中二病速報

    タグ:稲垣吾郎

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/11/22(木) 21:59:55.16 BE:292723191-PLT(19081)
    ジャニーズ事務所の中居正広が、裏切ったはずの『新しい地図』の3人、 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾に水面下で急接近を試みている。

    中居は去る10月、稲垣を通し、今年は「みんなで忘年会をやりたい」と発案したというのだ。
    「去年もやっていないし、旧交を温めようというわけです。そこで稲垣は3人で相談。
    昔、稲垣は木村拓哉と中居の連絡担当だったので、強行反対はしなかった。
    一方、草彅は『中居くんはウチらを利用するだけだから、会っても意味がない』と拒否。
    最後に香取が『ジャニーズに居られないからウチが逃げ場でしょ。信用できないし、ダメだよ』と絶対反対。
    稲垣は2人の意見を尊重し、今年の忘年会は“中居抜き”で行うことにしたそうです」(ジャニーズライター)

    中居は3人が独立後、リーダーと一番の年少という立場を利用し、真っ先に香取には連絡。
    裏切っておきながら、例の軽い調子で「元気~!?」と第一声で放ったという。
    「香取は中居より4つも年下だし、ズルズルと電話で話をしてしまった。
    そこで余計な接点を持ったことに、香取は『失敗した』と後悔を口にしたそうです」(同・ライター)
    狡猾な中居は香取に次いで稲垣とも連絡。「今度会おうよ」という確認を取り、その後、稲垣、香取の3人で都内の和食店で会ったという。
    「草彅はやはり性格なのか、中居の電話に出ないし、中居、稲垣、香取の場にも来なかったそうです。
    草彅は“絶縁”でいいと考えているようです」(同)

    中居は滝沢秀明新体制下で、最大の“追放対象”とされる人物だともいわれている。
    「これまで年少者ということで、何でも中居の言いなりにされてきた香取もソッポを向いたのは致命的。
    中居の居場所はどこにもないでしょう」(女性誌記者)

    20180829-OHT1I50054-T

    https://myjitsu.jp/archives/67908

    【中居が忘年会を提案するが、草彅は拒否、香取は絶対反対 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/11/20(火) 05:05:18.03 _USER9
    稲垣、草なぎ、香取の3人が揃って地上波番組出演 地方ロケで街ブラ

     「新しい地図」に所属する俳優の稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(41)が12月1日、15日放送のRKB毎日放送の街ブラバラエティー番組「略してブラリク」(後4・00)に3人そろって出演することが19日、分かった。行き先を告げられていない3人が福岡県の糸島を訪れる単発番組で、放送エリアはRKBのみ。

     同番組は福岡県糸島市の船越漁港を訪れた3人が、番組スタッフや町の人からの“無茶ぶり”に応える街ブラバラエティー。“無茶ぶり”すなわち“ブラックリクエスト”に応えながら、最終的に出会った人に「遺言」を書いてもらうという内容で、地方ロケならではの3人のリラックスした表情も見どころの1つ。

     ▼草なぎ 今回のロケは、初めてのスタッフと、しかもアポイント無し行き当たりばったりのロケをしているので、そういうところがすごく面白いと思います!

     ▼稲垣 今回は福岡の中でも自然のきれいな糸島。命の洗濯ができるほどすごく気持ちよく素晴らしい場所で、人もあたたかく、みなさん絡み方が独特で面白い。福岡はフレンドリーでいいですよね。

     ▼香取 カンペのない番組で「バラエティー慣れした慎吾は慣れた感を出さずにうまくその場を仕切れ」みたいでイヤな感じでした(笑)。僕らが知らないだけで、福岡県の糸島が日本で一番住みたい街っていうだけあり、ロケしていると意外な発見がたくさんありました!番組は楽しみですし、福岡県も広いから全部行きたいです!


    (左から)草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾
    Photo By 提供写真
    no title


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/19/kiji/20181119s00041000176000c.html

    【稲垣、草なぎ、香取の3人が揃って地上波番組出演 地方ロケで街ブラ 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/10/16(火) 20:16:41.92 _USER9
    「新しい地図」が原因!?ジャニーズが鈴木おさむに激怒し業界追放の危機!

     10月7日に放送されたバラエティ番組「7.2新しい別の窓」(AbemaTV)にて、19年の元旦に「お正月スペシャル」が放送されることが発表された。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が元旦に集まって仕事をするのは23年ぶりとなる。

    「今回の放送では、17年9月に『新しい地図』をスタートさせてから1年を迎えた3人が、パリで語り合う企画が放送されました。その際、草なぎは新たな道を歩み始めたことについて『自分の選択は間違っていなかったと思う』と本音を明かし、1年を振り返りました。また番組の最後には元旦SPの放送も発表され、ファンから歓喜の声があがりました」(テレビ誌記者)

     同番組が始まった当初は、ゲストに大手芸能事務所のタレントが1人も出演していないことが話題になったものの、現在は、ジャニーズに忖度しない大物俳優や歌手が続々と出演している。

     そんな中、ジャニーズが放送作家にまで圧力をかけている疑惑を、10月12日発売の「フライデー」が報じている。

    「『フライデー』の取材によると、森三中・大島美幸の夫で、放送作家の鈴木おさむが、Abemaの『新しい地図』の番組に関わっていた可能性があるとのことで、ジャニーズ事務所から『鈴木の起用を控えるように』と民放スタッフにお達しがあったそうです。しかし鈴木といえば、放送業界ではトップクラスの売れっ子作家ですから、彼を干すことでジャニーズは自分の首を絞めることになる可能性もあるでしょう。また、そんな状況のため、一部の業界人は、番組に関わっていることを内密にして『新しい地図』に協力している者も多いとのことです」(前出・テレビ誌記者)

    「フライデー」といえば2月の記事で、各局のプロデューサーに対し「『新しい地図』の番組に出演したタレントとは、共演NGにするように」と、ジャニーズから通達があったという内情を報じていた。それが今度は、裏方のスタッフにまで影響が出始めたようである。

    o1080059814162753167

    https://news.nifty.com/amp/entame/showbizd/12104-114056/

    【鈴木おさむ氏が業界追放の危機 元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の番組に関与か 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/10/11(木) 07:17:40.98 _USER9
     女優・剛力彩芽(26)が10日、自身のインスタグラムを更新。舞台「No.9―不滅の旋律―」(11月11日~12月2日、東京・TBS赤坂ACTシアター)で共演する元SMAPの稲垣吾郎(44)との2ショットを公開した。

     「No.9」は稲垣が天才作曲家・ベートーベンの半生を演じて好評を得た作品で、今回が3年ぶりの再演。2年ぶり2度目の舞台となる剛力がヒロイン・マリア役を演じる。

     剛力は「ついに始まりました!No.9のお稽古」と報告し、「先日お食事をご一緒させていただいた時に稲垣さんとも写真を撮らせていただきました」と写真をアップ。「お芝居では初めて共演させていただきます。稲垣さんは安心感と暖かさでどっしりと構えてくださる方」とつづり、「頼りながらも胸を借りるつもりでしっかり向き合っていきたいと思います。舞台では、マリアとしてベートーヴェンを支えていけるように頑張ります!」と意気込みを示した。

     株式社ZOZOの前澤友作社長(42)との交際が注目されている剛力だが、久しぶりの女優業に「舞台頑張ってください!」「素晴らしいツーショット!」「お仕事の投稿も久々嬉しい」「剛力さんのマリア、楽しみにしています!」などのコメントが寄せられている。

    スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181010-OHT1T50086.html

    42596261_290002634945477_5583642765249365511_n

    no title

    【剛力彩芽、稲垣吾郎とツーショット 久々女優業に意欲(画像あり)】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/08/31(金) 16:41:21.19 0
    「中居は現在、レギュラー番組のないフジテレビからのオファーをすべて拒否しており、
    『(稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が所属する)「新しい地図」の番組をやれば考えてもいい』と返答しているのだとか。
    フジといえばこの夏、プライム帯にて稲垣がMCを務めるドラマ『ほんとにあった怖い話』が放送され、話題となりましたが、そのオンエアが実現したのも、中居の影響があったからなのかもしれません」(テレビ誌記者)

    20180305-00054603-crankinn-000-20-view

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0831/asg_180831_7953240917.html

    【フジテレビ「中居さん番組に出演して」中居「新しい地図の3人をフジで使ってくれるなら考える」 】の続きを読む

    1: ほニーテール ★ 2018/07/26(木) 10:59:32.81 _USER9
    昨年9月にジャニーズ事務所を独立してから間もなく1年。足並みをそろえて順調に歩んできた「新しい地図」(以下、「新地図」)の草彅剛、香取慎吾、稲垣吾郎の3人の立ち位置に微妙な違いが現れ始めた。稲垣のドラマ起用をフジテレビが発表した。

    「稲垣は8月には京都で主演舞台があり、11月には剛力彩芽との舞台共演が控えています。主演映画も3本が決まっており、俳優として改めて注目されています」(芸能ライターの弘世一紀氏)

     SMAP時代の稲垣は、どちらかといえば地味な存在だった。歌は中居ほど下手ではないが、飛び抜けてダンスがうまいとはいえない。バラエティーでそこそこ味は出すものの、香取ほどの爆発力はない。MCとしての実力に定評はあったが、中居をしのぐほどではなかった。演技力は折り紙つきなのに、キムタクや草彅の陰に隠れて、主役を張る機会は少なかった。稲垣自身も自ら前へ出て行くタイプではなく、今後を最も危ぶまれていたのも稲垣だった。

     しかし、独立後の3人は積極的に仕掛けていく。AbemaTVの「72時間ホンネTV」に出演し、新曲「雨あがりのステップ」を発表。そして、メンバーそれぞれがブログ、インスタグラムを開設し、草彅がユーチューバーとして活動するなど、ほぼ毎日、ネットにニュースを提供してきた。そんな日々の中で稲垣は積極性を自然と身に付けたのかもしれない。

     もっとも、ジャニーズを独立した稲垣にドラマの仕事が舞い込んだのは自然な流れという見方もある。

    ■色がついていない

    「SMAPは、アイドルとして全ジャンルの仕事をこなす必要があり、そのくくりでいうと、稲垣は他の4人の陰に埋没してしまった。しかし、ジャニーズを離れ、40代のオジサンになった彼らに求められるのは実力です。その中で、稲垣は俳優としての才能があった。しかも、今まで控えめなキャラだったので、他のメンバーほど色がついていない。制作側としても使いたい役者なのです」(弘世一紀氏)

    ただ、フジテレビが稲垣のドラマ起用を決めたことに芸能界に衝撃が走っている。テレビ局はジャニーズ事務所に対する“忖度”で「新地図」と距離を置き続けるとみられていたからだ。

    「テレビ局はスポンサーの意向には逆らえないということでしょう。『新地図』は2018年上半期にグループとして3本のCMに出演。しかも、稲垣は3人の中で唯一、地上波のレギュラー番組も持っている。この1年余り、スポンサーは彼らを地上波に出さない“業界の論理”に疑問を呈してきたそうです」(広告代理店関係者)

    「新地図」は今年大みそかのNHK紅白歌合戦に出場する可能性も取り沙汰されている。稲垣が一歩抜け出たことで、新たな展開が始まりそうだ。

    20180726-00000010-nkgendai-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000010-nkgendai-ent

    【フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/07/17(火) 06:28:13.10 _USER9
     ゲイタウンとして名高い東京・新宿2丁目――。7月11日、この街のとあるクラブで、元SMAPの稲垣吾郎(44)が撮影監督として名高いクリストファー・ドイル(66)からキスされたというのだ。

     とはいっても、2人だけで店にいたわけではない。二階堂ふみ(23)やヴィジュアリストの手塚眞(56)の姿もあったという。

    「手塚治虫(1928~1989)原作の映画『ばるぼら』の打ち上げですよ。『女性自身』(7月24、31日合併号)で報じていますが、6月末のクランクアップの挨拶で、稲垣さんが『あれ、おかしいな……』と言葉に詰まると涙を流したという、手塚治虫の息子・眞氏がメガホンを取るあの映画です。さすがに2丁目での打ち上げには、稲垣さんも『こんなところでやるのは初めて』と驚いていたそうです。ヒロインの二階堂さんは、上機嫌で踊っていたそうですよ」(映画関係者)

     もっとも、打ち上げに新宿2丁目を選んだのは、吾郎ちゃんにゲイ疑惑があるからというわけではない。「ばるぼら」の原作では、異常性欲者の悩みを抱える耽美派作家の「美倉洋介(稲垣)」と、アルコール依存症で自由気ままな「ばるぼら(二階堂)」が出会うのが、新宿駅なのだ。

    「美倉はばるぼらと一緒に暮らし始め、作家として成功します。しかし、彼女の自由気ままぶりが許せず家から追い出すと、作品も書けなくなってしまう。ばるぼらは、実は芸術の女神の化身だったというもの。クライマックスも壮絶で、手塚作品には珍しいモノ。あまりメジャーな作品ではありませんが、手塚ファンとして有名な立川談志さん(1936~2011)も、好きな作品には必ず『ばるぼら』を挙げたほどで、ファンには評価も高い。この連載が『ビッグコミック』でスタートしたのは1973年7月なんですが、翌8月に手塚さんが社長をしていた出版社の虫プロ商事が倒産し、同年11月にはアニメ会社の虫プロダクションも4億円もの負債を抱えて倒産。手塚さんは自宅も失って、どん底にいた時期になります。それでも、執念で復活の道を探り始めた記念碑的な作品でもあるんです」(芸能記者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00545415-shincho-ent 

    no title


    【稲垣吾郎が新宿2丁目で男性とキス!打ち上げで見せた開放感 】の続きを読む

    このページのトップヘ