タグ:視聴率

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 11:34:43.43 _USER9
     人気女優の真木よう子(34)が、絶体絶命のピンチに陥っている。現在、主演を務めるドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)が打ち切りになるばかりか、女優廃業の危機を迎える可能性が高いというから驚きだ。実は、真木主演の同ドラマは、今月17日に放送された第6話の平均視聴率が3・7%とワースト記録を更新した。だが、ピンチの原因は、この低視聴率ではないというから事態はより深刻。いったい真木は、どんなマズいことをやらかしたのか――。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

    「彼女のしたことは、ビデオリサーチ社の“資産”を侵害したに等しいんです。本人は軽い気持ちでつぶやいたのでしょうが、フジテレビの対応を見たら、その重大さ、深刻度が分かります」(フジ関係者)

     真木は何をつぶやいてしまったのか!? 問題のつぶやきは10日に放送された第5話の視聴率が判明した14日のことだ。

    「真木はその14日のうちに、『視聴率3・8%。こんなに視聴率が低いから是非、ドラマを見てください』とつぶやいてしまったんです。そもそも視聴率の数字は、ビデオリサーチが管理し契約会社だけに配布する“資産”でもある。それを何の断りもなく勝手に、視聴率データを個人のツイッターで公表してしまったから、マズいのひと言」(関係者)

     しかも、「ビデオリサーチ調べ」という表記もなかった。

    「それだけじゃない。自分のファンに対して個別に『ドラマを見て』と誘導までしている。万が一、ビデオリサーチ社に営業妨害、権利侵害だとフジと真木が訴えられたら、間違いなく負ける案件なんです」(同)

     実際に真木のツイッターは、つぶやいてから1時間もしないうちに削除された。さらにフジテレビの編成幹部らが、ガン首を揃え東京千代田区のビデオリサーチ社本社訪れ謝罪までしているのだ。

    「その後、フジの編成部から真木の事務所に対し厳重注意が出されたようです。でも、もとをただせば視聴率不振のドラマを少しでも盛り上げたいと思う気持ちからやってしまったこと。結果、フジテレビが全ての責任を負うことで、一応の決着をみたようです」(芸能プロ関係者)

     とはいえ、問題はその後だ。今回の真木のツイッター事件は瞬く間にテレビ界のみならず、芸能界や広告業界にも広まってしまった。

    「視聴率が3%台になったことで、スポンサーはもう降りたくて仕方がない。真木のこの不祥事をチャンス!とばかりにスポンサー降板をフジに申し入れたんです。結果、当初、10回予定のドラマですが7~8回の話数で打ち切りに向け話し合いが行われています」(広告代理店関係者)

     また、女優・真木に対するテレビ&芸能界の評価もダダ下がりだとも。

    「女優ならツイッターなどで放送元のフジに対しリップサービスをしないで演技力で挽回しろということです。今回のツイッター事件で“真木=やばい女優”というレッテルが貼られてしまった。ナショナルクライアントは、絶対に起用したがらない。要はスポンサーが付かないということ。今後、仕事は大激減する。下手をしたら引退ですよ!」(事情通)

     フジテレビとドラマに対する“愛”を見せたばかりに、とんだ目に遭ってしまった真木。もっとも、「視聴率を勝手に書き込んではいけない」という業界のルールを教えていなかったとしたら、事務所にも責任があるといわざるを得ない。

    DHkuKmEUwAE1bqh

    http://www.tokyo-sports.co.jp/newsflash/738108/     

    真木よう子‏ @makiyokohonnin 1時間
    此処で、皆様に質問です。私は「視聴率がこんなに低いからドラマを観てください」と、懇願したツイートは、ありますか??
    私は私が犠牲になっても一向に構いませんがね、記事にするなら、ライターさん、お名前をきちんと表示して下さい

    https://twitter.com/makiyokohonnin/status/899105938983878657
    https://


    【真木よう子「視聴率をツイッターで公表しフジ幹部が謝罪(東スポ)」記事に激おこ】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/08/16(水) 11:10:15.45 0
    視聴率20%以上の人気ドラマが生まれにくくなった理由 

    20%どころか10%でもそこそこ良かったなと言われる時代

    ダウンロード

    【視聴率20%以上の人気ドラマが生まれにくくなった理由】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/08/17(木) 15:28:34.39 _USER9
    女優・真木よう子(34)が17日、自身のツイッターを更新。低視聴率が続くフジテレビ系主演ドラマ「セシルのもくろみ」(木曜・後10時)の“打ち切り危機”について「向かい風上等」と言及した。 

     同ドラマは初回5・1%でスタートし、第2話4・5%、第3話4・8%、第4話4・4%と推移。先週10日に放送された第5話は3・8%となり、最低記録を更新した。

     真木は打ち切りが濃厚になったと報じる記事を自らツイッターに貼り付けた上で、「こんにちわ!いきなりだけど、向かい風上等よ!!!!」とツイート。フォロワーからは「視聴率とか気にせず頑張ってください」「ドラマの良さは数字では測れない」など励ましのコメントが寄せられている。

     ドラマは唯川恵さんの同名小説を原作にファッション業界を舞台に女性たちのリアルな物語を描く作品。真木が演じるのは、優しい夫と優秀な息子と幸せに暮らす専業主婦の奈央。友人に誘われ軽い気持ちで応募した、女性誌「ヴァニティ」の読者モデルに合格したことから、徐々に生活が変っていくというストーリーだ。

     真木はツイッターでドラマのPRを連日展開し、第1話放送後には「私は悲しいんでません。むしろ更に燃えて来ました」とツイートしていた。

    DG86k2jVYAARmsI

    画像ツイッターより
    https://twitter.com/makiyokohonnin/status/895999273279471617

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000109-sph-ent 
     


    【真木よう子 ドラマ「セシルのもくろみ」打ち切り危機の記事に「向かい風上等よ!」】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/07/10(月) 09:49:30.68 0
    やるわね

    俳優の渡部篤郎(49)が主演、女優の橋本環奈(18)がテレビドラマ初ヒロインを務めるフジテレビ「警視庁いきもの係」(日曜後9・00)が9日に15分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は8・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。

    1499602164-0053-001

    1499602865-0426-001

    1499602865-0825-001

    1499603223-0089-001

    1499603223-0397-001

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00000094-spnannex-ent

    【橋本環奈ちゃんフジ日9『警視庁いきもの係』で大勝利】の続きを読む

    1: 胸のときめき ★@\(^o^)/ 2017/05/18(木) 23:40:51.94 _USER9
    新社長となる宮内氏は1967年にフジテレビへ入社。編成制作局長や系列局の岡山放送社長などを歴任後、2015年7月から現職に就いている。

    「正式には6月の株主総会を経て正式決定するそうですが、これでフジテレビはドラマを重視しなくなるのではないでしょうか。宮内氏は手堅く稼ぐタイプで、
    周囲には『これからは報道の時代』と常日ごろから言っていることが知られています」(前出・放送業界関係者)

    ドラマだけではなく、バラエティー番組も改革を余儀なくされそうだという。

    「宮内氏は数字にうるさい。視聴率の悪いバラエティー番組もどんどんなくなっていくでしょう」(前出・広告代理店関係者)

    いまから戦々恐々としているタレントは多いのではないだろうか。

    5de48938

    https://myjitsu.jp/archives/22008

    【「これからは報道」フジTV新社長がドラマとバラエティー削減】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 23:54:54.07 _USER9
     フジテレビ・亀山千広社長の退任決定が先日報じられたが、業界内では「遅いくらい」との声があがっている。

    「定例記者会見での亀山氏の発言は毎回ニュースになり、そのたびに、『視聴者との感覚のズレ』が疑問視されていました。また、ここまでネームバリューがある人物がトップだと、発言が正論だとしても批判されることも多く、そんな“亀山アレルギー”が低迷の遠因になっていた可能性もあります。系列局からは亀山氏に対して、そうした発言の是正はもちろん、キー局として視聴率の底上げを求める声も強かったと聞いています」(テレビ局関係者)

    『踊る大捜査線』シリーズをヒットさせた手腕を買われ、2013年に社長に就任した亀山氏。だが、フジは苦境を脱するどころか悪化の一途をたどっている。消え去る老兵は今、何を思うのか。

    「亀山氏が社長就任当時、フジは視聴率民放3位が定位置でした。そこで、彼はこんなことを言っていました。『負け始めの頭(あたま)に手を打てたらよかったが、今のような事態になると、しばらくは苦しむ。小手先の対応では通用しない』。つまり、本人としては5年あるいは7年といった長期での立て直しを見据えていたようです。

     具体的には、『短期的にはドラマ』『長中期的にはバラエティ』『長期的には情報』という再建戦略を、大多亮常務取締役とともに打ち出していました。しかし、ドラマがことごとく“爆死”続きの今、この戦略も足踏み状態。4年での退陣に、亀山氏も忸怩たる思いがあるはずです」(同)

     ヒットメーカーの手をもってしても復活できなかったフジは、今どんな状況にあるのか。

    「視聴率民放4位が定着しています。首位を独走する日テレとは、ゴールデン(19~22時)、プライム(19~23時)ともに4~5%は差をつけられ、5位のテレ東との差はGP帯ともに2%ぐらいしかありません」(同)

    ◆在任4年で亀山社長の功績は2つだけ?

     では、在任期間の4年で、亀山氏は何を残したのか。

    「『森田一義アワー 笑っていいとも!』の打ち切りは評価すべきでしょう。あの番組こそフジの唯一の良心だったと反対する向きもありますが、末期の迷走ぶりはひどかったですからね。

     ただ、亀山氏がゴーサインを出し、後枠に据えた『バイキング』のスタート当初のコンセプトは、『半径500mの日常をエンターテインメントにする』という、企画書のために考え出されたような、紙づらだけの企画意図だったわけです。それを、そのまま番組にしたら数字を取れるわけがありません。また、『バイキング』の好調が伝えられていますが、『いいとも』が一時代をつくったことから比べると、あまりにもさびしい気がします」(同)

     ただし、『いいとも』と同時になくなった『笑っていいとも!増刊号』の後枠に、『ワイドナショー』を深夜から昇格させたことは亀山氏の功績として、退任後も維持されるようだ。

    つづく
    88ab0c43

    http://biz-journal.jp/i/2017/05/post_19101_entry.html

    【フジテレビ どの番組から打ち切ればいいかわからない状態突入「何もできなかった」亀山社長退任】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 20:34:41.28 _USER9
    大爆死した木村拓哉の『A LIFE』、続編を計画中 次は医療ドラマではなく恋愛ドラマ(スレタイ)

    今年の1~3月期の連続ドラマで最も話題になった木村拓哉主演『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)に、続編が検討されているようだ。
    同ドラマの平均視聴率は14.5%。最近のドラマはふた桁以上の視聴率が合格ラインだとされている。
    だが、A LIFEの場合はこの基準が当てはまらないという。

    「木村は『SMAP』の解散問題直後で話題の人物だったし、TBSも宣伝費も莫大に掛けました。
    そのため、当初は視聴率20%以上を狙っていましたが、初回の視聴率が14.2%だったため、次第に目標を18%、16%、15%というように落としていったのです。
    しかし、15%もクリアできませんでした。失敗と言われてもしょうがない」(ドラマライター)

    しかも「内容も最低」との評価が多かった。
    木村は心臓外科の専門医を演じたが、元恋人役の竹内結子が患った脳腫瘍の手術を、専門外であるにもかかわらず担当していた。
    しかも、脳外科でもやれる人間がいないほどの危険な状態の患者に対して執刀したのだ。

    「多くの芸能ニュースが《心臓外科が脳外科手術をするのはおかしい》と報じました。
    一部撮影スタッフすら『何だよ、この内容は』と不満を漏らしていたのに、TBS幹部は『スリルがあっていい』といって押し切った。
    病院勤務の医師などからも、疑問だという声が多く出ていました」(同・ライター)

    ■次作は医療ドラマではなく恋愛ドラマか

    しかし、続編として計画されているドラマは、前作とは全く別物になりそうだという。

    「次作は、本格的な医療ドラマのテイストを残しながら、基本は恋愛ドラマとなるようです。
    沖田一光(木村拓哉)は心臓医として難病を克服しながら、看護師との愛を深めていく。
    医師と看護師は結婚する確率が高い相手であるため、これならば話の流れもスムーズになるでしょう」(TBS関係者)

    この恋愛の相手には木村文乃が起用される予定だそうだ。

    「前作で沖田は、壇上深冬(竹内結子)の手術を成功させると、以前に所属していたアメリカの病院へ復帰する。
    その際に、沖田が柴田由紀(木村文乃)を『一緒にいかないか』と誘った経緯があるのです。
    その際に柴田は「まだこちら(日本)でやることがあるので」と断りましたが、本当はついて行きたい気持ちを抑えていたのです。
    そのため、沖田には未練が残ったまま、ドラマが終わっているのです」(同・関係者)

    A LIFEは高視聴率が義務づけられていたためか、副院長の壇上壮大(浅野忠信)の愛人である弁護士の榊原実梨(菜々緒)が、自分が顧問をしている病院を訴えるなど、ストーリーの途中から整合性がなくなるようなことも起きていた。

    「二転三転して変わっていく設定のなかで、沖田と柴田のお互いなかなか告白できないさわやかさは評判がよかった。
    続編ではこのふたりの恋愛を見せてほしいです」(テレビ雑誌編集者)

    画像
    o1334075013893957257

    https://myjitsu.jp/archives/22270

    【木村拓哉の『A LIFE』続編を計画中 次は医療ドラマではなく恋愛ドラマ】の続きを読む

    このページのトップヘ