タグ:週刊新潮

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/01/18(木) 07:24:31.44 _USER9
    あんなに人気だったのに……“ぬっくん”温水洋一を見かけなくなった“裏事情”

    “ぬっくん”こと温水洋一(ワン・ツゥ・スリー公式HPより)

    「このハゲーッ!」よりも遥か前、自らの頭髪の薄さと幸薄そうな個性的なキャラクター、そして自分の意見など言えなそうもない情けなさそうな風貌を武器に、
    TVドラマやバラエティ番組で引っ張りだこだった俳優・温水洋一(53)。最近見かけることが減ったけど、一体どうした? 

    「そもそも温水を見出したのは明石家さんま(62)」というのは業界関係者。

    「それ以前から端役でドラマにも出ていましたけどね。でもメジャーになったのは、2000年に、さんまさんがコントでなく、初めて本格的舞台に主演した『7人ぐらいの兵士』で共演した温水さんを気に入って、
    自分のバラエティ番組『踊る! さんま御殿!!』(97~放送中/日本テレビ系)や『明石家マンション物語』(99~01年/フジテレビ系)に出すようになったからですよ。

    さんまさんから“ぬっくん”と呼ばれて、読みにくい名字も知られて、認知度もアップ。それ以降はドラマに映画にと引っ張りだこになりました」

     たとえば、NHK朝ドラでは「天うらら」(98年)にも出ているが、役名も不明なほどの端役だった。それが00年以降は、「まんてん」(02~03年)、「どんど晴れ」(07年)、「ウェルかめ」(09~10年)、「マッサン」(14~15年)に出演。

     NHK大河ドラマだって、「利家とまつ~加賀百万石物語~」(02年)、「龍馬伝」(10年)、「平清盛」(12年)、「真田丸」(16年)と、立て続けといっていい活躍ぶりだった。

     その間に映画初主演も果たしている。

    >>2以降へ続く

    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180118-00536258-shincho-ent 


    【【新潮】あんなに人気だったのに 温水洋一を見かけなくなった裏事情】の続きを読む

    1: きゅう ★ 2018/01/15(月) 20:34:43.26 _USER9
     1月1日に放送されたバラエティ番組「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018正月スペシャル」(テレビ朝日系)にて、X JAPAN・YOSHIKIとペアを組んだGACKTが全勝を果たした。これでGACKTは、個人連勝記録を55に伸ばした。

    「芸能人たちが“本物”を見極める正月恒例番組の『格付けチェック』ですが、今や視聴者の注目の的は、連戦連勝記録を更新するGACKTが、どこまで記録を伸ばすのかという点です。そして彼は今回も『ベテランの和楽器演奏』や『1億円の盆栽』などを見抜き、不敗神話を継続させました」(テレビ誌記者)

     そんなGACKT効果もあってか、同番組は19.6%という高い平均視聴率を記録。しかし一部では、出演者が予め答えを知っているのではないかというヤラセ疑惑が持ち上がっているという。

    「1月10日発売の『週刊新潮』が、『誰が勝つか予めシナリオがある』と語るテレビ関係者の証言を掲載。記事によると、直接答えを教えることはないものの、問題の傾向を教えていると聞いたことがあると暴露しているのです。これが本当ならば、出演者は、盆栽や楽器問題が出ることを先に知りながら収録に臨んでいることになります。それでも当てるのは凄いことかもしれませんけどね」(芸能記者)

     果たしてGACKTがミスをする日はやってくるのだろうか。

    GACKT-500x292

    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_44664/

    【「芸能人格付け」GACKT連勝の裏側を関係者が暴露!? 】の続きを読む

    1: shake it off ★ 2018/01/14(日) 09:04:31.43 _USER9
    いつかはクラウン――そう思って汗水流した世のお父さんたちにすれば、隔世の感があるだろう。
    弱冠21歳で、いきなり“K点越え”の車を手に入れた高梨沙羅のことである。スキー女子ジャンプ代表として冬季平昌五輪を控える中、彼女は愛車が約2000万円のベンツだと明かすのだ。

    「メルセデス・ベンツ・マガジン」は、販売会社が顧客を対象に配布する季刊誌である。
    最新の2017年冬号を開けば、品のいい私服に身を包んだ高梨が、愛車の「メルセデスAMG G 63」の傍らで微笑む姿が紹介されている。

    記事によれば、お値段は最低クラスでも1971万円! 軍用車から派生したSUV(スポーツ用多目的車)で、練習へ向かう際も自らハンドルを握っていると綴られる。
    ツインターボから発せられるエンジン音に惚れ込んだという彼女は、

    〈ソチでの悔しさを晴らすには、平昌でメダルを取るしかない(中略)そのためには自分の好きなものに囲まれて生活するのも1つの方法かと〉
    なんて愛車の“効用”についても語っているのだ。

    メダルを目指しアクセル全開、愛車の存在は欠かせないと胸を張るが、今シーズンの彼女はその実力をなかなか発揮できずにいた。
    「W杯序盤を終えた高梨の成績を振り返ると、個人戦4試合で優勝ゼロなんです」と解説するのは、さる全国紙の運動部記者である。

    「3位が2度のみで、歴代単独最多の通算54勝達成は、新年までお預けとなりました。実力を上げた欧州勢が1位2位を独占し、完全に後塵を拝しています」


    「まだ早い」

    そんな高梨は、W杯から帰国直後の12月21日、高級時計メーカー・オメガ主催のイベントに出席した。69万円もする五輪限定モデルの腕時計を贈られ破顔一笑だったが、先の記者はこんな懸念も口にする。

    「あの“レジェンド”ことメダリストの葛西紀明選手は、シーズンが始まると基本的に競技と関係のない出演依頼は、『五輪が終わってから』と断っていますよ。
    一方の高梨は、大手広告代理店がイベントやCMなどを差配して、ソチ以降は出演数が増えている。派手な世界との付き合いが増え、競技に集中できる環境が整っていないのが不幸です」

    実際、彼女の故郷・北海道に住む祖父に聞いても、
    「ベンツに乗っているなら“成功の証”のひとつかもと思う反面、まだ若いんだし、学生だし、そんな立派な車には乗らない方がいいんじゃないかという気持ちもありますよ。
    あの子は発展途上ですから、まだ早いのではないかと。孫がベンツの横に立っている写真は見たことあるけど、人様の持ち物だと思ってたので」

    なんて複雑な胸中を口にするのだが、一方でこんなエールを送るのだ。

    「あの子は昔から己を律することのできる人間。練習する時はきちんとやるし、オフは息抜きに充(あ)てている。五輪では一番よい色のメダルを獲って欲しいです」
    日々、安全運転を心がけているという高梨。ゴールド免許を目指すのも結構だが、メダルにブレーキだけはご免蒙りたいものである。

     ディリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00535897-shincho-spo

    no title


    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515878277/

    【【週刊新潮】高梨沙羅 愛車は2000万円ベンツ 祖父は「まだ早い」】の続きを読む

    1: ベラドンナ ★ 2018/01/13(土) 19:16:38.58 _USER9
    角界をめぐる騒動で時の人となった日本相撲協会の評議員会議長、池坊保子・元文部科学副大臣(75)が、自身に関する週刊文春と週刊新潮の報道に怒りをあらわにした。

    「すごいショック受けてるのよ。抗議文を出そうと思います」

    夕刊フジの直撃取材に、池坊氏は憤りをあらわにした。

    10日発売の週刊文春で「『貴乃花はクスリをやってるみたいに異様』と吹聴していた池坊保子」という見出しで報じられた記事について、池坊氏は「“吹聴”したなんて、そんなことはありません」と語気を強める。

    記事では「(貴乃花親方が)『クスリをやっているかのように変』と言ったのでは?」との質問に対し、池坊氏は「『そうかしらんって言ってる人もいるくらい、なんか異様よ』ということは言いました。二年くらい前」と説明している。

    週刊文春編集部は「池坊氏が複数の人物に上記の内容を発言した事実を確認しており、記事は事実です」と回答した。

    文春では過去の離婚騒動にも触れられているほか、同日発売の週刊新潮でも、池坊氏の過去の醜聞が報じられている。

    池坊氏は「私は誠心誠意対応してきたつもりなのに、最初から悪口を書こうと思って取材していたのかなと。文春も新潮も人を不幸にしてまでも売りたいのかなと思う。この1週間でマスコミ不信に陥りました」と心境を明かし、「私を貶める誹謗中傷は許されないということです。貴乃花親方にも不快な思いをさせ、心を痛めている」と述べた。

    池坊氏をめぐっては、記者会見やテレビ出演で、貴乃花親方に批判的とみられる発言があり、「協会寄り」との指摘もある。
    これについては「テレビでも公平に話していたんですけど。貴乃花を嫌いなわけではないと前も言っています。糾弾するつもりもありません」と強調していた。

    post_21923_20180106

    http://news.livedoor.com/article/detail/14153492/ 

    【池坊保子氏、文春&新潮に激怒!「抗議文を出そうと思います」 】の続きを読む

    1: きゅう ★ 2018/01/10(水) 20:08:56.11 _USER9
     昨年末、落語家の桂文枝の不倫疑惑が週刊新潮で報じられた。一昨年に続いて2年連続2度目の不倫疑惑に文枝はまたもやダンマリを決め込み批判を浴びているのだが、そこまで大きな騒動には至っていない。それもそうだろう。新潮が年末号で不倫報道をすると言われていたのは別の大物芸人Xであったため、ワイドショーは拍子抜けしてしまったのだ。

     文枝と50代の日舞の先生の10年近くにわたる不倫を報じ、文枝や所属の吉本興業が大騒ぎとなる一方で、待ち構えていた芸能マスコミは「そっちか~」と 少々腰が砕けたよう状態になってしまった。

    「実は以前から不倫疑惑が囁かれていたXに関する記事がいよいよ新潮に出ると囁かれていました。Xは既婚者で、子供もいます。主婦層がターゲットの民放帯番組のメインMCを長らく務めており、不倫となったら降板は避けられない。これは年末に大きな騒ぎになるぞ、と準備をしていました」(ワイドショー関係者)

     Xは帯番組のメインMCだけではなく、他にも多くのレギュラー番組を持っており、まさに現役バリバリの売れっ子だ。

    「去年の早い段階からXの不倫情報を複数の社がキャッチしており、追いかけていました。なかなかガードが固くものにできなかったのですが、いよいよ新潮が撮ることに成功した、という話だったのですが…」(週刊誌 カメラマン)

     もちろん世間的な知名度で言えば、Xより文枝の方が上なのは間違いないのだが、2016年に演歌歌手の紫艶に不倫を暴露されており、ワイドショーネタとしては新鮮さに欠けるという面は否めない。そもそも紫艶の時も、そして今回も何もコメントせずに無言という、とても芸人とは思えない面白くない対応を取っており、これでは盛り上がらないのも無理はないだろう。

    http://tocana.jp/2018/01/post_15613_entry.html
    http://tocana.jp/2018/01/post_15613_entry_2.html

    「Xの不倫記事が出るという情報はマスコミや芸能界で広まっていた。まさか文枝も吉本もXではなく自分たちの記事が出るとは想定すらしておらず、かなり焦っていた」(テレビ局関係者)

     文枝は年が明けてマスコミに直撃されても何も答えず、不倫の責任を取って上方落語協会会長辞任が取り沙汰されるなど、まだまだ混乱は収まっていない。それと同時に、新潮のみならず複数の週刊誌によるXの不倫疑惑追及は現在進行形で進んでおり、近々掲載されるという情報もある。

     マスコミ、特にワイドショーの“本命”はXの方であり、それが表に出てきたら今年1発目の大スキャンダルに発展するだろう。

    【帯番組司会者の特大不倫スキャンダル、新潮が撮影に成功か!?】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2017/12/26(火) 18:07:47.61 _USER9
    桂文枝に8年交際の「愛人」発覚 “将来は俺の介護を…”相手女性が明かす


    関西落語界の大御所・桂文枝師匠(74)の愛人の存在が明らかに。
    お相手女性が明かす、文枝師匠との愛憎8年――。

    2016年にも歌手との不倫関係が報じられた文枝師匠だが、こちらの夏目恵美子さん(仮名)との出会いは2008年。
    大阪の演芸場「天満天神繁昌亭」を、恵美子さんが訪れたことがきっかけだった。

    「繁昌亭の横にある喫茶コーナーにいると、文枝さんが現れて一緒に写真を撮ってくれたんです。
    それをメールで送ってもらったので、お礼を言うために再び繁昌亭を訪れると、
    今度は文枝さんの部屋(会長室)に通されました。彼は私の手を取ってエスコートしてくれて、
    私はもう緊張しっぱなしでした」

    やがて、文枝師匠が恵美子さんの家を訪れる仲になったという。

    「文枝さんがやって来るとマッサージしてあげて、添い寝をしてキスをするんです。
    この頃から彼は“将来は一緒に住んで、俺の介護をしてほしい”と言うようになっていました。
    “最期ぐらいは恵美子がいいんだ”とも話してくれて、私も夢見心地になっていました」

    そして男女の仲になった2人。恵美子さんを寂しがらせないように、師匠は一日3回の電話、
    写真付きのメールも送っていた。なかには、電話でこんなやりとりも……。

    文枝「今日はなに着てんの?」

    恵美子さん「今ですか……今ネグリジェですね」

    文枝「ネグリジェをねぇ……写真撮ってよう送らんやろ。どうして送ったらええか、
    わからへんやろ。今度ぼくが行った時に撮ったるわ。な?前に写したやつはあるねんで」

    しかし、“無料で遊べる愛人”だったと目を覚ました恵美子さん。
    さて、当の文枝師匠は彼女のことをどう思っていたのだろうか。高座を終えて出てきたところを直撃すると、

    「知らん……」

    と言うばかり。12月27日発売の「週刊新潮」では、文枝師匠が送ったきわどい文面の
    メールをグラビアで掲載すると共に、恵美子さんの詳しい証言を掲載する。

    週刊新潮 2018年1月4・11日号掲載

    デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/12261700/?all=1

    no title

    【週刊新潮】桂文枝に8年交際「最後の愛人」 電話音声と直撃動画
    https://www.youtube.com/watch?v=7x92oeJUrvs


    【【週刊新潮】桂文枝に8年交際の「愛人」発覚 “将来は俺の介護を ”相手女性が明かす 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/26(火) 19:11:41.41 _USER9
    白鵬側近からの電話に“星の話”を直感した貴ノ岩… 貴乃花の4時間にわたる告白

     12月20日、相撲協会は臨時理事会を開き、日馬富士の暴行事件をめぐる関係者らの処分についての話し合いを行った。その前日19日、貴乃花親方は都内某所で有力タニマチを前に、事件の全貌を告白。そこでは数々の新事実が明かされていて……。

     貴乃花親方の告白は、4時間にも及んだという。

    「親方はさすがに少し疲れた様子でしたが、“やり抜こう”“戦うぞ”という気迫が感じられました。元の相撲界にもどさなくては、という強い意志もひしひしと伝わってきました」(タニマチ)

     そこでは、どこにも報じられていない、また協会の報告書にもない“白鵬の側近が貴ノ岩にかけた電話”という新たな事実も明かされた。

     電話があったのは、暴行事件の9カ月ほど前の2017年1月20日の夜。

    「白鵬の側近からの電話は何度も連続してかかってきた。しかし、貴ノ岩は、“どうせ翌日の星の話だろう”と直感し、電話に出なかった。そのことは当然、貴乃花親方にも報告しています」(同)

     当時、初場所の13日目が終わっていて、1敗で単独首位の稀勢の里を2敗の白鵬が追うという状況にあった。そして白鵬の翌日の対戦相手が、初顔合わせの貴ノ岩だったのだ。結果、翌日の取組で、白鵬は貴ノ岩に惨敗を喫している。

     また、相撲協会の「最終報告書」では“持ち出した事実は認められなかった”とされている日馬富士のアイスピックについても、このタニマチは12月19日の時点で聞いていたという。

    「“日馬富士はカラオケのリモコンで貴ノ岩を殴っていたが、それが途中で手から落ちてしまった。で、興奮状態にあった日馬富士は近くにあったアイスピックを握りしめた”と……」(同)

     時に葉巻を吹かしながら語られたという、貴乃花親方の告白。12月27日発売の「週刊新潮」では、幻と消えた貴乃花報告書の具体的な内容、そして親方本人の証言とともに詳しく報じる。

    1711290558_1-714x476

    デイリー新潮 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00535570-shincho-spo

    【【週刊新潮】白鵬側近からの電話に“星の話”を直感した貴ノ岩 貴乃花の4時間にわたる告白 】の続きを読む

    このページのトップヘ