中二病速報

    タグ:石橋貴明

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/21(水) 06:38:56.62 _USER9
    「鈴木さんはドラマ『SUIT』に出演するかたわら、主婦業も手抜きなしです。そんな姿を見た石橋さんも奮起。
    地上波レギュラー番組は今や『石橋貴明のたいむとんねる』だけですが、電話営業に奔走しています」(テレビ局関係者)

    今年3月、30年の歴史に幕を下ろした「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)。
    その人気企画「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が2時間特番として11月24日に放送される。
    だが出演者の欄には石橋貴明(57)の名前こそあるものの、相方・木梨憲武(56)の姿がなかったのだ!そのためTwitterでは、驚きの声が上がっている。

    《特番嬉しいけど、木梨さんは?》
    《木梨さん出ないの?マジか…》

    いったい何があったのか。鈴木保奈美(52)復活の陰で奮起した石橋だが、実はそれが引き金となって「とんねるず」の間で“事件”が起きていたという。

    「石橋さんはもちろん快諾しました。しかし木梨さんは『なんで終わったばかりの番組をすぐに復活させるの?』と言って、出演を拒否したのです。
    フジも説得を続けましたが、交渉は決裂。石橋さんも怒って『もういいよ、放っておけ!』とさじを投げたそうです」(前出・テレビ局関係者)

    別のテレビ局関係者も2人の仲についてこう指摘する。

    「もともと2人の関係性について、周囲からは不安の声が上がっていました。宿泊ホテルも移動も別々という状態でしたからね。
    10月にはファンクラブも解散しました。今回の件を受けて、とんねるず史上もっとも不穏な関係になっているといえるかもしれません……」

    とんねるずは石橋が代表、木梨が取締役の事務所に所属していた。
    だが今年6月に木梨が取締役を辞任。映画やラジオ番組への出演、ライブ活動など自由な生活を送っている。そうした違いが、特番へのスタンスにも現れたようだ。

    「今のところ、すぐ解散という話は出てきていません。ただ夫が心配なのでしょう。
    鈴木さんは『あの人(木梨)は何を考えているんだか』と苦言を呈しているそうです」(前出・別のテレビ局関係者)

    11月14日、昼過ぎに車で自宅から出てきた鈴木は都内の百貨店へ。食材探しだったようで、買い物を済ませると急ぐように帰っていく。
    だがその表情は、どこか浮かないようにも見えた――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181121-00010002-jisin-ent

    20181121-00010002-jisin-000-view


    【【女性自身】木梨出演拒否で石橋激怒!特番の陰にあったとんねるずの亀裂 】の続きを読む

    1: shake it off ★ 2018/11/14(水) 09:51:41.62 _USER9
    フジテレビ系名物バラエティー「とんねるずのみなさんのおかげでした」内の人気コーナーとして13年間にわたってモノマネブームを引っ張ってきた「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が、24日に、土曜プレミアム「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」(午後9時~)として新たに放送されることがわかった。

     2004年にスタートし、あまりに「細かすぎる」が故に笑いにはなりにくいと思われてきたマニアックなモノマネや、アンダーグラウンドな芸にも光を当てたこの企画。お笑い芸人、モノマネ芸人の登竜門ともいえる存在となりプロ、アマ問わず挑戦ができることから、数多くの新しい人気芸人を輩出してきた。

     今回、出演者の一人であった「とんねるず」の石橋貴明(56)主宰で、フレッシュな顔ぶれも新たに加わり、まったく新しい番組として2時間超のスペシャルが実現。延べ3か月に及ぶ厳しい全国一大オーディションを勝ち上がってきたのは、おなじみのベテランモノマネ芸人から新人まで総勢およそ50組。
    常連出演者が安定した“鉄板”芸を見せる一方で、新人が全く予想もつかないシュールなモノマネを展開するなど爆笑の連続。果たしてこの中でファイナリストに残り、優勝を勝ち取るのは円熟のベテラン芸人か?新しい笑いを作り出すニューカマーか?

     石橋は「まだ皆さんが見たことのない芸人さんが、たくさん面白いことを見せてくれるので、その人たちの芸をちゃんと発揮できる場所を残しておかなければいけないなと思ってこの番組をやっています。今回もフレッシュな芸人さんが本当に見事な“細かすぎ”るモノマネ芸を見せてくれますので、どうぞご期待下さい」とコメントした。

    20181113-00000231-sph-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000231-sph-ent

    【石橋貴明「細かすぎて伝わらないモノマネ」スペシャル番組として復活! 】の続きを読む

    1: 湛然 ★ 2018/10/16(火) 04:25:04.79 _USER9
    中居正広&石橋貴明「うたばん」コンビ、約10年ぶり復活

    タレントの中居正広がMCを務めるTBS系音楽番組「UTAGE!」(11月7日よる8時~)に、石橋貴明がスペシャルゲストとして登場。同局「うたばん」(1996年10月~2010年3月)でMCを務めたコンビが、約10年ぶりの復活を果たす。

    ◆中居正広&石橋貴明「うたばん」コンビ、約10年ぶり復活

    スペシャル番組「UTAGE!」として10回目の節目を迎える今回は、秋のリクエスト祭りを3時間にわたって放送し、サプライズを決行。スペシャルゲストとして石橋が出演する。

    「UTAGE!」MCの中居は、石橋とともに、かつて「うたばん」でMCを担当。その名コンビぶりが人気だった2人が、約10年ぶりに復活を果たす。

    ◆中居正広、石橋貴明の登場に興奮

    そして、先日行われた収録では、石橋が扮して人気を博した“モジモジくん”の姿で登場。ミリオンヒットした楽曲をステージで歌唱した。

    当時を彷彿させる姿で舞台から客席、MC席へと縦横無尽に暴れた石橋。出演を一切知らされていなかった出演者と観客は、事態を飲み込めず一瞬言葉を失うも、その後歓声があがり、会場がゆらめいた。

    また、石橋が中居のもとに歩み寄り、貴重な2ショットが実現。久々の共演に、興奮冷めやらぬ表情の中居に加え、出演者たちも驚きの様子を見せた。(modelpress編集部)

    (左から)石橋貴明、中居正広(C)TBS
    no title

    石橋貴明(C)TBS
    no title


    https://mdpr.jp/news/detail/1798926

    【中居正広&石橋貴明『うたばん』コンビ、約10年ぶり復活 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/10/13(土) 12:41:28.64 _USER9
    お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武(56)が13日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「土曜朝6時 木梨の会。」(土曜前6・00)に出演。
    相方・石橋貴明(56)とライブ計画について話し合っていることを明かした。

    これまで、ソロライブは開催している木梨。
    「石橋貴明さんとも話して、まぁ何かやろうって言ったら、ライブやろうかなって。とんねるずモノのライブも、もしかしたらこの先、あるかもしれないっていうのも、ちょっと企んでますんで」とイベント企画が進行中であることをにおわせた。

    「多分、デッカイね。東京ドームクラスやっちゃうから。客が1500人ぐらいしか来なくても、まぁやってみようかなって」と集客人数は問わず、大規模に行うとも。
    「とんねるずモノだったら、武道館クラスがなんかね。曲はいっぱいあるから。何かやってみたいなって思ってます」。
    木梨の構想にSNS上ではファンから「ぜひ実現させてほしい」「楽しみでならない」「その前にフェスにも出て」など期待の声が多く集まった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000086-spnannex-ent

    木梨憲武
    no title

    【木梨憲武「とんねるずのライブ」石橋貴明と計画中「東京ドームクラスやっちゃうから」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/09/23(日) 10:59:43.22 _USER9
    ドジャースの前田健太投手(30歳)が9月22日、自身のInstagramで“タカ・タナカ”こと、とんねるずの石橋貴明(56歳)とのツーショットを披露している。

    前田投手はこの日、「Taka Tanaka 石橋貴明さんがドジャースの試合を観戦しに来てくれました」とファンに報告。

    石橋はハリウッド映画「メジャーリーグ2」(1994年)、「メジャーリーグ3」(メジャーリーグ3」(1998年)にメインキャストの一人として出演していたため、
    今なお現地ではよく知られているそうで、前田投手は「タカさんはアメリカでも有名人です」と紹介している。そして「またスポーツ王の野球盤に出れるように頑張ります」と続けた。

    また、タグでは「#石橋貴明さん #takatanaka #タカタナカ #映画 #メジャーリーグでの名前 #チームメイトも #みんな知ってる #アメリカでも有名人 #すごいです #そしてすごく優しい
    #またシーズンオフに #よろしくお願いします」と、ドジャースのチームメイトが皆、石橋のことを知っているとの情報も明かしている。

    ナリナリドットコム
    http://news.livedoor.com/article/detail/15345963/

    no title
    no title

    b9160c1f

    no title

    【マエケンが“米国でも有名人”石橋貴明とツーショット 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/08/26(日) 11:25:06.54 _USER9
    30年近く放送を続けたフジテレビを代表する人気バラエティ『とんねるずのみなさんのおかげでした』(以下、『みなさん』)はなぜ終わってしまったのか。

    その決定的な要因の1つは視聴率が下がってきたことだろう。
    『みなさん』が視聴者の支持を得られなくなってしまったのは、番組の中にある本質的な部分が飽きられ、時代遅れになってしまったからではないか。

    ここ数年、とんねるずはコンビとして『みなさん』以外のレギュラー番組を持っていなかった。とんねるずというタレントにとって、この番組こそが生命線だった。
    だからこそ、ここに懸ける彼らの意気込みも尋常なものではなかった。
    『みなさん』が多くの視聴者に飽きられてしまったのだとしたら、それはとんねるずという芸人が飽きられつつあるということを意味する。

    具体的に言うと、とんねるずの「パワハラ(パワー・ハラスメント)的な笑い」が今の時代に合わなくなっているのだ。

    ■とんねるずの笑いの原点は「素人芸」

    とんねるずの笑いの原点は「部室」にある。スポーツの名門である帝京高校の野球部とサッカー部の出身だった石橋貴明と木梨憲武は、
    高校生のころから、物まねやギャグで周囲にいる仲間を楽しませる明るいキャラクターの持ち主だった。

    デビューしてからの彼らは、なりふり構わない暴力的な芸風で話題になった。
    当時の若者に人気があった『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』(ともにフジテレビ系)などに出演した際には、
    一般人にも容赦なく暴言を吐いたり、スタジオの観覧席に飛び込んで乱闘を繰り広げたり、何をするかわからない、危なっかしい魅力を放っていた。

    彼らは、自分たちの芸は「素人芸」であると公言していた。普通の芸人は漫才やコントなどのネタを考えて、
    劇場でその芸を披露して腕を磨いていくものだが、とんねるずはそのようなプロの芸人の王道を行こうとはしなかった。
    あくまでも「目立ちたがり屋の素人がふざけているだけ」というスタンスを崩さなかった。
    その分だけ、彼らは自由奔放に振る舞うことができた。それが当時の若者にはたまらなく魅力的に見えた。

    特別な芸があるわけでもなく、顔がいいわけでもなく、歌やダンスがうまいわけでもない。
    何も持たないただの「素人」が、強がって共演者や観客に暴言を吐いたり、自由に暴れ回ったりする姿は、今よりずっとハードルが高かった芸能界では異彩を放っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180826-00234475-toyo-soci

    no title


    【とんねるずがここまで時代錯誤になったワケ】の続きを読む

    1: プーアル ★ 2018/08/01(水) 22:46:04.31 _USER9
    7月30日に放送された『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)にタレントの関根勤が出演。石橋貴明、ミッツ・マングローブとともに最近の若者の言動、行動に苦言を呈したが、逆に平成生まれを中心とした若者から批判を浴びる事態となった。

    この日のテーマは「平成生まれ対昭和生まれ」で、制作サイドは街頭で平成生まれの若者にインタビューし、最近の若者の考えをさぐった。若者の多くが「車は必要ない。事故に遭ったときのリスクが高くない?」と答えたのを見るや、関根、石橋はかつては車を持つことがステータスだったと振り返り「スーパーカーとかいらないと思ってるんだろうね」「バカじゃない?と思われているのかも」などと嘆いた。

    関根は「受け入れられないことがある」と切り出し、若者が飲食店などで「コーヒーになります」などと、何かにつけて語尾に「なります」を付けることに違和感があると明かした。これをきっかけに3人の話は盛り上がり「『自分的に』って意味が分からない」(石橋)、「『?じゃないですか』はいらない」(関根、ミッツ)などと若者が使いがちな言葉を次々と「ダメ出し」した。

    ishibashi_takaaki

    https://myjitsu.jp/archives/58380

    【石橋貴明か「老害化」「もはや昔の人」 】の続きを読む

    このページのトップヘ