中二病速報

    タグ:週刊新潮

    1: Egg ★ 2018/12/18(火) 17:41:35.70 _USER9
    お笑い界を揺るがす暴言騒動に、ついにこの人が沈黙を破った――。業界を去って7年になる島田紳助(62)である。

     とろサーモンの久保田かずのぶ(39)、そしてスーパーマラドーナの武智(40)が暴言を吐いた上沼恵美子(63)について、週刊新潮は先週号で“島田紳助が口説いて審査員を頼んだ”というエピソードを紹介した。M-1グランプリを企画し、初回から大会委員長として審査員も務めていたのが、ほかならぬ紳助氏。それだけに暴言を放っておけない事情があるのだ。

    「いま、こういう形で上沼さんに迷惑がかかってもうて、ホンマ申しわけない気持ちでいっぱいです」

     記者を自宅に招き入れた紳助氏は、タバコをくゆらせながらそう語り始めた。髪は肩にかかるほど伸びている。

    「オレも辞めてからは(上沼と)全然連絡とってませんでしたし、M-1も最近は見てなかったから、ニュース見てあらためて、ずっとやっててくれたんやなって思いました。自分のせいで気分悪い思いをさせてしまって、ホンマ申しわけないですわ」

     そもそも審査員は、誰もやりたがらない、という。

    「陰で審査するんやったらみんな出んねんけど、自分が点数出してほかの人のとちがったりしたら、『こいつわかってない』って思われるわけでしょ。『なんでいくらもせんようなやっすいギャラで、こんなことせなあかんねん』と。オレがM-1やってたときは、『この人を当たってくれ』ってスタッフに頼んで、方々にお願いしてたんやけど、もう、個人的にお願いしないと、出てくれないんですよ」

     にもかかわらず上沼が審査員を続けてきたのは、「漫才への恩返しやと思ってやってくれてるんや」。若手が酔って審査員の悪口を言うのはいい、ただしそれは陰で言え、と紳助氏はいう。

    「上沼さんのことはオレも気になっててね。オレが謝りに行かなあかんのかなって。もし、上沼さんの悪口言ってた子たちを直接知ってたら、上沼さんとこに謝りに連れて行くんやけど、知らんからどうしようもないな。吉本の会社の人間が間に入ってやらな、どうにもならへんのとちゃいます?」

     ほかにも、M-1の点数公開システムにこだわった理由や、そもそもなぜ創立したのか、そして漫才への思いについても語った紳助氏。12月19日発売の週刊新潮で、詳しく掲載する。

    「週刊新潮」2018年12月27日号 掲載

    0860a_1523_26e45614_0013353f

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15758015/

    【【週刊新潮】引退7年「島田紳助」“M-1上沼騒動”を語る「オレが謝りに行かなあかんのかな…」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/17(月) 08:37:08.20 _USER9
    学業専念のため、今年4月より無期限の芸能活動休業に入っているタレントの春香クリスティーン(26)が、12月7日に結婚したことを所属事務所が発表した。

    お相手は、かねてより交際が報じられていた共同通信の記者Aさん(30)。
    クリスティーンはかつて、「若い頃の麻生太郎さんに似ている」と語ったこともあったが、なかなかどうして、かなりのイケメンで――。

    ちなみにAさんが勤務する共同通信は、2人の結婚をどう報じたかといえば――、

    〈タレントの春香クリスティーンさん(26)=写真=が30歳の男性と結婚したと所属事務所が8日発表した。
    春香さんはスイス生まれで父は日本人、母はスイス人。テレビの情報番組などで活躍し、芸能界屈指の「政治マニア」として知られる。
    今年4月に芸能活動を休止し、秋にドイツの通信制大学に入学、日本とドイツを往復しながら政治・行政・社会学を学んでいる。(共同)〉

    クリスティーンの情報ばかりで味も素っ気もないので、Aさんがどういう人なのか関係者に聞いてみた。

    「東大では文学部の仏文でしたが、三島由紀夫(1925~1970)ファンでした。豊島区のシェアハウスに男ばかり3人で暮らしていたそうです。
    頭がいいのはもちろんですが、長身で目のパッチリしたイケメンですから、結構モテましたよ。
    クリスティーンとは2年前から交際していたので、去年の11月に彼女が休業を発表したときには、『結婚が近いのかな?』と思っていました」

    Facebookを見せてもらうと、確かにイケメンの好青年だ。
    大学卒業後は、最初から新聞記者を目指したのかといえばそうでもなく、テレビ局も受験したようだ。ここからは、政治部記者の話である。

    「なんでも民放から内定をもらっていたそうです。しかし、共同で面接を担当したデスクがえらく彼を気に入って、人事に『絶対に採ったほうがいい』と猛プッシュしたそうです。
    2011年に入社し、京都、水戸、東京、そして現在は沖縄の那覇支局で勤務しています。
    沖縄では米軍基地関係の仕事がメインになるわけですが、結構、独自ネタも拾ってきますし、若手のエース記者と言っていいんじゃないですか」

    たしかに那覇支局に移ってからは、米軍普天間飛行場の辺野古移転に関する記事が多いようだが、Aさんの人柄がわかるようなものではない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181217-00553443-shincho-ent

    fb48b9e46dfa96ebbfa2c8882e7bdf76


    【【週刊新潮】春香クリスティーンの結婚相手は共同通信政治部記者 イケメン東大卒のエース 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/15(土) 06:33:51.69 _USER9
     スケジュールの空白期間は、その後の彼に何をもたらしたのか。昨年、2度の交通事故を起こし、謹慎生活を送っていたお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(41)。約1カ月前から芸能活動を再開させた彼は、謹慎中に家庭を失い、日々、自殺を考えていたという。アルバイトで糊口を凌いでいた彼が語る、謹慎生活「給与明細」――。

    「この1年は、ネットやテレビも見ずに身内や友人とだけ会っていました。事務所の先輩後輩とは連絡を取っていましたが、申し訳ない思いが強く、初めのうちは顔も合わせられなかった」

     そう語るのは堤下本人。昨年6月、睡眠薬を服用した状態で車を運転し、最初の事故を起こしてしまう。ところが、書類送検され、活動自粛していた矢先の10月、今度はごみ収集車に車をぶつけ、2人に軽傷を負わせてしまったのである。

    「2度目の時、薬は飲んでいませんでした。考え事をして、ぼーっとしていたんです。1度目の後、車に乗らなければよかったのに、自分の甘さ故です。取り調べの最中も、“クビになるだろうな”と考えていました」

     所属事務所が出した答えは、翌日からの謹慎。復帰時期は、行政処分が出てから決めることになった。今年3月、不起訴となったが、謹慎が解けたのは10月。その間、どのように暮らしていたのか。

    ■自殺を考えた

    「給料は、すぐに10分の1以下になりました。仕事は一切なく、過去のDVDの売上金が少し入る程度。一番少なかった月は143円なんて時もありました。貯金を切り崩す生活で、預金通帳から0の数字がどんどん消えていくんです」

     生命保険を解約して生活費に回したほど、追いつめられた。とはいえ、

    「当初は、家族と一緒に生活していたので、6歳になる娘との時間が精神状態を保っていた面はあります。幼稚園の送り迎えや公園に連れて行く時に外に出ていました。妻も勇気づけてくれ、家族のお陰で気が紛れて救われていました」

     だが、今年の春、先が見えないことから、離婚を決断。家族を失い、神奈川県の実家暮らしとなった。

    「その時点で子供と一緒に住めないという実感が湧いたのを覚えています。毎日毎日、携帯の写真を見ては……。時間の進みが遅くなったように感じました」

     一時は、自殺を考えていたことも明かし、誰とも接触せずにいたという。それでも、どうにか、8月頃からはアルバイトを開始した。

    「古い友人がストレッチの店を経営しているので、声を掛けてくれて。店の受付業務で、時給は千円」

     芸能活動に復帰した10月以降も、週1でアルバイトを継続しているという。

    「復帰出来ても、正直仕事なんて一つも来ないと思い不安でした。でも、先月はインパルスとして、テレビでネタを披露しました。嬉しかったし、謹慎中に支えてくれたみんなに感謝の気持ちで一杯です。これから先、どんな仕事であろうと、常に自省の気持ちを持ちながら、頑張らないといけないと、そう思っています」

     復帰後初の舞台では、謹慎中の男を演じている堤下。失ったものは大きかったが、今後に生かされる新たな何かを得たに違いない。

    「週刊新潮」2018年12月13日号 掲載

    20181215-00553310-shincho-000-view

     デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181215-00553310-shincho-ent

    【【週刊新潮】交通事故で謹慎「インパルス堤下」が告白する窮乏の給与明細 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/05(水) 19:08:57.25 _USER9
     バルセロナ五輪の銀メダリストと、“美魔女”夫人。「リアル・美女と野獣」とでも言うべき2人が、逢瀬を重ねていた。舞台となったのは、埼玉の焼き肉店や横浜中華街、そして主が不在の豪邸――。

     掲載の写真は10月下旬に撮影された。サングラスをかけてはいるが、運転席に座る男が、あの小川直也(50)であることがわかるはずだ。隣に座るのは、元維新の党代表・松野頼久氏(58)の夫人である。

     実はこの場所は、都内の高級住宅街に建つ松野氏の自宅前。後ろに見えるのが、約200平方メートル、地上3階、地下1階のその豪邸だ。この日、白のGT-Rで登場した小川は、家の前で夫人と待ち合わせ。備え付けの駐車スペースにクルマを置くと、写真のようにこれまた白い松野家のフェラーリに乗り替え、2人は揃って横浜中華街へ繰り出していった。

     11月上旬にも、小川はこの豪邸を訪問している。この時は夫人が運転する白いベンツで、22時に揃って“帰宅”。そのまま家の中へ消えて行った。再び小川が姿を現したのは、日付が変わった2時間半後のこと。変装のつもりなのか、やはりサングラスを掛けて去って行った。

    「ここのところ、直也が自分の妻以外の女性、松野元官房副長官の奥さんに『はまって』いて、周りは心配しています」

     と声を潜めるのは、ある関係者。2人は今年に入ってから出会い、急激に接近していったという。

     柔道家、そしてプロレスラーとして活躍してきた小川は、大学生の時に知り合った5歳下の妻と結婚。長男の雄勢(22)が、東京五輪の日本代表候補として注目を集めている。

     一方の松野夫人は、再婚同士で結婚した頼久氏との間に2女をもうけ、次女はミス日本グランプリにも輝いている。昨年の衆院選でバッジを失った頼久氏とは「事実上の別居状態のようです」(松野氏の知人)という噂も飛び交うが、ともあれ小川と松野夫人の関係は……。

     週刊新潮の取材に対し、小川は、

    「いや、デートはしていないです。はい、はい。彼女は友だちなんで……」

     と答える。一方の松野夫人側は、なぜか長女が代わって「ふたり(小川と松野夫人)は共通の趣味があってよく会っているんです。友人として」と語った。

     だが上記の密会以外にも、松野夫人は神奈川県茅ヶ崎市の“小川宅”で一夜を過ごしてもいる。12月6日発売の週刊新潮で本件を詳しく報じると共に、現在、デイリー新潮で2人の逢瀬を収めた動画を配信中である。

    「週刊新潮」2018年12月13日号 掲載


     デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181205-00552882-shincho-ent

    no title


    【【週刊新潮】夫不在の自宅に招き入れ「小川直也」と「松野頼久」美人妻が重ねた“密会” 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/02(日) 21:51:54.96 _USER9
    「亮平さんと出会えたこと自体が宝物でした」。この言葉は嘘だったのだろうか。11月29日発売の「週刊新潮」が、俳優の瑛太が“ある発言”に激昂したと報じている。

    記事によると、騒ぎが起こったのは10月末。瑛太が大久保利通役を演じているNHK大河ドラマ「西郷どん」のクランクアップ前後だったという。場所は東京・恵比寿の会員制ラウンジ。

    「業界関係の男性と飲んでいた瑛太は突然『表に出ろ!』とキレて、店内でわめき散らした後、1人で帰ったといいます。
    どうやら“鈴木亮平のほうが役者として格上”といったことを男性が口にしたことが原因だったとのことですが、所属事務所は否定しているようです」(芸能記者)

    瑛太と鈴木は「西郷どん」で共演。主役の西郷隆盛を演じているのが鈴木だ。2人の仲は悪いのかと思いきや、そうでもない。
    11月6日発売の「女性自身」が「西郷どん」の打ち上げパーティーの模様を報道。出演者が順次スピーチし、瑛太の番が回ってきた。
    瑛太は「今回の撮影は、初日から8時間押しました。これは大変な現場になると思いました。
    私は10年前、初めて『篤姫』に出演させていただきました。再度、大河ドラマ出演にあたり心構えができていたつもりでしたが、『大丈夫かな?』と思いました。
    その不安が消えたのは鈴木亮平さんがいたから。
    亮平さんがいたから乗り切れました」。そして、冒頭の言葉で締めた。

    「この挨拶を聞いて、鈴木は瑛太と目を見交わし、涙ぐんでいたようです。大河ドラマを通じて、男同士の友情のようなものが芽生えていたのでしょう。
    もっとも瑛太の酒癖が悪いのは有名な話で、酔っ払って男性の言葉を勘違いしたことも考えられます」(前出・芸能記者)

    「瑛太のほうが格上」と誰からでも言われるような存在になれば、酒の席でのトラブルもなくなるに違いない。

    1 (3)

    アサジョ
    http://dailynewsonline.jp/article/1594157/


    【「亮平のほうが格上」発言にキレた瑛太と鈴木亮平の本当の仲 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/11/30(金) 11:55:51.62 _USER9
     プライベートジェットにマイバッハ、ピカソやバスキアの名画に加え、傍らには16歳年下の美人女優。ついには月旅行までぶち上げ、もはやこの世の中で手に入らないものなどなくなったZOZOの前澤友作社長(43)。そんな彼が秘かに買い求めていたのは古都・京都でも別格扱いされる幻の別荘だった。
    .
     長年、京都で商いを続けてきた経営者が嘆息する。

    「最初に聞いた時は耳を疑いましたよ。あの“智水庵”を手に入れたのが前澤さんの会社だったとは……」

     前澤氏の「資産管理会社」が、京都の別荘、智水庵を購入したのは今年6月のことだ。世間を騒がせ続ける若きビリオネアはともかく、この「別荘」については説明が必要だろう。

    〈年間5千万人もの観光客が訪れる京都にあって、ガイドマップにいっさい載らず、ひっそりとたたずむ別天地がある――〉

     NHKが制作したドキュメンタリー番組は、智水庵を含め15の別荘からなる「南禅寺界隈別荘群」をこう紹介する。

    「別荘群がある地域は、日本の禅寺のなかで最も格式の高い南禅寺の敷地でした。しかし、明治時代の廃仏毀釈によって政府がこの土地を召し上げ、民間に払い下げた。すると、当時の政財界の重鎮たちがこぞって飛びつき、財力を注ぎ込んで優雅な別荘と庭園を造らせたのです」(地元の記者)
    .
    ■安くても15億円

     当時の所有者は西園寺公望や山縣有朋、野村証券の創始者・野村徳七といった錚々たる顔ぶれ。ちなみに智水庵は、加賀藩士から鉱山王となり、“金沢は横山で持つ”と言わしめた横山隆興の別荘だった。最大のウリは近代日本庭園の父・小川治兵衛の手になる優美な庭である。さて、気になるのはお値段。以前の持ち主だった資産家女性に尋ねても、

    「前澤さんとのやり取りはすべて弁護士に一任していますので。金額についてもお話しできません」

     と言うばかりだが、

    「南禅寺界隈の1400平方メートルを超える土地と別荘に、歴史的・文化的な価値を加味すると、安く見積もっても15億~20億円は下らない。仮に“30億円で売れた”と聞いても驚きません」(地元の不動産業者)

     一方、京都の旦那衆の間では智水庵の行く末を案じる声も上がっている。

    「ZOZOスーツよろしく、別荘を自分好みにカスタマイズするような無茶はしてほしくないですなぁ」

     とは先の経営者。だが、別荘に手を入れることは、さすがの前澤社長であっても容易ではない。京都市の担当者に聞くと、

    「古都保存法や風致地区条例などによって、智水庵の現状変更行為には厳しい規制が掛けられています。建物の改修はもちろん、庭の木を切ったり、土や石を採取する場合には届け出が必要です。建て替えるにしても、建物の高さは8メートル以内、建蔽率は10分の2までに収めなければなりません」

     近隣の別荘では数年前から改修工事が進むが、地鎮祭はもちろん、小屋や茶室を壊すたびに付近の神社から神職を招いて清祓(きよはら)いが行われ、神事だけですでに20回以上を数えるという。

    「ここの別荘を買うとはそういうこと。あの人にそこまで出来るんかいな、とは思います」(前出の経営者)

     古都との付き合いは、月旅行よりも骨が折れそう。

    「週刊新潮」2018年11月29日号 掲載

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181130-00552457-shincho-ent  

    no title

    【【週刊新潮】ZOZO前澤社長、京都“幻の別荘”購入 旦那衆からは不安の声】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/11/28(水) 20:24:12.28 _USER9
     11月26日に突如、離婚したことが明らかとなった元貴乃花親方(46)。翌日放送の日本テレビ系「スッキリ」に生出演し、「結婚を卒業しようと、2人で決めました」と経緯を明かし、また子供たちの反応は「両親が決めたことだから、という感じだった」と語った。だが、“子供”の方も、結婚生活は危機的な状況を迎えているというのだ。

    「実は、優一クンも離婚寸前。夫婦の間ではもう合意は出来ていて、後は離婚届を出すだけ、という段階になっています」

     と暴露するのは、花田家の関係者だ。タレントとしても活動してきた靴職人の花田優一氏(23)が、陣幕親方の長女と結婚したのは昨年のこと。優一氏から見て祖父にあたる元大関・貴ノ花、伯父の元横綱・若乃花、そして今回は父と、いずれも離婚を経験している“家柄”ではあるが……。

     元貴乃花親方と景子さんの離婚の背景について、
    「直情径行な言動を繰り返しては周囲と軋轢を生む夫に愛想が尽きていたんです」
    と元後援者は語るが、優一氏の場合は、景子さんの“溺愛”が引き金になったフシがある。

    no title

    花田優一氏

    「彼のマザコンぶりも酷く、何かにつけ“ママはこうだったのになー”“ママに連絡して”と言う。風邪をひけば、景子さんからも“どう?”“ちゃんと薬呑ませている?”と連絡が来る」(先の花田家関係者)

     結果、夫婦仲は険悪になり、別居がスタート。弁護士を交えての話し合いで、離婚の“条件”がこの秋に決まり「既に優一クンには新しい女性もいる模様です」(同)という。11月29日発売の週刊新潮では、“父”“子”それぞれが迎えた結婚生活破綻の裏側について詳しく報じる。

    週刊新潮 2018年12月6日号掲載 

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/11281700/?all=1 

    貴乃花親方 
    no title


    【【週刊新潮】 元貴乃花の長男・花田優一氏、離婚秒読み 夫婦間で合意済み】の続きを読む

    このページのトップヘ