中二病速報

    タグ:週刊文春

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/04(水) 16:05:56.77 _USER9
    「小室哲哉引退会見」に妻・KEIKO親族の怒り

    音楽プロデューサー・小室哲哉(59)が、女性看護師A子さんとの不倫疑惑を報じた「週刊文春」記事を受けて会見を開いたのは今年の1月19日。2011年に妻のKEIKO(45)がくも膜下出血で倒れて以降、介護のストレスの中でA子さんが精神的な支えになったが男女関係はない、と釈明した小室。そして「私の罪の償い」として自発的な音楽活動からの引退を表明したのだ。

     会見では「(KEIKOの)目を見て、しっかり話をしていきたい」と語った小室だが、その後、妻とは一度も会っていない。夫妻はいま事実上別居状態で、KEIKOは故郷の大分で家族と暮らしている。KEIKOの親族が怒りを込めて口を開いた。

    「会見には唖然としました。少なくとも、桂子(KEIKOの本名)に関する彼(小室)の話はほとんど嘘。桂子のサポートに疲れたと言っていますが、彼は介護らしいことは何もしていませんし、そもそも今の彼女は要介護者ではない。なぜあそこまで、自分の妻のプライバシーや名誉にかかわることを、あしざまに言わなくてはならないのでしょうか」

     KEIKOと親しい地元の知人がいう。

    「小室さんは、会見で桂子は『今は小学4年生くらいの漢字のドリルとかが楽しいみたいです』『コミュニケーションが日に日にできなくなっている』などと言っていましたが、桂子が漢字ドリルをやったのは5年以上前の話です。なぜ小室さんは、昔の桂子の姿ばかり語るのでしょうか」

     小室は会見で、KEIKOが「音楽に興味がない人」になってしまった、と語ったが、彼女は周囲にこう話している。

    「私、歌が好き。歌っているときはいつだって楽しい」

    「週刊文春」には、知人から提供されたKEIKOの近影と共に、本人の「ファンへのメッセージ」が寄せられた。

     看護師A子さんとの関係を含めた小室の近況など、詳細は7月5日(木)発売の「週刊文春」で報じる。また、「 週刊文春デジタル 」では、KEIKOの複数の近影のほか、小室への直撃取材の模様を収めた《完全版》動画を同日朝5時に公開する。

    文春オンライン 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180704-00008037-bunshun-ent 

    記者会見での小室 c文藝春秋 
    no title


    【【週刊文春】「小室哲哉引退会見」に妻・KEIKO親族の怒り「彼の話はほとんど嘘」 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/06/27(水) 16:02:43.95 _USER9
    ◆「アナウンサー好感度ランキング」水卜が5連覇、有働が2位。男性部門は安住がV2達成

     今回で12回目となる「週刊文春」恒例のアンケート企画「好きなアナウンサー」「嫌いなアナウンサー」の最新版調査で、「好きな女性アナ」部門では、日本テレビの水卜麻美アナ(31)がV5を達成。2回目となった男性部門ではTBSの安住紳一郎アナ(44)が「好きな男性アナ」2連覇を果たした。

     アンケートは3月27日から5月25日まで約2カ月にわたって、文春オンラインの無料メルマガ会員を対象に募集され、下は14歳から上は87歳まで全体で5400超の回答を集めた。

     結果、「好きな女性アナ」部門では、2016年から続いていた水卜、加藤綾子(33)、夏目三久(33)の“三強”が崩壊し、2位にはフリー“ジャーナリスト”転身の元NHK・有働由美子(49)が入った。3位にはワンランクダウンの加藤綾子。夏目は5位に後退した。財務省事務次官のセクハラ問題で気骨ある発言が話題となったテレビ朝日・宇賀なつみ(32)は8位に上昇。前回5位だったNHK・桑子真帆(31)は10位と大きく順位を落とした。

     一方、「嫌いな女性アナ」部門は、4期連続で加藤綾子が1位、2位は安藤優子(59)、3位は水卜麻美という結果だった。フジテレビ・秋元優里(34)は圏外からいきなり5位に登場。今年1月に会社員と入籍した長野美郷(31)も8位とトップ10入りした。

     全4部門でのトップ20のランキングと、メルマガ会員の回答は6月28日(木)発売の「週刊文春」に掲載する。

    img_1c34417457459496900cb829f7fb0507168704

    週刊文春 
    http://bunshun.jp/articles/-/7918

    【【週刊文春】「アナウンサー好感度ランキング」水卜が5連覇、有働が2位 男性部門は安住がV2達成 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/06/23(土) 23:10:40.99 _USER9
    Hey! Say! JUMPの岡本圭人が9月からアメリカへ留学する。

    これはHey! Say! JUMPのファンクラブサイトにて発表されたもの。
    動画コメントの中で岡本は芝居や音楽、そして語学を学ぶためにアメリカに留学し、演劇学校The American Academy of Dramatic Artsに通うことに決めたと話した。
    また帰国後のことについては「絶対に成長した姿を皆さんにお見せできるように一生懸命勉強して、必ずHey! Say! JUMPに戻ってきたいと思います」と述べた。

    メンバーは岡本が帰国後グループに復帰すると理由から、彼の留学を受け入れたという。
    薮宏太は「圭人が留学して本当に人間として成長して、そして頼もしくなって戻ってくることを期待しています。皆さんも一緒に圭人のことを僕たちと一緒に待っていただければと思います」とファンへメッセージを送った。
    またHey! Say! JUMPは8月1日にニューシングル「COSMIC☆HUMAN」をリリースするが、今作のリリースに伴う番組出演に関しては9名で行うという。
    さらに現時点では開催が発表されていなかった今年のコンサートツアーについても言及。
    こちらについては岡本を除く8名で臨むことが明かされた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000075-natalien-musi

    Hey! Say! JUMP岡本圭人
    no title

    【Hey! Say! JUMP岡本圭人、脱退せず 9月からアメリカ留学を発表 】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2018/06/23(土) 20:09:49.45
    韓国企画の黒幕がフジテレビ関係者だった件

    ・Produce48はフジテレビに関係する人物が持ち込んだ企画
    ・その人物はAKBの総選挙をフジテレビで生中継する際のパイプ役になっていた
    ・あくまで韓国サイドの企画であり、あまりメリットが無いのでAKBの運営は乗り気でなかったが総選挙の放送をフジテレビにしてもらう関係上断れなかった

    ソースは先週の直撃! 週刊文春ライブ #3 d

    201806-produce48_l_full

    【【文春】 韓国企画の黒幕がフジテレビ関係者だった件 【Produce48】 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/06/20(水) 16:05:08.04 _USER9
    ◆グループ脱退後の活動を禁止するNMB48“奴隷契約書”を入手

     NMB48のメンバーと当時の所属事務所である「KYORAKU吉本.ホールディングス株式会社」との間で、脱退後の芸能活動を一定期間禁じる契約が交わされていたことがわかった。6月16日(土)のネット生放送「直撃!週刊文春ライブ」が報じた。

     AKB48など他の姉妹グループとは異なり、NMB48のメンバーは全員が吉本興業の関連会社に所属している。週刊文春デジタル取材班は「専属契約書」の現物を入手。そこにはこのような条項があった。

    〈本契約終了日から起算して2年間は対外的な芸能活動を行ってはならず〉

     「まるで“奴隷契約”ですよ! 2年間も活動を止めたら事実上の芸能界引退です。メンバーも『“フリーター製造機”だね』って自嘲していた」(元NMBメンバー)

     労働問題にくわしい都民総合法律事務所の中村剛弁護士が解説する。

     「今年2月に公正取引委員会の有識者会議が報告書を公表し、タレントの事務所移籍を制限するのは独占禁止法違反にあたる可能性があると指摘しました。今後の指針を示した重要なガイドラインと言えます。昨夏に契約トラブルが報じられたタレントのローラさんの場合も2年間の活動禁止条項がありましたが、結局は今年4月に事務所と和解しています。憲法22条(職業選択の自由)に照らして拘束力を有さないという裁判例もある。NMBの契約内容も法的には同様に判断される可能性が高い」

     週刊文春の取材に吉本興業の広報担当者は次のように回答した。

     「NMBの契約書には確かにその条項があります。ですが、それを盾に取って活動を制限したことはありません。今年3月に入った子たちの契約にはその条項がありませんし、相談があれば、それ以前のメンバーも2年縛りはなくしています」

     “奴隷契約書”の内容や元メンバーの肉声など、詳細は6月21日(木)発売の「週刊文春」で報じる。「週刊文春デジタル」では「直撃!週刊文春ライブ」有料パートで放送した関連動画等を同日朝5時に公開する。

    img_b58342d7f8076c8b504bfa8e89192f8735265

    週刊文春 2018年6月28日号
    http://bunshun.jp/articles/-/7848

    【【週刊文春】グループ脱退後の活動を禁止するNMB48“奴隷契約書”を入手 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/06/20(水) 16:06:44.26 _USER9
    ◆W杯キャスター手越祐也&日テレ軍団がロシアパブで“酒盛り”

     本誌が先週号で未成年女性との飲酒問題を報じたNEWS・手越祐也(30)は、現在、日本を遠く離れてロシアにいる。同グループの小山慶一郎(34)は未成年女性との飲酒で謹慎処分となったが――。

     「手越は日本テレビ系のW杯メインキャスターを務めており、同局のW杯テーマソングもNEWSの曲。文春の件で、降板も囁かれていましたが、開幕直前で替えが利かず、ジャニーズと日テレは、強行突破を決めました」(スポーツ紙記者)

     手越は、出国前に、携帯公式サイトでこう綴っている。

     〈電波も入らないってなかなか体験すること無いけど、情報が入ってこないっていう環境もそれはそれで幸せだなーって思ったよ〉

     “レッドカード”を免れた手越に先駆けて現地入りしていたのは、日テレのラルフ鈴木アナ。10年以上サッカー取材を担当する鈴木アナは「NEWS ZERO」のスポーツキャスターも務めているが、手越の未成年女性との飲酒現場に同席していた“飲み仲間”でもある。

     「このことについて記者仲間に振られても、鈴木アナはヘラヘラして、まるで反省の色ナシ。手越の方は日本代表の合宿地でも、見かけませんね」(テレビ局関係者)

     一体、手越はどこで何をしているのか。

     本誌がその動向をキャッチしたのは、日本の初戦、コロンビア戦が行われる2日前のこと。手越と日テレ軍団は、決戦の地、サランスクの街に現れたのだ。

     「ブラジル対スイス戦を見たかったようで、手越くんと元日本代表の城彰二さん、日テレのスタッフ15人くらいがパブの2階を占拠。ラルフはいませんでしたが、手越の近くにスタッフがぴったり付いていました」(居合わせた客)

     6月21日(木)発売の「週刊文春」では、手越をはじめ、関ジャニの村上信五などロシアW杯の現地キャスターの動向を詳細に報じている

    img_e53bc644f9aa92d7519348b92459b771196642

    週刊文春 2018年6月28日号
    http://bunshun.jp/articles/-/7847

    【【週刊文春】W杯キャスター手越祐也&日テレ軍団がロシアパブで“酒盛り” 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/06/20(水) 16:02:40.34 _USER9
     ジャニーズ事務所のアイドルグループ、Hey! Say! JUMPの岡本圭人(25)のグループ脱退が決まり、今月末にも発表される予定であることが週刊文春の取材で分かった。

     2007年9月に結成されたHey! Say! JUMPはメンバー全員が平成生まれ。昨年は紅白歌合戦にも初出場を果たしている。

     元男闘呼組の岡本健一(49)を父に持つ岡本は、ジャニーズ初の2世として注目を集めただけでなく、語学力を活かし上智大学の国際教養学部に一般入試で合格。アイドルと学生の二足のワラジに挑んでいた。

     一方、13年にはフライデーに有村架純(25)との親密ショットが掲載されたり、最近も温泉街でのキャバクラ遊びが報道されるなど、派手な私生活でも知られている。4月には、留年を繰り返していた大学を退学していたことを公表した。

     ジャニーズ事務所に岡本の脱退について質問したところ、締切までに回答はなかった。

     詳細は6月21日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

    「週刊文春」編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180620-00007842-bunshun-ent

    no title

    【【文春スクープ!】Hey! Say! JUMP岡本圭人 電撃脱退 】の続きを読む

    このページのトップヘ