中二病速報

    タグ:藤井フミヤ

    1: ストラト ★ 2018/10/26(金) 09:41:42.85 _USER9
    1983年9月21日にデビューし、92年に解散した7人組ロックバンド・チェッカーズの元メンバー、武内享(ギター)、大土井裕二(ベース)、藤井尚之(サックス)にバンド・アブラーズが、結成15周年を迎え、24日に大阪・なんばHatchで『アブラーズライブ2018 "Roots Of Groove』を開催した。
    そこにチェッカーズのリードボーカルで、ソロ歌手として活動している藤井フミヤがゲスト出演。
    4人ともデビューしてから35周年の節目をともに祝った。

    デビュー当時、最年少18歳だった尚之でさえも53歳。
    武内は56歳、大土井は55歳になり、年齢の話から武内は「昔話をするなら、俺よりも年上を呼ぶしかない」と、武内の10日前に生まれたフミヤをスペシャルゲストとして呼び入れると、場内は割れんばかりの歓声に包まれた。

    MCでは、35年の思い出と感謝をトークにのせた。
    チェッカーズのデビュー当時、「スーパーアイドルだった頃」(フミヤ)の楽曲の中で「何が好き?」(武内)という話になり、武内は「意外と、『あの娘とスキャンダル』が好き。ポップだったと思う」。
    ほかの3人は「ジュリアに傷心(ハートブレイク)」を推した。
    さらにフミヤは「いまとなっては『ギザギザハートの子守唄』も好き」といい、武内も「当時は抵抗あったけど、いま聴くとかっこいい」などと話していた。

    このトークの流れで、「涙のリクエスト」を演奏。
    さらに解散した年の夏に行った全国ツアー『Blue Moon Stone』のセットリストから「Hello」「運命-SADAME-」「誰もいないweekend」をメドレーで披露し、最後にフミヤが作詞、武内が作曲した「お前が嫌いだ」で会場を沸せた。

    曲間のMCでは、何かと「老い」をネタにしながらも、磨いてきた演奏技術をもって全力でパフォーマンス。
    「久しぶりにアブラで音を出すととっても楽しい」(武内)と、3人とも充実した表情を見せていた。
    アンコールの最後では再びフミヤが登壇し、チェッカーズの「BLUES OF IF」を演奏して、スペシャルな夜は幕を閉じた。

    アブラーズの面々は「あっという間の35年。
    これから何年続けられるかわかりませんが、死ぬまでと言っていおきたい」(尚之)、「3人とも音楽をやめることはないだろうし、俺らも解散する理由がない」(武内)、「健康には気をつけて。病気のないように頑張っていきたいですね。皆さんも」(大土井)と、ファンとの再会を期していた。
    アブラーズは、来年2月の終わりから夏にかけてツアーも決定している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000341-oric-ent

    デビュー35周年、結成15周年のアブラーズ。大阪・なんばHatch『アブラーズライブ2018 "Roots Of Groove』の模様
    no title


    チェッカーズ
    no title

    【デビュー35周年 フミヤ、トオル 元チェッカーズの4人が再集結「音楽をやめることはない」 】の続きを読む

    1: 47の素敵な 2018/05/16(水) 11:16:13.60
    藤井フミヤが完全にオッサンwww

    無題

    久々に見たら完全にオッサンになってて少し哀しくなった

    https://youtu.be/0KZhGGs23po



    声量もなくなってるし


    若き日の藤井フミヤ
    この独特の色気とカッコ良さはどこへ行った?

    https://youtu.be/L1lWsRgpDkk


    【【悲報】藤井フミヤが完全にオッサンwwwww 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 19:52:40.06 _USER9.net
    「ベンツがガレージに入っていたら、フミヤさんがいらっしゃってるとわかりますよ。でも、最近は見かけないですね……」(近隣に住む女性)

    東京・目黒区の閑静な住宅街にある藤井フミヤの自宅兼事務所は、'88年4月に建てられた。敷地は約110坪、地上3階、地下1階の豪邸で4台の車が駐車できる。

    その後、'03年にはほど近い場所に一軒家を建て引っ越すと、以降は事務所として長らく使用していた。しかし、最近は人が出入りしている気配がまったくないという。

    「“FOR RENT”の掲示が玄関口に貼られています。売ってしまったんでしょう。なぜ、あんなにイイ物件を売ってしまったのか不思議ですね。かなり昔のことですけど、ボヤ騒ぎを起こしてしまったことがあります。

    そのことで、フミヤさんがご近所の人たちに気を遣ってらっしゃったというのは聞いたことがありますね」(近隣に住む男性)

    周囲の目が気になってしまったということなのか。売却したのは昨年末のことだ。

    「フミヤさんが出て行ってから、家賃月300万円の賃貸物件として公開されていました。事務所利用に限るということだったんですが、借り手が見つかりませんでした。現在は、住居利用限定で土地と建物を含め、約10億円で売りに出されているそうです」(不動産関係者)

    環境はいいのだが、駅からはちょっと距離のある場所。オフィスに向いているとは言えないのかもしれない。

    「フミヤさんや事務所の社長は、かなり前から移転を考えていたそうです。現在は、港区内のとあるビルの4階に新しい事務所があります。約40坪で、家賃は55万円ほど。事務所としてはコンパクトですね」(芸能プロ関係者)

    10月下旬、ライブから帰宅したところを直撃した。黒いパンツにグレーのパーカーというラフな服装で、会場でもらった花束を抱えている。

    ─『週刊女性』ですが……。

    「え! は!? 俺、何かやったの……?」

    不倫騒動が続いているだけに、警戒されてしまったようだ。来意を伝えると、冷静に質問に答えてくれた。

    ─目黒区にあった自宅兼事務所の豪邸を昨年末に売りに出しましたよね?

    「売りましたよ。築28年で物件が古くなったので、売りに出しました」

    ─古くなったからとは?

    「ずっと使い続けようと思ってたんですが、雨漏りするようになって。修理して使っていたんだけど、直し続けていくのはお金もかかるし大変なんですよ」

    ─ボヤ騒ぎがあったことを気にしていたという話を聞きましたが……。

    「あー、そんなこともありましたね。カミさんが天ぷらを揚げていてセコムが煙に反応しちゃったんです(笑)。家を買った当初の話で、今回の売却には関係ないですよ」

    たまたま売却の話がまとまったのだという。ただ、事務所が狭くなってしまったのは不便ではないのだろうか。

    「今の事務所は前より全然狭いですよ。ただ、だんだん仕事の規模は小さくなってきています。もうちょっとこぢんまりした事務所にして動きやすくしたほうがいいんじゃないかと思ったんですよ」

    アイドルからアーティストになり、仕事の進め方も変わってきたのだろう。現在9月から始まったコンサートツアーの真っ最中で、どの会場も満席。フジテレビアナウンサーとして活躍する息子の弘輝に負けてはいられないのだ。

    画像
    20161101-00008418-jprime-000-view

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161101-00008418-jprime-ent

    【藤井フミヤが目黒区内の豪邸を約10億円で売り出すに至った切実すぎる事情とは】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/09/21(水) 05:17:40.28 _USER9.net
    歌手、藤井フミヤ(54)の長男でフジテレビに今年入社した藤井弘輝(こうき)アナウンサー(24)が、初レギュラーとして10月から情報番組「めざましテレビ」(月~金曜前5・25)に出演することが20日、分かった。

    毎日出演するという新人男性アナでは異例の抜てきで、冠コーナーを持つことも決定。
    サンケイスポーツの取材に「朝から笑顔と元気を与えられれば!!」と新人らしく全力投球を誓った。

    4月に入社したばかりの藤井アナが、早くも大役を射止めた。

    10月3日からフジの看板番組「めざましテレビ」の全曜日に出演することが決定。
    月~水曜は「めざまし」のほか、「めざましテレビ アクア」(月~金曜前4・0)のニュースコーナーも務める。
    木曜は話題のニュースを掘り下げる人気コーナー「ココ調」を担当。
    金曜には冠コーナー「藤井アナの何でもやってみます!」が新設され、最新絶叫マシンや寒中水泳など旬の出来事に体を張って挑む。

    同局の新人男性アナが「めざまし」の全曜日に出演すること自体、異例の大抜てき。
    同番組では、父のフミヤが2005年にテーマ曲「手のひらを太陽に」を手がけ、番組オリジナルキャラクター「めざまし太陽」をデザインするなど、実は父とも縁が深い。

    父から「覚悟をもって、気合を入れてやれよ」とエールを送られたという藤井アナ。
    「めざまし」抜てきは「正直、驚きました」とプレッシャーを感じつつも、新コーナーに向けて「体力には自信がある。新人らしく、何事にも全力で一生懸命取り組みたい。
    僕の姿を見て笑ってくれれば」と、やる気満々だ。

    学生時代に趣味でドラムをたたいていたという藤井アナは、新コーナーで親子共演?に「あるかもしれないですね」とニヤリ。父のことも率直に話す、飾らない人柄が彼の魅力でもある。

    早起きは得意だというが、深夜に起床する生活に備えて「生まれて初めて目覚まし時計を買った」と告白。
    「元気を与えられるアナウンサーになりたい」と、さわやかに言い切った。

    目標は、“アミーゴ伊藤”こと同局の先輩、伊藤利尋アナ(44)。
    看板番組で力をたくわえ、フジの看板アナに成長する!!

    ・10月から「めざましテレビ」にレギュラー出演する藤井弘輝アナ。父とはまた違う魅力で、視聴者に元気を届ける!!
    画像
    no title

    no title

    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20160921/geo16092105050012-n1.html

    【藤井弘輝アナ『めざましテレビ』初レギュラー!父・フミヤ「気合い入れてやれよ」】の続きを読む

    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/08/13(水) 01:16:44.84 ID:???0.net
    昨年デビュー30周年とソロデビュー20周年を迎えた歌手藤井フミヤ(52)が12日、都内で、16日からスタートする全国ツアーの公開リハーサルを100人のファンを迎えて行った。

     藤井は「初日の緊張がなくなるのはこの公開リハーサルに来てくれた皆さんのおかげ。
    結構いい選曲。楽しいツアーにしたい」と抱負を語った。

     また「ロックから踊れる曲、バラードまでいろんな藤井フミヤが満載。藤井フミヤフルコースでお届けします」。

     12月31日には東京・日本武道館でカウントダウンライブを行うことも発表。
    「年末の武道館まで突っ走ります」と語った。

    画像
    ga-20140812-f-fumiya-ns-big

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140813-00000004-nksports-ent 
     
    【デビュー30周年の藤井フミヤ 大晦日に武道館ライブを行うと発表】の続きを読む

    1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/07/22(火) 13:52:16.63 ID:???i.ne

     元チェッカーズ鶴久政治が、7月13日に放映された『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)の2時間スペシャル『夏の芸能人かえうた祭』に出演した。
    この日、鶴久はリードボーカルとして『ジュリアに傷心』の替え歌『鶴久の嫉妬心(ジェラシーハート)』を披露。“サイドボーカルの悲しみ”をテーマに歌い、会場の笑いを誘った。

     チェッカーズといえば、1984年には『ギザギザハートの子守唄』『涙のリクエスト』『哀しくてジェラシー』が3曲同時にベストテン入り。
    前髪を垂らし、後ろは刈り上げる“チェッカーズカット”を全国の中高生がマネし、社会現象となったアイドルグループだった。その後も、『星屑のステージ』『夜明けのブレス』『ミセスマーメイド』などヒット曲を連発し、1992年、惜しまれながらも解散した。

     チェッカーズ解散後、リードボーカルの藤井郁弥(現・フミヤ)はソロとして大活躍している。では、鶴久と高杢禎彦という2人のサイドボーカルコンビはどうだったのか。
    解散当初は、高杢はバラエティやドラマを中心に、鶴久政治は音楽活動も続けながら、バラエティにも出演していた。『夜もヒッパレ』(日本テレビ系)などで、高杢と鶴久2人揃って熱唱するなど、チェッカーズ時代と変わらぬ息のあったところも見せていた。

     だが、最近、鶴久は『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に“片付け男子”として度々出演するなどテレビで顔を見掛ける機会が増えているが、高杢の姿はあまり見る機会がない。なぜだろうか。芸能担当記者が語る。

    「チェッカーズ解散後、2人は同じ事務所に所属していたこともあり、セットでの出演が多かった。でも、今は別々の事務所ということもあり、共演が減っています」

     それだけでなく、別の事情もあるという。テレビ局関係者が話す。

    「世間は、どうしても『チェッカーズ=フミヤのいたバンド』というイメージを持ちます。逆に言えば、『元チェッカーズ』の看板を引っ提げてテレビ出演する場合、何らかの形でフミヤには触れざるを得ない。
    事実、『からくり~』の替え歌でも、鶴久はフミヤという単語を出していたし、フリートークでもフミヤの話題が出ました。

     そうなると、当然の帰結として、2003年に暴露本を出版し、フミヤを痛烈に批判した高杢は、バラエティ番組では使いにくい。フミヤについて触れづらいし、なにか言った所で笑えませんからね」

     実際、高杢は暴露本の出版以降、テレビ出演が大幅に減っている。今、いったい何をしているのだろうか。前出・芸能担当記者が話す。

    「主に講演会の仕事をしています。埼玉県の制作する道路使用適正化に関するビデオにも出ていますね。ちなみに、今年初めてのホームページ更新は、5月30日。『ご無沙汰してます!』というタイトルで、都内の高校のPTAを対象とした講演会の案内でした」

     高杢が再びテレビで活躍する日は来るか。

    画像
    t11050523571570

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140722-00000011-pseven-ent

    【チェッカーズのサイドボーカル 鶴久と高杢が共演しない理由】の続きを読む

    このページのトップヘ