中二病速報

    タグ:西城秀樹

    1: 豆次郎 ★ 2018/08/03(金) 16:30:00.87 _USER9
    野外音楽フェス「フジロック・フェスティバル」の会場に、故・西城秀樹さんらの姿を骸骨で再現したアート作品が展示されていたことが、「不謹慎ではないか」などと賛否を呼んでいる。

    西城さんをかたどった骸骨には、茶髪のカツラと星条旗が。そして、代表曲の「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」の振り付けをモチーフにしているのか、両手で大きく「C」のポーズを取っていた。

    Aviciiの骸骨アートも

    2018年のフジロックは7月27日から29日まで、例年通り新潟県の苗場スキー場で開催された。その会場で展示されたのが、4月に亡くなった人気DJのAvicii(アヴィーチー)さんと西城さんの追悼アートだった。

    どちらも、棺桶に入った骸骨の模型に、生前の2人を象徴するアイテムを身に着けさせた作品だ。Aviciiさんの骸骨は自らの名前をデザインしたTシャツとキャップ姿で、棺桶の中には多くの花が添えられている。

    西城さんの骸骨は茶髪のカツラを被り、腰の辺りが星条旗で覆われていた。棺桶の下には、手書きで「西城秀樹1958-2018」などと記したボードもあった。

    こうした展示物が、インターネット上で物議を醸すことになった。複数のフェス参加者が作品を写真付きで紹介したところ、ツイッターやネット掲示板に、

    「亡き方への冒涜、ご遺族の気持ちを踏みにじっているとしか思えません」
    「Aviciiを讃える為のアートなんだかなんだか知らないけど...個人的には不愉快になった」
    「ユーモアもセンスも芸術性も無い。なにより、西城秀樹という偉大なアーティストに対するリスペクトが全く感じられない」
    「西城秀樹さんであろうがAviciiであろうが、遊びで死者をあのように扱うことが問題」
    といった反発の声が相次いで寄せられたのだ。

    「個人的には好き」「敬意が感じられる」

    一方で、作品のコンセプトに理解を示すユーザーも少なくない。あくまで、アーティストとしての功績を称える目的の作品だなどとして、「個人的には好き」「ロックスピリットからすると最高の敬意の表れだと思います」との好意的な声も目立った。

    会場でこれらのアートを目撃したフェス参加者の1人は、J-CASTニュースの取材に「(発見時は)びっくりしました」と説明。その上で、

    「2人は亡くなってしまったが、2人の音楽は死んでいないんだという運営側の敬意の気持ちが感じられるアートだと思いました。不謹慎だとは1ミリも思いませんでした」
    と振り返った。

    なおJ-CASTニュースでは、7月31日からフジロックを運営するスマッシュ(東京都港区)に対し、(1)骸骨アートを設置した意図は何なのか(2)遺族への許可は取っているのか――などについて取材を依頼しているが、3日13時までに回答はなかった。

    https://www.j-cast.com/2018/08/03335458.html?p=all

    no title

    【西城秀樹さんの「骸骨」は不謹慎か フジロック「追悼アート」に賛否(画像あり) 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/05/28(月) 08:52:45.87 _USER9
    25、26日に営まれた歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名木本龍雄=きもと・たつお)さんの通夜、葬儀・告別式の配布品が大手ネットオークションサイトに複数出品され、批判の声が上がっている。

    25日の通夜では一般参列者用にも祭壇が設けられ、2014年のコンサートの写真が入ったポストカードが配布された。ポストカードは2日間で2万枚用され、開始数時間前から多くのファンが列を作っていた。

    27日にこの配布品などが「お別れの会 祈念品一式」などとしてオークションに出品されており、数万円の高値がついている。ネットでは「転売するために参列したと思うとゾッとする」「人としてどうなの」「ポストカードは欲しいけど…」と批判が殺到。同一の出品者が多数出品しており、「どうやって、これだけの量を確保したのだろう?」と疑問の声も上がっていた。

    no title

    スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000062-spnannex-ent

    【西城秀樹さん葬儀配布品が“転売” ネットオークション多数出品に批判が殺到「人としてどうなの」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/05/25(金) 21:45:36.88 BE:292723191-PLT(19081)
    今月16日に急性心不全で亡くなった歌手西城秀樹さん(享年63)の通夜が今日25日、
    東京・青山葬儀所で営まれた。

    通夜の参列者には会葬御礼として、西城さんが73年から85年までCMに出演したハウス食品の「バーモントカレー」が配られた。
    会場の出口には、「バーモントカレー」の箱が味ごとに複数、用意され、関係者が参列者に配っていた。

    ハウス食品は、西城さんが亡くなった際「CMは大変好評をいただき、そのおかげもあって
    今日カレーライスが国民食とまで言われ、皆様に愛されるようになりましたものと 大変深く感謝しております」などと感謝と追悼のコメントを発表していた。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805250000734.html

    no title

    【西城秀樹さん通夜、会葬御礼は「バーモントカレー」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/05/20(日) 14:42:49.80 BE:448218991-PLT(13145)
    演出家でタレント、テリー伊藤(68)が20日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前10・0)に生出演。
    16日に急性心不全のため63歳で亡くなった西城秀樹さんを悼み、秘話も明かした。

     テリーは西城さんが還暦を迎えた後に会った際の会話を明かした。「実はね、山口百恵ちゃんは僕のことが好きだったんだよ。ラブレターもらったんだ」と西城さんがテリーに昔話を打ち明けたのだという。テリーが「すごいじゃないですか。付き合ったの?」と尋ねると、西城さんは「僕はその頃、女の子にそんなに気がなかったし、格好悪いと思って」と答えたという。テリーが「だったら、(百恵さんは)三浦友和さんじゃなくて秀樹さんと結婚してたの?」と畳み掛けると、「『そんなことないけど』って笑ってたけど」と語った。

     テリーは「『そのラブレター、ちょうだいよ』って言ったんですよね。そしたら 『それはなくしちゃったんだよ』って冗談っていうか、面白おかしくしゃべってくれたんだけど」と
    会話の顛末(てんまつ)を振り返りながら、「当時の芸能人の女の子たちがみんな(西城さんに) 憧れていた」と、大人気スターであった西城さんをしのんだ。

    geo18052013530018-p1

    http://www.sanspo.com/geino/news/20180520/geo18052013530018-n1.html

    【山口百恵さんが西城秀樹さんへラブレターを送っていた テリー伊藤が秘話明かす】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/05/18(金) 23:09:42.33 0
    西城秀樹の若い頃の映像が流れる度に
    だんだんファンになってる。
    歌いまいし、セクシーだったんだなー。

    ブレンダ(38歳)ID:WzJJW・10時間前
    http://www.ca-girlstalk.jp/talk/detail/955370

    メイ(31歳)ID:BTSFs・9時間前

    今現在チヤホヤされてるジャニーズの有象無象や無駄にイキってるザイルファミリーなんか到底足下にも及ばんのやなぁと思いました。
    昔の歌手は容姿も歌唱力も本物やったんやなぁと。
    若かりし日の西城秀樹をリアルタイムで見てた両親がうらやましいな。

    20170304224947b85

    【30代女「西城秀樹の若い頃の映像が流れる度にだんだんファンになってる」】の続きを読む

    1: muffin ★ 2018/05/18(金) 12:24:14.28 _USER9
    歌手・西城秀樹=本名・木本龍雄=さんが16日に急性心不全のため亡くなった。63歳。“秀樹の妹”のキャッチコピーで1980年に歌手デビューした河合奈保子(54)は17日、所属事務所を通じて「あまりにもショック過ぎて、、言葉がでません。秀樹さんに、ただただ、多くの感謝の気持ちをお伝えしたい想いでいっぱいです」と追悼のコメントを寄せた。

     河合は、当時西城さんが所属していた芸能プロダクション「芸映」が主催した「HIDEKIの弟・妹募集!!全国縦断新人歌手オーディション」で優勝し、芸能界デビューした。
    81年の「スマイル・フォー・ミー」でNHK紅白に初出場。82年の「けんかをやめて」が代表曲となった。大きな瞳に八重歯の愛くるしい笑顔で清純派アイドルとして人気を集め、グラマラスボディーでグラビアにも進出した。

     1996年2月にヘアメークアーティストのKさんと結婚。95年9月、自身が出演したCMでKさんがメークを担当したのがきっかけで、交際わずか5カ月でのゴールインだった。
    96年2月1日にはKさんとツーショットで結婚会見を開き、「お会いした瞬間に今までにない光がチラッと…。“この方だな”と思いました」と一目ぼれだったことを告白。
    Kさんについて、「人を思いやる心、家族に対しても深い愛情を持ってらっしゃる」と幸せいっぱいに語った。

     “妹”に先を越される形となった西城さんは当時、「よかったね。心からおめでとうと言いたい」と結婚を祝福していた。

     結婚を機にオーストラリアに移住し、2児の母。芸能活動は休業状態となっている。13年に歌手デビューしたkahoは娘。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/17/0011265824.shtml 

    no title

    【『秀樹の妹』河合奈保子「ただただ感謝」96年結婚、豪在住 】の続きを読む

    このページのトップヘ