中二病速報

    タグ:米国

    1: 名無しさん@涙目です。 2019/02/03(日) 08:50:54.30 ● BE:842343564-2BP(2000)
    「こんまり」とかいう日本人女性が米国人に大ウケ リビングに黒タイツで正座

    no title

    no title

    no title

    こんまり現象はエイズ患者をも救う? 配信から1ヵ月で人々の意識がどう変わったか 
    https://news.yahoo.co.jp/byline/abekasumi/20190203-00113471/ 

    【「こんまり」とかいう日本人女性が米国人に大ウケ リビングに黒タイツで正座】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/01/18(金) 13:58:38.98 0
    日本映画が全米1位の快挙!!

    Deadline is reporting that Dragon Ball Super Broly has made $5+ with a possibility of around $7 million on opening day.

    Not only will that make it the #1 movie in the United States, it will be the first Anime movie to have accomplished that feat since Pokemon The First Movie did so back in November 1999.

    https://www.reddit.com/r/anime/comments/agw51o/dragon_ball_super_broly_debuts_/

    no title

    映画『ドラゴンボール超 ブロリー』500万㌦超えで全米1位スタート。ポケモン・ミュウツーの逆襲(1999)以来の快挙
    https://deadline.com/2019/01/dragon-ball-super-broly-opening-day-domestic-box-office-1202536491/

    【日本映画が全米1位の快挙!!】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/10/17(水) 05:06:53.40 _USER9
    ピース綾部祐二、渡米1ヶ月にして大仕事&世界デビュー 森星も初挑戦

    Netflixオリジナルシリーズ「ファイナル・テーブル」が、11月20日から、世界190ヵ国で独占配信されることが決定。同番組に、お笑いコンビ・ピースの綾部祐二、モデルの森星がスペシャルアンバサダーで出演する。

    同番組は、15カ国から集まった料理人24名がペアを組み、9名からなる食のエリート集団“ファイナル・テーブル”の最後の一席を目指して競い合うグローバルな料理バトルショー。様々な国から国際色豊かなシェフたちが出場し、毎回、メキシコ、スペイン、ブラジル、日本、インドなど、出題される国を代表する料理・食材をテーマにその腕を競う。

    毎回、テーマとなる国の著名人、美食家、料理評論家、そしてミシュランレストランシェフを含む各国屈指の料理人が、審査するスペシャルアンバサダーとして登場。そして、日本の回のスペシャルアンバサダーとして、米国進出のため昨年からNYに活動拠点を移した綾部、モデルとして国内外でも活躍中の森、そして料理評論家の片山晶子が出演していることが明らかに。綾部は、渡米1ヶ月で既にバラエティ番組に出演していたことになり、森もファッション関係以外の海外番組へのゲスト出演初ということで、2人ともビッグオファーを受けていたことがわかった。

    ◆綾部祐二、渡米後初の大仕事

    綾部は、渡米後初の大きな仕事だったといい「何で英語も話せない自分が…」とビッグオファーに戸惑いつつも、一人ずつに与えられる専用のトレーラー(控室)、豪華すぎる楽屋には「ラグジュアリー過ぎるだろう!」と興奮を隠せない様子。
    そして本番では、ラーメンを食べるジェスチャーで笑わせたり、話が弾んだシェフとエールを送りあうなどして観客から拍手喝采を浴びるなど、コメディアンとしての存在感をいかんなく発揮した。

    そんな綾部の姿をみて、森は「日本のテレビ番組収録の綾部さんと変わらないユーモアを出していました。言語のバリアを上手くジョークに変えていたところに綾部さんのコメディアン魂を感じました」と称賛。森は、トークや試食でのレポートは全て英語で表現豊かに伝えており、MCやシェフたちもその言葉に納得の表情。またそのファッションや立ち姿に「可愛い!」という声があちこちから飛びかった。

    ◆綾部祐二が語る見どころ

    今回、番組が世界190ヵ国に配信されるため、まさに世界デビューともいえることについて、綾部は「今回は、料理番組の審査員という形だったので、僕自身が何かネタとかをした訳ではないですが、アメリカの番組に出ている以上、世界デビューした事に変わりないので、最高でした」と喜びのコメント。
    自分の出演シーンの見どころについては「とりあえず英語が一人だけ喋れず、ノリだけでやっていますのでそれ以上の事はないです(笑)」と冗談めかす。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    「ファイナル・テーブル」(提供写真)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    https://mdpr.jp/news/detail/1799084

    【ピース綾部祐二、渡米1ヶ月にして大仕事&世界デビュー 森星も初挑戦 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/10/17(水) 05:28:27.57 _USER9
    「電車男」 米国でミュージカルドラマ化が決定

    日本の人気ドラマ「電車男(Train Man)」を基にしたミュージカルドラマが、米国の視聴者向けに制作されることが決まった。制作陣が16日、発表した。

     インターネット掲示板に恋愛相談を持ち掛けたオタク男性の実話に基づいたこの作品は、大人気となったテレビドラマ版に加え、小説や漫画、映画にもなり、社会現象を巻き起こした。

     仏カンヌで開催されている世界最大の国際テレビ番組見本市「MIPCOM」での発表によると、米国版ミュージカルドラマは1話30分のシリーズで、監督は映画『ヘアスプレー(Hairspray)』で名をはせたアダム・シャンクマン(Adam Shankman)が務める。

     フジテレビジョン(Fuji Television)が自社のドラマを米市場に輸出したのは、同社史上初めて。米国版の脚本は「Hey!レイモンド(Everybody Loves Raymond)」のフィリップ・ローゼンタール(Phil Rosenthal)とタッカー・コーリー(Tucker Cawley)が手掛ける。【翻訳編集】 AFPBB News

    米映画監督アダム・シャンクマン氏(2008年12月11日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News
    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000000-jij_afp-ent

    【「電車男」 米国でミュージカルドラマ化が決定 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/07/05(木) 06:33:32.93 _USER9
    須藤さん早食い5連覇 NY恒例ホットドッグ大会

    米独立記念日の4日、ニューヨークのコニーアイランドで恒例のホットドッグ早食いコンテストが開かれ、女性の部で西部ラスベガス在住の須藤美貴さん(32)が規定の10分間に37個を食べ優勝した。2014年の初優勝から5連覇を達成した。

     この日は猛暑だったが、須藤さんは余裕のある表情でホットドッグを次々と平らげ、2位以下を突き放した。昨年に自身で記録した41個には及ばなかったが「暑さで、どの参加者も(食べた)数は少なかった。勝ちは勝ちです」と満面の笑み。日本人の父親と米国人の母親の間にニューヨークで生まれ、4~12歳を日本で過ごした。

    https://this.kiji.is/387350988942034017 

    2016年画像
    img_ce50d79c7e1372ad1a230fec74d4bd9a229802


    【【NY恒例ホットドッグ大会】須藤美貴さん早食い女性の部、5連覇 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/04/04(水) 06:02:47.91 _USER9
    アメリカのカリフォルニア州北部にある動画共有サイト「ユーチューブ」の本社で現地時間の3日午後1時ごろ日本時間の4日午前5時ごろ、銃撃がありました。

    地元警察は、ツイッターを通じて「銃撃に対応している」としていて現場近くに近寄らないよう呼びかけています。

    けが人が出ているかどうかなどはまだわかっていません。現場は、カリフォルニア州北部・サンフランシスコ郊外のサンブルーノ市です。

    qLFFHQu

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180404/k10011390201000.html

    【【速報】ユーチューブ本社で銃撃 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/03/05(月) 07:39:34.35 _USER9
    アメリカのケーブルテレビTLC(ザ・ラーニング・チャンネル)の人気番組『My 600-lb Life(体重272キロの人生)』は、肥満に苦しむ人々が医師らの力を借りて減量に挑戦するリアリティーショーである。先月28日の放送で、減量に挑戦していたニュージャージー州フォークト・リバー出身の男性が、昨年11月に亡くなっていたことが明らかになった。『PEOPLE.com』『Fox News』などが伝えている。

    超肥満で体重が380キロを超えていたロバート・ブッヘルさんは昨年11月15日、『My 600-lb Life』の収録中に心停止を起こして亡くなった。41歳だった。

    ロバートさんは生前、肥満のためベッドから起き上がることも苦痛な状態で、食事からシャワーまで生活のほとんどをフィアンセのキャサリン・レマンスキーさんに頼っていた。しかし真剣に減量に取り組みたいと『My 600-lb Life』への出演を決め、昨年6月にキャサリンさんとともにヒューストンの病院に移っていた。

    ヒューストンでは減量外科専門医のYounan Nowzaradan氏の監視指導のもと、食事療法や簡単な歩行訓練などのリハビリを重ねた。9月には肥満による腹腔内の脂肪が原因でできる肥満性リンパ浮腫の、身体右側部分の切除手術を受け約155キロの減量に成功、体重は227キロにまで落ちていた。

    しかし手術後、これまでに経験することのなかったストレスからうつ状態となり、ロバートさんは鎮痛剤に依存するようになる。見かねたNowzaradan医師は鎮痛剤をやめるように指示したが、これに反発したロバートさんはベッドから起き上がることさえも嫌がり、鎮痛剤欲しさに手術の際に縫合した糸を引きちぎるなど異常な行動に出るようになった。

    その後、病室からリハビリ施設に移動したもののロバートさんは一切の運動を拒否し、ついには歩くこともやめてしまう。精神的、肉体的にも苦しむ日々が続くなか、ロバートさんは減量開始から5か月後の番組収録中、心停止に陥り帰らぬ人となってしまった。

    ロバートさんに付き添いケアをしていたキャサリンさんは、あまりにも突然の死をこう振り返っている。

    「手術後のロバートは、まるで人が変わってしまったようでした。鎮痛剤の服用ができず、自分と向き合うことをやめてしまったのです。ロバートが亡くなる前、彼は私にこう言ったのです。『今夜を乗り越えることができないような気がする。愛してるよ。これからもずっと愛してる…』私はベストフレンド、そして生涯のパートナーを失ってしまいました。」

    ロバートさんとキャサリンさんは14年来のつきあいで、来年にはフロリダのディズニーワールドで結婚式を挙げることが決まっていた。“自分の人生を取り戻したい”と決意したロバートさんは、番組の中で肥満について次のように語っていた。

    「今の自分はキャサリンに頼らなければ生きていけないのです。自分で自分のことは何も出来ない。こんな人生を望んでいる人なんていないでしょう。増えてしまった体重によって、身体に相当の負担がかかっているのはわかっています。この状態を抜け出さない限り、メンタルがやられてしまう。感情的になるのもすべてコントロールできない体重のせいなのです。この生活からなんとか抜け出したいのです。」

    キャサリンさんはロバートさんの死の2日後、Facebookにこう綴った。

    「自分の人生が思い通りにならなくて、ロバートは本当につらかったと思います。亡くなる2か月前は減量が成功していると喜んでいたのに、こんな結果になってしまって…。でも彼の死を無駄にしたくはありません。彼の死から学ぶことはたくさんあると思います。」

    「彼のために全力でケアをしてくださった医師、看護師のみなさんには感謝しています。彼は決して一人で旅立ったのではありません。そのことが唯一の救いです。」

    ロバートさんの旅立ちの日、キャサリンさんはその手をしっかりと握りしめ、志半ばで逝ってしまった彼にそっと寄り添っていたそうだ。

    no title

    Techinsight
    http://news.livedoor.com/article/detail/14385852/

    【【米国】体重380キロ超の41歳男性 減量ドキュメンタリー番組収録中に急死 】の続きを読む

    このページのトップヘ