中二病速報

    タグ:貴乃花

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@涙目です。 2021/02/15(月) 22:29:06.58 BE:292723191-PLT(19081)
    長男・花田優一(25)と目下、泥仕合を演じている元横綱・貴乃花光司(48)。きっかけは、優一が『週刊女性』で、父親からモラハラや暴力があったと告白したこと。

    「これに対して、貴乃花が『週刊文春』の取材に応じ、“優一の告発は嘘で塗り固められている”と反論しました。両者の主張が全面的に対立する事態になっています」(スポーツ紙記者)

    優一の告白記事には、貴乃花の元妻・河野景子さん(56)もコメントを寄せている。
    「コメントは優一さんにお願いされて出したそうです。景子さんは騒動に介入したくないという意思を表明しつつも、基本的には息子の優一さん側に立っていますね。
    貴乃花さんとは’18年の離婚以来、一切連絡をとっておらず、必要なときには関係者が間に入ってやりとりするくらいの関係になっていますしね」(花田家の知人)

    2人の間には、優一のほかに20歳の長女、18歳の次女がいる。優一はかねて“妹たちを溺愛している”と公言しているが……。

    「彼女たちにとっても、優一さんは昔から“なんでも話せるお兄ちゃん”。仲がいいんです。
    また離婚の際、娘2人の親権こそ貴乃花さんが持つことになりましたが、彼女たちの海外留学中、連絡をとりこまやかにフォローをしていたのは景子さんのほうです。
    娘たちが帰国した際は景子さんと生活をしており、貴乃花さんと会うことはない。

    娘との現在の関係について、貴乃花のマネジメント事務所に問い合わせると、本人のコメントとして次のような返答が。
    「離婚する際に娘たちの親権を引き受けさせていただいたのは事実です。すでに長女は成人になりましたし次女も相応の年齢となりましたので父として娘たちの生活を尊重し見守っております」

    花田家を間近で見てきた貴乃花の元後援会関係者はこう語る。
    「離婚前から貴乃花は相撲部屋、妻子は自宅と長らく別居状態でした。
    ずっと父親がいない家の中で、優一くんはちゃんと叱ってくれる人がいないまま、景子さんの過保護で勘違いしてしまったのかもしれませんね。
    貴乃花も普通の“父親”という存在がわからない特殊な環境で育っていますから、親子関係の構築がうまくいかなかったのではないでしょうか」

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1951225/ 

    joj_takanohana_kouji_thumb_thum800


    【貴乃花、家族全員が靴屋の優一派に!泥沼父子バトルで孤立無援状態】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/02/10(水) 06:56:02.96 _USER9
     元貴乃花親方の貴乃花光司(48)が反撃に打って出た。先週、長男の花田優一(25)が週刊女性で「父・貴乃花のモラハラや暴力があった」という告白記事を掲載したところ、今度は貴乃花が10日発売の週刊文春で「このまま〝黙して語らず〟とはいかない」と反論したのだ。

     約5時間にわたる文春のインタビューでは、優一の告白をことごとく否定。靴職人という本業を疎かにする姿勢や、18年に離婚した陣幕親方の長女に対するひどい扱いを明かしたうえ、さらに息子を甘やかす元妻・河野景子を批判した。

    「息子は私を中傷する身勝手な発言を繰り返している。それらの内容は、自分に都合の悪い事実が伏せられて、巧妙な嘘で塗り固められています」と斬り捨てた。

     公の場で「息子は完全に勘当しておりますので」と断言するように、親子断絶状態だが、約2年前の時点では息子の〝後始末〟をしていた。貴乃花は現在、優一が解雇となった芸能事務所に所属し、活動している。

     その理由として、優一が前所属事務所と金銭問題を抱えており、それを解決するために自らが所属となったと言われている。「貴乃花は、少なくとも事務所と契約した直後くらいの2019年の春先あたりのころには、息子の尻ぬぐいを必死にしていた。選挙への出馬の可能性もちょうどメディアに取り上げられた時期だったので、かなり大変だったと思う」と芸能プロ関係者。

     兄の花田虎上(元横綱若乃花)、母の藤田紀子に続いて、長男、元妻とも絶縁状態となった貴乃花。優一のさらなる反撃いかんでは、日本中を巻き込む親子ゲンカに発展しそうだ。

    東スポWeb
    https://news.livedoor.com/article/detail/19672404/

    2100d_1399_71842e77_d3a8fece


    【貴乃花が長男・花田優一のモラハラ暴露に反論!元妻・河野景子にも飛び火】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/02/01(月) 15:46:55.23 _USER9 BE:154872533-2BP(0)
    貴乃花“勘当”長男が決意の告白!“大横綱”父の「虚言」「モラハラ」「暴力」

    「こうしてお話ししている今も“これでいい”という気持ちと“言いたくない”という気持ちとが揺れ動いています」

     悲壮な覚悟を持って、そう語りだしたのは靴職人、アーティストとして活動する花田優一氏。“平成の大横綱”と呼ばれた貴乃花光司を父に持ち、母は元フジテレビアナウンサー・河野景子さんという有名な一家の長男だ。

     優一氏と貴乃花の親子ゲンカ――優一氏がテレビやイベントへの出演など表立った活動が増えた'17年ごろから、貴乃花から優一氏への苦言や突き放すような厳しい態度がテレビや新聞、雑誌を賑わせてきたのはご存知のとおり。

     そこに貴乃花の元弟子・貴ノ岩暴行騒動に端を発する日本相撲協会とのトラブル、決別退職、そして妻であった景子さんとの電撃離婚……といった騒動が立て続けに起こり、それらの元凶が“長男・優一だ”とする報道がなされたこともあった。“不肖の息子”と言われ続けてきた優一氏が意を決して告白するのは、貴乃花と世間からの声に対する、自身の葛藤だ。

    「いままでずっと、僕は父については黙ってきました。父の発言に対して僕がひとつひとつコメントしたり、あるいは反論したり、父を悪しざまに言ったことは1度もありませんし、言いたいと思ったこともありません。そのいちばんの理由は“家庭内のこと”だと僕は思っていたからです。家族間での意見を世間様に晒すというのはみっともないことだと思っていたからです」
    発言は風化すると真実にすり替わる

     '17年1月に初めてテレビ出演して以降、自身もメディアや世間一般からよくも悪くも注目を集めるようになった。

    「ただ、だからこそ“何があっても父の悪口になるような発言はしない”ということが家族の、僕と母で取り決めたルールで。父や世間から何をどれだけ言われても黙っていれば、いずれ風化していくと信じていました」

     優一氏の気持ちが変わったのは、1月22日に行われた、セキュリティー会社のオンライン会見。貴乃花が新CMキャラクターとして登壇したのだが、その席で貴乃花の口から衝撃的な発言が飛び出した。

    《息子は完全に勘当しております》

     翌日には、ニュース記事として報道されたこのひと言に、優一氏は強いショックを受けた。同時に、憤りを覚えた。

    「その場にいた記者の方々から僕のところに取材依頼がありました。もちろん、これまでどおり僕はコメントは出さずに黙っていました。でも、なぜ、僕に対してわざわざ強い言葉をメディアの皆さんの前で使うのか。やはり、納得できるものではありません。これまでも何度も、父は僕に対して限度を超えた事実と違う発言をしてきました」

     '17年11月に起きた“貴ノ岩傷害事件”に端を発する日本相撲協会との全面戦争でも、貴乃花の言葉に多くの人々が耳を傾けた。発信力ある公人の言葉は重く、強い。

    「影響力のある父の言葉がニュースになり、それが風化すると、同時にいつの間にか“真実”として世間に認識されていく……今回もきっと、このままだと真実になってしまう。その影響が僕にだけ降りかかってくるなら、いくらでも我慢します。でも僕にも仕事がある。僕には靴を待ってくださる方々、絵を購入してくださったお客様がいて、一緒に仕事をしてくれている関係先の方々、チームの仲間がいる。メディアを通して、間違った真実ができあがってしまうことで、お客様や関係先にまで大きな迷惑がかかる」

     優一氏ひとりの問題ではなくなってきた、ということだ。

    「言ってみれば僕も人気商売です。靴も絵もお客様に“この人に作ってもらいたい”と思っていただいて、初めて成立します。1足1足、1枚1枚、丹精を込めて作っています。真剣勝負している場所で事実と違うことを広められてしまうというのは、作品を見る視線までもが歪められてしまいます。たとえ父であっても、これ以上見て見ぬふりはできないと思いました」

    『週刊女性』のインタビューを受ける花田優一
    no title

    全文はソース元で

    週刊女性PRIME
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0acf8beab1a0ee946036df0ad206d377379128f0


    【貴乃花“勘当”長男が決意の告白!“大横綱”父の「虚言」「モラハラ」「暴力」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/01/22(金) 01:33:44.92 _USER9
    元横綱・貴乃花の貴乃花光司氏(48)が、情報処理トータルサポートの「サービス&セキュリティ(株)」=SSK=のテレビCMに25日から出演することになり、オンライン会見を行った。
     18年に相撲協会を離れて以降は新たな道に進み、一般社団法人・貴乃花道場を主宰。
    さらには神奈川歯科大の特任教授も務めるなど精力的に活動を続けている貴乃花氏だが、コロナ禍で道場のイベントは自粛中。
    「娘(2人)とも会うのを控えていますが、手紙やメールは入ってきています」と話す。
    その一方で、昨年9月に楽曲「純青」で歌手デビューを果たした靴職人の長男・花田優一氏(25)について質問が及ぶと、「完全に勘当していますので」と公の席で初めて、2人の関係について静かに話した。

     優一氏は、高校卒業後イタリアで靴づくりを学び、帰国後は都内に工房を構えて完全オーダーメードで製作に当たっている。
    ただ、受注した靴が納期に間に合わず、何度かクレームを受けたことがある。関係者によれば貴乃花氏が、その尻ぬぐいをしたこともあったという。

     テレビやラジオにも出演し、タレントやコメンテーターとしても活動。19年には都内で絵画個展も開催するなどマルチに活動する優一氏。
    ただ、貴乃花氏は以前、出演したテレビ番組で、靴職人に専念してほしいとの趣旨の発言をしたこともある。
    相撲道を極め大横綱となった父からすれば、腰が据わらないようにも見える長男の姿に、もどかしい思いがあったのではないか。
    同氏の歌についても「聞いてません」とサラリと答えた。勘当という言葉には父が子に向けた、いましめの気持ちと愛の叱咤(しった)が含まれているようだった。

    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/01/21/kiji/20210121s00005000581000c.html

    no title

    【貴乃花光司氏、長男・優一氏について「完全に勘当していますので」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/11/06(金) 11:11:47.22 _USER9
    ある時はイタリア仕込みの靴職人、またある時は画家にしてデザイナー、しかしてその実体は……。歌手デビューを果たした花田優一(25)だ! そんな彼に“バイク盗”の疑いがかかった。被害者は、他ならぬ元貴乃花親方(48)である。

     9月27日、花田優一氏は自身の誕生日に合わせて歌手デビュー。さっそく女性誌にアラフォー美容師とのホテル密会を撮られる色男ぶりも披露している。

     片や、元貴乃花親方は近ごろ目立った活動がない。昨年、一般社団法人「貴乃花道場」を設立し、相撲道を通じて青少年や指導者を育成するために各地で地道にイベントや講演をこなしてきた。

     今春から神奈川歯科大学の特任教授に就いたものの、コロナで開店休業状態。金欠で東京都品川区内にある“5億円豪邸”を売りに出すのではないかといった話も囁かれたものである。

     なんとも対照的だが、

    「実はいま二人の関係はかつてないほどに拗(こじ)れ、“絶縁状態”にあるんです」

     と、貴乃花をよく知る関係者が明かす。

    「かねて親方は、長男である優一さんに対して、“自分の教えに反して中途半端だ”と厳しい姿勢を貫いてきました。靴職人として靴の納期や金銭面でトラブルを抱えているのを見てのことです。そうした状況で、今年の春以降に“事件”が起きた。別居状態にあった中で優一さんが、豪邸に置いてあったオートバイを勝手に売却してしまったというのです」

    「被害届を出すぞ!」
     関係者曰く、「もともと親方は多趣味な人」。ワインに精通し、葉巻も嗜(たしな)み、ハーレーダビッドソンを駆るバイク通でもある。

    「確かに売却も視野に入れていたと思うのですが、今春、親方が自宅の物の整理をしていた時のこと。オートバイとアルファードが自宅から消えていることに気づいたのです。そして、なんらかのきっかけで優一さんの仕業と知った。優一さんはオートバイを売り払った代金もせしめたらしく、親方は“窃盗で被害届を出すぞ!”と大激怒していました」

     このバイクがハーレーかどうかは分からないが、息子の悪行を知った父は、

    「いまは、怒りを通り越して呆れ果てている感じです。この“オートバイ売却事件”を境に、親子で話すこともなくなったそうです」

     長男との諍いで警察に被害届とは穏やかではない。一体なにがあったのか。まずは長男・優一氏に訊ねると、

    「こちらのほうからは何もコメントすることはありませんので」

     と言うのみ。対する元貴乃花親方からは、文書で次のような答えが返ってきた。

    「これまでの報道にもあったように、優一には、他人さまにご迷惑をお掛けすることなく、自分で決めた道を真っ直ぐに進んでほしいという思いがある中、優一との間に考え方の違いが生じた部分がないわけではありません」

     息子を憂える父は続けて、

    「もっとも、御質問にあるオートバイは所在不明となり、所在を確認したことはありますが、彼が売却したことを具体的に把握できているわけではありませんし、アルファードについては、過去に所有していたことは事実ですが、既に、かなり以前に適切に売却しております」

     アルファードは自分で売った。バイクはなくなったが、長男の仕業かどうか分からない――。ともあれ、被害届は出していないという。なお、自宅は現在も所有中とのことで、当面は売却もなさそうだ。

     優一氏は父との関係を、歌手デビュー時、本誌(「週刊新潮」)にこう語っている。

    〈父とはお互いの近況を、テレビを通じて知るという感じです。歌手デビューについては父にも母にも相談や報告はしていません。僕ももう、大人ですから〉

     大人なら、自身にかけられた疑いはしっかり晴らしたほうがいいのでは? 

    「週刊新潮」2020年11月5日号 掲載

    新潮社
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8c6556ae2cffe679e05bc57a64dcc4d18b97f6d6 

    1 (2)

    【【週刊新潮】花田優一が父・貴乃花のバイクを盗んだ?「被害届を出す!」と怒号も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/18(火) 08:01:10.84
    元横綱の貴乃花光司が、2月11日に放送された特番「バナナサンド」(TBS系)にゲスト出演。これまで見せたことのない奇抜なファッションで登場し、視聴者を大いに驚かせている。

    「15歳で藤島部屋に入門してから相撲一筋だった貴乃花ですが、番組では“角界に入っていない場合の青春”として、『友達とカラオケで遊ぶ』『女友達と遊ぼう』などの企画が用意されました。その内の1つ『当時大流行した服を着る』では、貴乃花が90年代半ばに流行した“フェミ男”ファッションに身を包んで登場しました」(テレビ誌ライター)

    “フェミ男とは、タレントのいしだ壱成や武田真治をイメージリーダーとする90年代半ばに流行ったファッションスタイル。体に張り付くような小さいTシャツ(通称チビT)を着たり、ピアスやアクセサリーを身に付ける女性的なファッションのことを指す。貴乃花は番組で、黄色のピタピタTシャツの上に編みあげのベストを着用。首にはベルト風チョーカー、ハンチング帽を被るという出で立ちで現れ、さらに、回転寿司にも行ったことがないと言う貴乃花を、その格好のまま外ロケに連れ出したのである。

    この“フェミ男”姿が公開されるや、ネットでは「貴乃花のフェミ男ファッションが意外と似合ってるw」「貴乃花のファッション何の罰ゲーム?」など、歓声と冷笑で反応が相半ばしている。そんな貴乃花だが、過去にさらに上をいく衝撃のファッションで、角界の度肝を抜いたことがあった。

    「2016年12月、東京・渋谷にあるセルリアンタワー東急ホテルで貴乃花ファミリーの忘年会が行われました。そこで参加者に公開されたのは、なんと親方衆11人の“女装カレンダー”。貴乃花を筆頭に、山響親方、大嶽親方らなどの親方衆が、メイクをして女性の衣装を着た姿が1冊のカレンダーになっており、なんと会場ではそのメイキング映像も流されました」(スポーツ紙記者)

    また来場者にはお土産として、貴乃花親方が女装メイクをした写真がプリントされたTシャツも配られたという。

    「フェミ男姿にも満更でもなさそうでしたし、自分の女装Tシャツを配る感性といい、貴乃花は意外とこういう“お遊び”が好きなのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

    次はどんな“ぶっ飛んだ”ファッションを見せてくれるのか?

     アサジョ
    https://news.livedoor.com/article/detail/17833224/

    no title


    【チビTにチョーカーも!貴乃花の「フェミ男」ファッションに歓声と冷笑!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/11/11(月) 06:55:14.48
     あの離婚騒動から1年が経つ。元横綱の貴乃花光司は、夜な夜なネオン街に繰り出して酒とバラの日々。傍から見れば“独身貴族”を謳歌しているかに見えるが、日増しに酒とタバコの量が増えているとか。そのワケを探ると、兄弟子をはじめ彼をサポートしてきた人々が、次々に彼のもとを去っている現実があった。

     貴乃花のこの1年を振り返れば、弟子の貴ノ岩が絡んだ暴行事件に端を発したいざこざで、昨年9月には相撲協会からの退職を表明。翌10月には河野景子さんと離婚して公私ともに“一兵卒”となった。

     で、今年5月に一般社団法人「貴乃花道場」を設立。相撲道の普及に勤しむと宣言するが、絵本作家を目指してみたり、政界進出が囁かれたことも……。長男で靴職人の優一氏が所属していた芸能事務所に籍を置き、タレント活動もこなす多忙な日々を送る筈だった。

     実際、一時期はバラエティー番組にゲストとして幾度か招かれ、ふるさと納税のCMに出ていたが、今やテレビでその姿を見ることはほとんどない。直近の活動といえば、台風被害に遭った福島県いわき市へ10月21日に足を運び、被災者を激励する様子が地元紙で報じられたくらいなのだ。

     被災地へ招いた貴乃花と親交のある歯科医師で、KENZOデンタルオフィスの西山謙三院長が言う。

    「完全なボランティアで来ていただきましたが、新しい人生に向かって進もうという明るい印象を受けました。子供たちに相撲を広めたいと仰っていましたよ」

     だが、貴乃花が相撲道を伝授してきた拠点はもうない。9月末に、東京・江東区内にあった貴乃花部屋を引き払っているのだ。

    夜のネオン街

     相撲担当記者によれば、

    「借家だったので、退去するには原状回復しなければならない。それで土俵などを取り払う費用に数百万かかってしまったようです。貴乃花にとっては手痛い出費だったと思います。離婚後、貴乃花は都内に建てた“5億円豪邸”を元妻に明け渡しましたが、ローンの支払いがまだ億単位で残っているそうですから」

     そんな彼を心配してか、かつての兄弟子が救いの手を差し伸べていた。

     貴乃花の知人が言う。

    「協会を退職後、貴闘力と連絡を取るようになって、彼が営む焼肉店で2人は会っていました。貴闘力から地方のイベントに行こうと持ち掛けられ、1回で100万円、月に3回やれば300万円の売り上げになると誘われていましたが、プライドの高い貴乃花は断った」

     結局、2人は疎遠になっていくが、決定打は2人の仲を取り持とうとした銀座のクラブママの一言だった。

    「貴乃花が“(急に連絡を取らなくなったのは)お仕置きをしている最中だから”と漏らしたと聞いた貴闘力は、“もう俺はアイツを助けない”と激怒したのです」(同)

     貴闘力のマネージャーは、

    「トラブルになっているようなことはなく、お話しすることはありません」

     と言うが、先の知人は、

    「春先から2人は没交渉となってしまったのです」

     と証言。しかも貴乃花は夜のネオン街で頻繁に目撃されている。

     先の知人が話を継ぐには、

    「女遊びを楽しむというより、真剣に人生のパートナーを探している様子です。クラブ嬢を閉店後も付き合わせて深酒の繰り返し。最近は明らかに飲酒量もタバコも増えている。そんな彼の姿に呆れてか、これまで支えてきた業界関係者、所属事務所のオーナーさえ愛想を尽かし、距離を取っています」

     貴乃花サイドにも取材を申し込んだが、期日までに回答はなかった。

     彼が目指す“相撲道”の行き着く先は、未だ見えない。

    「週刊新潮」2019年11月7日号 掲載

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191111-00591745-shincho-ent

    no title

    【【週刊新潮】貴乃花「真剣に人生のパートナーを探し中」 夜のネオン街で目撃証言多数 】の続きを読む

    このページのトップヘ