中二病速報

    タグ:週刊文春

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/11/27(金) 20:00:56.06 _USER9
    「イクメン元議員」で知られる宮崎謙介氏(39)が、また不倫していたことが「文春オンライン」特集班の取材でわかった。

    妻の出産入院中の不倫で議員辞職
    宮崎謙介氏(2016年、辞任会見) c文藝春秋

     宮崎氏といえば衆議院議員2期目の2015年5月に金子恵美衆議院議員(当時。現在42)と再婚を発表。同年末には育児休業を取得する意向を示し、注目を集めた。ところが2016年2月、「週刊文春」(2月18日号)の報道で、妻の出産入院中に不倫をしていたことが発覚。世間からの強い批判にさらされ、議員辞職したことは記憶に新しい。議員を辞めた後は実業家として活躍する傍ら、コメンテーターとしてテレビ番組などにたびたび登場。東出昌大への応援メッセージを手紙の形式で公開するなど“不倫自虐ネタ”を披露し、バラエティ番組などにも出演している。現在は「バラいろダンディ」(TOKYO MXテレビ)で司会業を務めるなど芸能界で活躍を続けている。

     また、宮崎氏の妻の金子恵美氏は、2017年10月の衆議院議員総選挙で落選。それから1週間後には、宮崎氏と夫婦で「サンデージャポン」(TBS系)に出演した。その後、夫婦でバラエティ番組に出演し、不倫騒動について「宮崎はあれ以来変わった」などと語った。その後、コメンテーターとしての地位を確立し、今では単独での番組出演も増えている。今年10月には著書『許すチカラ』(集英社)を出版。「妻として母として女として――許すことで私は幸せになれた」と綴った。

    「彼の態度が人としての誠意にすごく欠けていると思った」
     現在、宮崎夫妻は、“夫の不倫を乗り越えた夫婦”として数々のメディアに登場しているのだが、宮崎氏は妻が言うようには「変わった」わけではないようだ。宮崎氏は今年6月からSNSで出会った“ファンの女性”を言葉巧みに口説き、「可愛いね」「会いましょう」などのメッセージを送っていた。2人のやりとりはこれまでに1500回を超える。

     また、今年10月21日は都内高級ホテルで密会。肉体関係をもったという。

    「文春オンライン」特集班に、宮崎氏との秘密の関係を告白したのは中国地方に住む30代独身女性のA子さんだ。

    「ずっとお話しするか、迷っていました。でも、やはり彼のブログや番組をみていると、どうしても許せない。既婚者に近寄った私も責められることはわかっています。ですが、それ以上に、私が辛い悩みを打ち明けたときに『それでもいいよ』って言ってくれたのに……。やることをやったら、一方的に音信不通となり、関係を切った彼の態度が人としての誠意にすごく欠けていると思ったんです」

     以下はA子さんが取材班に語った「告白」のすべてである。

    医療従事者のA子さんを気遣うメッセージ
     中国地方のとある病院で医療従事者として働いているA子さんが、宮崎氏と親しくなったのは今年6月中旬。SNSの書き込みがきっかけだった。

    「宮崎さんのインスタグラムのストーリーを何気なく見ていて、それにコメントをしたら《ありがとうございます》って直接返信がきて。一視聴者に返信をくれたことがとても嬉しくて、すっかり彼のファンになりました。その後、彼は私のインスタもフォローしてくれて、メッセージをちょくちょく返してくれるようになりました。当時はコロナの真っただ中で、時期的にも、医療の仕事をしている私にとても気をつかってくれている印象でした。当時は防護服を勤務時に着用しなくてはならず、とても暑くて、毎日ヘトヘトだったのを覚えています」

     6月は緊急事態宣言が解除されたものの新規感染者が急増し、世間に緊張が走った時期でもある。宮崎氏もA子さんを気遣い、激励のメッセージを送っている。

    《医療現場は本当に大変ですよね。頑張って!》(6月24日)

    《けっこう深刻なんですね。。何かお力になれればとは思うのですが》(6月24日)

    《お疲れ様です。夜勤は大変ですよね。頭が下がります》(6月26日)

    不倫経験を打ち明けてから宮崎氏の態度に変化が……
     A子さんは宮崎氏の優しいメッセージに仕事の疲れを癒される思いがしたという。最初は、メッセージのやりとりは敬語でおこなっていたが、徐々に友達口調に変わっていった。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5b92b81ae80a80051dd3dea80b308de4fc251d1c

    no title

    【【文春】宮崎謙介元議員が30代独身女性と《4年ぶりゲス不倫》1500通でじっくり誘惑「独り占めのつもりです」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/11/23(月) 22:11:54.91 _USER9
    “国宝級イケメン”俳優・神尾楓珠(21)が元アイドル女優とインドア熱愛 「いいお付き合い」と事務所も公認

     11月10日15時頃、都内の高級マンションから1人の男性が現れた。パーカーにパンツ、ショルダーバッグにスニーカーまで黒で揃えている。大きめのマスクに前髪を下ろしているが、目元だけでも美男子であることがわかる。マンションの前で待っていた白のワンボックスカーに乗り込むと、車は都心方向へ向かっていった。

     この男性は今もっとも注目を集める若手俳優・神尾楓珠(ふうじゅ・21)だ。
    相手女性は食材を購入しマンションへ戻った

     そして神尾が家を出た2時間後、同じマンションから姿を現したのはアイドルグループ「フェアリーズ」の元メンバー・林田真尋(まひろ・22)。林田はタクシーで仕事の打ち合わせへ向かった後、原宿のラフォーレなどで買い物をし、再びマンションの最寄駅へ。近所のスーパーで食材を購入するとマンションへ戻り、慣れた手つきでオートロックを開けて中に入っていった。

     人気急上昇中の芸能人同士だが、2人は交際についてオープンにしており、友人の間では周知の事実だという。林田は神尾のマンションで作った料理の画像をSNSにも投稿している。マンションの出入りもいたって自然だ。

    「今年の春頃には交際がスタートしていて、お互いの家を行ったり来たりする仲になっていたようです。2人とも人気者ですが、周囲の目をあまり気にせず、一緒に出かけていますね。下北沢の『無印良品』に2人で買い物に行ったり、神尾くんの友人と一緒にバーで飲んだり。友人や周囲も2人が付き合っていることは知っていて、まさに“公認のカップル”です」(2人を知る友人)
    成田凌や平野紫耀も選ばれた「国宝級イケメン」1位

     順調な交際の背景には、順調な仕事ぶりがある。神尾は俳優として人気が沸騰中。女性誌「ViVi」(講談社)が今年5月に発表した“国宝級イケメンランキング”では、「NEXT部門」で1位に輝いている。

    「キリッとした目、たっぷりした涙袋、通った鼻筋に少しだけ口角の下がった唇が特徴で、それらが小さな顔にバランスよく配置されています。神尾くんが1位になった“国宝級NEXTイケメンランキング”は、実はブレイクに直結した企画で、過去に俳優の竹内涼真(27)や成田凌(27)、King & Princeの平野紫耀(23)らも1位になっています。神尾くんも俳優としての成功を約束されたと言えるかもしれません。

     今回の2位はSixTONESの京本大我(25)、3位はTravis Japanの松田元太(21)でした。新進気鋭のジャニーズの人気メンバーに勝ったことも1位の価値を高めています」(雑誌関係者)

    神尾楓珠と林田真尋 Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠/細尾直人 
    20201123-00041727-bunshun-000-9-view

    文春オンライン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/90e53c23549a14149390af7d5386f82babdc5288

    >>2続く

    【【文春】“国宝級イケメン”俳優・神尾楓珠が元アイドル女優とインドア熱愛「いいお付き合い」と事務所も公認】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/11/18(水) 18:23:03.13
    10月から「グッとラック!」でファッションコーナー担当
    10月中旬「もうやりたくない、スタッフにいじめられている」と言い出す
    所属事務所も交えて話し合いをしたが「やりたい」と言って出演継続
    しかしその翌日には事務所側から「やっぱり辞めたいと言っている」と降板の申し出
    10月26日に番組降板で合意
    10月27日にアポなしで局に現れ、旧知のPに「やっぱりやらせて下さい!」と頭を下げて叫び一同驚愕
    この意向を汲んで出演継続
    11月12日「スタッフからいじめを受けたので10日のロケに行かなかった」と突然YouTubeで語る
    TBSはいじめの事実を否定、番組降板決定
    所属事務所は「正常なマネジメント業務を行う事が困難になった」と契約解除

    https://bunshun.jp/articles/-/41646 

    1f9e398dadba1b1603422004cca029c820201113113517180

    【【文春】小林麻耶さん、降板決定前にも降板騒動を起こしていた…翌日「やっぱりやらせて下さい!」と叫ぶ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2020/11/11(水) 16:32:43.15 0
    そんな近藤が5年間にわたり、31歳の女性・A子さんと不倫関係にあることが「週刊文春」の取材でわかった。

    10月下旬、近藤とA子さんの姿は、沖縄県最大級のリゾート地のゴルフ場にあった。一緒にプレーを楽しむのは、東証一部上場企業社長と別の大企業会長、そして20代の女性2人らの一行。ホールアウト後、近藤はA子さんに即席レッスンを施し、A子さんが見事カップインさせると大仰におどけてみせた。

    https://bunshun.jp/articles/-/41447

    【【週刊文春】近藤真彦、25歳年下の31歳女性社長と5年に渡る不倫関係】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/11/05(木) 02:27:47.32 _USER9
     車を運転中にひき逃げをしたとして、道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いなどで警視庁に逮捕・送検された俳優の伊藤健太郎(23)。ひき逃げした車のナンバーが女優の山本舞香との交際記念日だったことが、「週刊文春」の取材で分かった。

    「健太郎くんと舞香は交際の直前、お互いの交際相手を暴露し合ったそうです。舞香は健太郎くんのスマホに入っている女性の携帯番号を全消去させ、さらにLINEのアカウントを新しく作り直させたと話していました」(山本と親しい映画制作スタッフ)

     伊藤と山本は昨年10月から交際をスタート。2人は今夏公開された「今日から俺は!!劇場版」や、現在公開中の映画「とんかつDJアゲ太郎」で共演している。

    「健太郎くんが乗っていたランドクルーザーのナンバー『1014』は、健太郎くんと舞香の交際記念日である10月14日にちなんだもの。ルイ・ヴィトンのペアリングを購入して、2人ともプライベートでも仕事でも身につけていました」(同前)

     伊藤は、山本との交際開始後、当時の所属事務所に対して「お金が足りない。(山本を)満足させられない」と直談判を始めた。

    「当時、彼の給料は20万円台で、たしかに仕事量には見合わない金額でした。彼は実家や消費者金融に借金を繰り返すようになり、両親が疑問を抱き始めたのです。そして、伊藤のギャランティーを巡り、当時の所属事務所と両親は大揉めに揉めることになった」(テレビ関係者)

     今年7月、伊藤と両親、所属事務所の社長と話し合いの場が持たれたが、交渉は決裂。伊藤は事務所を離れ、かつて所属していたイマージュエンターテインメントに移籍した。

    「車好きの伊藤は移籍に際し、『社長がご褒美で高級SUVを購入するお金をくれるんだ』と話していた」(同前)

     伊藤の現在所属するイマージュエンターテインメントに一連の事実確認を求めたが、回答はなかった。

     11月5日(木)発売の「週刊文春」では、下積み時代の伊藤が交際相手に迫った堕胎事件や、人気女優へ伊藤が送ったLINEの内容、伊藤の両親との所属事務所のトラブルなどについて、詳報する。

    ★記事
    https://bunshun.jp/articles/-/41303?page=1

    20201030at86S_p


    【【文春】伊藤健太郎 消費者金融の借金 下積み時代、交際相手に迫った堕胎事件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/11/04(水) 06:35:10.10 _USER9
     2020年のお騒がせ男といえば、やはり石田純一(66)だろう。外出自粛期間中の今年4月、沖縄で体調不良のまま会食やゴルフをし、東京に戻った後に新型コロナウイルスの感染が判明。その後、数々の週刊誌に狙われ、「FLASH」には“マスクなし外出”、「女性セブン」には“パパ活の女王”との関係、「週刊女性」には福岡での“合コン疑惑”を報じられてしまった。

     その最中、「週刊文春」は石田に取材。一連の報道に対する釈明から、妻の東尾理子、義父の東尾修に叱られたことまでを明かした。

    (中略)

    ■東尾修氏は「あいつは注意しても聞かない。ダメだ」

     理子同様、石田に対して怒っているのが義父の元西武ライオンズ監督・東尾修氏(70)。プロ野球関係者が証言する。

    「『あいつは注意しても聞かない。ダメだ』と大いに怒り、かつ呆れていたそうです。東尾さんは3人の孫たちをすごく可愛がっているだけに、石田が感染した際も『孫や娘にうつしたらどうなるのか……』と心配していた。石田さんの行動をコントロールできないので『肩身が狭い』とも周囲に漏らしていました」

     石田も、義父から怒鳴られたと明かす。

    「いろいろ報道された後、『お前のせいで肩身が狭いんだ、バカヤローッ!』と言われ、『お前のせいで何を言われるかわからないからゴルフにも行けないんだよ!』ってすごく怒られました。僕も『すいません』ってすぐ謝りました。……まあ、彼も冗談半分で言ったのかも(笑)」

     さすがの251勝投手も、石田の行動を“完封”はできないようだ。

    「週刊文春」編集部 
    https://bunshun.jp/articles/-/41111?page=1 

    20200820-00000080-dal-000-2-view


    【【週刊文春】「お前のせいで肩身が狭いんだ、バカヤローッ!」石田純一66歳が義父・東尾修70歳に怒鳴られた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/11/01(日) 06:50:52.43 _USER9
    「ラジオ番組もすべて終了。姿も見なくなり、実質的な引退と言われています」(在阪テレビ局関係者)

     板東英二(80)が消えた――大ベテランタレントの去就をめぐり、在阪のテレビやラジオ局関係者たちがざわついている。

     板東といえば、徳島商業高時代の1958年夏の甲子園における、大会通算83奪三振(現在も歴代1位)の“激投”が有名。中日ドラゴンズに進み、11年間で77勝をあげたのち、69年に引退した。

    「引退の翌年から野球解説の仕事を始める一方、大阪を地盤に、タレント活動も展開。歯に衣着せぬ物言いや、ゆでたまご好きなキャラクターで人気を博し、90年代以降は『マジカル頭脳パワー!!』(日テレ系)など全国区のタレントになった」(スポーツ紙記者)

     そんな板東が躓いたのが、2012年末に発覚した個人事務所の脱税事件。一時は芸能活動を自粛した。

    「約1年後に吉本興業が受け入れることになり、本格復帰。でも、『吉本におっても仕事が入らん。もう自分でやる!』と啖呵を切って2018年3月に辞めた」(在阪ラジオ局関係者)

     近年の活動はラジオが主体となっていた板東。だが最近、彼の異変を感じたと旧知のテレビ関係者が語る。

    ■「水曜日のダウンタウン」の“全カット”事件

    「3年ほど前までは、一つの質問に、笑いを混ぜつつ10倍の答えが返ってきて、喋るリズムも早かった。しかし今年6月に再会したときは会話が要領を得ず、同じ話の繰り返し。一昨年の夏に奥さんを喪い、気落ちしたのかもしれない」

     怒りっぽくもなっていたという。そのひとつが昨年6月の「全カット」事件。「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で行われたドッキリ企画で、生放送を妨害する一般人に対し、リポーターとしてどう対応するかというものだったが……。

    「もともと怒りっぽい人でしたが、スタッフが間に入らなくてはならないほど一般人相手に凄み、放送できないと判断された」(同前)

     今年3月から6月末にかけ、6つあったラジオの冠番組のうち、3つが相次いで終了。そして7月、転倒し頭部を強打する事故が起きてしまった。

    「通算9年続いた『板東英二のおばあちゃんと話そう』を放送するMBSラジオにマネージャーが出向き、『体調面から、これ以上続けることはできなそうです』と降板の意向を伝えた。引退をも感じさせるトーンだったそうです」(前出・在阪ラジオ局関係者)

     他の2本のラジオも終了し、以降、板東の姿は関係者たちの前から消えた――。

    ■自宅を訪ねたがもぬけの殻…

     地元・大阪にある板東行きつけの飲食店を訪ねると「以前は、よく娘さんやお孫さんと来て、好々爺の風情で食事を楽しまれていました」。しかし最近は姿を見ないという。

     近所でも同様で、

    「顔なじみの子どもたちとキャッチボールをしていたところに『板東さ~ん』と声をかけると『おお~!』と。誰にでも挨拶する、偉ぶらない人だったのですが……」(近隣住民)

     板東の自宅を訪ねたが、すでにもぬけの殻。10月、引っ越し業者が荷物を運び出し、引き払ったという。

    ■マネージャーからの回答は?

     最近、板東と電話で話した知人が証言する。

    「9月頃、『退院しました』という電話をもらいました。『東京にいる子どものところへ行くことになりました』と言っていたので、お話しできる状態なのだなと安心しました」

     板東の状態を各方面に問い合わせたところ、現在、個人事務所のマネージャーを務める人物から回答が得られた。

    「体調面、引退、あるいは認知症ではないかなど、いろんな方にご心配をおかけしております。が、本人はそんな悪い状態ではなく、日常生活も普通に送れています。高齢ということもあり、今は医師の指導の下、仕事をセーブしています。しかし本人は『死ぬまで仕事をしたい!』という人ですので、医師からの許可が下りれば復帰を考えたいと思っています」

     ゆでたまごパワーで復活した、元気な姿を見たい。

    「週刊文春」編集部 
    https://bunshun.jp/articles/-/41243?page=1 

    2019y01m30d_172023048


    【【週刊文春】坂東英二80歳が消えた ラジオ終了、自宅引き払い、最近の“異変”】の続きを読む

    このページのトップヘ