中二病速報

    タグ:訃報

    1: みつを ★ 2018/08/16(木) 23:16:10.66 _USER9
    Aretha Franklin, the legendary Queen of Soul, is dead at 76
    Celebrating the joyful legacy of a musical icon.
    By Constance Grady@constancegrady Aug 16, 2018, 10:04am EDT
    SHARE
    Aretha Franklin, the legendary Queen of Soul, died on Thursday at her home in Detroit, the AP reports. While the details of her death have not yet been reported, Franklin was said to be “gravely ill” earlier this week. Franklin was 76 years old.

    Franklin’s 60-plus-year career was one of broken boundaries and broken records. She held the record for the most-charted female artist in Billboard history for nearly 40 years, with 73 titles in the Hot 100. (Nicki Minaj surpassed the record last year.) Her first Hot 100 song, “Won’t Be Long,” debuted when Franklin was just 18 years old in 1961. She also racked up 18 Grammy Awards over the course of her career, and in 1987, she was the first woman to be inducted into the Rock & Roll Hall of Fame.

    And while Franklin is known for her work as a soul singer, her astonishing, powerful, intelligent voice ― the voice that the state of Michigan declared to be a natural resource ― can do almost anything. When Luciano Pavarotti bailed on his 1998 Grammys performance at the last minute, Franklin subbed in and sang “Nessun Dorma” for him. She had 20 minutes’ notice.

    “What distinguishes her is not merely the breadth of her catalogue or the cataract force of her vocal instrument,” wrote David Remnick in the New Yorker in 2016; “it’s her musical intelligence, her way of singing behind the beat, of spraying a wash of notes over a single word or syllable, of constructing, moment by moment, the emotional power of a three-minute song. ‘Respect’ is as precise an artifact as a Ming vase.”
    (リンク先に続きあり)

    https://www.vox.com/culture/2018/8/16/17683028/aretha-franklin-obituary 

    no title

    【【訃報】ソウルの女王、アレサ・フランクリン死去 76歳 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/08/08(水) 00:16:13.14 _USER9
    津川雅彦さんが死去
    俳優、映画監督

    映画「マルサの女」などで知られた俳優の津川雅彦(つがわ・まさひこ、本名加藤雅彦=かとう・まさひこ)さんが4日、心不全のため死去した。78歳。京都市出身。葬儀は近親者で済ませた。

    祖父が「日本映画の父」と呼ばれた牧野省三監督、叔父はマキノ雅弘監督という芸能一家に生まれた。

    二枚目から悪役まで幅広い役で存在感を示し、「マルサの女」など伊丹十三監督作品の常連に。映画「プライド運命の瞬間」の東条英機など歴史上の人物を多く演じたほか、映画「ひとひらの雪」などで恋に溺れる中年男性を好演した。

    妻は4月に亡くなった俳優の朝丘雪路さん。

    ©一般社団法人共同通信社 
    https://this.kiji.is/399573024443548769 

    死去した津川雅彦さん
    no title


    【【訃報】津川雅彦さんが死去 78歳 妻は4月に亡くなった朝丘雪路さん 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/07/19(木) 21:26:27.09 _USER9
    ソチ銅デニス・テンさん暴漢に襲われて死亡 25歳

     カザフスタンの国際ニュース通信社「カズインフォルム」は19日、フィギュアスケート男子で14年ソチ五輪銅メダルのデニス・テンさん(25)が暴漢に襲われて殺害された報じた。

     カザフスタンの保健・社会開発省関係者が一部の報道を認めた。広報のイエナル・アキムクロフ氏は「不幸なことに、彼は我々とともには、もういられません」と声明を発表した。同氏は、テンが死亡したことについて会見を開くと明らかにした。

    日刊スポーツ 
    ソチ銅デニス・テンさん暴漢に襲われて死亡 25歳 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00273634-nksports-spo
    デニス・テンさん 
    20180719-00273634-nksports-000-view



    【【訃報】フィギュアスケート ソチ銅デニス・テンさん暴漢に襲われて死亡 25歳 】の続きを読む

    1: けろよん ★ 2018/07/19(木) 08:27:32.29 _USER9
    山鹿市の八千代座で鞠智(きくち)城にまつわる昔話などを語って聞かせる常田富士男さん=2009年12月 テレビアニメ「まんが日本昔ばなし」の語り手として知られる俳優の常田富士男(ときた・ふじお)さんが18日午後、病気のため入院していた東京都内の病院で死去した。81歳。通夜、葬儀は近親者で執り行う。自宅は非公表。

     1937年、長野県生まれ。小学3年から南小国町で育ち、済々黌高定時制を卒業後、上京。劇団民芸の養成所に入った。俳優としては、黒沢明監督の「赤ひげ」や、今村昌平監督の「楢山節考」「うなぎ」、中山節夫監督の「原野の子ら」などに出演した。

     「まんが日本昔ばなし」では、女優市原悦子さんとのコンビで1975年から94年まで語り手を担当。「むかーし、昔のことじゃったあ」との味わい深い語りで視聴者を魅了した。宮崎駿監督のアニメ映画「天空の城ラピュタ」でも声優を務めた。

     関係者によると、常田さんは数カ月前から、脳出血で入院していたという。(中原功一朗)

    origin_1

    熊本日日新聞
    https://this.kiji.is/392420789518894177

    【【訃報】俳優・常田富士男さん死去「まんが日本昔ばなし」 】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/07/18(水) 15:28:13.27 _USER9
    劇団四季の元代表で「キャッツ」や「ライオンキング」などのミュージカル上演を手掛けた
    演出家浅利慶太(あさり・けいた)氏が13日午後5時33分、悪性リンパ腫のため東京都内の
    病院で死去した。85歳。東京都出身。

    asarikeita4

    https://this.kiji.is/392200444888630369?c=39550187727945729 


    【【訃報】「劇団四季」元代表、浅利慶太さん死去 85歳 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/07/17(火) 15:03:34.12 _USER9
    テレビドラマ『白い巨塔』やバラエティー番組『欽ドン! 良い子悪い子普通の子』(ともにフジテレビ系)などに出演した女優・生田悦子さんが、7月15日に亡くなっていたことがわかった。享年71。

     関係者によると、15日の午前中に自宅で倒れ、病院に救急搬送されたものの、帰らぬ人となった。死因は虚血性心不全。

    「前日には夫と夕食に出かけるなど、普段と変わらない様子だった。それだけに、本当に信じられない。とても安らかなお顔をしていて、まだ寝ているのではないかと思ってしまいます」

     生田さんは、'63年に準ミス平凡に入選しモデルデビュー。その後、'66年に松竹へ入社し、映画やドラマなどで活躍した。

     '05年には現在の夫である会社経営者と結婚。翌年には更年期うつによる闘病生活を送っていたことを告白していた。

     また、芸能界での交友の広さでも知られ、'15年からは『週刊女性』に『生田悦子の芸能界 良い子悪い子普通の子』を連載していた。

     45年来の友人である松竹OBで芸能レポーターの石川敏男氏は、

    「松竹時代は女優と宣伝担当という間柄でしたが、彼女は近寄りがたいほどの美人でした。さっぱりした性格で本当に正直な人。彼女の白髪が目立ってきたころに“黒くしたら”って話したら、“私、そんなのはイヤなのよ”って、染めてごまかすこともしなかった。

     また、結婚した相手は私の知人なんだけど、交際しているなんて知らなかった。そうしたら、生田さんから“プロポーズされたんですが、彼は石川さんの友達ですよね”って、ちゃんと報告してくれたんです。それで、当時出演していたワイドショーで彼女の結婚をスクープすることができた。こんな素敵な女性を失うなんて悲しすぎます……」

     と、ショックを隠し切れない。

     なお葬儀は近親者のみで行われ、後日、お別れの会を行うという。

    昭和47年3月29日、日比谷公園で撮影 写真=共同通信 
    no title

    週刊女性PRIME
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00012878-jprime-ent

    【【訃報】女優・生田悦子さんが逝去、71歳 「白い巨塔」「欽ドン!」などで活躍 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/07/15(日) 12:57:13.27 
    晴茂くんが、亡くなりました。

    彼はもう何年も自分の抱えるアルコールの問題を克服しようと戦っていました。 2015年の夏を最後に、いっしょに音は出していませんでしたが、ぼくたちは彼が戻ってくるのを待っていました。

    すぐに、ではなくても、生きていればいつかはまた三人で音を出せると信じていたし、そんな最高なことが起こるのが人生だと思っていました。

    晴茂くんはぼくの大事な友だちでした。 ドラマーがなかなか決まらずくすぶっていたサニーデイに入ってくれたとき、彼はすでにプロの仕事を経験していて、ぼくたちにとっては音楽的な先輩と言った感じでした。こんなすごい人が叩いてくれる!そこでやっとサニーデイはバンドとしてのスタートが切れたのです。 おまけになかなか東京人とフランクに接せられない地方出身のぼくと田中でしたが、何故か晴茂くんとはすんなり自然と打ち解けることができました。 たぶん三人とも、似たような部分でシャイだったのでしょう。 まるで、ずっと昔から友だちだったような感覚でした。

    それから経験したありとあらゆること、素晴らしい時間や景色、サニーデイの音楽、これらすべては更新されることなく永遠のものになってしまいました。

    晴茂くんはやさしい人でした。 純粋な人、という言葉は彼にこそ使っていいものだと思います。 なにごとにも臆することなく、心から正直に行動できる人でした。本物のパンクスで、本物のロックンローラーでした。 計算高いタイプのぼくはよく彼に「晴茂くんは天使だから」なんてことを言っていました。そんなとき晴茂くんは決まって不思議そうな顔でぼくを見るのでした。 ぼくは晴茂くんが大好きでした。

    サニーデイ・サービスを愛してくれたすべてのみなさん。晴茂くんのビートに身を委ね、彼を応援し、彼の復帰を待ってくれたすべてのみなさんに、感謝いたします。 どうもありがとうございました。

    自分がいま音楽をやっているのは、晴茂くんと出会い、彼に力をもらったからです。 ぼくがひとりで作った歌をみんなが聴けるカラフルな音楽にしてくれたのは晴茂くんです。 いつもぼくの家族を心配してくれたこと、あなたのはにかんだような笑顔、あなたの冗談、あなたのやさしさ、ひたむきさ、自由さ。 ありがとう、晴茂くん。 さようなら。

    平成30年7月15日
    曽我部恵一 


    SUNNYDAYSERVICE_art201504_fixw_234

    http://rose-records.jp/2018/07/post_492.html

    https://natalie.mu/music/news/291257

    【【訃報】サニーデイ・サービスのドラマー丸山晴茂、食道静脈瘤破裂のため5月に死去 47歳】の続きを読む

    このページのトップヘ