中二病速報

    タグ:羽生結弦

    1: Egg ★ 2019/02/25(月) 23:49:56.14
    ものまね芸人の羽生ゆずれない(24)が25日、自身のツイッターを更新。「あいきけんた」に改名すると発表した。

    約1万2000件の応募があった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000151-spnannex-ent

    no title

    【ものまね芸人・羽生ゆずれない「あいきけんた」に改名! 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/22(金) 14:25:42.89
    プロフィギュアスケーターでタレントの村上佳菜子(24)が、フィギュアスケート選手の羽生結弦(24)について失礼な発言をしたと、多くの羽生ファンから批判を浴びたようだ。

    この発言があったのは、2月15日放送の『中居正広のキンスマスペシャル 村上佳菜子大ブレイクの真相!』(TBS系)でのこと。
    今回の放送は、2017年にフィギュアの現役生活を引退し、半年後にはテレビのレギュラー番組を獲得するなど、18年度上半期でもっともブレイクしたといわれる村上の人気の秘密に迫るというもの。

    進行役の安住紳一郎アナ(45)がブレイクの秘密として、現役時代に出会った羽生結弦の影響があると紹介すると、村上は羽生について「私、同い年なので、ずっとジュニアの下のノービスってところからずっと(フィギュアを)やってきて」「世界ジュニアも2人でアベック優勝していた」と振り返った。

    そこでMCの中居正広(46)が「どんな子だったんですか、羽生くんは?」質問すると、
    村上は「あの?すごい、言うのが嫌なんですけど……」と困った様子を見せ、「昔はナルシストだと思ってました」と告白。
    「滑ってるとき、“俺を見て”って感じをすごい演技から感じてて。昔、ナルシストって私が思ってた部分は、アピールするだったり、誰かに勝ちたいっていう気持ちが誰よりも強かったと思いますね」と続けた。

    さらに、村上は羽生結弦は「有限実行タイプ」であるところがすごいとし、「大丈夫? それできる?」と心配してしまうような目標を公言するが、次の試合でそれを上回るぐらいの結果を出すと説明。プレッシャーをかけて試合に臨むことは、「私はミジンコのハートなんで無理です」と、羽生と自分には決定的な差があったと明かした。

    そんな羽生へのリスペクトを語っていた村上だったが、羽生ファンは「ナルシスト」という言葉に強く反発。
    ツイッター上で「羽生さんがナルシストだなんていっさい思わない」「まったく的外れな言い回しやね」「羽生選手馬鹿にするのもいい加減にしなよ」などと、手厳しい批判の声が相次いでいた。

    日刊大衆
    http://dailynewsonline.jp/article/1702443/

    pic_entame_01_180216_1


    【村上佳菜子「羽生結弦はナルシスト」発言に批判殺到 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/16(土) 23:31:52.22
    フィギュアスケート・羽生結弦のものまねタレント、羽生ゆずれないが16日、公式ツイッター、インスタグラムで改名することを発表した。新芸名はSNSなどで一般公募するという。

     ゆずれないは昨年12月13日発売の週刊文春で、『小塚崇彦 “羽生芸人”と女性ホテル連れ込み』との見だしで、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦とホテルで美女2人と過ごしたことが報じられた。報道直前には小塚と妻で元フジテレビアナウンサーの大島由香里と離婚に向けて話し合いをしていることが明らかになっていた。

     ゆずれないのツイッターの更新は「記事に書かれているような女性との関係など事実無根」と報道について説明した昨年12月12日以来、2カ月ぶり。「お久しぶりです!しばらく放置していて申し訳ありませんでした!色々と考えた結果ですのでよろしくお願いします!」と久々の更新を詫び、改名を発表した。

     所属事務所からの説明文も添付されており、「本人、事務所サイドでこの数ヶ月間、幾度となく話し合いを重ね」た上での改名とした。

     芸名は16日から24日まで、事務所とゆずれないのSNSで公募する。

     小塚との夜遊び報道を受け、ゆずれないのコメント欄には「名前変更して下さい」「むかつく」「芸名を変えてください」などと、不名誉な件で“羽生”の名前が取り上げられることに怒りのコメントが日本語、中国語、英語などで殺到し、炎上していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000145-dal-ent

    no title

    【羽生ゆずれない 改名を発表!小塚との夜遊び報道で“芸名変えろ”怒りのコメントが日本語、中国語、英語で殺到... 】の続きを読む

    1: メアリー ★ 2018/12/28(金) 23:52:57.24 _USER9
    ビートたけしと笑福亭鶴瓶が『チマタの噺SP』出演 高梨沙羅や羽生結弦に暴言連発

    今回で4年連続、年末の恒例となっている、ビートたけしと笑福亭鶴瓶が1年を独自視点で振り返る『チマタの噺SP』(テレビ東京系)が26日深夜に放送された。

    この日も「たけし節」は健在。あまりに過激な発言の数々に賛否が起こっている。

    ■スポーツ界を斬る
    芸能界の不倫騒動、不祥事など1年を振り返っていく中で、若手の台頭が著しいスポーツ界の話題に。

    メジャーで活躍する大谷翔平選手が挑戦した右肘靱帯の再建手術「トミー・ジョン手術」を引き合いに出し、自身の股間やセクシー男優・加藤鷹の中指にも「手術すれば元気になる」と発言し大暴れ。

    冬季オリンピックの話題から、スキージャンプの高梨沙羅を「整形しただろ」、フィギュアスケート・羽生結弦選手を「ホモだろ」と暴言を連発し、鶴瓶を慌てさせた。

    ■前澤社長と剛力彩芽
    日産自動車のカルロス・ゴーン会長の金融商品取引法違反に触れ、「100億を50億に誤魔化さなくてもいいじゃねえか」とチクリ。資産家繋がりでZOZO・前澤友作社長と女優・剛力彩芽の交際にも言及していく。

    たけしは「剛力の目が好きだった」と剛力への好意を明らかにしながら、前澤社長には「ドジョウみたいなヒゲ生やして。金持ってなきゃ相手にされないだろ?」と歯に衣着せぬ持論を展開した。

    ■たけしの暴言には賛否
    たけしならではの毒舌が光ったものの、「言いすぎ」「不快」と批判的な声も散見された。それでも、コンプライアンスを無視したようなたけしの痛快な語り口を楽しんだ視聴者も多いようだ。

    たけし鶴瓶の番組w
    たけしの暴走トークwwww

    ― うま (@motuumauma) December 26, 2018

    たけしの暴言酷いw#巷の噺

    ― かぶちょ (@kabutyo_jp) December 26, 2018

    たけしさんめちゃくちゃ叩かれそうなことばっか言ってて相変わらず最高www

    ― うめぼしマン (@umeboshiman775) December 26, 2018

    チマタの噺のたけし流石(о´∀`о)

    ― ますた- (@sinyamaster) December 26, 2018

    ■7割近くは「たけしが好き」
    しらべぇ編集部で20~60代の男女1,474人を対象に調査したところ、65.1%がビートたけしに好意的な感情を持っていることが明らかとなった。

    毒のある笑いはたけしの大きな魅力のひとつ。それも含めてたけしを支持する層は多い。この日はいささか暴走気味だったとはいえ、たけしファンにとっては大満足の放送となったはずだ。

    しらべぇ 
    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161941455/ 

    thumb-12189-20161941455-item


    【ビートたけし大暴走「ZOZO前澤社長は金なきゃ相手にされない」「羽生結弦は…」 】の続きを読む

    1: ほニーテール ★ 2018/08/11(土) 12:12:04.33 _USER9
    「この度、弊社所属の斉藤和義が7月16日の仙台公演中のMCにおいて羽生結弦さんのイメージを損なうような話をしてしまい、ご本人またファンの方々に不快な思いをさせてしまった事をお詫び致します」

     こんな文章が斉藤のホームページに掲載されて久しい。どのメディアも取り上げないのは「おそらく気付いていないから」(スポーツ紙記者)。一体何があったのか?

     ある女性ファンによると、斉藤はコンサートツアーのMCでは必ず“妄想トーク”を行うそうで、この日は宮城県出身の羽生と女優の鈴木京香を登場させ、ストーリーを展開したという。

    「まずかったのは、その妄想トークが下ネタ方面にいったことです。たしか羽生くんと京香さんが仙台市内で偶然出会い、そのままショッピングを楽しむという設定だったと思います。立ち寄った服屋で羽生くんが試着するのですが、その“お手伝い”を京香さんが行い、ズボンを脱ぎ捨てた羽生くんのアレを彼女が…という途方もない内容でした」

     とはいえ、妄想エロトークは斉藤ファンの間ではおなじみ。古参ファンは「いつものこと」と気にも留めなかったが、その内容がSNS上で拡散されたことで羽生の熱心なファンの目に止まってしまった。

    「結果、斉藤サイドには羽生ファンから『いくらなんでも酷い!』『下品な話に結弦を絡めないで!』などの猛抗議が寄せられた。コンサートを行った場所が羽生選手の地元ということもあり、事務所は謝罪コメントを出すしかなかった」(前出スポーツ紙記者)

     それにしても恐るべきは、ネットニュースにもなっていない話を聞きつけ、猛抗議する羽生ファンのエネルギーだ。週刊誌記者によると「羽生選手と浅田真央選手はフィギュア界では別格。実績だけでなく、熱心なファンが付いていることでも知られ、マイナスな記事を書こうものなら、翌日には鬼のように抗議電話がかかってくる。斉藤サイドも報復を恐れ、大ごとになる前に謝罪したのかもしれません」という。

     斉藤の所属事務所は前出の文章で「MCの中での空想話であれ、不快な思いをした方々がいらっしゃるのは申し訳のない事だと反省致しております。斉藤和義も今回の件に対して猛省致しております。今後このような事が起こらないよう注意喚起を行ない、コンサート会場にいらした皆さまには、音楽を楽しんで頂けるようスタッフ共々心掛けるよう努めて参ります」と宣言。

     さすがのロックンローラーも“ユヅリスト”には勝てなかったようだ。

    lp_5_DSC_3984_590

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0810/toc_180810_2868152726.html

    【斉藤和義がHPに謝罪文掲載!妄想MCに批判殺到「羽生結弦と鈴木京香が…」】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/07/02(月) 13:28:54.00 _USER9
     フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=が2日、首相官邸で行われた国民栄誉賞授与式に出席した。23歳での受賞は個人としては史上最年少で、スケート界からは初めて。凛々しい紋付き袴姿で出席した羽生は、安倍首相から表彰状と盾を笑顔で受け取った。

     表彰式後の羽生の一問一答は次のとおり。

     -感想は?

     「こういった賞は自分だけで取れるものではないし、ここまで切り開いてくださった方がたくさんいる中で、こうやって代表として僕は環境にも恵まれながら頂いた賞だと思うので、本当のこの賞と皆様の期待とともにこれからも進んでいきたい」

     -袴姿だった。

     「袴は、仙台平という人間国宝でもある甲田様(甲田綏郎)が直々に贈ってくださったもので、伊達藩の藩主の方々が使っていたこともあって、非常に素晴らしいものです。自分はあまり詳しくないのですが、本当に快適に身につけさせて頂いています」

     -紋付き袴?

     「はい。一応、羽生家の紋でつけさせていただきました」

     -記念品は辞退したが?

     「自分の中で、皆様を代表してって気持ちがすごくあり、皆様とだからこそ取れた賞という気持ちがすごくあったので、僕個人の気持ちはあまり出したくないなと。そういう意味でも記念品は辞退させて頂きました」

     -今後の目標は?

     「やはり競技会に向けてしっかりとまずは準備していくことが大事。ケガの具合も少しずつ良くなってきて、できるジャンプ、技も増えてきている。自分の体と相談しながらこれから試合へ向けて、準備を着々と進めていけたら」

     -最年少の受賞となる。

     「自分の中ではあまり、最年少という気持ちは大きくない。ずっと自分の気持ちの中では、ここまで応援してくださった方も含めて、皆さんの思いがこの背中を押してくださったと思っている。
    最年少っていうより、皆さんがそばにいてくれて、自分が受け取ることができたのかなって思います」

     -受賞者としてどんな人生を送りたいか?

     「昨日までアイスショーなどを行ってきた。その中、受賞が決まったときにたくさんの方からおめでとうという言葉を頂いたし、日本の方だけでなく、一緒にアイスショーで滑っていた海外のスケーターの方々からもおめでとうという言葉を聞けたのがすごく印象的だった。やはり日本人として誇りを持って、日本だけじゃなく海外にも目を向けてスケーターとして滑っていきたい。海外の方から見ても素晴らしい賞であるからこそ、せっかく頂けた賞の名を背負って、いろんな活動のきっかけとなるような機会になればと思っている」

     今年2月の平昌五輪での金メダルは大きな試練を乗り越えての快挙だった。昨年11月、4回転ジャンプの着氷に失敗し、右足首を故障。約2カ月、氷上で練習ができず、一時は出場すら危ぶまれた。
    しかし約4カ月ぶり実戦となる夢舞台で劇的な復活を果たし、66年ぶりにフィギュア男子の五輪連覇を達成。苦難を乗り越え日本勢の大会金メダル第1号を手にした姿に、日本中が感銘を受けた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000061-dal-spo

    no title

    no title

    no title


    続く

    【羽生結弦選手に国民栄誉賞授与 記念品は辞退】の続きを読む

    このページのトップヘ