中二病速報

    タグ:週刊文春

    1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2015/04/08(水) 18:03:02.23 ID:???*.net
    女優の米倉涼子(39)が2歳年下の会社社長・A氏(37)と離婚を決意し、弁護士を通じて協議を始めようとしていることが週刊文春の取材でわかった。
    原因は、度重なるA氏のハラスメント。人格否定や、いわゆるモラルハラスメントによるものだった。週刊文春4月16日号では、その詳細を報じている。

    米倉は新居を飛び出し、2月の途中からは都内ホテルに滞在。一方のA氏は、大阪でのプロジェクトを立ち上げるため、現在は主に北新地の高級マンスリーマンションを居としている。

    週刊文春は一人で買い物に出た米倉を直撃。辛かったですか、との問いかけに「うん」と頷いた。
    同日同時刻、取材班はA氏も直撃したが、「何も言わないです」と回答。モラハラについて聞くと、A氏は記者を睨むように目を見開いた。

    米倉の所属事務所オスカープロモーションには、米倉の離婚の決意を含めて、
    取材で判明した事実について詳細に問い合わせたが、電話で「何も答えられません」と話すのみだった。
    画像
    20150407_193315_large_8396

    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4999

    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4993

    【米倉涼子が離婚決断!「モラハラ罵倒」「首絞め」「5時間正座説教」週刊文春】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/03(金) 07:38:23.48 ID:???*.net
    日本テレビ上重聡アナウンサー(34)が2日、同局を通じて文書で謝罪文を発表した。

    ベントレーを乗り回していた

    同日発売の「週刊文春」で、上重アナは昨年3月、東京都内のタワーマンションの最上階の部屋を購入。
    靴の小売りチェーン「ABCマート」の創業者で元会長の三木正浩氏(59)から1億7000万円を無利息で借り、
    三木氏名義の高級外車ベントレーを乗り回していると伝えている。

    疑惑を完全否定した

    上重アナは「一部週刊誌報道で、わたくし上重聡が知人から便宜供与を受けていたとの指摘がありました。

    この方には、かねてより応援していただき親交がありましたがあくまでもプライベートな交友関係であり、会社や仕事について特別な便宜を図っていただいたことは一切ありません」と疑惑を否定した。

    平謝りの謝罪文

    「個人的なご厚意の申し出に甘えたことによって、疑念をいだかれるような結果を招いたことは、
    私の不徳の致すところで深く反省しております」とし、「視聴者をはじめ関係する多くの方々にご迷惑ご心配をおかけし、申し訳ありませんでした」と謝罪した。

    局は今後調査を行わない方針

    上重アナは同日放送の情報番組「スッキリ!!」の番組内では何もコメントしていなかった。
    同局総合広報部は、「業務上で生じた金銭のやりとりではない」として今後調査は行わず、”おとがめ無し”となる見通し。

    ただし、社員就業規則で自家用車での通勤を禁止していることから、車での通勤に関して「本人に厳重注意した」としている。
    画像
    no title

    no title

    1428001454-0690-004

    1428001454-0690-001

    http://irorio.jp/entame/20150403/218392/
    2015年04月03日 06時43分

    【上重聡アナ「スッキリ!!」番組冒頭で謝罪 日テレ、車通勤のみ厳重注意(画像あり)】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2015/04/01(水) 18:15:14.42 ID:???*.net
    日テレ「スッキリ!!」新司会・上重聡アナ「1億7千万円マンション」利益供与
    2015.04.01 18:00

    日本テレビの情報番組「スッキリ!!」の新司会に抜擢された上重聡アナウンサー(34)が、 昨年、自宅マンションを購入した際、有力スポンサーから多額の融資を無利息で受けていたことが、「週刊文春」の取材により明らかとなった。報道機関である民放の社員がスポンサーから金品などの便宜を図ってもらうこと自体、重大なコンプライアンス違反であり、上重アナの行為は日テレの社員就業規則の懲戒事由に該当する可能性がある。

    融資をしていたのはABCマート創業者の三木正浩氏(59)。三木氏は週刊文春の取材に対し、物件を紹介し、購入を勧めたのは自分だと述べた上で、「よかれと思ってやったことで迷惑をかけてしまった。本人と話をしてすぐに(物件の)売却処理をします」とコメントした。

    日テレ広報・IR部は、〈当社アナウンサーの上重聡が、ABCマートの三木元会長と個人的に面識があるとは聞いておりますが、それを理由に当社がABCマートに対し、特別な便宜を図った事実は一切ありません。そのほか上重個人にかかわるご指摘については、確認のうえ問題があれば適切に対処します〉と回答。上重アナの番組司会者としての資質や、メディア人としての倫理が問われる問題となりそうだ。

    週刊文春
    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4975
    画像 甲子園のヒーローはどこで道を誤ったか
    no title

    【日テレ上重聡アナ ABCマート創業者から「1億7千万円マンション」利益供与(週刊文春)】の続きを読む

    1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 07:50:59.35 ID:???*.net
    ミタパンの兄に不倫騒動…戸籍謄本の改ざん疑惑も

     3月26日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、フジテレビアナウンサーの「ミタパン」こと三田友梨佳(27)の兄(34)が慰謝料請求訴訟を起こされていることをスクープしている。

     同誌によると三田氏は元交際相手に対し、当時既婚者だったにも関わらず独身であると偽装。さらに当時の妻と離婚成立する前後に、別の女性とも交際していたというのだ。

    戸籍謄本を改ざん

     三田氏の実家は東京・日本橋の老舗料亭『玄冶店 濱田家』で、オーナーを務める父親は明治座の代表取締役社長でもある。
    同社の取締役総務部長を務めているミタパンの兄(以下、三田氏)は、次期社長とも言われている。

     週刊文春によれば、2010年に共通の知人を介した食事会でA子さん(33)と出会い、2人は数か月後に交際を開始。
    しかし三田氏はこの約半年前、別の女性とすでに結婚していた。

    「知人から三田氏が妻帯者であることを聞かされたA子さんが、事実を確認したところ、三田氏は『妻は大阪の実家に帰っている』として、妻とは『離婚協議中』だと釈明。『離婚したら結婚しよう』などとA子さんを言葉巧みに説得し、交際を続けていたそうです。
    さらに、一向に離婚話が進展しないことを不満に感じていたA子さんに対し、12年の3月ごろに三田氏は戸籍謄本を“改ざん”してまで離婚成立を信じこませていたとか」(芸能ライター)

     当時、A子さんはそんな裏工作を知らぬまま、2013年6月に三田氏からプロポーズを受けたという。
    しかし、実際に三田氏と妻の離婚が成立したのはその1か月後というハチャメチャぶり。
    さんざん振り回された挙句に精神を病んでしまったA子さんは訴訟の準備に入ったが、そこで三田氏が昨年12月に別の女性と結婚していることが判明したそうだ。
    三田氏の再婚相手はすでに子どもを出産しているといい、前妻と離婚する前後にA子さんと、もう一人新たな女性との交際していたことになる。

    ~続き・詳細 は以下ソースをご覧ください~
    画像
    ダウンロード

    DMMニュース 2015.03.27 06:50
    http://dmm-news.com/article/934359/

    【ミタパンこと三田友梨佳の兄に不倫騒動 戸籍謄本の改ざん疑惑も】の続きを読む

    1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 02:17:23.94 ID:???*.net
     2月、別れ話のもつれから男性(48)を金属バットで撲殺したとして逮捕された元銀座ホステスの菊池あずは被告(28)。
    事件発生当初は菊池被告のルックスが注目を集め、「美しすぎる殺人者」と話題になったが、その後、続々と明らかになったのが菊池被告の“特異”なキャラクターだった。
     「最初は顔の美しさと、身長179センチという長身が注目された程度でした。ところが、フェイスブックなどの個人情報が明らかになるにつれ、実は菊池はもともと男性で、数年前にタイで性転換を受けていたニューハーフだったことが判明したんです」(夕刊紙記者)

     さらに菊池被告は銀座のクラブで働いていた以外に、「峰あずは」という名前で着エロなどに出演していた。
    ちなみに、この「峰あずは」名で出された作品は179センチの長身をウリにしたいわゆる“美脚モノ”。
    着エロDVD『月刊 隆行通信LQ13』では、ミニスカ・パンチラはもちろん、超ハイレグの食い込み水着やセクシーな黒のガーターベルト&Tバック・ランジェリー、さらにパンストでの大股開きといった痴態を、惜しげもなく披露している。

     これだけでも十分にセンセーショナルな事件といえるのだが、逮捕された菊池被告は、さらなる爆弾を投下。
    明石家さんまとの“親密な関係”の告白だった。
     「菊池は取り調べに対して『私は明石家さんまさんとも寝たことがある』と供述しはじめたんです。その後の捜査では、菊池の知人のニューハーフとさんまに接点があったことや、菊池の携帯アドレスにさんまの連絡先が書かれていたことも判明したそうです。
    事件の本筋とは関係なかったためそれ以上の調べはなく、直接の顔見知りなのか、あるいは知人などを介して番号だけを知っていたのかは定かではありませんが、接点があったこと自体は間違いなさそうです」(同)

     その後、この情報をキャッチした『週刊文春』がさんまを直撃。さんまは菊池被告に心当たりがなかったようで、「この子知らんで。どこで働いとった子や?」「ん~。銀座行けへんから、わからへんわ」「ええ? この子ニューハーフなん? 悪い。わからん」と終始苦笑いで対応したという。

    ~続き・詳細 は以下ソースをご覧ください~
    画像
    089e549df03923bdccdfed6b99c22e15

    週刊実話 掲載日時 2015年03月26日 17時00分|掲載号 2015年4月2日 特大号
    http://wjn.jp/article/detail/3707925/

    【金属バット撲殺事件・逮捕の菊池あずは「明石家さんまさんとも寝たことがある」】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 18:05:36.35 ID:???*.net
    AKB48メンバーが盗撮されていた!犯人はオフィス48元役員

    AKB48メンバーの着替えやシャワー、トイレなどを盗撮した大量の動画や画像の存在が「週刊文春」の取材により明らかとなった。週刊文春はこのデータを入手。検証したところ、犯人はオフィス48の元取締役であることが判明した。

    犯人はN(38)。2005年からAKB48に関わり、07年から10年までは、メンバーが多数所属するオフィス48の取締役を務めた男性だ。

    動画ファイルは計75本、撮影時間は計15時間以上。画像は200枚以上に及ぶ。撮影時期は09年から10年。
    撮影場所は本拠地である秋葉原のAKB48劇場の楽屋から、脱衣所、滞在先ホテルまで多岐にわたり、NHK紅白歌合戦の楽屋を盗撮した動画もあった。

    週刊文春は、運営幹部にデータの一部を提示した上で、今後の対処についてコメントを求めたが、運営会社AKSは「今の段階で事実関係を確認できていないため、コメントは差し控えさせて頂きます」と回答。

    05年の旗揚げ公演から今年で10周年。少女たちを預かる運営側の危機対処と管理責任が問われている。
    画像
    無題

    週刊文春 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4953
    リンク 互いに着替えを手伝う
    http://s-bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/2/4/-/img_24d51f5d61cee92e094b5e3b42cf2c1717761.jpg

    【AKB48メンバーが盗撮されていた 犯人はオフィス48元役員 週刊文春スクープ】の続きを読む

    1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/03/17(火) 21:16:14.31 ID:???*.net
     NHKの看板報道番組である「クローズアップ現代」(月曜~木曜午後7時30分から放送)に、やらせの疑いがあることが週刊文春の取材でわかった。

     やらせの疑いが指摘されているのは、昨年5月14日に放送された「追跡“出家詐欺”~狙われる宗教法人~」。
    「出家詐欺」とは、お寺で得度(出家の儀式)を受ければ戸籍上も法名への変更が可能となる制度を悪用したもので、宗教法人と結託して多重債務者を別人に仕立て上げ、ローンや融資を騙し取る詐欺の手口のこと。

     番組は、滋賀県の寺を舞台に実際に起きた詐欺事件の概要を報じた後に、出家詐欺が社会に蔓延している現状をリポートした。
    大阪社会部の記者が出家詐欺のブローカーの事務所を突き止めてインタビューを行い、事務所を訪れた多重債務者とブローカーの会話を隠し撮りしたシーンも放送された。
    記者は、事務所を後にする多重債務者を追いかけ、路上で直撃インタビューも試みている。

     だが、番組でブローカーとして登場した人物はこう証言した。

    「私はブローカーでもありませんし、出家詐欺に携わったことも一度もありません。
    番組に登場するブローカーは架空の人物で、NHKの記者に依頼されて私が演技したものです」

    この人物と多重債務者として番組に登場した人物は古くからの知人で、その知人からNHKの記者を紹介されて撮影に協力したという。
    NHKの記者と多重債務者として登場した人物も元々の知り合いだった。

     NHK広報局は、週刊文春の取材に対してこう回答した。

    「今回の番組は、十分取材を尽くして制作したものであり、やらせやねつ造があったとは考えていません」

     NHKの番組は視聴者からの受信料で作られている。NHKは指摘を受けた点についてきちんと調査し、視聴者に詳細に結果を報告するべきだ。

    <週刊文春2015年3月26日号『スクープ速報』より>

    「週刊文春」編集部
    画像
    images

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150317-00004932-sbunshun-soci

    【NHK「クローズアップ現代」でやらせ疑惑 「追跡出家詐欺」の回 週刊文春】の続きを読む

    このページのトップヘ