中二病速報

    タグ:週刊文春

    1: ヴァイヴァー ★ 2018/05/21(月) 01:16:56.42 _USER9
    自殺した農業アイドル(16歳) 「アイドル辞めたいと言ったら事務所社長に違約金1億円請求された」

    2018年3月、愛媛県松山市を活動拠点にする農業アイドル「愛の葉Girls(えのはがーるず)」メンバーだった大本萌景(おおもと・ほのか)さん(享年16)が、自宅で首を吊り亡くなった。

    「愛の葉Girls」はご当地アイドルブームが盛り上がりをみせていた2012年12月に、“歌って、踊って、耕すアイドル”としてデビュー。
    JAや自治体が主催するイベントなどで精力的に農業の魅力をPRする活動を続けてきたが、萌景さんの死を受けて、3月末で活動を自粛。
    デビュー以来、レギュラーメンバー・研修生を含めて10人以上が卒業や活動を辞退するなどして、最終的には5人編成となっていた。
    萌景さんの死から約2カ月。まだ心の整理がついていないという萌景さんの母親が、現在の思いを初めて語った。

    (中略)
    「1億円を払うように言われた」という娘の言葉
     萌景は出先からSさんに電話をしたようです。電話を切ったあと一緒にいたお友達に、「謝らされた、私は何も悪いことしていないのに謝らされた」「なんで私が謝らないかんの? 本当に社長(Sさん)に裏切られた」と話していたそうです。このときは、何のことを謝らなければならなかったのか、お友達にも話さなかったといいます。
     亡くなった3月21日の朝、萌景が一緒にいたお友達とそのお母さんに、「私の(「愛の葉Girls」で活動した)2年間は何だったんだろう、夢を返してほしい」「社長(Sさん)に裏切られた。社長に1億円を払うように言われた」と話していたと、あとから聞いて本当にショックでした。契約書には「ペナルティ料」の項目があり、規定違反や義務の不履行、タレント活動への事前連絡なしの不参加、遅刻の場合などにギャランティの50パーセント、または100パーセントをカット、足りなければ事務所から請求する旨が記されています。「1億円」というのは、Sさんが「違約金」をにおわせた発言だったと思えてならない。
    生前、「『何があっても萌景は辞めさせん』と社長(Sさん)に言われるよ」とも本人から聞いていました。

    http://bunshun.jp/articles/-/7433

    大本萌景(おおもと・ほのか)さん(享年16)
    no title

    事務所スタッフと萌景さんのLINEのやり取り
    no title

    マネージャーと母親のLINEのやり取り
    no title

    【自殺した16歳アイドル 辞めたいと言ったら事務所社長から違約金1億円払えと言われた 母親証言 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/05/20(日) 07:02:42.48 _USER9

    大本萌景さん/遺族提供 
    73eab_1386_3684862aeacbbe7af17615e3fa1d0ac7

    ・3月、農業アイドルだった大本萌景さんが自宅で首を吊り亡くなった
    ・母親は文春の取材で、娘が高校生活との両立で悩んでいたことを明かした
    ・事務所に相談しても、スタッフは高圧的な態度で聞き入れなかったという

    ■母親が告白 農業アイドルだった大本萌景さん(16)は、なぜ自殺しなければならなかったのか

     2018年3月、愛媛県松山市を活動拠点にする農業アイドル「愛の葉Girls(えのはがーるず)」メンバーだった大本萌景(おおもと・ほのか)さん(享年16)が、自宅で首を吊り亡くなった。

    「愛の葉Girls」はご当地アイドルブームが盛り上がりをみせていた2012年12月に、“歌って、踊って、耕すアイドル”としてデビュー。JAや自治体が主催するイベントなどで精力的に農業の魅力をPRする活動を続けてきたが、萌景さんの死を受けて、3月末で活動を自粛。デビュー以来、レギュラーメンバー・研修生を含めて10人以上が卒業や活動を辞退するなどして、最終的には5人編成となっていた。萌景さんの死から約2カ月。まだ心の整理がついていないという萌景さんの母親が、現在の思いを初めて語った。

    事務所スタッフと萌景さんのLINEのやり取り
    no title

    マネージャーと母親のLINEのやり取り
    no title

    ■ももクロが大好きで、アイドルに憧れていた

    ■全国区のアイドルになりたい

    ■アイドル活動と高校生活の両立で悩んでいた

    ■事務所スタッフからの高圧的なLINE

    ■母親から連絡しても、取り合ってもらえなかった

    ■今学校をやめると、私になにも残らなくなります

    ■もう1回、高校1年からやり直そうとしていた

    ■とにかく事務所の言うことは「絶対」

    ■「1億円を払うように言われた」という娘の言葉
      ※中略
     あとから聞いて本当にショックでした。契約書には「ペナルティ料」の項目があり、規定違反や義務の不履行、タレント活動への事前連絡なしの不参加、遅刻の場合などにギャランティの50パーセント、または100パーセントをカット、足りなければ事務所から請求する旨が記されています。「1億円」というのは、Sさんが「違約金」をにおわせた発言だったと思えてならない。生前、「『何があっても萌景は辞めさせん』と社長(Sさん)に言われるよ」とも本人から聞いていました。

    ■足元に置いてあった携帯には

    ■娘が最後の会話で洩らした「怖いけん、行きたくないよ」

     あの日、私は外出する予定があって、9時40分頃に家を出ようとしたとき、萌景がパパッと走ってきました。「ねえママ、今日イベント行かんとだめ?」と聞いてきて、私は、Sさんとの電話のことを何も知らなかったので、「今日やれることは、やったほうがいいと思うよ。今日のことはちゃんとやっていこう」という話をしたら、娘が前日のように暗い顔をして「社長(Sさん)に会うのが怖いんよ。怖いけん、行きたくないよ」と言ったんです。これが、萌景との最後の会話になってしまいました。

     亡くなる日の朝、萌景が「怖いんよね」って言ったとき、本当だったら側におるべきだった。もっと気づいてあげるべきでした。その言葉がどれだけ深い言葉だったのか。毎日、毎日そのことばかりを考えています。

    ◆ ◆ ◆

     事務所に書面で事実確認を求めたところ、一連の経緯について説明し、S氏が萌景さんに全日制高校へ進学することを勧めたが、3月20日、T氏が責任を持った大人になってほしいとの思いから「お金を貸すことはできません」との趣旨の発言をし、その話し合いの後に母親に電話をかけ、萌景さんからS氏に電話するよう促してほしい旨を伝えた事実を認めた。だが、「Sが大本さんに対して『1億円を支払うように』と述べた事実はありません」と回答した。

    全文はソース先で

     文春オンライン
    http://news.livedoor.com/article/detail/14739332/

    【自殺した農業アイドル大本萌景さん(16)の母親が告白 事務所スタッフの高圧的なLINE 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/05/19(土) 23:19:08.19 BE:132464407-2BP(1500)
    乃木坂46・西野七瀬に文春砲! ワイルド系ディレクターとのお泊まりスキャンダル・枕営業発覚で卒業コースか?

    乃木坂46の人気メンバー・「ななせまる」こと西野七瀬(にしの・ななせ)のスキャンダルを週刊文春が直撃しました。ワイルド系ディレクターの男性と二度にわたりお泊まりしていたというもので、枕営業の可能性もうかがわせる内容にネットは騒然となっています。

    2018年5月19日、「文春砲」の名で知られる週刊文春デジタルが、乃木坂46の人気メンバー・「ななせまる」こと西野七瀬(にしの・ななせ)のスキャンダルを報じました。
    その内容は、「ワイルド系ディレクター」の男性と二度にわたりお泊まりしていたというもので、枕営業の可能性もうかがわせます。

    白石麻衣と並び、今や乃木坂のダブルエースの一角と言われる西野七瀬。予想外の超大物メンバーへの文春砲直撃に、アイドルファン界隈は大騒ぎになっています。

    西野七瀬、ワイルド系ディレクターとのお泊まりは枕営業か?

    週刊文春デジタルが報じるところによれば、西野七瀬は過去、業界の「ワイルド系ディレクター」を二度にわたり自宅に連れ込んでいたとのこと。
    枕営業の可能性も示唆される内容です。
    この出来事があったのは今から2年も前とのこと。当時から文春は証拠を掴んでいたのでしょうが、運営サイドとの談合で表に出すのを控えていたのでしょうか。「コールドケース(未解決事件)」と呼ばれるのもわかります。

    http://48ers.info/I0000248

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【乃木坂に文春砲 お泊まりスキャンダルが西野七瀬だったことに衝撃走る】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/05/18(金) 21:16:16.71 0
    文春くん公式@bunshunho2386
    ついにあの「コールドケース」の封印が解かれる!
    明日、19日(土)21時放送「直撃!週刊文春ライブ」は有料パートも充実のラインナップです。

    no title

    https://twitter.com/bunshunho2386/status/997446987464167424

    【ついに今夜 乃木坂に文春砲炸裂】の続きを読む

    1: 君の名は 2018/05/15(火) 17:19:04.59
    5月19日の週刊文春ライブは乃木坂と欅坂の豪華二本立て

    no title

    no title

    no title

    @bunshunho2386:
    あのグループの続報も! 
    5月19日(土)21時放送「直撃!週刊文春ライブ」は有料パートも充実のランナップ! 今すぐ視聴予約をお願いします

    ×××
    これ、けやき坂近辺じゃん。
    多分志田の続報じゃね。もちろん乃木坂の話もするだろうけど

    ×××
    ほんとだ
    けやき坂通りのテレ朝前のようだ

    【【文春砲】5月19日の週刊文春ライブは乃木坂と欅坂の豪華二本立て 】の続きを読む

    1: 金魚 ★ 2018/05/10(木) 14:04:31.93 _USER9
    9日、『週刊文春』(文藝春秋社)が、15年前、元TOKIO山口達也に性的被害を受けたと思われる女性のインタビュー記事を公開。
    その内容が、ネット上で物議を醸している。

     誌上では、女性が被害時の様子を赤裸々に告白。
    15歳だった被害者は宿泊先のホテルに友人、マネージャーを名乗る男と半ば強引に連れられ、招き入れられると、強制的に酒を飲まされたという。

     そして、女性がトイレに立つと、酒に酔った山口から抱きつかれ、キスをされたうえ、腕を引っ張られ、性的被害を受けた模様。
    その際、一緒に部屋に入ったという友人とマネージャーを名乗る男は消えていたという。女性は誰にも相談できず、泣き寝入りしていたそう。

     それだけでもかなり衝撃的な話だが、もっと驚かせたのは山口がTOKIOの人気を支える番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の内容について、「DASH村とか、農業とか面倒くさい。正直だりぃよ」と愚痴をこぼしていたと報じられたこと。

     TOKIOの5人が一目置かれる存在となったのは、『ザ!鉄腕!DASH!!』で農業・漁業・工業などに真剣に取り組み、結果を出してきたことに他ならない。山口はそのなかでも番組内で絶滅危惧種の魚を釣り上げる、新米を作るなど、中心的な役割を担ってきた存在。

     日本テレビが年2回ペースで放送する『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり 人気番組ナンバー1決定戦』では、TOKIOの作った「新男米から」作ったおにぎりを食べた二宮和也が「おいしいお米。番組の企画とは思えない」と発言すると、キレ気味に「企画じゃない本気だよ」と怒る場面があった。

     その発言が何事にもつねに真剣に取り組むTOKIOを象徴する言動と考えられてきたが、じつは「だりぃ」と「嫌々」やっていたことに、ネットユーザーは衝撃を受けた様子。

     番組のファンからは「ずっとイヤイヤやってたの?」「やっぱり嫌だったんだ」「例えそうだとしても他人に口外するのはプロじゃない」「本当は福島もどうでもいいんじゃないの?」「みんなそう思っていると思っていたよ」などと憤る声が。

     一方で、「それだけ農業を真剣にやっている証拠」「仕事でやっているのだから当然だるいと思うはず」 「農家の人間も同じことを思っている。本職な証拠」「グチくらい良いだろ」などの声もあり、賛否両論となっている。

     現在のところ、『週刊文春』の報道の通り、本当に山口がこのような発言をしたかや、当時未成年の女性と性的関係を持ったかは不明。
    しかし、仮に事実とするならば、犯罪になる可能性が高い行為であり、発言についても、愚痴りたくなる気持ちはわかるが、アイドルグループに所属し、一生懸命さをウリにしてきたTOKIOにとしては、不適切な言動と言わざるを得ないだろう。

     奔放な下半身と酒、そして少女趣味といわれる性癖で仕事を失ってしまった山口。
    発言の是非については意見がわかれるところだが、 TOKIOに協力していた農家の人々に、「嫌々やってたのか…」と嫌悪感を持たれてしまっても、致し方ないだろう。

    thumb-12136-025891-entame_l

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000003-reallive-ent

    【山口達也「DASH村とか、農業とか面倒くさい」発言が話題 逆に再評価される展開へ】の続きを読む

    このページのトップヘ