中二病速報

    タグ:紅白歌合戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2021/01/01(金) 00:07:59.72 _USER9
    大みそか恒例の「第71回NHK紅白歌合戦」が31日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、二階堂ふみ(26)の安定した紅組司会ぶりが高評価。
    特に、テンションの高い白組司会の大泉洋(47)と総合司会の内村光良(56)の間をうまく取りながら進行していく司会ぶりにネット上でも、「初司会とは思えないくらい落ち着いてる」「自然でとてもいい」などの声が集まった。

    また、ディズニースペシャルメドレーで「ホール・ニュー・ワールド」を歌唱した際には歌声に絶賛の声。内村)、大泉から「めちゃくちゃうまいね」と褒められていた。

    さらに衣装も赤のパンツスーツ、歌唱時にはアンダーカバーのパンツにスカート部分が重ねられたグレーベースのドレス、ブラックのパンツスーツ、馬の絵があしらわれたステラマッカートニーのドレス姿のどれも、スタイルの良さもあって「スタイルが抜群めっちゃかっこいい」「二階堂ふみイケメンすぎる」「紅組の歴代司会者って着物とかドレスが多かったけど二階堂ふみさんパンツルックかっこよすぎ」と高評価。

    司会についてもネットには「声がとても美しい。司会もアナウンサーのようにスムーズにできていて素晴らしい」「司会お上手で歌も上手くて素敵な方だなぁ」「二階堂ふみさんの司会、よどみなく、凛と堂々としていて、本当に素敵。衣装も素敵」「紅白は二階堂ふみが優勝では」「衣装も髪型も素敵ね~声も喋りもいいし、落ち着いた雰囲気がとてもいい」「アナウンサーばりに二階堂ふみの仕切りが良すぎる」「今年の紅白のMVPは二階堂ふみちゃんだと思います」などの声があふれ、紅組の4年ぶり優勝の要因の一つにも挙げられていた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/12/31/kiji/20201231s00041000460000c.html

    no title

    no title

    no title

    【紅白 二階堂ふみの司会&歌&衣装&スタイルに絶賛の声「声も喋りも雰囲気もとてもいい」「今年の紅白のMVP」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/12/31(木) 23:31:27.65 _USER9 BE:929298214-2BP(0)
     大みそか恒例のNHK「第71回紅白歌合戦」は31日、東京・渋谷のNHKから生中継され、21回目の出場となった氷川きよし(43)が早着替えを披露した。

     昨年、龍に乗っていたことが話題になったことに白組司会・大泉洋(47)が「今年も凄いことになってますよ」と予告。氷川は「限界突破×サバイバー」の歌唱中、白の衣装から胸元が開いた赤い衣装に網タイツを履いている姿に早着替え。そして最後は金の衣装に着替え、ワイヤーを使ったフライングを見せた。

     この演出にネット上は「タイツ履いてるんか」「西川貴教に変わったかと」「衣装すご!!」「足美しすぎる」「おったまげ~」「きよしが!紅組になった……!」「TMレボリーション化してまった」「うおおおおおおおおガーターベルトおおおおおお」とざわつかせた。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    スポニチアネックス 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1d480bc474ebc50c249155b3dc2ee4506329d100

    【紅白 氷川きよしの衣装にネットざわついた「足美しすぎる」「きよしが紅組になった!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/12/31(木) 22:40:23.41 _USER9
     大みそか恒例のNHK「第71回紅白歌合戦」は31日、東京・渋谷のNHKから生中継され、NHK連続テレビ小説「エール」の主題歌「星影のエール」を担当している覆面の男性4人組「GReeeeN」が企画枠で初出場を果たした。

     2007年にデビューした覆面ボーカルグループとしてこれまで顔を見せず、さまざまな楽曲を届けてきたGReeeeN。新型コロナウイルスの感染が拡大した今年、日本に勇気を与えた曲として「星影のエール」の紅白スペシャルとヒット曲「キセキ」を披露した。

     今年8月に放送した「ライブ・エール」ではAR(拡張現実)を駆使した映像演出で盛り上げたGReeeeN。紅白でもARとみられる映像演出で登場し、今回は4人の顔の部分も鮮明に映された。

     この演出にネットではファンが騒然。「えっ、これって顔出しなの!?」「本物の顔?」「CGなのかなあ」「歌サイコーだったよ」などの反響があった。

    スポニチ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9e264b5adba259ea2bddee037e052310dbacbf0e

    no title

    【【紅白】GReeeeN初出場!“顔出し”演出にネット騒然「本物?」「CG?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/12/30(水) 13:16:12.64 _USER9
    NHKは30日、大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」(午後7時30分)に玉置浩二が出場すると発表した。

    玉置が紅白に出場するのは、1996年以来、24年ぶり。日本中の視聴者に歌でエールを届けるため、名曲「田園」をオーケストラとの共演でパフォーマンスする。

    日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/50e0ed14a8e90fd926ee82abe00ab901384901a0 

    7ad5e5715269271fc96c7e0a7d6ba16c_1609302141_2

    【玉置浩二24年ぶり紅白出場「田園」をオーケストラと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/12/28(月) 23:18:13.75 _USER9
    11月16日、発表された『NHK紅白歌合戦』の出場者のなかにAKB48の名前はなかった。2009年から11年連続で出場していたこともあり、その落選は大きく驚かれた。

    AKB48がブレイクしたのは、2009年頃からだ。そこから10年以上も一線で活躍し続けてきた。アイドルでここまで長期に渡って人気を維持し続けてきたのは、きわめて異例だ。
    この2010年代は、インターネットによってメディアが大きな変化を遂げた10年間でもあった。スマートフォンの普及により、ひとびとは日常的にネットから情報を得て、SNSでコミュニケーションを取るようになった。(全2回の1回目/ 後編に続く )

    ◆“AKB商法”で2010年代を駆け抜けた
     
    AKB48はそんな10年代に見事に適合した。ファンたちの盛り上がりはネットでヴァイラルに拡がり、レガシーメディアはその盛り上がりを過剰に評価した。
    加えて、握手券や総選挙の投票券が封入されて販売されたCDは、ファンの複数枚購入を常態化させ、オリコンランキングをハッキングした。
    ファンたちは、彼女たちとコミュニケーションする機会(握手券)や応援(投票券)のためにCDを買っていた。これがいわゆる“AKB商法”と呼ばれるものだ。

    それによって2010年から2019年までの10年間、AKB48は年間シングルランキングのトップに君臨し続けた。「会いに行けるアイドル」のファンたちの熱意をCD売上に結びつけ、音楽の人気へと変換した。
    旧態依然としたオリコンのシステムを使うことで、コアファンによる人気を一般化したのである。つまり、“AKB商法”は、“人気錬金術”のシステムでもあった。

    “AKB商法”は見事に機能して、AKB48は10年代前半に“大ヒット”を続けた。だが、10年代中期を過ぎたあたりから風向きが変わる。そのポイントは4つある。

    ◆オリコンランキングの終焉
     
    ひとつは、音楽人気を計る基準がビルボードチャートに変わったことだ。オリコンが2018年末までCD売上のみのランキングだったのに対し、ビルボードはCD販売だけでなく、
    音源ダウンロード販売やストリーミングサービス、動画再生数など複合的な指標を用いて曲単位でチャートを構成する。現在は8項目の指標からなり、その比重は毎年変えられている。

    このなかには、PCへのCD読み取り数を意味するルックアップもある。複数枚購入を促進させる“AKB商法”などからの影響を抑制し、音楽が実質的に聴かれた程度を計るための指標だ。

    地上波テレビをはじめとする多くのメディアは、10年代中期頃からオリコンからビルボードに切り替え始めた。オリコンでは上位に来るのがAKB48やジャニーズ、アニメソングばかりとなってしまったからだ。
    特典目当てにCDを購入するコアなファンの熱意がランキングに強く反映されるオリコンは、音楽メディアが多様化するなかで楽曲の人気を計る基準としては機能不全となっていたのだ。

    AKB48は、2016年まではビルボードでも上位を占めていた。しかし、2017年以降にランクが徐々に落ちていく。ビルボードがチャート指標の比重を変えたからだ。
    実際、この3年で音楽需要はCDからストリーミングへかなりシフトしている。ビルボードはリスナーの音楽環境に適応しているのだ。

    結果、AKB48グループは発売初週こそビルボードではトップになっても、翌週以降は大幅に順位を下げるようになる(これは一部を除いてネット対応していないジャニーズの多くも同様だ)。
    この音楽ランキングのルール変更によって、AKB48は“人気錬金術”ができなくなった。

    文春オンライン 
    https://bunshun.jp/articles/-/42515

    no title

    【【文春】AKB48紅白落選も必然だった 急速に「オワコン化」してしまった4つの理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/12/23(水) 18:39:13.97 _USER9
     宮舘涼太(27)の新型コロナウイルス感染が判明し、メンバー8人が濃厚接触者に該当したアイドルグループ「Snow Man」の「第71回NHK紅白歌合戦」への出場が取りやめになる見込みとなった。

     同局関係者は「現在紅白出場については、検討中」としたが、番組関係者は「濃厚接触で2週間は隔離が必要になる。リハーサルが29日から始まることを考えても、出場はできない」と、話し合いの末に取りやめが決まった模様だ。

     Snow Manは21日に宮舘の感染が判明。23日にはメンバー8人が濃厚接触者に該当したため、隔離生活により経過を観察することが発表された。

    スポニチ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/173f8fcf589f8edb524e288ba0c5e63bc5d38f98 

    20201223-00000237-spnannex-000-4-view

    【「Snow Man」紅白出場取りやめ メンバー8人が濃厚接触者に該当】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@恐縮です 2020/12/22(火) 22:03:44.83 _USER9
    《世界的に活躍できるグループになること。いろんな面で「初」がつくグループを目指していきたい》
    《嵐さん以上の国民的アイドルにSnow Manがなります!》
    《目標は、嵐さんのような国民的アイドルになること。全世代に愛されたいです》

     2019年に『週刊朝日』(10月11日号)のインタビューで大きな目標を掲げていた、デビューが決まったばかりの『Snow Man』の面々。そして2020年1月22日、デビューを果たした彼らを待ち受けていたのはーー。

     ジャニーズグループSnow Manメンバーの宮舘涼太が新型コロナウイルスに感染したことが、12月21日に発表された。これを受けて、予定していた同グループの『CDTVライブ! ライブ! クリスマス4時間SP』への出演が急遽、見合わせられることになった。

     奇しくも同日は、ジャニーズの社会貢献プロジェクト『Smile Up! Project』が医療従事者支援活動として、日本看護協会に5億円を寄付したことを発表したばかりだった。

    「ジャニーズが定期的に行っているPCR検査において陽性がわかり、宮舘が立ち入った関連施設の消毒作業が行われていると言います。現時点では、他のメンバー8人は同検査で陰性とのことですが、グループとして出演をやめたことからわかるように、これから発症する可能性も否定できません。

     また、この時期は年末に向けた出演番組の打ち合わせや、リハが行われている最中。ジャニーズのHPでも《濃厚接触者の特定をはじめとする保健所のやりとりが完了していない状態》とあるように、メンバー全員が濃厚接触者に指定されるかもしれません」(スポーツ紙芸能デスク)

     国内“第3波”とされるように、全国の新規感染者数は連日にわたって“過去最高”を記録し続けており、もはや誰もが感染しうる状況だ。当然ながら、陽性反応が出た宮舘を責めるのは酷というもの。

    紅白初出場が大ピンチ
     しかし、グループとして出演予定している、12月25日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)。そして12月31日の初出場となる『第71回NHK紅白歌合戦』、同日深夜の『ジャニーズカウントダウン』(フジテレビ系)などの生放送番組に大きな影響を与えそうだ。

     厚生労働省が定めた感染者の退院基準は「発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快から72時間経過した場合」とある。また、無症状の場合は「検体採取日から10日間経過」に加えて、「検体採取日から6日間経過後、24時間以上の間隔をあけて2回のPCR検査陰性を確認した場合」と定められている。また、濃厚接触者に対しては「最終曝露日から14日間は健康状態に注意を払い、自宅待機する」とある。

     事務所発表で「無症状」とされる宮舘は、仮に21日の発症であれば『Mステ』はNG、大晦日の出演もギリギリの判断になりそう。さらにメンバーがこれから発症、または濃厚接触者に指定された場合は、年内の活動が絶望的になる恐れもある。

    コロナでデビュー年が台無しに
     デビューを果たした2020年、彼らはつくづく運から見放されている。

     前身グループから2012年に結成され、主に滝沢秀明の舞台でバックを務めてきたSnow Man。名付け親もタッキーだ。長らく下積み期間を経たあとに新メンバー3人を加えて、2020年1月にようやくデビューを勝ち取った9人。同時デビューした『SixTONES』との“合作”CDは、累計180万枚に迫る大ヒットを記録し、その勢いのまま3月にお披露目を迎えるはずだったーー。

    「ところが、海外も含めたデビューコンサート公演が全て中止となった。言わずもがな、コロナ感染拡大の影響です。さらに“泣きっ面に蜂”とでも言いますか、4月にリーダーの岩本照が『フライデー』に未成年との飲酒を報じられて芸能活動自粛。コロナとは関係ありませんが、過去の失態を蒸し返された格好でした(苦笑)」(芸能リポーター)

     それでも、10月に発売された2ndシングル『KISSIN' MY LIPS/Stories』は100万枚のミリオンセールスを達成し、10月22日から4日間、計9公演の“振り替え”デビューコンサートとなるライブ配信も完走。思うことも多々あったのだろう。メンバーらの多くが涙を見せる場面が印象的だった。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0698f61da091044658517ffd760602d8a5dcfbb5

    no title

    【『Snow Man』にコロナ感染者、“クラスター”発生ならNHK紅白初出場が白紙に】の続きを読む

    このページのトップヘ