中二病速報

    タグ:紅白歌合戦

    1: 湛然 ★ 2018/12/12(水) 04:36:08.72 _USER9
    サザン、特別枠で紅白出場決定!35年ぶりNHKホール殴りこみ

     ロックバンド、サザンオールスターズが大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」に特別枠で出演することが11日、分かった。今年はデビュー40周年イヤーで、サザンとしては2014年以来、4年ぶり5度目の紅白となる。前回はカウントダウンライブを行った横浜アリーナからの生中継だったが、今回は1983年以来、35年ぶりに会場の東京・渋谷のNHKホールで歌唱。“初心”に戻って大暴れする!

     デビュー40周年の今年は、企画アルバム「海のOh, Yeah!!」が出荷70万枚を超える大ヒット。世代を超えて愛されるサザンが、不滅のアーティスト魂で平成最後の紅白を盛り上げる。

     関係者によると、サザンは白組でも紅組でもない特別枠で出演。6月25日のデビュー記念日から紅白と同じNHKホールで2日間連続公演を開催し、8月には13年ぶりの野外フェスで躍動。17曲を熱唱するパワフルなステージで約6万9000人を魅了するなど、若手に負けじとJ-POP界を牽引する姿勢が評価されての出場となった。

     昨年は桑田佳祐(62)が特別枠でソロ出演。カウントダウンライブを行った横浜アリーナからの中継でNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を披露したが、サザンでは2014年に同所から「ピースとハイライト」と「東京VICTORY」で中継出演して以来、4年ぶり5度目の登場となる。今年はカウントダウンライブを行わず、サザンは中継ではなく、会場のNHKホールに“全員集合”。バンドとして2年連続3度目の出場となった1983年以来、35年ぶりに同所で歌唱する。

     当時、桑田は頭髪を紅白に染める斬新なスタイルで登場し、昭和初期の東京をモチーフにした「東京シャッフル」を披露。メンバーは演奏せずにアップテンポな同曲に合わせて軽快なダンスを踊り、平均74・2%の高視聴率に貢献した。

     今年の特別枠は、椎名林檎(40)&エレファントカシマシ・宮本浩次(52)、13年に紅白を卒業した北島三郎(82)が名曲「まつり」で5年ぶりに出場することが決定。サザンの歌唱曲は未定だが、平成の集大成を表現するエンターテインメント性豊かなパフォーマンスに期待がかかる。

    ★来年2月にボウリング大会

     桑田は今月2日、パシフィコ横浜で「平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦」の最終公演を開催し、3公演で計1万5000人を動員。来年2月には一般の愛好者らが参加するボウリングの公式大会「KUWATA CUP 2019」を開催。ボウリング好きの桑田が旗振り役となって実現し、現在予選が行われている。サザンとしては来春から4年ぶりの全国ツアーを展開する。

    8月に茨城で行われた野外フェスで楽しそうにパフォーマンスするメンバーの(左から)関口和之、原由子、桑田、松田弘、野沢秀行
    no title

    https://www.sanspo.com/geino/news/20181212/geo18121204000005-n1.html

    【サザン、特別枠で紅白出場決定!35年ぶりNHKホール殴りこみ 】の続きを読む

    1: ネイトのランプ ★ 2018/12/04(火) 16:54:55.39 _USER9
     NHKは4日、大みそかの第69回紅白歌合戦に歌手の北島三郎さん(82)が特別企画で出演すると発表した。北島さんは2013年の第64回紅白で、史上最多の50回出場を区切りとして「卒業」を宣言していた。代表曲の「まつり」を歌う。

     今回が平成最後の紅白歌合戦で、北島さんの登場を望む声が相次ぎ、番組からの出演依頼に応じたという。北島さんの弟子の北山たけしさん(44)と大江裕さん(29)も特別ユニット「北島兄弟」として企画に参加するという

    spo1510250024-p11

    https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-843829.html

    【サブちゃん 紅白特別出演 13年以来。 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/11/18(日) 23:07:32.98 0
    1985年の紅白歌合戦の出場者が豪華すぎると話題に

     ◆紅組
    石川 秀美   「愛の呪文」
    河合 奈保子   「デビュー」
    テレサ・テン   「愛人」
    小泉 今日子   「なんてったってアイドル」
    柏原 芳恵   「し・の・び・愛」
    岩崎 宏美   「決心」
    中森 明菜   「ミ・アモーレ」
    小柳 ルミ子   「乾杯!」
    研 ナオコ   「帰愁」
    松原 のぶえ   「おんなの出船」
    早見 優   「PASSION」
    松田 聖子   「天使のウィンク」
    原田 知世   「早春物語」
    川中 美幸   「男じゃないか」
    水前寺 清子   「人生夢三味線」
    島倉 千代子   「夢飾り」
    八代 亜紀   「命火」
    石川 さゆり   「波止場しぐれ」
    小林 幸子   「夫婦しぐれ」
    森 昌子   「愛傷歌」

     ◆白組
    吉川 晃司   「にくまれそうなNEWフェイス」
    シブがき隊   「スシ食いねェ!」
    千 昌夫   「あんた」
    チェッカーズ   「ジュリアに傷心(ハート ブレイク)」
    C-C-B   「Lucky Chanceをもう一度」
    山本 譲二   「男詩」
    田原 俊彦   「華麗なる賭け」
    郷 ひろみ   「Cool」
    三波 春夫   「夫婦屋台」
    鳥羽 一郎   「兄弟船」
    菅原 洋一   「歓びの日に」
    安全地帯   「悲しみにさよなら」
    沢田 研二   「灰とダイヤモンド」
    大川 栄策   「男って辛いよな」
    細川 たかし   「望郷じょんがら」
    近藤 真彦   「ヨイショッ!」
    北島 三郎   「十九のまつり」
    村田 英雄   「男の一生」
    五木 ひろし   「そして・・・めぐり逢い」
    森 進一   「女もよう」

    タイトルなし

    【1985年の紅白歌合戦の出場者が豪華すぎると話題に 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/14(水) 22:16:51.70 _USER9
    大晦日に放送される「第69回NHK紅白歌合戦」の出場者が、2018年11月14日に発表された。初出場は紅組があいみょん(23)、DAOKO。白組はKing & Prince、Suchmos、純烈、YOSHIKI feat. HYDE。

    初出場組のファンを中心にネット上では歓喜の声が広がっているが、その一方で、出場が有力視されていた「落選組」のファンの「なぜ落選したの?」といった声も続々と上がっている。

    米津玄師さん落選にネットどよめく
    事前情報では「当確」の報道もあった米津玄師さん(27)だったが、紅白の公式サイトで発表された出場歌手のリストにその名前は無かった。
    落選の一報を知ったファンからは、「あれ? 米津玄師さんは?」「落選は意外」など驚きの声が殺到。
    ほかにも、有力視されていたことを引き合いに出した上で、「本人が辞退したんじゃないか?」と、オファー自体はあったのではとする声もある。

    米津さんは18年1月から3月にかけて放送されたドラマ「アンナチュラル」(TBS系)の主題歌「Lemon」を担当。
    同局のミュージックビデオはYouTubeでの再生回数が2億回を突破するなど今年を代表する歌手だったため、驚きが広がっているようだ。

    なお、J-CASTニュ-ス編集部では、当選者以外に「#紅白で見たかった アーティストはいますか?」と、ツイッターの公式アカウントを通じてネット上に呼びかけた。
    その結果、秦基博さん、Nulbarich、THE ORAL CIGARETTES、BOYS AND MENといった名前が挙がった。

    「モーニング娘。」「TOKIO」も落選
    また、今年については世の中を騒がせた「事件」と紅白を絡める向きも多い。9月に飲酒運転とひき逃げの容疑で逮捕された吉澤ひとみ被告(33)の所属先だったモーニング娘。
    は、今年が結成20周年ということで、ファンの間では紅白への復帰を期待する声が大きかったが、その期待に反して落選となった。
    モーニング娘。が最後に紅白に出場したのは2007年であり、吉澤被告の事件と今年の落選は関係ないようにも思えるが、それでも、ネット上では「吉澤さんが面子潰した結果でたね」など、吉澤被告への怨嗟の声が噴出している。

    また、4月に当時の現役メンバーである山口達也さん(46)が未成年との淫行騒動を起こしたTOKIOだが、出場者リストの中に名前はなく、連続出場回数は昨17年までの24回で止まった。
    こちらについてもネット上では、「山口達也の責任を取らされた形」など、騒動さえなければとの声は多い。

    国民的歌番組の当落だけに、落選した歌手本人やファンの落胆ぶりはこの上なく顕著だ。

     J-CASTニュース 
    http://news.livedoor.com/article/detail/15594721/

    KwbydvLUa5SdnjHVzvYSuYC_ure1woK8Jhv9X-p2Ucc


    【紅白でアノ人「なぜ落選?」納得いかないファンから「怨嗟の声」も 】の続きを読む

    1: アルテミス@ ★ 2018/11/14(水) 13:18:33.46 _USER9
    NHKは14日、大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15~同11・15)の出場歌手を発表した。今年ジャニーズ事務所からデビューした「King&Prince」、デビュー3年目のシンガー・ソングライター、あいみょん(23)、男性5人組「純烈」など6組の初出場が決定。
    韓国の7人組「BTS(防弾少年団)」が原爆投下の場面がプリントされたTシャツを着用し騒動となる中、同じ韓流のガールズユニット「TWICE」が2年連続の出場を決めた。

     また、シンガー・ソングライターの松任谷由実(64)が7年ぶり、DA PUMPが16年ぶりに返り咲いたほか、活動を再開したばかりの「いきものがかり」が2年ぶりに出場する。

    20181114-00000088-spnannex-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000088-spnannex-ent

    YOSHIKI&HYDE紅白“新人”で初出場決定
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000056-dal-ent

    【 キンプリ、あいみょん、Suchmos、DAOKO初出場 NHK紅白歌合戦出場者発表 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/11/14(水) 04:37:09.59 _USER9
    “スーパー銭湯アイドル”「純烈」結成11年目で悲願の初紅白

     大みそかのNHK紅白歌合戦(後7時15分)で、5人組歌謡コーラスグループ・純烈の初出場が内定したことが13日、分かった。「夢は紅白、親孝行」を合言葉に掲げ、結成11年で悲願達成になる。また、MISIA(40)の3年ぶり3回目の出演も内定した。人気ゲーム「刀剣乱舞―ONLINE―」を原作とした2・5次元ミュージカル「刀剣乱舞」から刀剣男士が企画枠で内定。特別ステージを披露する。

     グループ結成以来の夢が現実になる。純烈は、全国の健康センターを中心にライブを行い、マダムたちから熱烈な支持を集めている“スーパー銭湯アイドル”。5人のうちリーダーの酒井一圭(43)を始め、白川裕二郎(41)、小田井涼平(47)、友井雄亮(38)の4人が戦隊ヒーロー、仮面ライダー出身者という異色の経歴の持ち主だ。小田井は今年4月、タレント・LiLiCo(47)と昨年に結婚していたことを電撃発表し、話題を呼んだ。

     純烈は、紅白の勝負曲として2月に発売した「プロポーズ」が、累計出荷枚数10万枚突破のスマッシュヒット。日本レコード協会から9月度のゴールドディスク作品として認定された。結成10年の昨年、一時は紅白出場の有力候補と報じられたが落選。関係者は「ショックが大きかった。NHKスタッフに話を聞いたり、どうしたら紅白に出場できるかを徹底的に分析していた」と明かす。

     このため同局への“貢献度”も意識した。1月に「ごごナマ」を始め、「うたコン」(5月)、「NHKのど自慢」(9月)に出演。できる策は全て尽くした結果が、悲願達成につながった。

     復帰組では、MISIAが3度目の出演を決めた。2月にデビュー20周年を迎えたジャパニーズR&Bの先駆者。平成を代表する歌姫として“平成最後の紅白”に彩りを添える。

     過去2度はいずれも紅組特別出演歌手としてラインアップされた。初出演の12年はアフリカ・ナミビア共和国のナミブ砂漠から、15年は戦後70年特別企画として出身地・長崎から生中継で出演した。今回も安室奈美恵さん(41)が昨年使用した同局101スタジオを含め、これまで同様にNHKホール以外からの中継出演となる見込みだ。

     松任谷由実(64)の7年ぶり3度目の出場も内定した。楽曲「瞳を閉じて」(1974年)が歌い継がれる軌跡を追ったドキュメンタリーが、3月に同局で放送されている。

    紅白初出場が内定した純烈
    no title

    スポーツ報知 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000000-sph-ent

    【【紅白】“スーパー銭湯アイドル”「純烈」結成11年目で悲願の初紅白 】の続きを読む

    このページのトップヘ