中二病速報

    タグ:週刊文春

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/25(金) 21:10:13.83 _USER9
    「表彰台に上がった選手たちの本気の表情を見て、『4年間、ずっと努力してきたからなんだ』と気づいたんです。それに比べて、自分は1年間くらいしか努力していなかった。その違いがこの結果で、足りなかった部分なんだと感じました」

     瀬戸大也(ANA)はリオ五輪後、そんな風に語っていた。

     銅メダルを獲得したものの、目標にしていた金メダルを逃した。高い目標を掲げたトップアスリートの表情には、心から悔しさがにじみ出ていたように見えた。だからこそ、そこから東京五輪への4年間は死に物狂いの努力を重ねていたはずだった。

     それだけに新型コロナウイルスによる東京五輪の延期は、本人にとっても青天の霹靂だったのかもしれない。

    「やらなきゃと思いつつ、まだ気持ちが入らない厳しい日々が続いている」

     今夏にそう本人が絞り出したように、その綻びは意外なところから顔を出した。

    報じられた白昼からの愛娘“お迎え前”不倫
     9月23日の「デイリー新潮」が、瀬戸の不倫を報じたのだ。

     記事では瀬戸が自分の車でキャビンアテンダントの女性と鄙びたホテルに行き、昼下がりの情事を楽しんだ後、愛娘を保育園に迎えに行く様子までが克明に記されている。

     報道を受けて瀬戸は24日には直筆でコメントを発表。不倫について謝罪し、《自分の行動を猛省し、家族との今後についてはしっかり話し合いたいと思っております》と言葉を綴った。

     瀬戸は2017年に飛び込み元日本代表の優佳夫人と結婚。大手食品メーカーのCMやイベント、テレビ番組に夫婦で出演するなど、スポーツ界を代表する「良き夫」としてファンにも認知されていた。それだけに爽やかなイメージで家族思いのキャラクターだと思われていた瀬戸の不倫は、世間や競泳ファンに衝撃を持って受け止められた。

     一方で、瀬戸に近い競泳関係者の間からは「いつか撮られると思っていた」という声が聞こえてくる。

    「もともと瀬戸は快活なキャラクターで人当りも良いため、女性のウワサは結構よく耳にしていたんです。しかも瀬戸は昨秋から『五輪に集中したい』ということで、練習拠点にもアクセスのよい豊洲のマンションで一人暮らしをしていた。また、今年の春には五輪延期を受けて、それまで指導を受けていたコーチのもとも離れ、自身の同級生を新コーチに据えていました。家族の目が届かなくなり、コーチも気心知れた同級生……。そういった環境もあって、最近は特に夜遊びの話を耳にすることも多くなっていた」(競泳関係者)

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6f1250e2be4805e6630916d333cbe3b71c9dcb21

    no title

    【【文春】「いつか撮られると思っていた」 “お迎え前不倫”金メダル候補・瀬戸大也の本当の評判】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/24(木) 22:41:37.76 _USER9
    埼玉県朝霞市の路上で帰宅途中の女性を後ろから口を塞いで押し倒し、軽傷を負わせた事件で、9月23日、二階堂直樹容疑者(41)が強制わいせつ致傷の容疑で埼玉県警に逮捕された。

     改名していたために当初はわからなかったが、この二階堂直樹は、解散した人気バンド「Hysteric Blue(ヒステリックブルー、通称・ヒスブル)」のリーダー兼ギタリスト「ナオキ」だった。

     事件が起きたのは7月6日午前2時頃、女性に抵抗されて逃走した二階堂容疑者は、同月11日に弁護士を伴って埼玉県警・朝霞警察署に出頭していた。逮捕に至ったのは、この2カ月以上後だった。

    一瞬でスターになり、一瞬で……
     ヒステリックブルーはTama、ナオキ、たくやの3人組バンドで、デビュー2年目の1999年1月にリリースした2ndシングル「春~spring~」で大ブレイク。その年の紅白歌合戦にも出場するなど、すさまじいスピードでスターダムを駆け上がった。

    「ヒスブルは人気が出るのも早かったですが、問題が起きるのもすぐでした。メンバーもまだ20歳そこそこで、境遇の変化に適応しきれなかったのかもしれません。2001年にはナオキの自殺未遂報道があり、2003年には活動休止。そしてナオキの“事件”を受けて解散を余儀なくされました」(芸能関係者)

     “事件”とはもちろん、2004年に二階堂が起こした女子高生らを含む9名に対する強姦・強制わいせつなどの事件のことである。

     二階堂は懲役12年の実刑判決を受け、仮釈放も認められず2016年に出所するまで服役していた。

     その犯行ぶりは極悪の一言に尽きる。逮捕の直接の原因となった路上で女性を押し倒した事件を筆頭に、マンションに侵入しての強制わいせつ、路上で背後から口を塞いで胸や局部をまさぐったり陰部をくわえさせるなど、バンド解散から数カ月の間に起こした事件の数は10を超える。ターゲットは10代から20代の若い女性が多く、同一の女子高生が4度襲われたケースまで含まれていた。

    「当時のナオキは2003年に結婚したばかりの新婚で、新居に引っ越したばかり。しかも妻はまさに出産間近という時期でした。裁判では妻が、妊娠中で性交渉ができなかったことを理由に減刑を求めましたが、とてもそういう次元の犯罪ではないですよね……」(同前)

    逃亡先の甲府ではさらに別の名前を
     二階堂は当時、妻の姓である「A」という苗字を名乗っていた。2004年の連続女性暴行事件の直後に離婚しているが、元の苗字に戻すのではなく、「二階堂」に改名している。前科持ちである経歴を隠そうとしたようだ。

     実は今回、7月に事件を起こした後に、二階堂は甲府へ引っ越していた。しかしそこでは二階堂ではなく、偽名を名乗っていた。交流があった近隣住民はこう語る。

    「8月頭に、20代前半くらいの女性と一緒に引っ越してきました。『蒼井』と名乗っていました。“蒼井さん”は人当たりがよくて、屋根を直す建築の仕事をしていたみたいなのですが、『こんど家の屋根直してあげようか』と声をかけてくれたりもしました。『台風被害にあった家を直すために全国を転々としている』と忙しそうでしたよ。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/31e4abb15c9ae890897ee9c50df9dd0e0b34ddcd
    no title

    【【文春】ヒステリックブルー二階堂容疑者は女性を襲った後、山梨に引っ越し“偽名生活” 埼玉で強制わいせつ逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/21(月) 21:41:58.92 _USER9
    「この度、弊社所属タレント錦織一清・植草克秀(少年隊)は、2020年12月31日をもちまして、ジャニーズ事務所所属タレントとしての活動を締め括り、新たな道へと進みますことをご報告申し上げます」

     少年隊の錦織一清(55)と植草克秀(54)が、12月31日をもってジャニーズ事務所を退所することが9月20日、公式サイトなどで発表された。

     東山紀之(53)は残留。ジャニーズ事務所は、今後、少年隊がグループとしての活動予定がないことも示しながら、「ジャニーが生み育てた少年隊につきましては、その功績と少年隊そのものは残したいというメンバーの意向を尊重し、これからも所属グループとしてその名を残すことといたしました」と説明した。

     少年隊は、1985年に「仮面舞踏会」でデビューしたが、グループでの活動は81年から始まっていた。テレビ東京「ザ・ヤングベストテン」にレギュラー出演。80年にデビューした田原俊彦、近藤真彦のバックダンサーを務めていた。もっとも、当時のメンバーは、錦織、植草、松原康行(芸能界引退)の3人。東山は82年春から、松原と交代する形で加入した。

     メンバー交代の理由は明らかにされていないが、当時から、東山は事務所内で「特別な存在」だった。小学6年の時、丸刈りの東山少年が、渋谷のスクランブル交差点で信号待ちをしていると、ジャニー喜多川社長(当時)が、車から降りて声をかけてきたという。ジャニー氏は、オーディション参加者に同行していた少年に「ユー、やっちゃいなよ」と誘うことはあっても、路上でのスカウトは珍しいケースだった。

    「ジャニーさんは、東山さんをソロデビューさせる可能性も探っていたようですが、先にシブがき隊がデビューし、男性アイドルグループの注目度が高まってきた。その流れもあって、人気が出てきた少年隊で、メンバーとして活動させることにしたようです」(当時を知る芸能関係者)

     運動神経と身体能力に優れた東山の加入で、バク転、バク宙を得意にする少年隊のパフォーマンスは、際立っていった。そして、85年の「仮面舞踏会」で大きなムーブメントを起こしたのだ。

     ★続きあり
    https://bunshun.jp/articles/-/40390?page=1 

    20200921-00040390-bunshun-000-3-view


    【【文春】「ヒガシとは待遇が違いすぎて…」退所の植草、錦織がこぼしていた「格差」僕とニシキは月給30万円で…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2020/09/20(日) 18:07:56.57 0
    【直撃】欅坂46・石森虹花(23)“新宿ホスト1年愛”「来店は1度きりでA氏を指名。メインは自宅デート」

    欅坂46の人気メンバー・石森虹花(にじか・23)が新宿・歌舞伎町の売れっ子ホスト・A氏と自宅マンションで過ごすなど、1年にわたって交際していたことが「文春オンライン」特集班の取材により明らかになった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200920-00040381-bunshun-pol 

    20200920-00040381-bunshun-000-6-view


    【【文春】欅坂46・石森虹花 “新宿ホスト1年愛”「来店は1度きりでA氏を指名。メインは自宅デート」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/09/18(金) 17:19:23.48
    「BUMP OF CHICKENの曲は、傷つきやすい少年の弱さや悩み、心の機微、青春のゆらぎを丁寧に汲み取っていて、若い人を中心にすごく人気があると聞きます。でも、彼が私にやったことはそんな“繊細さ”なんてみじんも感じさせないヒドいものでした。結婚を隠したまま、私で性欲を満たした一方、奥さんがいることが私にバレたら途端に“逆ギレ”。本当にどうしようもないサイテー男でした。3年たった今でも、あの時のトラウマが頭に焼き付いていて、恋愛に対してどうしても臆病になってしまうんです」

     そう告白するのは、都内に住む会社員のA子さん(30)だ。A子さんは数年前まで芸能事務所に所属し、モデルやグラビアアイドルの仕事をしていたという長身の美人。A子さんが「トラウマになるほどひどい仕打ちを受けた」という“サイテー男”とは、人気ロックバンドBUMP OF CHICKEN(以下、バンプ)のベースを担当するチャマこと直井由文(40)のことである。 

    https://bunshun.jp/articles/-/40286

    20200918-00040286-bunshun-000-3-view


    【【文春】BUMP OF CHICKENベーシストが結婚隠してコスプレ三昧不倫】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/17(木) 19:59:36.58 _USER9
    「ジュリー(藤島景子)さんは『うちの櫻井(翔・38)主演の映画で何をやってくれているの!』と大激怒していました。この頃、嵐は松本潤さん(37)が『花より男子』(TBS系)でブレイクし、 同作のシーズン2も大人気となり、それぞれの主題歌『WISH』と『Love so sweet』が大ヒット。嵐はまだ紅白歌合戦に出場する前で、テレビでは冠番組の『VS嵐』(フジテレビ系)がスタートしたばかりでした。

    時代としては、木村拓哉(47)が『an・an』の『好きな男ランキング』で15年連続1位を獲るなど、“国民的アイドル”といえばSMAPだった。嵐はまだその足もとにも及ばなかった。
    テレビ業界では“(SMAPのチーフマネジャーだった)飯島三智さんの時代”が続いていた。創業家の跡継ぎでありながらヒットに恵まれていなかったジュリーさんは一矢報いるために、嵐に力を入れていた。

    2007~2008年というのはそんな時期でした。そんなときに、“あの子”はジュリーさんの逆鱗に触れてしまったのです」(ジャニーズ関係者)
    ここで言われている“あの子”というのは、去る8月31日、オスカープロモーションからの退社を公表した女優・福田沙紀(29)のことである。

    16年在籍したオスカーを退社

    福田は今回のオスカー退社にあたり、自身のインスタグラムにこう綴った。

    〈この度、2004年からお世話になりました株式会社オスカープロモーションを退社致します。2004年のデビューから様々な経験をさせて頂き沢山の事を学ばせていただきました。
    古賀会長をはじめとするオスカープロモーションの事務所の皆様には本当に感謝しかありません。本当にありがとうございました。そして、いつも応援してくださる皆様へ改めて感謝を申し上げます。
    これからもお芝居に、真っ直ぐに。引き続き、精進して参りたいと思いますので応援よろしくお願い致します〉

     福田といえば、デビューと同時に様々な作品に出演し、事務所の猛プッシュという追い風を背中に受け、将来を嘱望される“オスカー期待の星”だった。

    「福田さんは2004年、オスカーの社をあげたオーディションである『第10回全日本国民的美少女コンテスト』で演技部門賞を受賞。同年に放送されたテレビドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)では生徒の麻田玲子役として女優デビューを果たしました。

    2005年には、同じ事務所の上戸彩さん(35)が主演したドラマ『アタックNo.1』(テレビ朝日系)の主題歌『アタックNo.1 2005』を歌い、CDデビューもしています。
    2007年のドラマ『ライフ』(フジテレビ系)では、ヒロインをいじめる安西愛海役が見事にハマった。残酷ないじめっ子を演じた福田さんは、才能ある若手女優として注目を浴びました」(テレビ局関係者)

    つづく

    文春オンライン
    https://news.infoseek.co.jp/article/bunshun_40259 

    no title

    【【文春】オスカー退社 “干され女優”福田沙紀はなぜジャニーズの逆鱗に触れてしまったのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/15(火) 23:13:33.20 _USER9
     9月14日、所属事務所「プロダクション尾木」(以下、尾木プロ)との契約解除が発表された歌手の華原朋美(46)。「週刊文春」の取材に対し、華原本人が初めて契約解除について口を開いた。

     尾木プロは各メディアに対し、書面でこう発表した。

    〈此の度1999年~2007年、2012年~2020年と足掛け20年、弊社所属でありました「華原朋美」との契約を、本人からの申し入れもあり、8月31日をもって双方合意の上、解約致しましたことをご報告致します〉

     華原本人の申し入れによる契約解除とのことだが、華原をよく知る音楽関係者は語る。

    「表向きはそうなっていますが、実際はクビです。理由は若い頃から乱用していた精神安定剤や睡眠導入剤などの薬をやめられないからです。テレビの仕事の現場に来ても目がうつろで、ここ2年くらいはほとんど仕事もできない状態でした。さらに薬の影響で、少なくともここ1年で、母親の家と(母が経営する)美術館がある那須で2度、新宿で1度、事故を起こしています。特に今年3月には那須で、フェラーリを大破させる事故を起こし、その時も薬で酩酊状態だったようです」

     9月14日夜、小誌は約1時間にわたり、契約解除となった理由や薬による“トラブル”などについて、華原に直撃した。

    「契約解除は私からお願いしたんです。やっぱりあのコロナになってしまって、仕事が全然無いのと、あとー、子育てを中心に今やっているところなのでー、うーん、とてもじゃないけどやっぱりいま歌手のひとたちって仕事がないので、そういう意味合いで」

     ゆったりとした口調で語る華原。

    ――子供を産んでからも薬がやめられなかったと聞いた。

    「全然です。そうじゃなかったら母乳で育たないですよね、ここまで」

    ――母乳で育ててらっしゃるんですか?

    「はい」

    ――睡眠薬とか抗うつ剤とか(母乳への影響があり)危ないとも聞く。

    「はい。だから、そういうことはないんですけどもー」

    ――今年3月にはフェラーリで事故を起こしたが。

    「あっ、あれはビーエム(BMW)のでっかいのと、私が乗っているフェラーリと、すれ違い様にぶつかったというやつですけれども、それは本当です。でも、保険でもうあっちの修理も終わって、私が一方的にぶつけたわけではないので。だから100対0とか、10対0とか、そういうのではないですね」

    ――運転しているときに薬の影響で華原さんが酩酊状態だったという話も。

    「(呆れたように笑いながら)誰から聞いたんですか(笑)、そんなこと。全く違いますねー」

    ――いつから薬は飲んでない?

    「妊娠してからですね。去年の、一昨年? 一昨年からはもう全然。子供できるとやっぱり薬は飲めないので、うん、だからそういう状態でいますけど」

    ――事故が短期間に多過ぎる印象がある。薬の影響では?

    「子供を産んでるんで、そんな(薬物中毒の)状態ではいられないですよ。夜泣きとか。うちの子は夜泣きとかしないからあれですけど、母乳で育ててましたし、そういう可能性というのはまずないですよね」

    ――新宿の事故については?

    「あれは、ベビーシッターとうちの息子が後ろに座っていて、後ろを振り返ったときにハンドルも一緒に右に動いてしまったっていうことですね。左ハンドルだったんで」

    ――どこにぶつけた?

    「ガードレールです。誰も怪我もせず」

    ――(母親の)美術館のほうでも?

    「続きましたよね。育児でけっこう寝不足になったりとかが多かったので、たまたま重なったというような状況ですかね」

     あくまでも薬は服用していないと主張し、「なんでそんなに薬にこだわるんですかねぇ」と独り言のように語る華原。

     華原は2019年8月に未婚のまま男児を出産。しかし、その男児をめぐっても最近、騒動を起こしていた。9月11日に発売された『FRIDAY』で、友人のバイオリニスト・高嶋ちさ子から紹介されたベビーシッターに息子が虐待されていたとする記事が写真付きで掲載されたのだ。

    以下略全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6cd421b63d573f79acfcdc523292902c1998a4d8

    20200915-00040272-bunshun-000-2-view


    【【週刊文春】「薬をやめられない」で契約解除 華原朋美に“薬物乱用”“交通事故頻発”疑惑を直撃】の続きを読む

    このページのトップヘ