中二病速報

    タグ:週刊文春

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/04(金) 07:17:06.61 _USER9
    覚醒剤取締法違反で清原和博氏が逮捕されてから2年。
    栄光と転落、挫折と屈辱、薬物依存、そして鬱病との戦いの日々――その半生を綴った『清原和博 告白』は昨年7月の発売から話題を呼び、スポーツノンフィクションの本として異例の累計11万部を記録している。

    同書の取材・構成を担当した記者が今だから明かす、清原氏との1年間の「憂鬱」とは――。

    今も編集部に便りが届く。机の上に置かれた封筒たち。7月に出版された『清原和博 告白』に対するものだ。

    現役時代からずっとファンであるという人。薬物依存や鬱病の過去があるという人。それに対する対処法を知っているという人。なかには「留置場から」という文もあった。

    それらを全て清原氏に送る。そして手紙を書く人の想いの深さや、エネルギーを想像するに、返事を書かなければと思うのだが、どうしても筆を持てない。なぜか。

    それはおそらく、ほぼ全ての便りにこういうことが書いてあるからだと思う。

    『復帰を待っています』『回復されるのを願っています』

    この本の、清原氏の言葉から希望を見出そうとする切実が見える。それが私の目には痛い。
    その切実に応えられるものは私の中にはないし、もし応えようとすれば、自分の言葉のクソ胡散臭さに吐き気がするからだ。

    月に2度、同じ曜日の、同じ時刻、同じ場所で清原氏に会う。そういう1年間を終えた後、清原氏にこう言われた。

    「あのお……、いつも淡々としていましたよね。なんていうか……、僕の前で、そういう風にしている人って今まであまりいませんでした」

    私は何と言っていいのかわからず、その場で返答することができなかった。ただ、後からわかったことは、それに対する答えは、手紙の返事を書けない理由と同じだ、ということだ。

    私も白状する必要がある。とてつもない光と影を持つ人物が、どん底で吐き出した言葉を記録した者として、清原氏に対しても、手紙をくれる人たちに対しても告白する必要があると思った。

    《記録者の告白》

    約束の木曜日がやってくるたび、私は憂鬱でした。

    渋谷駅で地下鉄を降りて、ハチ公口への階段を上ります。見知らぬ人の波に何度も肩をぶつけながら、また改札を通って、山手線のホームへと上がっていきます。
    そこで、むき出しになった鉄骨と工事中のクレーン車がたてる騒音の中、「内回り」の電車を待つのです。
    この1年、いつも決まった曜日の同じ時刻にあの“白い壁の店”へと向かう足取りは重いものでした。

    清原さんは約束の日が近づくと、「前の晩から、ああ、しんどいな。延期してもらおうかなと思っていた」と言っていましたが、じつは私も同じだったんです。
    なぜ、私までそういう気持ちになったのか。道すがら考えてみても、幾つかのぼんやりとした原因しか思い浮かびませんでした。  

    例えば、あの店の個室で人生を振り返るとき、清原さんはいつもアイスコーヒーを飲んでいました。最初に2杯。あっという間にそれを飲み干して、また2杯……。
    あの張りつめた、何か別の生き物が体内にいるかのような苦しそうな表情のまま、異常な速さで褐色の液体を流し込む様を見るのが辛かったんです。
    ポツ、ポツと話しながら、グラスやストローに添える手が震えているのを見るのが耐え難かったんです。

    どんな言葉よりも雄弁に、逃れがたい闇を見せられているようで、その中でもがいている人間のどうしようもなく露わな部分を見せられているようで、気が滅入ったんです。

     文春オンライン
    http://news.livedoor.com/article/detail/15826191/

    979f5_1386_df1d0c3b3116ea0dfede5009cf9b8467


    【【文春】「ずっと憂鬱でした」清原和博と1年間話し続けた記者の『告白』 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/01/01(火) 16:19:53.03 0
    ジャニーズ事務所所属の人気アイドルグループNEWSの手越祐也(31)が、9月と11月に“違法飲酒事件”を起こしていたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった

    NEWSといえば、12月19日にメンバーの小山慶一郎(34)が、キャスターを務めていた「news every.」(日本テレビ系)を降板することが同番組内で発表されたばかり。
    「週刊文春」が6月に未成年飲酒強要を報じたことをきっかけにした、6カ月の“謹慎”期間の末に下された処分だった。
    泥酔して強制わいせつ事件を起こした元TOKIO・山口達也の退所もあり、ジャニーズ事務所側がタレントの“飲酒問題”を重く受け止めたと考えられる。

    一方で小山同様、未成年との飲酒を小誌が報じた手越。だが、同僚の小山が“謹慎”していた期間中、手越は2件の“違法飲酒事件”を起こしていた。

    都内の女子大に通うA子さん(20)は2018年9月、女友達とグアムを旅行中、手越と酒席を共にした。

    「男6女8での飲み会になりました。手越くんも、男性陣も下ネタ全開でした。尋常じゃない量のテキーラが運ばれてきて、イッキ飲みゲームが続き、ずっと飲酒を煽られました」(A子さん)

    だが、グアムでは2010年7月8日から新アルコール法(グアム公法第30-156)が施行され、21歳未満の者へのアルコール飲料の販売および提供、21歳未満の者のアルコール飲料の購入と飲酒が禁止となっている。
    日本人旅行者であっても、違反した場合は罪に問われる。飲酒したA子さんだけでなく、酒を提供した手越も同様である。

    もうひとつは11月15日、手越は2018年に高校を卒業したばかりの短大生のB子さん(19)と酒を飲み、B子さんは泥酔状態に。現場は、6月に小誌が報じた未成年飲酒事件の舞台になったバーだった。

    「店内では牛乳のテキーラ割りが何杯も出され、手越と友人でゲームが行われました。女の子は皆ベロベロでまっすぐ歩くこともできない泥酔状態になっていました」(店の関係者)

    「週刊文春デジタル」ではA子さんもB子さんも人定した上で、ジャニーズ事務所に事実確認を求めたが期日までに回答はなかった。

    「週刊文春デジタル」では“違法飲酒事件”の詳細を記したオリジナル記事を掲載。また同チャンネルでは現場での音声を含めた関連動画も公開中だ。

    595a5_1386_6bd8dd25496d4ac599f19fd2ac8ee669

    http://news.livedoor.com/article/detail/15817000/

    【【文春】NEWS小山報道番組降板のウラで“お咎めナシ男”手越が起こした2つの“違法飲酒事件”】の続きを読む

    1: ( ´∀`) ★ 2018/12/20(木) 19:14:36.93 _USER9
    舞台「ジャニーズKing & Princeアイランド」のパンフレットが物議を醸しているという
    平野紫耀のはめている指輪を、平祐奈がインスタグラムに載せていたという疑惑が浮上
    2人はこれまで交際の匂わせ行為が疑われていて、週刊文春の取材対象に入っているとも

    まもなく交際発覚!?キンプリ平野、平祐奈とのお揃い指輪疑惑でファンが絶句!

     12月6日から、King & Princeが主演する舞台「ジャニーズKing & Princeアイランド」が開幕し、連日大盛況となっている。しかし同公演のパンフレット内容が、一部ファンの間で物議を醸しているという。

    「パンフレットには、メンバーそれぞれが指輪をはめた写真が掲載されています。しかしその中で、平野のはめているシルバーの指輪が、11月に平祐奈がインスタグラムに載せていた指輪と同じものではないかという疑惑が浮上。2人はこれまで、SNSなどでアップする私物が度々カブり、交際の匂わせ行為が疑われていましたから、今回の件もファンを動揺させています」(芸能記者)

     この匂わせ疑惑にファンは「うわあああ!! むりむり死にそう!」「涙止まらなくなるし、脈もめっちゃ早くなるし」「いつまで匂わせを続けたら気が済むの!?」と様々な声が飛び交っている。

     そんな中、近い将来に2人の熱愛がスクープされる可能性が噂されている。

    「12月13日発売の『週刊文春』が、アンケート調査企画『嫌いなジャニーズ』ランキングを発表し、平野は10位にランクイン。その際、同誌は『キンプリ平野“匂わせ”問題』とキャプションを使ってまで大きく取り上げ、ファンの『早くすっぱ抜かれてほしい』というコメントも紹介。わざわざこのコメントを載せるということは、平野と平が取材対象に入っている可能性は高く、今後、文春が本気になることで、決定的な証拠が出ることになるかもしれません」(前出・芸能記者)

     今年はCDデビューや紅白への出場も決定し、一般知名度を大きく伸ばしたキンプリ。もしも主要メンバーの平野の熱愛が発覚すれば、世間を大きく騒がせることとなりそうだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12251-148389/

    no title


    【キンプリ平野紫耀と平祐奈にお揃い指輪疑惑 週刊文春の取材対象に 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/12/13(木) 13:33:48.04 _USER9
     プロフィギュアスケーターの小塚崇彦が、13日発売の週刊文春で女性とホテルに入ったなどと報じられていることを受け、そこに同席したというモノマネ芸人の羽生ゆずれないが12日、テレビ朝日系「グッド!モーニング」で、ホテルに入った女性とはやましい関係は「一切無い」と断言した。

     文春では、小塚とゆずれないが横浜市内のホテルに女性2人と入っていったという趣旨の記事が掲載されているが、直撃を受けたゆずれないは、その日は横浜で行われたクラッシュドアイスというイベントに小塚を訪ね、小塚がそのイベントの代表者にゆずれないを紹介してくれるということから、部屋を訪ねたと主張。女性もそのイベントの関係者だとし、やましい関係は「一切ない」と断言した。記事についても「すごいこと書かれてるなと思った」
    と苦笑した。

     ゆずれないはツイッターでも同様の主張を書いた事務所の見解を添付。記事に書かれたことは「事実無根」と主張。1時間ほど話をして「帰路についた」としている。

    20181213-00000039-dal-000-view

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000039-dal-ent

    【羽生ゆずれない、小塚の文春報道に反論 女性はイベント関係者  】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/12/12(水) 16:06:46.53 _USER9
     離婚に向けての別居が報じられた、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦(29)と元フジテレビアナウンサーの大島由香里(34)。
    別居の理由は「多忙によるすれちがい」とされていたが、実際は小塚の止まらない夜遊びと大島に対する“モラハラ”が原因であることが「週刊文春」の取材で分かった。

    「小塚さんは仕事がない日も家に帰らず、夜遊びを繰り返していたようです。そのことに悪びれることなく、家族をかえりみないモラルのなさに大島さんは呆れ果て、離婚を決意したようです」(大島の友人)

     小塚は別居の理由について、小誌にこう答えた。

    「子供を東京の学校に行かせようと……。(不貞行為については)他の女性との関係はゼロでございます。ただ、そういった勘違いされるような行動はしていたとは思うので」

     大島に小塚との離婚について電話で直撃すると、「娘とがんばって生きていきます」と答えるのみだった。

     12月13日(木)発売の「週刊文春」では、大島が離婚を決意するに至った経緯、小塚の夜遊びやモラハラの詳細、そして12月9日未明、ある男性と一緒に女性2人をホテルに連れ込む一部始終などについて詳報している。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年12月20日号

    20181212-00009998-bunshun-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181212-00009998-bunshun-ent

    【【週刊文春】大島由香里アナが小塚崇彦と離婚決意 原因は夜遊びとモラハラ 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/12/12(水) 16:05:11.24 _USER9
     2018年のシーズンから千葉ロッテマリーンズを率いる井口資仁監督(44)が、3年前に糟糠の妻・A子さんと離婚し、
    今年10月、18歳下で「元ミス沖縄」のB子さんと極秘入籍していたことがわかった。

     5歳上のA子さんと井口はプロ入り前から交際をスタートし、井口はドラフト1位でダイエーホークスに入団。プロ1年目の
    シーズンが終わった1997年のオフに2人は入籍した。その後、福岡から米メジャー、千葉と活躍の舞台を変える井口に付いて、
    A子さんは陰日向になって20年近く、選手生活を支え続けた。

     そんなA子さんと井口が離婚したのは2015年。離婚原因はB子さんとの不倫交際だった。井口は離婚の事実を現在に至るまで
    公表していないが、2017年9月24日、ZOZOマリンスタジアムに3万人のファンが詰め掛けた引退試合でも、離婚の事実が
    公にならぬよう、前妻であるA子さんを呼び、家族席に座らせ、家族のように振る舞わせるという“偽装工作”を謀っていた。

     小誌取材班は、10月から正妻の座に収まったB子さんと井口が暮らす都内の自宅マンションを訪ね、携帯電話でもアプローチを
    試みたが、井口自身に話を聞くことはできなかった。

     A子さんは小誌の直撃取材にこう答えた。

    「辛い思いもしましたが、今は静かに暮らしています。私からお話することはありません」

     12月13日(木)発売の「週刊文春」では、井口とB子さんの馴れ初めから、何度か家族で利用したことがある高級リゾートで
    3人が鉢合わせた修羅場での様子まで、詳しく報じている。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年12月20日号

    20181212-00010002-bunshun-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181212-00010002-bunshun-spo

    【【週刊文春】ロッテ井口監督が極秘離婚&不倫相手の18歳下「元ミス沖縄」と極秘入籍! 】の続きを読む

    1: れいおφ ★ 2018/12/03(月) 02:29:31.26 _USER9
    11月30日、ファンクラブ会員向けサイト「ジャニーズジュニア情報局」で、ジャニーズJr.内の人気ユニット「Love-tune」のメンバー7人が事務所を退所することが発表されたが、その退所に関連して、メンバーと事務所が取り交わす契約書をめぐる齟齬があったことがわかった。
    12月1日(土)に放送されたインターネット生放送「直撃!週刊文春ライブ」で報じた。

    Love-tuneは2016年5月に結成され、安井謙太郎(27)、真田佑馬(26)、諸星翔希(24)、森田美勇人(23)、萩谷慧悟(22)、阿部顕嵐(21)、長妻怜央(20)ら7名で構成されるジャニーズJr.内の人気ユニット。
    2017年10月にはZeppDivercityで初の単独公演を、2018年3月には単独で横浜アリーナを満席にし、大成功を収めた。

    しかし、順調に見えたLove-tuneだったが、最近では露出がほとんどなく、ジャニーズJr.が活躍するテレビ番組「ザ少年倶楽部」(NHK)でも2018年5月11日以降、出演が途絶えていた。

    きっかけはSMAP騒動も一段落した、2018年1月10日。
    Jr.内ユニットSnow Man、Travis Japan、SixTONES、Love-tune、4グループのメンバーが招集されて行われた、
    事務所とジャニーズJr.が初めて契約書を取り交わすという説明会だった。

    説明会では「契約をしても、契約をしなくても、給料や今ある仕事に関しては何も変わらない」という説明がなされたという。
    それを受けLove-tuneメンバーだけが契約書のサインを保留し、持ち帰ったという。

    しかしその後、Love-tuneに対する待遇は一変。
    仕事が激減し、テレビや舞台への出演もほとんどなくなった。

    12月1日、取材班がリーダーの安井を直撃したところ、「事務所を通してください」などと話した。
    ジャニーズ事務所に事実確認を求めたが期日までに回答は得られなかった。

    「週刊文春デジタル」では安井直撃取材の様子やメンバーの写真などを収めた関連動画を公開中。
    オリジナル記事でも詳報している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15678200/

    Love‐tune
    安井謙太郎(27)
    真田佑馬(26)
    諸星翔希(24)
    森田美勇人(23)
    萩谷慧悟(22)
    阿部顕嵐(21)
    長妻怜央(20)

    wBBI9Ru

    no title

    no title

    no title

    no title


    関連スレ
    【芸能】ジャニーズJr.「Love‐tune」 解散&全員退所!★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543654729/

    【【文春】ジャニーズJr.「Love‐tune」 解散&全員退所 その場で契約書にサインしなかったため待遇一変 】の続きを読む

    このページのトップヘ