中二病速報

    タグ:谷岡慎一

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/06/14(木) 06:16:08.17 _USER9
     30歳の誕生日を迎えた昨年5月30日、フジテレビの谷岡慎一アナ(31)と結婚したNHKの顔、桑子真帆アナ(31)。世の男性諸氏の間に「桑子ロス」が広がったが、それも束の間、1年で破局である。その予兆だったのか、桑子アナは意外な姿をさらしていた。

     一方、「谷岡ロス」と呼ぶ人はだれもおらず、

    「それに谷岡アナは“桑子アナの夫”と形容されるけど、桑子アナが“谷岡アナの妻”と呼ばれることはない。プライドが高い彼はそんな“格差”を気にしているようでした」

     と、在京の民放関係者。

     桑子アナと谷岡アナは2010年の同期入社組で、

    「大学2年くらいから準備しているアナウンサー志望者は、在京局を一緒に受けていると、入社は他局になっても同期はすごく仲がいいものです」(テレビ関係者)

     かくして、15年4月に桑子アナが広島放送局から東京に異動したのを機に交際が始まった。だが、その後、彼女は「ブラタモリ」でブレークすると、昨年4月からは「ニュースウオッチ9」のキャスターに抜擢され、あれよあれよとNHKの顔になってしまったのは、ご存じの通りである。

     まさに結婚直前のタイミングで“格差”はさらに開いたわけだが、結果、先行きへの不安でも感じたのか、桑子アナは「NHKの」と形容するのが憚られるような「顔」を見せていた。NHK局員が回想する。

    「桑子さんはキャスターには珍しく、番組の打ち上げや反省会にマメに顔を出してくれるんですが、特に去年の結婚前後は、日本酒を一気に飲み干したりすることが頻繁で、飲みすぎて介添えがないとフラフラなことも多かった。あるときなど、若い男性2人組に“キレイだね”と声をかけられると、嬉しそうに“私ってキレイ?”と口走って、そのまま男性について行っちゃった。男性局員たちが慌てて引き剥がしましたけどね。去年の忘年会のころも似たような状況で、そうこうするうちに欠かさずはめていた結婚指輪も、この3月下旬くらいから外していましたね」

     マリッジブルーか、責任の重さゆえのプレッシャーか、結婚前後から、すでにストレスが溜まっていたフシがあるのである。

    ■“妻”は半年も前から

     ところで、離婚届はこれから出されると見られており、谷岡アナの母親は、

    「なにもお話しできることはございません」

     と、少なくとも離婚を否定はしない。2人の生活が時間的にすれ違っていたのも疑いなく、

    「桑子は平日は11時ごろ職場に着き、番組が終わってから帰宅。一方、朝の番組が多い谷岡アナは早朝に出勤して夕方帰宅。それだけでも時間的なすれ違いが大きいうえ、売れっ子の桑子は選挙や紅白、五輪などに引っ張りだこ。一方、谷岡アナも土日は競馬の番組やスポーツ中継で忙しい」

     そう語るNHK関係者が桑子アナを評するには、

    「そもそも家庭の臭いがまったくしない彼女が、ますます仕事に走ったから」

     そんななか、桑子アナはだれもが有働アナの後継と目する“スター”になり、

    「年収も“一般人”の谷岡さんが1200万~1300万円で、給与改革で下がりそうなのに対し、桑子さんは手当を加えると、1000万円台の後半は固い」

     そう語る谷岡アナの知人は、こんなエピソードを。

    「結婚報道後は“おめでとう”と言うと、デレデレっと嬉しそうでしたが、離婚報道後は、だれもその話題に触れず、腫れ物に触るような雰囲気です」

     一方、桑子アナの知人は、

    「もう半年ほど前に“離婚するかも”と聞かされ、驚きました」

     すれ違いを早々に見切った桑子アナが、一人勢いよく旅立った――。

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00543556-shincho-ent&p=1

    no title

    【【新潮】1年離婚「桑子真帆」アナにあった予兆 “ナンパ”について行く一幕も 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/05/31(木) 04:29:31.79 _USER9
    NHK桑子アナ、フジ谷岡アナと離婚!バースデー婚からわずか1年

    フジ・谷岡アナと離婚するNHK・桑子アナ。2人とも31歳。前向きに新たな人生を始める

     NHK「ニュースウオッチ9」(月~金曜後9・0)のメインキャスターを務める桑子真帆アナウンサー(31)と夫でフジテレビの谷岡慎一アナ(31)が離婚することが30日、サンケイスポーツの取材で分かった。この日は奇しくも桑子アナの31歳の誕生日で、昨年、2人が婚姻届を提出した記念日。関係者によると、結婚生活たった1年のスピード離婚の理由は、多忙によるすれ違いという。

     美人で頭の回転が速く、人なつこい笑顔が魅力の桑子アナ。順調な結婚生活を送っていると思われたが…。

     複数の関係者の話を総合すると、すでに2人は離婚の意思を固めており、近く離婚届を出す。桑子アナも谷岡アナも納得ずくの決定という。

     桑子アナはこの日も「ニュースウオッチ9」に生出演し、コンビを組む有馬嘉男記者(52)と普段どおり、歯切れのいい口調でニュースを伝えた。一方の谷岡アナも、生放送のレギュラー番組「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に出演。担当するコーナー「ミニバスで行く! 東京ちょこっと旅」を笑顔で仕切っていた。

     離婚理由について、関係者の1人はサンケイスポーツの取材に「独身のときのようにゆっくり食事やドライブに行けなくなった。最初のうちは一緒に晩酌を楽しんだりしていましたが、一緒の時間をなかなか持てなくなり心が離れたようです」と語った。

     実際、桑子アナは平日夜遅くまで本番と打ち合わせに忙しい。さらに、昨年大みそかの紅白歌合戦で総合司会を務め、今年2月9日の平昌五輪の開会式では現地中継を担当した。今や、3月いっぱいで同局を退職した有働由美子元アナ(49)=現ジャーナリスト=に次ぐ存在感を発揮しており、期待のエースだ。

     一方、谷岡アナも安定感あるアナウンス力と明るい人柄を武器に、「ノンストップ!」をはじめ、野球や競馬の実況も担当している。仕事最優先の日々が結果として、お互いの間に埋められない溝を生んでしまったようだ。

     2人は局は違うものの2010年の同期入社。共通の知人も多く、桑子アナが広島放送局から東京に異動になった15年4月から自然の流れで交際がスタート。17年5月30日に結婚した。

     昨年5月、サンケイスポーツの報道で結婚が明らかになった際、「ニュース-」で有馬記者から結婚を祝福された桑子アナが「これからもよろしくお願いします」と公共放送では異例の結婚報告をして話題に。谷岡アナも「ノンストップ!」で、婚約指輪を造花の赤いバラに隠してプロポーズした秘話を明かした。挙式、披露宴はしていなかった。

     結婚1周年、31歳の誕生日に、苦渋の決断をしたことが明らかになった桑子アナ。桑子、谷岡両アナはともに持ち前の朗らかさと前向きな性格で、新しい人生の一歩を踏み出す。

    桑子アナ
    no title

    谷岡アナ
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20180531/div18053104000001-n1.html

    【NHK桑子アナ、フジ谷岡アナと離婚!バースデー婚からわずか1年 】の続きを読む

    1: カイキニッショク 2017/05/11(木) 03:58:31.15 _USER9
    NHK桑子真帆アナ結婚!フジテレビ谷岡慎一アナと

    NHK桑子真帆アナウンサー(29)とフジテレビ谷岡慎一アナウンサー(30)が結婚することが10日、分かった。
    関係者によると、桑子アナが30歳になる今月30日に婚姻届を提出する。

    2人は10年にそれぞれ入社した同期アナ。
    各局のアナウンサー試験で知り合った。
    15年4月に桑子アナが広島放送局から東京アナウンス室に異動後、本格的な交際に発展した。

    桑子アナは15年4月から1年間、「ブラタモリ」のアシスタントを務め、タモリ(71)にツッコミを入れたり、物おじしないトークやルックスの良さなどで注目された。
    昨年もオリコンによるアンケート「好きな女性アナウンサーランキング」でトップ10入りするなど、人気アナとして知られる。
    今年4月から看板報道番組「ニュースウオッチ9」のキャスターに起用されるなど同局もエースアナとして期待を寄せている。

    谷岡アナは1年目から野球実況を担当するなど、スポーツ実況や中継を担当するほか、
    情報番組「ノンストップ!」にも出演している。
    さわやかなイケメンアナとして視聴者からの人気も高い。

    画像
    20170511-01821377-nksports-000-view

    日刊スポーツ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-01821377-nksports-ent

    【NHK桑子真帆アナ結婚!フジテレビ谷岡慎一アナと】の続きを読む

    1: 予想健ちゃん ★@\(^o^)/ 2017/03/10(金) 08:27:00.89 _USER9.net
    NHKの“新エース”といわれている桑子真帆アナ(29)に結婚話が浮上した。発売中の週刊文春が、以前から交際がウワサされているフジテレビの谷岡慎一アナ(30)と婚約情報があると報じている。文春は両アナの親族に直撃していて、双方とも否定はしていない。

     2人は2010年4月入社の同期で、学生時代から顔見知りだったという。昨年はじめに交際が発覚し、朝方まで飲んだ2人がタクシーに乗り込み、桑子アナの自宅マンションに向かう様子が報じられたこともある。どうやら、交際は順調に続いているようだ。

    ■看板番組に抜擢

     桑子アナといえば、4月からNHKの看板番組「ニュースウオッチ9」のメーンキャスターに抜擢されるなど、“ポスト有働由美子”といわれている。昨年の紅白歌合戦では、司会のひとりに名前が挙がったほどで、NHKの次期エースであることは間違いない。ただ、結婚したらどうなってしまうのか。女子アナ評論家の高島恒雄氏がこう言う。

    「今、NHKで最も旬なアナウンサーです。知的で聡明で、バラエティーからニュースまでこなせる。幅広い年齢層に支持されていて、有働由美子アナのようなタイプです。局を超えて、アナウンサー同士が結婚にまで至るのは非常に珍しい。“アイドル”のような扱いを受ける民放の女子アナとは違って、NHKの女子アナは結婚しても人気があまり落ちません。むしろ、視聴者の年齢層を考えると、結婚したほうが“深み”が出て、プラスになるのではないか」

    “アナウンサー同士”の結婚が目立つのはテレビ朝日。坪井直樹と高橋真紀子、西脇亨輔と村上祐子、野上慎平と八木麻紗子らがいる。フジテレビも中村光宏と生野陽子、生田竜聖と秋元優里らがいるが、生田、秋元夫妻は離婚協議中だ。アナ同士の結婚では2人がそろって活躍、出世するのは難しいともいわれる。

     桑子アナは“人妻アナ”として飛躍できるのか。

    画像
    2d37c5ec530d9b21589c32c112301cc320170309135732040

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/201090

    【NHK桑子真帆アナ 谷岡慎一アナと婚約と週刊文春が報じる 双方とも否定せず】の続きを読む

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 04:50:49.01 _USER*.net

    4月1日の深夜、午前4時過ぎ。東京・世田谷区の路上を1組のカップルが仲睦まじく手をつないで歩いていた。かなり酒を飲んだのか2人とも千鳥足。男性が女性の腰に手を回して引き寄せると、彼女はうっとりとした表情でしなだれかかる。

     深夜の人気のない街をブラブラと散歩するこの女性は、NHKの桑子真帆アナ(28)だ。『ブラタモリ』でタモリの相棒を務めたことで一躍ブレイクした桑子アナの熱愛を4月11日発売の週刊ポストが報じている。

     桑子アナは2010年にNHKに入局し、長野放送局で3年、広島放送局で2年の勤務を経て、昨年4月に東京アナウンス室に異動。
    同時期に『ブラタモリ』が3年ぶりにレギュラー番組として復活し、彼女は異動早々、タモリのアシスタントという大役を任されることとなった。その愛らしいルックスとキャラクターは、瞬く間に世の男性を虜にした。

     そんな桑子アナと「ラブタモリ」していたのは、フジテレビの谷岡慎一アナウンサー(29)だ。『ノンストップ!』(月~金、9時50分~11時25分)やスポーツ実況を担当する同局期待の若手アナである。
    画像
    2048835_201502200958144001424363328c

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    http://www.news-postseven.com/archives/20160410_402012.html

    【NHK桑子アナにフジイケメンアナと熱愛報道 妹も応援】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 05:12:14.49 _USER*.net
    人気急上昇の美人アナに初ロマンス! NHKバラエティー「ブラタモリ」でタレント、タモリ(70)のアシスタントを務める桑子真帆アナウンサー(28)が、フジテレビの谷岡慎一アナウンサー(28)と真剣交際していることが31日、分かった。

    谷岡アナは同局系情報番組「ノンストップ!」やスポーツ実況を担当するイケメン。
    同期入社の2人はテレビ局の垣根を越え、愛を育てている。

    キュートでお茶目な桑子アナと、イケメンの谷岡アナがノンストップで恋愛中だ。

    複数の関係者の話を総合すると、2010年4月に入社した同期の2人は以前から、顔見知り。
    本格的な交際に発展したのは桑子アナが昨年4月、NHK広島放送局から東京アナウンス室に異動になってからという。

    競争率1000倍以上は当たり前といわれるアナウンサーの就職戦線。
    大学時代にテレビ局のアナウンサー養成講座などで学び、ともに勝ち抜いた同期は、入社局が違っても交流の続くケースが多い。

    2人はそんな中から絆が深まり、桑子アナは楽器演奏、谷岡アナはピアノ演奏という共通の趣味でも気が合ったようだ。

    最近は一緒に食事やドライブを楽しみ、ごく身近な番組スタッフや共演者には2人とも「実は、お付き合いしています」などと報告している。
    お互い明るくフランクな性格とあって、オープンな交際を周囲は温かく見守っている。

    関係者の間では「桑子アナは会うたびにきれいになっている」と谷岡アナとの恋愛効果を指摘する声もあるほどだ。

    桑子アナは、昨年4月から3年ぶりに復活した「ブラタモリ」に抜てきされた後、大物タモリにものおじせず、「タモさん、口数が少ないですよ」などとツッコむことも。
    そんな彼女にタモリも思わずニヤケるほどで、中高年のおやじ世代を中心に人気を集めてきた。

    オリコンが年末に発表した「好きな女性アナランキング」では、圏外から初のトップ10入りとなる堂々の5位にランクイン。
    レギュラー出演する「NHKニュース7」では昨年9月、歌手で俳優、福山雅治(46)と 女優、吹石一恵(33)の結婚を伝えた際、「私はショックで、思わず『エッ』と声を上げてしまいました」と両手を広げ、驚くしぐさで本音を漏らし、さらに好感度がアップした。

    お相手の谷岡アナは高知・土佐高時代、腰のけがで硬式野球を断念した経験を持つ。
    「ノンストップ!」で見せる軽妙な語り口だけでなく、スポーツ中継の歯切れのいい実況ではアスリートの心身両面にわたる理解も深く、今後が期待されるフジのホープ。

    このまま順調に交際が進めば結婚の2文字も見えるとあって、今度は桑子ファンの間でショックの声が広がりそうだ。

    画像 桑子真帆アナウンサー(左)
    no title

    フジテレビの谷岡慎一アナウンサー
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20160101/lov16010105060001-n1.html

    【「ブラタモリ」NHK桑子真帆アナ、フジ谷岡慎一アナと熱愛!】の続きを読む

    このページのトップヘ