中二病速報

    タグ:米倉涼子

    1: 名無しさん@涙目です。 2019/05/15(水) 12:25:32.27 ID:iqzwcMDG0 BE:306759112-BRZ(11000)
    5月10日放送の『ぴったんこカン☆カン』(TBS系)2時間スペシャルに、女優の米倉涼子が出演。
    同局の安住紳一郎アナウンサーとロケを行なったところ、視聴者から「イチャイチャし過ぎ」「お似合いだな」などといった感想が上がった。

    安住アナと米倉はプライベートでも親交があり、〝2人旅ロケ〟はたびたび放送される番組の名物企画。
    今回は安住アナの故郷・北海道を訪れ、仲むつまじい雰囲気でロケが進んでいった。

    ロケのオープニングトークは札幌で撮影されたのだが、米倉は「ごあいさつだけでもと思ったんですけど…」と嘆き、安住アナの地元・帯広の実家を訪れたかったというボケを披露。
    すると、安住アナも「ウチにですか!?」「大ごと!」と返し、親交を感じさせるあうんの呼吸をいきなり見せていく。

    米倉涼子と安住紳一郎アナが公開イチャイチャで「はよ結婚しろ」
    https://myjitsu.jp/archives/83389  

    596552


    【米倉涼子と安住紳一郎アナが公開イチャイチャで「はよ結婚しろ」 】の続きを読む

    1: メアリー ★ 2019/02/26(火) 13:47:33.39
     女優の米倉涼子が2月19日、アサヒビールの「アサヒワインアンバサダー」に就任したのを受けて、発表会に出席した。

     この日の米倉は柄物のロングスカートに、黒のシックなワンショルダーという大人の魅力あふれるスタイル。左肩から鎖骨にかけて肌を大胆に見せていた。

    「スカートでせっかくの美脚が見えなかったのは非常に残念ですが、そのぶん、上半身の肌見せはたっぷり。43歳とは思えない美しい肌でした。しかも美ワキがチラ見えするんです。彼女がワインを飲む時には右のワキがわずかに顔をのぞかせる。美ワキに酔ってしまいそうでしたよ(笑)」(週刊誌記者)

     米倉は同社が扱うチリのオーガニックワインを試飲。さらに国産のワインを口にすると「フルーティーで柔らかめのテイスト」と表現したが、彼女の美ワキはそれ以上に“フルーティー”だったようだ。

    「注目はそれだけではありません。ワンショルダーがかなりタイトで体を締め付けるようなかっこうになっていたため、胸の柔らかなお肉が服からこぼれていたんです。服の上に乗っかるようになったお肉を見つけた時は、思わず小躍りしてしまいそうになりました」(前出・週刊誌記者)

     米倉涼子のボディはワイン以上に熟れごろ、飲みごろだったようだ。その美貌を活かした新作を早く見たいものだ。

    アサ芸 
    https://www.asagei.com/122313 

    thumb-12273-196094-entame_l

    399572


    【米倉涼子“フルーティー”な美ワキに報道陣が酩酊KOされていた! 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/10/07(日) 13:52:37.69 _USER9
    同じマンションで生活を…海老蔵&米倉涼子に復縁の可能性

     市川海老蔵(40)が長女の麗禾ちゃん(7)と長男の勸玄君(5)を連れて、9月上旬に麻布十番の老舗たい焼き屋を訪問する姿を「フライデー」(9月28日号)が報じた。

     この日の東京は気温が35度を超える猛暑日。勸玄君に手を引かれるように、たい焼き屋の暖簾をくぐったのだろう。

     駐車場に車を止め、親子3人で麻布十番の商店街を歩くと、通りすがりの買い物客らが“海老蔵、頑張れよ!”とか“勸玄君、可愛い!”と口々に声を掛けていたという。

     一部メディアは海老蔵の第13代団十郎襲名の時期をマジメに探っているが、今の海老蔵の関心事はそれよりも、自らが専門委員を務める東京五輪の成功なのだという。

     未発表だが、海老蔵は、東京五輪の晴れ舞台で、狂言師の野村萬斎と歌舞伎との“コラボ”を披露する。これを「最大の楽しみ」と関係者に漏らしている。年齢は野村の方が海老蔵よりひと回り上だが、作品づくりの現場では、海老蔵が積極的にアイデアを出しているという。

     そんな海老蔵の周辺から自然と漏れてくるのが“再婚”の話題だ。妻の小林麻央さんが34歳の若さで急逝してから1年3カ月が経過する。襲名披露を控えて「そろそろ」を期待する歌舞伎ファンもいるという。

     後援者との歓談の席で、海老蔵は「東京五輪は家族4人で迎えられたらいいですね」と話題を振られ、「ご縁があれば」と否定も肯定もしなかったことが報じられた。マスコミはこの情報に尾ヒレをつけようとしているが、専門委員会の関係者によれば、海老蔵は「特にこだわりはない」と語ったそうで、再婚を急いでいる様子はうかがえない。

    ■海老蔵に問いただすと…

     しかし、歌舞伎界きってのモテ男が、このまま枯れていくはずもない。前妻の喪が明けた前後から、“相手候補”として複数の女性の名前がうわさされては消えた。実は、冒頭の麻布十番での家族だんらんのシーンも、新恋人探しの延長線上にあった。複数の女性の中でも芸能マスコミが狙いを定めているのが、あの米倉涼子との“復縁”だ。前夫と離婚してから2年が経過する米倉が“再婚”するとしても、何ら障害らしきものはない。

     あるテレビ関係者は米倉の気持ちを代弁して、「いつでもウエルカム! の状態だってさ」と私に耳打ちした。さらに、海老蔵親子は現在、渋谷区内のマンションに居を構えているが、偶然なのか、同じマンションに米倉の部屋もあるという。

     過去に結婚寸前までいった元交際相手と同じ屋根の下で暮らしているとしたら、あらぬ誤解を招いたとしても不思議ではない。

    「同じマンションに住んでいれば、2人の子供を寝かしつけたあとに、相手の部屋に行くことだってできます」(芸能関係者)

     にわかに、海老蔵の新恋人探しが熱を帯びているわけだ。

     もっとも、ある五輪関係者が米倉との復縁の可能性について、海老蔵に問いただしたところ、本人は鋭い目でこう答えたという。

    「若い女の子ならいざ知らず、(散々遊んだ)年上の女性とやり直すと思いますか?」

     海老蔵は、うまくけむに巻いたつもりかもしれないが、もしかしたら年内にも決定的スクープが出る可能性がありそうだ。

    (芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000003-nkgendai-ent

    no title

    【同じマンションで生活を…海老蔵&米倉涼子に復縁の可能性 】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2018/05/21(月) 01:22:00.41 _USER9
    女優の米倉涼子(42)が20日、都内で行われた日経ヘルス創刊20周年記念『ビューティーミューズ大賞』スペシャルトークショーに出席し、脚へのコンプレックスを語った。

     人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』では白衣から伸びた美脚が定着している米倉だが「すごくコンプレックスがあって、ヒザから下がO脚なんです。ネット検索すればすぐわかります。どなたもそうだと思いますがコンプレックスはあるんですよね」と意外な悩みを告白。
    脚のカットが多い同シリーズだけに「(大門)未知子の役ってイライラしますね」と本音をこぼした。

     「脚にすべての体調が出る」と言う米倉は、はまり役の大門未知子のトレードマークがミニスカートであることに対し「1日中ヒール履かないといけないのにすぐむくむので、あの短いスカート、イライラします」と苦笑。
    「夜(の撮影)に限って足からのターンのシーンとかね。女子の気持ちがわからない人たちだな~って思います」と愚痴をこぼした。

     空き時間を見つけては「リファとかゴロゴロするようなものをやったり、段差を見つけたら伸ばしてみるとか…」と影ながらの努力を重ねるものの、朝イチの撮影前後にサイズを測ってみると2センチほどアップしていたことも。『(美脚で)いいよね』と言われるたびに『ムッ』と思ってる。違うのに」と嘆いていた。

     また、同ドラマでは「私、失敗しないので」が決めせりふだが「失敗なんてない人はいない。
    私もネット調べるといろんな失敗してると思います。視聴率が取れないとか、頑張ってるのに『老けたな』とか『偉そうに』とか…すいませんねと思っちゃう」とここでも等身大の本音を打ち明けた。

     一方で、「でも自分って自分しかいないので吹っ切るしかない。すごくネガティブなので背中を押してもらってます。
    超ネガティブ思考なんです。だからやってこれてるというのもある。絶対負けたくないと、ネガティブプラス負けず嫌い。
    マイナス思考も糧にしていこう、利用していこうとは思っています」と奮起していた。

    20180518-00000374-oric-000-view

    オリコン 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000374-oric-ent 


    【米倉涼子「私もネット調べるといろんな失敗してると思います」 】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/12/17(土) 05:19:35.90 _USER9.net
    「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」で大ブレーク中のシンガー・ソングライター、ピコ太郎(53)が、テレビ朝日系人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)とコラボしたことが16日、分かった。

    ピコ太郎のプロデューサーとされる古坂大魔王(43)が、22日放送の最終回にゲスト出演。米倉涼子(41)演じる未知子と岸部一徳(69)演じる名医紹介所所長・神原の前に突然現れ、騒動を巻き起こす男に挑んでいる。古坂のドラマ出演は14年ぶりという。

    同ドラマは、時事ネタを取り入れることでも話題で「PPAP」も第6話(11月17日放送)に“登場”。未知子の手術代金をメロンの差し入れと共に請求する神原に、西田敏行演じる病院長が「アイ・ハブ・ア・メロン。ペンメロンメロンペン」と答える場面があった。

    このほど、ピコ太郎は古坂出演のお礼に、都内の撮影現場を訪問。ドラマのお決まりの場面にちなみ、米倉にはトレードマークのヒョウ柄の風呂敷に包んだメロンを差し入れ。岸部には古坂のギャラを求め「パイナップル1個+アップル3個」の請求書を手渡した。

    「放送を見て、興奮した」というピコ太郎は、米倉と岸部に「PPAPの正式な踊り方を伝授したい」と志願。バレエ歴の長い米倉には「バレエの概念は捨ててください。“ウッ!”は愛情と憎悪の中間くらいで」と鬼指導。最後は3人で「PPAP」を完璧に歌い踊り現場をわかせた。

    米倉は「ヒョウ柄の衣装で踊りたかった。完コピできなくて悔しい」とノリノリ。ピコ太郎は「米倉さんはいい女ですね~。一緒にPPAPできるなんて、テニスでいえば前衛じゃなくて後衛(光栄)」と感激だった。この冬話題のツートップの“共演”で視聴率はさらに、跳ね上がりそうだ。

    デイリースポーツ 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00000000-dal-ent.view-000

    画像 岸部一徳(左)、米倉涼子(右)とダンスを踊るピコ太郎
    20161217-00000000-dal-000-1-view

    http://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/17/0009757891.shtml

    【ピコ太郎「ドクターX」とコラボ 古坂大魔王が最終回出演お礼訪問】の続きを読む

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 05:11:37.70 _USER9.net
    俳優の遠藤憲一(55)がテレビ朝日「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)に帰ってくることが1日、分かった。

    「御意!」のセリフでおなじみの海老名敬役を好演し、シリーズ第2弾からレギュラー出演。
    第4弾となる今回は第5話(10日放送)と第6話(17日放送)へのゲスト出演になるが、遠藤は「僕も大好きな役。僕は情けない役を演じるのが好きなんですけど、 ドラマやCMでもそういう役が増えるきっかけになったのは、間違いなく海老名だったと思いますね」 と自身の役の幅が広がった作品とキャラクターに愛着を示し、感謝した。

    主演の米倉涼子(41)演じる孤高の天才外科医・大門未知子が 金と欲にまみれた病院組織にメスを入れる人気医療サスペンス。
    2年ぶりのシリーズ第4弾は天敵・蛭間重勝(西田敏行)率いる国内最高峰「東帝大学病院」が舞台。
    医療の本質を見失い、病院の格付けに躍起になる“白い巨塔”に立ち向かう。

    遠藤演じる海老名はシリーズ第2弾、第3弾、スペシャルに登場。
    蛭間の権力を前にプライドをかなぐり捨てて、ひたすら「御意」と言い続け、時には蛭間の秘密が書かれた手帳をムシャムシャと食べるなど、仕え続けてきた腹心。
    現在は「国立高度医療センター」の金沢分院に飛ばされ、外科部長の座に納まっているが、今回は蛭間を窮地から救うべく金沢から駆け付け、満を持して「東帝大学病院」に姿を現す。

    遠藤は典型的な“上には弱く、下には強い人間”を、絶妙なバランスで熱演。
    コワモテの顔なのに子犬のように目が潤んだと思えば、蛭間に反論できず“なで肩モード”でシュンと意気消沈…など、中間管理職の悲哀を愛らしく体現した。ともすれば視聴者に嫌われかねないセコい役柄は“シリーズきっての愛されキャラクター”に昇華した。

    第4弾が始まるとインターネット上には「海老名ロス」の声が相次いだが、 遠藤は「少しでも喜んでくれる人がいたら、うれしいですけどね」と笑みを浮かべ 「(再登場は)うれしいです。今回はゲストという形での出演ですが、温かい『ドクターX』チームに囲まれながら、全力で海老名を演じたいと思います」と意気込んでいる。

    自身の役の幅が広がるほど「インパクトを与えられる“すごく情けない海老名”が誕生したのは、西田敏行さんがイジりまくってくださったおかげだと思います。
    今回、劇中で久々に蛭間院長と再会しましたが、やはりおもしろいですね! 西田さんとのシーンはどんなアドリブが飛んでくるか予測不可能なので、ワクワクするんです。
    今回の再会シーンでも予想外の球が飛んできて、自分でも笑っちゃうようなやり取りになりました」と振り返った。

    遠藤の再登場に、米倉も「やっと出てきたか!ずっと待ってた! 遠藤さんはいつも一生懸命、海老名先生のダメなところや、かわいそうなところを演じてくれるんです。
    そのお芝居が痛々しくて、本当にかわいらしくて…!今回は残念ながら2話だけではありますけど、魅力的な海老名先生に久しぶりに会えてうれしかったです」と大歓迎している。

    ・「ドクターX~外科医・大門未知子~」にゲスト出演する遠藤憲一(右は米倉涼子)(C)テレビ朝日
    画像
    no title

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/31/kiji/K20161031013636450.html

    【遠藤憲一「ドクターX」再登場!海老名役に感謝 役の幅広がった】の続きを読む

    このページのトップヘ