タグ:週刊文春

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2017/10/18(水) 16:05:39.09 _USER9
    関西発のお昼の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(讀賣テレビ)で10年以上にわたり司会を務めるフリーアナウンサーの宮根誠司(54)が、同番組を降板し、フジテレビの新番組の司会に就く予定であることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

    讀賣テレビ関係者によれば、「来年3月末で『ミヤネ屋』を降板する」という。

    「今年8月に『ミヤネ屋』はスタジオをリニューアルしたばかりですが、去年頃から『ミヤネ屋』に対する宮根さんのモチベーションがなくなってきています。
    元々ほとんど台本なしの進行ですが、マンネリを感じている。所属事務所と本人は『視聴率が下がり追い込まれるまでに辞めて、キャスターとしての商品価値をキープしたい』と考えています」(番組関係者)

    そんな宮根に接触したのが、フジテレビだった。

    「来年4月から宮根さんにはフジテレビで放送される月~金の夕方帯の新たな報道番組の司会を務めてもらう予定です」(フジテレビ関係者)

    フジテレビにはどうしても宮根を獲得したい事情があった。

    「今の夕方帯の『みんなのニュース』は惨敗の状態です。同時間帯の番組では日テレ、テレ朝、TBSに負け続けている。
    10月にリニューアルしましたが、状況に変化は見られません」(同前)

    宮根の電撃移籍によって、フジテレビは復活することができるのか。

    フジテレビ、讀賣テレビに対し移籍について質問したが、共に「そのような事実はございません」と否定した。

    週刊文春10月19日発売号では、宮根本人への直撃取材、電撃移籍が内定した裏事情などについて詳報している。

    hqdefault

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00004594-bunshun-ent

    【【文春スクープ】 宮根誠司 「ミヤネ屋降板」 フジ新番組に電撃移籍へ 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/10/11(水) 16:23:28.71 _USER9
    今年3月、警察によるGPS捜査の是非を問う訴訟で違法判決を勝ち取った美しすぎる弁護士、亀石倫子氏(43)。
    彼女と「サンデーステーション」のプロデューサーX氏の間で、「セクハラ騒動」が起きていたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

    「X氏がゲストコメンテーターの亀石氏に対し熱を上げ過ぎてトラブルになったと聞いています。X氏は『報道ステーション』などの番組で長くディレクターを務め、今年4月から『サンステ』のプロデューサーに昇格。
    キャスティングも担当する番組の実力者です」(テレ朝関係者)

     今年5月から亀石氏は「サンデーステーション」に出演しているが、9月末頃から「セクハラ騒動」が局内で取り沙汰されている。

     問題視される言動のひとつが、「恋愛小説事件」だ。自作の小説を亀石氏にメールで送っているのだ。

     他にも食事の席で「キスをしたい」と伝えたり、亀石氏が帰阪する新幹線に乗り込んでくることもあったという。

     報道番組のプロデューサーが出演者に対し私情を持ち込むべきでないことは言うまでもない。実際、テレ朝の現場スタッフからは「X氏の行動を不問にすれば、今後うちはセクハラ、パワハラ問題を報道できないじゃないか」という声も上がっているという。

     本誌の取材に亀石氏もX氏も事実関係を認めながら、「私はセクハラという認識はない。テレビ朝日さんに対して本当に恩しかありません」(亀石氏)、「セクハラという意識もないし、問題になることはしていない」(X氏)と答えた。

     テレ朝にもX氏の「セクハラ騒動」について確認を求めたが、「現在、事実関係を調査中です」と回答はしなかった。

    「週刊文春」10月12日発売号では、「セクハラ騒動」の全容に加え、亀石氏、X氏へのインタビューを詳報している。

    「週刊文春」編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171011-00004480-bunshun-soci
    亀石倫子氏。ショートヘアがトレードマーク 
    no title

    GPS訴訟では主任弁護士を務めた
    no title

    【【週刊文春】美しすぎる弁護士亀石倫子氏とテレ朝プロデューサーの「セクハラ騒動」】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2017/10/10(火) 15:10:59.78 _USER9
    ゲス極×『週刊文春』まさかのコラボ 川谷絵音「これくらいのジョークがなきゃ」

    ゲスの極み乙女。の新曲「あなたには負けない」(10日配信開始)のミュージックビデオ(MV)撮影が、『週刊文春』の協力で行われたことが明らかになった。発行元である文藝春秋本社ビルで撮影が行われ、エキストラとして編集部の記者も参加した。

    ボーカルの川谷絵音は昨年1月、『週刊文春』にタレント・ベッキーとの不倫を報じられ、同年5月に離婚。
    同9月には未成年の新恋人と飲酒デートを同誌に報じられ、12月から今年3月までバンド活動を休止するなどしてきた。

    まさかのコラボの発端は、9月20日にYouTubeで公開された新曲「あなたには負けない」のMVショートバージョン。
    この映像の中には『週刊文春』を模した『週間人春』なるCGの雑誌が登場する。
    これを見つけた文春編集部は所属レコード会社ワーナーミュージックに取材を申し込み、その取材現場で「MV撮影に協力できることがあれば」とまさかの提案。大胆にも文藝春秋本社ビルで撮影することが決定した。

    撮影当日は終始和やかな雰囲気の中で行われ、実際に編集部で働く記者たちもエキストラで参加。
    川村ケンスケ監督は「『あなたには負けない』『だってスプリングなんだもん』この2つのフレーズを聞いて、今回のMVのエンディングを思いつかないでいられる人はいるだろうか?」と投げかけ、「敵地(失礼!)に襲撃ではなく、お邪魔するのが筋。…と、思わない音楽ビデオ監督はいないであろう」とも。
    「ある意味、撮らされたんです(笑)」と告白した。

    川谷は『週刊文春』コラボスペシャルMV「あなたには負けない(full spring ver.)」の公開にあたり「窮屈な世の中で表現まで窮屈になりたくないなと思いこの作品を作りました。
    表現にはこれくらいのジョークがなきゃ。文春さん、協力ありがとうございます笑」とコメントしている。

    あなたには負けない(full spring ver.)
    https://www.youtube.com/watch?v=thAtSosYjFU


    ORICON NEWS
    http://www.oricon.co.jp/news/2098679/full/
    『週刊文春』撮影協力の「あなたには負けない」MVを公開したゲスの極み乙女。
    2098679_201710100823944001507614743c

    【ゲス極×『週刊文春』新曲MVの撮影でまさかのコラボ】の続きを読む

    1: 黄金伝説 ★ 2017/10/05(木) 13:14:44.32 _USER9
     女優・モデルとして活躍する菜々緒だが、本格的に活動してから約8年間にもかかわらずマネジャーが14人目であることを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

     同誌によると、あまりにも早いペースでマネジャーが替わるため、関係者の間では、名前ではなく「〇代目さん」などと揶揄されているという。

     菜々緒が替えさせる場合もあれば、現場マネの方から「外してください」と訴えるケースもあるというが、その原因は、菜々緒の気難しさ。

     性格が極めてドライで人に興味がなく、ひたすら事務的な反応しかしないため、マネジャーからするとやりがいなし。その一方で車の運転には厳しく渋滞が大嫌い。道の選択を誤って渋滞にハマったりするとメチャクチャ機嫌が悪くなってしまうというのだ。

     しかし、菜々緒は事務所の稼ぎ頭のため気を遣わざるを得ず、事務所幹部も「ワガママで大変です。でも仕事はきっちりやるんで仕方ない」とこぼしていたという。

     「これだけ早いペースでマネジャーが替わったといえば、芸能界のご意見番・和田アキ子ぐらいしか思い浮かばない。ただ、和田の場合、ずっと付いていたマネジャーは今や事務所の役員に就任。
    それなりに耐え忍んだ“ご褒美”があったが、菜々緒の事務所ではそういう“ご褒美”がなさそう。ドラマなどではドSキャラが多いがマネジャーに対してはドSキャラ全開だったようだ」(テレビ局関係者)

     同誌に対し、事務所は「彼女は仕事に対するモチベーションがすごく高いので、現場マネがついていけない場合もありますし、会社の事情で替えることもあります」と事実関係を認めるコメント。

     ポスト・和田アキ子誕生か。

    4417cb2db783832ccdac2ca9785f0962

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171005-59148663-naigai

    【菜々緒のマネジャー、14人も変わっていた「週刊文春」が報じる 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/10/04(水) 12:26:48.02 _USER9
     契約違反問題で昨年AKBグループから独立した?中国・上海発のSNH48が愛国アイドル路線を爆走中。オタクを愛国戦士に“フライングゲット”したい習近平政権の愛国キャンペーン最前線をルポライターの安田峰俊さんがレポート。

     今年10月1日、中国は68回目の国慶節(建国記念日)を迎えた。同月の18日に第2期習近平政権の顔ぶれを決める共産党大会が予定されていることから、今年は特に露骨な愛国キャンペーンが展開されている。

     例えば国営放送CCTVは国慶節に合わせて『厲害了、我的国(スゲえぞ、わが国)』と題した中国スゴイ番組を大々的に放送。内容は高速鉄道建設やイノベイションなど各方面における中国の偉大さを自画自賛するものだ。

     この波は社会全体に及んでいる。例えば上記の番組中で紹介されたシェアサイクル大手のofo社とモバイク社は、タイヤに「スゲえぞ、わが国」と書かれた国慶節バージョンの自転車車両を中国全土の160以上の都市で大量に配置するという、別な意味で中国スゲえと思わせる行動に出ているほどだ。

     中国スゲえの愛国キャンペーンに乗っているのはシェアサイクル業界だけではない。かつてAKB48の姉妹グループで、昨年6月に独立したSNH48も同様だ。彼女らはもともと2012年に秋元康のプロデュースによって上海で結成されたアイドルグループで、かつてはSKE48やAKB48と兼任する形で宮澤佐江・鈴木まりやの日本人メンバーも参加、日中エンタメ交流の一角を担う存在だった。

     だが、やがてSNH48の中国側運営会社が、秋元康のチェックを経ない中国国内オリジナル楽曲をリリースしたり、BEJ48(北京)やGNZ48(広州)などの姉妹グループを日本側運営会社AKSの許可を得ず設立するなどしたことで、AKSは「契約違反」であると激怒。昨年6月10日にSNH48は独立を宣言し、これに先立ち宮澤・鈴木の日本人メンバーも上海を去った。(※上記の「契約違反」については双方の見解が異なるため、本記事では詳述しない)

     その後の彼女らは中国の地場アイドルグループとして、AKSグループ時代以来の専用劇場・SNH48星夢劇院を拠点に活動を続行。やがて独立騒動の火種となったBEJ48やGNZ48に加えて、SHY48(瀋陽)・CKG48(重慶)・CGT48(成都、結成準備中)といった独自の姉妹グループをどんどん展開する。さながら水をぶっかけられたグレムリンのごとく、謎の大量増殖と独自の進化を繰り広げるようになったのである。

    https://youtu.be/WfWU9KuifzM


    ※AKSとの手切れ以前のSNH48メンバーが歌っていた『ポニーテールとシュシュ』の中国語版『馬尾与髪圏』のMV。歌唱のレベルやカメラワークはAKB48の本家MVよりも数ランク落ちる印象だ。

     SNH48はこの「脱日本化」事件以降、中国の純国産アイドルとして国内市場を見据えたマーケティングを開始するようになった。その一環としておこなわれはじめたのが、現代中国に吹き荒れる愛国ブームへの接近だ。

    20171004-00004366-bunshun-002-view

    以下ソース
    文春オンライン 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171004-00004366-bunshun-int

    【秋元氏もビックリ? AKB姉妹グループが中国で謎の大量増殖 愛国アイドル化も 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 20:11:24.08 _USER9
    NHK大河ドラマ「直虎」に出演中の女優・柴咲コウ(36)がIT企業の代表取締役社長CEOを務めていることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。
    企業名は「レトロワグラース社(以下、レ社)」で、昨年11月に設立されている。

    本誌取材班は同社の事業計画書を入手。そこには代表取締役社長CEO柴咲コウ名義で、次の挨拶文が記されている。

    〈ネットメディアエンターテインメントを通じて、よりたしかな未来を構築すべく、LES TROIS GRACESを立ち上げました。
    個々の特性を最大限活かし、真実の未来を奏でます〉

    その計画書によると、同社は今年9月末までに資本金を1億6千9百万円に積み上げ、株式上場を目指すという。
    また今年3月、柴咲の所属事務所「スターダストプロモーション」からファンクラブ事業を引き継いでいる。

    「8月にレ社の取締役に就任した藪考樹氏(46)がサポートしています。
    藪氏は、携帯用ゲームアプリで知られる『モブキャスト』の社長。柴咲とは以前から親交があり、彼女が尊敬する経営者です」(芸能プロ関係者)

    レ社の株式の過半数を柴咲が持つが、それに次ぐ25.1%を手にするのが「モブキャスト」子会社の「モブキャスト・エンターテインメント」だ。

    本誌の取材に「モブキャスト」は「(子会社がレ社に)出資した事実はあります」と回答。
    「スターダストプロモーション」は、「女優・CM業のマネージメントをレ社が引き継ぐことはない」と答えた。

    「週刊文春」9月28日発売号ではレ社設立の経緯などを詳細に報じている。

    (「週刊文春」編集部)

    no title


    文春オンライン
    http://news.livedoor.com/article/detail/13670843/


    【【週刊文春】柴咲コウが資本金1.7億円のIT企業を設立】の続きを読む

    1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 16:03:39.18 _USER9
     ダウンタウンの2人を中心に、巷のさまざまな“説”を検証する人気バラエティー番組『水曜日のダウンタウン』。同番組を手がけるスタッフが、とんでもない事件を起こしていた。

     9月6日、『水曜日のダウンタウン』のディレクターだった三枝浩史(32)は、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕された。昨年9月11日、当時中学三年生の女子2人とホテルの一室でわいせつな行為をおこない、それぞれ15,000円を支払ったという。更に翌月、そのうちの1人を再び呼び出し、35,000円払うという約束のもと買春行為に及んだ。警察の調べに対して事実を認めているという。

    「三枝はTBSテレビの社員ではなく、外部のフリーディレクター。赤坂のTBSからほど近い雑居ビルの一室で、自身の会社を経営しています」(TBS関係者)

     バラエティー番組関係者はこう証言する。

    「専門学校卒業後、ダウンタウンが司会の『リンカーン』(TBS系)でADやコーナーディレクターを長く務めていました。業界では有名な演出家に可愛がられていたため、『リンカーン』や『水曜日~』を含め、この演出家の番組で仕事をすることが多かった」

     TBSテレビは、週刊文春の取材に対し「番組スタッフが逮捕されたことは大変遺憾です。
    制作会社からの申し出を受け、既に番組の制作からは外れています」と回答した。

     詳細は9月28日(木)発売の「週刊文春」10月5日号で報じている。

    img_f5162664efd0d3cc7f0dd313182d4728358062

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170927-00004277-bunshun-ent

    【【週刊文春】「水曜日のダウンタウン」ディレクターが女子中学生買春で逮捕されていた!】の続きを読む

    このページのトップヘ