中二病速報

    タグ:週刊新潮

    1: ストラト ★ 2018/11/10(土) 12:05:55.27 _USER9
    今年、放送されたドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の平均視聴率はともに5%台、映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の興行収入も芳しくなく主演作が軒並み不調の女優・吉岡里帆。

    そんな中、吉岡にとってまさに泣きっ面に蜂のような報道が……。
    10月31日発売の『週刊新潮』が、吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーであるという記事を載せたのだ。

    「吉岡さんは昨年、大ヒットしたドラマ『カルテット』(フジテレビ系)で演じた悪女役のインパクトが強く、さらにグラビアアイドル出身であることから、女性からの人気は低いと言われています。この報道によって、さらに女性票を減らしたのではないかと囁(ささや)かれています」(テレビ誌ライター)

    《京都に住んでいた頃は、夜行バスで東京のオーディションを受けに来ていた》

    《上京費用の捻出のために、バイトを4つも掛け持ちしていた》

    など、吉岡はバラエティー番組などでよく苦労話を語っていたのがアダとなった。

    「“父親がNHKプロデューサー”という恵まれた環境なのに、“苦労人アピール”をしていたととらえられたんでしょう。ネット上では、“だから急に推されているんじゃない?”“結局コネなんかい!”など辛辣なコメントが続々と上がっています」(同・テレビ誌ライター)

    しかし、この記事に対してある芸能プロ関係者はこう話す。

    「吉岡さんの父親は、テレビ局員でもNHK関係者でもないので、コネなんてありません。彼女は実力で主演を張れる女優にまでのし上がったのに、あの記事で今までの努力が疑われてしまうのはかわいそうですよ」

    本誌が吉岡の所属事務所に確認したところ、

    「吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーという記事は、まったくの事実無根」

    NHK広報にも確認すると、

    「事実ではありません。通常は出演者のプライバシーについてはお答えしておりませんが、今回はそういった事実はないのでお答えしました」

    と回答した。

    吉岡自身も過去のインタビューで、父親について「映像会社を経営するカメラマン」だと明かしている。
    本誌が調べたところ、確かに吉岡の父親が経営する会社が京都に存在していた。
    名前もネットで噂されているNHKのプロデューサーとは異なる。

    「誤った記事で、明らかなイメージダウンにつながっています。所属事務所としては『週刊新潮』を訴えたいほど怒り心頭でしょう」(前出・芸能プロ関係者)

    逆風が吹く今こそ、吉岡の本当の実力が試されているのかもしれないが──。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181110-00013781-jprime-ent

    吉岡里帆
    no title

    【吉岡里帆、ネット炎上原因の新潮「父親がNHK大河ドラマプロデューサー」は誤報】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/11/03(土) 08:26:21.73 _USER9
    「剛力引退説」の報道が増加

     彼氏の株価が低迷なら、彼女の商品価値は壊滅的――――お騒がせカップルの近況をまとめれば、こんな感じだろう。ZOZOの前澤友作社長(42)と剛力彩芽(26)のことだ。

     まずZOZOの株価だ。7月18日に4875円の年初来高値を記録したが、その後は下落。10月30日に2481円の年初来安値を付けてしまう。ちなみに11月2日は2819円となっている。

     日本経済新聞によると、同社の株安は「『ゾゾスーツ』での採寸をもとに作るプライベートブランド(PB)の衣料品の販売が想定よりも遅れているとの懸念が影響」と指摘している(10月31日「ZOZO、不発のPB戦略 軌道修正はあるか」)。

     一方、剛力彩芽の方は、更に危機的な見出しが並ぶ。

    ◆「来年のドラマも出演拒否「剛力彩芽」もう仕事したくない」(Smart FLASH/10月27日)
    ◆「剛力彩芽 インスタ更新もファンクラブ閉鎖への言及はなし」(東スポWeb/10月29日)
    ◆「剛力彩芽は前澤友作社長が所属事務所の不興を買って引退の危機」(AERA dot./10月31日)

     これで結婚秒読みというのならまだしも、ノンフィクション作家・森功氏が前澤社長をインタビューした「前澤友作ZOZOの『金脈』と『人脈』」(月刊文藝春秋18年10月号)では結婚を全否定している。

     記事中では、前澤社長の資産管理会社が存在することが明かされ、役員欄に紗栄子(31)の名前も記載されていた事実を、森氏が前澤社長に問いただす。

    《個人資産の管理を任せる会社の重役に就任させていたのは結婚する予定があったという意味か、と尋ねると、戸惑うようなそぶりを見せて答えた。
    「いやいや予定はないです。そうか、資産管理会社に一瞬入ったんですね。ああ。でも、もう辞任してますね。彼女も自分でビジネスを自分でやっていて、そのビジネスの一部を共同でやったほうがいいんじゃないか、ということで(中略)役員に加わったと思います」
    もっとも、目下、交際中の剛力彩芽はこの資産管理会社にその名がない。この先、役員に入る予定はあるのか、さらに結婚についてはどうか。
    「ないない。彼女はオスカープロモーション社に所属している女優さんなので、別に自分で何か事業をやっているわけでもないので……。(結婚の予定も)ないです。お付き合いさせてもらっています》

    >>2以降に続きます

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181103-00551285-shincho-ent

    no title

    【剛力彩芽が舞台の囲み取材に難色 寿引退説と交際不調説の両方が飛び交う 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/01(木) 06:59:27.16 _USER9
    自分勝手で客の集まらない往年のスターがいれば、ブリッ子アイドルの元祖である彼女の場合は……。
    近頃はポップスからジャズに手を広げる松田聖子(56)が、高額な料金のジャズ・ライブを行うという。
    その額、なんと約9万円。あまりの高さゆえ、ファンからブーイングの嵐が巻き起こってしまった。

    昨年3月にジャズアルバムをリリースし、本格的に米国進出を果たした聖子。

    芸能記者によれば、

    「アルバムは国内のみならず、本場米国の音楽配信サイトのヒットチャートで上位にランクインしました。
    彼女も年齢を重ねていますから、新しい分野に活路を見いだそうとしているのでしょう。
    毎年恒例のディナーショーとは別に、昨年11月にはジャズのコンサートを行っています」

    そこですっかり、味をしめたのか。今年11月4日には、1日限りの「PREMIUM SEIKO JAZZ LIVE 2018」と銘打った食事付きのライブを開催。昼と夜の2ステージのみで、それぞれ300名限定だという。

    ジャズ評論家の後藤雅洋氏によると、

    「会場となる“Billboard Live TOKYO”は、ブルーノートや、コットンクラブ等有名なコンサートホールと同格の一流ホール」

    というが、その料金がハンパない。例えば、一番高い「ウルトラスーパープレミアムシート」は1名あたり、8万9500円。
    日本語にしたら、「超極上特別席」という、もはや何が何だか意味不明であるが、
    食事とワンドリンクのほかに、ウェルカムカード、ボトルワイン、プレゼントが付く。その他の席も8万円台がズラリで、最も安い席でさえ4万9500円もするのだ。

    利益率は高い
    これには、長年の聖子ファンも驚きを隠せない。

    「これまでの高額なことで知られる彼女のディナーショーさえ、今回のなかでは最低ランクの料金です。熱烈なファンでも、行けません」

    実際に、聖子ファンが集うネット上の掲示板にも、

    《貧乏人は、2千円程度のスイートピー振ってなさい、ってことなのかなあ? 》

    と皮肉めいた声もあれば、

    《老後の貯えまでむしり取る気なのかとまで考えてしまいます》

    《金の出せないファンはもういらないってことなんでしょうね》

    といった、辛辣な批判まで多数あるのだ。

    興行に詳しい芸能関係者は、

    「ディナーショーの取り分は、設定金額をタレントサイドとイベンター側で折半するのが一般的。
    アリーナ等と違い、セットや警備も必要ないので、タレントには利益率が高いのです。
    ただ、ここまで高額なディナーショー的イベントは聞いたことがない。
    彼女に金がないわけではないと思うので宣伝の一環。今後、“聖子イコールジャズ”として注目度を高めたい、そのための話題作りなのでしょう」

    戦略で肝心のファンが離れては意味がないが……。

    「週刊新潮」2018年11月1日号 掲載

    20181101-00551056-shincho-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00551056-shincho-ent


    【【週刊新潮】チケット8万9500円!「松田聖子」のジャズ・ライブにファンもブーイング 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/31(水) 06:17:26.61 _USER9
    白いキャップをかぶった黒い上下姿の男の右手には、トートバッグとボストンバッグ。スポーツジムへでも行くかのような身軽な装いだが、ここは羽田空港だ。
    さる10月13日未明、男は窓口でファーストクラスのチケットを「現金で」買い、午前1時15分発のフィリピン・マニラ行きの便に飛び乗ると、そのまま日本を後にした。
    当局に察知されることを巧妙に避けた、じつに鮮やかな“逃亡”の手口だった。

    彼の名前は小山操容疑者(58)。
    昨年、住宅大手の積水ハウスが東京・品川区にある老舗旅館「海喜館(うみきかん)」の土地取引に絡み、詐欺に遭ったとされた一件をご記憶のムキも多かろう。
    「海喜館」の所有者になりすました女が、積水に土地を売ろうと持ちかけた。
    これに飛びついた積水が金を支払ったところでインチキだったと判明し、当時の会長が解任される騒ぎにもなった事件。
    その主犯格と目されているのが、こちらの小山容疑者なのである。

    no title

    スポーツジムへでも行くかのような身軽な装い

    今年2月、彼が好んで通った浅草のフィリピンパブで豪遊しているところを、本誌(「週刊新潮」)は直撃。
    取材に「なんでこんなところに来るんだ!」と激昂しながら、
    「海喜館の女性オーナーは知っているよ」と認め、ウソだとは思いもしなかったとシラを切り通した。
    事件で数億円は手にしたとされるその“お大尽遊び”ぶりは、本誌3月8日号でも報じたが、

    「何人もの女の子を指名し、連夜、オープンからラストまで店にいました。
    大人数での同伴では、銀座でヴィトンやアルマーニのバッグをプレゼント。
    席ではジャンケンで負けた子に1万円台のシャンパンをジャンジャン飲ませ、一晩平均50万円くらい使っていました。支払いはもちろん現金です」(関係者)

    事件から1年余、こんな遊びを続け、2億円近く使ったとみられるが、9月に店の女性多数が偽装結婚の容疑で逮捕されて閉店。
    10月半ば、捜査が身辺に迫っていると勘付き、家族もいない身軽さを利して、間一髪、フィリピンへ高飛びした。
    それから3日後の16日、事件の関係者が一斉逮捕されたのだった。

    「小山の前妻やパブを辞めた子たちがフィリピンにいる。当面、彼女らのもとを転々として身を隠すつもりでは」(同)

    大捕り物で主犯を取り逃がした警視庁の面目は潰れた。

    2018年10月25日号 掲載

    デイリー新潮
    http://news.livedoor.com/article/detail/15523453/


    【【新潮】警視庁大失態!被害額55億円「積水ハウス」地面師事件、主犯格の男が高飛びの瞬間 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/10/30(火) 06:45:47.11 _USER9
     お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(36)は今年、相次いでレギュラー番組を失った。が、そんな現実はどこ吹く風とばかりに、ビジネスに精を出している。それも、怪しさに満ちた……。

     今年3月はTBS系の「ビビット」、9月には日テレ系「ヒルナンデス!」を降板したオリラジ中田。芸能記者は、彼をこう評する。

    「近ごろの中田は、自分で立ち上げたブランドのTシャツなどのネット販売にご執心です。それが宗教じみていて気持ち悪い。『幸福洗脳』とプリントされただけのTシャツを1万円以上で売っているのです。さらに、ラジオ番組で“ディープなファンだったら買えよ”とリスナー、つまりファンに購入を呼びかけました」

     結果、売れたものの、「中田は“先輩芸人の半年分の収入を1週間で稼いだ”と豪語して、“何様?”と反感を買いました」が、気にもかけず、引退を囁かれても意に介さない。

    「なにせ、中田さんはいまや“教祖様”ですからね」

     そう語る女性がいる。彼女は、中田が主宰する月会費1千円のオンラインサロンメンバーの関係者だ。

    「中田さんの『NKTオンラインサロン』では、メンバーだけのやりとりができます。けれど、“やっていることが怪しすぎる”“宗教みたい”といった声が続出しているのです」

    チケットを手売りで

     この関係者が続ける。

    「中田さんは、オリラジが中心のダンスユニット『レディオ・フィッシュ』のプロデューサー兼メンバーとしても活動しています。このユニットは2年前に『パーフェクトヒューマン』が大ヒット、紅白出場も果たしました。でもこの売り上げをほとんど吉本興業に持っていかれた。だから彼は、レディオ・フィッシュ関連の売り上げを会社にとられないよう、サロンをはじめたというのですが……」

     サロン内ではバーベキューなどのオフ会もあり、ライブのチケットを中田などから直接、手売りされる。

    「芸人にファンが会えるんです。舞い上がりますよね。彼はファン心理を利用して、10枚以上のチケットをファンに渡して周囲にさばくよう頼むのです。売り切った子には“もっといけそう?”と追加で売らせる。さらには、レディオ・フィッシュの弟分のグループのビデオ撮影なんかもやらせる。ギャラなどありません。月会費1千円を払い、働くんですよ」

     そしてオフ会にはファンに全身黒の服を着てこいと要請。着てくると、黒い数珠を授けるという。

    「黒ずくめの服を勧めるのも、“まず中田を信じてほしい。だから黒い服着ろって言ったら着るんです。まず、信じる”と宗教じみているし、自分を“御神体”などと呼ばせたりしてもいる。全部シャレと片づけるには気味が悪すぎます」

     狂気と正気の境目があやふやな感じがしてならない。

     吉本興業はサロン運営を容認しているというが、こんな“教祖様ビジネス”、いつまで続くのやら。

    「週刊新潮」2018年10月25日号 掲載

    20181030-00550762-shincho-000-view

     デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00550762-shincho-ent

    【【週刊新潮】全身黒服に黒い数珠「オリラジ中田」の怪しい“教祖様ビジネス” 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/10/30(火) 03:40:11.02 _USER9
    (前略)

    ■文春の落日と、私たちのリテラシー

    さて、文春の後半の方のグラフをもう一度見てもらうと、直近2018年10月にちょろりと山ができている。
    片山さつき大臣の疑惑報道だ。

    ”ちょろりと”と書いたが、実感としてもテレビで大して取り上げられなかった。
    文春のスクープが不発を続けている。

    あれほど毎週のように文春砲が放たれ、テレビが一斉にそれを報じていたのに、いったいどうしたことだろう。
    単純な話だと私は思う。

    文春はテレビに飽きられたのだ。
    “文春砲”とはもう呼ばれなくなっている。

    テレビは結局、何もかもを飲み込みエキスを吸い尽くしてぽいと捨てるうわばみのような生き物である。
    それはとりもなおさず、我々の好奇心の写し鏡なのだろう。

    つまり、文春に飽きたのは、我々なのだ。
    文春に反省すべき点があるとしたら、あまりにも連発しすぎた。
    要するに、調子に乗りすぎたのだ。

    文春は、デジタルもうまく使い映像にも手を出して新しいスキャンダルメディアとして生まれ変わる試みにトライしていた。
    だが結局は、紙の雑誌の部数減少は防げないし、紙を支えてきた団塊の世代に命運を握られている。

    だから最近は、文春でも健康ネタが増えてきた。
    気がつくと、オヤジ週刊誌はどれもこれも、健康ネタが満載だ。
    スキャンダル誌なんて、実はもう要らなくなっているのかもしれない。

    ではテレビはどうするのだろう。
    テレビが文春ネタを取り上げなくなったのはもうひとつ、信頼性を取り戻すべきとの空気があるからだと思う。

    ようやくわかってきたのだ。
    メディアにとって信頼性ほど大事なものはないのだと。

    それは我々が学んだからでもあると思う。
    なんだかんだ言って、我々のリテラシーは上がっているのではないか。

    フェイクニュースには気をつけろ。スキャンダルに振り回されるな。
    我々が新時代のメディア環境に慣れるために、文春砲に踊る日々は必要だったのだろう。

    だがもう、そのステップは卒業しようとしている。
    文春の落日は、そんなターニングポイントの象徴でもあるのだと思う。

    ※一部引用しました。全文はソースでどうぞ

    文春(青)新潮(橙)をテレビが取り上げた回数グラフ(データ提供:エム・データ社)
    20181029-00101734-roupeiro-000-16-view

    https://news.yahoo.co.jp/byline/sakaiosamu/20181029-00101734/

    【文春砲の落日 ワイドショーに消費し尽くされ、飽きられた週刊文春と新潮 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/10/24(水) 18:47:36.69 _USER9
    昨年11月にYouTubeに登場した「こばしり。」は、お勧め化粧品やメイクの仕方を紹介する動画をアップする女性ユーチューバ―である。開始から1年足らずでチャンネル登録者が35万人を超え、これは界隈で“超人気”にあたるのだとか。ひょっとすると、そのスター性は父親譲り……?

    no title


     ファンの一人が、謎に包まれていた「こばしり。」のベールを剥がしていった過程をこう話す。

    「顔がロックバンド“GLAY”のヴォーカル、TERUに似ているのは話題になっていましたけど、“こばしり。”のツイッターを辿ると、前職は自由が丘の美容院のカットモデル。その時の名が小橋明里。TERUの本名は小橋照彦なんです」

     このほかにも、今年21歳であること、新潟出身のシングルマザーの下で育ったこと、今年25歳の兄がいることなどが明らかになったという。

     GLAYのTERUといえば、1999年に「フォーカス」などがPUFFYの大貫亜美との不倫をスクープ。最終的に、当時6歳の長男と2歳の長女を捨てて、02年に大貫と再婚――と、先の情報と一致する。

     さらには「こばしり。」のフェイスブックには、兄、TERUの前妻、そして「小橋照彦」の名が。

     週刊新潮の取材に、父娘ともに「プライベートに関する質問には回答できません」という答え。10月25日発売号で詳しく報じる。

    「週刊新潮」2018年11月1日号 掲載

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15492216/   

    https://www.youtube.com/channel/UC4GMLPKC8TgfW1BtJ-0vf-Q




    【【週刊新潮】超人気ユーチューバ―「GLAY」TERUの娘だった!登録者35万人(画像あり) 】の続きを読む

    このページのトップヘ