中二病速報

    タグ:芦名星

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/16(水) 06:01:53.75 _USER9
     9月14日、東京都新宿区の自宅マンションで亡くなっているところが発見された女優・芦名星さん(享年36)。ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)シリーズや『テセウスの船』(TBS系)に出演し、抜群の存在感を放っていた。

    芦名さんのものと思われるインスタの中身
    「2002年にモデルでデビューして以来、ドラマや映画、舞台などでも幅広く活躍してましたね。出演作も多く、2019年にはドラマ『W県警の悲劇』(BSテレ東)でゴールデン帯初主演を務めていました。突然の訃報に言葉が詰まります」(スポーツ紙記者)

     活躍する彼女の突然の死に、SNS界隈では悲しみの声が相次いでいた。9月15日発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)では「貴石の女」というタイトルで、抜群のプロポーションを披露し、インタビューでは、今いちばんやってみたいと思うことについて、

    《いっぱいありすぎて悩みます。ドラムもやりたいし、アクションのお芝居もやりたい。それに最近は日本酒も勉強中です。一度やり始めるととことん突き詰めたい人で、例えばネイルは10年以上ずっと自分でやっているんです。あとは手紙を書くことも好きで、お礼状なんかは絶対に手書きにしていて。便箋も和紙から選んだりしています》

     と語り、自ら命を落とすことすら想像もできないほど、“未来”を語っていた。

     芦名さんには、公式にしているブログやツイッターはない。昨今の自殺報道はSNSと誹謗中傷を結びつける傾向にあるが、彼女の場合、誹謗中傷に苦しんでいたという見方は薄い。だが、芦名さんのものと思われるインスタグラムのアカウントが見つかったのだ。

     そのアカウントの投稿には、勉強中である日本酒について、その味わいを丁寧(ていねい)に説明したものや、ドラムの写真、10年以上している趣味のネイル、徳利の傍らに添えられた桜柄の便箋などがあった。まさに、前出のインタビューで彼女が語っていたものばかりだ。そして、出身地である福島への愛や、家族への感謝の言葉も綴られている。

     そんな投稿の中には、ドラマ『ブラッディ・マンデイ』(TBS系・'08年と'10年)で共演した三浦春馬さんに向けたかと思うような記述もあった。

    《私の心の中の友へ 一緒に乾杯しよ》

     との投稿と併せて「なんどでも 笑おう なんどでも 泣こう」とメッセージを添えている。

     また、三浦春馬さんの四十九日の翌日である9月5日には、

    《そっちはどう? こっちはなかなか(笑) 会いたい。 ふつーに会いたいょ(泣き顔の絵文字)》

     という投稿があった。

     そして気になる、最後の投稿となった言葉は、たったひと言、『バルス』だった。そこには、芦名さんが生前、大好きだと言っていたジブリ映画『天空の城ラピュタ』で知られる「青の飛行石」のネックスレス写真も添えられている。

    「『天空の城ラピュタ』の中で、バルスとは“滅びの呪文”として使われました。インターネットの世界では、崩壊や破壊という意味で使われることもあります」(ITジャーナリスト)

     彼女に一体、何があったのか。あまりにも突然の死を受け入れられないまま、ただただ時間だけが過ぎていく……。

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200915-00018912-jprime-ent

    no title

    no title

    no title

    【芦名星さん “非公式インスタ” 最後の言葉と、三浦春馬さんを思わせる投稿】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/16(水) 05:08:06.49 _USER9
    14日に東京都新宿区内の自宅マンションで亡くなった状態で発見された女優の芦名星さん(36)が、7月ごろから友人に「死にたい」と漏らしていたことが15日、分かった。また、今年に入って酒量も増えていた。現場の状況から警視庁は自殺を図ったとみており、理由は分かっていないが、何か悩みを抱えていた可能性がある。

     芦名さんの友人は「7月ごろから“死にたい”と口にするようになった」と明らかにした。

     友人によれば、三浦春馬さん(享年30)の悲報を知ったタイミングでもあった。「みんなが心配して気にかけていたが、最近はそうした言動もなくなっていて、もう大丈夫だと思っていた。その直後に訃報を聞いて、信じられなかった」と話した。

     悩みを打ち明けることはなかったという。「継続した悩みがあったところに、最近また別の何かがあったんだろうと思う。普段は明るくて、こちらが元気づけられるぐらい。周囲に心配をかけたくなかったのかな」と肩を落とした。

     私生活でも変化が見られていた。2月ごろに食事をした別の知人は「お酒の飲み方が変わり、あおるように飲んでいた。どこかやさぐれている感じもした」と明かした。

     お酒は好きで、最近も「日本酒を勉強中」と語っていた。作品の打ち上げでは、場を明るく盛り上げながらお酒を楽しむタイプ。それだけに知人は「何かあったのかなとは思ったが…。変化に気づいていながら、助けてあげられなかった」と無念さをにじませた。

     仕事は順調で、出演が決まっていたドラマもある。知人は「仕事やお金が原因ではない」という。ドラマ関係者は「現場では本当に完璧な女優さん。凄く良い子だったからこそ、仕事仲間には悩みを見せたくなかったのかもしれない」と悔やんだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/108f023b09ccd060e865b7ae8dc2f71bc6153194

    no title

    【芦名星さん 友人に「死にたい」7月ごろから漏らしていた 悩み抱えていた可能性も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@涙目です。 2020/09/15(火) 06:16:27.64 _USER9
    芦名星さん、自殺か 自宅で首をつっている状態…親族が発見 36歳衝撃の幕引き
     
     女優の芦名星さんが14日午前、東京都新宿区の自宅マンションで死亡しているのを親族が発見したことが、同日分かった。36歳。関係者によると首をつっている状態だったという。遺書は見つかっていない。警視庁は自殺とみて調べている。芦名さんは、10月開始のテレビ朝日系ドラマ「相棒 season19」などに出演。雑誌グラビアにも登場するなど、精力的に活動していただけに、突然の訃報に衝撃が走った。  

     また芸能界に悲報がもたらされた。多くのドラマや映画などで存在感のある演技を見せていた芦名さんが、急逝した。

     所属事務所のホリプロによると、14日午前、東京都新宿区の自宅マンションの室内で亡くなっているのを親族が発見した。死因については「現在、調査中です」としたが、捜査関係者によると、首をつった状態で、自殺を図ったとみられる。警視庁が詳しく調べている。現場付近では当時、男性の泣き叫ぶような声が聞こえた後に、救急車や警察車両が到着。周辺は騒然となったという。近隣住民の女性は「洗濯物を干していると、ベランダ越しにあいさつをするような人」と気さくな人柄に言及。「女優さんとは知らなかった」と驚いた様子だった。

     芦名さんは、10月スタートのテレビ朝日系「相棒 season19」に出演。放送開始を待つ状況だった。関係者によると、今後も映画やドラマの出演が決まっていた。また、この日発売された「週刊プレイボーイ」では、グラビアで入浴シーンを披露。仕事は順調そのものだった。

     ホリプロは同日夜、公式サイトで「訃報」として芦名さんの急逝を報告。把握している事実関係を記すとともに「こうしたご報告を差し上げることは大変辛く、悲しく、残念でなりません。大切な仲間の突然の訃報に接し、所属タレント・社員共に、今はまだ現実を受けとめることすら出来ない状態です」と、ショックの大きさをつづった。

     福島県郡山市出身の芦名さんは、02年にモデルとしてデビュー。06年以降は女優に専念し、ドラマ、映画を中心に活躍してきた。主な出演作は、NHK大河ドラマ「八重の桜」や「相棒」、「テセウスの船」など。今年1月公開の映画「AI崩壊」にも出演した。

     演技力を高く評価され、しっかりとキャリアを積み上げていた中での死。あまりにも突然に、実力派女優が生涯の幕を下ろした。

    デイリースポーツ 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b913cef23d006ce87727765f8cffb9878a9680ed  

    20200915-00000003-dal-000-4-view

    【芦名星さん、自殺か 自宅で首をつっている状態 現場付近では男性の泣き叫ぶような声が聞こえた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/14(月) 23:41:42.58 _USER9
    死亡した芦名星さん 14日発売「プレイボーイ」グラビアに登場 「フラッシュ」では大胆下着姿披露

    多くのドラマ、映画で活躍していた女優の芦名星さんが14日朝、東京都新宿区の自宅マンションで死亡しているのを訪ねてきた親族が発見した。
    36歳だった。所属事務所が発表した。事件性はなく、警視庁で自殺とみて調べている。

    捜査関係者によると、芦名さんは室内でひも状のもので首をつった状態だったといい、死後しばらく経過していたという。
    午前6時半ごろ、発見した親族が119番した。遺書はなかったが、状況から自殺を図ったものとみて、動機など詳しい状況について慎重に調べている。
    芦名さんは1人暮らしだったとみられる。調べでは、芦名さんに対するSNSなどによる誹謗(ひぼう)中傷は現段階で確認されていないという。

    芦名さんは福島県郡山市出身。最近は週刊誌のグラビアでも活躍。
    14日発売の週刊「プレイボーイ」のグラビアに登場。

    写真誌「フラッシュ」(9月8日号)でも大胆な下着姿を披露し、誌面では「もともと下着が大好きなんです。いつか自分で下着をデザインしてプロデュースしたい」などと語っていた。

    趣味のラーメン屋巡りにも触れ、「酒を飲んだ後はだいたいラーメンを食べる。辛い系が好き」などと答えていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0820701c1dba1538fec9fd8822fced354e8c4401 

    20200914-00010045-chuspo-000-3-view

    【死亡した芦名星さん 14日発売「プレイボーイ」グラビアに登場「フラッシュ」では大胆下着姿披露】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/09/14(月) 16:44:38.47 _USER9
    女優でモデルとしても活躍する芦名星が、9月14日までに亡くなっていたことがわかった。死因については不明だが、今日の午前中に自宅マンションで亡くなっているところが発見されたという。関係者の証言によると自殺とみられる。享年36。

    【写真】小泉孝太郎のマンションからマスクをせずに出かける芦名星の全身姿
    no title

     芦名は、つい最近も雑誌のグラビアで登場。昨年にはドラマ『W県警の悲劇』(BSテレ東)で主演を務めたほか、今年1月スタートのヒットドラマ『テセウスの船』でも物語の上で鍵となるパート勤務女性を演じるなど女優として活躍の幅を広げていた。

     昨年には、俳優の小泉孝太郎(41)との熱愛が報じられていた。女性セブンは、ゴールデンウィークの最終日、東京の湾岸エリアで小型犬を連れて散歩する2人の姿をキャッチ。散歩を終えるとふたりは、孝太郎の自宅マンションへと帰っていった。

     孝太郎と芦名の仲睦まじい姿は、当時は何度も目撃されていた。例えば、東京・西麻布のバーでふたりが肩を並べて飲んでいたのは昨年4月中旬のこと。常連客は当時の取材に対し、「この店は孝太郎さんの行きつけで、最近、芦名さんとよく来ていますよ。オープンなバーなのでさすがにふたりっきりはなく、彼の知人と一緒に来ています。ふたりはカウンターに隣同士に座り、ずっと話していて、かなり仲のいい雰囲気でした」と語っていた。

     2人は、2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』で共演。2019年1~3月期のドラマ『グッドワイフ』(TBS系)で再び共演し、親密な関係になったのではないかと報じられていた。

     警視庁では現場の状況や死因などを慎重に調べているという。女優としてこれからの活躍が期待されていただけに、今回の訃報は関係者に大きな衝撃を与えている。

    NEWS ポストセブン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/92ef1a12767c7d5a589d7e13d7feeb501e385aef


    【芦名星さん、自殺か 昨年は小泉孝太郎との熱愛報道も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@1周年 2020/09/14(月) 16:11:19.79
    数多くのドラマや映画に出演していた俳優の芦名星さんが、14日、東京都内の自宅で
    亡くなっているのが見つかりました。36歳でした。警視庁が詳しい状況を確認しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200914/k10012617341000.html 

    d_13694346


    【【訃報】女優の芦名星さん、自宅で亡くなっているのが見つかる 36歳】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: muffin ★ 2019/05/08(水) 19:39:01.83
     10連休の最終日、東京の湾岸エリアを、小型犬と散歩するマスク姿の男女がいた。リードを持つ女性の後ろを、男性が追いかける。時折周囲を警戒するこのふたりは、小泉孝太郎(40才)と芦名星(35才)。散歩を終えるとふたりは、孝太郎の自宅マンションへと帰っていった。

    その3日前、孝太郎は自身がパーソナリティーを務める、ラジオ番組『Antenna K』(bayfm78)で、「GWにドラマの撮影が入っていないのは久しぶり。残り3日、東京で楽しもうと思います」と話していたが、楽しむ相手が、芦名だったのである。

    実は、孝太郎と芦名の仲睦まじい姿はこの1か月で何度も目撃されている。例えば、東京・西麻布のバーでふたりが肩を並べて飲んでいたのは4月中旬のことだった。

    「この店は孝太郎さんの行きつけで、最近、芦名さんとよく来ていますよ。オープンなバーなのでさすがにふたりっきりはなく、彼の知人と一緒に来ています。ふたりはカウンターに隣同士に座り、ずっと話していて、かなり仲のいい雰囲気でした」(常連客)

     さらに件のラジオ番組の前日の夜には、都内の有名鳥料理店で孝太郎の知人らと、グループデートを楽しんでいた。その日、芦名は孝太郎の自宅に帰っていった──ふたりはどういった関係なのか。

    孝太郎と芦名は2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』で共演。今年1~3月期のドラマ『グッドワイフ』(TBS系)では、芦名が孝太郎の“元カノ”役としてゲスト出演をしていた。

    「7年ぶりの共演だったようです。それまでふたりが私生活でも仲がよいと聞いたことはない。『グッドワイフ』で再会したことで、親密な関係になっていったのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)
    (続きはソースをご覧下さい)

    https://www.news-postseven.com/archives/20190508_1367979.html 

    koizumi_kotaro_01

    koizumi_kotaro_04

    koizumi_kotaro_06

    koizumi_kotaro_09

    koizumi_kotaro_13


    【【女性セブン】小泉孝太郎、女優の芦名星と連泊愛 愛犬を連れてデート撮 】の続きを読む

    このページのトップヘ