中二病速報

    タグ:紅白歌合戦

    1: Egg ★ 2018/01/06(土) 08:10:06.09 _USER9
    坂本の気配りで幕を開けたはずが……
     
    2017年の大晦日に行われた「NHK第68回紅白歌合戦」だが、芸能マスコミは本番だけでなくリハーサルから注目している。
    特に12月30日は全体リハーサルが行われ、出場全45組とゲストが一堂に会する。ために無数の目がステージに注がれるという。

    そして少なからぬ芸能記者が釘付けになったのが、坂本冬美(50)と西野カナ(28)の2人だった。
    出場回数は前者が29回、後者が8回というベテランと中堅の間に、いったい何があったのか。

    「まず記者が圧倒されたのが、坂本さんの気配りだったんです。例えばYOSHIKI(52)さんのピアノ伴奏で『いつでも夢を』を歌うところでは、出演者全員が登壇します。
    すると、坂本さんは左右に立った氷川きよし(40)さんと島津亜矢(46)さんに、持っていたマイクを向けるんです。

    他にもエンディング前には、白組と紅組に分かれて舞台の両脇に並ぶんですが、その時にも松たか子(40)、椎名林檎(39)、AI(36)、渡辺直美(30)さんといった方々と楽しそうに会話をしているんです。
    正直、かなりの年齢差がある人もいるわけですけど、坂本さんは全く屈託なく、本当に場を盛り上げていました」

    さすがベテラン、さすがのプロ意識――話はここで終わるかと思いきや、次に芸能記者は異変に気づいたのだという。

    記者席から上がる疑問の声

    「その側で西野カナさんが、ものすごくつまらなさそうにしているんです。しかも坂本さんは大勢の記者が見ているにもかかわらず、露骨と言っていいぐらいに背を向けていました。
    私ひとりの感想というわけではなく、記者席のあちらこちらから『西野カナが坂本冬美にいじめられてる……?』と心配する声が上がっていました」

    結局、西野はリハーサル中、一切周囲と会話ができなかった。空を見つめたり、爪をいじったりして時間を潰していく。明らかに異様な光景だったという。

    坂本冬美と西野カナの間に対立関係が成立したという事例は、例えば2016年のレコード大賞がある。
    12月30日に放送された「第58回 輝く! 日本レコード大賞」(TBS系)で西野カナの「あなたの好きなところ」が大賞に選ばれたのだが、ノミネートされた10曲の中に坂本冬美の「女は抱かれて鮎になる」が入っていたのだ。

    とはいえ、ちょうど1年も前のことを意趣返しするとは考えにくい。そもそも、レコード大賞を取られたからと言って、紅白のリハーサルで意地悪をするというシナリオ自体が破綻している。

    結局、なぜ坂本が西野を“ハブ”にしたのかは、全く分からぬまま。
    もちろん大晦日では、2人ともそんな素振りは見せなかったが、記者の中には「坂本の睨みで、西野の輝きが消滅した」場面が、「本番を含めて最も印象に残った」という声もあるようだ。

    20180105-00535912-shincho-000-view

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180105-00535912-shincho-ent

    【「坂本冬美vs.西野カナ」紅白リハーサルでの“冷戦”がいきなり勃発した謎 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/01/04(木) 11:15:39.89 BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典
    昨年大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)の瞬間最高視聴率が、関東地区で48・4%を記録したことが4日、分かった。
    同日午後11時18分の安室奈美恵(40)の歌唱シーンだった。

     安室は特別枠として参加し、「Hero」を歌唱。今年9月での引退を表明しており、最後の紅白のステージとなった。
    当初、発表された出演者に安室の名前は含まれておらず、直前までNHK側が出演交渉を続けていた。一昨年は審査発表の場面が瞬間最高を記録したが、今年は安室の歌唱シーンが番組を通して瞬間最高を記録した。

     第68回紅白は、白組司会を嵐・二宮和也が担当。紅組は2年連続で有村架純が務めた。平均視聴率は第1部(前半)が35・8%、第2部(後半)が39・4%を記録した。

     (数字は関東地区。出場歌手別の数字はビデオリサーチデータに基づく集計)

    add37ee0

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000043-dal-ent

    【紅白瞬間最高視聴率は安室奈美恵 48.4%で歌手別もトップ】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/01/03(水) 04:38:30.17 _USER9
    ジャニー社長、紅白に進言 「おじいちゃん、おばあちゃん」の満足度を気に掛ける

     ジャニー喜多川社長(86)が2日、昨年末の紅白に持論を展開した。

     演歌好きのジャニー氏は「年寄りも欲しい。『NHKは(今回の形で)いいのかな?』と思った。
    素晴らしい演出してらっしゃるけども、紅白はおじいちゃん、おばあちゃんも『わぁー』って言って」と年配者が楽しめたかを気に掛けた。
    嵐・二宮和也(34)の白組司会には、「しっかりしている。間に入ってやっているのは立派」と褒めた。

     元日からKAT-TUNが再始動したことには「まだ生きてますよ。これからですよ」と後押し。
    自身は「僕のいない今年、来年、と子供たちがお世話になる」とドッキリ発言で驚かせるも「引退?しないつもり」と生涯現役をアピールした。

    f_10865645

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/03/0010865644.shtml

    【ジャニー社長、紅白に進言「おじいちゃん、おばあちゃん」の満足度を気に掛ける 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/01/02(火) 17:32:35.95 0
    dave_spector (デーブ・スペクター)

    紅白の視聴率の第二部は39.4%ですが、第一部は35.8%。
    間に都合よく短いニュースで分けてるだけなんでガチで発表するならば
    一部と二部合わせての平均は本当の視聴率。
    低くなるから主に二部を言ってるだけでしかも一部は捨て石扱い。
    オチはありませんm(__)m

    ________400x400

    Twitter Web Clientから
    https://twitter.com/dave_spector/status/948103157787197440

    【デーブ・スペクター「紅白の視聴率39.8%は二部だけ 一部は35.8% 合算し平均したのが本当の視聴率」 】の続きを読む

    1: 音泉光征 ★ 2018/01/02(火) 19:24:32.18
    欅坂46メンバーの「異変」を予言していた「週刊文春」「リテラ」 平手さんはインタビューで「不協和音」を「命を削る曲」と

     12月31日に生放送されたNHKの「紅白歌合戦」に紅組で出演したアイドルグループ「欅(けやき)坂46」の平手友梨奈さん(16)、鈴本美愉さん(20)らメンバー3人が過呼吸の症状を訴えた問題で、ニュースサイト「リテラ」や「週刊文春」の記事が
    注目に値する記事を数回掲載している。

     「リテラ」は「欅坂46平手友梨奈はレコード大賞、紅白を乗り切れるか? 『不協和音』を歌うと体調悪化」などの見出しで12月30日、まるで大晦日の「変事」を予言するかのような記事を書いているのだ。

     「リテラ」の記事では、週刊文春12月7日号を紹介。欅坂が「風に吹かれても」でレコード大賞の優秀作品賞にノミネートされていることを挙げた上で、「元々は4月発売のシングル『不協和音』が選出される予定で審査も進んでいた。しかし、受賞曲を決定する審査会の数日前になって、欅坂46の所属レコード会社であるソニーミュージックから『不協和音』ではなく『風に吹かれても』を優秀作品賞に」と要望があったというのだ。

     週刊文春では、その理由を平手さんの体調にあると指摘。曲の世界観にのめり込むタイプの平手さんは、「不協和音」を歌うと体調が悪化するため、12月30日のレコ大の生放送では歌わせられないと運営側が主張したというのだ。

     リテラは、平手さんが雑誌「ロッキング・オン」のインタビューで「不協和音」を「命を削る曲」と評し、「やれるとしても自信はない」と話していることを摘示した。

     その上で「リテラ」では12月30日、「今夜のレコード大賞では『風に吹かれても』が歌われるが、実は、明日の『紅白歌合戦』では、『不協和音』が歌われる予定だ」として、「この2日間、彼女は無事にパフォーマンスをやり遂げることができるのだろうか」と締めくくっている。この予言が不幸にも的中したということだ。

     以前からリテラは欅坂に関しての記事が多く、運営側、特にプロデューサーの秋元康氏に批判的だ。

     元日にも「リテラ」は紅白の「変事」を取り上げ、「欅坂」が平手さんの一強体制になっていると指摘。このことが平手さんだけでなく、他のメンバーの心身を壊し始めていると主張した。その上で、平手さんが以前、「この場からいなくなりたい」と発言したことを秋元氏が雑誌のインタビューで明かし、「(平手さんは)ピュアな子なので人間関係に疲れちゃう場合もあるんだろうし、あるいは センターでい続ける重圧かもしれない」と答えたことをとらえ、「これはどう考えてもSOSのサインだろう」と指摘。「秋元氏と運営は抜本的な解決を図るべきではないのか」と批判している。(WEB編集チーム)

     http://news.livedoor.com/article/detail/14107299/

    欅坂46 『不協和音』
    https://www.youtube.com/watch?v=gfzuzDrVRVM


    紅白歌合戦で倒れる様子
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=xbuRigd6r6k


    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【欅坂46】紅白で倒れた平手友梨奈「『不協和音』は命を削る曲」 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/01/02(火) 12:27:01.74 _USER9
    昨年大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15〜11・45)の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が前半(第1部)は35・8%、後半(第2部、後9・00)は39・4%だったことが2日、分かった。

    今年9月に引退する安室奈美恵(40)のラスト紅白など話題は多かったが、後半は40%の大台に届かず。
    2部制になった1989年以降、2015年の39・2%、04年の39・3%に次ぐ歴代ワースト3位となった。

    1

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/02/kiji/20180102s00041000071000c.html

    関西地区の第2部の平均視聴率は39.6%(前年比0.1ポイント増)で、89年以降では6番目に低かった。
    前半部分となる第1部(午後7時15分から1時間40分)は、関東が35.8%(同0.7ポイント増)、関西は33.2%(同0.8ポイント減)だった。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25282700S8A100C1000000/

    【【紅白歌合戦】 視聴率歴代ワースト3位 39.4% 】の続きを読む

    このページのトップヘ