タグ:視聴率

    1: 湛然 ★ 2017/11/09(木) 00:02:52.85 _USER9
    TBS 今年を最後に「日本有線大賞」の放送終了 視聴率低下で…

     TBSは8日、音楽賞「日本有線大賞」の放送を、第50回の今年を最後に終了することを発表した。

     有線のリクエストを基にして贈られる賞で、1968年にスタート。同局は78年の第11回から放送してきた。
    同局関係者によると、撤退の大きな要因は視聴率の低下。昨年は平均視聴率9・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で2桁に届かなかった。放送は終了するが、賞自体は主催する全国有線音楽放送協会が今後も継続させていく見込みだ。

     最後の放送は12月4日午後7時から。大賞候補となる有線音楽優秀賞には、氷川きよし(40)ら10組がノミネートされた。

    header_image_20161013

     スポニチアネックス 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00000145-spnannex-ent

    【TBS今年を最後に「日本有線大賞」の放送終了 視聴率低下で】の続きを読む

    1: Egg ★ 2017/10/10(火) 15:57:18.71 _USER9
    日本テレビの情報番組『スッキリ』(毎週月~金曜8:00~)は、MCに水卜麻美アナウンサーが加入した初週(2~6日)の週平均視聴率(1部/8:00~9:30)が6.6%を記録。前週から0.9ポイント上昇し、同時間帯のフジテレビ『とくダネ!』(8:00~9:50、週平均6.4%)を上回った。

    前週の週平均は、『スッキリ!!』1部が5.7%、『とくダネ!』が6.2%だったが、『スッキリ』が逆転。2部(9:30~10:25)も、前週の4.4%から4.9%にアップした。

    さらに、祝日だった9日の『スッキリ』は、1部が9.0%、2部が7.7%と高視聴率をマーク。この日は、『とくダネ!』の5.9%、同時間帯トップを走るテレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』(8:00~9:55)の7.8%も上回った。『スッキリ』1部が9%台を記録するのは、9.1%を記録した8月28日以来となる。

    その他を含め、新スタート・リニューアルした主な帯番組の初週平均視聴率は、以下のとおり。

    ▽NHK『わろてんか』20.8%(前週『ひよっこ』23.0%)
    ▽日テレ『スッキリ』<1部>>6.6%(前週5.7%)、<2部>>4.9%(前週4.4%)
    ▽フジ『とくダネ!』6.4%(前週6.2%)
    ▽日テレ『ヒルナンデス!』5.9%(前週5.8%)
    ▽テレ朝『トットちゃん!』5.6%(前週『やすらぎの郷』5.9%)
    ▽フジ『FNNみんなのニュース』4.8%(前週4.7%)
    ▽フジ『THE NEWS α』3.3%(前週『ユアタイム』3.4%)

    視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ・関東地区。

    20160331_132634_size640wh_8898

    https://s.news.mynavi.jp/news/2017/10/10/065/

    【日本テレ『スッキリ』水卜アナ加入初週で『とくダネ!』抜く!9日も9.0%の高視聴率】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/09/20(水) 06:07:41.15 _USER9
    73歳の新社長が率いる新体制でフジテレビジョンは復活できるのか。今年6月、BSフジ社長だった宮内正喜氏がフジテレビとフジ・メディア・ホールディングス(HD)の社長に就任した。
    フジは2013年、「踊る大捜査線」シリーズなど数々のヒット作を手掛けた亀山千広氏が社長に就任したが、視聴率下落に歯止めをかけられず業績も低迷。今回の交代となった(亀山氏はBSフジの社長に就任)。
    また、フジの代表取締役を29年間務め、長年経営を指揮した日枝久会長も取締役相談役に退くなど、グループは大きな節目を迎えつつある。どのように視聴率を上げ、業績回復につなげるのか。宮内社長に戦略を聞いた。

    この記事の写真を見る

    ――フジテレビとホールディングスの社長に就任することになった詳しい経緯を教えてほしい。

     就任前はBSフジの社長を2年、その前は系列局の岡山放送の社長を8年間務めていた。ただし、その前は40年間もフジテレビで働いていたわけだから、ここまで視聴率が落ち、
    営業的な業績が下がっていることはもう看過できない。いたたまれないと感じていた。

     BSフジや岡山放送時代も日枝さんと会う機会があり、「どうすればいいと思う?」とフジテレビはいつも一番の話題だった。よりによって私が社長になるなんて夢にも思っていなかったから、勝手なことを申し上げていた(笑)。

     フジテレビを外から見ると、以前に比べて会社の一体感みたいなものがないと感じる。昔は何か1つのことをグループでやるとなると、本当に一体化してやっていたものだから。それは忌憚なく申し上げた記憶がある。

     日枝さんは「じゃあそういう形に戻して、リーダーシップをとる人間が必要だな」と話していたが、内示までに具体的な名前が出たことはなかった。私が候補になったとか「考えておけよ」と言われたこともない。

    ■「どう変えてもいいから、結果を出してくれ」

     ――内示のときは日枝氏とどんなことを話したのか。

     「ホールディングスとフジテレビの代表取締役社長をやってくれ。ミッションは業績回復しかないんだ。視聴率を上げて業績を回復させる。とにかくどう変えてもいいから、結果を出してくれ」とシンプルな言葉だった。
    本当に厳しいタイミングに指名されたとは思うが、受けざるをえない、受けるしかないという気持ちになった。

     ――交代にあたり、亀山氏とはどんな話をしたのか。

    つづく

    東洋経済
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170920-00188238-toyo-bus_all

    no title


    【フジテレビ新社長が語る視聴率低迷の要因 局の「一体感」をどう復活させる?】の続きを読む

    1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/08/31(木) 16:19:15.62 _USER9
     女優の真木よう子(34)が主演を務めるフジテレビの連続ドラマ「セシルのもくろみ」(木曜後10・00)が9月7日放送の第9話で最終回を迎えることが31日、分かった。真木がツイッター(既にアカウント削除)を開設し、精力的に宣伝したものの、視聴率で苦戦していた。

     番組平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は、初回5・1%とスタートから低迷。第2話=4・5%、
    第3話=4・8%、第4話=4・4%、第5話=3・8%、第6話=3・7%、第7話=4・4%と推移。
    一時は3%台に落ち込んだ。第8話は31日に放送される。

     共演は吉瀬美智子(42)伊藤歩(37)板谷由夏(42)長谷川京子(39)金子ノブアキ(36)徳井義実(42)リリー・フランキー(53)ら。

     原作は直木賞作家の唯川恵氏(62)の同名小説。ファッション誌業界を舞台に、幸福を探し求める女性たちの姿を描く。
    脚本は「嫌われる勇気」などの、ひかわかよ氏。プロデュースは太田大氏、金城綾香氏、浅野澄美氏。
    演出は澤田鎌作氏、並木道子氏、高野舞氏。主題歌は夜の本気ダンスの「TAKE MY HAND」。

     真木は今月25日、広く一般から資金を調達するクラウドファンディングの専用サイト「CAMPFIRE」を利用してフォトマガジンを自主制作し、12月に開催される「コミックマーケット93(冬コミ)」参加することを表明。しかし、高額の800万円の支援を求めたため、自費出版が原則のコミケへの理解を含めて批判的なコメントが相次ぎ、28日に冬コミ参加を撤回。30日にはフォトマガジン出版企画自体も中止した。

     29日にはツイッターアカウントを削除。同日「セシルのもくろみ」の撮影もキャンセル(30日は参加)し“トラブル”が相次いでいた。

    20170831-00000107-spnannex-000-view

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000107-spnannex-ent

    【真木よう子主演 フジ「セシルのもくろみ」第9話で終了 視聴率苦戦 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 11:34:43.43 _USER9
     人気女優の真木よう子(34)が、絶体絶命のピンチに陥っている。現在、主演を務めるドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)が打ち切りになるばかりか、女優廃業の危機を迎える可能性が高いというから驚きだ。実は、真木主演の同ドラマは、今月17日に放送された第6話の平均視聴率が3・7%とワースト記録を更新した。だが、ピンチの原因は、この低視聴率ではないというから事態はより深刻。いったい真木は、どんなマズいことをやらかしたのか――。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

    「彼女のしたことは、ビデオリサーチ社の“資産”を侵害したに等しいんです。本人は軽い気持ちでつぶやいたのでしょうが、フジテレビの対応を見たら、その重大さ、深刻度が分かります」(フジ関係者)

     真木は何をつぶやいてしまったのか!? 問題のつぶやきは10日に放送された第5話の視聴率が判明した14日のことだ。

    「真木はその14日のうちに、『視聴率3・8%。こんなに視聴率が低いから是非、ドラマを見てください』とつぶやいてしまったんです。そもそも視聴率の数字は、ビデオリサーチが管理し契約会社だけに配布する“資産”でもある。それを何の断りもなく勝手に、視聴率データを個人のツイッターで公表してしまったから、マズいのひと言」(関係者)

     しかも、「ビデオリサーチ調べ」という表記もなかった。

    「それだけじゃない。自分のファンに対して個別に『ドラマを見て』と誘導までしている。万が一、ビデオリサーチ社に営業妨害、権利侵害だとフジと真木が訴えられたら、間違いなく負ける案件なんです」(同)

     実際に真木のツイッターは、つぶやいてから1時間もしないうちに削除された。さらにフジテレビの編成幹部らが、ガン首を揃え東京千代田区のビデオリサーチ社本社訪れ謝罪までしているのだ。

    「その後、フジの編成部から真木の事務所に対し厳重注意が出されたようです。でも、もとをただせば視聴率不振のドラマを少しでも盛り上げたいと思う気持ちからやってしまったこと。結果、フジテレビが全ての責任を負うことで、一応の決着をみたようです」(芸能プロ関係者)

     とはいえ、問題はその後だ。今回の真木のツイッター事件は瞬く間にテレビ界のみならず、芸能界や広告業界にも広まってしまった。

    「視聴率が3%台になったことで、スポンサーはもう降りたくて仕方がない。真木のこの不祥事をチャンス!とばかりにスポンサー降板をフジに申し入れたんです。結果、当初、10回予定のドラマですが7~8回の話数で打ち切りに向け話し合いが行われています」(広告代理店関係者)

     また、女優・真木に対するテレビ&芸能界の評価もダダ下がりだとも。

    「女優ならツイッターなどで放送元のフジに対しリップサービスをしないで演技力で挽回しろということです。今回のツイッター事件で“真木=やばい女優”というレッテルが貼られてしまった。ナショナルクライアントは、絶対に起用したがらない。要はスポンサーが付かないということ。今後、仕事は大激減する。下手をしたら引退ですよ!」(事情通)

     フジテレビとドラマに対する“愛”を見せたばかりに、とんだ目に遭ってしまった真木。もっとも、「視聴率を勝手に書き込んではいけない」という業界のルールを教えていなかったとしたら、事務所にも責任があるといわざるを得ない。

    DHkuKmEUwAE1bqh

    http://www.tokyo-sports.co.jp/newsflash/738108/     

    真木よう子‏ @makiyokohonnin 1時間
    此処で、皆様に質問です。私は「視聴率がこんなに低いからドラマを観てください」と、懇願したツイートは、ありますか??
    私は私が犠牲になっても一向に構いませんがね、記事にするなら、ライターさん、お名前をきちんと表示して下さい

    https://twitter.com/makiyokohonnin/status/899105938983878657
    https://


    【真木よう子「視聴率をツイッターで公表しフジ幹部が謝罪(東スポ)」記事に激おこ】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/08/16(水) 11:10:15.45 0
    視聴率20%以上の人気ドラマが生まれにくくなった理由 

    20%どころか10%でもそこそこ良かったなと言われる時代

    ダウンロード

    【視聴率20%以上の人気ドラマが生まれにくくなった理由】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/08/17(木) 15:28:34.39 _USER9
    女優・真木よう子(34)が17日、自身のツイッターを更新。低視聴率が続くフジテレビ系主演ドラマ「セシルのもくろみ」(木曜・後10時)の“打ち切り危機”について「向かい風上等」と言及した。 

     同ドラマは初回5・1%でスタートし、第2話4・5%、第3話4・8%、第4話4・4%と推移。先週10日に放送された第5話は3・8%となり、最低記録を更新した。

     真木は打ち切りが濃厚になったと報じる記事を自らツイッターに貼り付けた上で、「こんにちわ!いきなりだけど、向かい風上等よ!!!!」とツイート。フォロワーからは「視聴率とか気にせず頑張ってください」「ドラマの良さは数字では測れない」など励ましのコメントが寄せられている。

     ドラマは唯川恵さんの同名小説を原作にファッション業界を舞台に女性たちのリアルな物語を描く作品。真木が演じるのは、優しい夫と優秀な息子と幸せに暮らす専業主婦の奈央。友人に誘われ軽い気持ちで応募した、女性誌「ヴァニティ」の読者モデルに合格したことから、徐々に生活が変っていくというストーリーだ。

     真木はツイッターでドラマのPRを連日展開し、第1話放送後には「私は悲しいんでません。むしろ更に燃えて来ました」とツイートしていた。

    DG86k2jVYAARmsI

    画像ツイッターより
    https://twitter.com/makiyokohonnin/status/895999273279471617

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000109-sph-ent 
     


    【真木よう子 ドラマ「セシルのもくろみ」打ち切り危機の記事に「向かい風上等よ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ