中二病速報

    タグ:訃報

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/11/27(日) 18:32:03.7
     「月はどっちに出ている」「血と骨」など在日コリアンの物語をリアルに描いた作品で知られる映画監督で前日本映画監督協会理事長の崔洋一(さい・よういち)さんが27日午前1時0分、ぼうこうがんのため自宅で死去した。73歳。長野県出身。
    葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は妻、青木映子(あおき・えいこ)さん。

     在日朝鮮人の父と日本人の母の間に生まれ、大島渚監督「愛のコリーダ」などの助監督を経て1983年に「十階のモスキート」で劇場映画監督デビュー。
    93年の「月はどっちに出ている」で数々の映画賞を受賞し2004年の「血と骨」で日本アカデミー最優秀監督賞受賞。
    © 一般社団法人共同通信社
    https://nordot.app/969523844943249408 

    20221127-00000041-ann-000-4-view


    【【訃報】 映画監督の崔洋一さんが死去 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/11/27(日) 00:01:57.73
    映画「フラッシュダンス」の主題歌で知られる歌手で女優のアイリーン・キャラさんが死去した。63歳。米メディアが26日、死去を報じた。

    1980年の米の青春映画「フェーム」で歌手を夢見る生徒を演じ、主題歌をヒットさせた。83年の映画「フラッシュダンス」でも主題歌を歌い、日本では50万枚以上を売り上げる大ヒットとなった。両曲で米アカデミー賞を受賞。「フラッシュダンス」は日本で麻倉未稀さんがカバーし、ドラマ「スチュワーデス物語」の主題歌にもなった。

    https://www.yomiuri.co.jp/culture/20221126-OYT1T50319/

    1


    【【訃報】「フラッシュダンス」主題歌の歌手アイリーン・キャラさん死去、63歳…アカデミー賞受賞】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/11/22(火) 10:41:17.08
    漫画家・ウエノ直哉さん自宅で死去 直前に体重20キロ激減…SNSで「吐き気が酷い」「死にます助けて」

     漫画家のウエノ直哉さんが今年9月25日、自宅で死去したと三和出版「コミックマショウ編集部」公式が発表した。

     同編集部は21日、公式サイトで「弊誌にて執筆中のウエノ直哉先生がご逝去されました。編集部一同、謹んでご冥福をお祈りいたします」と訃報を伝えた。今年9月25日、自宅で倒れているところを発見したがすでに亡くなっていたという。「読者の皆様のこれまでのご愛顧に感謝し、謹んでお知らせ申し上げます」と伝えた。

     ウエノ氏は8月、自身のツイッターに「いやぁ夏バテと断酒が相まってこの2カ月半で約20kgも体重落ちたのはいいんだけど脂肪と一緒に筋肉も落ちちゃってメチャクチャ疲れ易い身体になっちまったよ…。ちょっとの買い出しでヘロヘロ。まるで半病人だ」と体重が激減したことを投稿。その後も「夏バテで脂肪と筋肉が落ちたせいで尻周りの造形が完全におじいちゃんのソレになっちゃった…コレはやばいぞ」「体調とメンタルが変な具合に結びついちゃってちょっと気が変になりそう。どうすりゃいいんだろこれ」「しばらく具合が悪い日々を過ごすと今現在の自分が具合がいいか悪いか判別つかない感じになるなぁ。何だかなぁ」「今日はもう寝ます。体ガタガタ 吐き気が酷い」「食事がめんどくさいとか胃腸が優れない人向けに点滴食事セットとかお手軽に売られる未来はないんだろうか。静脈注射必須だから不可能か」と体調不良をつづり、亡くなる直前の9月3日には「死にます助けて。」と訴えていた。

    no title
    スポニチアネックス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e0d87f6597761cd1884ea16eee56cb81435710ce

    【【訃報】漫画家・ウエノ直哉さん自宅で死去 直前に体重20キロ激減 SNSで「吐き気が酷い」「死にます助けて」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/11/21(月) 20:41:44.52
    『SLAM DUNK』赤木剛憲役や『BLEACH』握菱テッサイ役などで知られる声優・梁田清之さんが逝去。2022年11月21日、生前に親交のあった声優・真殿光昭さんがTwitterを通じて報告しました。

    梁田さんは、『鎧伝サムライトルーパー』鬼魔将朱天役、『ジャングルの王者ターちゃん』梁師範役、『SLAM DUNK』赤木剛憲役、『BLEACH』握菱テッサイ役など数多くの作品で様々なキャラクターを演じてきた男性声優です。

    11月21日、真殿さんがTwitterで「友人の梁田清之君が逝去されました」と報告。
    続けて、「彼はフリーだったため奥様の御意向により、僕が代わってここに声優業界関係者の皆様並びに彼のファンの皆様にご報告させて頂きます」「線香をあげ、弔わせて頂いた今でも信じられない思いですが 心より梁田君のご冥福をお祈りさせて頂きます」と綴りました。

    この報告を受け、真殿さんのTwitterには、斎賀みつきからの「梁田さん…お会いするといつも笑顔でかまってくれてとても嬉しかったのを覚えています。今はただただご冥福をお祈りするばかりです…。」とのコメントをはじめ、永島由子さん、深見梨加さん、武虎さんといった声優仲間、そして大勢のファンから梁田さんの逝去を惜しむ声が届いています。

    https://animeanime.jp/article/2022/11/21/73657.html 

    10774013_1_9_8b

    【【訃報】声優・梁田清之さんが逝去、真殿光昭さんがTwitterを通じて報告「SLAM DUNK」赤木剛憲役や「BLEACH」握菱テッサイ役など】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/11/17(木) 16:19:14.39
     お笑いコンビ・しめじの寺本大樹さんが13日、交通事故のため死去した。享年23。17日に所属事務所・プロダクション人力舎が訃報を伝えた。

     公式サイトでは「弊社所属お笑いコンビ『しめじ』寺本大樹(享年23)が令和4年11月13日に交通事故のため都内病院にて永眠いたしました」と伝え「ここに生前の御厚誼に深謝するとともに謹んでお知らせ申し上げます」と記した。

     続けて「なお、葬儀告別式は滞りなく執り行われました。事後のご報告になりましたことをご容赦頂きたく、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」とし「突然の悲報に社員、所属芸人共に未だ現実を受け止めきれない状況です。人力舎の仲間になって4年、芸人仲間に支えられ、ファンの皆様にも愛される存在でした。今まで寺本大樹を応援し、笑ってくださった皆様に心より感謝いたします」とコメントした。

    オリコン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e762e915f86cf59f1f17926cc70c6c9216b7409f
    しめじ 【左】寺本大樹(てらもとたいき)【右】寺本太朗(てらもとたろう)
    no title

    【【訃報】「しめじ」寺本大樹さん死去 享年23】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/11/16(水) 19:49:35.62
    先月8日に米ハワイで急逝した女優の松原千明さん(享年64)の元夫で俳優の石田純一が16日、都内で「Dream Energy~パネルディスカッション&ミュージックライブ~」に出演した。

    松原さんの訃報が流れたこの日は、くしくも離婚についてのパネルトークイベント。グレーのスーツに濃紺のネクタイを締めて登場した石田は、少しやつれた印象で、元妻の松原さんについて「今は良好な関係で。先頃、元妻が亡くなりまして…」と言葉を詰まらせながら、自らの口で松原さんが亡くなったことを告白した。

    松原さんとの間に生まれた長女でモデルのすみれから、メールで訃報を知らされたといい「メール、届いた時間、全部はっきり覚えてる。すみれから『パパ、ママが亡くなりました』と知らせが来て思考停止」と当時の心境を吐露。目を潤ませ「前の奥さん・松原さんに感謝ですね。悲しみの中で前を向いて」と語った。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2022/11/16/0015813993.shtml

    20221116-00010026-abemav-000-1-view



    【石田純一 松原千明さん訃報に目を潤ませ「思考停止」長女すみれからメールで「パパ、ママが亡くなりました」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: とある名無しの中二病 2022/11/16(水) 15:22:51.84
     上方落語家の林家市楼さんが心臓疾患のため14日に死去した。享年42。上方落語協会が16日、発表した。

     同協会は「当協会員 林家 市楼師【本名:鹿田圭人(享年42)】が、心臓疾患のため11月14日ご逝去されました。ここに謹んでお知らせ申し上げます」と伝えた。

     市楼さんは1980年4月13日生まれ、大阪市出身。祖父は三代目林家染語樓、父は四代目林家染語樓と、三代続く噺家一家。
    上方落語家名鑑によると、「最近では、三代目染語樓作、四代目染語樓が得意としていた新作落語も演じ、自身でも、自作の新作落語を手がける。明るい性格で楽屋での人気もあり、先輩方からの評判もよく、また、後輩からの信頼も厚い。
    下座での寄席囃子の鳴り物にも、積極的に取り組む。自分にしか出来ない高座を模索し、日々修行をする」と紹介されている。
    ORICON NEWS
    https://www.oricon.co.jp/news/2257165/full/

    img_4188688bc3390786ef7aa0720247f3ff100292


    【【訃報】 上方落語家・林家市楼さん死去 享年42】の続きを読む

    このページのトップヘ