中二病速報

    タグ:相撲

    1: あずささん ★ 2018/10/05(金) 17:49:32.50 _USER9
    平成の大横綱、貴乃花親方(46)がついに日本相撲協会を退職した。決断の裏側にはどんな葛藤があったのか。有力後援者で、今後も支援を継続していくことを決意している宗教法人「龍神総宮社」(京都府宇治市)の辻本公俊代表(65)が独白する。まず、不仲説が取り沙汰される妻、景子さん(53)との関係は実際、どうなっているのか。(取材、構成・山戸英州)

    景子さんは、そりゃあ元気なわけないやろ。そう思うで、俺は。

    息子が息子(靴職人でタレントの花田優一氏)やしな。靴職人といっても2、3年しか修行してないやないか。そんなの2、3年では(1人前として)できひんよ。イタリアに行ったといっても、ワシの知り合いに(資金を)出してもらってね。大枚を。貴乃花も頭は痛いよ。(所属する芸能)プロダクションの社長もワシも親しいからよくわかるけど、甘いよ。

    下手したら、貴乃花と景子さんは離婚ものや。これからいろんな面で、そこまで追い詰められるやろ。いろいろとチャチャは入るし。

    まあ、そういう意味でいえば、どこの夫婦やって同じ。亭主元気で留守がいいとか、その類いと一緒やんか。

    貴乃花親方が秋田で倒れたとき、いろいろと言われたけど、熱中症に毛が生えたようなもんで、神経をいわしたか、何が原因かは難しい。

    もっと生き方がうまければね…相撲協会の問題でもうまくいってるよ。しゃあない、ここまできたら。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    spo1810050002-p1

    夕刊フジ
    http://www.zakzak.co.jp/spo/news/181005/spo1810050002-n1.html

    【貴乃花有力後援者・辻本公俊氏独白 夫婦関係は「下手したら景子さんとは離婚ものや」「息子が息子やしな」 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2018/10/05(金) 15:33:31.16 _USER9
    5日放送の日本テレビ系「スッキリ」は、幕内貴ノ岩(28=千賀ノ浦)が2413万5256円の損害賠償を求めて元横綱日馬富士(34)を提訴した話題を取り上げた。

    賠償金をめぐっては、日馬富士の代理人が「数十万程度が一般的」とコメント。
    双方が求める金額に大きな隔たりが見られる。
    番組に出演した菊地幸夫弁護士(61)も「率直に言えば高い。ボクの感覚だと、うまくいって数百万円」との見方を示した。

    一方、MCの加藤浩次(49)は「日馬富士関はどのくらい収入があったんですか?」と日馬富士の退職金を確認。
    傷害事件によって功労金を減額される処分を受けたことを差し引いても、約2億円の退職金を受け取ったとされることを知ると「そこの2億と今回の損害賠償、比べることはできませんけど、そういうお金もあって『エッ』って(思う)。暴行働いて、自分で辞めているワケだから引退になるんでしょうね。それで全部入るんだ。『アレ』ってボクなんか思っちゃう」と賠償金を出し渋る日馬富士側の対応に異を唱えた。

    b9317c7d2aaf206e600dc83d893f9b99

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000001-tospoweb-ent

    【加藤浩次、元日馬富士“退職金2億円”でも貴ノ岩には賠償金出し渋りに異議 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/04(木) 18:55:49.94 _USER9
    貴乃花親方が10月1日付で日本相撲協会を退職したことにより、貴乃花部屋が消滅。
    貴乃花の弟子たち10人は千賀ノ浦部屋へと移籍した。

    10月2日に行われた弟子たちの引っ越しの様子は各メディアで放送されたのだが、その中で力士の1人が個性的な「Tシャツ」を着用。
    ネット上では「メッセージ性が高過ぎる」と話題になっている。

    貴乃花部屋を出発した際、幕下貴公俊の目には涙が見受けられるなど、やり切れない思いが満ちあふれることになった今回の移籍劇。
    2日の正午過ぎに千賀ノ浦部屋のもとに、弟子たちの荷物を載せたトラックが到着。千賀ノ浦部屋の力士たちも協力して引っ越し作業が行われた。


    童貞を捨てるには1%の努力と…
    ここで、千賀ノ浦部屋の力士と思われる男性が、「童貞を捨てるには1%の努力と99%の妥協」と書かれたTシャツを着て、カメラに写り込んでしまった。

    神妙な面持ちで報じられているニュース番組とのギャップに、視聴者からは

    《Tシャツが気になり過ぎて頭に入ってこないwww》
    《何でこの場にそんなTシャツ着てくるんだよ》
    《狙ってるだろこれ。普通にニュース見てたのに吹き出してしまったわ》
    《何というメッセージ性。これが力士の想いか…》
    《これは「妥協しておけ」という貴乃花へのメッセージだろ》
    《軽く放送事故なんですけどこれはwww》

    などといったツッコミが続出している。

    ちなみに、千賀ノ浦親方はよく『ドラえもん』のTシャツを着ており、背面には「いいじゃないか遅れても 最後まで頑張れ!」など、作中に登場した名言がプリントされている。

    貴乃花の弟子たちも千賀ノ浦親方の“洗礼”を浴び、オモシロTシャツを着るのだろうか。

    まいじつ
    http://dailynewsonline.jp/article/1533292/

    no title

    no title

    no title

    no title

    【貴乃花部屋『引っ越し中継』放送事故レベルの「Tシャツ」メッセージ!(画像あり) 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/04(木) 14:13:39.92 _USER9
    3日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、連日フジテレビ系情報番組に出演する、相撲コンシェルジュを名乗る横野レイコレポーターが、今度は貴乃花夫人の景子さんを猛批判。
    ところが、その前提となる条件に事実誤認があり、出演アナウンサーが訂正する場面があった。

    この日も同番組は貴乃花部屋の引っ越し作業について取り上げる。暴行事件を起こし、貴乃花親方が窮地に追い込まれる要因となった貴公俊が作業中涙を流していたことについて、議論が繰り広げられた。

    すると、突如横野レポーターが「景子夫人の行動が気になる」と割り込み。そして、同氏は「いらっしゃった時間が残念というか気になって。若い衆が出たあとに景子さんはいらっしゃっているんですね」と指摘。

    そのうえで、「今日が引っ越しだとわかっていた。力士たちが出て行った後に来ているから挨拶ができない。若い衆だって最後、女将さんに挨拶したかった。親方だけに挨拶するっていうのは…」などと苦言を呈し、

    「『女将さんが来るからもうちょっと待ったれよ』ということを親方から言われてないから、女将さんの来る時間も知らないから出て行った」

    などと指摘する。坂上忍が「貴乃花親方と恵子さんの中で連絡とか意思疎通ができていないってことですか?」と質問すると、横野レポーターは「取れてないんじゃないかなと思いました」と発言。
    あたかも貴乃花親方と景子夫人が不仲であると言いたいようなコメントをする。

    これには出演者から不満の声が。おぎやはぎ・小木博明は険しい表情で横野レポーターを凝視し、コメントを求められたホラン千秋は「全く連絡せずに時間が行き違うということは、私はないと思う」と話した。

    横野レポーターは「貴乃花部屋の引越し作業中、景子夫人は外出しており、作業後戻ってきたことはおかしく、夫婦関係が冷え切っているのではないか」と持論を展開したのだが、後にこれは事実誤認の嘘だったことがわかる。

    番組の最後に榎並大二郎アナウンサーが、「景子さんが引っ越しが終わってから部屋に到着したとお伝えしましたが、貴乃花親方の代理人弁護士からの情報で、景子さんは午前中から部屋にいて、引っ越しを手伝っていたとのことでした。申し訳ありませんでした」

    と訂正したのだ。これには思わず小木が「え、真逆じゃないか」と怒り。坂上が「専門家の皆さんも取材して発言していると思いますが、間違うこともあります。間違ったら素直に謝る。ごめんなさい」

    と発言し火消しにかかる。ただし、嘘を流した横野レポーターはその場にはおらず、頭を下げることもなし。なんの罪もない榎並アナが謝罪「させられる」ことになった。

    横野レポーターの発言がはっきりと「嘘」であることが判明したことに、ネットユーザーからは「ただ貴乃花親方と夫人を叩きたいだけ」 「ありもしないことで個人攻撃をした」「テレビに出るべきではない」など、辛辣な声が上がり、批判が殺到している。

    連日フジテレビ系の情報番組に登場し、「協会擁護・貴乃花叩き」を繰り返す横野レポーターだが、彼女への怒りは日に日に高まっており「顔も見たくない」と声を上げる人間も少なくない。

    今回明確に番組内での発言が、貴乃花サイドから「嘘」と認定されたことは大きな問題。これまでの発言も「取材している」と言いながら、全て彼女の脳内で完結していた可能性も否定しきれない。

    貴乃花を追及する前に、自身の発言の意図やなぜ嘘をついたのかなどを、きちんと視聴者に説明するべきだろう。

    c71bc0b4b713d38529880403ba4d3ab5_22386

    リアルライブ
    http://news.livedoor.com/article/detail/15397867/


    【貴乃花親方と景子夫人を「意思疎通がない」と批判 横野レポーター“事実誤認”で謝罪せず炎上 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/10/03(水) 11:40:01.39 _USER9
    日本相撲協会を退職した元貴乃花親方(元横綱)の弟子、貴ノ岩(28)が元横綱日馬富士関に3000万円の慰謝料を要求していたことが、2日までに分かった。

    昨年10月の秋巡業中、酒席で貴ノ岩が元日馬富士関から暴行を受け、2場所連続で全休。慰謝料と休場中の補償として金銭の支払いを求めていた。元日馬富士関側はこれを受け入れずに決裂。貴ノ岩が訴訟を起こす可能性が出てきた。

    昨年10月25日、鳥取巡業での酒席で起きた暴行事件は、まだ完全決着していなかった。元日馬富士関は傷害罪で書類送検後、略式起訴で罰金50万円を支払った。昨年11月29日に責任を取って引退し、9月30日に東京・両国国技館で引退相撲を行った。その約2カ月前に、貴ノ岩が貴乃花親方(当時)と同じ弁護士事務所の代理人を通じ、元日馬富士関に慰謝料と休場期間中の補償として、3000万円を要求していた。

    関係者によると、この件について元日馬富士関は弁護士からコメントすることを止められているという。関係者は「あまりにも法外な金額。ただ、日馬富士関としては、警察や相撲協会に対して話したことがすべてなので、相手が訴訟を起こすというなら受けて立つ考えです」と代弁した。代理人同士が話し合ったものの示談は成立しなかったため、裁判に持ち込まれる可能性が出てきた。

    元日馬富士関側が受けた説明によれば、3000万円の根拠は2場所連続で全休となるけがを負わされたことへの補償と、慰謝料、入院費、交通費などだという。貴ノ岩側の担当弁護士はこの日午後、会議など多忙のため日刊スポーツの取材に対する対応はなかった。

    暴行事件が起きる前の、元日馬富士関と貴ノ岩との仲を知る関係者は「貴ノ岩は日馬富士を『アニキ』と呼ぶほど慕っていた。貴ノ岩だけの考えで、ここまでの行動を起こすのか疑問が残る」と話した。この事件については、発覚した当時から、かたくなな態度を示している元貴乃花親方の意見が大きいとの見方もある。

    元日馬富士関は引退し、元貴乃花親方は退職した。貴ノ岩は幕内に復帰して2桁勝利を挙げたが、問題はまだ幕引きとはなりそうもない。

    https://www.nikkansports.com/m/battle/sumo/news/201810020001052_m.html?mode=all 

    貴ノ岩 
    no title

    【貴ノ岩、暴行の日馬富士関に慰謝料3000万を要求 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/10/02(火) 07:45:19.55 _USER9
    日本相撲協会は1日、貴乃花親方(46)=本名花田光司、元横綱=が退職すると発表した。
    この日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、貴乃花部屋の力士ら全10人の千賀ノ浦部屋移籍を承認し、貴乃花部屋は消滅。
    貴乃花親方の退職届も受理された。八角理事長(55)=元横綱北勝海=は会見で、所属先の決まらぬ同親方を自身の高砂一門で引き受ける意向だったことを明かし、
    最後まで直接会談できなかったことを残念がった。同親方はこの日午前、自身応援会のHPを更新し相撲への愛などをつづった。

    協会を退職した貴乃花親方には約1000万円の退職金+功労金が支払われる。
    また今後、芸能活動などで「貴乃花」の名前の使用は可能。会見で八角理事長が「大丈夫と思う」と見解を示した。
    貴乃花親方は88年春場所で貴花田の名で初土俵。大関昇進で父と同じ
    貴ノ花、横綱昇進で貴乃花に改めた。引退後は特別な功績を残した力士に許される一代年寄として「貴乃花」を名乗っていた。

    20181002-00000017-dal-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000017-dal-fight


    【貴乃花親方、退職金&功労金で約1000万円 芸能活動など「貴乃花」の使用は可能 】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/10/01(月) 22:49:26.11 _USER9
    八角理事長、会見で「~するつもりだった」連呼 貴乃花退職決まってからの発言に疑問の声

    日本相撲協会が2018年10月1日に会見を開き、この日の臨時理事会で決定した貴乃花親方の退職について説明した。
    会見で八角理事長は、貴乃花親方への対応に関して「~するつもりだった」と考えていたことを連呼。これにインターネット上では、「つもりってことは心の中で思っていただけ」などと疑問の声が漏れた。

    ■ 「相手に伝わっていなければ意味がない」

    しかし、退職決定後に「つもりだった」「したいと思った」と繰り返した八角理事長。「後出し」で腹案を明かした形となり、協会トップでありながら自己弁護のような態度をとったことに、ツイッター上では、

    「つもりってことは心の中で思っていただけ。何とでも言えるよね」
    「つもりだった! はじめから言えばいいのに便利な言葉だね」
    「八角親方の会見。『つもり』『つもり』ばかりの発言! そう思ってたって事でしょう? 言い訳ばかりの内容でした」
    「八角理事長の『つもりでした』は小学生の言い訳にしか聞こえない」
    「『つもりだった』内容はこの話が各親方に伝わったつもりだった時、貴乃花親方に伝わっていたのでしょうか。きちんと相手に伝わっていなければ意味がないです」
    と疑問の声が相次いでいた。

    今回の問題では、貴乃花親方と協会側との認識の食い違いがいくつも浮き彫りになった。八角理事長は引退届の提出を発表した貴乃花親方の会見を見た時、「なんで辞めるんだろうと最初に思いました」という。

    https://www.j-cast.com/2018/10/01340080.html?p=all 

    no title



    【会見で「つもり」連呼の八角理事長 後出し腹案に疑問の声相次ぐ 】の続きを読む

    このページのトップヘ