中二病速報

    タグ:週刊新潮

    1: ひかり ★ 2019/01/16(水) 19:15:07.76
     広告代理店やテレビ局の関係者は、驚きを通り越して唖然としたという。デイリー新潮の調べで1月16日、中居正広(46)のレギュラー番組のうち、
    複数で“打ち切り”が決まったことが分かった。

     中居正広の公式サイトには、現在、5本のレギュラー番組が紹介されている。

    【1】中居正広の身になる図書館(テレビ朝日系列:月曜・午後8時~午後8時54分)
    【2】中居くん決めて! (TBS系列:月曜・午後11時56分~午前0時55分)
    【3】ザ! 世界仰天ニュース(日本テレビ系列:火曜・午後9時~午後9時54分)
    【4】ナカイの窓(日本テレビ系列:水曜・午後11時59分~午前0時54分)
    【5】中居正広の金曜日のスマイルたちへ(TBS系列:午後8時57分~午後10時)

     しかも打ち切りになる番組は1本ではない。なんと2本だという。広告業界の関係者が明かす。

    「打ち切りを決めたのは、テレビ朝日の『中居正広の身になる図書館』と日テレの『ナカイの窓』です。1本だけでも大きな衝撃が走るはずで、それが
    2本となると、業界は上を下への大騒ぎになります。『図書館』は2011年から放送され、深夜番組からゴールデンへの昇格を果たしました。『窓』も12年から
    オンエアされてきた人気番組です。まるで申し合わせたかのように両方が同じ時期に終わるわけですから、様々な憶測を呼ぶのは間違いありません」

     理由は「視聴率の低迷」だという。ところが広告代理店の関係者は「両番組の視聴率は打ち切りが必要なほど悪くはないんです」と首を傾げる。

    「もちろん、視聴率は1桁台です。ただ、似たような数字でも存続している番組は珍しくありません。中居さんは今でも、司会者としての人気と実力を
    持っています。だからこそ、少しくらい視聴率が悪くても、テコ入れを行うことで放送を続けてきたわけです。そして今でも、中居さんのレギュラー番組を
    オンエアする価値は、まだまだ存在するはずなんです。両番組のスタッフも『まさか終了するとは……』と驚いていると聞きました」

     ご存知の通り、16年にSMAPが解散しても、中居正広はジャニーズ事務所に残留した。契約の更新も重ねてきた。

     ジャニーズ事務所が持つ“権力”について、贅言は必要ない。「嵐やKing & Princeを擁する事務所」と説明すれば充分だ。

     ジャニーズを敵に回す民放キー局は存在しない。旬で人気を誇るジャニーズのタレントに出演してもらうため、常に事務所の顔色を伺いながら、
    番組編成を決めてきた。

    「キー局がジャニーズ事務所と出演交渉をした結果、バーター出演が決まるなんて日常茶飯事です。人気のタレントに出演してもらうため、少し人気の劣る
    タレントを別の番組にぶっ込むわけです。ですから、依然として人気のある中居さんのレギュラー番組が2本も同時に終わるというのは、我々の常識をはるかに
    超えています。一体、何があったのか」(同・広告代理店関係者)

     中居正広の契約更新は6月に予定されているという。芸能メディアは当然として、民放キー局や広告代理店も事態の推移を注視することは間違いない。

     果たして、中居正広の胸中や如何――? 

    週刊新潮WEB取材班

    2019年1月16日 掲載

    20190116-00555215-shincho-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00555215-shincho-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00555215-shincho-ent&p=2

    【【週刊新潮】中居正広のレギュラー番組が2つ同時に打ち切り 不可解な理由にテレビ業界は衝撃 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/01/13(日) 07:24:51.26
    NGT48「山口真帆」暴行事件、スタッフの“情報統制”に騙されたスポーツ紙
    デイリー新潮

    NGT側は失態続き

     NGT48の山口真帆(23)が暴行された問題では、収束の気配が全く感じられない。NGTスタッフの“危機管理”が裏目に出たことが、大きな原因のようだ。

     時系列を確認しておく。暴行事件は2018年12月8日に発生した。20代の無職と大学生の男2人が、新潟市内にある山口の自宅玄関に押しかけ、山口の顔を掴んで押すなどした。

     新潟県警は翌9日に2人を暴行容疑で逮捕。記者クラブ加盟社などに対する広報は行われたが、被害者は匿名だった。そして新潟地検は12月28日、容疑者2人を不起訴とし、身柄を釈放した。

     事件が発覚したのは、山口自身が明かしたためだ。年が明けて19年1月8日の深夜から9日の早朝にかけて、動画配信サイトで「なんでこんな怖い目に遭わないといけないの」と訴え、涙ぐむ姿が公開された。

     この時点で詳細は不明だったが、更にツイッターで暴行事件の経緯を説明。現在は削除されているが、

    《助けてと叫ぼうとしたけど怖くて声が出ませんでした。一分ぐらいしてやっと声が出せました。「たすけてたすけて」と叫びました。男は私の口を塞ぎました。そのまま家に閉じ込められて殺されるかと思いました》

    などといった、緊迫した状況を振り返った。これでマスコミが取材を開始。例えば共同通信は1月9日、「NGT山口真帆さんが暴行被害 新潟、男2人に顔つかまれる」と報道した。

     ところが、普通なら最も力を入れて報道すると思われたスポーツ紙が、各紙とも抑え気味の内容だったことに気づいた方はおられるだろうか。芸能担当記者が明かす。

    「NGTサイドは当初、暴行事件に関しては表向き“取材拒否”とする一方、スポーツ紙などには“火消し”に躍起だったんです。山口さんが動画を配信し、ツイッターを公開しても、NGTの関係者などは芸能メディアに『山口には少し精神的な問題がある』と、あたかも狂言であるかのように匂わせるなどしていました」

     最大の焦点は、山口がツイッターで「男が向かいの部屋から出てきました。その部屋は違うメンバーが住んでいた部屋でした」と、犯人がNGT48のメンバーが住む部屋から出てきたと主張した点だ。NGT内部に“共犯者”がいるとしたら、更なる大問題に発展することは想像に難くない。

    「芸能メディア側が内々に取材を行うと、NGTサイドは『メンバーの関与は絶対にない』と完全否定。その結果、NGT側の言い分を、一部のスポーツ紙は掲載してしまいました。関係者取材の怖いところではありますが、厳しい言い方をすれば、やはり“誤報”でしょう。NGT側の“情報統制”に騙されたわけです」(同・芸能記者)

     具体的には、1月10日に掲載されたサンケイスポーツと日刊スポーツに、以下のような記述がある。

    ◆「ツイッターではメンバーが関与したことを示唆(現在は削除)したが、関係者はサンケイスポーツの取材に関与を否定した」(サンケイスポーツ「NGT48・山口真帆、自宅で襲われた…暴行容疑で男2人逮捕」)

    ◆「メンバーが犯行の手引きした(編集部註:原文ママ)とも指摘しているが、警察が男らのSNSや通話履歴を調べた結果、メンバーの関与は認められなかったという」(日刊スポーツ「NGT山口真帆を『暴行』男2人不起訴」)

     そして、この10日、新潟市のNGT48劇場で劇場公演デビュー3周年記念公演が開かれた。山口は公演途中から登場したが、舞台で謝罪。「暴行事件の被害者に謝らせる必要はない」と世論が猛反発したのは、ご存知の通りだ。

    続きはこちらで↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190113-00555044-shincho-ent

    no title

    【【新潮】NGTサイドは芸能メディアに『山口真帆には精神的な問題がある』と狂言であるかのように匂わせていた 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/01/08(火) 19:41:26.40
     4月からの広瀬すず(20)の次は、戸田恵梨香(30)がNHK朝ドラのヒロインを務めると発表されたのは、昨年12月のことだった。大役を担うにあたって“身辺整理”をしたとも伝えられるが、目下、心配されているのは“父親”で……。

    〈今、現在も朝鮮人売春婦は、至る所で繁華街で簡単に出会う場所でウロウロしている〉

    〈支那人はアホか?〉

     こんな過激な文言が並ぶのは、戸田パパのフェイスブック。投稿の真意を探るべく自宅を訪ねるも、代わって妻が「素人がやっていることですので……」と答えるのみ。そんな“ネトウヨ父”については、芸能関係者からこんな声も。

    「これまでも彼は、娘の男性関係を暴露する『放言パパ』として知られていました」

     過去には女性誌の取材に、娘の交際相手だったとされる綾野剛を叱りつけたエピソードを喋ってしまったこともあったとか。子に罪はないとはいえ、「公共放送であるNHKは、仮にそれがタレントの父親であっても、思想的な偏りを忌避する傾向が強い」(放送ジャーナリストの小田桐誠氏)と、女優業に支障を来たす可能性もあるのだ。

     現在、戸田パパのフェイスブックは閉鎖されている……。1月9日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

    「週刊新潮」2019年1月17日号 掲載

    20190108-00554774-shincho-000-view

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190108-00554774-shincho-ent

    【【週刊新潮】NHKも問題視?朝ドラヒロイン「戸田恵梨香」に「ネトウヨの父」 】の続きを読む

    1: ほニーテール ★ 2019/01/07(月) 08:47:05.13
    (前略)

    結局は2年連続でTWICEが出場とあいなった。良くも悪くも注目されることとなった彼女たちは、2015年に韓国で結成された、5人の韓国人、3人の日本人、1人の台湾人のメンバーからなる多国籍グループだ。

    「後半の14番目に彼女たちが『紅白メドレー』を披露し、次のEXILEが『紅白スペシャル2018』と、やはりメドレー形式でした。紅組司会の広瀬すず(20)が“ダンスパフォーマンス対決”と紹介し、ネット上で盛り上がったと『オリコンニュース』が報じています」(芸能評論家)

     だが、本番での熱度とは反対に、リハでの温度は低かったようで……。

    「閉会式のリハーサルは、出場者全員が揃って行われ、ひとつひとつ段取りを確認していきます。直接出番があるわけではないアーティストにとっては、時間がかかり退屈なのは分かるんですけれど、TWICEのジヒョ(21)は不機嫌丸出し。天井を見上げての大あくびを隠そうともしていませんでした。まがりなりにもグループのリーダーなのに。
    ジヒョよりもやる気がなかったのはダヒョン(20)ですね。しかもこちらは、DA PUMPがダンスでコラボした五木ひろし(70)のステージのリハでのこと。
    TWICEはAKB48などと共にバックダンサーを務めたわけですが、ダヒョンはだるそうに腕を振るだけ。よく知らない日本の爺さんとコラボさせられて嫌々なんでしょうけれど、他にも演者がいる中で笑顔が一切ないというのは、あまり感じが良くないですよね」(リハを取材した記者)

    ◆やる気なき錦戸

     アイドルの韓流女子にこんな指摘があれば、アイドルの日本男児にも無気力の目撃談が。メンバーの渋谷すばる(37)が脱退し、初の6人体制で紅白に臨んだ関ジャニ∞、その中でも錦戸亮(34)である。

    「リハを終えて囲み取材に応じる時の錦戸は、態度が悪かったですね。カメラを向けた時こそポーズは取っていましたが、ずっと腕を組んだまま一言も喋らず。
    村上信五(36)が『来年は紅白の司会やります』とコメントして場を盛り上げている時も、愛想笑いもせずに『つまらないこと言ってんなよ』みたいな表情。
    べつに我々に愛想よくしろとは言いません。ただ、3年前(2015年)にSMAPが出た時は、時間いっぱいで質問を打ち切ろうとした仕切りのスタッフを木村拓哉(46)が制し、『いいじゃんもう一問くらい』と受け入れる“男気”を見せていました。先輩を見習ってほしい気持ちはありますね」(別の記者)

     と、ここまでやる気のない方々を紹介したが、反対に“やる気マンマン”なアーティストはいたのだろうか。

    「初出場の男性コーラスグループの純烈は、さすがはスーパー銭湯のドサまわりをしていただけあっての謙虚さでしたね。リハーサルから本番とたがわぬ全力のパフォーマンスでしたよ。ま、初紅白だからやる気があって当然、と言えばそれまでですけれど、囲み取材でもリーダーの酒井一圭(43)が『声とか張った方がいいですか?』と取材記者を気づかっていました」(前同)

    “リハでも全力”という話では、AKB48からもこんな話が聞こえてくる。先ほどTWICEについて証言してくれた記者は、

    「須田亜香里(27)はリハーサルでも常に笑顔で、さすが昨年のAKB総選挙で2位になったアイドルだと思わせましたね。サザンオールスターズの『勝手にシンドバッド』の音合わせの際は振りも掛け声も完璧で、練習してきたのがよく分かりました。
    練習といえば、タイのBNK48とのコラボのリハで、指原莉乃(26)がタイ語版『恋するフォーチュンクッキー』の歌詞を何度も繰り返していたのが印象的。
    紅白では基本的に、歌詞の“カンペ”用意されているので、そこまで頑張らなくてもいいんですけれどね。BNKと対面した際には『コップンカー、サワディーカー』とタイ語で挨拶してました」

     人に見られるお仕事。アイドルの語源たる“偶像”を、いつ何時も演じる必要があるということか。

    20190107-00554616-shincho-000-view

    週刊新潮WEB取材班
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190107-00554616-shincho-ent&p=2

    【【週刊新潮】 紅白リハでやる気のなかった「錦戸亮」「TWICE」見習うべきは「純烈」と「須田亜香里」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/30(日) 06:19:32.69 _USER9
    天は二物を与える。最近の女流棋士は美人揃いである。
    トッププロの香川愛生(まなお)、NHK将棋番組の司会を務めた藤田綾等々。その中でも、この人は別格、竹俣紅(べに)(20)。
    アイドル並みの美貌を誇る。いや事実、芸能プロに所属し、テレビのバラエティ、クイズ番組などで活躍するタレントでもある。

    その人気女流棋士が、10日、突如、来年3月をもって日本将棋連盟を退会すると表明したから、オジサン将棋ファンは大ショック。

    中学2年生でプロ入りし、一方で都内の有名進学校から早稲田大学に入学して、現在、政経学部2年生の彼女。
    ブログで退会の理由をこう説明していた。

    〈大学に入って、さまざまな価値観に触れたことで、そうではない生き方をしてみたいと思うように……〉

    棋士が現役の一線から引く形は2通りある。プロとしての肩書を残したままの「引退」と、連盟との関係を完全に断つ「退会」だ。
    後の活動を考え、ほとんどが引退を選ぶ中、彼女が選択したのは退会だった。

    将棋連盟関係者はいう。

    「竹俣さんの今年の戦績は5勝6敗、通算成績は28勝35敗。強くもないが、悲観するほどでもない。
    ただ80名前後という女流棋士の世界、限られたタイトル戦での賞金額も少なく、対局だけでは年収100万円に届かぬ者もざらです。
    賢く割り切りの早い彼女、そんな世界、さっさと見限ったのかもしれませんね」

    華やかな芸能界に触れ、さてはそちらになびいてしまったということか。

    「今はただ学業中心にしたい意向のようです。その傍らに芸能活動もと……」(所属する「ワタナベエンターテインメント」担当者)

    美少女棋士が下した“一手”、何だかオジサン、とても残念で少し叱りたい気分。

    「週刊新潮」2018年12月27日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00554032-shincho-ent


    no title

    maxresdefault

    no title

    no title

    no title

    【【週刊新潮】美少女棋士「竹俣紅」が連盟退会 “年収100万円”の世界に見切り? 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/25(火) 06:17:02.37 _USER9
    松方弘樹(享年74)が脳リンパ腫でこの世を去ってからまもなく2年。
    そんな折、彼の息子が意外な職業に就いている、との話が聞こえてきた。
    たしか昔、俳優デビューしたはずではなかったか……。

    「仁義なき戦い」に「遠山の金さん」、「勝海舟」。挙げればきりがないほどの代表作を持つ松方が亡くなったのは昨年1月。
    彼の息子に触れる前に、民放の芸能デスクの話で子どもたちについて整理しておく。

    「松方さんには6人の子どもがいます。最初の妻で元モデルの夏子とのあいだに長女と次女、長男。
    2番目の妻、仁科亜季子とのあいだには次男と三女です。
    さらに、愛人関係だった千葉マリアとのあいだに三男。最期を看取った元女優の山本万里子とは未入籍で、子どもはいません」

    酒を愛し、女性に愛された昭和の名優の血を継ぐ長男は、目黒大樹(だいじゅ)(45)。芸能デスクが続ける。

    「17歳のときに松方が製作、主演した映画『首領(ドン)になった男』で俳優デビューしました。その当時、松方はすでに仁科と結婚していましたが、とにかく松方と似ていたので注目されました。
    しかしそのあとは『極道の妻たち』に出たりしたものの、俳優としてはパッとしませんでした
    2003年、松方が監督を務めた『OKITE やくざの詩(うた)』への出演以降は消息が途絶え、なにをしているのかと思っていたんですよね」

    そんな彼はいま、ホームレス支援のNPO法人で働いている。神奈川県下にあるその法人の幹部に名を連ねているのだ。こんな転身は滅多にあるものではない。

    いったい、どんな経緯をたどったのか。

    職を転々とした末に

    「実は、松方弘樹さんが内々に世話をしたんです」

    と、松方家の事情を知る男性が明かす。

    「9年ほど前のことです。“大樹は芸能界で挫折して、なにをしても三日坊主。面倒を見てくれないか”と、NPO法人の理事長に頼んだのだそうです。
    理事長の娘さんと、大樹さんのお姉さんが学校で仲がよく、親同士も親しかったんです」

    NPOは生活困窮者支援のため、15年前に立ち上げられた。いまは年金受給者向けの寮の運営がメインだ。

    「大樹さんは、俳優のあとはタクシー運転手やイカ釣り漁船に乗ったりしていたといいます。2、3年すると辞めて職を転々とする生活。でも、NPOに入ってもうじき10年。副理事長にまで出世したんですよ」

    奮起の理由を、目黒大樹ご本人から聞きたかったが、NPO法人を通じて、

    「いまはもうふつうの暮らしをしているので……」

    と語るのみ。ならば、と事情通男性はこう推測する。

    「大御所だというのに、松方さんは時々、お忍びで施設を訪れていたらしいんです。いつまでも息子を心配する姿に大樹さんも心を入れ換えたのでしょう。
    いまでは自ら企画して、恵まれない子どものための無料の食堂と、刑務所出所者の支援事業を手がけています。特に、出所者のための住居と就職の支援で全国を飛び回っていると聞きました」

    そういえば、松方の代表作には「脱獄広島殺人囚」などの「刑務所シリーズ」もあった。銀幕の若かりし父親に、ヒントを得たのかもしれない。

    「週刊新潮」2018年12月20日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181225-00553655-shincho-ent  

    20181225-00553655-shincho-000-view

    【【週刊新潮】消えた「松方弘樹」長男、ホームレス支援NPO副理事長になっていた 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/23(日) 07:11:41.97 _USER9
    《その役者さん、恐れながらわたしが共演NGに指定している数少ない方のひとりなんですよね》

    あるといわれながらも、なかなかその実態が見えてこない芸能界における“共演NG”。
    坂上忍(51才)が、自らの連載(『週刊新潮』)で、そんな共演NGの役者について語り注目を集めている。

    坂上といえば、10月に新番組『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)が始まり、レギュラー番組が8本になったばかり。
    そんな売れっ子に、共演NGの相手はいるのか、いったい誰なのか。連載ではその相手について《業界でトップの座を維持し続ける》、《目上の、ベテランの方》だと明かしたが──。

    「実は坂上さん、5年ほど前のトーク番組で、共演NGの役者について暴露していたことがあったんです。
    ある有名女優と共演したときに、監督のリクエストと違った要求をされたそうです
    しかし、坂上さんは監督の指示を優先、その女優は怒って、プロデューサーを呼びつけた。
    それを見て、“この人とはもう無理”と思った坂上さんは、以来、共演NGに。
    スタジオでは実名を挙げて大きな悲鳴があがり、相当な大女優であることがうかがえました」(テレビ局関係者)

    坂上と共演の過去があり、プロデューサーに文句を言えるクラスの女優となると、候補は限られる。

    「番組を見た人たちの間では、泉ピン子さん(71才)や三田佳子さん(77才)、岩下志麻さん(77才)らの名前が挙がっていました。
    その後、坂上さんには真相を語ってもらおうと多くの人がアプローチしたようですが、ご本人は“その人ではない”とだけ語ったと聞いています」(前出・テレビ局関係者)

    その女優はいったい誰なのか、坂上の所属事務所に尋ねたが、回答は得られなかった。

    しかし、坂上自身はその共演NGの相手に感謝を示しているという。

    《ある意味わたしはその人への反発心や分不相応な対抗心があったからこそ、これまでやってこられたような側面があるんです「あいつにだけは…」「あいつよりは…」》

    ぜひとも共演して“シンソウ”を語ってほしい。

    ※女性セブン2019年1月3・10日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181223-00000007-pseven-ent

    20181223-00000007-pseven-000-view


    【【女性セブン】坂上忍が告白した「共演NG役者」はあの大物女優か? 】の続きを読む

    このページのトップヘ