中二病速報

    タグ:訃報

    1: 名無しさん@涙目です。 2019/05/17(金) 07:40:27.09 BE:711292139-PLT(13121)
     女子ゴルフの大山亜由美(おおやま・あゆみ)さんが16日午後1時42分、がんのため鹿児島市内の病院で死去した。25歳の若さだった。鹿児島市出身。
    通夜は17日午後6時、葬儀・告別式は18日正午、鹿児島市郡元2の11の5、積善社飛鳥会館で。喪主は父、大山文明(ふみあき)さん。

     2015年のプロテストに合格。同年の下部ツアー「うどん県レディース 金陵杯」ではプレーオフで惜しくも敗れて2位となった。
    167センチの長身美人ゴルファーとして注目を集め、大手芸能事務所・オスカープロモーションと異例の所属&芸能マネジメント契約を結んだ。16年1月の契約会見には事務所の先輩で女優の剛力彩芽と、俳優の金子昇も駆けつける破格の待遇だった。

     レギュラーツアー通算9試合、下部ツアー通算42試合出場で優勝はなく、昨年3月の「Tポイントレディス」以降は試合から離れていた。関係者によると「この1年は闘病生活だった」という。
    最近では自身のSNSでウエアを着用した写真や「マスターズ」で復活優勝したタイガー・ウッズの写真を投稿していたが16日、家族に見守られながら亡くなった。

    20190517-00000003-sanspo-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000003-sanspo-golf

    【【訃報】25歳・大山亜由美さん死去 がん闘病1年 芸能事務所オスカーと契約、長身美人ゴルファー】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/04/19(金) 13:01:26.35
    漫画原作者の小池一夫さんが、肺炎のため死去したことがわかった。82歳。秋田県大仙市出身。
    小池さんのツイッターで19日、発表された。

    「かねてより入院療養中であった小池一夫は肺炎により4月17日永眠いたしました。生前は多くの方々に小池一夫と小池一夫作品を愛していただき、心より感謝申し上げます。なお故人の遺志により葬儀は親族のみで執り行いました。
    皆様には大変お世話になり、ありがとうございました」としている。

    小池さんは漫画「子連れ狼」(作画:小島剛夕)や、「オークション・ハウス」(作画:叶精作)、「クライングフリーマン」
    (作画:池上遼一)などの原作で知られる。17日にはモンキー・パンチさんの死去を受け、ツイッターで「モンキーパンチさんとは40年前、漫画アクションの初期に『ルパン三世』と『子連れ狼』で人気争いをしたライバルでもあった。
    一緒に組んで『書記官鳥(セクレタリーバード)』という漫画も作ったなあ。淋しくなるなあ」と追悼していた。

    koikekazuo_fixw_234

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904190000276.html 

    かねてより入院療養中であった小池一夫は肺炎により4月17日永眠いたしました。
    生前は多くの方々に小池一夫と小池一夫作品を愛していただき、心より感謝申し上げます。
    なお故人の遺志により葬儀は親族のみで執り行いました。
    皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。

    https://twitter.com/koikekazuo/status/1119061843933192192 

    【【訃報】漫画原作者、小池一夫さん死去 82歳「子連れ狼」「実験人形ダミー・オスカー」等】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/04/17(水) 03:27:47.73
     ヒット作「ルパン三世」などで知られるマンガ家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さんが11日、肺炎のため死去した。81歳。

     1937年に北海道浜中町で生まれる。65年に「プレイボーイ入門」でマンガ誌「漫画ストーリー」(双葉社)からメジャーデビューを果たし、67年8月にマンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で「ルパン三世」の連載を開始。人気を博して、71年にはテレビアニメが放送開始。その後もテレビシリーズ、劇場版など現在まで新作が作り続けられるヒットアニメとなった。

     80年以降、サンディエゴ・コミックコンベンションINKPOT賞、ローマ・コミックフェスティバルROMICS金賞、AMD Award功労賞、東京アニメアワードアニメ功労賞などを受賞。晩年もCGを使った3Dアートの研究など意欲的に活動したほか、大手前大学などの客員教授としてマンガ制作の講義を行うなど、後進の指導にも努めた。

     2012年からは故郷の浜中町で、ファンイベント「ルパン三世フェスティバルin浜中町」開催されているほか、07年のテレビスペシャル「ルパン三世 霧のエリューシヴ」も同町が舞台になるなど、郷里への思い入れでも知られていた。

    https://mantan-web.jp/article/20190417dog00m200000000c.html 

    モンキー・パンチさん 
    no title

    no title

    no title


    【【訃報】モンキー・パンチさん「ルパン三世」の生みの親が肺炎のため死去 81歳】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2019/04/10(水) 03:39:07.63
     黒板やホワイトボードを使ったお色気医事漫談で知られるケーシー高峰(たかみね、本名門脇貞男=かどわき・さだお)さんが8日午後3時35分、肺気腫のため入院先の福島県いわき市内の病院で死去した。85歳。山形県出身。葬儀は近親者のみで営まれる。医事漫談の第一人者として、半世紀以上にわたって活躍。俳優としても渋い演技で数多くの作品を彩り、マルチタレントの草分けだった。

     軽妙洒脱(しゃだつ)な話術が持ち味のドクターケーシーが逝った。30年以上前に移り住んだいわき市内の病院で家族らにみとられて旅立った。

     関係者によると、肺を患っていたため、昨年9月以降は仕事を控えて自宅で療養。約1カ月前から入院していた。古くからの知人は「若い頃から愛煙家。肺を悪くしていたようだ」と明かした。最後の仕事は同月に収録された演芸番組「お笑い演芸館+」(BS朝日、同11月放送)。鼻に酸素吸入器をつけ、椅子に座るなど体調は万全でなかったが、普段通りの漫談を繰り広げた。

     商社マンの父、江戸時代から続く医師家系の母の間に生まれ、家業を継ぐため日大医学部に入学した。だが、ジャズやラジオに傾倒し、芸術学部に転部。在学中からジャズクラブなどの司会業で頭角を現し、1957年の卒業後、本格的に芸人の道へ。漫才師「リーガル天才・秀才」に弟子入りし、漫才コンビ「大空はるか・かなた」として活動した。

     解散後の68年、ケーシー高峰に改名。白衣姿で黒板やホワイトボードを使い、医学を説明しながら、エロネタを交えていく毒舌の医事漫談を生み出し、お笑い番組で引っ張りだこに。「グラッチェ(イタリア語、ありがとう)」「セニョール(スペイン語、男性に呼びかける言葉)」「セニョリータ(同、女性に呼びかける言葉)」など、連発する謎のラテン系あいさつは当時の流行語にもなった。その芸風は立川談志さんやビートたけし(72)も絶賛した。

     病との付き合いは長く、70年代に患った腰痛は2003年に悪化し、腰部脊柱管狭さく症と診断。05年には舌がん(舌白板症)が見つかり、30針を縫う手術を受けた。復帰後に「タン(舌)キュー・べろマッチ」「顔は悪性です」と冗談を飛ばし、自らの病気さえネタにして披露した。

     医学部をやめた時に母親に勘当されたが、医事漫談を始めた理由こそ「医者にはなれなかったけど、白衣を着て親孝行をしたい」という思いからだった。芸名は脳外科医を描いた米ドラマ「ベン・ケーシー」と、少年時代に一目ぼれした高峰秀子さんから取ったもの。晩年は客いじりも取り入れた話芸へと変化。80歳を超えてなお、正月の演芸番組に欠かせない存在だった。

     ▽肺気腫 酸素と二酸化炭素の交換を行う肺胞の組織が壊れ、肺にたまった空気を押し出せなくなる病気。タバコが一番の原因とされるが、喫煙をしていなくても発症することがある。息切れ、せきなどが主な症状。薬の服用や酸素の吸入などが主な治療法で、禁煙や適度な運動が必要。一度壊れた肺胞は元には戻らないため、治療で進行を抑え、症状を改善することしかできない。

     ◆ケーシー高峰(けーしーたかみね、本名門脇貞男=かどわき・さだお)1934年(昭9)2月25日生まれ、山形県出身。57年に日大卒業後、お笑いコンビ「大空はるか・かなた」を結成。68年にケーシー高峰として漫談家に転身。医療ネタに下ネタを織り交ぜた漫談で人気を博した。1メートル74、血液型AB。

     スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000000-spnannex-ent

    ケーシー高峰さん
    no title

    【【訃報】ケーシー高峰さん死去 85歳 お色気医事漫談 俳優でも活躍 】の続きを読む

    1: muffin ★ 2019/04/08(月) 11:10:12.64
    ヒトリエからのお知らせ
    2019.04.08

    訃報

    ヒトリエのボーカル・ギターのwowakaは、
    4月5日に急性心不全のため、永眠致しました。
    享年31歳でした。
    謹んで皆様にお知らせ致します。
    これまでwowaka、ヒトリエを応援してくださった方々に深く感謝申し上げます。
    なお、葬儀につきましては、ご遺族の意向により近親者のみで執り行われました。
    この訃報に伴いまして、現在発表しているヒトリエの全国ツアーは中止、
    イベントへの出演はキャンセルとさせて頂くことをご了承下さい。
    チケット代金の払い戻し等に関しては、後日インフォメーションさせて頂きます。
    皆様方にご迷惑をおかけします事を、深くお詫び申し上げます。

    突然の悲報に接し、メンバー・スタッフ一同、現実を受け止められない状況です。
    バンドの今後の活動については現在未定ですが、
    イガラシ、シノダ、ゆーまおの各メンバーは、これからも音楽活動を続けてまいります。
    今後とも応援のほど、よろしくお願い致します。

    2019年4月8日

    ヒトリエ
    イガラシ
    シノダ
    ゆーまお

    スタッフ一同

    ♦メンバーコメント

    今だってまだ、ステージでwowakaがギターを弾き始めるあの瞬間を待ってる。
    客席にはみんなが居て、右手を振りかぶったリーダーがでかい音を出したら、人生で1番幸せな時間が始まる。

    どれだけ虚勢を張ったって、正直まだ、何も手につきません。
    腹は減らないし、うまく眠れもしません。
    wowakaと出会ってからのことをしっかり思い返すことも出来ません。
    涙は止まりません。
    もう4人での演奏を見せられないこと、本当にごめんなさい

    それでもおれはこの世で唯一のwowakaが選んだベーシストだから、wowakaが好きだと言ってくれたベースを鳴らすことを絶対に止めません。

    リーダーいつでも聞きにきてよ。
    おれ明日もうまくなるよ。
    イガラシ

    リーダーごめん、ジャズマスもうちょい借りるね。
    いつんなるかわかんないけどちゃんと返すから、あっちで待っててくんねえかな。
    シノダ

    wowaka、あまり俺たちの事を長く深く話すようなことなんて特にないんだけどさ、wowakaが曲を作って、俺たちが楽器を持って、曲が出来上がって、ライブで演奏して、音を鳴らしているあの時間は、本物だったな。あと、良い音が出るって最高だよな。

    俺の伝わらない文章で不器用なことばかり言って困らせてごめん。

    ありがとうね。俺これからも頑張るわ。
    ゆーまお

    https://www.sonymusic.co.jp/artist/hitorie/info/505751 

    feature_vox_starstream_wowaka-thumb-800xauto-11013

    【【訃報】ヒトリエのボーカル・ギターwowaka、急性心不全で死去 31歳 】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/03/29(金) 14:49:43.00
    26日に亡くなった「ショーケン」こと俳優萩原健一さん(享年68)の訃報を受けて、74年のドラマ「傷だらけの天使」などで共演した俳優水谷豊(66)は所属事務所を通じて「急な訃報で、今は言葉になりませんので、コメントは差し控えさせていただきます」とした。

    同ドラマでは、萩原さん演じる探偵事務所の調査員の“子分”的存在で「アニキー」と呼ぶ姿が印象的な役を演じていた。

    201903290000433-w500_0

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903290000433.html

    【「アニキー」と呼んだ水谷豊「言葉になりません」】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/28(木) 22:40:22.15
    萩原健一さん死去

     俳優・萩原健一=本名・萩原敬三=さんが26日午前10時30分、都内の病院で亡くなっていたことが28日、分かった。68歳。所属事務所が書面で発表した。病名はGIST(消化管間質腫瘍)。2011年からひそかに闘病していたが、本人の強い要望で病名の公表を控えていた。妻でモデルのリカ(本名・理加)さんが最期を看取ったという。葬儀は家族のみで営まれ、都内の斎場で27日に荼毘(だび)に付された。

     萩原さんは1950年7月26日生まれ、埼玉県出身。

     65年に結成したばかりのザ・テンプターズにボーカリストとして加わる。テンプターズはグループサウンズの先輩であるザ・スパイダースと同じスパイダクションに所属し、67年10月、シングル「忘れ得ぬ君」でデビュー。68年には「神様お願い」「エメラルドの伝説」が大ヒットし、萩原さんは「ショーケン」の愛称で、ザ・タイガースの「ジュリー」こと沢田研二と並ぶアイドル的な人気を博した。

     グループサウンズのブームは短く、テンプターズは70年に解散。萩原さんは71年にテンプターズの大口広司、タイガースの沢田、岸部一徳、スパイダースの大野克夫、井上尭之とニューロックのスーパーグループ「PYG」を結成。「自由に歩いて愛して」などの名曲を残すが、PYGは自然消滅する。

     75年、ファーストソロアルバム「惚れた」を発表。ソロでは「愚か者よ」、映画「竜二」の主題歌「ララバイ」やBOROのカバー「大阪で生まれた女」などの名曲、柳ジョージ&レイニーウッドがバックバンドの「熱狂・雷舞」や、井上、ミッキー吉野ら豪華メンバーでの「アンドレ・マルロー・ライブ」など、ライブアルバムの名盤を残した。

     2017年5月には東京と大阪のビルボードライブで50周年ライブを行っている。

     俳優としては、72年に出演した「太陽にほえろ!」のマカロニ刑事役、同年の映画「約束」で鮮烈な印象を残し、ドラマ「傷だらけの天使」、「前略おふくろ様」、「祭りばやしが聞こえる」や映画「股旅」、「青春の蹉跌」などで、政治運動が挫折した70年代の若者のアイコンになった。

     映画では「八つ墓村」、「影武者」などの大ヒット作に出演し、83、86年には日本アカデミー優秀主演男優賞を受賞。その他の主な出演作に「誘拐報道」、「もどり川」、「極道の妻たち 三代目姐」、「いつかギラギラする日」、「居酒屋ゆうれい」がある。

     ドラマでは「豆腐屋直次郎の裏の顔」、「課長サンの厄年」、「外科医柊又三郎」や大河ドラマ「太平記」、「元禄繚乱」、「利家とまつ」などに出演。近年もNHKのドラマ「鴨川食堂」(16年)、「不惑のスクラム」(18年)で大きな存在感を示していた。

     著書に「ショーケン」、「不良のススメ」、「日本映画『監督・俳優』論」(共著)がある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000151-dal-ent

    no title

    no title


    【【訃報】萩原健一さん死去 68歳 病名はGIST(消化管間質腫瘍)「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」など 】の続きを読む

    このページのトップヘ