タグ:貴ノ岩

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/26(火) 19:11:41.41 _USER9
    白鵬側近からの電話に“星の話”を直感した貴ノ岩… 貴乃花の4時間にわたる告白

     12月20日、相撲協会は臨時理事会を開き、日馬富士の暴行事件をめぐる関係者らの処分についての話し合いを行った。その前日19日、貴乃花親方は都内某所で有力タニマチを前に、事件の全貌を告白。そこでは数々の新事実が明かされていて……。

     貴乃花親方の告白は、4時間にも及んだという。

    「親方はさすがに少し疲れた様子でしたが、“やり抜こう”“戦うぞ”という気迫が感じられました。元の相撲界にもどさなくては、という強い意志もひしひしと伝わってきました」(タニマチ)

     そこでは、どこにも報じられていない、また協会の報告書にもない“白鵬の側近が貴ノ岩にかけた電話”という新たな事実も明かされた。

     電話があったのは、暴行事件の9カ月ほど前の2017年1月20日の夜。

    「白鵬の側近からの電話は何度も連続してかかってきた。しかし、貴ノ岩は、“どうせ翌日の星の話だろう”と直感し、電話に出なかった。そのことは当然、貴乃花親方にも報告しています」(同)

     当時、初場所の13日目が終わっていて、1敗で単独首位の稀勢の里を2敗の白鵬が追うという状況にあった。そして白鵬の翌日の対戦相手が、初顔合わせの貴ノ岩だったのだ。結果、翌日の取組で、白鵬は貴ノ岩に惨敗を喫している。

     また、相撲協会の「最終報告書」では“持ち出した事実は認められなかった”とされている日馬富士のアイスピックについても、このタニマチは12月19日の時点で聞いていたという。

    「“日馬富士はカラオケのリモコンで貴ノ岩を殴っていたが、それが途中で手から落ちてしまった。で、興奮状態にあった日馬富士は近くにあったアイスピックを握りしめた”と……」(同)

     時に葉巻を吹かしながら語られたという、貴乃花親方の告白。12月27日発売の「週刊新潮」では、幻と消えた貴乃花報告書の具体的な内容、そして親方本人の証言とともに詳しく報じる。

    1711290558_1-714x476

    デイリー新潮 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00535570-shincho-spo

    【【週刊新潮】白鵬側近からの電話に“星の話”を直感した貴ノ岩 貴乃花の4時間にわたる告白 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/22(金) 06:05:14.99 _USER9
    21日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、歌手の山本譲二が、幕内・貴ノ岩の元横綱・日馬富士に対する態度に苦言を呈した。

    番組では冒頭から、20日に開催された日本相撲協会の臨時理事会について特集した。臨時理事会では、日馬富士の貴ノ岩に対する暴行事件に関係した力士や親方の処分が下された。
    事件現場に同席していた横綱・白鵬への処分は「暴力を防げず大相撲の信用失墜を招いた」として、来年1月の給与を全額不支給のうえ、2月の給与も5割減額とした。

    事件の張本人である日馬富士は引退勧告相当、貴ノ岩に対しては「守るべき力士」として番付の配慮も決めた。

    スタジオトークの序盤、元力士や相撲関係者からは、今回の処分内容について「予想の範疇」もしくは「横綱(白鵬)への処分は軽い」との意見があがった。

    一方、ゲスト出演した山本は「白鵬と付き合いがありますからね」「友人としては給料をやってよっていう気持ち」「『厳重注意でいいじゃないの~』みたいな…」とコメント。
    そんな山本に、MCの坂上忍は「ご友人としての意見でぜんぜん構わない」と声をかけた。

    その後、貴ノ岩への聴取内容も含めた、日本相撲協会の資料をもとに、事件当時の現場の様子や各人の証言内容を改めて検証する場面では、
    タレントの薬丸裕英が、日馬富士の暴行を白鵬がすぐに止めなかったことを問題視した。

    すると山本は「白鵬は一発で止める気がなかったんだね…」「みんなで和気あいあいとやってて、いきなり殴るバカがいる?」「何かがあったから逆鱗に触れて、
    日馬富士は殴っちゃったと思う」「その原因を白鵬はたぶんわかってるから『一発くらいじゃ止めたくないな』っていう」と、白鵬の心情を推察した。しかし、坂上からは「それだと共犯色が強くなってちゃう」との指摘が。

    さらに山本は、「だから(日馬富士が)一発ぶん殴ったときに『どうもすみません!』と」「貴ノ岩が『反省します、どうもすみません』と言っておきゃ
    たぶんここまではいってないよね…」と、その場で謝罪をしなかった貴ノ岩に、責任の一端があると訴えたのだ。

    カラオケのリモコンなど武器になり得る「物を持ってはいけない」という点については、ほかの出演者とも意見が一致するものの、
    それでも山本は「(白鵬の)友だちだから言うけど」と前置きし、相撲界では2~3度殴られる程度は普通のことだと力説。そんな山本自身も、高校時代は先輩に殴られ「ありがとうございます!」と言っていたそうで、
    「(相撲も)そういう世界だもん」と、暴力を容認するような主張を続けていた。

    2017年12月21日 22時5分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/14062322/

    写真
    no title

    【山本譲二 元横綱・日馬富士の暴力を容認する主張 貴ノ岩が謝罪していれば… 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/12/12(火) 17:02:15.09 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
     番組では、貴ノ岩の実兄アディヤ・ルブサン氏(45)を取材。新証言として、貴ノ岩が都内の病院に1週間ほど前から入院しており、鼓膜が破れ、耳の裏の小骨が骨折しているなどと症状が悪化していることを伝えた。

     現状は、貴ノ岩がいまだに証言せず、相撲協会側に診断書も出されておらず、憶測ばかりが飛び交っている状況。安藤優子キャスター(59)は「本当に凄い具合が悪いんだったら、きっちと診断書を出したほうがいい」「そもそも、今の状況をきちんと説明して損な状況はあるのか」「話しちゃえば済むんじゃない?って思う」と首をひねると、同局の三田友梨佳アナウンサー(30)は「ケガの具合を安易に言えないっていうもあると思うし、耳小骨折っていう特別なCTじゃないと判断できない症状があるのであれば、診断書を出さないんじゃなくて、診断書を出せないんではないのか?」と憶測。

     ケガの状態が良くないことに触れ、「今、聴取に出すのはかわいそうだなって、それを親方も思っているのでは?」と無言を貫く貴乃花親方や貴ノ岩の対応に理解を示した。
    また、貴乃花親方についても三田アナは「理事とか巡業部長としてというよりも、一人の弟子を守る親方としてこんなことが起きないように、今は第3者が適正な処置をしてほしいという強い思いは感じられますね」と力説した。

    DOkuNvJXUAAKVxd


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000111-spnannex-ent

    【貴ノ岩、鼓膜が破れ、耳小骨が骨折していた 実兄が明かす 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/12/12(火) 07:04:55.10 _USER9
    大相撲の平幕・貴ノ岩(27=貴乃花部屋)に暴行をはたらき頭部にケガを負わせたとして、鳥取県警は11日、傷害容疑で元横綱・日馬富士(33=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ)を書類送検した。鳥取地検は年内にも略式起訴とする見通し。貴乃花親方(元横綱)はスポニチ本紙の取材に、貴ノ岩の体調が思わしくないことを明かし、日本相撲協会の危機管理委員会による聴取は地検の判断まで待つ姿勢を示した。

     貴ノ岩側が鳥取県警に被害届を提出した10月29日から40日余り。元横綱・日馬富士は書類送検された。県警は書類送検時に、起訴を求める「厳重処分」の意見を付けたとみられるが、鳥取地検は略式起訴する方向で検討に入ったという。地検は詰めの捜査を進め、正式な裁判を求める起訴ではなく、罰金を簡易裁判所に求刑する流れになりそうだ。

     送検により捜査は一つの節目を迎えた。日本相撲協会の危機管理委員会は、元横綱以外にも同席していた白鵬、鶴竜の両横綱、関脇・照ノ富士の聞き取り調査を終えている。だが、被害者である貴ノ岩の聴取は、師匠の貴乃花親方の意向で実現していない。この日は、危機管理部長を務める鏡山理事(元関脇・多賀竜)らが東京都江東区の貴乃花部屋を訪れた。だが、4度目の訪問でも貴乃花親方とは接触できず。冬巡業を休場している貴ノ岩の診断書提出を求める文書と、聞き取り調査を求める文書を入れた封筒をポストに投函(とうかん)した。聞き取りに関して希望の日時も伝えたという。

     11月30日の理事会では、県警の捜査終了後、貴乃花親方が危機管理委員会による貴ノ岩の聴取に協力する意向を示したとされる。だが、現時点で貴ノ岩の状態は思わしくなく、聴取に応じられる状況ではないもようだ。貴乃花親方は本紙の取材に応じ、貴ノ岩の具合について「良くないので大変なことになっているんだよ」と答えた。さらに、日馬富士が書類送検されたことに「捜査に協力するのは国民の義務ですから、協力は惜しみません」と話した上で「まだ全てが終わったわけではない」とあくまで地検の判断を待つ姿勢を示した。

     危機管理委が聴取を要請する文書を出したが、八角理事長は「一番は体調を整えてから。(聴取に)答えられる状況をつくっていかないと」と貴ノ岩の体調を気遣った。危機管理委は20日の横審、臨時理事会までに最終報告を提出したい意向だが、それまでに聴取できるかは微妙な状況だ。世間を揺るがしている暴行問題で、被害者から話を聞かずに最終報告をまとめるのは、あってはならないこと。迅速に問題に対処してきた相撲協会だが、年内決着は厳しい状況となった。

     ▽書類送検 刑事事件の処理方法の一つ。警察が事件に関する書類や証拠を検察官に送ること。身柄の送致は伴わない。被疑者の逃亡や証拠隠滅の恐れがない場合に限られる。書類送検を受けた検察官は事件を裁判所に起訴するかどうかを決定する。

    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/12/12/kiji/20171211s00005000313000c.html

    no title

    【貴乃花親方「終わりじゃない」日馬書類送検も聴取は地検判断待つ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/12/05(火) 20:33:33.04 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
     横綱・日馬富士(33)の暴力問題は、日本相撲協会への引退届提出という決着をみた。だが、騒動が収束する気配はない。
    暴力を受けた前頭・貴ノ岩(27)の師匠、貴乃花親方(45)に不穏な動きがあるというのだ。「貴乃花の乱」はさらに過熱するのか。

     横綱の引退は人それぞれだが、ある種の美学が貫かれているものだ。
    11月29日の横綱・日馬富士の電撃的な引退も、潔さという点では歴代の横綱に負けなかったが、聞きようによっては持って行きようのない恨み節とも思える。

     師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は、およそ150人もの報道陣が詰めかけ、テレビも生中継した引退会見でこう言って宙をにらんだ。

    「(日馬富士が)酒癖が悪いとか、乱暴するとかいったことは、私自身、見たことも、聞いたこともない。
    今回、なぜこうなったのか、ただただ、不思議というか、残念です」

     さらに、こうも述べた。

    「私は全部、筋道を通して、キチンとやってきました。
    (暴行事件を)知ってすぐに(相手側の貴乃花親方にも、相撲協会にも)謝罪しました。電話でもしました。キチンとやってきました」

     さらに異様だったのは、当事者の日馬富士の発言だ。
    被害者の前頭・貴ノ岩にはひと言も謝罪の言葉がなく、
    10月25日の夜、モンゴル会の2次会が行われた鳥取市内のラウンジで起こった暴行事件に初めて触れて、次のように語ったのだ。

    「先輩横綱として、弟弟子の礼儀と礼節がなっていない(ときに)、それを正して、直して、教えていくのが先輩の義務だと思っています。
    (私は)弟弟子を叱ったが、彼を傷つけ、世間を騒がせてしまった。行き過ぎたことになってしまった」

     一時は「ビール瓶で殴った」などの情報や臆測が流れ、後に“凶器”がカラオケのリモコンと判明した暴行問題。
    ところが日馬富士は、誤った言動をした弟弟子をつかまえて兄弟子が指導しただけ、というごく単純な「同国人愛」の構図に描き直してみせたのだ。

    20171130s00005000145000p_thum

    相撲協会追い込む「貴乃花の乱」 「日馬富士引退」の次 白鵬にも波及?
    https://mainichi.jp/sunday/articles/20171204/org/00m/050/001000d

    【【毎日新聞】相撲協会を追い込む「貴乃花の乱」「日馬富士引退」の次は白鵬にも波及か?】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/04(月) 02:59:49.96 _USER9
     元横綱・日馬富士の暴行事件で、被害者の貴ノ岩が、激しく殴られたきっかけについて、日馬富士をにらみ返したためではなく、「相手の目を見ていただけ」と鳥取県警に説明していたことが分かった。

     日馬富士は今年10月下旬、鳥取市の飲食店で、貴ノ岩を素手やカラオケのリモコンで殴り、ケガをさせたとして、鳥取県警が傷害の疑いで捜査し、日本相撲協会も調査を行っている。

     先週公表された協会側の中間報告では、日馬富士は、説教の最中にスマートフォンを見た貴ノ岩の顔を平手で数発殴ったが、にらみ返して謝罪しなかったため、さらなる暴行に及んだとしている。

     しかし捜査関係者によると、貴ノ岩は県警に対し、にらみ返したのではなく、「説教されているので相手の目を見ていただけ」と説明していることが新たに分かった。

     日馬富士はこれをきっかけに逆上し、シャンパンの瓶を逆手に持ち、殴ろうとして勢いよく振りかぶったところ、手からすっぽ抜けて壁にぶつかってしまったため、カラオケのリモコンで貴ノ岩の頭を何度も殴りつけたという。

     同席者の間では、リモコンで殴ったのは数発だと説明する者もいれば、十数発殴ったと証言する者もいるという。

     県警は、暴行の経緯や状況をめぐるこうした細かい食い違いなどを確認するため2日に日馬富士を再び任意で事情聴取しており、今週中にも傷害の疑いで書類送検する方針。

    23498481_249048962290255_5580903619936387072_n

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171204-00000000-nnn-soci

    【貴ノ岩 にらみ返したのではなく「説教されているので相手の目を見ていただけ」と説明 】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/12/01(金) 13:15:07.84 _USER9
     1日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で日本相撲協会が
    30日に東京・両国国技館で開いた定例の理事会を特集した。

     理事会で横綱・白鵬(32)=宮城野=が九州場所千秋楽の優勝インタビューで「日馬富士関、貴ノ岩関を再び土俵に上げてあげたい」と発言したことなどで「横綱の品格にかかわる」などと八角理事長(元横綱・北勝海)から厳重注意を受けた。

     これに関連しMCの坂上忍(50)は「品格ってなんですか」と相撲取材歴30年の横野レイコリポーター(55)に問うと「私にも分かりません」と横野リポーターは絶句した。

     また、28日に八角理事長(元横綱・北勝海)が行った「講話」で「貴乃花巡業部長を代えてほしい」などと白鵬が発言したことに坂上は「横綱は神って言われるんだけど、神越えちゃってるんじゃないの、あの人って思っちゃう」と疑問を投げかけた。
    さらに坂上は暴行事件発覚後の一連の発言に「発言聞いてもちょっと人ごとというか、あなた当事者じゃないのって思う」と違和感を示した。

    20171201-00000101-sph-000-view

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000101-sph-spo

    【坂上忍、暴行事件の白鵬の言動に疑問視「あなた当事者じゃないの」 】の続きを読む

    このページのトップヘ