中二病速報

    タグ:石橋貴明

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/20(水) 22:44:42.30
    モーニング娘。の元メンバーでタレントの飯田圭織が19日に自身のアメブロを更新。お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明と久々の共演を果たしたことを明かした。

    飯田圭織公式ブログよりスクリーンショット 
    no title

    この日飯田は「息子の春休み突入 そして、4月から娘が保育園へ通う事になったので楽しい春休みにしようと思っていますが 朝から晩まで片付かなーい そして、常に食事の準備に片付けーーーといった感じでなかなか忙しいです」と近況を明かし「習い事やお友達との遊びもあってかなりのハードスケジュールなのです!!」とつづった。

    また「さて、お知らせです 3/24(日)21:00~24:00 AbemaTV「石橋貴明プレミアム第2弾 芸能界頂上決戦!貴ヶ原の戦い!」「モー娘。OG大集合!手作りハンバーグの乱」のコーナーに出演致します」と番組出演を報告した。

    続けて「久しぶりにタカさんにお会いできて、「ジョンソン」と呼んでいただける事が嬉しかっです」(原文ママ)と、以前共演した番組のあだ名で呼ばれたことを明かし「今回はメンバーと料理対決でしたよ」と元メンバーたちと料理をしている写真や、ハンバーグを石橋に提供している写真などを公開、「是非チェックしてください」とブログを締めくくった。

    『【石橋貴明プレミアム第2弾】芸能界頂上決戦!貴ヶ原の戦い!』とは、芸能界の全てを知り尽くした石橋貴明が、AbemaTVでプレミアムな企画をお届けするという番組で、「ここだけでしか見られない“芸能界頂上決戦”」というテーマで、「モー娘。OG大集合!手作りハンバーグの乱」以外にも「春の防犯企画!万引きしちゃダメよの乱」 や「落とし合い決戦 奈落の陣」などが放送される。これに対してファンからは「タカさんの、ジョンソン呼びがもう懐かしくてうれしい、、!」 「楽しみ、楽しみ」「飯田さんのハンバーグを食べたい」「絶対みます!!」などのコメントが寄せられている。

     AbemaTIMES 
    http://news.livedoor.com/article/detail/16190416/

    no title

    img7ad04f50zik0zj

    no title

    no title

    【飯田圭織、久々に会えた石橋貴明から“ジョンソン”と呼ばれ「嬉しかった」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/29(火) 22:05:22.76
    とんねるずの木梨憲武(56歳)が1月29日、Instagramを更新し、相方・石橋貴明(57歳)とのツーショット写真を公開。ファンの反響を呼んでいる。

    この日、木梨は自身のInstagramに、木梨の妻で女優の安田成美が撮影した、石橋とのツーショット写真を投稿。

    「偶然、西麻布とんねるず方面!ライブ方向?2019後半ぐらーい?」と投稿し、ライブの開催を匂わせ、「お問い合わせは、井上信悟様・港浩一様 どちらかーで。」とテレビ関係者の名前を綴った。

    ネットでは「ツーショット嬉しい!」「タカさんが連絡つかないって言ってたから心配してた」「ナルーミさんの撮影なんですね」「ライブやるなら見たいなあ!」「とんねるず最高です」といった声が上がっている。

     ナリナリドットコム
    http://news.livedoor.com/article/detail/15945446/

    no title

    【とんねるずのツーショットに反響、安田成美が撮影 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/01/08(火) 23:01:49.79
     とんねるず・石橋貴明(57)が7日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に出演。1990年代にブームとなった「飲尿健康法」を実践していたことを明かし、共演者を驚かす場面があった。

     この日の番組のテーマは「反省 日本がどうかしていたあのブーム」。その中で飲尿健康法について触れた。石橋は「(飲む尿は)人のはダメ。自分のじゃないと」と切り出し、「ボク、これやってましたもん」と明かして共演者のミッツ・マングローブ(43)とゲストのみうらじゅん(60)を驚かせた。

     石橋は、親交のあるフリーアナウンサーの古舘伊知郎(64)から飲尿健康法をすすめられたとし、「古舘さんは普通のグラスでは飲まない。一番お気に入りのバカラのグラスで(飲尿していた)」と強調。そして「朝一番のやつじゃないとダメなんですよ。俺も古舘さんに聞いて、お気に入りのバカラのグラスで朝イチで『グアーッ!!』って言いながら飲みましたよ。(尿が)温かいんです」と説明し、スタジオを沸かせた。

     その話を聞いたみうらは「そのときに『一気!』とか出たんですか?」と、とんねるずの3枚目のシングルにかけたボケで応戦。さらに「一気じゃないと無理ですよ。チビチビ(飲尿を)やるなんて無理」(みうら)と述べ、石橋らを爆笑させた。(zakzak編集部)

    ent1901089827-p1

    http://www-origin.zakzak.co.jp/smp/ent/news/190108/ent1901089827-s1.html

    【石橋貴明「飲尿健康法」を実践していた バカラのグラスで飲尿!?】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/12/14(金) 23:35:34.20 _USER9
     『ザ・細かすぎるモノマネ』(11月24日=フジ系)に相方の木梨憲武(56)が出演しなかったことから『とんねるず』のコンビ解散説が再燃している。

     今年3月に打ち切りになった『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の人気コーナーだった「博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」が木梨抜きで放送された。

     「同番組の平均視聴率は10・4%だった。石橋貴明(57)は冠番組『たいむとんねる』が2%台の低視聴率に喘いでいたが、この10%超えでなんとか生き残りに成功しました。しかし、相方の木梨の姿がなかったのです」(バラエティー番組スタッフ)

     そもそも、フジテレビサイドは石橋と木梨の2人に『ザ・細かすぎる――』の出演を打診したという。石橋は「ぜひやろう」と二つ返事でOKしたが、木梨は「なんで(番組が)終わったばっかりなのにすぐやるの」と難色を示し、最後までフジテレビ側の説得に応じなかった。

     「売れた芸人しか相手にせず、若手を使い捨てにするフジテレビのやり方に対して、以前から木梨は不信感を持っていた。しかも“みなおか”の打ち切りが決まる前から、石橋との関係が悪化していたことを知りながら、すぐに共演オファーしてきた。そのデリカシーのなさに愛想を尽かしたんです」(親しい芸能関係者)

     それでも、木梨に出演交渉を続ける制作スタッフに、石橋は「もういいよ。ほっとけよ」と言い放ち、木梨不在での特番を強行した。

     「木梨は俳優として4月に公開された主演映画『いぬやしき』の評価が高かったし、芸術家としても成功している。10月からはTBSラジオで始まった番組も好評ですからね。石橋との関係が冷え切った以上、コンビで活動する必要がなくなったんです。木梨は6月に石橋の事務所の役員を辞任しており、しがらみもなくなった」(お笑い関係者)

     『とんねるず』は、いまや解散必至状態でトンネルの出口は見えない。

     週刊実話  
    https://npn.co.jp/article/detail/66818204/  

    66818204


    【石橋貴明「ほっとけ!」木梨不在の特番強行で『とんねるず』解散必至 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/21(水) 06:38:56.62 _USER9
    「鈴木さんはドラマ『SUIT』に出演するかたわら、主婦業も手抜きなしです。そんな姿を見た石橋さんも奮起。
    地上波レギュラー番組は今や『石橋貴明のたいむとんねる』だけですが、電話営業に奔走しています」(テレビ局関係者)

    今年3月、30年の歴史に幕を下ろした「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)。
    その人気企画「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が2時間特番として11月24日に放送される。
    だが出演者の欄には石橋貴明(57)の名前こそあるものの、相方・木梨憲武(56)の姿がなかったのだ!そのためTwitterでは、驚きの声が上がっている。

    《特番嬉しいけど、木梨さんは?》
    《木梨さん出ないの?マジか…》

    いったい何があったのか。鈴木保奈美(52)復活の陰で奮起した石橋だが、実はそれが引き金となって「とんねるず」の間で“事件”が起きていたという。

    「石橋さんはもちろん快諾しました。しかし木梨さんは『なんで終わったばかりの番組をすぐに復活させるの?』と言って、出演を拒否したのです。
    フジも説得を続けましたが、交渉は決裂。石橋さんも怒って『もういいよ、放っておけ!』とさじを投げたそうです」(前出・テレビ局関係者)

    別のテレビ局関係者も2人の仲についてこう指摘する。

    「もともと2人の関係性について、周囲からは不安の声が上がっていました。宿泊ホテルも移動も別々という状態でしたからね。
    10月にはファンクラブも解散しました。今回の件を受けて、とんねるず史上もっとも不穏な関係になっているといえるかもしれません……」

    とんねるずは石橋が代表、木梨が取締役の事務所に所属していた。
    だが今年6月に木梨が取締役を辞任。映画やラジオ番組への出演、ライブ活動など自由な生活を送っている。そうした違いが、特番へのスタンスにも現れたようだ。

    「今のところ、すぐ解散という話は出てきていません。ただ夫が心配なのでしょう。
    鈴木さんは『あの人(木梨)は何を考えているんだか』と苦言を呈しているそうです」(前出・別のテレビ局関係者)

    11月14日、昼過ぎに車で自宅から出てきた鈴木は都内の百貨店へ。食材探しだったようで、買い物を済ませると急ぐように帰っていく。
    だがその表情は、どこか浮かないようにも見えた――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181121-00010002-jisin-ent

    20181121-00010002-jisin-000-view


    【【女性自身】木梨出演拒否で石橋激怒!特番の陰にあったとんねるずの亀裂 】の続きを読む

    1: shake it off ★ 2018/11/14(水) 09:51:41.62 _USER9
    フジテレビ系名物バラエティー「とんねるずのみなさんのおかげでした」内の人気コーナーとして13年間にわたってモノマネブームを引っ張ってきた「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が、24日に、土曜プレミアム「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」(午後9時~)として新たに放送されることがわかった。

     2004年にスタートし、あまりに「細かすぎる」が故に笑いにはなりにくいと思われてきたマニアックなモノマネや、アンダーグラウンドな芸にも光を当てたこの企画。お笑い芸人、モノマネ芸人の登竜門ともいえる存在となりプロ、アマ問わず挑戦ができることから、数多くの新しい人気芸人を輩出してきた。

     今回、出演者の一人であった「とんねるず」の石橋貴明(56)主宰で、フレッシュな顔ぶれも新たに加わり、まったく新しい番組として2時間超のスペシャルが実現。延べ3か月に及ぶ厳しい全国一大オーディションを勝ち上がってきたのは、おなじみのベテランモノマネ芸人から新人まで総勢およそ50組。
    常連出演者が安定した“鉄板”芸を見せる一方で、新人が全く予想もつかないシュールなモノマネを展開するなど爆笑の連続。果たしてこの中でファイナリストに残り、優勝を勝ち取るのは円熟のベテラン芸人か?新しい笑いを作り出すニューカマーか?

     石橋は「まだ皆さんが見たことのない芸人さんが、たくさん面白いことを見せてくれるので、その人たちの芸をちゃんと発揮できる場所を残しておかなければいけないなと思ってこの番組をやっています。今回もフレッシュな芸人さんが本当に見事な“細かすぎ”るモノマネ芸を見せてくれますので、どうぞご期待下さい」とコメントした。

    20181113-00000231-sph-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000231-sph-ent

    【石橋貴明「細かすぎて伝わらないモノマネ」スペシャル番組として復活! 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/10/16(火) 04:25:04.79 _USER9
    中居正広&石橋貴明「うたばん」コンビ、約10年ぶり復活

    タレントの中居正広がMCを務めるTBS系音楽番組「UTAGE!」(11月7日よる8時~)に、石橋貴明がスペシャルゲストとして登場。同局「うたばん」(1996年10月~2010年3月)でMCを務めたコンビが、約10年ぶりの復活を果たす。

    ◆中居正広&石橋貴明「うたばん」コンビ、約10年ぶり復活

    スペシャル番組「UTAGE!」として10回目の節目を迎える今回は、秋のリクエスト祭りを3時間にわたって放送し、サプライズを決行。スペシャルゲストとして石橋が出演する。

    「UTAGE!」MCの中居は、石橋とともに、かつて「うたばん」でMCを担当。その名コンビぶりが人気だった2人が、約10年ぶりに復活を果たす。

    ◆中居正広、石橋貴明の登場に興奮

    そして、先日行われた収録では、石橋が扮して人気を博した“モジモジくん”の姿で登場。ミリオンヒットした楽曲をステージで歌唱した。

    当時を彷彿させる姿で舞台から客席、MC席へと縦横無尽に暴れた石橋。出演を一切知らされていなかった出演者と観客は、事態を飲み込めず一瞬言葉を失うも、その後歓声があがり、会場がゆらめいた。

    また、石橋が中居のもとに歩み寄り、貴重な2ショットが実現。久々の共演に、興奮冷めやらぬ表情の中居に加え、出演者たちも驚きの様子を見せた。(modelpress編集部)

    (左から)石橋貴明、中居正広(C)TBS
    no title

    石橋貴明(C)TBS
    no title


    https://mdpr.jp/news/detail/1798926

    【中居正広&石橋貴明『うたばん』コンビ、約10年ぶり復活 】の続きを読む

    このページのトップヘ