タグ:羽生善治

    1: あずささん ★ 2018/02/17(土) 12:30:10.95 _USER9
    ソース/朝日杯将棋オープン戦中継サイト
    http://live.shogi.or.jp/asahi/index.html

    棋譜
    http://www.asahi.com/shougi/asahicup_live/?ref=jsa

    no title

    注目の初対決は藤井聡太五段が勝利!羽生善治竜王下す
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00010006-abema-soci 【藤井聡太五段が勝利!羽生善治竜王下す】の続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2018/01/16(火) 18:16:41.35 _USER9
     将棋の羽生善治竜王(47)が16日、都内で行われた第30期竜王就位式に出席。竜王戦ランキング戦6組優勝者として出席した中学生棋士、 藤井聡太四段(15)と、式の前に会見に臨んだ。羽生と藤井が公の場でツーショット姿を見せるのは初めて。

     羽生は昨年12月に当時の渡辺明竜王(33)との竜王戦7番勝負を4勝1敗で制し、竜王在位を通算7期として永世竜王の資格を獲得。規定のある
    全7タイトルの永世資格を史上初めて獲得した。その快挙を称えられ、将棋界では初めてとなる国民栄誉賞の受賞が今月5日に決定。はかま姿で登場した
    羽生は「対局直後は実感がなかったのですが、きょう就位式を迎えて、獲得することができたんだということを実感しています」と感慨深げに話した。

     藤井は加藤一二三・九段(78)とのデビュー戦、公式戦新記録の29連勝を達成した増田康宏五段(20)戦と節目がいずれも竜王戦の対局だった。
    今月14日には、一般棋戦の朝日杯オープン戦の準々決勝で佐藤天彦名人(30)を破る金星。同じく4強に勝ち上がった羽生と2月17日の準決勝で、
    公式戦では初めて対戦することが決まった。

     2人は昨年春に非公式戦で2度対局し、1勝1敗。藤井は「私が将棋を始めるずっと前から、第一線で活躍されてきた方。(非公式の対局後)この1年で
    成長したところを見せることができれば」と意気込みを語った。羽生も「どこかで必ず顔を合わせると思っていたが、こんなに早く実現するとは
    思っていなかったので驚いている。持てる力を出し切りたい」と笑顔で話した。

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/16/kiji/20180116s00041000208000c.html
    <竜王就位式・会見>藤井四段と握手をかわす羽生竜王
    no title

    【羽生竜王 藤井四段と初ツーショット、2月に初公式戦対戦 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2017/12/17(日) 00:35:29.72 _USER9
    高梨臨、あこがれの人・羽生善治氏との2ショットに大感激!

    https://thetv.jp/news/detail/131317/

    初MCで憧れの羽生善治氏と共演し、感激する高梨臨
    no title

    高梨は「あぁ…生きててよかった… 」と喜びを爆発
    no title

    加藤一二三らも出演
    no title

    「将棋がわからない方も楽しめる番組になっておりますので、来年までお楽しみに ~」と高梨がPR
    no title

    女優の高梨臨が、将棋界初となる永世七冠を達成した羽生善治氏との2ショットを自身の公式Instagramで公開。あこがれの人との夢の共演に「あぁ…生きててよかった」と喜びを爆発させている。

    公開された写真は、高梨がMCを務めた年始特番の将棋バラエティー「一・二・三!羽生善治の大逆転将棋」(2018年1/3水夜7:30~、NHK BSプレミアム)の収録時のもの。高梨にとっては今回がMC初挑戦。高梨自身、以前から将棋好きを公言しており、喜びもひとしおだ。

    そんな高梨にとって、今年12月に渡辺明竜王からタイトルを奪い、史上初の「永世七冠」(名人・王位・王座・棋王・王将・棋聖・竜王)を達成した将棋界の至宝・羽生氏はあこがれの人。“初MCであこがれの人との共演”という夢のような機会に、高梨は「私の永遠の憧れ、羽生善治さんと同じ番組に… あぁ…生きててよかった… 緊張しすぎて、あんまり覚えていません。自分で放送をみるのが怖いです。。 」と感無量。投稿には「#羽生善治 さんと」「#ツーショット」「#震えます 」「#震えてます」「#永世七冠おめでとうございます」と、喜びがにじむハッシュタグも並んだ。

    この日の収録には加藤一二三さんもゲスト出演。そんな中でのMC初チャレンジは高梨にとって忘れられない経験となったようで「加藤一二三さんをはじめ、一流の棋士の方々とご一緒させていただき、本当に贅沢な時間を過ごさせていただきました。将棋がわからない方も楽しめる番組になっておりますので、来年までお楽しみに ~」と喜びいっぱい、力強くアピールした。

    「一・二・三!羽生善治の大逆転将棋」
    2018年1/3水 夜7:30~
    NHK BSプレミアム

    【女優・高梨臨、あこがれの人・羽生善治氏とのツーショットに大感激!(画像あり)】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/12/13(水) 04:43:48.23 _USER9
    政府は、将棋で前人未到の「永世七冠」達成を果たした羽生善治氏と、囲碁で2度の七冠独占を果たした井山裕太氏の2人に国民栄誉賞を授与する方向で検討に入りました。
    将棋の羽生善治氏は、今月5日に通算7期目となる竜王のタイトルを獲得して永世竜王の資格を得て、現在7つある将棋の永世称号の資格をすべて獲得し、前人未到の「永世七冠」達成を果たしました。

    また、囲碁の井山裕太氏は10月に名人のタイトルを奪い、自身2度目となる七冠独占を果たし、囲碁、将棋を通じて、初めて七大タイトルを2度にわたって独占する快挙を達成しました。

    これを受けて、政府は、羽生氏と井山氏の2人に国民栄誉賞を授与する方向で検討に入りました。

    国民栄誉賞が授与されれば、去年、リオデジャネイロオリンピックのレスリング女子で金メダルを獲得し、オリンピック4連覇を達成した伊調馨選手以来となり、個人としての受賞は24人目と25人目となります。

    政府は、13日にも羽生氏と井山氏に対する国民栄誉賞の授与を検討する方針を公表し、関係者の意見も聞いたうえで、最終的に判断することにしています。

    無題

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171213/k10011256561000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010

    【国民栄誉賞 将棋の羽生氏 囲碁の井山氏に授与検討へ 】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2017/12/05(火) 16:23:51.55 _USER9
    第30期竜王戦で挑戦者の羽生善治棋聖が渡辺竜王に勝利し竜王位を獲得しました。
    これにより竜王も永世位となり、永世七冠達成となりました。

    img_7516_2

    ソース

    竜王戦中継サイト
    http://live.shogi.or.jp/ryuou/
    竜王戦 棋戦情報
    http://www.shogi.or.jp/match/ryuuou/
    読売新聞 竜王戦
    http://www.yomiuri.co.jp/culture/igoshougi/ryuoh

    【【将棋】羽生善治永世七冠誕生!! 】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/23(日) 23:19:57.62 _USER9.net
     将棋の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)が23日にインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で放送された非公式戦で羽生善治3冠(46)=王位、王座、棋聖=に勝利した。昨年10月のデビュー後、破竹の勢いで勝ち続ける天才少年は、ついに将棋界の象徴にも土を付けた。

     対局は「AbemaTV」が企画した非公式戦「藤井聡太四段 炎の七番勝負」の最終第7局。日本将棋連盟が主催する7大タイトル戦などの公式戦とは異なるエキシビジョンマッチだが、どんな対局でも全力を尽くすのが将棋界の伝統。藤井は真剣勝負で羽生を負かしてみせた。

     藤井は2002年、愛知県瀬戸市生まれ。5歳で将棋を始め、10歳で棋士養成機関「奨励会」に入会した。16年10月に14歳2か月で四段(棋士)昇段を果たし、現役最高齢棋士の加藤一二三九段(77)が保持していた14歳7か月の最年少記録を62年ぶりに更新。加藤、谷川浩司九段(54)、羽生、渡辺明竜王(32)=棋王=に続く5人目の「中学生棋士」となった。

     昨年10月のデビュー以降、10連勝が過去最長だった「デビュー後連勝記録」を更新し、現在13連勝まで伸ばしている。並行して戦ってきた「炎の七番勝負」では第2局で永瀬拓矢六段(24)に敗れたものの、増田康宏四段(19)、斎藤慎太郎七段(24)、中村太地六段(28)、深浦康市九段(45)、佐藤康光九段(47)=連盟会長=ら各世代を代表する棋士に勝利。通算6勝1敗で締めくくった。

    画像
    20170423-00000258-sph-000-view

    スポーツ報知 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000258-sph-soci

    【史上最年少棋士14歳・藤井聡太四段 羽生善治3冠に勝利!】の続きを読む

    このページのトップヘ