香港では“怪物級美魔女”などと呼ばれ、2000年に単独ライブを開催し、
    復帰後の2014年にも音楽祭『香港アジアポップ・ミュージックフェスティバル』にゲスト出演している。
    当時の現地の人気ぶりは、すでにモンスター級と言われていた。
    しかし、日本では金欠ぶりもたびたび報道され、パチンコ店の営業で乗り切っていると報道されたこともあった。

    今回の件を酒井の所属事務所に問い合わせると、「誤解を招く発言があったので、当社で判断し、削除しました」と回答。そして、「数時間以内に謝罪文を公表します」(11:30現在)とも語った。

    酒井は中国のファンの誤解を解けるだろうか。

    リアルライブ 
    http://dailynewsonline.jp/article/1643711/

    1 (2)


    【酒井法子、中国ファンに送金要求?「物乞いババアは恥ずかしくないのか」と各メディアで大炎上 】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2018/11/28(水) 17:07:51.51 _USER9
    賃貸住宅から追い出されていた「酒井法子」 家主に1億2000万円の返還求め裁判中

    のりピーこと酒井法子(47)の薬物事件からまもなく10年。
    現在では、日本はもとよりアジア各国でインターナショナルな活動を展開し、
    ネットドラマで女優としての本格復帰も決まっている。
    そんな折も折、億を超えるカネをめぐって泥沼裁判を行っているというから、穏やかではない。

    カギとなるのは、今年7月に提訴された建物明渡請求訴訟と、
    今年9月に提訴の貸金返還等請求訴訟という2つの裁判だ。

    カギとなるのは、今年7月に提訴された建物明渡請求訴訟と、
    今年9月に提訴の貸金返還等請求訴訟という2つの裁判だ。

    7月の訴訟の被告はのりピーで、原告はとある建設会社。
    有罪判決の翌年から彼女が暮らす家が“不法占有”だと訴えるもので、
    司法記者によれば「実質、のりピーは追い出された格好になっています」という。

    建設会社は賃貸契約がないと主張するが、一方ののりピーは賃料10万円で契約したとし、
    両者は真っ向から対立。これに続いて、のりピーが起こしたのが9月の訴訟だった。
    ここで彼女は、“これまで総額1億2000万円超を貸し付けている”と、この建設会社の社長を訴えている。

    「“金銭問題を解決するために別訴を提起し、本件と同時の審理を求める”と主張していました。
    つまりは反撃宣言です。これが、9月提訴の貸金返還等請求につながっていたのです」(先の記者)

    なお、件の建設会社は、事件後ののりピーの面倒を見ていた今は亡き“恩人”が会長を務めていた。
    つまりその息子との関係が悪化していたというわけだ。

    所属事務所は「係争中のため一切お答えできない」と回答。11月29日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

    週刊新潮 2018年12月6日号掲載

    デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/11281659/

    no title

    【【週刊新潮】賃貸住宅から追い出されていた酒井法子、家主に1億2000万円の返還求め裁判中 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/11/23(金) 07:21:50.51 _USER9
     女優の酒井法子(47)が22日、東京・六本木のディスコ「マハラジャ六本木」の復活8周年イベントに出演した。

     肩を露出しフリフリのミニスカート。年齢の感じさせない姿で登場すると満員の200人から大歓声。あまりの熱気に「生まれて初めてのマハラジャです。私がデビューする前から一世を風靡(ふうび)してましたよね。マハラジャすごいな」とうれしそう。

     「スケジュールに『マハラジャ』とあって、私の曲とマハラジャが合うのかなと思ったけど、今日はのりピー、マハラジャ宣告してみたいです」とノリノリ。「ノ・レ・な・いTeen―age」「碧いうさぎ」など約5曲を披露した。扇子を持ちながら腰をくねらせキレのある踊りを見せつけた。現在でも週に5日、トレーニングやダンスなどで鍛えており「フリ、思い出して超頑張ったんだから~」とアピール。2つめの扇子を持り「のりピーと一緒に扇子振ってくれる人~」と呼びかけると「はいはいは~い」と男性ファンたちがこぞって立候補していた。

    スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181123-OHT1T50043.html

    20181123-OHT1I50043-L



    【酒井法子 フリフリのミニスカートで登場 圧巻のステージにファン大興奮 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/10/30(火) 09:40:52.61 _USER9
     10月中旬の夜7時過ぎ、タクシーを降りたのりピーは、チラリと後ろを振り返ったあと、東京・中野に建つ一軒のビルに入っていった。その顔に“我が家”へ帰ってきたという安堵はなく、どこか淋しげだった。

     のりピーこと酒井法子(47)が、危機を迎えている。大家から突然提訴され、今年9月20日、東京地裁で第1回弁論が開かれたのだ。

    「訴えを起こしたのは、都内の建設会社『T工業』です。裁判の内容は〈建物明渡請求事件〉。のりピーは’09年に覚醒剤取締法違反で逮捕されて以降、このT工業が所有するビルの一室に住んでいましたが、そこを出て行くよう求められているんです」(のりピーの知人)

     T工業の創業者・T氏はのりピーの継母の40年来の友人で、彼女を陰に陽に援助してきた人物。つまり、のりピーは支援者から訴えを起こされたのである。

    「訴訟の背景には、’12年に肝臓がんでT氏が亡くなったことがあるのかもしれません。長男があとを継ぎましたが、T氏が存命のときから経営は苦しくなっていたようです。
    長男は所有ビルの売却を考え、そのためにのりピーを出て行かせたいんでしょう。突然の提訴にのりピーはかなりショックを受けています」(同前)

     はたして、のりピーは強制退去させられてしまうのか。裁判では、のりピー側が「賃料月10万円」を支払っている証拠として「賃貸借契約書」を提出すれば、T工業側は「貸したことは一度もない」と主張しているという。言い分は、真っ向から食い違っている。

    「賃貸借契約が交わされ、賃料も支払っているとすれば、酒井氏には契約違反がないということになります。この場合は、T工業は建物賃貸借契約を一方的に解除することはできません」
    (民事紛争に詳しい土肥衆弁護士)

     裁判に至った事情について、T工業は本誌の取材を拒否。一方、のりピーの所属事務所担当者は、「係争中なので話せない」としながらも、こう怒りを滲ませた。

    「(T工業は)会社の経営が大変みたいだけど、それをウチに向けるのはお門違いでしょう。賃料の滞納もないし、賃貸契約も結んでいるのに、ああだこうだ言われてもね。
    負けるのがわかってて提訴したのかもしれないけど、ウチは迷惑なだけ。(覚醒剤事件から)立ち上がろうと一生懸命なんですから」

     本誌は愛車に乗って自宅を出たのりピーにも直撃。窓は開けてくれたが、問いかけには会釈だけを残し走り去っていった。裁判には勝てたとして、こじれた関係のまま、
    T工業のビルで「借家生活」を続けるのだろうか。

     PHOTO:西 圭介

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00010000-friday-ent
    各地でライブを開催するなど仕事は順調なのりピー。特に中国での人気は高く、チケットは即完売するという
    no title

    【【FRIDAY】「借家生活」の酒井法子、支援者の提訴で自宅を追い出される危機 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/10/04(木) 09:09:44.71 _USER9

    《平成30年 民事第10部 原告=X工業 被告=酒井法子》

     9月20日、東京地裁で第1回弁論が行われた民事裁判。その訴訟を知った関係者は驚きを隠せなかった。
    「酒井さんが訴えられたこともびっくりですが、相手があの“恩人”の会社とは…一体何があったのでしょうか」

     2009年8月に酒井法子(47才)が覚せい剤取締法違反で逮捕されてから、来年で10年になる。懲役1年6か月執行猶予3年の判決を受けた酒井は、2012年には芸能界に復帰。今では年5回もディナーショーを開催し、ライブや全国各地でのイベントにも出演。とりわけアジア圏では高い人気を誇り、今年1月の香港でのコンサートは満員御礼だった。

     その“完全復活劇”の陰には大物支援者の存在があった。元建設会社会長の故・Tさん(享年74)である。
    「当時夫だった高相祐一さんが逮捕されたときに、酒井さんが出頭するまでの間保護したのがTさんでした。その後も釈放後のマスコミ対応や告白本の出版など、公私ともに彼女の相談に乗り、サポート。生活費も工面し、今住んでいる自宅もTさんが用意していた」(酒井の知人)

     Tさんは酒井の継母の40年来の知人で、酒井にとっては10代の頃から世話になってきた「育ての親のような存在」(前出・知人)だ。
    だが、冒頭の民事裁判で酒井を訴えているのは、他ならぬTさんが会長を務めていた「X工業」(仮名)という会社。関係者の驚きが大きかったのも、そのためだった。
    「6年前にTさんが肝臓がんで亡くなった後、長男が会社を継いで社長に就任しています。父親の死後も酒井さんとTさん一族は良好な関係を続けていると思っていたのですが…」(前出・知人)

     訴訟に至る経緯について、原告側の親族はこう語る。
    「内容は明かせませんが、金銭問題でトラブルがあって、Tさんの長男側が酒井さんに訴えを起こさざるをえない状況になったと聞いています。父親亡き後のX工業と酒井さんは赤の他人同然でした。裁判の記録は酒井さんが“世間に知られたくない”と言うので、非公開とされているようです」

     10月上旬、本誌・女性セブン記者はTさんの持ちビルにある酒井の自宅を訪れたが、ひっそりと静まり返っていた。

    ※女性セブン2018年10月18日号

    https://www.news-postseven.com/archives/20181004_775075.html?PAGE=1#container 
    https://www.news-postseven.com/archives/20181004_775075.html?PAGE=1#container 

    sakai_noriko_01


    【【女性セブン】 酒井法子「育ての親」の会社から金銭トラブルで訴えられ裁判に 】の続きを読む

    1: 膳摩漏 ★ 2018/07/25(水) 00:41:16.85 _USER9
    女っぷりをあげ、世界中からラブコールを受けている酒井だが、日本ではボクシング界の、亀田三兄弟の父・亀田史郎氏が“急接近”しているという。実際、前述の大阪でのディナーショーには、娘でボクサーの亀田姫月と参加。自身のインスタグラムにも、酒井との仲睦まじいツーショット動画をアップしている。

    「なんでも、酒井の仕事関係者と亀田父が知り合いだそうで、その共通の知人を介して約1~2年ほど前に出会ったようです。以来、亀田父は酒井に“ゾッコン”ではとも噂されています。行きつけのスナックでは『碧いうさぎ』を熱唱することもあるそうです。大阪で開催されるコンサートにはたびたび参加し、熱視線を送っています」(スポーツ紙記者)

     それだけではない。娘のリングネームを「マンモス姫月」にしてしまったのだ。「公には“マンモスのように突進しろ、という意味を込めた”と語っていますが、どう考えても、のりピー語の“マンモスうれぴー”の影響では(笑)」(前同)

     そんな亀田父の“アピール”に酒井はというと……。「いつも自分を応援してくれる亀田父に対し、まんざらでもないようです。その証拠に、ディナーショー後は楽屋に通し、“SEXY肢体”と笑顔で対応しているそう。2人で談笑する姿は、なんともお似合い。周囲の関係者たちは、“あの2人、もしかしたら、もしかするのでは?”と、仲睦まじさを感じ取っているようですね」(同)

    36160074_1738075322936599_1583555988223426560_n

    動画
    https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/fa18d24a855c59c0dd807fd300e904a3/5B59F31D/t50.2886-16/36378971_1540945799415213_1035581695443264489_n.mp4

    https://taishu.jp/articles/-/60304?page=2

    【酒井法子と亀田史郎パパが急接近!? 娘にのりピー語をつけた「本当の仲」 】の続きを読む

    このページのトップヘ