中二病速報

    タグ:週刊文春

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/01/12(水) 13:16:57.63
    「今まで、もう中さんの小道具を作ってきたのは私です。いわばゴーストライター的な立場でした。制作者を明らかにしてくださいと何度もお願いしたのに……」
    “もう中”こと、もう中学生(38)をこう告発するのは、同じく芸人のツクロークン(48)である。
    「僕をゴーストにしたもう中学生を告発する」ブレイク芸人1位に後輩が
    https://bunshun.jp/denshiban/articles/b2266

    -WGy-mfN


    【【悲報】もう中学生に文春砲 小道具を自分で作ってなかった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/01/10(月) 21:38:51.42
    この背景には、新型コロナウイルス感染症による経済の停滞に加え、「気候危機」をめぐるナラティブ(物語)の共有が急激に進んだことで、世界のマネーの動きが一気に変わっていることがある。

    日本の生き残る道は?

     日本も5月に改正地球温暖化対策推進法が可決されるなど、世界と足並みを揃え始めたが、特に産業分野での大きなシフトには対応しきれていないのが現状だ。日本が強みを持つテクノロジーは、ハイブリッド車や高効率の石炭火力など、化石燃料の「省エネ」に優れるものであり、電気自動車(EV)や再エネなど「排出量ゼロ」を前提に欧州が先導して進めるルールには、そのままでは適合できない。

    2022年は試金石の年

     2021年はオーツ麦の「ミルク」を手掛けるオートリー(スウェーデン)が上場し1兆円近い時価総額を維持するほか、「植物肉」のインポッシブル・フーズ(米)も近々上場するとみられている。ビル・ゲイツは「植物肉はすでに味もコストも競争力がある。最貧国のことを考えると、将来的には先進国は100%人工肉に移行すべき」とまで発言している。

     しかし、日本では、こうした脱炭素シフトをチャンスに変えている企業の事例はまだまだ少ない。今や、エネルギー産業や自動車だけでなく、農業、鉄鋼にセメントまで、ありとあらゆる産業で抜本的なCO2削減が求められている中、企業が変革を進めるのは遅すぎることはあっても、早すぎることはない。2022年は日本からどれだけグリーン・ジャイアントが登場するかの試金石の年となりそうだ。

    https://bunshun.jp/articles/-/50704?page=3 

    img_f8b8be6a220a84003d9e3d79e7b80b36194204

    【【週刊文春】ビル・ゲイツ「先進国は100%人工肉に移行すべき」とまで発言…日本は“脱炭素シフト”をチャンスに変えられるか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/01/06(木) 22:40:03.26
     「親ガチャ」という言葉がTwitterトレンドに入るほど流行していたとき、興味があってワード検索をかけてみると、ネガティブな反応や嫌悪感を露わにしているつぶやきが非常に多かった。
    例えば「生んでもらった親に対して敬意がない」「親を『ガチャ』という言葉で否定するなんて、親が聞いたら悲しむ」という風に、
    親サイドの目線に立って考えている人たちによる意見が目立ったように思える。

     もちろん若者であっても、親が自分を生んで育て上げてくれたことに感謝し、
    今も良い関係を築けている人であれば「自分の親を『ガチャ失敗』などと例えるなんて」と、「親ガチャ」に対して拒否反応が出てもまったく不思議ではないだろう。

     私個人としては「親ガチャ」という言葉を好んでは使わない。しかしながら、世の中で起こっているさまざまな不平等を解決しようとするとき、
    なくては語れないのが「生まれ育った環境」についてだ。日本における(相対的な)貧困問題はまさにそのひとつで、
    自分が生まれた家庭、育った環境、親が持つ経済力や文化的資本、社会的資本、知的資本がそのまま子へと受け継がれ、大きく影響を与える。

     そうした背景を踏まえると、新型コロナ感染症による経済的打撃を受けた人たちを含め、
    多くの人々の注目が「自分の努力でどうにもしようがないこと」へと集まったのが今回の「親ガチャ」という言葉への共感・流行であり、2021年の象徴的なできごとであったと思う。

    ■「自己責任論」最盛期から、衰退期へ
     とはいえ世間一般には「自己責任論」は支持されやすく、それが正しいかどうかはさておき、特に貧困問題については未だにメジャーな思想だと言える。

     このコロナ禍においても、生活困窮に陥った人たちの状況を報じるニュースには「普段から貯蓄などの備えをしておかなかったのが悪い」
    「収入が下がったり一時的になくなったくらいで生活が破綻するような職にしか就いていないのは本人の怠慢だ」というような批判のコメントが必ずと言っていいほど寄せられる。

     彼ら彼女らの言い分は大体が「自分はこんな不況の中でも努力して生き抜いてきた、だからそうできないのは努力が足りないせいだ」という生存者バイアスの典型的な例であり、
    「飢餓がなく義務教育を受けられる日本に生きている以上、与えられた環境は全員同じであるから、国内での不平等は起こりえない」と信じて疑わないのだ。

    「自己責任論」を振りかざす人たちは、しばしば「貧困からのしあがった成功者」の話を引き合いに出そうとする。
    努力さえすれば、貧困家庭出身でも起業して高収入を得ることが可能だというのだ。ソフトバンクグループの孫正義氏やパナソニック創業者の松下幸之助氏、
    起業家の家入一真氏などがその好例である。確かに彼らはみな貧困家庭で育ったというバックボーンを持ちながらも、努力し、研鑽を重ねて「社会的成功」を得た人たちである。

     しかし貧困家庭に生まれた人たちのうち、一体どれくらいの人間が彼らのような成功を収められるだろうか。
    数十万人に一人いるかいないかの稀有な例を持ち出して、残りの「成功し得なかった」数十万人の存在に目を向けないというのは、あまりにも非現実的な論理ではないだろうか。

    (続きはソースにて)
    https://bunshun.jp/articles/-/50565 

    img_2edc5f2f6b63eea4d829bb8375f7a961127466_thum800

    【「親ガチャ」という言葉に腹を立てる努力至上主義者の主張が的外れである理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/01/05(水) 18:20:41.06 _USER9
    山本舞香 マイファスHiroと「ディズニーデート」写真

     女優の山本舞香(24)がロックバンドの“マイファス”こと「MY FIRST STORY」のボーカル・Hiro(27)と親密に交際していることが「週刊文春」の取材でわかった。

     Hiroは歌手の森進一(74)と森昌子(63)の三男で、兄は人気ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカル・Taka(33)である。

    「マイファスはインディーズバンドながら、トヨタ自動車のCMソングに起用されるなど実力は高い。Hiroは天真爛漫な明るさがあり、誰に対しても礼儀正しく、育ちの良さを感じさせます。松本人志も認めるトーク力もあり、『ワイドナショー』(フジテレビ系)などテレビ出演も増えている」(音楽関係者)

     一方の山本は2011年、宮沢りえらを輩出した「リハウスガール」に選ばれ芸能界デビュー。「暗殺教室」など話題映画への出演をはじめ、今年の新春ドラマ「デキないふたり」(テレビ朝日系)で主演を務めるなど、女優として活躍の幅を広げている。

    「昨年は『高校生が今一番好きな女優』ランキングの3位に入った。美貌に似合わず、思ったことを飾らない言葉でズバズバ言うキャラが受けて、女子高生のカリスマ的存在です」(芸能記者)

     昨年12月13日の午後、山本は自身の運転する車でHiroをピックアップし、ディズニーシーに向かった。そこで「MY FIRST STORY」のメンバー2人と合流。山本とHiroはお揃いのフード付きマフラーを買い、園内に繰り出した。
    ディズニーデートを楽しむ様子

     山本は終始、「きゃー! うわー!」と大はしゃぎ。Hiroが山本の肩に手を回し、体を密着させて“ツーショット自撮り”する場面もあった。夜9時の閉演時間までアトラクションを満喫した後、山本はHiroを車に乗せ、都心の飲食店まで送り届けた。

     二人を知る人物が明かす。

    「Hiroが舞香の自宅マンションをよく訪れるなど、最近になって急接近。二人で出かけたり、仕事の悩みを相談し合ったりしており、周囲には親密な関係をオープンにしています」

     Hiroの所属事務所に山本との親密交際について訊くと、「プライベートは本人に任せています」と否定しなかった。一方、山本の所属事務所にHiroとの関係について尋ねたところ、同様に「プライベートにつきましては本人に任せております」と回答した。

     ただ、山本はディズニーデート終了の20分後、俳優の伊藤健太郎(24)と会い、自宅に消えた――。山本と伊藤はかつて熱愛関係にあったが、伊藤が2020年10月に自動車事故を起こした後、破局していたと報じられていた。

     山本、Hiro、伊藤との関係は一体、どうなっているのか。1月5日(水)16時配信の「 週刊文春 電子版 」および「週刊文春」1月6日(木)発売号では、山本とHiroの人物像やディズニーデートの様子、そして山本と伊藤の現在の関係について詳報する。

    img_6ff60cc714fdaed017c3bb3e207e1852390687

    【画像】お揃いの耳付きマフラーをつけてアトラクションを楽しむ山本とHiro
    https://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/1/a/1500wm/img_1ad1e13fea4854c0f6230a0d9b70a679284181.jpg
    https://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/d/a/1500wm/img_da392c2cbd611095c100beac85ed6ee7258562.jpg
    https://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/b/6/1500wm/img_b68dba4021566b0460c937a9fb55822c227028.jpg
    ※全ての写真はソース先にあります
    https://bunshun.jp/articles/photo/51248?utm_source=news.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=partnerLink&pn=5
    文春オンライン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/489a9a2bb7e2f3af9c0d8bf0f8ccff2182adc5ad

    【【文春】山本舞香 マイファスHiroと「ディズニーデート」写真】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/01/05(水) 17:33:00.87 _USER9
    神田沙也加 急逝直前に恋人から罵倒されていた《音声が存在》
    https://bunshun.jp/articles/-/51247?page=1
     昨年12月18日に急逝した女優の神田沙也加(享年35)。亡くなる直前に、交際相手の俳優と激しく口論する音声が存在していることが、「週刊文春」の取材でわかった。中には、「死ね」などと罵倒を受ける場面もあった。

    最初から結婚を前提とした交際だった

     沙也加が交際していたのは、主演ミュージカル「マイ・フェア・レディ」でも共演していた俳優・前山剛久(30)。前山も沙也加の急逝を受け、「真剣なお付き合いをしており、将来を見据えたお話もさせていただいておりました」とするコメントを発表した。

     2人は、昨年8月から上演されたミュージカル「王家の紋章」で初共演。交際をスタートさせたのは、9月下旬の千秋楽から間もない10月初旬のことだった。
    「沙也加さんが告白する形で交際が始まりました。最初から結婚を前提とした交際だった。精神的に不安定な面がある沙也加さんを、前山は支えていました」(前山の友人)

     当初は順調だった2人の交際。ところが、次第に前山と元カノの関係、将来の結婚などを巡って、口論が絶えなくなる。

    前山からの繰り返される厳しい言葉に…

     問題の音声は、同棲生活を始めることを決めていたにもかかわらず、前山が沙也加に無断で契約した別のマンションを巡って、2人が口論する様子を収めたものだ。
     音声には、「死ね」という表現も複数回出てくる。前山からの繰り返される厳しい言葉に、沙也加は涙声で応じていた。

     前山の所属事務所に事実関係の確認を求めたところ、期日までに回答はなかった。
     なぜ前山は、恋人だったはずの沙也加に罵るような言葉を浴びせるようになったのか。沙也加はそれをどう受け止めたのか――。

     1月5日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び1月6日(木)発売の「週刊文春」では、沙也加と前山が口論する音声データ、沙也加と前山が口論に至った経緯のほか、沙也加と母・松田聖子との紆余曲折、聖子と距離を置いた沙也加が最も信頼する男性の存在、前山の妹が明かす兄が育った環境、沙也加の恩人が語る彼女の素顔などについて報じている。


    神田沙也加 恋人の罵倒音声「もう死ねば。みんな喜ぶんじゃない?」【先出し全文】
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5f6c11d12545c319894978b383d3f690fffac6d8

    20220105-10001857-bunshuns-000-1-thumb

    【【文春】神田沙也加さん、死の直前に交際相手の前山剛久から「死ね」と連呼され「死ねばみんな喜ぶ」などと罵倒されていた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/12/22(水) 16:19:52.15 _USER9
    2021年3月に「女性セブン」で会社員・Aさん(28)との“横浜不倫デート”を報じられた元卓球日本代表の福原愛(33)。
    その後「週刊文春」は4月1日発売号で、Aさんが既婚者だったことを報じた。

    このほど、そのAさんが「週刊文春」の取材に応じ、現在交際していることを認めた上で、離婚が成立しており、「不倫ではない」と説明した。
    また、Aさんの前妻は、「週刊文春」の取材に、離婚の原因が福原だったことを認めた。

    「女性セブン」の不倫報道後の7月、福原は、夫の元卓球台湾代表・江宏傑(32)との離婚を発表。
    2人の子供は共同親権という形をとり、台湾で江が面倒をみている。仕事を再開させた福原は、21年3月に約3億円で購入した都内の高級マンションで暮らし始めた。

    小誌は12月、Aさんが福原をワンボックスカーの後部座席に乗せて買い物に出かけ、再びマンションに帰宅する様子を目撃。
    この他にも複数回、Aさんがマンションから外出する姿を確認している。

    福原の知人が明かす。

    「不倫報道後も、福原はAさんと連絡を取り合い、奥さんがいて家に居場所のいないAさんが福原の家に行くこともあった。
    Aさんと奥さんとの離婚協議は、かなり難航していました。それでも、福原はAさんとの連絡を断つことはできなかった。
    事実上、交際は継続していた形です。離婚が成立した11月になって連絡をとって交際することになったという報道もありましたが、それは明かなウソです(笑)」

    Aさんに聞いた。

    「まだ交際して1カ月も経たないぐらいなのに、(文春は)本当に早いですね」と福原との交際を認めた。

    離婚は成立したのかを聞くと、「11月に離婚が成立しています。その上で、交際することになりました。不倫ではありませんよ」と答えた。

    一方、Aさんの前妻は、「週刊文春」の取材にこう答えた。

    ――離婚は成立している?

    「すいません、申し上げられないんです…」

    ――離婚は、福原さんとの報道が原因なんでしょうか

    「それはそうですね」

    ――福原さんとAさんとの関係は聞いている?

    「なんか、一緒にいるんじゃないですか。知らないけど」

    12月22日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び12月23日(木)発売の「週刊文春」では、福原がAさんと交際に至った波乱万丈の過程、離婚後の動き、3億円新居での同棲、Aさんとの一問一答などを報じる。

    https://bunshun.jp/articles/-/51029 

    img_2c7f40ddb23d0c358fa672e04b514ee2574176

    【【週刊文春】福原愛 “横浜不倫デート” 相手男性の前妻が語った 「離婚原因は福原」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2021/12/22(水) 17:08:33.59 _USER9
    12月18日、札幌市内のホテルの高層階から転落し、急逝した女優・神田沙也加(享年35)。
    亡くなる直前、交際相手の男性俳優との間にトラブルがあったことが「週刊文春」の取材でわかった。

    神田が交際していたのは、主演予定だったミュージカル「マイ・フェア・レディ」の共演者として名を連ねていた俳優・前山剛久(30)。

    「前山は、若手俳優集団『D―BOYS』のメンバー。2013年に『仮面ライダーウィザード』で注目され、『刀剣乱舞』などゲームやアニメが原作の舞台に出演する“2・5次元俳優”として活躍しています。
    趣味はロック鑑賞。高校時代はバンドを組み、今でもギターを弾いています」(前山の事務所関係者)

    2人は、今年8月から帝国劇場などで上演されたミュージカル「王家の紋章」で初共演。
    恋人同士になったのは、9月下旬の千秋楽から間もない10月初旬のことだった。

    「沙也加さんが告白する形で交際が始まりました。前山も、可愛い上に、情熱的な人柄の彼女に惹かれたそうです。
    沙也加さんも35歳。最初から結婚を前提とした交際でした。彼女は最近も精神安定剤を服用するなど、感情の浮き沈みが激しかった。
    それでも、前山は『頑張って薬を減らしていこう』と提案し、そのための計画表を作っていました」(前山の友人)

    前山とアイドル・A子との“関係”に深く悩んでいた

    11月から始まった「マイ・フェア・レディ」でも、立て続けに共演を果たす。

    「前山が演じたのは、沙也加演じる主役に恋する役どころです。初日前会見では、前山が稽古中に『恋してます! だってめっちゃかわいいですもん』と“告白”したところ、
    沙也加から“エアビンタ”を受けたエピソードを明かすなど、のろけ放題でした」(同前)

    ところが、12月に入り、沙也加はこう漏らすようになった。
    彼に酷い目に遭わされた」

    2人の間に一体、何が起きていたのか。

    「沙也加は、前山さんとアイドル・A子さんとの“関係”に深く悩んでいました」(沙也加の親友)

    前山の所属事務所に沙也加との交際やトラブルなどについて確認を求めたところ、以下のように回答した。

    「前山剛久より、神田沙也加様と真剣に交際しているという報告は受けており、承知しておりましたが、神田様も前山も、30歳を超えた大人同士による恋愛でしたので、本人達に任せておりました。

    突然の訃報に接し、前山も多大なショックを受けている状態で憔悴しきっており、現在本人から話を聞ける状況ではないため、回答を控えさせて頂きます。

    ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます」

    沙也加がショックを受けたとされる前山とA子との“関係”とはどのようなものだったのか。
    そして、ミュージカル女優の彼女にとって、受け入れ難かった残酷な知らせ。宿泊していた部屋に残されていた2通の「遺書」。
    そこに綴られていたメッセージとは――。

    12月22日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び12月23日(木)発売の「週刊文春」では、沙也加が綴った「遺書」の中身、前山が沙也加との交際中にA子に送っていたLINE、その直後に沙也加と前山の間で交わされた“誓約書”、沙也加に届いた残酷な知らせの内容、さらに、沙也加と母・松田聖子の7年間に及ぶ絶縁状態などについて、報じている。

    https://bunshun.jp/articles/-/51026

    img_fb6279528bbdb35ed30df49f7779235d402538


    【【週刊文春】急逝・神田沙也加 直前に5歳下恋人俳優とのトラブル…前山とアイドル・A子との“関係”に深く悩んでいた】の続きを読む

    このページのトップヘ